おすすめの資産運用方法を徹底比較

株式投資、FX、投資信託、定期預金など沢山の資産運用方法の中からおすすめなやり方は一体どれなのか徹底比較しています。

おすすめの資産運用をポイントごとに比較

ETF(上場投資信託)で資産運用

株式のような取引ができる投資信託のことをETF(上場投資信託)といいます。リスクも少なく、1~2万円といった小さい金額から購入できるので初心者でも簡単に始めることができます。

一つ一つの企業の情報を調べなければならない株取引よりも、日経平均株価に連動しているので分かりやすいこともメリット。

多数銘柄に分散しているので、リスクも減らせるのです。市場が開いている間は株式と同じように売買可能。投資信託と同じく分配金も貰うことができます。

株と投資信託のいいとこ取りといえるので、資産運用に最適。特に安心な日経225連動型上場投資信託が、初心者にはおすすめです。

投資で資産運用

株式投資は少額から始められる投資として人気があります。投資は生活費やすぐに使える貯金などを除いた余剰金で行うものです。

株は10万円以下で買えるものがたくさんありますので、投資にまわせる金額が少なくてもチャレンジすることができるのです。またリターンが大きいこともメリットの一つです。銀行に預けていてもほとんどお金は増えませんが、株では資産を何倍にも増やすことができるのです。

株を日々売買して利益を得てもいいですし、配当金だけを目当てとすることもできます。忙しい社会人などは、配当利回りのよい銘柄を狙うとよいでしょう。

利率年2%の配当金であれば、高配当だといわれています。4%の株も存在しますので、いい銘柄を選び長期的に保有することで、確実にお金を増やしていくことができます。

不動産投資で資産運用

不動産投資は他の投資に比べて初期費用のかかる投資方法です。しかし不動産を購入してしまえば、後は賃料での収入を働かずして得ていくことができます。

ミドルリスク・ミドルリターンの投資方法と言われており、長期的な見通しが重要となってきます。高利回りの収入を得るために、不動産選びはしっかりと検討しましょう。家賃収入の他にも不動産を所有することによるメリットがあります。

それは、節税対策です。確定申告を行えば、所得税や住民税が減る場合もあります。また、贈与税・相続税も現金を譲るよりも少なくなります。老後に家賃という安定収入があることは、私的年金の代わりともなり得ますし、長い目でみるとメリットの多い投資です。

FX(外国為替証拠金取引)で資産運用

FX(外国為替証拠金取引)は少ない金額で始められ、大きなリターンを得ることができる人気の投資方法です。為替が上がるか下がるかといったことだけを確認するシンプルなもの。

レバレッジというシステムがあり、実際に持っている資金以上の金額で取り引きできることがメリットです。ただしリターンが大きい代わりにリスクも大きいハイリスク・ハイリターンの商品ですので、しっかりとした自己管理が必要です。

取引は24時間可能なので、自分の時間が空いたときに手軽に行うことができます。また、利率の高い外貨を持っているだけでスワップ金利を毎日得ることが可能。日々為替変動を見る時間がないという人には、スワップ金利目的で長期的に外貨を保有するのもよいでしょう。

先物取引で資産運用

先物取引というのは、今後その品物の価値が上がるか下がるかということを予想して取引を行う投資方法です。リスクが高いというイメージがあるかもしれませんが、それは小額を証拠金として大きな額を取引できるからです。10倍程度の取引が可能。

しかし、リスクが高いということはリターンも大きいということです。きちんとした知識と自己管理能力があれば、短期間で大きな利益を売ることができます。株式投資とは違い、価値が下がると思ったときには売り注文から入ることもできます。

身近な商品で取引しますので、価格の変動も見極めやすいものとなっています。現在はインターネットで簡単に先物取引も行えますので、資産運用の一つとしてとても有効な手段といえます。

定期預金で資産運用

普通預金とは異なり、預けてから一定の期間引き出すことができない預金のことを定期預金と言い、自由に引き出すことのできる普通預金に比べると金利が高く設定されています。

預入期間や預入額に比例して金利が高く設定されていることが多く、固定金利や変動金利など様々な商品があるため、自分がその資産を必要とするときが来るのか、いつ解約する予定なのかなど、将来を見据えて預けいれることが重要です。

定期預金は株や投資信託のようにリターンが大きいということはありませんが、元本割れすることがなく、確実に資金が増えるため、安心して行うことができる資産運用です。

外貨預金で資産運用

日本円ではなく、外国の通貨で預金を行う外貨預金での資産運用は、円→外貨→円の順番で通貨を交換するため、常に変動する為替のレートによって刻一刻と資産が変化します。

円に交換するときの為替によって差益が出ることで資産が格段に増えることもある反面、差損が出てしまうというデメリットもあります。定期預金の金利では少なすぎる、元本割れとなる可能性があったとしても資産が大きく増える可能性のある方に預けたいと考える方におすすめの資産運用です。

個人向け国債で資産運用

個人向け国債とは、日本が財政破たんしない限り基本的に元本割れしないという特徴を持った国債のことで、個人投資家を対象としています。

変動10年・固定5年・固定3年の3タイプから選択するシンプルなシステムで、購入後は満期を待つだけで利息がつき資産が増えるため、初心者におすすめの資産運用です。定期預金とよく似ていますが、利率は定期預金よりも高水準となっており、銀行などの金融機関で1万円から購入可能となっています。

