野球とサッカーのどっちが好き?100人に聞き比較対決!

このエントリーをはてなブックマークに追加
野球 サッカー観戦

あなたは野球派?それともサッカー派?どちらが好きですか?100人にアンケートしました。

日本のスポーツといえば、野球かサッカーといえるほど好き嫌いが大きく二つにわかれるのではないでしょうか。

親が好きなものは子供も自然と好きになります。特に息子さんがいる家庭ではプロの選手に育てたいと願っている家庭もあるのではないでしょうか。

最近では、なでしこジャパンがニュースで取り上げられるようになってからは女子サッカーも人気になってきました。

サッカーなのか野球なのか?好きな理由を含めまとめたサイトになります。

スポンサーリンク

野球とサッカーどちらが好き?100人に聞いた結果がこちらです

<アンケート結果>

 野球   55人 
 サッカー   43人 
 その他   2人 

その他には、観戦するなら野球が好きで自分がするならサッカーが一人、観戦するのはサッカーが好きで自分がするのは野球が一人でした。

観戦ではサッカーは野球より迫力がある
サッカーと野球の二大スポーツでは、観戦する立場ではサッカーの方に分があります。
サッカーは体が接触するコンタクトスポーツなのが、一番の理由です。
スタンド、テレビの両観戦でも迫力が伝わってきます。

野球の場合、投手戦になれば、非常にスケールの小ささを感じてしまいます。
ベースボールという競技の性格で、状況がパターン化されているのもあきてしまいます。
サッカーは試合時間がほぼ決まっているのも魅力で、その後の計画もしやすいです。

駆け引きの要素が強い野球が好き
野球が好きな理由は試合の途中で相手のチームの選手と駆け引きをして、プレイする面白さがあるからです。
サッカーは走りこまなければ大量の点数が繋がらない事が多くて、点差が離れている時に後半で時間が経つほど逆転の可能性は低くなります。
野球は9回になってからでもある程度点差が離れていても、逆転の可能性がある事が醍醐味です。野球は走り続けなくて良いので、頭で考えながら相手を攻め込んだり、守っている位置で責任感を感じる事も面
白いです。
断然サッカーです
父親が元サッカー部で幼い頃から一緒に見ていたからかもしれませんが、サッカーが大好きです。まず、何と言ってもサッカー選手は格好良いです。野球に比べて圧倒的にオシャレな選手が多いと思います。髪型もサッカーは割と自由ですが、野球は学生は丸刈りが基本だったりします。また、サッカーはピッチの中を選手とボールが縦横無尽に動き回るスポーツで、見ている方も試合が続いている間は一時も目が離せない緊張感があり、試合観戦が楽しいと思います。
親族含め、野球に打ち込んでいました。
私はスポーツが好きで、普段から時間や都合が合えばよく友人とサッカーをしています。
決して上手いわけではないのですが、
ボール1つで(趣味程度なので)気軽に出来る感じが楽しくて好きです。
とは言え、テレビ中継などでサッカーを観戦することは少なく、
実は野球を観戦していることの方が多い私です。
元々小学生のころから野球のチームに入っていて馴染み深いことや、
従兄に3人の元高校野球児がいたりと、身近に野球を感じています。
ですので、どちらか一つを好きだと決めるとなるとかなり難しいのですが、
トータル的に言えば、身近に感じることが出来る『野球』だと思います。
やはり野球に打ち込む親族なので、どうしても野球は捨てがたい存在なのです。
そんな感じでどちらかと言うならば『野球』が好きな私の話でした。
野球と出会えて本当によかった
私はサッカーも野球も好きです。でもどちらかを選べと言われれば野球を選びます。
私は現在33歳ですが、野球歴は20年を超えます。小さい頃からずっと野球をしてきました。
野球には昔臭いかもしれませんが、伝統があるように感じます。高校野球は坊主頭であったり先輩後輩の上下関係が厳しいのも野球の特徴だと思います。挨拶や礼儀に関しても本当にうるさく指導されます。今はそういった伝統を嫌う習慣もありますが上下関係は社会に出ていく上でもとても大切な事だと思います。私は野球を通じて人間性も学ぶ事ができたので野球というスポーツに感謝しています。
繊細なスポーツ野球です。
2つのチームに分かれて闘う点は、野球もサッカーも同じですが、野球は、非常に繊細に、緻密に作られたゲームであるという点が非常に面白いと思います。
発祥の地がアメリカなのですが、あの大雑把とも言えるアメリカ人が考えたにしては、各塁間が27.4メートル(アメリカではフィートを使用)という、バッターが球を打って走る、守備陣が守る、という一連の動作が行われるのに実に微妙な距離に設定されていると感じることが多いです。
投手が投げる球種も様々、ストライクゾーンとボールゾーンの使い分け、バッター心理を読むなど、逆に攻撃側にはまた違った作戦があり、実に多様で、見ていて飽きる事がないスポーツです。
野球
野球のほうが馴染みがあり、父とも一緒に盛り上がれる。関西(大阪)出身で大学が甲子園の近くだったため、夏の高校野球には当たり前のように興味があり、何度か見にも行った。思えば、野球が一番身近にあり、甲子園でどこが勝った、優勝はどこだろう、どこを応援するなど、中学時代から友達と盛り上がれたのも影響しているのでは。(当方、女子です)
後、関西は基本的に野球が盛んな気がします。阪神タイガースが優勝もしくは準優勝したら大阪梅田駅のあちこちのお店がSALEをするし、地域全体で盛り上げようという意識が強かったため、野球がいつも身近にあったイメージが。
観戦するなら、サッカーが好きです!
子供の頃は野球が大好きで、男の子に混ざって公園で野球ばかりしていました。中学と高校ではソフトボールをしていたので、今でも時々、無性にバッティングセンターに行きたくなります。もし、ご近所の熟年草野球チームに加入したならば、そこそこの戦力として、一緒に楽しめる自信があります。
一方、サッカーは体力的に無理です。高校の授業で初めてサッカーをした時、キーパー希望者がおらず、ジャンケンで負けた人がキーパーになりました。しかし、ゴールからゴールへの一往復をダッシュするだけで、ありえないほど疲れる事を知り、二回目の授業では、全員がキーパーを希望。ジャンケンで勝った人がキーバーの座を射止めた思い出があります。
試合中、走り続けるサッカー選手を、心の底から尊敬しますので、野球も好きですが、感動を与えてくれるサッカーの方が、より一層好きです。
スピード感がたまらないサッカー
私は断然サッカー派です。毎日の楽しみが海外サッカーを見ることと断言できるほどサッカーが大好きです。
魅力はなんといってもスピード感のあるドラマチックな展開です。90分走り回る選手の姿は一瞬も目をそらすことができないほど興奮します。パワーやスピードを生かしたプレイも多いですが、私は世界最高峰の選手が魅せるテクニカルでスペクタクルな頭脳プレイが大好きです。
その一方で野球はいつ終わるのかわからないもどかしさや、監督やコーチと相談しながらプレイできるところのスピード感のなさが気になってしまい、どうもファンになることができないのです。
サッカーが命です
自分は小学生のときから高校までサッカー部に所属しており、青春時代はサッカーにささげてきたといっても過言ではありません。そのため野球よりも断然サッカーのほうが好きです。
自分が学生のときにはまだJリーグはありませんでした。そのためサッカーの試合がテレビで中継されることは年に数回しかありませんでした。それでも中継があるときはワクワクしたのを覚えています。またビデオに録画して何度も見返しました。このような強い思い入れのあるサッカーは自分の中での一番のスポーツです。
昔やっていたので
今は、野球とサッカーを比べると野球が好きです。やはり経験がある方に愛着があります。当時はサッカーがブームだったのでそちらになったこともありましたが。どのスポーツもプレーには駆け引きがありますが、経験したことがないスポーツでは見ている時もあまりわからないんですよね。野球を知らない人は守備の時は飛んできたボールをとるだけのように見てしまいますが、ポジションごとに動きが違いますし、相手の動きを読みながら動いたり、あまり表には出てこない駆け引きがあります。それが、少しは分かるので余計に面白いです。
昔から見ているので野球が好きです
最近はサッカーの方が、人気があるのかもしれませんが私が子どもの頃は、サッカーはほとんど話題になっていなかったと思います。私の父も野球が好きでプロ野球のナイター中継をよく見ていました。ですので、野球のルールも良くわかっています。ですが、サッカーは何となくしかルールが分かりません。
また、野球の攻撃の時と守る時が分かり易いところも好きです。それから、サッカーはボールをパスしては相手に取られなかなか点数が入らないので、見ていて飽きてしまいます。
昔から見ているので、野球に馴染んでいて野球の方は見やすいのかもしれませんが、総じて野球の方が好きです。
どちらかというとサッカー
野球もサッカーもどちらも見る専門でやったことはありませんが、女性の場合は学生時代の体育の授業でもバレーやバスケはしてもサッカーは男子のみというケースが多かったように思います。ましてや野球は使用する道具が多いので普通はありませんよね。

