DMM FXとGMOクリック証券のFX口座比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
business graph and chart

DMM FXとGMOクリック証券ではどちらのFX口座が良いかを比較対決しました。

一番気になるポイントは、取引コストであるスプレッドの差。しかしこの2つの会社はほとんど差がありません。

そこで取引システムや取引ツールの違い、スワップ金利などその他の面で徹底比較しています。

細かくチェックが必要なFXでは、スマホでも使いやすい方がいいですよね。自分に合ったものを選べるようぜひ参考にしてください。

DMM FXとGMOクリック証券の比較表

DMM FX GMOクリック証券
運営会社 株式会社DMM.com証券 GMOクリック証券株式会社
設立 2006年12月 2005年10月
資本金 98億円 43億4666万3925円
取引手数料 無料 無料
口座維持手数料 無料 無料
ロスカット手数料 無料 無料
出勤手数料 無料 無料
口座開設手数料 無料 無料
クイック入金手数料 無料 無料
クイック出金
米ドルを証拠金にできる × ×
通貨の現受け × 0.3銭原則固定 × 0.3銭原則固定
スプレッド 米ドル0.3銭
ユーロ0.6銭
米ドル0.3銭
ユーロ0.6銭
スワップ金利 米ドル8円 米ドル12円
通貨ペア総数 20ペア 18ペア
最大レバレッジ 25倍 25倍
初回入金額 規定なし 規定なし
取引単位 1万通貨 1万通貨
マージンコール 証拠金維持率100%以下 証拠金維持率100%以下
ロスカット 証拠金維持率50%以下 証拠金維持率50%以下
デモ口座 ナシ アリ
為替ニュースの配信 GI24、時事通信社 Market Win24、ダウ・ジョーンズ、NSJ日本証券新聞
管理元 GMOインターネット株式会社
提携金融機関 三井住友銀行、みずほ銀行など約380金融機関 三井住友銀行、みずほ銀行など
資産管理(信託保全) SMBC信託銀行、日証金信託銀行 三井住友信託銀行、日証金信託銀行
キャンペーン ★ザイFX!タイアップキャンペーン
“新規口座開設+1Lot取引で
8000円キャッシュバック(2016.7.31まで)”
★スマホで取引キャンペーン
“初回入金10万円以上+新規開設後スマホから500Lot以上
新規取引で10000円キャッシュバック(2016.11.30まで)”
★新規口座開設キャンペーン
“初回入金10万円以上+新規開設後PCやスマホから500Lot以上
新規取引で10000円キャッシュバック(2016.11.30まで)”
★ザイFX!GMOクリック証券タイアップ限定キャンペーン
“新規口座開設+FXネオ取引で
3000円キャッシュバック(2016.7.31まで)”
“新規口座開設最大25000円の
キャッシュバック(2016.9.30まで)”
CMに出ている芸能人 ローラ 新垣結衣
取引ツール利用料 無料 無料
iPhone対応スマホアプリ DMMFX Trade,DMMFX for smart phone iClick FX neo Plus
Android対応スマホアプリ DMMFX Trade,DMMFX for smart phone FX roid Plus
PC専用 DMMFX PLUS,DMMFX MINI、DMMFX ADVANCE(iPadからでも利用可能) Platinumチャート+、はっちゅう君FX Plus
モバイル対応 DMMFX for Mobile モバトレ君 APPLI FX Plus
ポイントサービス 新規建玉毎にポイントが付く
1pt=1円で現金に交換できる
GMOポイント(GMOインターネット(株)共通ポイント)
ネットショッピング、ゲームで貯まる(1pt=1円)
証券+FX同時開設でGMOポイント5000円相当プレゼント)
カスタマーサービス 24時間態勢
LINEでオペレーターとやりとりができる
LINE ID:@sec.dmm.com
24時間態勢
おすすめポイント FX口座数国内第1位
ツールが使いやすい
取引ポイントが貯まってお得
スプレッドが狭い
業界初のLINE対応
初心者向け
年間FX取引高世界第1位(2012年~2015年)
業界最安値手数料
高機能取引ツールが無料
為替ニュースの充実
スプレッドが狭い
公式HP DMM FXの公式サイトはこちら GMOクリック証券の公式サイトはこちら

