WordPressとMovable Typeのブログ型CMS対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID1067

WordPressとMovable Type、ブログやウェブサイトの作成にはどちらがおすすめかを比較対決しました。

それぞれの機能や管理画面の他、無料で使えるプラグインやテーマ、テンプレートはどのくらいあるかなどをまとめています。

サポート面、ユーザーへの対応や人気の有無も気になるところですよね。

どういったことをしたいのかというのは人によって違いますので、自分に合ったものを選んでください。

WordPressとMovable Typeの比較表

WordPress Movable Type
オープンソース オープンソース 企業が営利目的に作成した販売用プログラム(個人非商用は無料)
複数サイトの管理 原則複数サイト管理はできない。
サイトを新たに構築する都度新たにインストールするか、専用のプラグインを導入する必要がある。
同一サーバー内ならいくつサイトを作成してもOK。
開発コード PHP Perl
サポート サポートスタッフが、ライブチャット・メール・サポートページ・フォーラムを通して質問にいつでも回答。 ライセンスを購入している場合、Six Apart(シックス・アパート社)によるサポートが受けられる。
開発言語 PHP Perl
データベース MySQL MySQL、PosgreSQL、SQLite
複数ブログの設置と管理 1つのWordPressで複数のブログを作成・管理することができる。 1つのMovable Typeで複数のブログを作成・管理することができる。
コンテンツの生成 動的生成のみ。(プラグインを使うことで、静的生成も可能。) 動的生成、静的生成、両方可能。
サイトの再構築 不要 静的生成の場合、再構築作業が必要。
プラグイン WordPressのPlugin Directory(プラグイン・ディレクトリ)には、1万数千の無料のプラグインが登録されている。 Movable Type Plugins and Themes Directory(プラグイン・アンド・テーマ・ディレクトリ)に登録されているプラグインは数百程度。
テーマ WordPressのFree Themes Directory(フリー・テーマ・ディレクトリ)には、千数百の無料のブログ用テーマ・ブログ付きウェブサイト用テーマが登録されている。 各サイトにて配布されているため、数は不明。Movable Type Plugins and Themes Directory(プラグイン・アンド・テーマ・ディレクトリ)に登録されているブログ用テーマは数個。
別のシステムからのインポート インポートするデータの形式は、「Movable Type と TypePad」「Blogger」「RSS」「LiveJournal」「WordPress」などから選択することができる。そのほか、プラグインを使って、インポート機能を拡張することができる。 インポートするデータの形式は、「Movable Type」「WordPressXtended RSS(WXR)」「他のシステム(Movable Type形式)」から選択することができる。
公式サイト WordPressの公式サイトはこちら Movable Typeの公式サイトはこちら

料金対決

◯WIN WordPress
WordPressはPHPで開発され、データベースではmySQLが使用されています。誰でも無料で利用できるオープンソースで2003年にリリースされました。その後バージョンアップを繰り返しています。

公式以外にも様々なプラグインが開発されている為つかいやすい形にカスタマイズしていけるのが魅力となっています。

PHPのスキルさえあれば開発をすることもできます。オープンソースって無料でしょ?そんなソウトウェアって大丈夫なの?

と思う人もいるかもしれませんがオープンソースのソフトウェアというのは世界中のプログラマが美学や誇りをもって開発に臨んでいるのでじつはとても品質の高いものなのです。

×LOSE Movable Type
Movable Typeは PerlとPHPで開発され、複数のデータベースに対応していたのですが、MovableType5からmySQLのみとなりました。個人利用に関しては無償で利用することができるのですが、商用に関してはライセンスを購入しなければなりません。

GPLライセンスのオープンソースであるMTOSは個人利用でも商用利用でも無償でOKです。ライセンス購入以外は費用はかかりません。サイト構築は行ってないので構築委託を希望する場合はサポートで相談する必要があります。

サポート対決

◯WIN Movable Type
有償ライセンスを購入すると開発元からサポートが受けられます。ライセンスを購入後購入してから次回のバージョンアップの1年後までとなります。バージョンアップの時期は未定となっています。

