脱毛エステサロンと家庭用脱毛器のどっちがいいか比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ムダ毛を脱毛した女性

エステに行ってプロに施術してもらった方がいいのか?それとも家庭用脱毛器を購入するのか?どちらにしようかムダ毛を脱毛するとき考えますよね。

それぞれどっちがいい方法なのかを比較してみました。

家庭用脱毛器といっても、結構な値段がします。そのかわり自宅へ居る時に空いている時間に脱毛することができるし、脱毛効果も高い商品が販売されているので購入しても損はない気もします。

エステの方は、キャンペーン価格になると数百円でムダ毛処理をする事ができます。しかし、予約から始めると施術までの日にちがかなりかかるのと施術時間をとる必要があります。

自宅とエステ通いには、それぞれメリットデメリットがありますので参考になると思います。

どっちがお得なの?お値段対決

◯WIN 家庭用脱毛器
家庭用の光脱毛器の値段は、約30,000円から70,000円程になります。
高くても10万円以内に収まり、最近では、さらに低価格となる20,000円代の光脱毛器もでてきました。
家庭用脱毛器なら、脱毛エステサロンよりも、安いお値段で脱毛できます。

×LOSE 脱毛エステサロン
脱毛するサロンによって違いますが、月に支払う料金は、1万円程になります。
脱毛エステサロン全身脱毛するためには、少なくても6回、1年以上通わなくてはなりません。トータルの料金となると、およそ15万となりますので、家庭用脱毛器よりも割高になります。

ただし、ワキだけなど部分だけの脱毛ならエステサロンの方がお得です。

脱毛効果対決

◯WIN 脱毛エステサロン
脱毛サロンで使用する業務用脱毛機器は、家庭用の物と比べてお値段も高く、出力の高い機器を使っています。照射間隔が短いものや、うぶ毛にも対応できる機器もあり、照射面積も広く短時間で広い範囲の脱毛が可能となっています。
ただし、脱毛エステサロンは、医療が行うレーザー脱毛と違い、使用する出力は医師免許がなくても、使用できる程度に抑えられています。

×LOSE 家庭用脱毛器
脱毛エステサロンよりも、家庭用脱毛器脱毛の出力は小さいので、効果は脱毛エステサロンよりも、やや小さくなります。
家庭用脱毛器ならば、ご自分にあった出力を探すのは難しいですが、自分自身で探す事ができれば、効果も大きくなります。

肌のトラブル対決

◯WIN 脱毛エステサロン
何人もの人達を手掛けてきた脱毛エステサロンやエステシャンならば、肌のトラブルは最小限に抑えられます。
肌の状態をチェックしながら、自分自身でも気がつかない所まで、見てもらえます。
傷が付いていたらその部分を避けてくれますし、バンドエイドなどで保護してもらえます。

×LOSE 家庭用脱毛器
家庭用脱毛器は、説明書に従って使いますので、見落とすという場合も考えられます。
肌トラブルで一番多いのが火傷、その次が乾燥です。
日焼けした肌に照射して脱毛後肌の保湿が不十分だと、肌のトラブルにつながっていきます。脱毛エステサロンでは、肌の保湿までがコースに入っていますので、その心配はありません。

どんな部分でも脱毛できる?脱毛部分対決

◯WIN 脱毛エステサロン
サロンでは、全身脱毛はもちろんできますが、お好みによっていろいろな部分の脱毛が可能となっています。
両ワキや腕や脚、ビキニラインや、お腹回り、ヒップ回り、背中など、どんな部分の脱毛でも可能です。またフェイスラインや、えりあし、額や頬、鼻下、アゴ、額などの顔のムダ毛も処理する事ができます。

×LOSE 家庭用脱毛器
ご自分で脱毛器を使ってムダ毛を処理する場合には、手の届く範囲しか脱毛できません。背中や、モモの裏、ビキニラインもご自分の処理では難しいといえるでしょう。

お肌に優しいのはどっち?

◯WIN 脱毛エステサロン
脱毛する前と、後にジェルを塗って保護してくれます。エステサロン独自のオリジナルのジェルが多く、お肌に優しいです。
脱毛前には、冷却ジェルを塗って痛さを軽減してくれますし、脱毛後には保湿ジェルで乾燥したお肌を潤してくれます。

×LOSE 家庭用脱毛器
肌を優しくいたわるのには、自分で気を付けなければいけません。脱毛エステサロンで使う冷却ジェルは使う事ができませんので、保冷材での冷却となります。

お手軽さ対決

◯WIN 家庭用脱毛器
自宅で好きな時に、好きなだけ利用できるのが家庭用脱毛器の利点です。
予約する必要もなく、通う時間も短縮できるので、家庭用脱毛器は、とてもお手軽に利用できます。また、勧誘を受ける事もないので安心です。

×LOSE 脱毛エステサロン
まず予約をしなければならないので、したい時に処理する事ができません。予約状況では混み合っている場合もあります。また、サロンまで通う時間もかかり、周辺に脱毛エステサロンがない時には、不便となり、気軽に通う事が難しくなります。
サロンによっては、強く勧誘される所もあるようです。

