おすすめの葉酸サプリメントを比較

葉酸サプリメントをおすすめのポイントごとに比較

ベルタ葉酸サプリ

01berutayousan

ベルタ葉酸サプリは、葉酸が400㎍配合されており、これは厚生労働省が1日の摂取に推奨している量である。また、厚生労働省は合成葉酸を推奨しているが、より効率よく吸収させるべく、合成葉酸を酵母で発酵培養させてさらに栄養価を高くした天然型酵母葉酸を100%使用している。現役のママなど生の声を反映させている商品のため、不足がちなビタミンやミネラル、アミノ酸、鉄分、カルシウムなど様々な栄養素を配合しており、妊娠や授乳で栄養不足と感じている方におすすめのサプリメントである。

>>ベルタ葉酸サプリの公式サイトはこちら

パティ葉酸サプリ

02pattiyousan

パティ葉酸サプリは100%食品でできたサプリメントである。配合されている13種類の野菜はすべて無農薬で栽培されており、粒は野菜の粉末で固めているので、固めるための添加物は一切使用されていない。厚生労働大臣が定めている品質管理基準GMPの認可工場で生産され、放射能検査では「検出なし」の結果が出ているので安心して口に入れることができる。配合されている葉酸は400㎍、鉄分は15mgとママに嬉しい高配合となっている。赤ちゃんのために食生活が気になっている方におすすめである。

>>パティ葉酸サプリの公式サイトはこちら

はぐくみ葉酸

03hagukumiyousan

はぐくみ葉酸は、オーガニックレモンから絞った自然由来の葉酸、ビタミンCやポリフェノールが豊富なアセロラエキス、ミネラルの宝庫であるサンゴカルシウムを配合している。赤ちゃんのために飲むサプリメントのため、合成添加物を一切使用していない。また、妊娠中は匂いにも敏感になりやすい時期なので粒は直径約9㎜と小さく飲みやすくなっている。さらにGMP認定工場で医薬品レベルの品質・安全管理のもと生産されているため安心して飲むことができる。

>>はぐくみ葉酸の公式サイトはこちら

AFC葉酸サプリ

04afcyousan

AFC葉酸サプリは香料・着色料・保存料・砂糖・甘味料を使用せず、1日の目安である4粒に葉酸480㎍、鉄10g、カルシウム200mgが配合されている。この配合量は2015年の厚生労働省から発表された推奨量に基づいているため、ママにとってバランスの良い理想のサプリメントである。つわりの時期にも飲みやすいように粒の大きさは最小限に作られており、独特の味を抑えるためコーティング加工されているため、他の葉酸サプリメントが続かなかったという方にもおすすめのサプリメントである。

>>AFC葉酸サプリの公式サイトはこちら

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

05josei100

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、実際に100人以上の女性の協力のもと商品開発された累計販売120万本を突破しているサプリメントである。配合されている葉酸の種類はモノグルタミン酸型で、これは他の種類の葉酸より吸収率が高く、低価格のため効率よく葉酸を摂ることができる。また、厚生労働省が推奨している日本人の食事摂取基準に基づき、鉄やカルシウム、ビタミンなど本当に実証されている成分のみを配合しており、自社グループ会社で最後まで製造しているため、安心して飲むことができる。

>>女性100人の声から生まれた葉酸サプリの公式サイトはこちら

ベジママ

06vegimama

ベジママは、ママに必要な葉酸に加えて豊富なミネラルを含むルイボスや、新成分ピニトールという栄養素を配合し、妊娠のためだけではなく、女性を健康へと導くためのサプリメントである。ピニトールとはアイスプラント由来の成分で、妊活や甘いものをよく食べるなど食生活のサポートができることが分かっている。葉酸サプリを試したことがあるが、効果を実感できなかった方や葉酸サプリが続かなかった方など妊活に悩む方におすすめである。

>>ベジママの公式サイトはこちら

ママニック葉酸

07mamanicyousan

ママニック葉酸は、葉酸400㎍を主とし、カルシウムや鉄分、ミネラル、乳酸菌など妊婦が不足しがちな栄養素をバランスよく配合したサプリメントである。また、厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型の葉酸を配合しているため吸収率が高く、効率よく摂ることができる。製造工場はGMP準拠工場のため製造から出荷まで安全であり、第三者機関の放射能試験では残留農薬試験をクリアし、安心して飲むことができる。さらに直径9㎜の粒状で、匂いを抑えたコーティングを施しているため飲みやすくなっている。