なので見ること限定で言うのならサッカーの方が好きです。中学時代にJリーグが開幕となり私はカズのファンでしたね。普段はさほど試合を見る事もないのですがワールドカップとかはやはり気になって見ています。

野球の方がおもしろい
野球とサッカーではどちらが好きかときかれたら、私は絶対に野球と答えます。私自身野球の経験があり、そのおもしろさははかりしれないと思うからです。たとえば野球でツーアウト満塁の場合、ホームランが出れば追加で4点、バッターが甘いフライをあげてしまえば0点となります。このような劇的な展開はサッカーにはないおもしろさだと思うのです。ひとりひとりに感情移入して熱くなるのもやはり野球です。やっぱり野球がすきです。
野球が一番です。
野球が大好きです。私の夫は甲子園出場経験があります。なので高校野球は毎年、どこかの試合を見に行きます。やはり球児たちの努力と結果は熱いものがあり、涙することもあります。またその球児たちがプロとなって活躍する姿も見ていて嬉しいものです。まるで球児たちのお母さんになった気分で応援しています。野球は応援されている人が多いので話題には困りません。よく知らなかった誰かと野球話で盛り上がる事ができるのも魅力ですね。
サッカーの方が好きです。
野球とサッカーだとサッカーの方が好きです。
スポーツにあまり興味がないのですが、サッカーはルールがわかりやすいし流れが早くて熱中できるので、テレビでサッカーがやっていたらなんとなく見てしまいます。
野球はルールがわかりづらいし、流れが遅くて見ていて飽きてしまいます。
テレビで中継していても延長のせいで他の番組が見られなくなってしまうことがしばしばあるので野球はあまり好きではありません。
それとサッカーは選手がさわやかでイケメンが多いのでサッカーの方が少し好きです。
楽しいサッカー大好きです
私は野球には興味がありません。だからサッカーだったら、自分でするし観る事もあります。私はサッカーのほうがしていても、楽しいし観ていてももっと楽しいのです。男の子たちとできるし、少人数でもサッカーはできます。でも野球はしていても、全然楽しくもありません。楽しくない野球よりも、もっと楽しいサッカーが大好きです。野球は古いイメージしかないのです。でもサッカーはかっこいいし、ユニフォームだってとても素敵です。選手を見ていても、断然サッカー選手のほうがかっこいいから大好きです。もしも男の子がでいたら、野球よりもサッカーをさせてあげたいと思います。絶対サッカーのほうが楽しいに決まっています。野球は地味で面白くありません。
サッカーが面白い
私はサッカーのほうが好きです。見る専門ですし、どちらも細かいルールはわかりませんが。理由としてはサッカーのほうが動きがあると感じるからです。野球は、バッターがバットを構えてジッとしているところやピッチャーがきょろきょろしているところのイメージが多く、選手個人に特に執着のない私には退屈です。一方サッカーは、常に選手が走っていてボールがあっちこっちに行くので見てて飽きないです。時折移る客席の様子もサッカーのほうがマスゲームなどをしているので、楽しく観ていられます。
観戦者として
私はサッカーより野球の方が好きです。
あらかじめ記しておきますが、野球にしろサッカーにしろ体育の授業や、社内の運動不足解消に素人(自分も含む)が集まってワイワイやる程度にしかやったことがありません。なので、観戦者として野球の方が好きな理由を記します。
サッカーは反則を貰うのが前提のプレイスタイルというのが、あまり好きになれない理由です。全ての選手がそうではないと思いますが、ちょっとした相手との接触ですぐに転倒してボールをもらうというのが気に入りません。野球はサッカーに比べ反則の発生数が少ないことと、投手という主役とそれを支える野手という関係が好きな理由です。
試合展開が早くて飽きないのでサッカーが好きです
どんどん試合が展開をしていくのでサッカーが好きです。見逃すことの出来ない瞬間の連続なので、必死にサッカーを見てしまいます。チームのみんなが頑張らないと強くはなれないですし、チームプレーの大切さを教えてくれます。サッカーはルールがわかりやすいので、何となく見ていてもわかります。自分もサッカーをしてみたいなと思わせてくれますし、見ていて伝わって来るものがすごくあるので、野球よりもサッカーの方が好きです。
サッカーが好き
野球もサッカーもやりませんが、両方観戦します。両方好きですが、やはりサッカーのほうが好きです。子供がサッカーをやっているというのもあります。見ていて楽しいのは、サッカーかな。サッカーは、試合が始まったら、一歩も動きません。トイレにも行きません。いつどのような展開になるのかわからないからです。スピードも速く、ずっとドキドキし続けます。片や野球はもドキドキしますが、打席に入ってから進行がゆっくりな時もあったり、応援チームが守りの時は、トイレなども行きます。サッカーは、一瞬たりとも見逃せず、ドキドキ感が持続します。
野球は見ていて楽しい
昔、Jリーグ人気がものすごかった頃、私もサッカーに夢中な時期がありました。
毎回テレビでの試合を楽しみにして外国人選手のプレーにドキドキしていました。
でも最近はあまりサッカーに興味がなくなり、今は野球・・・それも高校野球が好きです。夏の甲子園シーズンになるとワクワクしてきます。シーズン中は毎日の試合が楽しみです。
プロ野球はあまり興味はないのですが高校野球は見ていてすごく面白いです。若い球児が一生懸命にプレーしている姿を見ているとこちらも励まされます。いつか生の甲子園を見に行ってみたいです。
見る方で野球が好き
私はサッカーより野球の方が好きです。
私はサッカーをやっており、サッカー野球両方テレビ観戦やスタジアムにいったりしていたのですが、今でも熱を入れて観戦している方は野球です。
サッカーも代表戦やwカップ等一時期は大きな盛り上がりをみせてメディア露出が増えるのですが、やはり日常行われているリーグ戦の結果や特集はサッカーより野球の方がメディア露出がされているのではないでしょうか?
手軽に情報が届き、その分身近に感じて馴染み深い分、私はサッカーより野球ほうが好きになってるのだなと感じます。
野球がやはり一番です。
見ていて楽しいやって楽しいのは完全に野球です。
投げる打つ守る走るなどの全ての行動に、いろんなプレーが見れるからです。
もちろん珍プレーもありますし、エラーもあったり奥が深いのが野球だと思います。
バッターと投手の駆け引きや、4打席の中での戦い方など、全てがつながって来ているのは、野球ならではではないかと思います。
野球は9人でするものですが、野球ほどルールが変わらない競技はないのではと思います。
それだけバランスが取れている競技だと言えると思いますね。
野球とサッカーについて
「野球とサッカーどちらが好きか?」と聞かれれば、かなり悩んで野球と答えます。
7月の高校野球の県予選から始まって、8月の甲子園、9月の春のセンバツへ向けた県予選、10月の関東大会。
「我が県はどうなった?」という地元愛を強く意識させます。
高校野球には勝利に対する全力プレーとドラマティックな物語があり、先のわからないドキドキと興奮というスポーツの醍醐味を与えてくれます。
高校野球で活躍した選手がプロ野球で活躍すれば、ひとつの物語を見ているようで思い入れも出てきます。
プロ野球の洗練されたプレーも見ていて楽しいですし、贔屓チームが勝てば上機嫌、負ければ不機嫌になります。
サッカーの国際試合もドキドキします。
W杯の予選や強豪国との試合も見ていて楽しいです。
「日本人」という普段は意識しないナショナリズムを、サッカーの国際試合は呼び起こしてくれます。
正月の高校サッカーも地元愛を意識させます。
どちらが好きか?と言われれば、野球=地元愛を連想させて野球の方が好きとなります。
サッカーの方が好きです
子供の頃はあまり野球で遊ばずよくサッカーをしていました。そのせいもありどちらかと言えばサッカーの方が好みで、ワールドカップなどの国際試合がテレビ放映されれば見ることがあります。国内のプロ野球に関してはテレビで見ることはもちろんスタジアムに観戦に行ったこともありません。ただし国際試合の決勝戦ともなればさすがに見ます。
元々サッカーをして遊んでいたという理由の他に個人的な印象として、野球は試合時間が長くその割には見せ場が少なく地味な感じがします。
サッカーはルールが複雑です
野球もサッカーも、各選手に応援歌のようなものがあり、地元に密着したチームという点は似ていますが、サッカーはラインが複雑でよく分かりません。コーナーボールやスローインなど何が違うのかわかりません。またサッカーのオフサイドのようにじっと目を凝らしてないと理解できないことが多く、気を貼ってみなくてはなりません。休憩もハーフタイムの時だけなので、試合中の45分は目を凝らしてなくてはなりません。野球は一回・二回とその都度小休止できるのが嬉しいです。ルールも簡単なので少し気楽に見れる点で野球の方が好きです。野球のリーグ戦はテレビで放送されることが多いですが、サッカーのリーグ戦はキー局ではあまり放送されません。日本代表戦は、テレビで放送されますので情報が入りますが、サッカーのリーグ戦は情報がコンスタントに入りません。またチームもプロ野球は12球団ですが、サッカーはJ1・J2・J3とチーム数が多いので難しいイメージです。
小中高大と一貫してサッカー
私はサッカー派です。私は現在、34歳になります。私が小学校の頃、ちょうどJリーグが始まった年でもありました。元々、親に強制的にサッカー少年団に加入しており、知らない間にサッカーをしていました。小中高大と一貫してサッカーをやってきましたのでサッカーの楽しさや辛さはそれなりに知っています。大学を卒業して、就職が決まらなかった頃、友人のサッカー少年団にコーチとしてアルバイトに行っていました。それだけサッカーが好きです。
世界の人が出来るサッカー
野球とサッカーならば断然サッカー派です。道具が必要な野球は貧しい国の子供達には出来ません。サッカーならボール一つで出来るのでアフリカや南米の貧しい子供達でも遊べるスポーツです。観賞するのもサッカーは前後半45分間ずつに何が起こるかわからない。野球のように攻めと護りが順序よく分かれていないので、いつどこで護りから攻めに変わるかわからないサッカーは目が離せない所が魅力です。フィールドの格闘技のようなサッカーが大好きです。
甲子園を見て
テレビの中継で、甲子園の試合を見ていると、やはり野球の方が好きだと言ってしまいます。
人生に一度しかない高校生時代の全てをかけて、トーナメント方式と言う一度負けると全てが終わってしまう厳しい勝負の世界に全力で取り組む球児達を見ていると、その全てをかけた真剣勝負に、美しさすら感じてしまいます。
自分には足りなかった、自分の全てを賭けるという行為が、うらやましく、かっこよく、感動してしまいます。
もし過去に戻れるなら、私も真剣にひとつのものに取り組んでみたかったな、と思ってしまいます。
サッカーが好き
うちの主人は、大の野球好きなため、よく我が家では野球中継を観ています。
しかし、何度観ていてもどうも試合の運びは分かりません。
私はサッカーの方が分かりやすくて好きです。
サッカーは全体をテレビで映してくれることが多いし、点が入ったかが子供でも分かるために子供とも観ていて盛り上がれます。
野球は理解するのが難しいので、それが好きな人には良いのでしょうが私には苦手です。
サッカーなら、子供とも試合を観に行ってみたいと感じますし、草むらでボールを蹴らせているだけでも楽しく気軽にサッカーを楽しめるのがいいです。
野球が好きです
「野球とサッカーのどちらが好きか?」ということだったら、わたしは「野球の方がサッカーより好きだ」と答えます。野球の方が好きなのは、高校野球がわたしは好きだからです。

