消費者金融カードローンと銀行カードローンを比較対決!

消費者金融VS銀行カードローン比較。借り入れするならどちらを選びますか?

審査条件や申し込みが簡単な消費者金融いわゆるサラ金か?または、安心してお金を借り入れる事ができる銀行なのか?果たしてあなたならどちらを利用しますか?

どちらも収入状況によって借り入れできるお金の額は変わってきますが、やはりお互い信頼できるところで申込みをしたいですよね。

それぞれ借り入れるメリット、デメリットがありますのでよくお考えの上決断することをおすすめします。

いくらまでなら借り入れ可能?利用限度額対決

◯WIN 銀行カードローン
三井住友銀行は800万円、みずほ銀行は1000万円と消費者金融のカードローンと比較して銀行カードローンの利用限度額はとても大きいです。本当にそんなに借りられるの?と思うかもしれませんが返済実績を上げる事で限度額は直ぐに上げられます。そういった大口融資は銀行カードローンの強みと言えます。

×LOSE 消費者金融
最大500万円くらいが消費者金融の利用限度額です。この限度額は人によって異なり年収や過去の借入状況によって変化する為、審査によって決まります。最大500万円程度、とは言っても実際に消費者金融で限度額をそこまで上げるのは難しいです。

金利面ではどちらが使いやすい?利息対決

◯WIN 銀行カードローン
銀行カードローンは金利が実質年率14.5%程度と安く設定されているのが特徴です。消費者金融の金利と約4%も金利が違いますので返済額を安く済ませたい場合は迷わず銀行カードローンを選びましょう。

×LOSE 消費者金融
消費者金融の上限の金利は実質年率18.0%くらいです。銀行カードローンと比較すると大分高く感じますが無利息期間を設けている会社も多く、すぐに返済する予定がある場合は利息0円になるので消費者金融の方が安く済む、というケースもあります。

即日融資は可能?融資までの期間対決

◯WIN 消費者金融
即日融資可能な会社が殆どで、パソコンや携帯などネットで簡単に申し込みが出来て手軽なのも特徴です。早いところでは30分で審査が終わりますし、とにかくすぐにお金が必要という場合には消費者金融は強い味方になってくれます。

×LOSE 銀行カードローン
借入まで数日はかかってしまう場合が殆どです。しかし最近は即日融資やインターネット申し込みを行っている銀行も増えて来ました。

銀行カードローンは消費者金融と比較すると審査が厳しい為どうしても時間がかかってしまうのですが、こういった試みは嬉しいですし、これからに期待したいところですね。

借り入れしやすいのはどちら?審査の厳しさ甘さ対決

◯WIN 消費者金融
パートやアルバイトであっても安定した収入さえあれば審査が通るので学生や主婦にも借りやすいです。

また、その消費者金融によって審査は少し違うようで例えばA社では審査に落ちたがB社では借りることが出来た、という話もよく耳にします。つまりお金を借りられる可能性が非常に高いということです。

×LOSE 銀行カードローン
銀行カードローンの審査は厳しいです。年収の低い人や非正規雇用の人は審査が通らないと考えて良いでしょう。

しかし、銀行というのは一般の人からお金を預かり融資を行っています。そのお金を簡単に貸してしまうと信用に関わってきますので、そういった面から見ると審査が厳しい=悪いというものでもないです。

わかりやすく使いやすいのはどちら?利便性対決

◯WIN 消費者金融
収入があれば正社員じゃなくてもお金を借りられたり、提携ATMが多かったりと手軽に利用できるのが特徴。また無利息期間などのキャンペーンやサイトでお試しのシミュレーション審査ができ、利用者の使いやすさをよく考えて工夫している印象があります。

×LOSE 銀行カードローン
近年、インターネット申し込みが出来るようになったり即日融資が可能になったりと以前と比較すると利用しやすくなった銀行カードローンですがバイトやパートの場合は審査が通らないなど「誰にでも」使いやすいとは言えません。返済方法も口座引き落としが多く、まだまだ消費者金融ほどの手軽さと利用しやすさはありません。