外貨MMFで資産運用

外貨MMFとは円から外国の通貨に両替し、その国の国債や社債など安全性の高い債券を購入することで安心して資産運用ができ、為替のレートによっては円の国債などに比べてリターンが大きくなるという特徴を持った資産運用です。

購入した債権の収益金額によって利回りが変動するため、購入前に資金の推移が分からないというデメリットがあります。過去に元本割れしたケースはないのでリスクの少ない商品と言えますが、外貨建てという特性上、為替差損が出る可能性があるということを頭に置いておく必要があります。

投資信託で資産運用

投資信託とは、投資家が出資した少額の資金をひとつの大きな資金としてまとめ、投資のプロフェッショナルが投資家の代わりに運用することで得た利益を投資家で分配するという資産運用です。

元本割れする可能性はありますが、まとまった金額で運用されることで個人での投資に比べて大きなリターンが見込めます。運用を代行してもらうため、手数料の他に信託報酬という費用がかかりますが、1,000円程度の少額から始めることができ、投資の知識がない方も気軽に投資を行うことができるのが特徴です。

証券会社の特定口座と一般口座どっちがいい?比較対決

71

証券会社に口座を開くなら特定口座と一般口座のどちらがいいかを比較対決しました。特定口座は証券会社が年間取引報告書を作成してくれます。

さらに特定口座には源泉徴収ありとなしの2つがあり、源泉徴収ありの場合は売却益が出るたびに税金がひかれるので、確定申告をする必要がありません。

自分が株式投資に使う金額を考え、一番便利に使える口座を選んでください。

続きを読む

日経225ETFと日経225インデックスファンドを比較

192

日経225ETFと日経225インデックスファンドを比較対決。どちらも個別に株式銘柄を選ぶ必要がなく、日経平均株価に連動して運用されるので、膨大な損がでることもあまりありません。

最低購入金額、注文の出し方、手数料、信託報酬はそれぞれ異なってきますので、比較してまとめています。投資を始めてみたいと思っている人にはおすすめですので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

日経225とFXの投資を比較対決!

post-22

投資をするなら日経225とFXのどちらがおすすめかを比較対決しました。日経225は日経平均株価、FXは外国為替が投資対象。

自分で二つの外貨を選び為替変動を見守るFX に比べて、日経225は日経平均株価が上がるか下がるかだけを見ればいいので単純といえます。

取引時間や手数料、レバレッジについてまとめています。自分の得意分野の投資方法を選んでください。

続きを読む

NISAと確定拠出年金の資産運用を比較対決

ID974

資産運用するならNISAと確定拠出年金のどちらがおすすめかを比較対決。どちらも運用益が非課税となるので節税にもなるという人気の商品です。

老後のための資金作りにもぴったり。対象となる人や運用商品、途中解約の可否などいろいろ違う点もありますので、徹底比較してまとめています。メリットデメリットを考え、自分の目的に合った投資方法を選んでください。

続きを読む

銀行のNISAと証券会社のNISAを比較対決

ID885

NISA口座を作るなら銀行がいいか証券会社がいいかを比較対決しました。節税もできる投資方法として人気のNISAですが、どこに口座を作るかによって買える商品や手数料も変わってきます。

自分の扱ってみたい商品の取扱いがあるかどうかを確認しましょう。手数料も積み重なれば大きな金額になりますので、ここを参考に一番いい金融機関に口座開設してください。

続きを読む

金地金と純金積立の投資方法を比較対決

143

金地金と純金積立を比較対決しました。ゴールドバーとして金の現物を購入する方法は、大金が必要ですし、価格の変動を受けやすいのでリスクが高い投資方法です。

盗まれないように保管方法も悩みどころ。一方純金積立は小額から積み立てられるので初めてでも取り組みやすい投資です。どちらがお得なのかをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

CFDとFXでは資産運用をするならどっちがいい?比較対決

146

CFDとFX、資産運用するならどちらがいいかを比較対決しました。FXは為替を扱うものですが、CFDは株、株式指数、債券、商品先物などを取り扱えるので、商品の幅が広いというメリットがあります。

手数料も安く、レバレッジも使えるので少額で大きな利益を得ることもできます。それぞれのメリットデメリットを比較していますので、自分の投資方法に合ったものを選んでください。

続きを読む

株主優待とふるさと納税のどっちがお得?比較対決

142

株主優待とふるさと納税ではどちらがお得かを比較対決しました。株主優待は、株式を購入し、その分優待を受けられるものです。

会社によって、金額も品物も違います。一方ふるさと納税は、好きな地方自治体に寄付をしお礼の品をいただくものなので、リスクもなくお目当ての特産品などを手に入れることができます。それぞれのメリットデメリットをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

外貨預金と外貨MMFを比較対決

ID625

お金を増やすなら外貨預金と外貨MMFのどちらがおすすめかを比較対決しました。

預けているだけで為替差益を得ることができる両商品。金利や為替手数料、取引時間、元本保証など気になるポイントを完全調査しています。

利益を得た場合、税金の支払いが必要な場合もありますし、解約ペナルティについても知っておきたいところ。うまく利用してお金を増やしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

普通の定期預金と超短期定期預金のどっちがいい?比較対決

post-4

お金を預ける場合、普通の定期預金と超短期定期預金ではどちらがいいかを比較対決しました。超短期定期預金は1週間ほどで満期となり、利息が付く商品になります。

ただし自動継続できるので、毎週契約する必要はなく気軽に預けることができます。それぞれの金利をまとめています。

銀行によってもさまざまですので、よりお得にお金を増やせる方法を考えてみてください。

続きを読む