>>ママニック葉酸の公式サイトはこちら

オーガニックレーベル葉酸

08organiclabel

オーガニックレーベル葉酸はその名の通り、天然原料を100%使用し、完全無添加処方で製造されている。近年スーパーフードとして有名で、ボリビア政府では妊娠中や産後の女性に無料配布しているキヌアスプラウトや、103種類もの野菜や果物、40種類以上の栄養素を配合している。直径約8㎜の極小サイズの粒でつわりの時期にも飲みやすいようこだわっているので飲みやすい。妊娠中はもちろん、妊活中の方や産後の栄養補給をしたいという方におすすめである。

>>オーガニックレーベル葉酸の公式サイトはこちら

Pole Pole葉酸サプリ

09polepoleyosan

Pole Pole葉酸サプリは、管理栄養士が経験をもとに成分や配合量を計算し作り上げたサプリメントである。モノグルタミン酸型の葉酸をはじめ、カルシウムや鉄など12種類の成分を配合しているため、妊娠中の女性に必要な成分がバランス良く摂れる。また、腸内環境を良くするため乳酸菌を配合しており、ベビー用品で知られているコンビ社のものを使用している。自信を持っているからこそ、配合されている成分をHP上に完全公開しているため安心して飲むことができる。

>>Pole Pole葉酸サプリの公式サイトはこちら

美的ヌーボ

10bitekinubo

美的ヌーボは健康食品を販売する美的タウンが販売しており、累計販売1000万包を突破しているサプリメントである。原料には合成添加物や保存料を一切使用せず、100%天然素材を使用している。一般的な葉酸サプリに配合されている葉酸は化学合成のものだと化学薬品や石油などを使用しているが、美的ヌーボは天然素材を使用しているため食事で摂る時と同様に摂取できるので安心である。また、放射能性ヨウ素、セシウム検出の検査を行い「検出なし」の結果が出ており、アメリカ食品医薬品局の認可工場で生産されていることから安全に対する意識がうかがえる。妊娠中や妊活中の方で本当に体のためになるサプリメントを探しているという方におすすめである。

>>美的ヌーボの公式サイトはこちら

葉酸サプリメントのおすすめなところ

葉酸サプリメントは、妊活をしている女性や妊娠中の女性には馴染みのあるサプリメントです。

厚生労働省が妊娠を計画している女性に摂取を推進していますが、何故こんなに葉酸サプリメントが推奨されているのでしょうか。

葉酸サプリメントのおすすめポイントについて詳しく説明します。

厚生労働省が葉酸サプリメントを推進していることもあり、葉酸サプリメントには以下のようなおすすめなところがたくさんあります。

食事だけでは不足しがちな葉酸を十分摂ることができる

葉酸は肉や野菜などの食べ物から摂取することが可能ですが、普通に食事をしているだけでは1日に必要な葉酸が摂取できないという統計が出ています。

<葉酸が多く含まれている食品>

食品名 100gあたりの
葉酸含有量(㎍)
鶏レバー 1,300
うなぎ肝 380
枝豆 260
ほうれん草(生) 210
卵黄 140
牛レバー 810
ウニ 360
モロヘイヤ 250
アスパラガス 180
納豆 120

※葉酸は調理段階で失われやすく、食べた食品からは約50%しか吸収できないと言われています。

特に、妊娠を計画している女性や妊娠中の女性には、1日あたり400㎍もの葉酸が必要なのですが、食事からは約60%の葉酸しか摂取できておらず、約40%も葉酸が不足しています。

例えば、ほうれん草でしたら1日に2束分以上の生ほうれん草を食べなくては、1日当たり400㎍の葉酸を摂取することができません。

さすがに1日中生ほうれん草ばかり食べる訳にもいきませんし、特定の食品ばかりを摂取すると、別の栄養素が不足する事態にも陥ります。

<1日あたりの葉酸推奨量>

男性 女性 妊娠初期 妊娠中期~後期 授乳婦
240㎍ 240㎍ 640㎍ 440㎍ 340㎍

そんな食事だけでは摂取が難しく不足しがちな葉酸ですが、葉酸サプリメントなら、1日に必要な葉酸をたった数粒のサプリメントで手軽に摂取することができます。また、葉酸の含有量にこだわらずにバランスの良い食事を摂ることも可能です。

赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減することができる

なぜ厚生労働省が葉酸サプリメントの摂取を推進しているのかというと、妊娠初期の細胞分裂が活発な時期で、その胎児の成長過程に葉酸が非常に重要だからです。

妊娠初期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害のリスクが高まることが分かっています。この神経管閉鎖障害には、脳の形成不全である「無脳症」と、神経管の一部が閉じられずに脊髄が飛び出た状態になる「二分脊椎」があります。

無脳症の殆どが流産や死産に繋がり、二分脊椎も出産後に手術を行ったとしても運動障害や排せつ障害が残ることがある先天性異常です。これらの神経管閉鎖障害の発症を低減させる為に、妊娠前や妊娠中の葉酸サプリメントの摂取を推進しています。

また、海外の研究では、葉酸を十分に摂取することでダウン症のリスクが軽減できることも分かってきているようです。

このように、葉酸には赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減する効果があることから、1日に必要な葉酸を摂取できる葉酸サプリメントは大変おすすめです。

美肌に導いてくれる

葉酸サプリメントと聞くと、妊婦さんや妊活中の女性が摂取するサプリメントだと思いがちですが、女性なら誰もが憧れる美肌にも効果があると言われています。

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、造血効果や細胞分裂を助ける効果があります。これらの効果には、肌のターンオーバーを正常に導いてくれたり、血流が良くなることで肌に栄養が行き渡り肌荒れを改善させてくれたりと、美肌への効果を期待することもできるのです。

葉酸サプリメントの多くは抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEが配合されており、中にはヒアルロン酸やプラセンタなどの美肌成分を配合しているものまで販売されています。

貧血・認知症・ガンの予防ができる

赤ちゃんの先天性異常だけでなく、女性ならではの悩みの1つである貧血、年を重ねるごとに心配になる認知症、死亡リスクの高いガンなども葉酸を摂取することで予防できると言われています。

<貧血>
貧血には一般的な「鉄欠乏性貧血」と、葉酸不足が原因で起こる「巨赤芽球性貧血」の2種類があります。巨赤芽球性貧血は、赤血球が巨大化して機能しないことから起こる悪性の貧血です。

葉酸には赤血球の形成を助ける働きがあるので、この巨赤芽球性貧血を予防することができます。葉酸には造血効果もあるので、一般的な鉄欠乏性貧血にも葉酸サプリメントは欠かせません。他にも動脈硬化や心筋梗塞などの血管障害を防ぐ効果もあると言われています。

<認知症>
葉酸が不足すると、悪玉アミノ酸であるホモシスティンという物質が増加するのですが、このホモシスティンの値の上昇と、脳の神経細胞の健康が保たれないことが認知症の原因と言われています。

葉酸には、このホモシスティンを代謝して低下させる役割があることや、脳の神経細胞の維持に関与するなど、認知症への有効性があるということが各国の研究結果として報告されています。

<ガン>
葉酸は、胎児の細胞分裂が活発な妊娠初期に特に必要とされていますが、大人になってからも細胞分裂は日々繰り返し行われています。細胞分裂を繰り返す中で、間違った遺伝情報が複製されることがありますが、葉酸はDNAの修復に関与している為、間違った遺伝子情報を正しく修復してくれます。しかし、葉酸が不足しているとDNAの修復ができず、修復されなかった細胞の一部はやがてガン細胞になってしまいます。

これらのことからも分かるように、葉酸とガン細胞には関係性があり、葉酸を不足することなく摂取することが、ガン細胞の抑制や予防に繋がると言われています。

他にも、粘膜を強くする効果があることから、胃腸の粘膜を強くして直腸ガンや胃ガンを予防すると言われていたり、すい臓ガンや肺ガン、子宮頸ガンなどのリスク低下の報告があったりと、葉酸がガンの予防効果に期待できる発表が世界でされています。

但し、調査や研究の一部には、葉酸の過剰摂取がガンの進行を早めたり、逆にガンのリスクを高めてしまったりする報告もあるので、不安な場合は、葉酸サプリメントを摂取する前に医師に相談することをおすすめします。

男性にも期待できる効果がある

女性が摂取するイメージが強い葉酸サプリメントですが、実は男性が摂取してもさまざまな効果を期待することができるのです。その1つが精子の染色体異常の軽減です。妊活中であれば、夫婦揃って葉酸サプリメントを摂取するのもいいでしょう。

