DODAと転職@Typeどっちがいい?転職サイト比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネス 考える

転職したいと思ったときに利用する求人サイトはいろいろあります。今回はDODAと転職@Typeを比較対決しました。

どちらも大手で、多くの求人情報があります。しかしそれぞれに特色、サービスは異なるところも多いのです。

女性向けの転職サイトも作っていたり、エンジニア情報が多かったり、転職フェア等を行っていたり。自分の希望する仕事内容によってそれぞれを使い分け、上手く利用していきましょう。

DODAと転職@Typeの比較表

サイト名 DODA 転職@Type
転職支援サービス マッチングサービス
エージェントサービス
スカウトサービス
メール、イベント、診断・ツール
マッチングサービス
匿名スカウト、オファーDM、転職ノウハウ、診断テスト
スカウト/オファー
スカウトの特徴 スカウトサービスのオファー配信数は1カ月あたり約1,770万通以上。エントリーすれば必ず面接を受けられる面接確約オファーや非公開求人のオファーを優先的に受け取れる登録者限定オファーなどがある。 スキル・経験を匿名で公開することで企業かの人事担当者から直接スカウトメールが届く
オファーの種類 ・面接確約オファー
・登録者限定のオファー
・スカウト
・オファーDM
職務経歴書・履歴書の書き方マニュアル あり あり
面接ノウハウ あり あり
適性診断 会員限定。無料。 会員限定。無料。
スマホアプリ なし なし
求人特集 あり あり
会員向けサービス ・エージェントサービス
・スカウトサービス
・メールマガジン
・求人通知メールサービス
・DODA転職フェア
・合同転職面談会
・個別相談会
・年収査定
・キャリアタイプ診断
・合格診断
・レジュメビルダー
・スカウト
・オファーDM
・マッチングサービス
・検討中リスト
・転職ノウハウ
・診断テスト
チェックリスト 求人情報を「検討リストに保存」することで、自分の検討リストに保存しリスト表示できる。検討リストは条件による絞込や並び替えができる。 「検討中リスト」に保存することで、リスト表示できる。求人掲載終了前にお知らせメールが届く。各求人情報にメモを書くことができる。
メールサービス メールマガジン
求人通知メールサービス
・スカウトメール
・オファーDM
・関心お知らせメール
・スキルマッチングメール
・希望条件マッチングメール
・パーソナルマッチングメール
・検討中リストお知らせメール
・求人総合転職情報ニュース
・営業職向け転職情報ニュース
・コンサルタント向け転職情報
サイト更新日
直近新着求人件数 3,600 件
運営会社 株式会社インテリジェンス 株式会社キャリアデザインセンター
公式サイト DODAの公式サイトはこちら 転職@Typeの公式サイトはこちら

求人数対決

◯WIN DODA
DODAの求人数は全国10万件以上ありますが、この中の約8~9割の8万件以上は一般に公開されていない「非公開求人」です。大手の優良企業や外資系、ベンチャー企業など様々な求人が豊富でDODAしか扱えない求人も多数あります。

×LOSE @type
@typeの求人数は他の転職サイトと比べても少なく、約2,300件です。しかしエンジニア関連の求人の掲載数はNO.1ともいわれ、それらの求人が多いのが特徴です。

会員数対決

◯WIN DODA
登録会員数は約300万人。男女比率は男性65%、女性35%になります(2015年9月)年齢層は29歳以下が4割以上と高い比率になっています。@typeと比べると若い人が多いです。

×LOSE @type
登録会員数は約210万人。男女比率は男性68%、女性32%です。(2015年9月)年齢層は30~39歳までの比率が約49%と高く、全体の半数近くを占めています。反対に29歳以下は22%程度であり、40代以上の登録会員数より少ないです。

転職フェア対決

◯WIN DODA
DODAの転職フェアは関東・関西・東海・九州で開催され、関東の転職フェアでは200社以上が出席する日本最大規模のイベントになっています。一回で多数の企業の担当者と直接話が出来るので、ネットの情報だけではわからない生の情報を得ることができます。来場者の満足度は90%、うち80%以上が応募したい企業を見つけています。

×LOSE @type
@typeはエンジニアの転職フェアを定期的に実施しています。対象はエンジニアだけになりますが、特化型の転職イベントとしては日本最大級です。
事前登録して来場したり、先着来場300名にはQUOカードのプレゼントなどの特典があるのもうれしいです。

