おすすめの保険を比較対決

おすすめの保険をポイントごとに比較

生命保険のおすすめポイント

生命保険とは、契約し初回の支払いが行われた時から契約した内容の保障をするもので、万一の際には契約した額の保険料が支払われます。毎月の保険料を支払うことで、家計を支えている方が死亡した場合に家族が金銭的に困窮しない額が支払われるように備えるものです。

メリットのために契約するものではなく、デメリットをできるだけ少なくするために契約する金融商品です。また、確定申告の際に控除の対象になるため、税金の負担が軽減されるというメリットがあります。

医療保険のおすすめポイント

医療保険とは、万が一病気を患ってしまった時などの手術代や入院費が払えないという事態に陥らないために契約する保険です。日額5,000円で60日入院した場合は30万円必要となり、入院が続くと多額の費用がかかります。

高度な技術を用いた先進医療が必要となった場合には高額な費用が必要になり、その費用は一般的に全額自己負担となります。しかし、医療保険の種類によって先進医療の費用をカバーしてくれるものもあるので、もしもの時に備えて契約しておくと金銭的に悩むことがなく、治療に専念できるので安心して生活することができます。

終身保険のおすすめポイント

終身保険とは、解約しなければ死亡するまで一生涯保障される保険商品で、払い込み期間が自分で決められるという特徴を持っています。

勤めている間に任意の払い込み期間を設定して保険料の支払いを済ませ、その後は保険料を支払うことなく死亡するまで保障を受けることができるので老後の負担が軽くなり、老後も安心して生活することができます。

また、保険料の支払いが終わった後に解約をすると、時期によって解約返戻金が支払った保険料を上回ることがあります。解約返戻金は解約しない限り増え続けるため、資産にもなります。

がん保険のおすすめポイント

がん保険とは、がんと診断された場合にまとまった給付金が支払われる保険で、日本人のがん発症率や死亡率が上がっているため加入者は年々増加しています。

がんという病気の特性上、入院に要する期間が分からないため、入院給付金の支払いに制限がないものが主流となっています。

医療保険との大きな違いはこの点で、長期の入院となった場合や入退院を繰り返した場合にも安心して治療に専念できます。また、先進医療を用いて治療を行う場合にも、先進医療の保障も付いているため、全額がん保険で支払うことができます。

女性医療保険のおすすめポイント

近年注目されている女性医療保険とは、一般的な医療保険に乳がんや子宮がん、子宮筋腫など女性特有の病気の保障を加えている保険商品です。

病気だけでなく、帝王切開や吸引分娩など正常分娩以外は保障の対象となることが多いため、妊娠・出産前に加入しておくことで安心して出産することができます。また、保障される病気の種類が明確に定められており、契約の際に分かりやすいため、どの医療保険に加入するかの判断がしやすくなっています。

共済保険のおすすめポイント

共済保険とは、職場や地域が同じなどの共通点を持った人々が資金を少しずつ出しあうことで、組織の中の誰かに万が一のことが起こった場合に備えられる保険のことを言います。JA共済は農林水産省、都道府県民共済は厚生労働省が監督しており、民間の保険会社のように利益を追求する経営ではなく助け合いの精神からなる経営のため、年齢によって保険料を定めておらず、加入者全員の保険料が同じ額なので一般的に保険料は割安となります。

ネット保険のおすすめポイント

以前は保険のセールスを行う方から説明を聞き、保険に加入するという流れが主流でしたが、インターネットの普及によりセールスの方に会わずにインターネットから保険に加入できるのがネット保険です。保険会社の人件費やTVCMなどにかかる経費を抑えられるため、一般的に保険料は割安となっています。また、インターネット上で保険の概要を見ることができるので説明を聞く必要がなく、セールスの方に会う時間がない方などにもおすすめです。

