資格取得におすすめなのはどれなのか徹底比較

資格取得に関することをなんでも徹底比較したカテゴリになります。資格取得までの道のりとその後の就職に役立てれる情報を掲載しています。

通信講座や専門の開講された講座への参加。仕事をしながらや大学、専門学校へ通いながらのダブルスクールでの学習に向いているのはどちらなのかを知ることができます。

キャリアアップ、就職や転職に有利な資格取得なので自分のライフスタイルにあったもので学習できること間違いありません。

おすすめの資格を比較対決

医療事務の資格

安定した求人数があるという理由から、女性に人気のある医療事務の資格。医療事務の業務において資格や免許は必要ありませんが、採用されやすく資格手当が支給される場合があるなど様々なメリットがあります。国家資格や公的資格はありませんが、医療事務関係の資格自体は10種類以上存在しており、各団体が主催している資格試験には在宅受験ができるものや通信教育を受講し、受験資格を満たす必要があるものなど、様々な特徴があります。資格を取得する方法は、通信制の講座を受講する、専門学校で学ぶ、独学などがあるので自分に合った勉強方法で資格の取得にチャレンジすることが可能です。

調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務の資格は、専門的な資格でありながら学習範囲が限定されているため、難易度が低く、合格率は50~70%ほどです。まったく医療に携わったことがない初心者から目指す方も多いため、再就職を目指す主婦や転職を考えている方などにおすすめの資格です。病院内で薬を調剤する「院内処方」が減少し、病院から処方箋を受け取って病院の外で薬をもらう「院外処方」が増加しています。調剤薬局は全国にあり、年々増えているため、求人は安定しています。

実用ボールペーン字講座

実用ボールペーン字講座は年賀状やビジネス文書などに役立つので、就職活動中の方や自分の字に自信がない方におすすめの資格です。短期間で効果がでるように1日15~20分程度テキストをなぞり書きして進めるという方法でカリキュラムが組まれており、最短の方法で美しい文字が書けるようになります。費用は一括払いの場合は31,000円(税込)、分割払いを選択する場合は1,980円×16回の31,680円(税込)となっています。

ファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナーとは、税金や投資、住宅ローンなど人生にまつわるお金に関して幅広く学ぶ資格で、お金に関するライフプランニングのアドバイスをする資格です。自分の生活に役立てるためにお金のことを学びたいという方や金融業界への就職や転職を考えている方へおすすめです。国家資格「FP技能士」と有効期限がある民間資格「AFP,CFP」があり、業務上では一般的にAFPが有効とされています。また、お金の専門家として知識を生かし、開業をすることも可能です。

食生活アドバイザーの資格

食生活アドバイザーの資格は、栄養や食習慣はもちろん、食の流通や衛星面など健康な生活を送るために的確なアドバイスを行う食の専門家を認定する資格です。食品メーカーや給食センター、医療機関などの業界で活躍することが可能です。近年の健康ブームによって栄養など食に興味を持つ方が増加しているため、今後さらに注目度があがる資格といえます。自身の健康に役立つ知識が身につくので、家族の健康を守る主婦の方などにもおすすめの資格です。

宅地宅建取引士の資格

宅地宅建取引士(略称:宅建士)とは不動産業界で働くにあたってとても有利な国家資格です。不動産売買や賃貸の仲介時に必要とされ、買い主や借り主に対して重要事項の説明を行う役割を担います。宅地建物取引業者は事務所の従業員5人のうち1人以上の割合で宅地宅建取引士を置かねばならない法律があるため、就職や転職の切り札ともなります。試験は毎年10月に行われ、合格率は15~17%前後。70%以上の正解率で合格が狙えます。受験には年齢や学歴、経歴などの条件が不要なため、平成27年度試験結果では最高齢合格者が83歳、最年少合格者が13歳、学生や主婦も合格しており誰でも目指せる希望ある資格です。

