資生堂プリオールカラーコンディショナーとスカルプDボーテヘアカラートリートメントの比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪染めヘアートリートメント

毎回美容院へ行ってののカラーリングは費用がかかりますよね。コスパを考えると自宅での白髪染めのほうが良いけど、染まり具合や使い心地が気になります。使用されている成分によっては指どおりが悪いこともあるようです。

この記事では資生堂プリオールカラーコンディショナーとスカルプDボーテヘアカラートリートメントのメリット・デメリットを探ってみました。どちらがより白髪染めとしておすすめなのか要チェックです。

資生堂プリオールとスカルプDボーテの比較表

商品名 資生堂プリオール カラーコンディショナー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント
本体価格 1,382円/1本 2,800円/1本
支払い方法 ・クレジットカード
・楽天ID決済
・インターネットバンキング
・コンビニ支払い
・銀行振込
・代金引換
・クレジットカード
・代金引換
・後払い(コンビニ・銀行・郵便局)
送料 ただいま、送料無料キャンペーン中につき、1品からでも送料無料
【通常】
・5,400円(税込)以上で送料無料
・全国一律 432円(税込)
・3,000円以上で送料無料
・3,000円未満は540円
・定期購入は送料無料
無添加
主成分 タール系色素 天然由来色素
(アカミノキ木エキス、グアイアズレンスルホン酸NA、カンゾウ根エキス)
効果 徐々に白髪を目立たなくする ゆっくりと綺麗に染まる
痛み
部位 全体に使用 全体に使用
カラー ・ブラック
・ダークブラウン
・ブラウン
・ナチュラルブラック
・ダークブラウン
・マロンブラウン
・ローズブラウン
無料プレゼント なし なし
お得キャンペーン 送料無料 定期購入で15%OFF
定期購入は送料無料
染髪まで 1週間 3回
ニオイ フローラルグリーン リラックスローズの香り
種類 ヘアカラートリートメント ヘアカラートリートメント
その他有効成分 ・保湿成分
・補修成分
・ハリ・コシUP成分
・深染め、色持ち成分
・ツヤ髪成分
・頭皮ケア成分
返品 商品到着後、30日以内は返品・交換可能 未使用・未開封のものに限り、到着日より8日以内は受付可能
返金
容器タイプ チューブ チューブ
口コミ評価の多さ 多い 多い
配達完了まで 1~11日 当日~2日
ph量 非公開 ph8
染色時間 5分 5分~10分
知名度 中くらい 高い
公式サイト 資生堂プリオール カラーコンディショナーの公式サイトはこちら スカルプDボーテ ヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら

値段はいくら?内容量は? 気になるお得感対決

○WIN : 資生堂プリオール カラーコンディショナー
資生堂プリオール カラーコンディショナーの内容量はたっぷり230グラムで、価格は1,328円(税込)です。毎日のシャンプーの後に髪に使用する白髪ケア商品なので、通常のコンディショナーを使用するのと同じ感覚で使う事が出来ます。毎日使うものなので安価なのは嬉しいですね。

×LOSE : スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント
スカルプDボーテ ヘアカラートリートメントの内容量は200グラムで、価格は2,800円(税込)で手袋2枚が付属します。髪の長さによりどれくらい持つかは様々ですが、これ1本でショートヘアなら7~13回、セミロングヘアーなら4~7回、ロングヘアーなら3~4回使用できます。

1回でしっかり染まるの?染毛力対決

○WIN : スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント
スカルプDボーテ ヘアカラートリートメントは毎日でも使用できますが、1度の使用でしっかりと白髪が染まるので基本的には1週間~10日間に1度の使用をオススメしている商品です。色素を髪にしっかりと引き込む浸透型のコラーゲンと色持ちを助ける天然のコラーゲン成分ゼインを処方したため、染毛力と持続力が高いです。

×LOSE : 資生堂プリオール カラーコンディショナー
資生堂プリオール カラーコンディショナーは、毎日通常のコンディショナーと同じように使用する商品で、1回の使用では白髪ははっきりとは染まらず、なんとなくぼやっとする程度です。個人差はありますが、毎日少しづつ染まっていき大体1週間ほどで白髪が目立たなくなるようです。

簡単に使える?手や体が汚れたりしない?手軽さ対決

○WIN : 資生堂プリオール カラーコンディショナー
使い方は非常に簡単です。シャンプーのあと髪の水気を切り、地肌にすりこまないように白髪の部分を中心として髪の全体に馴染ませます。