概要対決

△DRAW DMM FX
FX口座数が国内第1位を獲得しているDMM FX。「FXといえばDMM.com」と思い浮かべる方も多いと思いますので知名度の高さも1位なのではないでしょうか。

取引ツールが初心者向けシンプル版と上級者向け高機能版に分かれており、初心者でも気兼ねなく使いやすいところがGoodです。口座は50万口座を突破、自己資本規制比率は311.3%、資本金は98億円です。また、ほかの口座にはない新しいサービスを取り入れるなど革新的な手法で利用者を楽しませてくれるところもDMMの良いところです!

△DRAW GMOクリック証券
2013年度にはオリコン顧客満足総合第一位を獲得するなど、人気と評判の高いFX口座ですDMMと同じく知名度が高いため、安心できる口座です。2012年度から4年連続で取引高世界第一位を獲得、預かり資産も国内第一位とかなりの信用の高さを誇ります。

口座は約28万口座、自己資本規制比率は391.4%、資本金は約43億円です。キャンペーンの頻度も高く、利用者の満足度を高めるための努力を怠らない会社です。強みは業界最安値水準の手数料や取引ツールの使いやすさなど、満足度一位を取るだけあって嬉しいサービスを提供していますね。概要はどちらも引けを取らないですね!ここではDRAWです。

サービス対決

◯WIN DMM FX
最近ではLINEアプリでもカスタマーサポートができるようになりました。問い合わせに対してスピーディに対応してくれますので、とてもありがたいサービスですね。受付時間は平日24時間。マーケットが空いている間は素早いレスポンスが返ってくるので安心できます。こういった新しいサービスを打ち出してくれるDMMの会社。

1万円キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁に行っています。ポイントサービスでは1ポイント1円の現金に変えることが出来るので、取引をすればするほどポイントが貯まる素敵なシステム!FX口座の中でも革新的なサービスを提供しているのが大きな魅力的ですね。

×LOSE GMOクリック証券
GMOクリックはシングル・サインオンを採用しています。シングル・サインオンとは株やFX、先物などすべての取引をひとつのID・パスワードで行います。そのため、取引がスムーズに行える利点があります。

口座間の振替も即時反映されるので取引のタイミングを逃すことがありません。これは非常に便利ですね!スピードが重視される取引においては非常に嬉しいサービスです。キャッシュバックキャンペーンなど定期的におこなっていますが、DMMのサービスが豊富すぎてここはやや劣っているように感じます。ここにおいてはGMOの惜敗です。

スペック対決

×LOSE DMM FX
口座開設費用、維持費用、手数料は無料です。取引単位は1万円通貨でスプレッドは米ドル/円が0.3銭(原則固定)。出金手数料が無料というところまではGMOクリック証券と同様です。そして、全20通貨ペアが業界最狭水準スプレッドなのですが、GMOクリック証券より2通貨ペアが多いです。

また、DMM FX口座へリアルタイムに反映されるクイック入金サービスは振込手数料無料です。全国約370の金融機関に対応しており、24時間土日祝日対応で入金が可能となっていますので、手続きのしやすさはDMMの方が優位でしょうか。ほかにもGMOクリックとの違いはロスカット手数料が無料な点です。ロスカットは初心者の方には嬉しい機能なので、不安な方は手数料無料なDMMはおすすめです。初回入金は5万円必要ですが、そのほかはDMMに方がお得かと思います。

◯WIN GMOクリック証券
口座開設費用、維持費用、手数料は無料です。取引単位は1万円通貨でスプレッドは米ドル/円が0.3銭(原則固定)、出金手数料無料とここまではDMMと変わりません。しかし、初回入金の設定はなしというのはGMOの良いところ。すぐに用意できるお金がない方でも始められます。