保育士の資格

待機児童問題で近年注目されている保育士。保育園だけでなく、児童養護施設、病院内の保育施設、学童クラブ、ベビーシッターなど保育士の資格が必要とされる場所は多くあります。女性のハンデとなりがちな出産育児も仕事に活かすことができるので、子育てがひと段落した女性も活躍できます。また、夜間の延長保育が必要とされる今、防犯の面でも男性保育士のニーズも高まっています。試験は年2回前期と後期に分けて行われ、筆記と実技があります。試験は9科目あり、1科目60%以上で合格。合格した科目は3年間有効なので、何回かにわけてチャレンジすることもできます。比較的取りやすい資格と言えましょう。

販売登録者の資格

登録販売者とはドラッグストアなどで一般用医薬品を販売することができる資格です。2009年6月に薬事法が改正されたことにより誕生した資格で、薬剤師との違いは2つ。処方箋の調剤が出来ないことと、第一類医薬品が販売できないことです。ただし、ドラッグストアなどで扱う一般用医薬品のうち9割が登録販売者の販売できる第二類、第三類医薬品であり、薬剤師の不足を担う強力な資格と言えます。現在は学歴・年齢・実務経験も不問で受験できるので、キャリアアップや就職転職に向けての取得もおすすめです。試験は定期的に各都道府県で行われていますが、試験日や受験料も異なるので注意しましょう。7割以上の正解率で合格が狙えます。

行政書士の資格

行政書士とは「頼れる街の法律家」とも言われる法律を扱う国家資格です。行政書士事務所への就職のほか、独立・開業も可能。また企業の総務部・法務部など法律の知識が役立つ部署でのキャリアアップにもつながります。行政書士としての業務は非常に幅広く、書類作成業務、相談業務、書類提出代理業務、契約書代理作成業務など多岐に亘ります。法改正で年々業務が広がっていることもあり、今後の活躍の場も多いと期待できます。実務経験などの受験資格はないので、今現在法律の知識がなくても合格が狙える資格です。試験は毎年11月の年1回実施。年々試験が難しくなる傾向にあるため、受験するなら早めがおすすめです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)はマイクロソフト社オフィス製品のスキルを証明できる資格です。認知度が高く世界共通の国際資格であり、パソコンスキルが客観的にみられるため、就職や転職時のアピールにも使えます。なお日常業務の作業効率アップにもつながることから、取得を進める企業もあり人気があります。科目はWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの5つ。WordとExcelにはスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)の2バージョンがあります。MOS試験は全国で随時実施されているのでチャレンジがしやすく、パソコンでの実技試験のみなため、合格しやすい資格と言えましょう。

簿記3級の資格

簿記3級の資格とは、事務職の就職や転職を考えている方に有利で、職種に関わらず評価を得られる資格です。経理や会計の基礎知識が身に付き、業種を問わず安定した求人があるため、結婚・出産後の再就職の際にも有効です。また、年齢や受験資格がないので誰でも受験しやすいという点や、試験が年に3回ある点も人気の理由です。お金にまつわる資格の登竜門と言える簿記3級の知識をベースに他資格を取得し、スキルアップすることも可能です。

介護事務の資格

介護事務とは主にレセプト作成(介護報酬請求業務)などを行う職業で、介護事務の資格を取ることで介護施設への就職や転職が有利となります。介護事務の求人はパートやアルバイトなど様々な形態の求人が豊富にあるため、主婦などに人気があります。高齢化社会のため、介護業界は今後も発展すると言われていますが、夜勤や力仕事などが多いのも事実です。しかし、介護事務は体力に自信がなくても働くことができるので、体力に自信がない方などにもおすすめの資格です。

インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーターとは、住居を快適な空間にするために家具や照明などの商品選びから住宅計画のアドバイスを行う住空間のスペシャリストです。インテリアだけでなく、住宅設備や照明など建築の知識を幅広く学ぶため、住宅関連のメーカーや設計事務所で働く方や今後建築業界で働きたいと考えている方におすすめです。インテリア業界は流行の流れがはやいため、流行をキャッチすることに長けているという方に向いています。以前は25歳以上という受験制限がありましたが、現在は誰でも受験できるようになっています。
 

