銀座カラーVS脱毛ラボを比較!脱毛するならどっち?

このエントリーをはてなブックマークに追加
esthe_post_7

毎年半そでを着る季節になると思うこと。それはムダ毛!
脱毛しようかどうしようか迷って結局自己処理で済ませてしまってる。

調査の結果、脱毛をする時期は秋から冬にかけて行うといいです。この時期からし始めるとちょうど水着を着るころには、ほぼ目に付くムダ毛は薄くなり気にならなくなります。

全身脱毛といっても永久にムダ毛がはえてこないというものではありません。気になる脱毛の値段、脱毛の痛み、その後のケア、利用者の口コミや体験談などが比較してまとめてあります。

脇だけの脱毛をする人にも参考になること間違いありません。脱毛を考えた時が脱毛をし始めるときです。

銀座カラー
https://ginza-calla.jp/

脱毛ラボ
http://datsumo-labo.jp/

店舗数の多さと予約のしやすさ対決

◯WIN 脱毛ラボ
国外も含むと84店舗とかなり店舗数が多いです。現在、勢いに乗っておりニューオープンも多いので通いやすさも予約のしやすさも文句なし。強いて言うならばサイト内にある「店舗検索」が少しだけわかりにくいのが残念です。

×LOSE 銀座カラー
全国36店舗と店舗数は多くありません。その為「予約が取りやすい」と宣伝していますが店舗数が少なさから、実際は予約が取りにくいです。サイトのエリア検索は分かりやすく最寄りの店舗がすぐに調べられるのは有り難いです。

価格・コストパフォーマンス対決

◯WIN 銀座カラー
全身脱毛は初月0円で月額9900円。金額そのものは脱毛ラボより安いのですが22か所の6回なので総合的に見ると高いです。しかしエステ満足度ランキングのコストパフォーマンス部門で1位を獲得しており、接客態度や仕上がりを考えると値段以上の仕事をしてくれます。300円で1回だけ全身脱毛を体験出来るのも嬉しいですね。

×LOSE 脱毛ラボ
全身脱毛は48か所、6回で月額10,778円。初月は無料。脱毛ラボはとにかく安さが売りで、その他も単発ワキ1,058円など低価格です。店内のメニューが手書きだったり仕切りがカーテンだったりとエステ特有の高級感はありませんが、そういったこだわりがなく安さを重視する人にはお勧めです。

仕上がり・ケア対決

△DRAW 銀座カラー
お客さんの肌質や毛質を見て、その人にぴったりな施術を行ってくれます。天然保湿成分のミストシャワーで脱毛効果のアップする肌のケアもしてくれるので仕上がりは言う事なしです。肌へのダメージを最低限に抑えて脱毛出来るのが銀座カラーの特徴と言えます。

△DRAW 脱毛ラボ
痛みが少ない分、銀座カラーより時間がかかります。ですが仕上がりそのものは大差ないと考えて良いでしょう。ケアに関しては初回ボディーBBクリームをもらえる以外はこれといって特別なケアはしてくれません。とは言っても価格を考えると十分な仕上がりです。

対応・接客対決

◯WIN 銀座カラー
丁寧な接客をしてくれたという意見が多いのですが、契約内容によって態度が変わったという声もあります。カウンセリング担当の人や主任さんの接客態度は良い場合がほとんどです。勧誘は店舗によってバラつきがありゼロではないものの少なく控えめです。

×LOSE 脱毛ラボ
月額制ではなく一括を勧めるなど勧誘が多い為、はっきりと断る自信がない人は利用しない方が無難です。スタッフは態度が悪いと言われがちですが脱毛ラボは気さくな対応をする人が多いのでよく言えば「フレンドリー」なのです。