他にも、男性が気になる薄毛の育毛サポート効果や、前立腺ガンのリスク低減の研究結果が出ているなど、葉酸は男性にとってもさまざまな効果を発揮してくれます。

葉酸サプリメントのおすすめじゃないところ

厚生労働省が葉酸サプリメントの摂取を推進するほどなので、葉酸サプリメントに大きなデメリットや危険性があるとは思えませんが、メリットがあればデメリットも付きものです。葉酸サプリメントのおすすめじゃないところを紹介します。

過剰摂取をすると副作用が出る

厚生労働省が定めている葉酸の過剰摂取量は、食事以外の葉酸摂取で1,000㎍です。日本の葉酸サプリメントは、妊婦の目安摂取量に基づいて1日あたりに摂取する用法・容量を記載しているので、用法・用量を守って葉酸サプリメントを摂取すれば過剰摂取になることはありません。但し、海外製の葉酸サプリメントの中には、妊婦の目安摂取量を無視したものも販売されているので注意が必要です。

<葉酸サプリメントの過剰摂取による副作用>

吐き気 むくみ かゆみ 不眠
食欲不振 呼吸障害 蕁麻疹 紅斑
発熱 倦怠感 亜鉛吸収率低下 小児喘息のリスク上昇

危険性が疑われる添加物や素材が使われている商品がある

サプリメントは体に良いものだから、体に害を与えるものは使われていないはずだと過信しがちです。しかし、葉酸サプリメントの中には、危険性が疑われている添加物や不要な添加物が入っているものもあります。

また、添加物は入っていないのに、妊婦が避けた方がいい素材が使われている葉酸サプリメントもあります。

特に妊娠中であれば赤ちゃんの安全面も考慮したいところなので、無駄な添加物が含まれた葉酸サプリメントはあまりおすすめできません。

<気を付けたい添加物一覧>
・香料
・着色料(二酸化チタン、カラメル色素など)
・人工甘味料(チクロ、サッカリン、ソルビトール、アスパルテーム、キシリトール、アスセルファムK、スクラロースなど)

品質の良いものは価格が高い

葉酸サプリメントは、ドラッグストアで購入できる数百円のものから、通販でしか購入できない数千円のものまで価格帯が幅広いです。

なぜこんなに価格が違うのかというと、葉酸サプリメントによって使われている葉酸の種類や成分の配合量、安全性に対する配慮の違いがあるからです。

安い葉酸サプリメントは、化学物質から合成された葉酸が使われていたり、1日に推奨されている葉酸の摂取量を満たしていないもの、または多すぎるもの、妊娠中に必要な栄養素が配合されていないどころか過剰摂取を避けたい栄養素が含まれていたりと、安いには安いなりの理由があります。

一方の高い葉酸サプリメントは、GMP認定工場で製造されていたり、天然由来の合成葉酸を使っていたり、妊娠中に必要な栄養素をしっかり配合した、妊婦に配慮した安全性と品質の高い処方になっています。

しかし、高い葉酸サプリメントは安心して摂取することができる反面、経済的な負担が大きいというデメリットもあります。

葉酸サプリメントのおすすめな使い方

妊活中や妊娠中に摂取が推奨されている葉酸サプリメントですが、どのように使えばいいのでしょうか。おすすめな使い方を紹介します。

妊娠前から使うのがおすすめ

赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減してくれる葉酸サプリメントですが、妊娠に気付いてから摂取するのではなく、妊娠したいと思い始めた時から使い始めるのがベストです。

赤ちゃんの先天性異常が起こるのは妊娠初期段階が多く、神経管閉鎖障害は妊娠4週から5週という超初期に起こることから、この時期は妊娠に気付いていない人もいます。

また、妊娠初期の4週頃は、赤ちゃんの脳や脊髄、心臓などの基礎が作られる大事な時期でもあります。こういった妊娠初期の重要な成長段階に葉酸が不足しないように、妊娠に気付く前から葉酸サプリメントを摂取しておく必要性があります。