カラーコーディネートの資格

カラーコーディネートの資格とは、その場に応じて魅力的に見える色をコーディネートするスキルのことです。ファッション業界から出版・広告業界まで幅広い業界で活躍することができ、企画書やプレゼンテーションの資料などの色使いなどにも応用できるため、男性の取得者も増加しています。仕事だけでなく自身のファッションやメイクに活かすことができるため、プライベートにも役立つ知識を得ることができます。通信講座で受講することができ、通学が難しい方や主婦などにも人気の資格です。

社会保険労務士の資格

社会保険労務士の資格とは、労働関連法や社会保障法令に基づく書類作成や労務管理や社会保険についてアドバイスを行うための資格です。資格取得の難易度が高く社会保険労務士は不足しています。そのため有資格者は評価され、就職や転職の際に非常に有利です。主に人事や総務を行う部署で活躍することができ、独立開業することも可能です。また、書類の作成などの他に、講師として指導する、行政書士など他の資格と組み合わせることでさらに幅広く活躍できます。

ケアマネジャーの資格

ケアマネジャーとは、介護を必要とする方をケアするために最適なプランを立て、適切なサービスが提供されているかのチェックを行う職のことを言います。介護福祉士や介護ヘルパーなど福祉や保健医療で一定期間の実務経験がある方が取得できる資格で、取得すると仕事の幅が広がり、介護分野での就職や転職に有利です。論文や実技試験はなく、マークシート方式となっています。合格率は15~20%程度と高くないですが、ケアマネジャーの質を向上する目的から、今後試験の難易度が上がることも予想されます。

薬膳コーディネーターの資格

薬膳コーディネーターの資格とは、中医学に基づいて作る食事・薬膳の知識を身につけ、料理のメニューなどに取り入れることで健康や美容に良い食事を学びたい方などにおすすめの資格です。ユーキャンの場合、通信講座で学び、講座を修了することで資格が認定されるので、比較的簡単に取得できる資格と言えます。健康ブームのため、今後さらに注目を浴びることが予想されるこの資格を取得することで、漢方薬局や料理教室など幅広い職種の就職や転職の際にアピールすることができます。

食育実践プランナーの資格

食育実践プランナーとは、食生活プランナーと似た資格ですが、主に家庭での健全な食事を実践することをメインに考えた資格です。美味しいだけでなく、野菜の選び方や食事のマナーなど食に関する知識を幅広く学んで実践し、指導できることを目指すため、資格取得後は料理教室や介護業界などで活躍することができます。通信教育で学ぶことができ、自宅で受験できるので、家庭の食を任されている主婦などにも人気の資格となっています。

介護福祉士の資格

介護福祉士の資格とは、身体介護や相談やアドバイスを行うなど介護を必要とする方のサポートをするスペシャリストとして認められる国家資格で、2016年度の試験から3年以上の実務経験に加えて実務者研修の終了が必要となっています。介護職の中で唯一の国家資格のため、介護保険施設はもちろん医療施設や身体障害者療護施設など、さまざまな職場の求人があります。その職場に就職しても人と関わる職業のため、人と接することが好きな人におすすめの資格です。

整理収納アドバイザーの資格

整理収納アドバイザーの資格とは、物が多く片付けられない方や掃除が苦手な方などの原因や問題点を見つけてアドバイスする、片付けのスペシャリストとして認められる資格です。片づけるアドバイスを行うだけではなく、片づけた後に散らかりにくくする方法をアドバイスし、相談者を快適に生活できるように導きます。片づけについて学ぶことで自宅の整理収納にも役立ち、プライベートにも役立つため、主婦にも人気の資格となっています。

調理師の資格

調理師という名前を出して、調理の業務を行うことができる人を「調理師」といいます。調理師免許がなくてもお店で料理を作ることは可能ですが、免許を持っていれば、きちんと知識を有していること、実務経験があることを証明することができます。また応募条件に調理師と限定されている場合もありますし、給与も普通の人より高く設定されていることが多いので、就職にも有利です。食品衛生責任者の資格も申請するだけで取得することができ、今後のキャリアアップも有望。メリットの大きい資格です。受験には2年以上の実務経験が必要。パートやアルバイトでも週4日以上、1日6時間以上という条件を満たせば受験可能となっています。マークシート形式の筆記試験で60%が合格ラインと言われていますので、比較的受かりやすいと言えるでしょう。

