JACリクルートメントVSマイナビエージェントどっち?比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
海外 転職支援サービス

JACリクルートメントとマイナビエージェントの求人紹介会社の比較しました。

自分が希望する企業への紹介をしてもらったのはいいけどその後面談までたどりつけない・・・なんて事ありませんか?いくら求人数が多くても後のサポート体制の評判が悪ければ登録している意味がありませんよね。

JACリクルートメントとマイナビエージェントを比較してみるとサービスの品質の面ではほぼドローですが、転職に強いのはJACリクルートメントとなっています。JACリクルートメントは国際人材紹介数がナンバーワンの人材派遣会社ですので、海外転職したい人にはおすすめです。

JACリクルートメントとマイナビエージェントの比較表

転職エージェント名 JACリクルートメント マイナビエージェント
サービス概要 担当コンサルタントが、大企業、外資系企業の非公開求人を提案。またキャリアを把握し企業へ訪問しダイレクトに情報収集し提案。 全国の大手上場企業からベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの企業人事との接点を有するマイナビが運営する転職支援サービス。
自社転職サイトとの違い 求人を紹介するだけでなく、300名のコンサルトがキャリアプランの提案、企業へ提案する。国内だけでなく海外転職もバックアップ。 「マイナビ転職」は、Webを通じて自身で直接企業に応募するためのサービスサイト。「マイナビエージェント」は、人材紹介サービスであり、キャリアアドバイザーとの面談の上、求人の紹介や書類応募代行などの転職のサポートを行う。
「マイナビ転職」では、正社員の経験がなくても応募可能な求人から高いレベルの実務経験を求める求人まで、幅広く掲載されているが、「マイナビエージェント」が保有するのは社会人経験を有する方を対象とした求人が中心。また、求人広告媒体には掲載されていない非公開求人や独占求人を多数保有。
転職実績 年間6万人が登録
公開求人
非公開求人 全体の70% マイナビエージェント全求人のうち約80%
転職支援サービス 無料。
転職市場情報、市場価値など情報提供。
転職のプロが適職発見・診断し、適職の求人を紹介。
レジュメ、面接対策などきめ細かいサポート。
無料。
各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが1対1で面談(キャリアコンサルティング)を行った上で、経験内容やスキル、希望条件などにマッチした求人を紹介し、かつ、転職を成功させるために必要なさまざまなサポート(応募書類添削、書類応募代行、面接対策、面接日程のスケジューリングなど)を行う。
イベント/セミナー 個別キャリア相談会や業種ごとの相談会を行っている。 東京/大阪にて転職相談会あり。
テーマ:IT業界、営業職、MR・メディカル、メーカー、管理部門、女性の転職、クリエイティブ、金融業界、不動産・建設業界
面談 平日夜遅くも全国6拠点で実施。電話での相談も受付。 来社が困難な方には、電話でのキャリアカウンセリングも実施。
企業情報提供 コンサルタントが企業担当者から収集した情報を提供 求人票だけではわからない情報もフォロー。
・求人企業の社風や雰囲気
・書類選考通過/面接通過の難易度・通過率
・求人企業や業界の成長性・動向
・採用のポイント
・入社後のキャリアパス
・働く環境(平均残業時間・育児休業取得実績など)
面接対策 コンサルタントが、面接対策サポートを提供。面接対策マニュアルをWEBに掲載。 ・転職者の強みを見つけ出すヒアリング
・転職のプロによる面接対策
・詳細な情報に基づいたアドバイス
専用ページ機能
提出書類の作成サポート レジュメ添削(アドバイス)、英文レジュメ添削 強みを活かした書類の作成方法をアドバイス。これまでのキャリアの棚卸しもお手伝い。
推薦状の作成も。
メールサービス
運営 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 株式会社マイナビ
HP JACリクルートメントの公式サイトはこちら マイナビエージェントの公式サイトはこちら

コンサルタント対決

◯WIN JACリクルートメント
こちらは1988年から転職支援サービスのみに特化して勝負している老舗企業です。他社でのコンサルタントの人数は100名ほどが平均ですが、JACリクルートメントでは300名ものコンサルタントが在籍しています。

