青汁VS野菜ジュースの健康食品対決!どっちがいいのかを比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

健康食品のひとつで「青汁」と「野菜ジュース」でどちらがいいのでしょうか?比較対決しました。

1日の栄養補助食品として足りない野菜を補充するのにどちらが効果的に摂取できなおかつ健康になれるのか?

成人1日の野菜摂取量がほとんどの人が足りていないのが現実です。それに一人暮らしをしていると、栄養バランスが摂れた食事を3食とることがどうしても難しいです。そんなときに効率よく野菜の栄養をとることができる飲み物です。

人それぞれに味の好みがあるのでいずれにしても飲み続けられるものを選らんでいただければと思います。栄養面を考えれば果たしてどちらがいいのでしょうか。

いつから飲まれているの?歴史対決

◯WIN 青汁
青汁の歴史を辿ってみると、なんと千年以上もの歴史があります。日本最古の医学書「医心方」にも青汁の記載があります。

×LOSE 野菜ジュース
1948年にトマトミックスジュースとしてアメリカで販売されたのが起源です。日本では1957年または1959年に初めて野菜ジュースが明治製菓より販売されました。

使われている野菜の種類対決

◯WIN 野菜ジュース
人参・トマト・赤ピーマン・キャベツ・はくさい・ケール・セロリ・アスアラガス・ブロッコリー・かぼちゃ・ほうれん草・玉ねぎ・レタス・モロヘイヤなど数種類の野菜を使って作られています。

×LOSE 青汁
ケール・大麦若葉・明日葉・クマザサ・よもぎ・長命草・クロレラ・ゴーヤ・桑の葉・い草・青じそ・海藻など、1種類の野菜を使用したものが殆どです。

どちらの方が効果的?栄養価対決

◯WIN 青汁
原材料によって栄養価が違います。ケールにはβカロチン・ビタミン・葉酸・カルシウム・ミネラル・鉄・食物繊維などが豊富です。大麦若葉には食物繊維・ビタミン・カルシウム・カテキン・葉酸・酵素などが豊富です。
大麦若葉の青汁成分を見てみると、粉末4.5gあたり、ナトリウム1.03mg・葉酸234μg・ビタミンK45.9μg・ビタミンC16.7mg・カルシウム10.9mg・マグネシウム4.40mg・ビタミンB6は1.39mg・ビタミンD2.58μg・食物繊維1.01g

×LOSE 野菜ジュース
野菜ジュースによって栄養成分は違いますが、代表的な野菜ジュースでは100mlあたり、食物繊維1.05g・ナトリウム42mg・カルシウム24mg・カリウム335mg・鉄0.25g・マグネシウム14.5mg・亜鉛0.15g・ビタミンE1.1mg・葉酸34.5μg・ショ糖2.4g・βカロチン2.4~7.7mg・リコピン5.2mg

カロリー対決

◯WIN 青汁
青汁は粉末を水で溶いて飲むものが主流なので、粉末タイプの1包あたりのカロリーになりますが3kcal~30kcalのものが多いです。

×LOSE 野菜ジュース
野菜ジュースも色んな種類があり、使っている材料によってカロリーが変わりますが100mlあたり20kcal~45kcalになります。野菜ジュースは1本200ml前後の容量が主流なので、1本飲みきった場合、40kcal~90kcalになります。

お値段対決

◯WIN 野菜ジュース
手軽に飲める200ml前後の紙パックタイプだと1本100円前後で購入できます。

×LOSE 青汁
粉末タイプのものが1箱に10本~90本入りで販売されています。1本あたり100円前後~130円位が相場です。ものによってはもっと高いものもあります。

飲みやすいのはどっち?味対決

◯WIN 野菜ジュース
さっぱりした味のものから、独特の味わいのものまで色々ありますが、お子さんだってゴクゴク飲めるのが野菜ジュースです。飲みやすくて美味しいです!

×LOSE 青汁
一昔前の青汁はマズイ!と言われていましたが、最近のものはそこまでマズイと感じるものはありません。それでも苦味や独特の風味があるものもあり、飲みやすいかと言えばそうではないですね。

気軽に買えるのはどっち?売っている場所対決

◯WIN 野菜ジュース
コンビニ・スーパー・ドラッグストア・インターネットなど、紙パックや缶入りの野菜ジュースは身近なところに必ず売っています!飲みたい時にすぐ購入できて良いです!