自動車保険のおすすめポイント

自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があり、自賠責保険の加入は必ず必要で、未加入の場合は法律によって罰せられます。一方で任意保険への加入は絶対ではないですが、一般的には加入している方がほとんどです。

万が一運転中に事故を起こしてしまった場合など相手にケガをさせてしまうと高額な賠償金が必要となることがあるため、運転中の万が一の際に備える保険です。保険の種類によって、事故を起こす率が高い年代の保険料が割安になるものや自転車での事故も保障されるものなど、豊富な種類の中から自分に合ったものを選択することができます。

火災保険のおすすめポイント

火災保険とは、自宅や店舗などの建物と建物の中にある家具などが火災や自然災害によって損害を受けた場合に保障する保険のことを言います。

火災はもちろん落雷や爆発、雪災など対象となる保障の幅は広く、保険の種類によっては海がない地域に住んでいる方など水害に遭いにくい方は水災を補償対象から外すことができるものやタバコを吸わない方への割引があるものなど、居住地や生活スタイルに取り巻くリスクを考えて、必要性のある保障を選択でき、その分保険料を安くすることができます。

保険のおすすめポイント

保険のおすすめポイントは、毎月の保険料を支払うことで自分に万が一のことがあった場合など、予期せぬ不測の事態に陥った時に自分や家族が経済的に困窮する可能性を低くできるということです。

必ずしも必要なものではありませんが、将来の貯蓄と考えることもできます。加入のきっかけの多くは結婚した時や健康面で不安を感じた時など自分や家族の生活を守りたいと感じた時が多く、保険はいざという時に効力を発揮するお守りをもつようなものなので、加入することで安心を買うことができます。

地震保険のおすすめポイント

地震保険は火災保険とセットで契約する保険です。火災保険だけでは地震で家が倒壊したとしても補償してくれないのです。地震保険は政府主導で運営されているので、どの保険会社でも保険内容は同じ。条件が同じならば同じ保険料となります。

保険金額は火災保険の保険金額の30~50%、ただし建物は5000万円以内、家財は1000万円以内という制限があります。日本は地震の起こる可能性が多い国であるにもかかわらず、自分の家だけは大丈夫だろうという気持ちの人が多く、地震保険の加入率は30%にも満たない状態です。

しかしもし地震が起きてしまい、家が全壊してしまえば住むところもありません。特にローンの残っている人、貯金の少ない人、地震があれば仕事を失いそうな人は地震保険に入っておくことをおすすめします。万が一保険会社が支払えないとしても国が補償してくれますので安心です。

バイク保険のおすすめポイント

バイクに乗るときには必ず自賠責保険に入らなければなりません。しかし自賠責保険の補償内容は死亡事故で3000万、傷害事故で120万円と到底足りるものではありません。そこで任意保険に入る必要が出てきます。

バイクは自動車と比べても事故が多く、その中でも死亡事故になる確率も高いのです。にもかかわらず、バイクの任意保険の加入率は30%ほどしかありません。それでは万が一の時に対応できません。

バイク保険に入れば、対人賠償、対物賠償は無制限であり、搭乗者に対する治療費も補償されます。さらにロードサービスも様々なものが付帯されています。ガス欠時のガソリン給油やキー紛失時の解錠、オイル漏れの点検・補充などもしものときに役立つものばかり。事故は起こさずに越したことはありませんが、もし起こしてしまった場合に数億もの賠償金を請求されてしまえば人生を棒に振ってしまいます。必ずバイク保険に加入することをおすすめします。

保険のおすすめポイント

最近注目されているのが自転車保険です。健康やエコのために自転車に乗る人も増えていますし、中高校生にとって自転車は欠かせない移動手段です。自転車は車とぶつかり被害者になることも多いですが、加害者となることも考えておかなければなりません。

最近は歩行者とぶつかって死亡させてしまうという事故も増えています。その場合、賠償金は高額です。平成25年には9250万円の賠償金請求という判決も出ています。自動車やバイクには自賠責保険への加入が義務付けられていますが自転車にはそれもありません。