高校野球限定なのでその他の野球には全く関心が持てませんが、それでもサッカーを全く見ることがないわたしからすると、サッカーよりは野球が好きだということになります。

高校野球は毎年しっかり見ています。高校野球だけは全ての野球の中で一番好きなのです。

野球かな
野球もサッカーもプレイした経験はなく、観戦のみの好みです。
観戦といっても現地まで行くことはほとんどなく主はテレビですが。
そんなライトな感じですが、なぜ野球の方を選択したのかというと高校野球が好きだからです。
特に夏が好きで一生懸命プレーする選手達に汗だくで応援するスタンドの応援団、ブラスバンドのヒッティングマーチ・・・すべてひっくるめて雰囲気が最高です。
サッカーも高校サッカーがテレビ中継されますがそこまで惹かれないんですよね。
なぜだろう?季節のせいかしら?
勿論サッカー
サッカーのほうが、好きです。けど、あんまりJリーグには、興味ありません。日本代表とか欧州サッカーは、気になります。特に、メッシとかイブラヒモビッチのようなスター選手は、大好きです。かつては、魔術師と言われたロナウジーニョが、大好きでした。サッカーの試合で好きじゃないのは、夏の試合やシーズン開幕当初です。コンディションが整っていないと、試合のレベルが下がります。一方、ワールドカップの予選は、クラブに比べて本気度を感じます。それは、チャンピオンズリーグも同じですけどね。
断然野球が好きです
42歳になるわたしはむかしから野球が大好きです。もちろん、自分自身は小学校までしか野球をしていませんでしたが今でもメジャーリーグやプロ野球、大学野球、高校野球まですべてチェックするほど大好きです。サッカーも日本代表の試合は応援しますがどうも野球ほどの熱意をもって接することができないのが正直なところです。今の若者にとってはサッカー好きが多いのでよくわからないといわれるかもしれませんがやっぱり野球が一番です。
注目するのはこれしかない
私はサッカーより野球の方が好きです。私が小学校6年生の頃からの大の野球ファンです。最初は西武ライオンズが好きでしたが、後にヤクルトスワローズのファンになり、もう数十年応援していますが、野球は日本の伝統スポーツであり、著名人も多く選出されている事でもありますが、野球は唯一日本にとって歴史も伝統もあり、ルールも簡単なので親しめるスポーツとも思っています。

そして、ソフトバンクホークスや広島東洋カープ等の地域密着型のスポーツでもあるので、応援する側としても力が入ってしまう事もあります。市民球団とも言いますが、この密着型で接する事の出来るのも野球ならではと思っております。

色々と話題性もありますが、スポーツとしても楽しめるのもクライマックスシリーズや日本シリーズ等大きな面白いカードもあるので、楽しめるスポーツは野球だと思います。

期待出来るイベントとしては、10月に行われるドラフト会議です。スター選手が出る大きなビックイベントにもなっていて緊張感が伝わってくる事でも楽しみではあります。甲子園で沸かせた選手等も出てくるので、夏の試合も思い出してくるのではないかと思っております。

シーズンが終わると話題性も呼ぶ確率としても野球は多くて女子アナや有名芸能人等奥さんにしている選手もいるので、そんな話題も楽しみではないでしょうか。色んな意味でも野球は最高に良いし、いつもドキドキさせてくれるスポーツだと思っております。