厚生労働省も、妊娠の予定がある場合は、妊娠の1カ月以上前から葉酸サプリメントを摂取するようにすすめています。

効率よく摂取するなら朝・昼・就寝前の食間に飲むのがおすすめ

葉酸サプリメントは健康補助食品なので、いつ、どれだけ飲めばいいのかなど、詳しい飲み方が記載されていません。

飲むタイミングの目安については諸説ありますが、空腹時に摂取するのが一番吸収率が高まるので効率がいいようです。

また、葉酸は水溶性のビタミンなので水に溶けやすく、約3~4時間で体外に排出されることから、何度かに分けて飲むのがおすすめです。

多くのサプリメントに言えることですが、就寝前は肝臓の血流が低下しているので、サプリメントの有効成分の吸収率が高まります。

このことから、朝食から昼食の食間、昼食から夕食の食間、就寝前に分けて飲むのが一番効率的だと言えるのでおすすめです。

栄養バランスのとれた食事にプラスする使い方

葉酸サプリメントを飲んでいるから栄養バランスが万全という訳ではありません。葉酸サプリメントはあくまでも、食事で補いきれない葉酸をサプリメントで補助する役割のものです。

栄養バランスの整った食事を心掛け、出来るだけ食品からも葉酸を摂取するようにしましょう。その上で葉酸サプリメントを摂取するのが、一番健康的な葉酸サプリメントの使い方です。

また、つわり中でなかなか食事が摂れない妊婦さんは、食べられるものを食べて葉酸サプリメントで葉酸や栄養素を少しでも補う使い方をするといいでしょう。

妊活中は夫婦で使う

葉酸サプリメントは、妊娠前の子供を望んだ時点から飲み始めるように推奨されていますが、この時、女性だけでなく男性も一緒に葉酸サプリメントを摂ることをおすすめします。

前述したとおり、葉酸サプリメントには男性にとっても様々な効果を期待することができます。

その中でも精子の染色体異常が軽減できるメリットは、受精率を高め、赤ちゃんの先天性異常のリスクを低減させることができます。ぜひとも妊活中に夫婦揃って葉酸サプリメントを使ってみて下さい。

葉酸サプリメントのおすすめ出来ない使い方

妊娠前や妊娠中に必須の葉酸サプリメントですが、おすすめ出来ない使い方もあるので紹介します。

飲み合わせの悪い薬と同時に服用する

<葉酸サプリメントと飲み合わせの悪い薬一覧>

アスピリン
(解熱鎮痛剤)
カペシタビン
(抗腫瘍薬)
クロラムフェニコール
(抗生物質)
コレスチポル
(胆汁酸吸収剤)
コレスチラミン
(胆汁酸吸収剤)
ソラゾスルファピリジン
(抗リウマチ薬)
スルファサラジン
(抗炎症薬)
トリメトプリム
(合成抗菌薬)
バルビツール
(睡眠薬)
ピル
(経口避妊薬)
フェニトイン
(抗てんかん薬)
フェノバルビタール
(抗けいれん薬)
フルオロウラシル
(抗腫瘍薬)
メトトレキセート
(抗ガン剤)
ゾビクロン
(睡眠薬)

上記の薬は、葉酸サプリメントと飲み合わせの相性が悪い薬です。これらの飲み合わせの相性が悪い薬と葉酸サプリメントを一緒に飲んでしまうと、葉酸の吸収が抑制されて葉酸の効果を実感しにくくなります。

これらの薬を服用している方や常時薬を服用している方は、まず医師に併用していいのか相談して下さい。どうしても薬を飲まなくてはいけない場合は、最低でも4時間は時間を空けて、薬と葉酸サプリメントを別々に服用するようにしましょう。

ビタミン剤や青汁と併用する

ビタミン剤や青汁といったサプリメントや健康食品と、葉酸サプリメントを併用する時に注意したいのが栄養素の過剰摂取です。

葉酸サプリメントの中には、葉酸だけでなくビタミン類などの栄養素を含んでいるものが多く、併用することで耐用上限量を超えてしまう場合があります。耐用上限量があるのは、ビタミンA・ビタミンB6・ビタミンD・ビタミンE、ナイアシン、葉酸、亜鉛、セレンなどです。

葉酸サプリメントとビタミン剤や青汁を併用した場合は、これらの栄養素の耐用上限量が超えてしまわないか確認しなくてはいけません。

しかし、そこまでするのは手間も掛かり面倒です。それならば、必要な栄養素を豊富に含んだ葉酸サプリメントを吟味して摂取し、ビタミン剤や青汁などは併用しない方が耐用上限量を超えるリスクを回避できます。

また、ビタミン剤や青汁の中には、妊婦が避けたい添加物や原材料が含まれているものもあるので、これらのリスクを回避する為にも妊娠中の方は特に、ビタミン剤や青汁との併用は慎重になった方がいいと言えるでしょう。

