おすすめの自動車保険を徹底比較

自動車保険を比較するなら一括見積りサイトを有効活用

自動車保険といっても種類が多いのでどれを選べばいいのかわからない!

そんなときには自動車保険の一括見積りサイトを有効活用してみることをおすすめします。見積りサイトの中でも以下のふたつが代表的であり、このどちらかを使えば問題ないでしょう。

保険スクエアbang!

08bang

保険スクエアbang!は、日本最大級の保険比較サイトである。ソニー損保やアクサ、チューリッヒなど豊富な種類の保険会社を取り扱っており、自動車保険を一括して見積り依頼することができ、その結果は各保険会社・損害保険代理店からの案内となる。また、「自動車保険選び・見積もりのコツ」や「事故対応満足度ランキング」などファイナンシャルプランナーが教えるコンテンツなど役立つ情報がたくさん掲載されている。これから自動車保険に加入したいが、自分にとってどの保険が良いのか分からないという方におすすめである。

>>保険スクエアbangの公式サイトはこちら

保険の窓口インズウェブ

09hokennomadoguti

保険の窓口インズウェブはSBIホールディングス株式会社が運営しており、自動車見積もりを無料で一括請求できるサイトである。自動車保険の見積もり内容や事故対応などサイト上で簡単に比較できるため、検討する時間の短縮につながる。また、特定の保険を勧めたりすることはなく、契約も強制ではないのでこれから自動車保険に加入したい・自動車保険にはどのような補償が付いているのか知りたいという方に向けて、情報を得るには最適なサービスである。「自動車保険らくらく試算」「自動車保険は比較で安くなる」などスマホアプリ(無料)も充実している。

>>保険の窓口インズウェブの公式サイトはこちら

より多くの保険会社を見積りしたいのであれば、無料なので両方とも行うのもおすすめです。どちらが良いのかについては「保険スクエアbang!と保険の窓口インズウェブを比較対決」のページでご紹介しています。

自動車保険をおすすめのポイントごとに比較

ソニー損保

01sonysonpo

ソニー損保は1999年に開業し、開業当初から「車の使用目的」や「年間走行距離」などリスク細分型の自動車保険を販売している。また、ダイレクト販売することでコスト削減し、安心の保険料を実現している。さらに2002年からは医療保険の販売を開始し、「病気・ケガ」や「ガン」自動車保険は「車の使用目的」や「年間走行距離」などリスク細分型であり、ダイレクト販売することでコスト削減し、安心の保険料を実現している。「事故」などの入院リスクデータを分析することで安心の保険料を実現している。高額な治療費で治療期間も長びくことの多いガンの保障を手厚くし、支払い日数を無制限にしている。また、年齢を重ねても保険料は上がらず、契約時と同じ保障が生涯続く終身タイプとなっている。

>>ソニー損保の公式サイトはこちら

アクサダイレクト

02axadirect

アクサダイレクトは1817年にフランスで生まれた世界最大級の保険・資産運用グループの一つであり、日本でも15年以上にわたってダイレクト型損害保険を提供し、自己対応顧客満足度94.7%、保有契約数105万件を誇っている。取り扱っている主力保険は自動車保険で、専任の事故担当「チームアクサ」がすばやく対応し、24時間365日電話一本で駆けつけてくれるため、突然の事故や故障などの時も安心である。また、インターネットや電話で直接取引をおこなうことで、中間コストを削減し、保険料が安い。

>>アクサダイレクトの公式サイトはこちら

損保ジャパン日本興亜

03sompojapan

損保ジャパン日本興亜は1888年に創業し、自動車・バイク保険や火災保険、傷害保険など種類を豊富に取り揃えている。個人用の自動車保険の場合、対人賠償などの「充実の補償」や24時間365日の「万全の事故・故障対応」、またドライバーや家族をサポートするスマホアプリなど他にない「安心のサービス」で契約者をサポートしている。事故や保証時の対応、手続きをする際は代理店が「顔の見えるサポート」で対応しているため、安心して相談することができる。