会社に絶対電話がかかってくるの?在籍確認の面での使いやすさ対決

◯WIN 消費者金融
社員証明証や健康保険証など本人が確認できるものがあり書類を作成すれば在籍確認をしなくて良い場合があります。なので絶対に電話確認が必要という訳ではなく、会社の人にお金を借りた事を知られるのが怖いという人にも安心して利用できます。

×LOSE 銀行カードローン
必ず在籍確認が必要なので絶対に職場に電話がかかってきます。会社名を名乗らず個人名で電話がかかってくるのすが、普段あまり電話がかかってこない人や会社に勘の良い人がいる場合はお金を借りたとバレる事もあるそうです。なのでこの電話確認が嫌だと口にする人は大変多いです。

まとめ

消費者金融と銀行カードローンは総合的に見て利用しやすいのはどちらなのか?
申し込みの行いやすさや返済のしやすさ、審査の甘さに融資速度、電話での在籍確認をしないで済むという面でも消費者金融の勝ちではないでしょうか。

やはり金利は銀行カードローンと比較すると高いのですが少額借りて直ぐに返す場合も無利息期間を設けている消費者金融の方がお得に利用出来ます。

とは言え、安心して利用できるのは銀行カードローンです。正社員として務めている人や大きな額のお金を借り入れたいという場合には限度額を上げるのが難しい消費者金融は向きません。

今回は総合的に見た使いやすさで消費者金融の勝利、としましたが、あくまでも総合的な話で学生や主婦か正社員か、いくら借りたいのか、いつまでにお金が必要なのか、という利用者の状況によってどちらがベストかは変わってきます。

消費者金融と銀行カードローンを比較対決したみんなの口コミ

金利を考えればまずは銀行カードローンを選ぶ
消費者金融も銀行カードローンもどちらの審査も通るならばまずは銀行カードローンの利用を優先すべきでしょう。消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの金利を比べてみれば明らかに銀行カードローンの金利が低くなっています。金利が少しでも違えば利息の負担が全然違うことになりますので、審査が通るという前提で銀行カードローンを優先します。
無利息期間のある消費者金融がおすすめ
遊びだ飲み会だ結婚式だと給料日まで後20日以上あるのにお金が無い!なんてのはよくある話だと思います。
そんな時は消費者金融がおすすめです。審査スピードが速い、審査が甘い等ありますが、1番のおすすめ理由は、
無規則期間がある事です、大手消費者金融SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、アコムなどは30日間無利息で利用できます。
消費者金融は金利も高かったりしますが、借りたらすぐ返すことができる方であれば、おすすめだと思います。
最大のおすすめポイントは借りやすさです
消費者金融と銀行カードローンのどちらがおすすめかというと、ずばり銀行カードローンです。
銀行カードローンの一番のおすすめポイントは借りやすさです。
現在では銀行カードローンは、フリーター・パートタイマー・無職の方でも口座さえ開設したら、誰でも気軽に借りることができます。
銀行によっては、収入がそれほど高くない方でも高額の融資も期待できます。
消費者金融は即日融資に対応している
キャッシングを利用してお金を借りたいという時はほとんどが金欠状態になっていてすぐにお金を借りたいと思っているはずです。その点から考えると銀行カードローンは審査が厳しいので融資可能になるまでの時間もかかってしまいます。消費者金融は即日融資に対応していて自動契約機で申し込めばその場でカードが発行されるのですぐお金を借りる事が出来るのでおすすめです。
銀行カードローンの方が金利面でお得
銀行カードローンの最大の魅力は金利が消費者金融よりも低いことです。
消費者金融では金利が大体18%前後に設定されていますが、銀行のカードローンの場合は15%程度に設定されています。
わずか3%前後の違いですが、借入金額が大きくなればなるほど、この3%は大きな違いとなります。
少しでも借金の雪だるまを防ぐのであれば、やはり金利の低い銀行カードローンはおすすめです。
銀行カードローンの方が消費者金融よりイメージがいいです
消費者金融と銀行カードローンのどちらかを選ぶなら、私は銀行カードローンを選びます。
その理由は、銀行カードローンの方が消費者金融よりイメージがよいからです。
銀行カードローンにお金を借りていると聞いても人はなんとも思いませんが、
消費者金融からお金を借りていると聞くと、そんなに家計が苦しいのかと思ってしまいます。
なので私は銀行カードローンのほうをおすすめします。
ご自身の信用形成の観点から、銀行カードローンの方がおすすめです
近年は、消費者金融と銀行カードローンの金利差が昔ほどの乖離ではなく
なりました。今では、どちらから借入をしても、それほど差はないように
思えます。

