人気の白髪染めとヘアカラーをおすすめポイントごとに比較

白髪染め・ヘアカラーをおすすめポイントごとに比較

わざわざ美容院に白髪を染めに行かなくても、市販のモノでは髪の毛を痛めずに白髪染めをすることも可能です。男性用から女性用まで商品ラインナップも充実してきており、その中でも特に人気が高いといわれている商品情報のみを厳選してご紹介しています。いま白髪にお悩みの方にとって当ページの情報が少しでも参考になれば幸いです。

利尻ヘアカラートリートメントのおすすめポイント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは2011年から4年連続、売上全国第1位を誇る人気のヘアカラートリートメントです。無添加、ノンリシコーンですでに1,300万本も出荷。自社工場で品質にこだわって作られているのも安心のポイントです。

人気の理由は植物染料に加えて、4つのイオンカラーとナノ分子カラーの成分が配合されており、白髪が根元までキレイに染まること。また、髪の保湿をしてくれる利尻昆布の昆布エキスをはじめ、美髪成分が複数配合されているのでダメージ補修や保護もしてくれます。

アレルギー・パッチテスト済みなので皮膚トラブルが心配な方はもちろん、ツンとした匂いが苦手な方、ヘアカラーを繰り返すことで髪や頭皮の負担が心配な方は一度試してみたい製品と言えましょう。

本体価格 3,000円 / 1本
無添加
痛み
部位 一部に使用可
カラー ・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
から組み合わせが可能。
公式サイト 利尻ヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら

ルプルプヘアカラートリートメントのおすすめポイント

ルプルプヘアカラートリートメント

ダメージゼロの白髪染めと謳っているのがルプルプヘアカラートリートメント。植物由来の天然染料を使用し、美容成分は94%も配合。トリートメントのような使用感で髪や地肌が傷みにくいのが特長です。無添加処方でアレルギー・パッチテストも徹底されているので、通常のヘアカラーでは刺激が強い人にもお勧めです。

ルプルプヘアカラートリートメントは遺伝子工学研究のタカラバイオと共同開発した製品で、天然のカゴメ昆布の成分を髪と地肌により浸透するようパワーアップ研究されました。また、フレッシュ製法という特許も取得し、劣化の原因になる光を遮断するボトルを使用。

鮮度を保って長期保存できるのも安心です。手についたヘアカラーは石けんで洗い流せる手軽さで、頭皮への優しさ満足度は96%、染め上がり満足度も87%と高評価です。

本体価格 3,240円 / 1本
無添加
痛み
部位 全体に使用
カラー ・ソフトブラウン
・モカブラウン
・ブラウン
・ダークブラウン
公式サイト ルプルプ白髪染めヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら

レフィーネヘッドスパトリートメントヘアカラーのおすすめポイント

レフィーネヘッドスパトリートメントヘアカラー

レフィーネヘッドスパトリートメントヘアカラーは人気コスメサイトの「@cosme」で白髪染め・ヘアカラー・ブリーチ部門1位を獲得した口コミ評価の高いヘアカラートリートメントです。植物由来の天然染料を配合し、化学成分を一切使用していないので肌の弱い方やアレルギーが心配な方にも安全性が高い製品です。

スカルプケアを重視しており、リニューアル後は頭皮ケア、髪のハリ・コシアップ、髪を補修する成分が追加配合されています。乾いた髪にも使えるので、お風呂でなく部屋で放置時間が過ごせるのもメリットでしょう。カラーはダークブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラックと4色あるのでお洒落染めと同じような感覚で好みのカラーが楽しめます。

本体価格 3,394円 / 1本
無添加
痛み
部位 全体に使用
カラー ・ダークブラウン
・ライトブラウン
・マロンブラウン
・ローズブラウン
・ナチュラルブラック
公式サイト レフィーネヘッドスパトリートメントヘアカラーの公式サイトはこちら

DHC Q10クイックカラートリートメントのおすすめポイント

DHC Q10クイックカラートリートメント

数あるカラートリートメントの中で、どのメーカーがいいか悩んでしまう方にはDHC Q10クイックカラートリートメントが良いでしょう。通販化粧品大手のDHCから販売されているので安心感があり、公式サイトで口コミも多く確認することができます。

特長は他社製品と比べて放置時間が短い事。大体10分~を推奨するヘアカラートリートメントが多い中、DHC Q10クイックカラートリートメントの放置時間は2回目以降5分でOKです。また、カラーフィックスコートを配合しているので染めたての色ツヤをキープしてくれます。