>>損保ジャパン日本興亜の公式サイトはこちら

三井ダイレクト

04mitsuidirectsonpo

三井ダイレクトは個人向け自動車保険をダイレクトで販売するダイレクト損害保険会社として2000年に開業している。インターネットを最大限に活用し、スピーディにすることによりコストを削減し、簡単な手続きかつ納得の保険料で保険を提供している。保険料の払い込みをクレジットカードにした場合、インターネット上で手続きが完結する。また、事故に遭った際には保険適用にならない被害事故においても専任のスタッフが相談にあたっている。さらに24時間365日事故受付し、修理工場などへの初期対応は365日19時まで対応しているため安心できる。

>>三井ダイレクトの公式サイトはこちら

チューリッヒ

05zurich

チューリッヒは、1872年にスイスで設立され、170カ国以上でサービスを提供している保険会社である。取り扱っている保険は「スーパー自動車保険」「スーパーバイク保険」「障害保険」があり、インターネットで契約者と直接取引する「ダイレクト販売」でコスト削減し保険料が安くなっている。また、実際に事故や故障が起こったときには24時間365日事故連絡を受付けし、契約者に代わってチューリッヒが被害の確認や相手方との示談交渉を行ってくれるので安心できる。さらに100kmまでの無料レッカー移動や、レンタカー費用24時間無料など、契約1年目から受けられる無料ロードサービスは業界最高レベルである。

>>チューリッヒの公式サイトはこちら

SBI損保

06sbisompo

SBI損保は、証券会社やネット銀行などで知られるSBIホールディングスのグループ企業であり、自動車保険やがん保険、火災保険など豊富な種類の保険を取り扱っている。2016年版の価格.com自動車保険(満足度)ランキング」で第1位、雑誌「週刊ダイヤモンド」の「自動車保険料ランキング」では7年連続第一位を獲得している。主力商品の自動車保険はリーズナブルな保険料を実現し、事故受付は24時間365日プロの専任スタッフが対応している。事故などに遭った場合など全国約9,680カ所のロードサービス拠点から担当者が現場まで急行してくれる。

>>SBI損保の公式サイトはこちら

イーデザイン損保

07edesignsonpo

イーデザイン損保は自動車保険を取り扱っており、東京海上グループのグループ企業であるため100年以上の経験と事故対応実績で培った対応力を最大限に活かしている。緊急時の電話は24時間365日いつでも事故受付し、必要な初期対応をその日のうちに行うなど事故解決力が特徴である。また、すべての契約に全国9,300拠点で行っている無料ロードサービスが付いており、指定された最寄の修理工場まで距離制限なしのレッカーけん引や、燃料切れの際のガソリン配達サービスは契約1年目から利用可能である。保険料は過去1年感に走った距離によって保険料が決まり、インターネットから申し込む場合は10,000円の割引が適用される。次回更新する時も同様に10,000円割り引かれるため、申込はインターネットからがお得である。

>>イーデザイン損保の公式サイトはこちら

保険スクエアbang!と保険の窓口インズウェブを比較対決

審査員

保険スクエアbang!と保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積もりサイトを比較対決。

保険会社の人に頼まなくても自分で保険の見積もりをとることができます。

その場で見積もり金額がわかるのがメリットの二つのサイトを比較してご自身の車の保険金額を算出してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

ソニー損保とアクサダイレクトの自動車保険比較対決

jin1804

自動車保険のソニー損保とアクサダイレクトを比較対決しました。

自動車を持っているならば必ず入っておきたい自動車保険。事故対応やロードサービスなどのサービス面の他、走行距離やインターネットからの割引があるかどうかなど、それぞれの特徴を徹底比較しています。

もしもの時に必要な保険。補償内容が良くなければ加入する価値がありません。口コミも参考に、よく考えて自分に合った保険を選んでください。

続きを読む