ですが例えば、銀行からの借入がなく消費者金融を数社利用している人が
いた場合、貸す側から見れば「この人は、銀行では貸してもらえない人」
という見方をするでしょう。

借入される方ご自身の信用形成という観点から、銀行カードローンの方が
おすすめです。

審査から借り入れまでに必要な時間
まず消費者金融の審査時間ですが、無人契約機で30分。ネット審査で当日完了し後日無人機でカード発行。最短30分で現金の借り入れが可能です。一方銀行系ですが無人契約機が少なく、ネットでの審査が一般的です。審査自体は1~2日で完了しますが、カードの郵送までに5日は掛かり、そこから現金の借り入れが可能です。比較すると消費者金融の無人機が最短で借り入れ出来ます。
金利が安いから銀行がおすすめ!
最初にキャッシングやカードローンを組む時に1番悩むのが絶対金利だと思います。
銀行は利用してる年数が長いと銀行からの信用が高いくなり限度額を上げられるところがほとんどだと思うのですが、だいたいの銀行は借りている金額が高ければ高いほど金利が優遇されやすいと思います。
消費者金融だと法律ギリギリくらいの利率になるところがほとんどなので、銀行の方がおすすめです。
ネットで借入も返済もできる消費者金融がおススメです
お金は借りたいけれど、どこで借りればいいのか、そして人間相手に書類審査や年収や借金等の事を話すのは恥ずかしさも含めて抵抗あるのでネットで借入も返済も可能な消費者金融がいいですね。お店探しであれこれ悩まなくて済むし恥ずかしい話もパソコンで済ませられるのは借りる側から見て大きな利点です。あとネットならば深夜でも借りることも返済も可能なのが魅力です。
安心が第一
消費者金融と銀行カードローン、お金を借りるという行為そのものは一緒ですが、どちらがオススメかというと銀行カードローンになります。銀行カードローンの方が安心があると思います。消費者金融は怖いイメージがあります。銀行カードローンは銀行の固い安心のイメージがありますし、例えば誰かに話す時にも銀行で借りているというのと、消費者金融で借りているというのでは、印象もかなり違うと思います。それはひとえに銀行のイメージによるとこが大きいと思います。なのでオススメは銀行カードローンです。
世間体から銀行カードローンがオススメ
私の様に家庭があり、子供もいる人間であれば尚更世間体を考えて銀行カードローンをオススメします。
もちろん、お金を借りるという意味合いでは大差無いものでは有りますが、例えば人に話す機会があったとして、消費者金融から借りている、と言うと利用した事無い方はやはりネガティブなイメージを受けてしまいます。銀行カードローンであれば、単純にローンを組んだだけというイメージがしやすいと思うので、銀行カードローンをオススメします。
金利の低いところで借りましょう
消費者金融は今でも利息制限法ギリギリの金利で貸し付けしています。銀行のカードローンなら、それより低金利で融資しているところがたくさんあります。銀行のカードローンならの融資審査は緩くなり、現状ではどちらも融資の審査も基準はたいして変わりませんから、わざわざ金利の高い方で借り入れしなくてもいいと思います。
安心して借りられる点
お金を消費者金融か銀行カードローンのどちらかから借りる事になるなら絶対に銀行カードローンがおすすめです。
それはどうしてかというと、消費者金融から安易にお金を借りると場合によっては法外な手段で取り立てされる事もあるからです。