香りは天然アロマ100%。フレッシュハーバルの香りなのでヘアカラー特有のきつい香りが苦手な方にもお勧めです。コエンザイムQ10やコラーゲンなどが配合されており、カラーリングだけでなくダメージヘアのケアにもなる一石二鳥な製品です。

本体価格 2,670円 / 1本
無添加
痛み
部位 全体に使用
カラー ・ブラック
・ダークブラウン
・ライトブラウン
公式サイト DHC Q10クイックカラートリートメントの公式サイトはこちら

サロンドプロのおすすめポイント

サロンドプロ

サロンドプロはヘアカラー独特のツンとしたニオイのない白髪染め。部屋に充満してしまうニオイはもちろん、ヘアカラー後、髪に残るニオイが気になる方にはぜひ一度使ってほしいヘアカラーです。

男性用と女性用があり、クリームや泡、乳液、カラートリートメントなど様々なタイプが販売されています。根元までしっかり染め上げたい方はクリームタイプを、ムラなく染められるか心配な方には手軽な泡タイプがお勧めです。

泡タイプは液を混ぜる手間もなく、また使用後取り置きも出来るので部分的にも使用することができます。カラーも豊富なので用途やご自身の使い勝手に合わせて沢山の種類から選べるのは大きな魅力でしょう。サロンのクオリティを謳っていることもあり、多くの製品でトリートメント成分が配合されています。

本体価格 900円 / 1本
無添加
痛み
部位 全体に使用
カラー ・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・グレーブラック
公式サイト サロンドプロの公式サイトはこちら

ホーユーBigen(ビゲン)ヘアカラーのおすすめポイント

ホーユーBigen(ビゲン)ヘアカラー

ホーユーのビゲンヘアカラーは歴史が長く、低価格ながらしっかり染まると定評があります。若い方から年配の方まで世代を超えて人気の高いブランドです。泡タイプ、クリームタイプ、乳液タイプと種類も豊富。

早染め10分でできるスピーディカラーやアロマの香りが楽しめる香りのヘアカラーシリーズ、お出かけ前にひと塗りで白髪が隠せるヘアマスカラなど、使う側の要望に合わせたシリーズもあるので好みに合わせて便利に使い分けることもできます。

泡タイプであるポンプフォームカラーの専用容器は繰り返し使え、2回目以降はつめかえ剤を買うだけでOK、非常に経済的です。ポンプフォームカラーは色持ち成分とWアミノ酸配合でヘアカラーが退色するのを防いでくれます。

本体価格 オープン価格(500円前後)
無添加
痛み ×
部位 全体に使用
カラー 5色
4G(明るい)~8G(暗い)
公式サイト ホーユーBigen(ビゲン)ヘアカラーの公式サイトはこちら

資生堂プリオールのおすすめポイント

07prior

プリオールは資生堂の中でも大人の悩みを研究したブランドです。スキンケアやベース・ポイントメーキャップのほかにヘアケアでカラーケアシャンプー&コンディショナーのラインナップもあります。

このシリーズは髪の色褪せや白髪の悩みに対応しているもの。髪質のケアをしながらヘアマニキュア処方のコンディショナーで白髪を色づかせてくれます。いつものシャンプー&コンディショナーのステップだけで白髪ケアが出来るのは大きな魅力。

使い続けることによって伸びてきた白髪の境目がはっきり出ないので、白髪染めの回数も減り髪のダメージが軽減されるメリットも。ハリ・コシアップの処方もされているので根元からふんわり立ち上がる髪を目指す方にもお勧めです。

本体価格 1,382円/1本
無添加
痛み
部位 全体に使用
カラー ・ブラック
・ダークブラウン
・ブラウン
公式サイト 資生堂プリオールの公式サイトはこちら

花王泡カラーのおすすめポイント

花王泡カラー

白髪染め初心者の方には花王のブローネ泡カラーがお勧めです。専用ボトルに1液と2液を混ぜるだけ。簡単に準備ができ、ボトルを押すだけで泡が出てくる仕組みです。泡カラーはシャンプーのように使いやすく、目の届かない耳の後ろや後頭部にも染めやすい製品です。

また、ブローネ泡カラー独自のパワフル密着泡がしっかり根元や生え際に密着するので、染まりにくい場所もしっかりムラなく色が入ります。泡は揉みこむとねっとりとした重い質感になり、液だれしにくいので放置時間が安心して過ごせることでしょう。