全額自己負担となるため、自己破産してしまうケースもあります。自転車保険は月1000円以下の保険金で、1億~2億円の賠償保障をしてくれるので安心。子供が起こす事故も多いので、自転車を頻繁に乗る人はぜひ加入するようにしましょう。

傷害保険のおすすめポイント

傷害保険はケガをしたときに補償される保険です。一般的にイメージするケガが対象となりますが、細かく定められていますので各保険会社の補償内容を確認しましょう。病気は補償されないので、加入時に健康状態の審査などもなく誰でも加入可能。年齢や性別による保険料の差はなく、職業別に2つに区分されています。

保険の種類は各保険会社が、さまざまなものを用意。代表的なものとしては普通傷害保険、家族傷害保険、交通事故傷害保険、ファミリー交通事故傷害保険などがあります。ケガによる死亡、後遺障害、入院はもちろんのこと、通院も補償されるところが嬉しいポイント。1日目から保険金が支払われます。自転車で転んだなどちょっとしたケガでも対象となりますので、保険会社に確認するとよいでしょう。特にスポーツをやっている人や、ケガの多い仕事の人にはおすすめです。

収入保障保険のおすすめポイント

収入保障保険というのは、被保険者がなくなった場合に遺族に対して保険適用期間終了まで保険金が支給される保険です。特に妻が専業主婦で、子供がいる場合、預貯金がない場合などにおすすめ。

残された家族が少しでも楽に安心して暮らせるための保険といえます。掛け捨て型の保険が多いので、保険料も安く加入しやすいのもポイント。

収入が少ない家庭は、少しやりくりして保険料を支払えば万が一の時に家族に負担をかけることもありません。決められた期間内に支払われる保険なので、保険期間満了間近に亡くなれば受け取る総額は少なくなります。子供が成人するまでは、などライフプランに応じて期間設定しましょう。タバコを吸っていない、太っていないなど保険料が安くなる制度もあります。

海外旅行傷害保険のおすすめポイント

海外旅行傷害保険のおすすめポイントは海外でケガや病気にかかったとき、また荷物の盗難や破損などがあったときに補償をしてもらえることです。契約金額をもとに支払いがされます。

海外でのトラブルは言葉の壁で不都合が生じる場合もありますが、保険に加入していれば日本語で対応してくれるサービスもあります。また、治療費などは提携した病院であればキャッシュレスで対応が可能です。クレジットカードの付帯で保険がついている場合もありますが、実際にかかる費用に比べて補償金額が少ないことや、補償される内容が充実していない場合もあります。よく注意をして比較検討してみると良いでしょう。

学資保険のおすすめポイント

学資保険のおすすめポイントは貯蓄性に優れていることです。強制的に貯蓄が出来る上、定期預金と比べると圧倒的に利率が高く返戻率は110%を超えるものも多く出ています。満期は一番お金がかかるであろう大学入学時を設定とした18歳とするところが多いですが、満期の選択やお祝い金が出る学資保険などもあるので、大体のライフプランをもとに検討することをおすすめします。

また、学資保険は契約者が死亡したり、事故や病気などで収入がなくなってしまった場合に保険料の支払いが免除になる措置があります。保障内容はそのまま継続し、予定通りの学資金が受け取れるので万が一に備えて大きなメリットと言えましょう。

個人年金保険のおすすめポイント

個人年金保険のおすすめポイントは大きく2つ、まずは定期預金と比べて利息が高いことです。定期預金で預けた場合はほとんど利息がつかず払込金額と受取金額にさほど大きな違いはありませんが、個人年金保険は早めに始めると返戻率が120%を超えるものもあります。

自動的に払い込みされる、簡単に解約しづらいという点も確実に貯蓄が継続できるポイントです、もう1つは所得税と住民税に控除制度があることです。一般の生命保険料控除とは別で所得控除が受けられるので、節税の面でもメリットがあります。老後の資金を蓄えるとすれば、定期預金より個人年金保険の方が有利でしょう。