野球は気楽にテレビ観戦ができる
どちらもよくテレビ中継されていて気軽に観戦できるスポーツですが、私はどちらかというと野球の方が好きです。
野球は選手一人一人の顔がわかりやすく、進行も比較的ゆったりです。
家でのんびり観戦するにはちょうどいい進み具合だと思います。
また、劣勢から満塁ホームランなどで大逆転する面白さもあり、ついつい見入ってしまいます。
投手、打者、守備、走塁など、見どころがいくつでもあるのも魅力のひとつ。
一球にかける選手たちは、見ていて清々しいです。
野球よりサッカーが好き。
2大スポーツと言えば野球とサッカーですが、よくどちらが好きか話題になりますね。両方魅力がありますが、強いて選ぶならサッカーの方が好きです。専ら私は観戦専門ですが、サッカーが好きな理由としては見栄えがよく、汗を流しながら走る姿はとてもかっこよく見えるからです。一人でもチームでも活躍できるサッカーは一人一人の腕が試されますし、素早くドリブルしながらゴールを決めた瞬間はさほど知識がなくても鳥肌が立つくらい男らしく見えます。
最近はサッカー派です
以前は野球を応援していましたが、ここ数年はサッカーを観戦することが多いですね。
といってもにわかファンなので、地元チームを応援することは少なく、代表戦を見ることがほとんどなのですが。
体格が劣っている日本人が世界相手に戦っている姿を見ると、日本ガンバレ!と応援したくなりますね。
野球もあるけれど、世界規模の大会になるとサッカーの方がメジャーなため、熱気もより高まります。
知っている選手が多いところも応援しやすいのかなと思います。
トイレ休憩を確保し易い野球
私は野球・サッカー両方ともテレビ観戦はするのですが、どちらかと言えばプレイのインターバルがきっちり設けられている野球の方が好きです。好きというよりかは試合の流れが確認し易い事や、攻守交代時にこちらもトイレを始め休憩時間を確保し易いといった観戦のし易さに起因する要素が大きいと思います。現地で生で観戦するにもある程度はっきりした休みが設けられている野球場の方が便利で助かるのです。特にトイレが近い体質の自分にとっては助かります。
サッカーは派手で見ていて楽しいです
野球はルールが多くて、テレビで見ていても今何がどうなっているのか、どちらが勝っていてどちらが負けているのかさっぱりわかりません。
学生時代に体育の授業で野球というかソフトボールをした事がありますが、その時も全くルールが理解出来ませんでした。

でもサッカーは派手ですし何より一目見て、どちらが優勢か等がわかりやすいと思います。
それにハットトリック等も見ていて楽しいので、私はサッカーの方が大好きです。
もしも試合を見に行くなら、サッカーを見に行きたい程です。

野球を見て育った世代です
野球とサッカーでは、野球の方が好きです。親が野球をよく見ていて、子供の頃からテレビでは野球ばかり見させられていました。最初はルールもわからずつまらないと思っていましたが、次第にルールを覚えて選手にも馴染みが出てきて、面白いと思うようになりました。サッカーはリーグが出来るのが遅かったですし、テレビではたまに世界戦が放送されるだけなので、あまり馴染みがありませんでした。野球は選手一人一人のプレイをじっくり見られますが、サッカーは展開が早く、引きの画が多くて選手個人がわかりにくかったのもあるかもしれません。
サッカーのほうが好きですね
1、 サッカーは色々な国の選手が活躍する。
例えば、スペインの国際的なプロ・サッカーリーグのリーガ・エスパニョーラは、レアル・マドリードとバルセロナだけでも、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)、ベンゼマ(フランス)、モドリッチ(クロアチア)、クロース(ドイツ)、マルセロ(ブラジル)、セルヒオ・ラモス(スペイン)、ナバス(コスタリカ)メッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル)、スアレス(ウルグアイ)、イニエスタ(スペイン)、ヴェルメーレン(ベルギー)、コケ(スペイン)と、各国のスター選手が勢揃いしています。スポンサーも各国の有名企業が勢揃いしています。テレビのWOWOWで見ていても熱気が伝わってきます。アパマンショップもバルセロナの選手を起用した豪華なCMを作成しました。

2、 すべての都道府県にJリーグのクラブチームが揃いつつある。
今はもう、かなりの都道府県にJリーグのクラブチームがあります。10県にはありませんが、すべてにJリーグを目指すクラブチームが揃っています。ガンバ大阪の新しいホームスタジアムとなる、吹田市立スタジアムは屋根付きのスタジアムを建設予定です。外国のリーグでも活躍する日本人選手が増えています。

3、4年に1度のワールドカップがある。
色々と問題となっているが、4年に1度のお祭りとなっているW杯があり、世界中が盛り上がる。これは、他のスポーツでは考えられません。ヨルダンのアリ・フセイン王子が次期のFIFA会長の有力者です。日本代表監督を務めた、ジーコ氏もFIFAの会長選に立候補を検討していることを自身のFacebookで明らかにました。

サッカー派
もし、彼もしくは旦那にやってもらいたいスポーツがサッカーか野球なら、私はサッカーをやってもらいたいです。野球はピッチャーとバッターの一対一の勝負というイメージがあります。もちろん、外野やピッチャーだって重要な役割を担っているかもしれません。でも、見ている方は投げて、打つの勝負というイメージです。サッカーの魅力はなんといっても団体競技ならではのパス回しです。単純そうに見えて実はめちゃ頭脳戦で、ゴールを決めた時の爽快感がたまりません。サッカーは見ててハラハラ感、ドキドキ感がたまりません。だから絶対サッカーです。
応援している野球チームがあります
私の父は大のタイガースファンで父以外にも周囲にはタイガースファンの人がいっぱいいます。その影響で私自身も野球シーズンになると野球中継を楽しみに観るようになりました。なのでサッカーにはあまり興味がありませんが、野球は好んで観ています。
それに最近は私の応援している阪神タイガースの優勝争いを毎年してくれますし、最後の最後まで気を抜くことなく楽しめます。
そして優勝したときには自分のことのように大喜びするのでした。
たぶんゲームの影響ですね。
皆さんは野球とサッカーのどちらが好きでしょうか。
私の場合はサッカーです。

その理由は何故なのか、私にもはっきりとは分かりませんが、
たぶんゲームの影響ではないでしょうか。

昔から実況パワフルプロ野球よりウイニングイレブンを、
野球チームを作ろうよりプロサッカークラブを作ろうを
プレイしていたので、その影響が今でも残っているのだと思います。

今でも野球は興味が無いのに
サッカー日本代表の試合などはたまに見ていますので、
私は野球よりサッカーの方が好きなのだと思います。

私がサッカーより野球を好きな理由。
私がサッカーより野球が好きな理由の中で最も大きなウェイトを占めている理由は、『国内有数のマーケットを持っているのが野球だから』です。

サッカーが不甲斐ないとか頑張っていないとかではありませんが、やはり日本野球のレベルの高さが世界でも屈指なのは明らかですし、応援するのであればやはり強い方が応援しがいもあると思っています。

野球は国際試合も少なかったりそういった催しでの注目度も低いですが、海外で活躍し結果を残している選手も多いですし、頑張ってオリンピック種目にも復帰してもらいたいという気持ちもあります。