仕上げはアフターカラーヘアパックがついており、カラー直後のデリケートな髪を守ってくれます。カラーも明るさだけでなく、赤みのあるピンク系から赤みを抑えたアッシュ系などバリエーション豊富に選ぶことができます。

本体価格 オープン価格(800円前後)
無添加
痛み
部位 全体に使用
カラー 全22色
赤みのあるピンク系~ナチュラルなブラウン~赤みを抑えたアッシュ系の5段階の色見と明るさ7段階の組み合わせ
公式サイト 花王泡カラーの公式サイトはこちら

ビューティラボホイップヘアカラーのおすすめポイント

ビューティラボホイップヘアカラー

パッケージのデザインもかわいいビューティラボのホイップヘアカラー。外装はそのままシェーカーとなり、ベースウォーターとパウダーを入れた後、シェイクをして髪につける泡を作ります。

手袋をした手で泡を直接手に取り、髪につけるだけなので準備から作業までも非常に簡単。素早く全体に泡をつけることができます。乳液タイプより準備も楽で塗りやすいので、キレイにできるか自信のない人はホイップヘアカラーからチャレンジしてみるといいでしょう。アフターカラー美容液がついているので髪のダメージケアも安心です。

ホイップヘアカラーはとにかくカラーの種類が豊富。ブラウンやアッシュ、ピンクなどに加え、オレンジ、ベージュ、ハニー、髪色もどしなど、珍しい色もそろっているのでお洒落な女性に人気です。

本体価格 オープン価格(700円前後)
無添加
痛み
部位 全体に使用
カラー 全13色
(ハニー系1色、ピンク系1色、、アッシュ系2色、ベージュ系2色、ブラウン系5色、メープル系2色)
公式サイト ビューティラボホイップヘアカラーの公式サイトはこちら

白髪染め・ヘアカラーのおすすめポイントについて

髪もファッションの一部、おしゃれを楽しむために、また気になる白髪を隠すために白髪染めやヘアカラーをする人が多くいます。

美容室でプロの方にやってもらう人もいれば、自宅でセルフケアする人もいます。今では、スーパーやドラッグストア、コンビニでも安く買えるようになっているので、費用を抑えておしゃれをしたいという人にはおすすめです。

今回は、自分で行う白髪染めやヘアカラーについてご紹介します。

白髪染め・ヘアカラーのおすすめなところ

美容室等でプロに髪を染めてもらうことと比較して、自宅で白髪染めやヘアカラーをすると次のようなメリットがあります。

1.安く染められる

美容室で白髪染めやカラーリングしようと思うと、1回で6,000円〜10,000円はかかります。しかも定期的に通うことを考えると、お金と時間の都合をつけるのが大変です。それに比べて自宅でのセルフケアだと、近くのスーパーやドラッグストアで1つ500円〜1000円で購入することができます。

2.自分の好きな時に染めることができる

自宅でのセルフケアだと、空いた時間にいつでも髪を染めることができます。美容室だと、身だしなみを整えたり、化粧をしたりといろいろと気を遣いますが、自宅ならどんな格好でも気にせずにすみます。あらかじめ購入しておけば、思い立った時に夜中でも髪を染めることができます。

白髪染め・ヘアカラーのおすすめじゃないところ

では次に、自宅での白髪染め・ヘアカラーをすることのデメリットについてお話しします。こちらも大きく分けて2つあります。

1.薬剤が強いため髪が傷む

市販の白髪染め・ヘアカラーは、薬剤の力が強く、髪が相当傷みます。髪のキューティクルだけではなく、素人だとどうしても頭皮へも薬剤が多くついてしまうため、皮膚にもダメージを与えることになります。皮膚炎などの重症化する恐れもありますので、必ず使用前にはパッチテストを行うようにしてください。

2.染めムラができる

セルフケアだと、鏡を見ながらやる方が多いとおもいますが、鏡を使ったとしても、頭頂部や側頭部、後頭部といったところはみえづらいため、まんべんなく薬剤を塗っているつもりでも、ムラができてしまいます。また、長い髪の人は後から薬剤が足りなくなってしまうこともあります。その時になって買い足しに行くこともできないため気をつけましょう。

白髪染め・ヘアカラーのおすすめな使い方

白髪染めやヘアカラーを使う時には、製品の使用方法を守って行ってください。また、染料が髪以外のところにつくと面倒なので、タオルや耳キャップなどあると便利です。
白髪染めとヘアカラーは染毛剤という点では同じですが、実は少し異なる部分があります。