各業界出身で専門的な知識を持っていますという人も多く、企業に直接訪問する営業担当の役割もコンサルタントが担っていることもあり求人の深くをよく把握しています。細かい情報を丁寧に説明しながらアドバイスをくれる会社です。利益を最優先して内定の取れやすい企業しか紹介しないような紹介会社が多い中JACリクルートメントは転職者側の目線でサポートをしてくれことで評判も上々。

×LOSE マイナビエージェント
業界別の専任制となっていてその業界に精通しているという人が多く在籍しています。一般的にコンサルタント1人あたり300人程の求職者を受け持って仕事をしていると言われている中、マイナビでは100人程にとどめるようにしていて、1人あたりにゆっくり時間を使い丁寧な面談がウリです。しかしこちら側の経験、希望条件などによっては「紹介できる求人はありません」という内容のメールが来て肝心な面談までたどり着けなかったという話もちらほら…

海外対決

◯WIN JACリクルートメント
イギリス、韓国、ベトナム、香港、中国、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポールなどアジアを中心に海外のJACリクルートメントグループ企業と業務を提携しているので、グローバルな活躍のある会社への転職に強いのが特徴。海外転職用のウェブサイト「海外転職.com」もオープンして海外駐在経験者や英語を得意とする方へのお仕事紹介を拡大しています語学に堪能な社員も多いため応募書類を英文レジュメにしてさらに添削なんてこともしてくれます。

×LOSE マイナビエージェント
海外生活に挑戦する人のサポートを支援しているラストリゾートと提携をし、留学帰国後の転職サポートなどをしています。外資系の企業とのパイプをもち、ホームページでも海外転職特集などが組まれグローバルに働きたい人へのサポートも充実しているように見えますが、実際登録してみると海外向けの求人数はそう多くはないようです。

求人数対決

◯WIN JACリクルートメント
求人数はトップクラスを誇っていて、しかもその7割が公に求人募集されていない「非公開求人」で質が高いものが多いと評判です。具体的に言うと全体求人数は1万件以上。そのうち非公開求人は約7千件以上となっています。

愛知万博の際には現地外国人のスタッフ100名規模体制での整備を一手に引き受け、大きな功績となっています。グローバル企業の求人には特に強く、「海外勤務案件数ランキング」で1位をとっています。

×LOSE マイナビエージェント
正直言ってマイナビエージェントの求人数は他社と比べても多いとは言えないようです。しかし、他社には紹介してもらえないような大手企業であったり、ベンチャー企業であったり待遇の良い求人があり量より質!といったところ。

しかもマイナビエージェントは「値段が高い」「営業対応がイマイチ」などの理由から転職エージェントを毛嫌いしている企業の求人までも押さえていることでも有名なので求人数がイマイチでも他にはない求人が眠っていそうなので登録しておいた方がいいかもしれません。

サービス品質対決

△DRAW JACリクルートメント
JACリクルートメントはきめ細かいサービスで人気です。具体的にいうと書類選考の結果報告、さまざまな問い合わせへの対応は24時間以内、求人の有無は初回面談までに報告、その他求人の情報は随時連絡、入社が決まったあとも入社1週間前、1カ月後に連絡が来ることになっているので相談もしやすいですね。

他に無料転職サポートもやっていてこちらの都合に合わせた日時で転職の相談にのってくれます。企業についての具体的な情報をもらえたり、応募書類を見直して添削してもらえたり多方向からバックアップしてもらえますよ。

△DRAW マイナビエージェント
人材紹介サービスマイナビAGENT、エグゼクティブ層向けのマイナビEXECUTIVE AGENT、就職情報サイトマイナビ2017、転職情報サイトマイナビ転職など各方面に展開し40年以上企業採用と向き合ってきたからできる高品質な支援サービスで人事担当者が採用したくなる応募書類の作成方法、面接術などを提供しています。普通、書類選考の通過率は3割程度ですがマイナビエージェントを実際利用した人は書類通過率が8割なんて数字も出ています。

結局どっちがいいのか?