世界に通用する競技で、世界で注目をもっと浴びてくれることが私の中での野球に対する最大の願いです。

やっぱり野球
見るのもやるのも断然、野球が好きです。
親の代からのジャイアンツファンで、人気低迷といわれる中、今も一生懸命、応援しています。
そんな私の姿をみて、小学校3年生の長男も、ジャイアンツを応援しています。
また、長男は野球をやることにも興味を持ち、地元の少年野球チームにも入団しました。
将来はプロ野球選手と夢を膨らませています。
サッカーは、日本代表の試合は気になってみますが、それ以外では、あまり興味がありません。
地元に、Jリーグのチームもありますが、見に行ったこともありません。
息子がプロ野球選手になることを、微かに期待しておきます。
見ることで考えると
私は、サッカーと野球であれば野球の方がすきです。
なぜ野球が好きかというと、見ていて点数が次々と入っていくので、見ていて展開がすぐに変わっていくのが楽しいから野球の方がすきです。
サッカーは、自分がスポーツを楽しむ分には走ったりみんなでたのしむことができるので好きですが、人のを見るのは一点が入るまでが長いので、野球の方が次々と点数が入っていき、負けていても逆転をする可能性が高いので野球の方がすきです。
サッカーが好きです。
私は断然、サッカーが好きです。小学校のころから大学卒業まではずっとサッカー部に所属して毎日、毎日、飽きることなくサッカーを楽しんできました。シュートを決めた時の興奮やチームが大切な試合に臨む前の一体感、勝利後の高揚感などは何度味わっても素晴らしいものです。そして最も興奮するのは4年に一度のワールドカップサッカーやオリンピックです。我ら日本代表の試合はもちろんですが、レベルの高い試合を見るのもとても興奮します。
野球
自分は現在28歳の男性会社員です。自分は野球を強くおします。親父の影響もあるかと思いますが、野球の方が面白いです。何故なら、サッカーは常に動こかなくてはなりません。ですので、見学をする側も楽ではありません。よそ見をしていると選手のハットトリックなども見逃してしまうこともよくあります。緊張感を得ることができるのはPKだと思います。野球は一球をなげるたびに、見学する側もインターバルがあり、そして一球ごとに緊張感があります。
するなら野球、見るのも野球
私は40歳代後半で、子供の頃には男の子はみんな野球をしていました。今のようにJりーぐはなく、一方、毎晩、プロ野球の中継をテレビで見ていました。学校では休み時間に、みんなで集まって、手打ち野球をしていましたし、放課後には公園で軟式ボールを使って野球をしていました。それで、スポーツと言えば、何と言っても野球です。甲子園の高校野球もプロ野球もとても楽しみでワクワクしながら見ています。サッカーは見ていてもあまり面白さを感じることがありません。
野球が好きな理由について。
私は野球もサッカーも好きですが、あえて言うなら野球です。理由は、野球は一発逆転があるからです。サッカーも、もちろん2点差3点差を覆す試合もあるのですが、あまり多いパターンではありません。

一方野球は、ホームランがあるので4点差までは、一瞬で覆すことができます。また、野球は選手の契約更新やドラフト、キャンプなどシーズン以外でも話題になることが多く、楽しみ方はいろいろと多いからです。そんなわけで、私は野球派として今後も楽しみたいです。

家族の定番は野球
野球かサッカーかと聞かれれば、やはり野球が好きです。幼いころからシーズン中はいつも野球中継を観ていましたし、選手それぞれの名前を覚えてきて毎回観ていると、好きな選手や応援している選手の調子まで見えてくるようで、一緒にがんばる同士のような感じがします。球場で観ると臨場感もあり、一体感を感じます。サッカーは年代的に若い人のスポーツというイメージがあるのと、理由はわかりませんが、そこまで熱くなれないので、熱くなれる野球の方が好きです。
子供の頃に比べたら好きな気持ちは減ったけど好き
野球は子供の頃授業でちょっとプレイして、野球観戦は父に連れて行かれた記憶がありますが、現在特に興味はありませんね。
サッカーは子供の頃好きでよく遊んでいましたが、サッカー観戦に行ったりとかはしたことはないです。
でも、昔好きだったのもあり、テレビでサッカーの試合を見てることはたまにあります。
子供の頃に比べたら、サッカーに対する好きな気持ちは減ってしまいましたが、サッカーで遊べる機会があれば、またしてみたいなという気持ちになりますね。
私は、「O・N世代」です!(野球派)
私が子どもの頃は、丁度、王貞治さん、長嶋茂雄さんが活躍されていた時代です。巨人のV9もありましたね。今のように仙台や札幌に野球団がなかったので、東北に住んでいる私は、自然と巨人軍を応援していました。セ・リーグの放送が中心で、パ・リーグは、日本シリーズを見るか、直接、球場に見に行かないと、どの選手が活躍しているのか分かりませんでした。今はどちらも見ることができるので嬉しい限りです。仕事をしていても、なぜか野球のリズムの方が合いますね。
私が不思議に思うのは、スポーツ球団等ができる前にスポーツアニメか漫画が流行ることです。野球なら「巨人の星」とか「ドカベン」(「タッチ」)などでしょうか。サッカーリーグが出来る前は「キャプテン翼」などです。子どもたちの夢が現実になれる時代なのですね。
野球とサッカーの記録の違い
私は野球とサッカーだと、野球の方が好きです。スポーツとしてプレーするのはどちらも楽しいのですが、観戦するときに「記録」が多いのは野球だからです。新聞のスポーツ欄を見ても、サッカーは順位表と得点ランキング位しか載っていませんが、野球は投手、野手の記録が載っていて、ひいきのチームや気になる選手の成績がどうなっているのかを追いかけるのが朝の楽しみになっています。また、プロスポーツとしての歴史が長い分、通算記録なども様々なものがあり、これも見ているだけで楽しめます。
どちらかといえば野球です
私は野球とサッカーなら、野球のほうが好きです。それは自分がやることと観戦することの両面においてです。

一番の理由は、サッカーに比べて野球のほうが頻繁に点数が入るからです。点を取り合う競技では必然、最も盛り上がる瞬間はどちらかのチームが点数を入れたときなので、その喜びを味わえる機会が多いほうが楽しく感じられます。当然サッカーにも攻め方の陣形や個人の技術など見るべきところがあるのでしょうが、素人同然の私にはいまいちわかりずらいのです。

もう一つは野球では役割というものが目に見えてはっきりしていることでしょうか。打撃、守備、走塁とそれぞれ別々の道具を使って違った技術を見せてくれます。打撃がいまいちな選手でも守備や走塁で魅せてくれるというのも面白いですね。

他に強いて挙げるとすれば、自分がプレーするときに野球のほうが休憩時間が多くて楽だからです。サッカーは走りっぱなしで大変ですよね。学校の持久走ではいつもサッカー部の人たちが上位を占めていて感心したものです。