×LOSE 青汁
以前は通信販売やネット通販が主でしたが、最近ではドラッグストアやコンビニのプライベートブランドでも見かけるようになりました。しかし、品質にこだわっているものなどは、ネット通販や定期購入じゃないと手に入れることができないものもあります。

安心して飲めるのはどっち?安全性対決

◯WIN 青汁
国産や無農薬、有機栽培など、原材料へのこだわりや安全性を重視したが商品が多いです。

×LOSE 野菜ジュース
原材料に外国産のものあり。添加物を加えられているものもあります。こういった表示はパッケージに小さく表記されているので、購入の際は注意したいところです。

結局どっちがいいのか?

対決項目 青汁 野菜ジュース
歴史 ×
使われている野菜の種類 ×
栄養価 ×
カロリー ×
お値段 ×
×
売っている場所 ×
安全性 ×
合計ポイント WIN:4
LOSE:4
DRAW:0
WIN:4
LOSE:4
DRAW:0
総合結果 △DRAW △DRAW

現代の日本人は野菜不足に陥りがちですが、こういった野菜不足の人にとって青汁や野菜ジュースは手軽に野菜の栄養素を摂れる商品として人気が高いです。

しかし、栄養面では断トツで青汁の方が優れているのです。今回ピックアップした青汁の成分は大麦若葉の粉末4.3gです。たった4.3gなのに葉酸の栄養はずば抜けて高く、ビタミン類も豊富。ケールだとカルシウムやβカロチンなんかの栄養価もずば抜けて高いです。

それだけ栄養価があるのにカロリーも低めです。ダイエットをしている人には、カロリーは低いのに栄養価が高いというのはありがたいですよね。
それに、素材の産地にこだわり栽培方法にまでこだわり抜いた商品が多い青汁は、安全性もあり安心して飲めます。

ただ、味の改善がされているとは言え、まだまだ飲みにくさがあるという点は残念ですが「良薬は口に苦し」ということわざもある位ですから、味に関してはこの際目を瞑りましょう。

野菜ジュースもたくさんの野菜を一度に摂れ、コンビニやスーパーでも購入することができるので手軽さの面では優れています。また、使用されている野菜の種類によって味のバリエーションも多く、飲みやすいものが多数です。

ですが、青汁の栄養価や安全性と比較するとやはり劣ってしまいます。お値段は少し青汁の方が高いのですが栄養価や安全性を鑑みると、青汁の値段は妥当もしくはお得なのかもしれません。