アルコール・お茶・コーヒーなどと飲む

妊娠中の方は、アルコールやカフェインを含むお茶やコーヒーを避けているかと思いますが、妊活中はアルコールやカフェインを飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

アルコールの場合、アルコールには利尿作用があるので、葉酸サプリメントの有効成分がすぐに尿から排出されてしまいます。

また、飲酒直後に葉酸サプリメントを飲むのも、有効成分の吸収率が下がり、栄養素をきちんと摂取することができないので、これらの飲み方はやめておいた方がいいです。

タンニンやカフェインを含むお茶やコーヒーなども、葉酸サプリメントの栄養素の吸収を阻害してしまうので、これらの飲み物と一緒に飲むことは避けた方がいいでしょう。

葉酸サプリメントがおすすめな方

おすすめなところが多い葉酸サプリメントですが、葉酸サプリメントはこんな方に特におすすめです。

○妊娠を望んでいる方
○妊活中の夫婦
○妊娠中の方
○葉酸不足が気になる方
○健康や美容に気を付けている方
○産後のママ

厚生労働省が摂取を推進している妊娠前や妊娠中の女性だけでなく、妊活中の男性や産後のママ、健康に過ごしたい方など、葉酸サプリメントは男女問わずさまざまな方におすすめです。

葉酸サプリメントのおすすめな選び方ポイント

葉酸サプリメントは、多くの妊婦さんが摂取することから、赤ちゃんに影響が出ない安心・安全のものを選びたいところです。

たくさんの種類の葉酸サプリメントが販売されている中から、どのようにして安心・安全の葉酸サプリメントを選べばいいのでしょうか。葉酸サプリメントのおすすめな選び方ポイントを紹介します。

合成葉酸(モノグルタミン酸型)を選ぶ

葉酸サプリメントには、天然葉酸(ポリグルタミン酸型)と合成葉酸(モノグルタミ酸型)があります。一見すると天然葉酸の方が体に良さそうなイメージですが、厚生労働省は合成葉酸(モノグルタミン酸型)の摂取を推奨しています。

神経管閉鎖障害のリスクは、合成葉酸(モノグルタミン酸型)で低減できますが、天然葉酸(ポリグルタミン酸型)では、神経管閉鎖障害のリスクを低減できたという報告は今のところまだ無いようなので、妊娠前から妊娠3カ月目までの時期は、厚生労働省が推奨している合成葉酸(モノグルタミン酸型)のサプリメントを選ぶことをおすすめします。

危険性のある添加物が使用されていないもの

添加物全てが有害という訳ではないので、完全無添加の葉酸サプリメントを選ぶ必要はありませんが、危険性が疑われている添加物が使われている葉酸サプリメントは避けましょう。

特に避けたいのが、香料・着色料・人工甘味料などのサプリメントを製造する上で不要な添加物を使っている葉酸サプリメントです。

栄養素のバランスがいいもの

1日に必要な葉酸が摂れることは勿論ですが、葉酸と併せて摂取するとことで相互作用を得られる栄養素をバランス良く摂ることも大切です。

葉酸以外にチェックしたい栄養素は、ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンCです。葉酸サプリメントにこれらのビタミン類が含まれていないなら、ビタミン剤で補えばいいのでは?

と思うのですが、ビタミン剤には添加物が使われているものも多く、また栄養素がバランス良く摂れなかったり過剰摂取の心配があったりするので併用は避けたいところです。

葉酸サプリメント1つで葉酸もその他の栄養素もバランスよく摂れるものがベストです。

<1日に必要な栄養素目安量一覧>

女性(18歳~49歳) 妊婦 授乳婦
葉酸 240㎍ 480㎍ 340㎍
ビタミンB6 1.2mg 1.4mg 1.5mg
ビタミンB12 2.4㎍ 2.6㎍ 3.2㎍
ビタミンC 100mg 110mg 145mg

(日本人の食事摂取基準2015年版より)

また、妊娠中の方はこれらの栄養素に加えて、貧血予防効果のある鉄分、赤ちゃんの骨格形成に関わりのある不足しがちなカルシウムが配合されている葉酸サプリメントを選ぶといいでしょう。

GMP準拠工場で製造されているもの

特に食の安全性に気を付けたい妊娠中や妊活中は、口にするサプリメントの安全性にも十分配慮する必要があります。そこで安全性の高い葉酸サプリメントの基準となるのが、GMPマークです。