私が野球の方を好む理由は以上です。

子供のころから野球が大好きです
父親が、少年野球の監督をしていて、物心ついたときから、
野球のボールで遊んでいたので、野球が大好きです。
小学生の頃は、少年野球のスコアラーをしていて、スコアをつけていたこともあり、小学生の人生の大半は、野球と一緒でした。それから、高校生になったときも、高校野球が大好きで、遠く甲子園まで野球を見に行ったこともあり、観覧席にいながらにして、一緒に野球を
プレイしているくらいのめりこみ、今でも、高校野球には、毎回感動してしまい号泣するほど、野球が大好きです。
今はサッカーの方が好きです。
小学生の時は学校の休み時間はほとんど野球をしてましたが、中学になってからはサッカーで遊ぶようになりました。
野球はボール、バット、グローブ…この三つを最低でも用意しないといけませんが、サッカーはボールが1個あれば何処ででもできちゃうというお手軽さがありますから。
しかも世界的にどちらが人気があるというとサッカーですしね。
4年に1度の祭典、ワールドカップも開催されてますし、競技人口や衛星放送だと野球よりもサッカーの方が流れてますから。
野球
私が子供の頃はJリーグがなく、プロのスポーツの花形といえば野球でした。なので、今でもサッカーには興味がなく、野球一筋です。小学校のころ体育の時間に両方とも体験しましたが、サッカーは疲れましたし、足を蹴られて痛かったので、悪い印象が残っていて、それもあってサッカーに興味がありません。サッカーの試合は早くてテレビで観ていても目で追うのが疲れます。また選手が茶髪でちゃらい感じがして好きではないです。野球選手の方が紳士的と感じます。
サッカー派です
テレビ観戦で野球をみることもありますが、サッカーの日本代表戦は毎回必ず見ています。なでしこジャパンも好きですが、やっぱり盛り上がるのはSAMURAI BLUEだと思います。お気に入りの選手は柴崎岳選手です。一見クールな選手ですが、時々見せる笑顔にやられてしまいました。柴崎選手は途中出場をする機会が多いので、頑張って早くレギュラーになって先発出場してほしいなと思っています。他にも岡崎選手や森重選手など好きな選手がいるので、日本の活躍を楽しみにしています。
サッカーには美しさすら感じる
野球とサッカー、どちらが好きかと問われれば、今の私はサッカーを選びます。もしも35年前の小学生頃に同じ質問を受けていたら、野球と答えると思います。
サッカーは、前後半45分づつの90分という決められた時間の中で、攻守が目まぐるしく変わるアグレッシブなスポーツであることが好きです。複数の選手が連動したプレーで、ボールが繋がりゴールとなった時は、美しさすら感じます。
何より、息子が小学生からサッカーを始めてからは、自分も指導者として関わるようになってからは、更にサッカーに興味を持つようになりました。
サッカーの大ファン
サッカーと野球であれば、比較にならないほどサッカーが大好きです。
野球は、正直ルールはわかりませんし、あまりにもスローな展開なので好きではありません。ですが、サッカーは常に動きがありますし、誰でもわかるようなルールは、スポーツ初心者でも楽しむことができます。
特に私が好きなサッカーは、欧州サッカーで、そのスピード感とテクニックの凄さは、見ているだけで興奮します。みんなで見ることを楽しめるのもサッカーの良さです。
観戦なら野球、するならサッカー
観戦するなら野球の方が好きです。野球の方が観戦の仕方が自分達なりでよいからです。1人でのんびりでもよし、周りのファンと一緒にノリノリでも良し。サッカーの方が日本人的に仲良しこよしで合わせないと白い眼でみられるので面倒です。野球の方がファン層が広いので、ということからでしょう。でも、自分自身がするならサッカーの方がいいです。ボールひとつではじめられるのがよいですし、蹴り方の加減で小さい公園でもできます。野球もキャッチボールなら場所も人数も少なくてすみますが、打ちたくなると場所を選ぶのは住宅事情的に足を伸ばさないと難しいです。
野球の方が面白い。
私はサッカーより野球が好きです。両親が巨人ファンで、夜は毎日野球の放送を見ていました。そうした事もあり、野球の方が慣れ親しんでいるからです。昔は良く地上波でもテレビ放送をしていたのですが、最近は応援しているチームが放送していないので、スカパーに加入して応援しています。また年に数回は、甲子園に観戦にも行きます。現地で見るあの雰囲気は、何とも言えません。最近は、サッカー人気に押されている野球ですが、もっと頑張って欲しいです。
野球のほうが好き
サッカーと野球どちらが好きですかと聞かれたら野球と答えます。
なぜかというとヒットやホームランを打てば点が入るという分かりやすいところが良いです。
サッカーはゴールを入れれば点が入るというのはわかるのですがオフサイドとか分からない用語があって見ていてもあまり楽しくありません。
相手に足を蹴られて痛そうにしていることがありますが本当に痛いのかわざとなのか分からない時もあります。
昔はプロ野球中継やJリーグの試合を平日にテレビで放送しているのが当たり前でしたが今ではたまにしかありません。
やはり野球だね。
日本人の気質に向いているのは、やはり野球だと思う。まず日本人は「・・道」が好き。野球道という言い方はピンとくるけれど、「サッカー道は変だと思う。」。次に試合のテンポというか間の取り方。サッカーは試合中ずうっと緊張しっぱなしでテレビを見ていてもトイレにも行けない。休憩になるとこれまた長すぎて間が持たない。野球のように適度に試合が進むほうが精神的によい。それとホームランなどの長打による一発逆転のだいご味が、サッカーにはない。1点、1点の積み重ねが地味すぎる。サッカーにはサッカーの良さがあるけれど、野球のほうが1歩リードというところでしょう。
野球が好きです
サッカーは試合中ずっと走り続けないといけないので、あまり好きではありません。それに試合を見ていてもいつチャンスになるか分かりません。突然ミスから大チャンスが訪れることもあります。これはなんとなく気持ちよくないです。
野球は一球一球ピッチャーが投げてプレーが始まります。打って走ってプレーが止まりますので、緊張とリラックスが交互に来ます。一球一球が勝負になると同時に試合に流れが出てきます。このリズムが合っていると思います。だから野球のほうが好きです。
野球大好きです。
サッカーと野球のどっちが好きか?それは両方が好きです。スポーツ大好きです。サッカーは土曜日・日曜日のサッカーくじ
(toto)を買って予想したチームを応援しています。声が出るくらい応援に盛り上がっています。野球はみんなで草野球チームを作り月二回のペースで試合して楽しく遊んでいます。もうベテランに成り監督をしています。日程を組んだりする会議に行ったり試合の時にはメンバーを決めたり試合中はサイン出したり選手交代などをしています。見るのも好きでプロ野球の中継を観戦します。テレビのBSで大リーグ中継も良く見ます。今年は岩隈久志・田中将大・イチローの試合を見ています。試合は迫力があり投げる肩が強くバッティングも迫力が有り気持ち良いぐらい遠くに飛ばします。日本と違いストライクゾーンが広く投手が有利になっています。中継のカメラアングルも投手の真後ろから撮っているから投球の球筋が見やすいです。細かい野球は日本方が上手いけど、試合を見るには米国の方が好きで面白いです。いよいよシーズンが終わりに近づいて来ました。日本・米国とも白熱した熱戦を楽しみにしています。
野球の方が関心が高いです
もともと運動音痴なので野球、サッカーとも自分では行いませんがテレビで観戦するのは野球の方が多いです。サッカーのワールドカップの時だけは熱心にみますが、横浜ファンなのでよくテレビを見て一喜一憂しています。
最近はテレビで放映されることも少なくなっているので、ネットでリアルタイムで試合経過を見ることも多くなっています。
横浜に住んでいるので横浜スタジアムによくいきますが、テレビで味わえない球場の雰囲気は最高です。ビールを飲みながら観戦しているとストレスも解消されるのでたとえ負け試合でも楽しむことができます。
野球の方が馴染みがあります
今時の子ども達であれば、幼いころからサッカーをする機会が多いと思いますが、私が子ども時分は男子はみんな野球をやっていました。女子である私さえも父と一緒にキャッチボールをしたり、テレビでプロ野球を観ることが多かったので、大人になった今でも野球の方が好きです。サッカーもテレビで観戦することはありますが、あまり興味を持てません。多分子どもの頃から馴染みがあったからというのが、野球の方が好きだという原因になっていると思います。
サッカーの方が好きです。
野球とサッカー、どちらもルールは詳しく知らないのですが、サッカーの方が知っている選手が多い事と、迫力がある事で好きです。ワールドカップが一番好きです。日本の選手がシュートを入れるのをテレビで観ると嬉しい気持ちになります。柴崎岳選手のファンなので、柴崎選手の活躍を見ると元気が出ます。本田選手のシュートも迫力があるので好きです。
いつかはサムライジャパンのユニフォームを着て、全日本の試合を応援しに行ってみたいです。
スポーツは一瞬の攻防の連続である
小学生時代はサッカークラブに入っていたくらいのサッカー好きなので、そりゃ当然サッカーになるわけですがどうにも野球って肌に合わないんですよね。プレイするのも観戦するのも。
野球やアメフトといったアメリカ発祥の球技は、だらだらビールとホットドッグ飲み食いしながら、ちょっとトイレ休憩の間もあるテレビ中継にも向いた、要するにものすごいメディア化するのに向いたスポーツでありまして……そんなスポーツなんて見ていて燃えるわけねーだろ!
一秒先には大逆転のきっかけが起こり、瞬きする間もないくらいの一瞬の攻防が常に起き続けるライブ感がないとスポーツ観戦なんてくだらないという考えですね。だからバスケやバレーも観戦するのは好きです。……もはやサッカーうんぬんより消去法だな。
野球の方が見やすいかな
私はスポーツ中継はあまり見ない方ですが、のんびり観戦できるのは野球です。ルールもまあまあ分かるし、昔から見慣れています。
サッカーはワールドカップの時だけ、特に最近はなでしこの試合だけは楽しみですが、それではあまりサッカーファンとは言えません。サッカー用語が今一つよく分からないんです。ピッチも広いので、選手の行ったり来たりを見てるとなんだかちょっと疲れます。
野球はファンの年齢層も幅広く、応援席で結構お年の方も楽しく観戦出来ていいと思います。
1点の重み
私は、サッカーの方を好んでいます。なぜなら、サッカーは1点を取るためのスポーツと言っても過言ではないくらい、1点を取るためのプロセスが多様性に富んでいるからです。野球とサッカーの違いの一つに点数の入り方があります。野球は、ホームランで1点以上の点数を取ることもあり、状況次第で一発逆転の可能性がある競技ですが、サッカーは一度に複数点を取ることはありません。そのため、応援するチームが苦労して入れた点数には、観戦中の感情移入が爆発し、喜びも大きくなるからです。また、その時のスタジアムの一体感もとても好きです。
熱狂的な野球一家
高校野球で地元の高校が優勝し、高校野球の魅力に目覚めた時から野球一筋です。
またプロ野球チームも地元にありますので、今は高校野球とプロ野球の両方が好きです。
主人も少年野球から大学野球まで野球漬けだったこともあり、夫婦で熱狂しています。
プロ野球の試合も家族で観に行きますし、主人の親や兄弟も誘い大人数で観戦しに行きますので、席もファミリーシートを取り、皆でくつろぎながら観戦しています。
子供も親の影響をしっかりと受けて、親子で野球好きです。
サッカー
スポーツに疎いので、どちらも詳しくは無いのですが、詳しく無くても観戦していて、手を使ってはいけない、PK、ゴールに入れば得点になるというようにルールが解りやすいのがサッカーだと思います。
基本的には時間制限がある所もこちらの興奮を誘う理由でもあります。
野球は、ホームランなど大きな動き以外細かいルールがあり過ぎて、見ていて興奮にまで至りません。TV中継の場合もボールをカメラが追う事が出来ない時などは全く何が起こったのかさえわかりません。
そういった点でサッカーの方が好きです。
サッカーが好きです
私は40代の女性です。

