レイクとモビットのカードローンを比較対決

130135

大手消費者金融のレイクとモビットのカードローンを比較対決しました。審査への時間、金利、借入金額、ATMの利用のし易さなど調査しまとめてあります。お金を借りやすい方はどっちなのかを見比べて参考にしてください。

続きを読む

住宅ローンは元利均等と元金均等のどっちがいいのか比較対決

post-21

住宅ローンを組むなら元利均等と元金均等のどちらがいいかを比較対決しました。

返済額が一定となり計画が立てやすい元利均等と、初期に払う金額は大きいものの、結果的に元利均等よりも返済額が少なくなる元金均等。

それぞれのメリットデメリットがあります。元利均等でも途中で繰上返済することで返済額を減らすこともできます。自分たちの人生設計に合った返済方法を考えましょう。

続きを読む

フラット35と銀行の住宅ローンの固定金利を比較対決

ID3320

住宅ローンを組むならフラット35と銀行の住宅ローンの固定金利のどちらがいいかを比較対決。フラット35は条件を満たせば35年間という長期にわたって固定金利で借入することができるものです。

金融機関の固定金利は短期のものが多いのでずっと固定金利という魅力があります。それぞれの金利、手数料、融資額、返済額などをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

自転車保険加入は生命保険会社と共済どっちがいいか比較対決

post-5

最近はエコのために自転車に乗ったり、道路の法律が整備されたりと自転車が推奨されています。だからこそ自転車保険について知っておかなければなりません。

そこで自転車保険に加入するなら生命保険会社と共済のどちらがいいかを比較対決。自転車でも加害者となり障害を負わせたり死亡させたりする可能性があります。

保障内容などを比較していますので、事故にあったときに困らないためにもぜひ参考にしてください。

続きを読む

掛け捨て保険とお祝い金付き保険を比較対決

post-6

保険に入るなら掛け捨て保険とお祝い金付き保険のどちらがおすすめかを比較対決しました。割安で大きな保障を得ることができる掛け捨て保険。

一方少し金額が高くなるものの、祝金がもらえる貯蓄型の保険。本当にお得なのはどちらなのか、徹底調査しています。

保険に求めるものが何かは人によって違いますので、自分の人生設計にぴったりくる保険を選べるよう、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

50代の保険加入なら定期保険と終身保険どっちがいい対決

204

50代で保険加入するなら定期保険と終身保険のどちらがいいかを比較対決。

50代になると子供は独立していることが多く教育資金は不要になりますが、今度は介護の問題がでてきます。

その時その時の病気、入院に対応する保険がいいか、生涯保障してくれ解約返戻金が多い商品がいいかなど保障内容をしっかり確認する必要があります。これからの生活設計に合わせた保険選びをしましょう。

続きを読む

40代で保険加入するなら?定期保険と終身保険を比較対決

comu049

40代で保険加入するなら定期保険と終身保険のどちらがいいかを比較対決しました。子供がいる人、いない人、もう独立して手が離れた人、それぞれで選ぶ保険が違ってきます。

定期保険は割安で大きい保障を受け取れるので、子供が成長するまでの期間に使うのにぴったり。終身保険は生涯保障してくれるので老後のために必要です。自分の生活設計に合った保険を選ぶ参考にしてください。

続きを読む

30代で保険加入するなら?定期保険と終身保険を比較対決

5

30代で保険加入するなら定期保険と終身保険のどちらがいいかを比較対決。30代といえばまだまだ独身の人もいれば、結婚して子供がいる人もいるでしょう。

なぜ保険に入るのかという目的によって選ぶものも違ってきます。期間限定で解約返戻金もないけれど、割安で保障は大きい定期保険。

割高だけれども最後まで保障してくれる終身保険。自分の人生設計に合った保険を選びましょう。

続きを読む

暦年贈与と教育資金一括贈与を比較対決

63

暦年贈与と教育資金一括贈与とではどちらがおすすめかを比較対決しました。暦年贈与は基礎控除額110万円までは贈与税が非課税となるもの。

一方教育資金一括贈与は子や孫に教育資金として贈与する場合は、1500万円まで贈与税がかからないというものです。

相続税の節税対策にもなる教育資金一括贈与の方がいいように見えますが、細かい取り決めも多いのでデメリットもあります。徹底比較していますのでぜひ参考にしてください。

続きを読む

証券会社の特定口座と一般口座どっちがいい?比較対決

71

証券会社に口座を開くなら特定口座と一般口座のどちらがいいかを比較対決しました。特定口座は証券会社が年間取引報告書を作成してくれます。

さらに特定口座には源泉徴収ありとなしの2つがあり、源泉徴収ありの場合は売却益が出るたびに税金がひかれるので、確定申告をする必要がありません。

自分が株式投資に使う金額を考え、一番便利に使える口座を選んでください。

続きを読む