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、工場の製造管理・品質管理の基準のことです。医薬品はGMPマークが義務付けられていますが、サプリメントは任意となっています。

任意だからこそ、自主的にGMP基準で葉酸サプリメントを製造している企業の方が、安全意識が高く安心できるサプリメントを提供していると考えられます。また、厚生労働省もサプリメントや健康食品を選ぶ際は、GMPマークを目印に選ぶことを推奨しています。

総括

妊活中や妊娠中に必須であることが認知されてきた葉酸サプリメントですが、厚生労働省が推進するだけに、非常に多くのおすすめポイントがあります。

赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減するだけでなく、美容や健康にも効果的なので、妊活中や妊娠中の女性は、特に積極的に摂取することをおすすめします。

但し、葉酸サプリメントを選ぶ際には気を付けなくてはいけない点がいくつかあります。現在、さまざまな葉酸サプリメントが販売されていますが、中には不要な添加物が入っているものや、妊婦にとってリスクの高い原材料を使用しているものもあります。

また、安全性に配慮されていなかったり、栄養素のバランスが悪いものや過剰摂取になってしまったりするものまで、しっかり吟味しないと危険な葉酸サプリメントを口にすることになってしまいます。

そういった危険性やリスクを回避する為にも、品質の高い葉酸サプリメントを選ぶようにしましょう。そして、葉酸サプリメントを摂取する際は、効率よく葉酸やその他の栄養素を吸収する為にも、用法・用量をきちんと守るようにしましょう。

Pole Poleの葉酸サプリと美的ヌーボプレミアムを比較対決

taro389

普段の食事でなかなか摂取が難しい葉酸は、サプリメントで補充するのがおすすめです。

そこで今回はPole Pole葉酸サプリと美的ヌーボプレミアムを比較対決。妊娠中や妊活中に必要な摂取量が含まれ、葉酸以外にもビタミンや鉄分など女性に大切な栄養素が多数含まれています。

2つの商品の成分や添加物、安全性などを徹底比較。利用者の声も多数ご紹介しますので、自分の体に合ったサプリメントを選んでください。

続きを読む

ママニック葉酸サプリとオーガニックレーベルの葉酸サプリを比較対決

taro578

ママニック葉酸とオーガニックレーベル葉酸の2つのサプリメントを比較対決。

妊娠中や妊活中にぜひ摂取してほしい葉酸。女性にとても大切な成分ですが、なかなか日々の生活では満足に取ることができません。

そこで上手くサプリメントを利用しましょう。ビタミン、カルシウム、鉄分など葉酸以外にも様々な栄養素が含まれています。

それぞれの成分配合や添加物、安全性、利用者の声などを徹底比較していますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

女性100人の声から生まれた葉酸サプリとベジママのサプリメント対決

yama022

妊娠中や妊活中に摂取することが望ましい葉酸ですが、なかなか普段の生活では取りにくいものです。

そこでおすすめの女性100人の声から生まれた葉酸サプリとベジママの二つのサプリメントを比較対決!

ビタミンや鉄分など葉酸以外の成分の配合もそれぞれの商品で違いがあります。

添加物などの安全性、金額、飲みやすさなども気になりますよね。口コミや利用者の声もたくさん集めていますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

はぐくみ葉酸とAFCの葉酸サプリメントを比較対決

ID3498

妊娠初期はもちろん、妊娠前からも摂取が望ましい葉酸。

なかなか普段の食事では厚生労働省の求める摂取量を満たすことができません。そこでおすすめはサプリメント。今回ははぐくみ葉酸とAFC葉酸サプリを比較対決しました。

葉酸以外の成分や添加物、安全性、金額などをまるごと調査。口コミなど利用者の声もたくさん比較しています。女性にとって大切な葉酸。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。

続きを読む

ベルタ葉酸サプリとパティ葉酸サプリを比較対決

000ninshin

妊娠中や妊活中に摂取することが望ましい葉酸。

普段の生活ではなかなか充分な量を取ることができません。そこでおすすめなのが葉酸サプリ。

今回はその中でも添加物を含まず天然素材であることを売りにしているベルタ葉酸サプリとパティ葉酸サプリを比較対決しました。

カルシウム、鉄分、ビタミンなど葉酸以外の成分配合や価格、口コミ評価などをまとめています。女性に必要な栄養素をしっかり補充してください。

続きを読む