ですから、銀行カードローンならそういう事はないので安心して借りられるので銀行カードローンがおすすめです。

無利息期間をうまく活用
消費者金融にあって銀行カードローンにない大きなメリットは、無利息期間です。
もちろん、その業者の初回利用であることなど条件はありますが、その条件にあてはまるのならば、30日間の無利息期間の恩恵は大きいです。
その期間に返済できる目処がたっている場合はもちろん、無利息期間終了後に短期間で返せそうな場合は計算してうまく使うといいと思います。
短期なら無利息期間のある消費者金融がおすすめ
一般的に消費者金融を利用する場合、多くは突発的な不足金を補うためで、数ヶ月以内で返済可能と判断した場合が多いのではないかと思います。長期間での借入れを消費者金融で考える人は少ないと思います。

現在、消費者金融の利息は年18%程度、銀行カードローンの金利は年14.5%が多いと思います。また消費者金融では、30日の無利息期間を設けているところがあります。従って、この無利息期間を利用した場合、そして借入れ期間が2、3ヶ月位なら銀行カードローンよりも消費者金融の方が金利が安くなります。

借りる際の金利がお得
銀行カードローンが断然お得です。
銀行からのローンなので借りる際の金利が低金利で借りる事もできますし、口座を持っていれば優遇を受けたりする事もあるからです。
金利の違いは年数を重ねればかなり大きいです。
数年で何十万円、何百万円の無駄を払うか払わないかになってきます。
生涯獲得金額を考えてみれば、消費者金融より銀行カードローンを利用した方が数百万円は絶対に違います。
銀行カードローンを利用していると信用出来る人物とみなされる
銀行の住宅、車、フリーローン様々ありますが、これらを将来的に利用したいと思うなら銀行カードローンを利用している方が印象は良いです。銀行カードローンの審査が通らないから消費者金融のカードを持っているとみなされます。ローンを返済し終わっても5年間は履歴が残ります。また急なお金の入り用があり審査が簡易な消費者金融のカードローンを利用する場合にも銀行が貸すから信頼出来るとみなされ審査が通りやすいので銀行カードローンがオススメです。
銀行のカードローンのほうがお勧めできます
基本的に銀行のカードローンのほうがお勧め出来ます。それは金利で言うと少しは安いからです。但し、消費者金融も極端に悪いところもあれば良いところもあります。しかし、銀行も高いところはありますが下限をみるとこちらのほうがお得です。つまりは、長い付き合いをするならば銀行のカードローンのほうがよいといえます。
金利の違い
消費者金融は銀行カードローンよりも審査が甘く、主婦の方でも簡単に利用できるのですが借り利子が高い上にリボ払いの所も多いので月々ちゃんと返してもなかなか返済が終わらない事があります。
銀行カードローンは審査は厳しいですが借りた分をちゃんと返せば次に借りるときの信用にもつながると思います。
銀行の方をお勧めします。
利子の少なさ
消費者金融は、審査が甘い分、利子が多く、返済が難しくなってしまいます。
審査が甘いからという理由で軽い気持ちで消費者金融を選ぶとその後、大きな借金を抱えてしまうことになりかねません。
そのため、審査は厳し目ですが信頼のおける、銀行のカードローンでお金を借りることをおすすめします。
今のことばかりではなく、長い視点で返済計画を立てることが重要です。
条件付きだけど手続きが楽で即金で借り入れができる銀行のカードローン
ネットで口座を持っているなら銀行のカードローンをお勧めします。ネットバンキングが出来る状態であることで情報の入力作業や書類でのやり取りなんかはなく申し込みフォームに必要事項を打ち込んで審査結果を待つだけなので手軽でとても便利です。返済や借り入れも簡単にネットでできるのも魅力の一つです。あとは総量規制外のため人によっては消費者金融より融資枠が多めにとれる事ではないでしょうか。
銀行カードローンは主婦でも借りられからおすすめです
専業主婦だと消費者金融では、借りられません。パート、アルバイトをしていれば、その限りではないと思いますが、完全な専業主婦だと貸してくれません。その点、銀行のカードローンでは上限が50万等と決められているものの、貸してもらえる場合があります。どうしても夫に言いたくない場合でも借りられるので、それは専業主婦にとってはありがたいです。
銀行カードローンの方が世間的に信用性があるため恥ずかしくない
一般的に消費者金融というのはイメージが悪く、消費者金融から借りてるというだけで偏見の目で見られてしまいます。一方銀行カードローンであれば信用性も高いのでまだ消費者金融から借りているというよりは偏見の目で見られる事はありませんし、消費者金融のカードを見られるのは恥ずかしいですが、銀行のカードであれば他人に見えられても恥ずかしさがありません。
もちろん銀行のカードローンが絶対安心です
銀行のカードローンも、金利は結構高めかもしれませんが、「安心」がまったく違うと思います。万が一、返済が滞る事態になっても、交渉の余地があります。例えば、「毎月2万円の返済」という規定だったとしても、何かあって返済が苦しくなった場合、「月に1万円なら払える」などの交渉に応じてくれます。銀行さんは、世間の評判に敏感。「返済を苦にして死なれた」ら大変なんで、こちらの返済の意志が固ければ、臨機応変に対応してくれます。でも、「借りない」のが1番ですけど。