比較の結果はドローとなりました。自分好みの方を選んでいただけるのではないでしょうか。

青汁と野菜ジュースを比較対決したみんなの口コミ

青汁がおすすめです。
栄養補給する場合には、糖質に気遣わずに飲める青汁の方がおすすめです。年齢を重ねるごとにこの傾向は強くなると感じております。飲んだ後口の良さは抜群で、現在の青汁は飲みやすいものが多くて安心ですし、なにより食材からでは補充できない野菜を確保することができるので大変重宝しています。継続性の面からも、続けやすいですし夏は少し冷やして飲むのも美味しいものです。
青汁は糖質が少なく野菜の栄養がたくさん詰まっています。
野菜ジュースは、銘柄にもよりますが、糖質が多いものが多く、その割にはビタミンや葉酸、カリウムなどの栄養素が少ないです。
野菜ジュースは、選ぶ際に糖質をよく見ないと、かなりの糖質が含まれているものがあります。
また、何より実際に飲み続けて、青汁の方が断然健康効果が高いです。
青汁を飲み始めて半年1度も風邪をひいていません。肌の調子も良いです。野菜ジュースを飲んでいた時には、なかったことです。
継続して飲み続けられること
最近の青汁はおいしくなってきましたがやっぱり不味いものは不味いです。不味いものを長く飲み続けるとだんだん嫌になってきて飲むのをやめてしまいます。その点で野菜ジュースは普通のジュースよりは美味しくないですが十分美味しく飲めるので、飲むのがさほど苦にならず習慣として長期にわたって飲み続けることができます。
糖分の少なさ
栄養補給におすすめなのは青汁です。
青汁は昔こそお年寄りが飲む健康ドリンクというイメージでしたが、現在では健康志向の若い方も多く飲まれています。
一番のおすすめポイントは、市販の野菜ジュースのように糖分がほとんど含まれておらず、ビタミンを余すことなく摂取できるという点です。
ダイエット効果もこちらの方が高いです。
栄養補給には野菜ジュース!種類は多く手軽に摂取!どこでも手軽に手に入るので。
私は栄養補給には野菜ジュースを推します!なぜなら、どうも青汁は後味が悪いイメージがあり、あまり飲み物として好ましい色をしていないので、野菜ジュースがいいです。野菜ジュースと言えど、種類により使用している野菜が違ったり果物もブレンドされていて、いろいろなメーカーが試行錯誤し日々新しい味が発売されているからです。コンビニなどでも手軽に購入しすぐに栄養補給が出来るのでオススメです。
カロリーの点で問題あり
1日の野菜摂取量の目安として推奨している350gという量には、どの年齢層でも達していないことが知られています。一般に市販されている野菜ジュースは、一度熱を加えて煮込み濃縮したもの、または乾燥させて粉にしたものに水を加えて薄めたものです。しかも、飲みやすくするために、果糖などの糖分や食塩、添加物などが多く含まれています。だから、カロリーオーバーになってしまう可能性があるのです。ということを考えると、青汁のほうがお勧めです。
飲みやすさ
最近の青汁は昔の物と比べるとかなり飲みやすくなってきたとは思います。しかし、入っている物が青菜メインなので独特の青臭さがあり、今でも苦手な人が多いと思います。その点、野菜ジュースは果物が入っているのでかなり飲みやすくできていると思います。野菜や果物の数も多く色んな味があり、自分に合った飲みやすいジュースを選べると思います。
栄養補給だったら、野菜ジュース。
健康に凄く良いと思われている青汁ですが、栄養補給を目的とすれば、野菜ジュースの方がお勧めです。
飲みやすく消化に良いですし、長く続けられます。色々な栄養素もバラエティに富んで含まれているため、不足しがちな栄養を摂る目的に適しています。
青汁は飲みにくく毎日続けるのに抵抗がある点と、二日酔いなどに即効性があるなど、毎日の栄養補給と言うよりは、健康回復を目的とした飲み物と考えられます。
余計な塩分が入っていない青汁の方がおすすめ
健康のために青汁や野菜ジュースを飲むなら、気を付けたいのが添加されている不必要な成分。野菜ジュース、特にトマトが入っていたりするものにありがちなのが塩分。飲んだ時にしょっぱさを感じるほどの塩が入っていることがしばしば。砂糖や人工甘味料で甘さを付けているものもある。不必要な塩分や糖分の摂取を避けるためには青汁の方が良い。
野菜ジュースの方が青汁よりも味のバリエーションが多い
栄養補給のために、青汁と野菜ジュースからどちらか一つを選ぶとしたら、私は野菜ジュースを選びます。私は以前、何種類かの青汁を飲んだことがありますが、どの青汁も似たような味でした。青汁独特の青臭さを消して飲みやすくしようとしているのはわかりますが、味の傾向が似通っていると感じました。野菜ジュースの中にも似たような味のものがありますが、でも、全体的に味のバリエーションが多く、いろいろ楽しめると思います。
野菜ジュースは様々な野菜をバランス良く美味しく摂取出来るのでオススメです。