子供の頃から テレビ等でのスポーツ観戦が好きでした。
プロ野球も見ていましたが、「サッカー中継」も見ていたのです。

サッカー中継と言いましても 私が子供の頃はまだ「Jリーグ」もありませんでしたが、私がよく見ていたのは年末年始の「高校サッカー」です。

最初は何気なく見ていたのですが、絶妙なスルーパスや鮮やかなパスの連続、キーパーの俊敏な動き、そして 私がサッカーの特徴だと思っています「攻守の切り替わりの早さ」に すぐさま魅了されました。

Jリーグができてからは 一層レベルの高い試合を見る事ができ、「90分間 かたときも目が離せないスポーツ」として どんどん好きになりました。

サッカーよりも野球の方が好きです
私は子供の頃からテレビで野球を見るのが好きで、これまで何度も野球に因ってスカッとしたり感動させてもらっています。
最近はサッカーも見るようになりましたが、私が好きなのは今でも野球で変わりありません。
野球の何が好きなのかと言えば、それはスカッとできるからです。
エースピッチャーが強打者から三振を取ったり、逆に強打者がエースピッチャーからホームランを打ったりすると、まるで自分が三振を取ったりホームランを打ったかのような、そう快感を味わう事が出来るのです。
サッカーはゴールの瞬間しかスカッとするところがなく、今一つ楽しむ事が出来ません。
野球観戦はいろいろ楽しい!
自分でプレイするのは無理なのですが、観戦はやはり野球が楽しい!
プレイ時間が長いので、のんびり飲みながら応援できるところはレジャーに近い。
声を出して周りの知らない人とも一緒に盛り上がることができる。(これはサッカーも同じですが)
選手寿命が比較的長いので、年齢を重ねたキャリアや味、苦労も感じることができて人間的な感動も味わうことができる。
更に、球場での観戦チケット代もそれほど高額ではないところも魅力。
野球に詳しくなくても老若男女が楽しめる、観戦するには最も日本人に合うスポーツだと思います。
野球
野球もサッカーも人気スポーツですが、私が生まれ育ったのが兵庫県ということでどちらかといえば野球のほうが盛んな地域だったので野球のほうが親しみがあります。阪神タイガースや甲子園、オリックスなどがあって、競技者人口も野球のほうが多い地域だから野球という感じです。そういう環境だったので子供のときは野球は真剣なスポーツで、サッカーは休み時間にする遊びのスポーツというイメージがあります。子供の頃はJリーグがなかったというのも野球のほうがメジャーなスポーツという印象もあります。
ビールを飲みながら楽しめる野球が好きです
父親がプロ野球を見ていたので、子供の頃から野球が大好きです。純粋な気持ちで頂点を目指す高校野球に涙したり、プロ野球や大リーグの素晴らしいプレーに拍手を送ったり楽しんでいます。サッカーも代表の試合は見るのですが、
見ていると緊張します。その点、野球って家でゴロゴロしながらビール片手に観戦出来るので、私の性格に合っているようです。そして私の地元には日ハムがあるので、知らず知らずに応援に熱が入ってきます。札幌ドームに試合を見に行ったりも出来るし、選手達の情報もテレビから常に入ってくるので好きにならずにはいられない感じです。
野球とサッカー、どっちが好き?
野球とサッカーどっちが好きかと聞かれる難しい問題です。私は女性ですが、ソフトボール経験者なので、野球はルールも分かりますし、ポジションによってどのような心理いるのかも多少りかすることができますので、観戦していて面白さが分かります。サッカーも住んでいた地域がサッカー王国と呼ばれていたので、女子のサッカーの授業もありましたので、サッカーも分かります。自分がプレーするなら野球を選びますが、観戦するならサッカーです。なぜならオフェンス、ディフェンスが瞬時に入れ替わり、興奮が一気に盛り上がるところが好きですし、サッカーの方がワールドに活躍しているからです。
野球が分かりやすいです
私はスポーツのルールはあまり詳しくありませんが、サッカーよりも野球のルールの方が分かるので、野球が好きです。ルールが分からないと、見ていて楽しくありませんから。
また、野球は進行が比較的ゆっくりなので、家事をしながらでも見やすい点も良いです。
好きな選手がいる方…
どちらも観るのは大好きだけど、自分ではやらないスポーツですね。
サッカーも野球も、どちらも、直接スタジアムに行区ほど観戦するのは好きです。
どちらか一つ…と言われると、うーん悩むなぁ。
ただ、その時に好きな選手がいる方に一票ですかね。
ちなみに今は、野球ですね。
あの暑い中での、夏の高校野球が楽しかったし感動したしね。
甲子園での戦いは、青春そのものですよね。
一生懸命な姿を見ていると、私も頑張らないとな…と力を貰えます。
ファインプレーに熱くなる野球が好き
スポーツの中で最も好きなのが野球なのですが、他のスポーツに
比べても守備と攻撃のスタイルが確立されているので、選手の
様々なプレーが見られる点が特に好きです。