脱毛の痛み、施術後のケア対決

◯WIN 脱毛ラボ
痛くない事が脱毛ラボの一番の特徴。痛くて当然なVIOも骨に少し響く程度で脱毛可能です。専用のジェルもひんやりとしていて気持ちが良いです。また、施術後のケアは甘く濡れタオルで済まされたという話もあります。これは店舗(スタッフ)によってムラがあるようです。

×LOSE 銀座カラー
「ゴムをはじく程度の痛み」と言われていますが、とても痛いです。痛くて途中で通うのを辞める人もいるほどです。しかしジェルやミストでケアするなど痛みへの対策も練ってくれています。銀座カラーは痛い分、効果が高く早く終わると考えて良いでしょう。

体験者・利用者の口コミ対決

◯WIN 銀座カラー
プルプル素肌になれる「赤ちゃん肌脱毛」の保湿力の高いミストが肌の弱い人にも安心して通えると大変人気。店舗の内装はシンプルでほとんどの方が好感を持っています。全体的には「勧誘が少なく肌ケアが嬉しい」といった感想が多いですね。ただ予約が取りにくいので、そこはマイナスポイントといえます。

×LOSE 脱毛ラボ
手作りの貼り紙などが店内にあるのでこれを「高級感がない」という人と「親しみが持てる」という人に分かれます。「怪しげなビルの中にあって入りにくかった」という声や「寒かった」という声など脱毛ラボは店舗に関する感想が本当に多いです。けれどやはり同じくらい「安かった」「値段分の価値はあった」という感想があります。

結局どっちがいいのか?

対決項目 銀座カラー 脱毛ラボ
店舗数の多さと予約のしやすさ ×
コストパフォーマンス ×
仕上がり・ケア
対応・接客 ×
脱毛の痛み、施術後のケア ×
口コミ ×
合計ポイント WIN:3
LOSE:2
DRAW:1

WIN:2
LOSE:3
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

銀座カラーの圧勝ではないでしょうか。痛みはありますが早く終わりますし何と言っても天然保湿成分のミストシャワーのケアが素晴らしいです。また300円で全身脱毛を1回試せるというのも高得点です。試してみない事には継続して脱毛ができるか判断出来ませんからね。それにこのクオリティーを考えると月額9900円は安いです。

しかし脱毛ラボも金額と仕上がりに関しては文句のつけようがありません。痛いのが苦手な人は絶対に脱毛ラボで処理した方が良いですし、予約をすぐ取って利用したいという人やお店の内装やサービスは気にしないから安く済ませたいという人も脱毛ラボを選ぶべきかと思います。

総合点では銀座カラーの圧勝ですが「とにかく安く利用したい」という値段の希望は大きな要素ですから、よく考えてどちらを利用するか決めてください。

銀座カラーと脱毛ラボを比較対決したみんなの口コミ

銀座カラーは1年で8回の施術が可能です
他社は2年で8回の脱毛しかできませんが、銀座カラーはなんと1年で8回のスピード施術です。これがどれだけ重要視されるかというと、私を含めて即効果を求めている方に人気です。今から脱毛をすれば、夏には少しでも毛が薄くなると思います。今までの脱毛は遅くてきれいになるが当たり前の時代に、このスピードで脱毛できるのは素晴らしいと思います。
脱毛ラボのほうが予約が取りやすい
脱毛ラボの方が予約がスムーズで何もストレスがなかったので、おすすめです。良いサロンの定義をどこに置くかとなるのですが、私は予約が取りづらいサロンが好きではないので、脱毛ラボはスムーズで好きでした。スタッフの良さはどちらもおすすめできると思います。技術も同格です。サロン予約を自分のスケジュールに上手く取り入れられる感じが脱毛ラボは最高でした。


会社概要

商品名 銀座カラー 脱毛ラボ
販売事業者名 株式会社エム・シーネットワークスジャパン 株式会社セドナエンタープライズ
所在地 東京都豊島区南池袋 1-19-4 幸伸ビル 8F 東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー16階
ホームページ http://ginza-calla.jp/ http://datsumo-labo.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。