クラウド版であれば契約期間中はサポートを利用できます。Movable Type for AWSは、1年毎に更新が必要なので注意です。

サポートはメールサポートのみとなっていて電話オペレーターによるサポートなどはありません。回答が返るまでには2~3営業日時間がかかるようですが何か困ったことがあった時自力で答えを探すことを思えばとても助かりますよね。

メールではないサポートをどうしても希望する場合や、WEBサイト構築を委託したいという時は、シックスアパートのパートナー制度ProNet会員企業に問合せる形となっているようです。

×LOSE WordPress
無償で利用ができるオープンソースのWordPressですがそれ故にサポートセンターなどは設けられていません。

何かわからないことがあればWEB上で質問をしてユーザー同士で解決する必要があります。

そのため問題が解決するまでに時間を有する場合があります。しかし2007年にWordPress日本語公式サイトができ、WordPressの 日本語公式チームがサイトの問題解決をしてくれるサービスがスタートしたり個人的にサポートをする人が出てきたりとサポートを受けられる環境が整ってきています。

使いやすさ対決

◯WIN Movable Type
プラグインの数が多く、日本国内だけでいったらWordPressのほうが豊富です。管理画面も使いやすく、専門的なスキルがなくてもカスタマイズが可能となっています。ImageMagicの画像の自動リサイズがとてもキレイです。

またHTMLの静的出力ができるためアクセス集中時でも負荷に耐えることができるようです。

動的CMSで負荷がかかった時の対処法が書かれていますがとてもレベルの高い話で専門的にやっている人には良くても初心者にはわけがわかりません。Movable Typeは静的キャッシュ化をする必要もないので手間は少ないです。

×LOSE WordPress
WordPressは世界中にユーザーがいるのでテーマやテンプレート、ウィジェットなどプラグインが豊富にあり自分好みにカスタマイズが可能となっていますが日本語に対応しているものはあまりありません。英語力がないと大変かもしれませんね。

ユーザー数が多いため機能的にもデザイン的にも優れたものが多く、ダウンロードやインストールも難しくはありません。オリジナリティあるサイトやブログを作ることができますがMovable Typeと比べると若干技術力が必要になってきます。

デメリット対決

◯WIN WordPress
WordPressは世界中にユーザーがいる為プラグインが豊富で大変自由度も高くなっていますがその分セキュリティ面で心配という声もあります。

セキュリティーを高めるプラグインなどで対応しておく必要があります。ページを表示する速度が遅いというデメリットもありますがこちらもプラグインで対応は可能です。

×LOSE Movable Type
Movable Typeのデメリットは世界シェア数がナンバー1ではないというところです。

別に1位である必要はないと思う方もいるかもしれませんがインターネットの世界では1位に選ばれたものは圧倒的な人気を誇ります。

そこにかなりの差をつけて2位3位が来るという事が殆どで、1位になったものは人が人を呼び人気はうなぎのぼりになります。それ以下はずっと少数派のままという現象が起きるのです。

WordPressは世界的に見ても圧倒的に人気があるためお金も人も集まることで、開発が進み機能更に向上してまた人気が出るということになります。

2位以下はその逆のことが起きるので頑張りたいのに改良が遅れ更に人気が落ちていくという悪循環に陥りがちなのです。つまり1位ではないということはかなりのデメリットになるわけです。

結局どっちがいいのか?

対決項目 WordPress Movable Type
料金 ×
サポート ×
使いやすさ ×
デメリット ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:2
DRAW:0
WIN:2
LOSE:2
DRAW:0
総合結果 △DRAW △DRAW

いかがでしたか?WordPressとMovable Typeどちらかいいか対決。ある程度スキルがある人にはWordPress、初心者向けなのはMovableTypeですが前者はオープンソースで後者は有料。

お金を払ってもわかりやすいものをという人もいれば多少手こずることになってもコストが抑えられるものをという人もいますから判断の難しいところです。

オープンソースは世界中で使われている安心感もある反面セキュリティ面での懸念もあります様々な角度から比較した結果は今回はDRAWとさせていただきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。