「ヘアカラーは黒髪の人」
「白髪染めは白髪がある人」

当たり前のようですが、逆の使い方をすると思うような仕上がりにはならないのです。
それは、2つの薬剤のしくみに違いがあります。

◆ヘアカラー
薬剤によって髪のメラニン色素を脱色し、同時に染料で色をつけます。

◆白髪染め
黒髪の部分と、白髪の部分の両方に作用します。黒髪に対してはヘアカラーと同じように、髪のメラニン色素を脱色しつつ色をつけます。

白髪に対してはそのまま色をつけます。黒髪を明るめに、白髪を暗めにすることで、均一的で自然な仕上がりになるようにしているのです。

白髪染めが真っ黒だと、おかしな仕上がりになってしまうので、全ての白髪染めはブラウン系を主体としてできているといわれています。

そのため、ブラウンに染めたいと思っている黒髪の人はどちらを使っても構いません。逆に白髪のある人がヘアカラーを使うと、黒髪と白髪とで色ムラができたりしてしまうことになります。

白髪染めもヘアカラーも温度が高めだと良く染まります。そのため、染料を塗布後は、頭をキャップで覆ったり、ラップで巻いたりして保温するとよいようです。

白髪染め・ヘアカラーのおすすめ出来ない使い方

白髪染めもヘアカラーも、染毛剤ですが次のような使い方はやってはいけません。

  • 眉毛やまつげに使用する
  • 毛髪以外の腕の毛やすね毛に使用する
    白髪染め・ヘアカラーは強い薬剤ですので、誤って目に入ると危ないですし、白内障などの重症化する場合もあります。
    気をつけて下さい。毛髪以外の腕や足の毛は、どうしても皮膚へ接地する割合が高くなってしまいます。そうなると皮膚炎を起こす可能性もあるので、毛髪以外の毛に使うのはやめて下さい。
  • パッチテストをせずにすぐに使用する
    一度でも白髪染めやヘアカラーを使用してかゆみが合った場合は二度と使用してはいけません。白髪染め・ヘアカラーはどれも同じようですが、配合や成分などが微妙に違います。そのため、使用する前には必ずパッチテストを行って下さい。
    また、日本ヘアカラー工業会からは、一度白髪染め・ヘアカラーでかぶれたことがある人は、それ以降全ての白髪染め・ヘアカラーを使用しないでください、ということがいわれています。
  • 染毛後の前後1週間パーマをかけない
    白髪染め・ヘアカラーで染毛すると、髪にかなりのダメージを与えます。そこにさらにパーマなどの髪にダメージを与える行為をすると、さらに髪を傷めてしまう結果になります。せっかく染めた色が落ちることもあります。
  • 使用後の残った調合液は捨てる
    もったいなからといって、残った調合液はとっておくのは危険です。液が劣化し、髪を傷めるだけではなく、皮膚炎のリスクも高めます。
    また、調合前の染毛剤は、直射日光を避けて冷暗所にしっかりと密栓して保存します。これは熱や光によって化学反応を起こしてしまう恐れがあるからです。
  •  

白髪染め・ヘアカラーがおすすめな方

白髪染め・ヘアカラーは次のような方におすすめです。

  • おしゃれを楽しみたいのだけど、美容室が近くにない
  • 髪を染めたいけれど、お金はかけたくない
  • 忙しくて美容室に行く時間がない

このような人たちには、セルフケアでの白髪染め・ヘアカラーがおすすめです。普段着でリラックスしながらできますし、色が落ち着くまでの待っている時間も、自分の好きなことができます。

白髪染め・ヘアカラーがおすすめできない方

とても便利な白髪染め・ヘアカラーですが、次のような症状に該当する人は使用を控えたほうがよさそうです。

  • 生理中、妊娠中、または妊娠が疑われる人
  • 出産後、病中・病後の人
  • 頭、顔、首にすり傷、切り傷、かぶれ、はれものがある人
  • 今まで、白髪染めやヘアカラーを使っていてかぶれたことがある人

白髪染め・ヘアカラーに含まれる染毛剤が、アレルギーの原因にもなると言われています。

アレルギーは体調の良し悪しにも大きく関わってくるため、白髪染めやヘアカラーを使う時には、自分の体調に気を配り、具合が悪い時には、使用を延期することも考慮にいれることをおすすめします。