スカウトサービス対決

◯WIN DODA
スカウトサービスに登録すると、企業から活躍できそうな人にスカウトメールを配信します。その数、月に1,770万通、スカウト利用者1人あたり月に約50通受信する計算になります。書類選考なしで面接確約のスカウトメールや非公開の求人情報が受け取れる「シークレットスカウト」の配信もあり、DODAを利用しているなら登録しておくことをお勧めします。

×LOSE @type
スキルや経歴を匿名で登録しておくと、興味を持った企業から個別にスカウトメールが届きます。スカウト求人の応募期限切れによる応募忘れを防ぐために期限の1週間前にメールで教えてくれたり、スカウトされやすい登録情報、自己PRの書き方もサイトに載っているので参考にして登録した方がいいです。

サポート力対決

◯WIN DODA
DODAの転職サイトは自分で直接企業にエントリーするものと、キャリアコンサルタントが転職活動をサポートする転職支援サービスがあり、ニーズに合わせてどちらかを選択するか、両サービスを併用して受けることも出来ます。転職サイトに登録すると転職エージェントも利用できる便利なサービスになっています。

×LOSE @type
初めて転職する人のために「@type転職ノウハウセミナー」を開催し、いい転職が出来るように実践的な転職のあれこれを教えてくれます。自分だけでの転職活動に限界を感じたら、type転職エージェントを利用することも出来ますが、@typeとは別に登録することが必要です。

サイトのおすすめ度対決

◯WIN @type
他の転職サイトにはない機能でtype内での行動を分析して、その人に合った求人を紹介してくれる「足あとマッチング」や、いろいろな種類の診断テストがあります。中でも質問に答えていくだけで年収額がわかる「転職力診断テスト」は診断が的確で新しい可能性も気づかせてくれると人気が高いです。

×LOSE DODA
サイト内には転職活動の流れから履歴書、職務経歴書の書き方、面接の受け方など役に立つ情報が載っています。他にもいろいろなデータや事例、経験者のインタビューなども載っているので、よく読んで実行すれば転職の成功に繋がりそうです。

会社の規模対決

◯WIN DODA
総合人材サービス大手のインテリジェンスが運営している求人サイトです。2013年にテンプホールディングス傘下に入り、より規模が大きくなりました。資本金は98億円以上、従業員は3900人以上と@typeに比べると資本金、従業員ともに数倍の規模です。

×LOSE @type
東証一部上場の総合人材サービス企業のキャリアデザインセンターが運営する求人サイトです。設立は平成5年、資本金は5億5,000万、従業員数は420人です。立派な企業ですが、DODAと比べてしまうと小さく思えてしまいます。

結局どっちがいいのか?

対決項目 DODA 転職@Type
求人数 ×
会員数 ×
転職フェア ×
スカウトサービス ×
サポート力 ×
サイトのおすすめ度 ×
会社の規模 ×
合計ポイント WIN:6
LOSE:1
DRAW:0
WIN:1
LOSE:6
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

@typeはエンジニア関連や外資系の求人に強く、それらの業種を希望している人は必ず登録しておいた方がいいサイトだと思います。

市場診断テストや転職力診断テストは診断が的確だと評価が高く、中でも経験やスキル、希望条件、サイト内でチェックした足あとからお勧めの企業を教えてくれる「マッチングサービス」は他の転職サイトにはないサービスなので一度は試してみたいものです。

しかし、求人数が少ないのはかなりのデメリットになります。エンジニア系の仕事を希望しない人にはマッチする仕事が少なく、あまり利用できないようです。

一方、DODAの求人数は日本最大級の全国10万件以上であり、その中の8割以上が非公開の求人です。スカウトメールも1ヶ月に1,770万通配信していて、その多さに驚きました。

このスカウトメールは自分にマッチしていないものが来るという口コミもありましたが、このメールによって転職できたという人も多く、DODAに登録するなら、一緒に利用したいサービスです。

転職フェアも各地で開催していて、初めての転職の人なら個別に会社訪問するよりは気軽に、時間がない人には一回でたくさんの企業を見ることができとても便利です。また、転職支援サービスも利用できるので心強いと思います。

以上のことから今回の勝負は、エンジニア系の転職をするなら@typeですが、それ以外なら圧倒的な求人数を誇る「DODA」の転職をお勧めします!

会社概要

商品名 DODA 転職@Type
販売事業者名 株式会社インテリジェンス 株式会社キャリアデザインセンター
所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F・28F 東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル
ホームページ https://doda.jp/ http://type.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。