そして、通貨ペアは18通貨ペアですが、あまり支障もありませんし、ほぼ変わらないと思っていいでしょう。もう一点嬉しいのはスワップポイントが高く、豪ドルを扱うならGMOとも言われるほど。スワップポイントを狙うのであればGMOをおすすめします。一方、欠点もあります。GMOクリック証券と提携した金融機関から、即時入金サービスをご利用いただく場合は無料なのですが、振込専用口座へ銀行窓口・ATM等から振込した場合は手数料がお客様負担となります。

さらに初心者にとって一番心配なことなのですが、GMOクリック証券は万が一大幅に反対へレートが動いた時にロスカットが強制で発動します。その際は、ロスカット手数料が1万円通貨単位あたりにつき500円の手数料が掛かります。ここが万が一の時は非常に困ります。スワップ以外であれば初心者はDMMの方が安く済むことになるかもしれませんね。

取引ツール対決

×LOSE DMM FX
取引ツールの良さが魅力のひとつのDMM。スマートフォンアプリでも充実していると話題です。そのため、スマートフォンだけでFX取引をしている人も多数いるようです。主要な通貨ペアやレートが一目見て分かるようになっています。

また、「プレミアチャート」はお気に入りとして自分の取引しているチャートをカスタマイズできます。注文もタップ一つでできるようになされていて非常に便利。ツールの使いやすさは定評がありますが、正直なところGMOクリック証券の「Platinumチャート」ほどの見やすさはありませんでした。

◯WIN GMOクリック証券
こちらも取引ツールの使いやすさは抜群で、特に初心者の方がわかりやすいツールにしていることで有名です。スマートフォンやタブレットでも使用可能です。また、スマートフォンに関してはGMOの方がダウンロード数も多いので、人気と言えます。

スピード注文が簡単にでき、かなり便利だと話題です。シングル・サインオン導入によってさらに注文がスピードアップしました。さらにPC版でのチャートに関しても「Platinumチャート」がまとめて見られてすごく見やすく出来ています。GMOの取引ツールはいくつもの取引をしている方には一目見てわかる「Platinumチャート」、そしてシングル・サインオン導入によってスピード注文可能な点等からGMOクリック証券の勝利です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 DMM FX GMOクリック証券
概要
サービス ×
スペック ×
取引ツール ×
合計ポイント WIN:1
LOSE:2
DRAW:1
WIN:2
LOSE:1
DRAW:1
総合結果 ×LOSE ◯WIN

本音を申し上げますと、DMMもGMOもコスト・ツール・口座維持などにおいて大きな差異はありません。どちらも他社より手数料も安く、維持費もかかりません。

スマートフォンやタブレットのアプリなども充実していますし非常に見やすい取引ツールが使用されていると思います。しかし、あえてどちらが良いか?を答えるとすれば、ここはGMOクリック証券をおすすめします。その理由は2点です。

まず1点目は取引ツールの見やすさが素晴らしいことです。白を基調にした「Platinumチャート」が黒をベースにしたDMMの取引チャートよりも非常に見やすいと感じました。

DMMの取引チャートもカスタマイズなどできるのですが、画面がいくつかに分かれて見ることになりますが、GMOは1画面で見ることができ、スマートにまとめられています。

そして2点目はシングル・サインオンが整っていることです。FXだけでなく、今後は株なども行いたいと思っている方にはなおさらおすすめです。やはり取引においては1分1秒のスピードが大切です。その点においてはスピード取引もついているGMOは有利です。

しかし、DMMもロスカット手数料無料やラインによるカスタマーセンターとのリアルタイム連絡ができるのも素晴らしいサービスです。ロスカットなどが不安・・・という方にはDMMがとてもおすすめですよ。

会社概要

商品名 DMM FX GMOクリック証券
販売事業者名 株式会社DMM.com GMOクリック証券株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号恵比寿ガーデンプレイスタワー14階 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
ホームページ http://fx.dmm.com/fx/ https://www.click-sec.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。