ペット保険のおすすめポイント

ペット保険のおすすめポイントはペットの治療費に対する安心感です。ペットは人間と異なり公的な健康保険がないので、実際かかる治療費は全額が自己負担です。

突然のケガや病気、異物誤飲なども受診理由として多く、万が一入院や手術を伴うと何十万と治療費用がかかる場合もあります。早期受診・早期治療のためにも、ペット保険に加入して病院で治療することへのハードルを低くすることがおすすめです。ペットが他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまった場合などに備えて特約もあります。特に咬みつき事故は起こりやすい事例でもありますので、さらなる安心のために検討する人も増えてきています。

法人保険のおすすめポイント

法人保険のおすすめポイントは節税効果が高く、解約をしてもお金が返ってくることで緊急時の資金を確保できることです。決算直前に行えるものもあるので、緊急の節税対策として検討する経営者も多くいます。

もちろん法人保険の本来の役割である補償も受けられることで、経営者に万が一の事態が起こった時のトラブル回避ができるのも安心。状況を建て直し、新しい体制を作るまでの運転資金として利用することができます。また、法人保険の解約返戻金を経営者や従業員の退職金として準備するのも有効です。保険料の一部を損金で処理できるので、現金で管理するよりも有利に退職金を貯めることができます。

介護保険のおすすめポイント

介護保険とは、市区町村が運営している公的介護保険と民間介護保険があります。公的な介護保険は40歳になると被保険者として加入することが義務付けられており、40~64歳までの方が特定の疾病と診断された場合や、65歳を過ぎた方で介護が必要とされた場合に、かかった費用の1割負担のみで介護サービスを受けることができる制度となっています。

民間の介護保険は40歳以下でも介護が必要な状態となった場合は保険金を受け取ることができ、介護認定の要件が公的のものに比べて甘いため、保険金を受け取りやすいという特徴があります。

変額保険のおすすめポイント

変額保険とは生命保険の一種で、払い込む保険料の一部を債券や株式などに運用し、運用の実績によって受け取る保険金や解約返戻金が変わる保険です。

運用が好調な時は受け取る金額が増えるため、運用方法や時期によっては他の保険より多額の金額を受け取れる可能性がありますが、運用に失敗したとしても死亡保険金は下がらず、一般的に保険料は他の保険商品より安いのが特徴です。

投資信託と比較されることの多い商品ですが、貯蓄に加えて死亡保障を変額保険つけておきたい方は死亡保険金額が保障されている変額保険がおすすめです。

留学保険のおすすめポイント

語学学習や国際学習など、海外へ留学する際には様々な不安が浮かびますが、日本の健康保険は日本国内でのみ適応されるため、海外での治療には効力はありません。留学中にも安心や安全な生活を送るために用意されている留学保険とは、日本で加入する保険のように留学中に起こるケガや病気に対する保証が付いた保険のことを言います。

海外では日本とは違い、医療費が安くない場合も多く、高額な医療費の支払いができないという事態に陥ることも考えられるため、一般的には医療費の保証が付いている留学保険の人気が高くなっており、期間や保障内容など様々な種類から、自分の希望に合わせた保険を選択することができます。

家財保険のおすすめポイント

家財保険とは持ち家・賃貸物件に関係なく、天災などの被害に遭った際に自宅にあるTVや冷蔵庫、洗濯機などの家財道具を対象として保障する火災保険のため、賃貸物件に住んでいる方に人気の保険です。

一般的に火災保険は建物を対象とした補償と家財を対象とした保障が組み合わさったものですが、家財を対象とした保障部分のみが家財保険と呼ばれています。加入する保険会社の方が世帯主の年齢や家族構成を考慮して保障される金額が決まり、多くの場合、金額の調整も可能となっています。