歯科助手の資格

歯科助手の資格というのは国家資格ではなく民間の認定資格となります。つまり資格を持っていなくても歯科助手として働くことは可能。しかし歯科医師の助手としての診療のサポート、患者の対応、受付業務を行うため、専門知識があった方が有利に働きます。器具を並べたり、歯磨き指導もしたりするとなると、働きながら一から学んでいくというのは実際難しいでしょう。応募条件でも何らかの資格を持っている人と限定される場合もあります。資格には各団体によりいくつか種類があります。歯科助手検定(日本歯科助手検定協会)、歯科医療事務検定(日本医療事務検定協会)、医療事務管理士技能認定試験・歯科(技能認定振興協会)などは試験に合格することが必要です。歯科助手(日本歯科医師会)の資格は、講習を受けることで得ることができます。

管理栄養士の資格

管理栄養士は栄養関連の資格の中で唯一の国家資格です。そのため一から資格を取ろうとすると最短4年はかかります。しかし栄養士の資格を持っている人は実務経験があれば、管理栄養士へとステップアップできるので有利。栄養に関する深い知識を持っている人とみなされるので、病院や学校、介護施設など働く場はたくさんあります。レストランで出すメニューに関しての栄養指導、スポーツ選手の食事の栄養管理などの仕事もあります。食事という人間に欠かせないものに関わっているので、どんな場所でも活かせる資格です。受験資格を得るためには管理栄養士養成施設に4年間通うか、栄養士養成施設に1~3年通い、その後実務経験を積むという形になります。試験はマークシート方式で10科目あり、合格ラインは60%。年1回行われています。

メンタルヘルスマネジメントの資格

メンタルヘルス・マネジメントの試験は大阪商工会議所が行っています。メンタルヘルス・マネジメントというのは心の健康管理のこと。仕事での不安、ストレス、悩みなどが増加している中で、どうやって社員の能力を発揮させていくか、職場の状態を良くさせていくかということは重要な課題です。この試験により心の健康管理の知識を身に付けることができるので、資格の申込者は9年で3.8倍となってきています。試験には3種類あり、1種は人事労務管理者や幹部対象、2種は管理職対象、3種は一般社員対象です。特に注目されているのは2種。部下がストレスに負けないようにする方法、不調に陥った場合の対処などを学ぶことができます。合格率はおよそ50%。70%正解すれば必ず合格するという方式です。3種はセルフケアで、自分自身をコントロールする方法を身に付けます。受験して損することはない、今注目の資格です。

中小企業診断士の資格

中小企業診断士は今注目されている国家資格で、取りたい資格の上位の定番となっています。日本に数多く存在する中小企業に対して、アドバイスをしたり相談にのったりというのが主な業務になります。しかし資格を取得している人のほとんどは大企業で働いており、自身のスキルアップや社内でのキャリアアップの手段としている人が多いようです。中小企業を支えることができるので、社内でも評価が高くなりますし、転職する場合にも有利に働きます。しかしながら資格自体は難関と言われており、合格するためには1年以上の勉強が必要です。マークシート形式の1次試験、記述式の2次試験、口述式の3次試験があり、合格した後も実務実習を行わなければなりません。2次試験の合格率は20%ほどとなり、簡単には通らない資格です。その分合格した後のメリットは計り知れないといえそうです。

アロマテラピー検定の資格

アロマテラピー検定の資格は年々受験者数が増えている人気の資格です。アロマテラピーとは植物から抽出した精油を用いてリラックスや健康管理をサポートするもの。精油はブレンドすることができるので、オリジナルの香りも楽しむことができます。アロマセラピストなどの仕事に役立てるほか、趣味で楽しむ人も増えているので楽しみながら勉強するのも良いでしょう。アロマテラピーは近年癒しの効果が着目され、福祉や介護業界でも使われるようになってきました。検定は年2回、5月と11月に行われます。性別・年齢・経歴などに関わらず誰でも受験することができる資格で、最初から1級にチャレンジすることも可能です。

