日経225ETFと日経225インデックスファンドを比較

192

日経225ETFと日経225インデックスファンドを比較対決。どちらも個別に株式銘柄を選ぶ必要がなく、日経平均株価に連動して運用されるので、膨大な損がでることもあまりありません。

最低購入金額、注文の出し方、手数料、信託報酬はそれぞれ異なってきますので、比較してまとめています。投資を始めてみたいと思っている人にはおすすめですので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

日経225とFXの投資を比較対決!

post-22

投資をするなら日経225とFXのどちらがおすすめかを比較対決しました。日経225は日経平均株価、FXは外国為替が投資対象。

自分で二つの外貨を選び為替変動を見守るFX に比べて、日経225は日経平均株価が上がるか下がるかだけを見ればいいので単純といえます。

取引時間や手数料、レバレッジについてまとめています。自分の得意分野の投資方法を選んでください。

続きを読む

NISAと確定拠出年金の資産運用を比較対決

ID974

資産運用するならNISAと確定拠出年金のどちらがおすすめかを比較対決。どちらも運用益が非課税となるので節税にもなるという人気の商品です。

老後のための資金作りにもぴったり。対象となる人や運用商品、途中解約の可否などいろいろ違う点もありますので、徹底比較してまとめています。メリットデメリットを考え、自分の目的に合った投資方法を選んでください。

続きを読む

銀行のNISAと証券会社のNISAを比較対決

ID885

NISA口座を作るなら銀行がいいか証券会社がいいかを比較対決しました。節税もできる投資方法として人気のNISAですが、どこに口座を作るかによって買える商品や手数料も変わってきます。

自分の扱ってみたい商品の取扱いがあるかどうかを確認しましょう。手数料も積み重なれば大きな金額になりますので、ここを参考に一番いい金融機関に口座開設してください。

続きを読む

金地金と純金積立の投資方法を比較対決

143

金地金と純金積立を比較対決しました。ゴールドバーとして金の現物を購入する方法は、大金が必要ですし、価格の変動を受けやすいのでリスクが高い投資方法です。

盗まれないように保管方法も悩みどころ。一方純金積立は小額から積み立てられるので初めてでも取り組みやすい投資です。どちらがお得なのかをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

CFDとFXでは資産運用をするならどっちがいい?比較対決

146

CFDとFX、資産運用するならどちらがいいかを比較対決しました。FXは為替を扱うものですが、CFDは株、株式指数、債券、商品先物などを取り扱えるので、商品の幅が広いというメリットがあります。

手数料も安く、レバレッジも使えるので少額で大きな利益を得ることもできます。それぞれのメリットデメリットを比較していますので、自分の投資方法に合ったものを選んでください。

続きを読む

株主優待とふるさと納税のどっちがお得?比較対決

142

株主優待とふるさと納税ではどちらがお得かを比較対決しました。株主優待は、株式を購入し、その分優待を受けられるものです。

会社によって、金額も品物も違います。一方ふるさと納税は、好きな地方自治体に寄付をしお礼の品をいただくものなので、リスクもなくお目当ての特産品などを手に入れることができます。それぞれのメリットデメリットをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

外貨預金と外貨MMFを比較対決

ID625

お金を増やすなら外貨預金と外貨MMFのどちらがおすすめかを比較対決しました。

預けているだけで為替差益を得ることができる両商品。金利や為替手数料、取引時間、元本保証など気になるポイントを完全調査しています。

利益を得た場合、税金の支払いが必要な場合もありますし、解約ペナルティについても知っておきたいところ。うまく利用してお金を増やしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

ネット銀行の定期預金と証券会社の定期預金を比較対決

post-14

ネット銀行の定期預金と証券会社の定期預金を比較対決。金利、元本保証、満期などを、それぞれのネット銀行や証券会社ごとにまとめています。

メガバンクに比べて金利が高く、お得に預けることができるネット銀行と証券会社。安全性や信頼性がどこまであるかが重要になってきます。クチコミも参考に、自分のお金の預け先を探してくださいね。

続きを読む

普通の定期預金と超短期定期預金のどっちがいい?比較対決

post-4

お金を預ける場合、普通の定期預金と超短期定期預金ではどちらがいいかを比較対決しました。超短期定期預金は1週間ほどで満期となり、利息が付く商品になります。

ただし自動継続できるので、毎週契約する必要はなく気軽に預けることができます。それぞれの金利をまとめています。

銀行によってもさまざまですので、よりお得にお金を増やせる方法を考えてみてください。

続きを読む