野球はまさに9回裏ツーアウトからと言われる様に、最後まで
結果が分からなかったり、サヨナラのチャンスもあるので見て
いても飽きる事はありません。

さらに守備ではファインプレーも見る事が出来るのですが、
白球に必死で食らえつく姿は感動ものです。

それぞれのポジションでの役割もはっきりしているので、
あまり細かいルールが分からなくても楽しんで見れる所も大好き
です。

広がりのあるサッカー
サッカーよりも野球を見ていた期間の方が長いような気もするのですが、現時点の好みで言えば、野球よりもサッカーと言えるでしょう。
と言いましても、サッカーの日本代表への興味は徐々に薄れているのですが、サッカーのいいところは、世界中で普及しているスポーツだということです。
私はやる方ではなく見る方なのですが、たとえば代表チームへの興味が薄れたとしても、海外のクラブチームなどに、別の魅力を見出すことができます。
そういった、広がりゆえの選択肢の豊富さは魅力ですね。
サッカーの方が好きです。
野球とサッカーではサッカーの方が好きです。
野球はホームランが出たりすると盛り上がって良いのですが、基本的に動いているのが投手とバッターだけなので、スポーツの割に動きが乏しく、退屈だなと感じてしまいます。
その点、サッカーは常にボールが動いており、そのボールに伴い味方と対戦相手のフォーメーションが変化するため、見ていて飽きることが無く、楽しめると感じています。また、サッカーはボールがゴールに近づいた時の、ダイナミックな展開を見ていると自ずと興奮できるため、サッカーの方が楽しめると思います。
ゴールシーンはたまらない
すべてのスポーツの中でサッカーが一番好きです。学生時代を含めサッカーを本格的にやった経験はありませんが、日本開催のワールドカップがきっかけで、サッカーにのめりこむようになりました。あくまでも観戦ではありますが、今一番の趣味となっており、日本代表の試合が行われる日にはワクワクドキドキが止まりません。まだまだ世界と戦うには力が足りないようですが、ここ10年でかなりの成長を遂げた日本サッカー界。ロシアワールドカップではベスト8にはいくと思っています。サッカーの魅力は何といってもスピーディな試合展開です。野球は表裏というシステムによって、なんともリズムがないように感じます。また点がなかなか入らないのでゴールシーンは心の底から興奮します。
もちろんサッカー!
もちろんサッカーです!
野球と比べて躍動感がありますし、若々しいです。
野球は、どうもおじさん臭いイメージがあります。ユニフォームも、お尻が大きく見えて、ダサい気がしてしまいます。
ゲームとしても、サッカーの方が惹き込まれます。ラフプレーやチームプレー、個人技など、目が離せない感じです。
ヨーロッパに住んでいたこともあり、サッカーが身近でした。野球は、ヨーロッパではほとんど知られていないマイナースポーツでした。
野球よりサッカーの方が好きな理由はいくつかあります
昔から野球自体にそれほど興味がわかなかったのは間違いありません。
なにが敬遠する理由かというと、間延びというか、試合時間の長さでしょうか。
サッカーも小さい頃は敬遠していたんですが、日本代表がワールドカップに初めて出場した時の感動を味わってからは段々サッカーに傾倒していき、世界のサッカーを見る機会が増えたことで超絶な技術やプレーを魅せてくれる選手に出会えたことで、サッカーがどんどん好きになっていきました。
さらに野球と違い制限時間があり、延長戦などはあるものの時間通りに終わるところは好きですし、常に選手たちが全力を出し続け、休むことなく攻守が入り乱れて目を話せない展開であること、90分走り切る選手たちを見て尊敬できること、凄いと思うことなどが野球より好きな理由でしょうか。
サッカーです!
野球もサッカーもどちらも観るだけ、そしてどちらも観ていて面白いのですが、あえていうならサッカーに軍配をあげます。というのは私はとある欧州の国家代表チームをひいきにしており、ワールドカップでも練習を観に行ったり、スタジアムまで足を運んで観戦した経験があるからです。いわゆるサポーターで、自分と同じ年代の各選手たちには大きな愛着も感じます。ここまで熱意を持ってスポーツ観戦をしたことは他になく、素晴らしい青春の思い出と言えるでしょう。
小さいころからサッカーが大好きです
私はサッカーのほうが好きです。限られた直線上を走るより、自由にフィールド上を駆け抜けられるサッカーのほうが自分は好みです。どちらのスポーツも体全体を使うスポーツですが、ボールを扱うのが手か足かに違いがあります。動体視力があまり良くない私は完全にサッカー向きでした。空から落ちてくるボールを取るのが苦手で、飛んできたボールを打つことも得意ではありません。なので、得意なほうであるサッカーが大好きです。今でもサッカーの練習に毎日励んでいます。
絶対に野球です
比較にならないほど野球を愛しています。サッカーは盛り上がるとは思いますが、野球の面白さや駆け引き、戦術の深さはもの凄いものがあり、派手さはないものの野球は落ち着いて考えながら自分が監督にもなったつもりで観戦することができるので好きです。長いシーズンで結果を残す選手とそうではない人、いろいろなドラマがあるのが野球であり、試合の見所やポイントなどを考えながら、そして次の日のゲームのことを想像したりできる野球は最高です。
観戦するのはサッカーが好き
最近は、子供達には野球よりサッカーに人気があるようですが、私の世代はサッカー人気などとは無縁で野球に皆が夢中になった世代です。
実際に自分がスポーツとしてやるのは、野球の方が好きですが、テレビ観戦をする場合は、最近は野球よりサッカーが好きになって来ました。
野球もホームランなどで、展開が急に変わる事もありますが、サッカーはそれ以上に試合の流れが急に変わる事があり、そのスピーディーな展開が野球以上にエキサイティングだからです。
日本代表と外国代表が戦う国際マッチでは、観戦していてもサッカーの方が断然盛り上がります。野球はピッチャーが試合の勝敗を決めるウエートが大き過ぎるのも盛り上がらない理由なのかも知れないと思っています。
野球とサッカーどっちが好きか?
スポーツ観戦は大好きなので、どちらも好きですが、あえて選ぶとすればサッカーです。
サッカーは、野球に比べてスピード感があり、ルールも野球よりはわかりやすく、見ていて飽きないのではないかと思います。また、野球は日本やアメリカなど、いくつかの国では国民的なスポーツといった認識がありますが、サッカーほどの世界的人気ではないような気がします。世界の多くの人が知っていると言えるようなスター選手も、サッカーのほうが多いのではないかと思います。サッカーは、どこの国に行っても、みんなで話題にできるスポーツではないでしょうか。これらの理由から、サッカーのほうがより好きです。
あだち充さんと初恋の効果で野球派に
漫画「タッチ」で育った私は完全に野球派です。
しかも初恋相手だった中学の先輩は野球部で、私はチアガールとして応援に行く度に野球自体の面白さにものめり込んでいきました。
その先輩が高校では甲子園にまで行き、以来高校野球のファンでもあります。
それにひきかえサッカーとは親しむチャンスがなかったし、テレビで観戦していると退屈してしまいます。
野球は回ごとにメリハリがあるけれど、サッカーは45分見続けていないと展開が分からなくなるのが原因だと思います。
野球が好き
野球が好きです。
観戦するだけなら、サッカーも面白いのですが、
のんびり観るなら、野球に限ります。
攻守交替の間のインターバルがあるので、テレビ観戦の際に、トイレ休憩を入れ易いですし。夏と言えばやはり野球にビールの組み合わせが最高です。視聴率低下を理由に、ゴールデンタイムのナイター中継が、殆ど無くなってしまい残念です。子供の頃の遊びと言えば、広場での草野球と決まっていたのですが、最近ではそんな姿を見る機会も無くなって
しまいましたが。
アクティブさと華麗さでサッカー
サッカーのほうが好きです。常に動きがあって、一瞬たりとも目が離せない、そんな動きの中でも波があり、抑揚があるけれど全体が途切れずにつながっている。試合を見ていて退屈しないのがサッカーの面白さです。
野球のほうは一回一回区切りがあり、一球ごとにも区切りがある、それがファンにとっては面白いのかもしれませんが、せっかちな自分にとっては何だかもどかしくて、通して試合を見ることができません。
あと、サッカーは技術のある人、そうでない人の違いが分かりやすいです。スーパースターの華麗なテクニックは素人が見ていても美しいです。野球の場合は、玄人が見ればわかるのでしょうけど、その点では地味というか分かりにくいような気がします。

まとめ

野球とサッカーどちらが好きですか?の結果「野球好き」の方が多かったです。
野球好きの中にはアニメ漫画「タッチ」の影響も大きいようです。

野球だけでなくやはりどの世代でも漫画の影響は大きいなと感じました。父親が野球ファンだから自分も好きになっていったといった意見が多かったです。

サッカー好きの人は世代が若い方に多くみられました。やはり、ワールドカップの影響が大きいようです。

中には観戦するのと、実際に自分がするスポーツでは好きなほうが違っている方もみえました。それぞれ熱狂的ファンの方が多いので圧倒されますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。