銀行ATMとコンビニATMを比較対決!利用しやすいのはどっち?

このエントリーをはてなブックマークに追加
post-18

最近はローソンATMやセブン銀行などコンビニにもATMが設置され、とても便利になりました。

そこで今回は銀行ATMとコンビニATMを比較対決。利用可能な時間、手数料、サービス内容などをまとめました。

銀行によって手数料も異なりますし、月に3回までは無料といったサービスを行っている場合もあります。自分の使う銀行や、使う時間によってより良い方を選んでください。

どちらがATMの台数が多い?

◯WIN コンビニATM
現在営業しているコンビニATMの種類としては、「セブン銀行ATM」「ローソンATM」「E-net(イーネット)ATM」「イオン銀行ATM」「バンクタイム・ゼロバンクATM」等があります。これらのATMは各コンビニエンスストア店舗内や、スーパー・ショッピングセンター・レジャー施設・飲食店などの各グループ施設、鉄道の駅、空港等、全国各地に非常に多く設置されている為、大変便利と言えるでしょう。

×LOSE 銀行ATM
都市銀行・地方銀行・信用金庫・JA・郵便局等、各金融機関によるATMは所定の営業地区に多数設置されています。特に大手銀行やゆうちょ銀行は全国各地に営業店舗を持つ為、ATMの台数も多く大変便利と言えるでしょう。しかし地方銀行等は、営業区域外の場所には限られた場所にしかATMが設置されていない為、旅行先などでは多少不便と言えるでしょう。

ATMの手数料、お得なのはどっち?

◯WIN 銀行ATM
銀行ATMの利用に関する手数料の規定は、それぞれ個々の銀行等により異なります。営業時間内・営業時間外・休日・夜間等様々な条件により変わってくる為一概には言えませんが、基本的には利用する各金融機関が定める営業時間内での利用が最もお得と言えるでしょう。その他各機関が定める提携金融機関など、手数料が無料で利用出来る曜日や時間帯でのご利用をお勧めいたします。

×LOSE コンビニATM
コンビニATMでは「セブン銀行」や「イオン銀行」等独自の金融機関を持つ場合は異なります。(※それぞれの銀行利用者の場合は、基本的に24時間365日手数料が無料の為大変お得です)それ以外の提携している金融機関の入・出金等の利用からすると、個々の定める規定により手数料の有無・金額が異なります。

中には無料で利用出来るところもありますが、全体としてみると所定の108円~216円(※2016年4月現在の税込金額)の手数料を必要とする場合が多いと言えます。いつでも出し入れ出来る為大変便利ではありますが、度々の利用になるとその都度手数料がかかる為あまりお勧めは出来ません。

ATMが利用出来る時間が長いのはどっち?

◯WIN コンビニATM
コンビニATMの設置台数は大変多く、また各コンビニ内に設置されたATMは基本的に店舗の営業時間内はいつでも利用する事が出来ます。(※各提携金融機関により異なる場合があります)

時間帯により手数料等がかかりますが、営業時間が長く急な利用の場合にも対応する事が出来る為非常に便利と言えるでしょう。その他コンビニ以外の設置店舗でも、営業時間内はいつでも利用する事が出来ます。コンビニATMの場合深夜の利用も店舗が稼働している為、安全面などを考慮すると利用しやすいと言えるでしょう。

×LOSE 銀行ATM
銀行ATMの場合、各銀行の定めるATMの利用条件により異なりますが、一部の金融機関で夜間の時間帯がメンテナンス等により利用出来ない場合があります。(※詳細は個々に確認が必要です。)また深夜などの利用は営業店舗の時間外になる為、安全面などを考慮するとあまり利用しやすいとは言えないでしょう。

ネット銀行の入・出金がしやすいのはどっち?

◯WIN コンビニATM
現代はインターネットの普及に伴い、ネット銀行が多く稼働しています。仕事などで普段忙しい方や、ローンなどをなるべく低金利で利用したい方など様々な利用者にとっての利用価値が高いと言えます。

しかしこれらの銀行は基本的にネット上での営業になる為、実際の入・出金はコンビニATMと提携している場合が多いです。中にはごく一部の限られた銀行とも提携していますが、基本的にはコンビニATMの方が店舗数も多い為、利用しやすいと言えるでしょう。

×LOSE 銀行ATM
ネット銀行に口座を持つ利用者にとって、入・出金の方法は提携しているATMでの利用になります。基本的にネット銀行の場合は自行のATM の設置はありません。その為コンビニATMを中心に提携している為、銀行ATMの利用はあまりないと言えるでしょう。

外出中の急な出費等で利用したい場合に便利なのはどっち?

◯WIN コンビニATM
大手の都市銀行やゆうちょ銀行の場合は、旅行や出張など遠方での外出等でも比較的ATMを利用しやすいですが、地方銀行など限られた地域に集中する金融機関の場合は、近くにATMの設置がない為、非常に困る場合があります。そんな時に便利なのがコンビニATMです。全国各地に多くの店舗がある為外出先でもATMを探しやすく、すぐに対応する事が出来ます。この点で非常に便利と言えるでしょう。

×LOSE 銀行ATM
地方銀行など、全国に営業店舗を持たない金融機関の場合、旅行や出張などの遠方への外出時はATMの利用が非常に困難です。急な出費などで利用したい場合でも近くにない為、他の提携金融機関を利用する事になります。この場合慣れない場所や移動の手段などの条件を考慮すると、利用は困難と言えるでしょう。

結局どっちがいいのか?

対決項目 銀行ATM コンビニATM
台数 ×
ATMの手数料 ×
利用出来る時間 ×
ネット銀行の入・出金 ×
急な出費等で利用したい場合 ×
合計ポイント WIN:1
LOSE:4
DRAW:0
WIN:4
LOSE:1
DRAW:0
総合結果 ×LOSE ◯WIN

私たちの生活の中には、多くの場面でお金の利用があります。利用している金融機関も様々ですが利用頻度も人によって違ってきます。入金・出金以外にも貯金・振り込み・支払い・送金など利用形態も様々です。

ですから本来は利用する金融機関の窓口およびATMを利用するのが最も好ましいと言えます。また利用時間も出来るだけ営業時間内など手数料が無料で利用出来る時間帯を利用するのが望ましいでしょう。しかし、仕事の都合でなかなかこのようにいかない方、便利なネット銀行を利用している方など、その使い方もいろいろです。

このように様々な角度から考慮すると、その人に合った利用の仕方が一番と考えられます。また臨機応変にその時々で変えて利用するのが良いと言えます。こうした結果より今回のATM対決の結果は「コンビニATM」の勝ちとなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。