野菜ジュースには実に様々な色のもの、味のもの、種類のものがあります。
その為、飽きずに楽しむことが出来ます。
そして、その時の自分の気分や体調に合わせていいものを身体に取り入れる事が出来ます。
ほとんどの野菜ジュースはバランスよく配合されているのでとても身体にいいです。
しかも味が美味しいです。
朝でも昼でも夜でも、食前でも食中でも食後でも、どんな時でも自分の好きな時に好きな野菜ジュースを選べるので、楽しんで毎日続けることができます。
種類も豊富で飲みやすい野菜ジュースがお勧め
青汁はどうしてもクセがありちょっと飲みづらいんですよね。野菜ジュースは数種類もあり、メーカーによって野菜の濃厚さが違うので自分の飲みたい味が選べます。何と言ってもあの元気の出るビタミンカラーで栄養満点!と思えるので、朝やお昼に野菜ジュースを飲んでいます。コンビニ等でも手軽に購入出来る点も良いですよね。暑い時期の食欲が無い時でも野菜ジュースだけはしっかり飲んでますよ。野菜独特の甘さがとても美味しく、飲み続けられるんだと思います。
一度にたくさんの種類が取れる
青汁はケール一種類だけですが、野菜ジュースなら一度にたくさんの種類が取れるので、野菜ジュースのほうがおすすめです。青汁がいくら栄養面で優れていて、色々な野菜を使った野菜ジュースを飲むのと同じくらいの量の栄養が取れるとしても、一種類の野菜だけから取るよりも、複数の野菜から取ったほうが、体にいい気がします。
野菜ジュースには多種の栄養が含まれていて特化した補給ではなくて総合的な栄養の摂取が可能なのでおすすめできる。
野菜ジュースにはいろんな野菜が含まれている他、果物なども含まれているものが多くあります。
青汁は素材の種類が限定的で栄養の種類に特化したタイプであるのに比べて、野菜ジュースはより多くの食材を使用して総合的な栄養補給ができるものと思います。
総合的な栄養補給で身体の活性化を促進して、人間が持つもともとの修復能力や治癒能力を活性化させることが疲れた体や風邪などの症状に効果的なのではないかと思います。
青汁の方がカロリーが少ないから
野菜ジュースで気になるのがカロリーや糖質です。健康に良いからと毎日飲んでいたら何故か太ってしまった時期があり、調べてみると意外にもカロリーと糖質が高かったことに驚きました。でも青汁はカロリーが糖質が少ないと聞きました。青汁のカロリーの量ならば毎日飲んでも問題が無さそうだと思ったのでおすすめしたいです。
自然な甘みがある野菜ジュースがおススメ
青汁も野菜ジュースもそれぞれ栄養はあるのでしょうが毎日飲むならばやはり味の美味しい方を選択したいです。青汁は苦味がありそれをなんらかの製法で甘くしてるのでしょう。そしてそこには人工甘味料が介在することも考えられるます。元から甘みもある野菜ジュースのほうがより自然な甘みを栄養として取り入れられるかなと思います。
青汁の添加物が少ない点がおすすめです。
青汁と野菜ジュースを比べた時、青汁のほうが栄養素の種類は少ないように思えますが、一つ一つの栄養素が取れる点がおすすめです。野菜ジュースは飲みやすさや味もジュースという評価もあるため、必要な栄養素以外にも味の調整等のために様々な添加物が入っています。健康のために飲むのであれば、栄養素補給を主としているなら青汁がおすすめです。
野菜ジュースがおススメです。それは味の種類を選べるからです。
野菜ジュースの色は、イメージだけで言っても赤、緑、紫、黄色など多彩です。青汁のイメージは緑一色ですが、野菜ジュースは色が選べると言うだけでも飽きずに飲めると思います。また、青汁はメインとなる野菜を多く使っているものが多いと思いますが、野菜ジュースは野菜プラス果物で作られているものが多く、子供からお年寄りまで飲みやすい味であると思います。
美味しく飲める野菜ジュースがオススメです
私は味を考慮して野菜ジュースのほうがオススメだと思います。青汁のほうが栄養価が高いかもしれませんが、その分やはり味が気になります。どれだけ栄養価が高かろうと、継続して飲むことができなければ何の意味もありません。そういった点を考えると野菜ジュースのほうが味、栄養ともにバランスが取れていて良いと思います。
カロリー摂取量が少なくてすむところ
青汁と野菜ジュースであれば、私は青汁がおすすめです。一番のおすすめポイントは、カロリー摂取量が低く抑えられる点です。野菜ジュースは190cc前後の紙パックで80kcalほどのものが多く、毎日飲むことを考えると食事でカロリーを抑えないといけないと感じてしまいます。一方、粉状の青汁を水で溶いてのむタイプならカロリーは10kcal未満です。主食や間食を抑えなくて済みます。
多くの栄養素がある点がおすすめ
栄養補給に青汁も野菜ジュースもどちらもかなりおすすめですが、どちらが良いのかと聞かれれば
それは野菜ジュースの方がおすすめです。その理由は簡単で青汁よりも野菜ジュースの方がより多くの栄養素があるからです。