まとめ

今では、白髪染めやヘアカラーは、安く手に入り、気軽にできるイメージチェンジの一つになっています。

数多くの商品が市販されていますが、気軽にできる分、使用の際はきちんと説明書を読んで、皮膚のパッチテストなど注意して使ってください。

染める際は髪をいくつかのブロックに分けて行うと、色ムラも少なくきれいに染められるようです。

また、どうしてもうまく染められない方は、トリートメントタイプの白髪染め・ヘアカラーがおすすめです。シャンプーのたびに少しずつ色をのせていくようなイメージで、少しずつ自然に色が変わってきます。

このタイプだと、皮膚への負担も少ないので、かぶれやアレルギーが心配な方にもよいようです。

美容院と床屋!髪を切るならどっちがいのかを比較対決

goto096

美容院と床屋を比較対決しました。女性が行くイメージで、お洒落な髪型になりそうな美容院。一方男性客が多く、顔剃りもやってもらえる床屋。

法律上では明確な違いがあり、カットする人の資格も美容師と理容師に分かれています。価格や時間、髪型、シャンプー方法などをまとめてみました。

お洒落な髪型にしたいのか、髭剃りもして欲しいのか、希望に合った方を選ぶといいですね。床屋にはサインポールがあるのですぐに分かりますよ。

続きを読む

市販の白髪染めと美容院の白髪染めはどっちがいいのか比較対決

ビューティー・ベージュバック

美容院の白髪染めと市販の白髪染めではどちらがおすすめなのか比較してみました。市販の白髪染めは、泡タイプや生え際をピンポイントで染めるものなどを用途に合わせて選べ、自宅で比較的安く染められるのが魅力です。

しかし頭皮への刺激や白髪の染まり具合を考えると、自分でするよりも美容院でプロに任せたほうが安心とも言えます。
双方のメリットとデメリットを比較してみて、どちらの白髪染めが良いといえるのか見ていきましょう。

続きを読む

資生堂プリオールカラーコンディショナーとスカルプDボーテヘアカラートリートメントの比較

白髪染めヘアートリートメント

毎回美容院へ行ってののカラーリングは費用がかかりますよね。コスパを考えると自宅での白髪染めのほうが良いけど、染まり具合や使い心地が気になります。使用されている成分によっては指どおりが悪いこともあるようです。

この記事では資生堂プリオールカラーコンディショナーとスカルプDボーテヘアカラートリートメントのメリット・デメリットを探ってみました。どちらがより白髪染めとしておすすめなのか要チェックです。

続きを読む

利尻ヘアカラートリートメントVSルプルプを比較!白髪染めどっちがいい?

白髪染めヘアートリートメント

白髪染めするたびに髪が痛む・・・と悩んでいる人!髪が痛まず頭皮にもやさしい白髪染めを紹介しています。シャンプーの後のトリートメント変わりに毎日使用できます。

同じ白髪染めトリートメントでも、利尻ヘアカラートリートメントとルプルプではどちらが髪や頭皮にいいのでしょうか?そこで比較してみました。

白髪染めといってもヘアカラーとは違い1度の使用だけでは色持ちはしません。毎日この白髪染めトリートメント使用することで白髪が徐々に目立たなくなるという白髪染めです。毎日使用しても頭皮にやさしい成分なので安心して使用できます。

続きを読む

サロンドプロvsビゲンヘアカラーを比較対決!白髪染めを選ぶならどっち?

白髪染めヘアカラー

サロンドプロ vsビゲンヘアカラーの白髪染め対決!それぞれのカラーバリエーション、ニオイ、アフターケアなどを比較しお勧めなのはどっちかを対決しました。

自宅に居ながら自分の手で染める白髪染めって何を基準に選びますか?白髪染めといってもカラーリングが豊富にあって自分にあった好きな色が選べます。

でも直ぐに色落ちしてしまったり地毛が痛むカラーリング剤を選びたくないですよね。間単にムラなくきれいに染め上がるので美容院費用を節約することができます。

続きを読む

DHC/Q10クイックカラートリートメントVSレフィーネ/ヘッドスパトリートメントカラー白髪染め対決!

女性用育毛剤

DHC Q10クイックカラートリートメントVSレフィーネ ヘッドスパトリートメントヘアカラー対決!どっちがいいのか白髪染め用のヘアカラートリートメントを比較しました。

脱色剤入り白髪染めとは違いトリートメントなので髪、地肌にも優しく毛染めの嫌なニオイもしません。地肌へのダメージが少ないので薄毛のリスクも減ります。

メーカーによって色の入り具合や発色カラーが異なります。始めて自分で染めるという方には色むらなく染まり失敗がないのでヘアカラートリートメントをお勧めします。

続きを読む