5分程そのままで放置したあと、しっかりすすぎドライヤーで乾かすだけです。コンディショナーを髪に馴染ませるときに素手で触っても大丈夫です。一時的に手に色が残ることもあるようですが、石鹸で洗うだけで綺麗になります。他に用意する道具等もありませんので毎日気軽に使うことが出来ます。

×LOSE : スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント
使い方は3ステップです。シャンプー後にタオルで髪の水気をしっかりと切り、付属の手袋を着用したあと、コームにトリートメントを出して白髪が目立つ部分を中心に置くように伸ばします。

5~10分程そのまま置き、よく洗い流して乾かすだけです。1回でしっかりと白髪が染まる分、爪や手やお風呂の浴槽などに色うつりすることがあります。

そのため、使用時は付属の手袋を使用すること・浴槽などに色がうつったまま放置すると取れなくなるため注意し、色移りした場合に色が落としやすいようにお風呂や浴槽をあらかじめ濡らしておくこと・髪が濡れた状態だと枕等の寝具に色移りしやすいのでドライヤーでしっかりと乾かすことなどに留意しなければいけません。

成分は?髪に良い?ダメージはある?髪への影響対決編

△DRAW : 資生堂プリオール カラーコンディショナー
資生堂プリオール カラーコンディショナーは毎日使うことを前提としたコンディショナーなので白髪の染毛をしながら髪のケアすることが出来ます。

髪の潤いをまもる天然海草エキス、髪のダメージを補修するミネラルとコラーゲンを含んだ成分が配合されています。また、他の白髪ケア商品にはだいたい使用される合成染料「塩基性染料」が入っていないため髪に優しく毎日使えます。

△DRAW: スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント
スカルプDボーテ ヘアカラートリートメントは、一般的なアルカリ性の永久染毛剤と違って、髪のキューティクルを開かず、キューティクルの上から色素をコーティングするため髪へのダメージはほぼ心配ありません。

安心の天然由来色素であるアカミノキ・グアイアズレン・天草を使用し、またアルガン・ツバキ・ホホバの3種類のオーガニックオイルを配合したことで、しっかり染まるのに髪には優しく、つやのある髪を手に入れることが出来ます。

結局どっちがいいのか?

対決項目 資生堂プリオール カラーコンディショナー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント
値段 ×
染毛力 ×
手軽さ ×
髪への影響
合計ポイント WIN:2
LOSE:1
DRAW:1
WIN:1
LOSE:2
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

以上、あらゆる面から2商品の白髪ケアトリートメントについて比較対決してみました。資生堂プリオール カラーコンディショナーは、毎日使うものなので安価で内容量がたっぷり入っているのは非常に評価できる点ですね。使い方も非常に簡単で、手や浴槽を汚す心配もなく通常のコンディショナーと同じように使えます。

ネックなのは、染毛力が強くないことで1回の使用では白髪が染まらないため、継続的に使用しなければいけないのですが、コンディショナーとして毎日使用する事、髪へのダメージがないことを考えるとしょうがないですよね。

一方、スカルプDボーテ ヘアカラートリートメントは、内容量はそれなりに多いのですが、価格が少し高価な事が気になります。ただ、染毛力が強く1回の使用でしっかりと染まること、1週間~10日に一度使用すればいいことを考えると価格は妥当かなと思いました。

ただ気になるのは、放置時間があるのに使用時に手や爪を汚してしまう恐れがあり手袋を使用しなければいけないこと、お風呂への色移りを注意しなければいけないことです。天然素材の布製品は特に色が入りやすく、落ちにくいので染毛後に髪を拭くタオルなどにも気を付ける必要があるでしょう。

どちらにもメリット・デメリットがあり決めかねますが、総合的に判断すると毎日手軽&安価に、髪へのダメージを心配せずに使用できる資生堂プリオール カラーコンディショナーの方が良いと個人的に思いました。

会社概要

商品名 資生堂プリオールカラーコンディショナー スカルプDボーテヘアカラートリートメント
販売事業者名 資生堂ジャパン株式会社 アンファー株式会社
所在地 東京都中央区銀座7丁目5番5号 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー26F
ホームページ http://www.shiseido.co.jp/ http://www.angfa-store.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。