死亡保険のおすすめポイント

死亡保険とは、被保険者が死亡した時や障害を持った際に保険金が支払われる保険で、残された家族の生活が困窮しないように万が一の場合に備えておくものです。

一言で死亡保険と言っても大きく2種類あり、子供が成人するまでなど一定期間の保障だけで良いと考える方には保障期間が一定のタイプで保険料が安いもの、保険金を全額受け取りたいなど子供や配偶者に資金を残したいと考える方には終身のタイプで保険料が高めのものがおすすめです。

保険スクエアbang!と保険の窓口インズウェブを比較対決

審査員

保険スクエアbang!と保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積もりサイトを比較対決。

保険会社の人に頼まなくても自分で保険の見積もりをとることができます。

その場で見積もり金額がわかるのがメリットの二つのサイトを比較してご自身の車の保険金額を算出してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

自転車保険加入は生命保険会社と共済どっちがいいか比較対決

post-5

最近はエコのために自転車に乗ったり、道路の法律が整備されたりと自転車が推奨されています。だからこそ自転車保険について知っておかなければなりません。

そこで自転車保険に加入するなら生命保険会社と共済のどちらがいいかを比較対決。自転車でも加害者となり障害を負わせたり死亡させたりする可能性があります。

保障内容などを比較していますので、事故にあったときに困らないためにもぜひ参考にしてください。

続きを読む

掛け捨て保険とお祝い金付き保険を比較対決

post-6

保険に入るなら掛け捨て保険とお祝い金付き保険のどちらがおすすめかを比較対決しました。割安で大きな保障を得ることができる掛け捨て保険。

一方少し金額が高くなるものの、祝金がもらえる貯蓄型の保険。本当にお得なのはどちらなのか、徹底調査しています。

保険に求めるものが何かは人によって違いますので、自分の人生設計にぴったりくる保険を選べるよう、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

50代の保険加入なら定期保険と終身保険どっちがいい対決

204

50代で保険加入するなら定期保険と終身保険のどちらがいいかを比較対決。

50代になると子供は独立していることが多く教育資金は不要になりますが、今度は介護の問題がでてきます。

その時その時の病気、入院に対応する保険がいいか、生涯保障してくれ解約返戻金が多い商品がいいかなど保障内容をしっかり確認する必要があります。これからの生活設計に合わせた保険選びをしましょう。

続きを読む

40代で保険加入するなら?定期保険と終身保険を比較対決

comu049

40代で保険加入するなら定期保険と終身保険のどちらがいいかを比較対決しました。子供がいる人、いない人、もう独立して手が離れた人、それぞれで選ぶ保険が違ってきます。

定期保険は割安で大きい保障を受け取れるので、子供が成長するまでの期間に使うのにぴったり。終身保険は生涯保障してくれるので老後のために必要です。自分の生活設計に合った保険を選ぶ参考にしてください。

続きを読む

30代で保険加入するなら?定期保険と終身保険を比較対決

5

30代で保険加入するなら定期保険と終身保険のどちらがいいかを比較対決。30代といえばまだまだ独身の人もいれば、結婚して子供がいる人もいるでしょう。

なぜ保険に入るのかという目的によって選ぶものも違ってきます。期間限定で解約返戻金もないけれど、割安で保障は大きい定期保険。

割高だけれども最後まで保障してくれる終身保険。自分の人生設計に合った保険を選びましょう。

続きを読む

保険のビュッフェと保険マンモスの保険相談対決

jin1806

保険のビュッフェと保険マンモスを比較対決。

どちらもファイナンシャルプランナーを派遣してくれる企業で、店舗はありません。電話をすると担当FPが訪問してくれ、無料相談を何度でも出来るという仕組みとなっています。

そこで2つの違いであるFPの質、態度、取扱保険会社、その後の勧誘の有無などを徹底比較。自分に合った保険会社を選べるよう、上手く利用してくださいね。

続きを読む