プロミスとアイフルのカードローンを比較対決

71

プロミスとアイフルのカードローンを比較対決しました。即借り入れたいときの審査スピードや融資までの時間が早いのはどちらなのでしょうか。気になる金利についてもくわしく比較しています。効率よく借り入れをしていただく参考にしてください。

続きを読む

レイクとアイフルのカードローンを比較対決

OL

レイクとアイフルのカードローンを比較対決しました。気になる金利、審査の通りやすさ、無利息期間、申し込みのし易さなどを比較しています。ATMの手数料や返済のしやすさなどを見比べて自分にあったほうを選んでください。

続きを読む

レイクとモビットのカードローンを比較対決

130135

大手消費者金融のレイクとモビットのカードローンを比較対決しました。審査への時間、金利、借入金額、ATMの利用のし易さなど調査しまとめてあります。お金を借りやすい方はどっちなのかを見比べて参考にしてください。

続きを読む

東京スター銀行カードローンと八千代銀行カードローンを比較

ID785

東京スター銀行カードローンと八千代銀行カードローンを比較対決しました。

一つの銀行の中でもいくつかカードローンの種類がありますので、自分の状況に合った借り方をすることができます。金利、審査内容、利用限度額、即日融資の可否など気になる点を徹底比較しています。

専業主婦の方でも条件によっては借りられますので、返済計画をきちんと立て、上手く利用していきましょう。

続きを読む

東京都民銀行カードローンと東日本銀行カードローンを比較

ID974

同じ銀行カードローンでも、それぞれ特徴があり自分に合った借り方をすることが大切です。今回は東京都の地方銀行である東京都民銀行と東日本銀行のカードローンを比較対決。一番気になる金利から審査の内容、限度額、融資されるまでの時間をまとめました。インターネットで申し込みができる便利なカードローンもありますよ。返済計画をきちんと立て、借入するようにしましょう。

続きを読む

千葉銀行カードローンと京葉銀行カードローンを比較対決

post-17

千葉県の地方銀行、千葉銀行カードローンと京葉銀行カードローンを比較対決しました。

金利や審査内容、パートや専業主婦の方などそれぞれの利用限度額、即日融資が可能かどうかなどを完全調査しています。

申し込み時に来店や口座開設が必要かどうかも気になるところですよね。お金が急に必要になった時に便利なカードローン。きちんと返済できるように計画を立て、上手く利用していきましょう。

続きを読む

足利銀行カードローンと栃木銀行カードローンを比較対決

post-5

栃木県の地方銀行である足利銀行と栃木銀行のカードローンを比較対決しました。

急にお金が必要だ!というときに便利なカードローン。しかし返済のことを考えると、知識無く借入するのは考えものです。

金利、審査内容、借入限度額、電話での申し込み可否、融資されるまでの時間など様々な点から比較してご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

きちんとした計画を立てて利用しましょう。

続きを読む

常陽銀行カードローンと筑波銀行カードローンを比較対決

post-18

急な出費にカードローンを利用しようと思うことがあるかもしれません。

そこで茨城県の地方銀行、常陽銀行カードローンと筑波銀行カードローンを比較対決。

金利、審査基準、利用限度額、融資されるまでの時間など気になるポイントをまとめています。

銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が安くおすすめですが、人それぞれで借りられる額も違いますし、返済計画も違います。自分に合った方法で借入していきましょう。

続きを読む