福祉住環境コーディネーターの資格

福祉住環境コーディネーターの資格は、超高齢化が進む日本で必要性が高まっている資格です。高齢者や障がい者が自立し安心して暮らしやすい住環境を提案するスペシャリストのことで、福祉関連の資格でありながら実務経験なく受験できるのがチャレンジしやすいポイントです。ケアマネージャー・福祉用具会社・行政などの医療福祉関係、また、リフォーム会社・建築会社・工務店・住宅の営業など建築関係の仕事に従事する人のスキルアップとしてもおすすめです。就職活動を控えた学生や、自身の暮らしに役立てるために専業主婦も取得を目指しています。正解率70%で合格、試験は毎年7月と11月の年2回チャンスがあるので取得しやすい資格と言えましょう。

ネイリストの資格

ネイリストの資格はプロを目指す人のほか、セルフネイルを楽しみたい人にも人気の資格です。1997年からスタートした資格で、ネイル技術の資格としては最も歴史があり有名なものの一つ。3級は誰でも受験することができ、ネイルケア、カラーリング、ネイルアートなどネイルの基礎から学ぶことができます。プロを目指すなら2級以上の取得がおすすめ。2級は3級の合格が受験資格となりますが、ネイル技術が証明されることでネイリストとしての就職アピールもしやすく、また自宅開業する際の自信や信頼につながるのでぜひ取得を目指したいところです。試験は年4回開催されており、筆記と実技があります。

旅行業務取扱管理者の資格

旅行業務取扱管理者の資格は未経験でも受験できる、旅行業界唯一の国家資格です。旅行業界に従事する人のキャリアアップ、旅行業界への就職・転職時のアピール、独立など、自身のスキルアップとして大いに役立つ資格と言えましょう。旅行業務取扱管理者とは旅の企画立案、契約、手配などを行う仕事です。国内と海外を取り扱う「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱管理者」の2種類あり、総合では約50%、国内では約80%の人が旅行業界未経験の合格者です。他の国家資格と比べても合格率は高いので、狙い目の資格ともいえます。両方とも試験は年1回、総合は10月、国内は9月が試験日です。

司法書士の資格

司法書士の資格は法律系の国家資格で独立開業も可能です。仕事内容は多岐に渡りますが、登記を専門的に行っているのが司法書士です。簡易裁判所で法廷に立ち、弁護士と同様の代理・裁判事務も行うことができます。また、超高齢化社会が進むにあたり、遺言や相続にまつわる相談業務、認知症などで十分な判断が出来ない人のための成年後見の分野でも活躍の幅が広がっていくと予想されています。試験は合格率3%と前後と非常に難関。ただ、合格すれば一生有効であり、受験資格はないので誰でも受験は可能です。試験は年1回で7月に筆記試験、筆記試験の合格者のみ10月に口述試験があります。