対決項目 JACリクルートメント マイナビエージェント
コンサルタント ×
海外 ×
求人数 ×
サービス品質
合計ポイント WIN:3
LOSE:0
DRAW:1
WIN:0
LOSE:3
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

以上、押さえておきたい転職エージェントJACリクルートメントとマイナビエージェントの比較対決でした。結果、JACリクルートメントの勝利となりました。転職を考えている人にとって不安でいっぱいの日々、JACリクルートメントの高レベルなコンサルタントは本当に力強く思えます。

返答の速さ、丁寧さでの評判はピカイチ!安心して頼れるエージェントだと思います。特にグローバル企業への強さは業界一ですので英語を活かした仕事を探す人にとっては右に出るものはいないのではないでしょうか。とはいえマイナビエージェントの質の良い求人も捨てがたいところ。今回の勝利はJACリクルートメントですがマイナビエージェントも合わせて登録しておきたいですね!

JACリクルートメントとマイナビエージェントを比較対決したみんなの口コミ

細かい条件までつけるならJACリクルートメント
人に寄ると思いますが,マイナビエージェントは,どちらかというとその他大勢の案件も含んだ求人が多く,自分に条件があてはまればラッキーですが,書類選考の段階でかなりの応募があるはずなので,面接にいける可能性が低いんじゃないかと。JACリクルートメントは,ハイスペックな人材向けですが,個人にあわせた求人情報を探してきてくれる分,時間のロスが少なくて済むと思います。さらに待遇の交渉や細かい条件面までリクエストしたいならJACリクルートメントが断然オススメですね。
マイナビエージェントがオススメ
ネームバリューからマイナビエージェントをオススメします。マイナビエージェントは、名前を誰しもが一度聞いた事あると思います。
私も転職経験者ですが、転職はスピードが勝負だと思っています。なので、どんな会社かいちいち調べている暇があるなら、名前を聞いた事のある有名なマイナビエージェントやリクルートエージェントの様なところに登録し、安心感を持って早めに進めていくべきだと思います。よって、マイナビエージェントがオススメです。
JACリクルートメントではすぐに個人面接を行ってくれました
転職を検討していた時にJACリクルートメントとマイナビエージェントに登録しました。JACリクルートメント、マイナビエージェン共にホームページには様々な会社が紹介されていましたが、JACリクルートメントはまず一度人物面接をした上でカウンセラーが転職相談にのりたいとの連絡を受けました。JACリクルートメントのオフィスに伺いましたが、きちんとした、いかにも現役感のあるカウンセラーの女性が現れて、こちらの意見、質問をきちんと聞いた上で客観的なアドバイスをしてくれました。対応の素早さや相談の質の上でJACリクルートメントの方が優れていました。
マイナビエージェントのマッチング力
私は転職者として利用するなら断然マイナビエージェントを利用します。理由としてはマッチング力に優れているからです。内容としてはエージェント側は基本的に求人に対して経験が足りないけど挑戦させようと転職者が求めるものとはズレた求人を紹介してきたりします。マイナビエージェントはそのような事がなく、しっとりと転職者の話を聞いた上で、今ある求人の中から転職者にマッチングするものを1つ1つ丁寧に抜粋して求人紹介をしているためお互いの相違なく転職活動ができるところが良い。
求人紹介数がJACリクルートメントの方が多いです
過去に転職活動で両方のエージェントに登録しました。JACからは20件以上の求人を紹介してもらえ、書類選考の後に数社面接に行きました。マイナビからは2件のみの紹介にとどまり、その2件が他エージェントに紹介された企業とかぶっていた為、応募することもありませんでした。2社それぞれ得意分野が異なると思うので一概には言えないのですが、私のように英語や海外に関連する職を探している人には、JACからの求人紹介数が確実に多くいただける為、JACをお勧めします。
マイナビエージェントの方がおすすめです
JACリクルートメントは外資系企業や日系グローバル企業からベンチャー企業まで幅広く扱っているものの、ミドルマネジメントクラスや業界スペシャリストポジションが中心となっています。求人数は約1万件と一見多いですが、その多くは求人サイトに掲載されない非公開求人です。また、募集内容の多くは企業経営や事業戦略の根幹に関わる職種やポジションのため、かなり、ハードルが高いように感じます。一方で、マイナビエージェントは企業層は幅広く、未経験からスペシャリスト求人まで扱っているのが特徴のため、使用しやすいと思います。

会社概要

商品名 JACリクルートメント マイナビエージェント
販売事業者名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 株式会社 マイナビ
所在地 東京都千代田区神田神保町1-105番地 神保町三井ビルディング14階 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
ホームページ http://www.jac-recruitment.jp/ https://mynavi-agent.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。