ですから栄養補給をしようと思った時は青汁よりも野菜ジュースをおすすめしたいと思います。
それぐらい野菜ジュースの方がいろいろ入っているという事です。

野菜ジュースの方が美味しくて飲みやすい。
野菜ジュースの方がおすすめだと思います。最近は飲みやすい青汁も増えましたが、それでも苦手な人にとっては独特の青臭さや苦味などが気になると思います。その点野菜ジュースは適度な甘さや酸味があるので青汁よりも格段に飲みやすいうえに、青汁と同じように食物繊維やビタミン類などの栄養素が摂取出来る所が一番のおすすめポイントだと思います。
野菜ジュースの方が副作用的なものが少ないと思うので、おすすめです。
青汁も野菜ジュースも、色々な栄養素や食物繊維を沢山含んでいますが、青汁は、どれも普段あまり口にしない様な材料から出来ており、特に食物繊維が多いので、飲む人の体質や体調によっては、お腹がゆるくなったり下痢になったりする事があります。それではせっかく飲んでも、栄養補給になりません。それに比べると、野菜ジュースの方が、普段から料理でも食べている様な材料から出来ているので、お腹がゆるくなる様な事は滅多にありません。そういった副作用的なものが少ないという点から、私は野菜ジュースの方をおすすめします。
豊富な栄養素!
栄養補給に青汁と野菜ジュースのどっちがおすすめかというと青汁です。
青汁には食物繊維や不足しがちな栄養素が沢山入っていて効率よく吸収することが出来ます。
野菜ジュースも飲みやすいと思いますがカロリーが低いとは言えないし甘味料など手が加えられているので、青汁の方が栄養素が豊富で毎日飲むのにもおすすめできます。
飲みやすさです。
栄養補給にオススメなものは野菜ジュースだと思います。野菜ジュースであれば子供も大人もお年寄りも飲みやすく手頃な価格なので私はよく買います。野菜ジュースには野菜も入ってますがフルーツも入っていてなかなかフルーツだけで食べるということもないので一石二鳥です。本当に飲みやすくて何杯も飲んでしまいすぐになくなってしまいます。みなさんもぜひお試し下さい。
手に入りやすさから野菜ジュース
栄養補給には断然野菜ジュースをオススメします。もちろん青汁も栄養だけで見ればとても良いものなのですが、いかんせんどこでも手軽に手に入るものではありません。むしろ、通販などで手に入れるのが一般的かと思われます。
対して野菜ジュースは、スーパー、コンビニなどのあらゆる店で手に入れる事が可能です。手に入れやすさから、継続的に続ける事が容易だと思われるので、野菜ジュースをオススメします。
飲み口さわやかな野菜ジュース
栄養補給には野菜ジュースがおススメです。野菜ジュースの良い所は、自分に足りない栄養素を含む野菜で、かつ飲み口が好みの野菜を自由に選択できることです。また、自分でミキサーを使って、鮮度抜群の野菜ジュースを作ることも可能です。忙しい時の手軽な栄養補給に、あなたも野菜ジュースを試してみてはどうでしょうか。
出すもの出さないと補給できない
どちらも野菜を補給する意味で大差ないように感じますが、栄養補給をトータルで考えたら青汁の方があると思います。青汁にはカリウムや食物繊維が含まれてたと思います。これらの力で体内の毒素を排出しながら、または排出した上で、ビタミンを補給した方が効率良く体内に吸収されると思います。それに野菜ジュースって大抵果物も多く入ってるから甘くて味が好きになれません。
糖分が少ない
青汁よりも野菜ジュースのほうが、価格が安くコンビニでも簡単に買えるため便利ではありますが、野菜ジュースにはかなりの糖分が含まれています。
健康的そうに見えるだけで、実際身体にいいのかどうか疑問です。
一方青汁は、飲みやすくするために多量の糖分が入れられるということもなく、健康的に飲むことができるためいいと思います。
青汁のほうが健康的
野菜ジュースと青汁どちらも体に良さそうですがおすすめなのは青汁です。野菜ジュースは味のために糖分が入っていたりするものがあるので飲みすぎると糖分を摂りすぎてしまう可能性があります。今の青汁は味のほうも飲みやすく改良されており、それにはお茶などが使われているので余分な糖分が入っていません。毎日飲むのなら青汁のほうが健康的だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。