リスニングパワーとスピードラーニングの英会話教材を比較対決

英会話教室に通う女の子

英語を勉強してみたいけれど、英会話教室に行く時間はないという人へおすすめの英語教材。

会社によって、学習内容や金額は違います。今回はリスニングパワーとスピードラーニングを比較対決でご紹介。

英会話能力といってもスピーキングかリスニングか、自分がどこに力を入れたいかによっても選ぶ教材は異なってきます。

これから教材を選ぶ人はぜひ参考にして、自分に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

続きを読む

エブリディイングリッシュとスピードラーニングの英会話教材を比較対決

英会話教師と女性

英語の教材、エブリディイングリッシュとスピードラーニングを徹底比較してご紹介します。

英語を勉強しようと思っても、どの教材がいいのか分からない。そんなときはここを参考にしてください。学習内容や料金、教材などを比較対決しています。

自分に合った教材を選ぶことが、英会話上達の第一歩です。それぞれのメリットデメリットをしっかり見極めて選んでくださいね。

続きを読む

スピークナチュラルとスピードラーニングの英会話教材を比較対決

外国人教師と女の子

スピークナチュラルとスピードラーニングを比較対決しました。

英語を身に付けたいと思ったときにまず考える英語の教材。いろいろあってどれがいいのか分かりませんよね。教材内容や料金、練習方法などがここを見れば一目瞭然。

どのような学習方法が自分に合うかは人によって違いますので、それぞれの英会話教材の内容をしっかり見極め、利用して下さい。

続きを読む

ロゼッタストーンとスピードラーニングの英会話教材を比較対決

英会話

英語の教材である、ロゼッタストーンとスピードラーニングの2つを比較対決!

自宅で気軽に始められ、英会話を身に付けることができる2つの教材。どちらが自分に合うかは、人によって違いますが、気になる料金や学習方法、口コミなどをご紹介します。

どのようなやり方で英語を学びたいかをはっきりさせ、それぞれのメリットデメリットをきちんと認識し選んでくださいね。

続きを読む

医療事務と栄養士と資格取得するならどっちがいいか比較対決

栄養士 医療事務

医療事務と栄養士、これから資格を取るならどちらの資格がいいのかを比較対決しました。

通信でも取れる医療事務と専門学校などでの勉強が必要な栄養士。どちらも就職に有利に働く資格です。特に栄養士の方は、管理栄養士への道も開け、求人数、勤務地とも多数あります。

しかし医療事務の方は簡単に取得できるという利点があります。どちらの方がより有利なのか徹底比較していますので、自分の人生設計に合った資格を選んでください。

続きを読む

簿記とTOEICの資格取得するならどっちがおすすめか比較対決

英会話

簿記とTOEIC、2つの就職に有利な資格をどちらが役に立つのか比較対決しました。簿記は会計や経理事務などどんな職種でも歓迎される資格です。

そしてTOEICは自分の英語力をアピールするのにとても役立ちます。自分の働きたい会社、やりたい仕事ではどのような能力が求められているのかを考え、うまく資格を取り就活を成功させましょう。

続きを読む

簿記とファイナンシャルプランナー資格取得するならどっちがいい

ビジネス 資格

これから資格を取るとしたら、簿記とファイナンシャルプランナーとどちらが役に立つでしょうか。

比較対決でご紹介します。簿記はどんな職種でも経理事務などで歓迎されます。一方ファイナンシャルプランナーは銀行や保険会社など、金融系の会社で働く場合に有利です。

それぞれの資格の取り方、今後の役立ち方を徹底比較。自分の働きたい会社で役立つ知識を身に付けられるよう、きちんと考えて資格を取得しましょう。

続きを読む

ユーキャンとヒューマンアカデミーの資格通信講座を比較対決

英会話教師と女性

通信講座で資格が取れると時間がない人にも助かりますよね。

今回は大手通信講座会社のユーキャンとヒューマンアカデミーを徹底比較。

講座数や受講料、合格率、教材の内容、どこまでサポートしてくれるかなどここを見れば一目瞭然です。

人気の医療事務や保育士など自宅にいながらして資格取得でき、就職に役立てることができますよ。ぜひ参考にしてください。

ユーキャン
http://www.u-can.co.jp/

ヒューマンアカデミー
http://haa.athuman.com/

続きを読む

ニチイ学館VS資格の大原の資格の勉強するならどっちがいいか比較対決

資格に挑戦している女性

ニチイ学館と資格の大原の資格取得に関することを調査し比較しました。

資格は就職に有利とされているので合格目指して学習する価値は大いにあります。仕事をしながらでも取得できるので女性のキャリアアップにも有利です。

大学生や専門学校へ通いながらのダブルスクールにも適しています。

それぞれ教育面でのサポートや資格取得してからの就職支援について比較してあります。どちらが今の自分のライフスタイルにあっているのかを見極めれます。詳しい料金等が知りたい場合は、資料請求も無料でできますので活用してみてください。

ニチイ学館
http://www.nichiigakkan.co.jp/

資格の大原
http://www.o-hara.ac.jp/

続きを読む