ツルツルなお肌になるのはどっち?美顔効果対決

◯WIN 脱毛エステサロン
光脱毛は、肌の新陳代謝を活性化させるので、美肌やアンチエイジングの効果があるとされています。脱毛エステサロンでは、脱毛と同時に、美白効果やハリとツヤ、リフトアップの効果もあります。
敏感肌やニキビ肌、アトピーの方、お子様にも対応している脱毛エステサロンで、脱毛すれば安心して、美肌が得られます。

×LOSE 家庭用脱毛器
家庭用脱毛器の種類によっては、美顔機能のあるものも多く販売されるようになりました。カートリッジを美顔用に取り換えて使用します。
美顔の効果は、化粧のノリはよくなりますが、脱毛エステサロンと比べると低いです。

痛み対決

◯WIN 家庭用脱毛器
出力が弱めに抑えられ、調整が可能となっているので、痛さを抑えたければ調整する事で痛さが抑えられます。
脱毛エステサロンよりも、痛みは少なく感じる方がほとんどで、人によって違いがありますが、少し熱いと感じる程度です。

×LOSE 脱毛エステサロン
我慢できないほどの痛みではありませんが、光脱毛を行う場合の痛さは、ゴムではじかれたような痛みがあり、部分によっても痛さの度合いが増します。しかし、慣れてくると施術中に寝てしまう人もいるようです。

脱毛回数対決

◯WIN 脱毛エステサロン
脱毛する回数は、ムダ毛の毛周期に合わせていますので、1ヶ月~3ヶ月に一回ペースです。頻繁に通う必要はありません。その後、6回以上、多くても18回ぐらいで終了となるところがほとんどです。
回数にしてみると、12回が平均した回数といえますので、家庭用脱毛器と比べると回数は少なくてすみます。

×LOSE 家庭用脱毛器
自宅で気軽に使える家庭用脱毛器ですが、脱毛する間隔は、2週間に1回程度。ムダ毛が気になりだしたら、施術するという事になりますので、回数は決まっていません。
脱毛エステサロンと比べると、永久脱毛の効果が薄いので、回数はかなり多くなります。

脱毛エステサロンと家庭用脱毛器を比較対決したみんなの口コミ

永続的な効果が得られる
脱毛エステサロンと家庭用脱毛器のどちらがオススメかというと、脱毛エステサロンです。
家庭用脱毛器は自宅で時間が空いたときにできる手軽さが魅力ですが、エステサロンのような高い効果は得られません。
エステサロンは料金や通う手間などはありますが、自己処理では決して得られない永続的な効果が期待できるため、オススメです。
ワキ脱毛だけだったらエステがいいです
家庭用脱毛器はいろいろありますが、1万円程度から数十万円の物もあるようです。ワキ脱毛だけだったら、エステ脱毛の体験コースやお試しキャンペーンを利用するのが賢い方法だと思います。回数限定や、期間限定など条件がある場合がほとんどですが、面倒でなければ、いくつかのサロンのキャンペーンをハシゴすることで5,000円以下でもワキ脱毛は完了するはずです。
自宅用脱毛機器が今ではおすすめです
脱毛エステサロンで脱毛を経験し、その後家庭用脱毛機器を購入して使っています。
今の家庭用脱毛機器は、エステサロンと同様の効果を十分に発揮してくれていると思います。
それも、お手頃な価格で手に入るものなので、かなりコストのことも考えるとお得感があると思います。
自分の空いている時間に、やりたい部位を好きなだけ脱毛処理できるところが、大きなメリットであり、コストもあまりかからないところが本当に気持ちの上でも楽だと思います。
美肌を手に入れたいですか?
美肌を手に入れたいと考えているのであれば、脱毛エステサロンのほうがオススメです。
家庭用脱毛器を使った処理の場合には、アフターケアもしっかり行うことが出来ません。
脱毛エステサロンであればアフターケアも十分に行ってくれるので、ムダ毛がなくなるということだけではなく、キレイなお肌を手に入れることが可能となります。
エステの方が確実で安心
何といっても安全だという点が、エステサロンの強みだと思います。
サロンの質にもよりますが、脱毛の知識や技術を身に着けたスタッフの方に施術してもらう方が、
健康面からも安心ですし、脱毛した肌もきれいに仕上がると思います。
最近は手軽に自宅でできる脱毛機器も売られていますが、使用した周りの人からは、火傷した、あまり効果が得られなかったなどの声も聞きます。
脱毛エステサロンの方が肌へのリスクが少ない
脱毛エステサロンはプロのスタッフの方による光脱毛での施術なので肌へのリスクは少ないです。しかし家庭用脱毛器は自分でやるので見えにくかったり手が届かなかったりして無理やりやってしまう事もあります。そのため肌を傷つけてしまう回数もおおくなってしまい肌へのリスクが高くなってしまいます。肌の事を考えるならリスクの少ない脱毛エステサロンで施術を受ける方がおすすめです。
むらなく完璧に脱毛できる
脱毛サロンに任せることでむらなく脱毛ができて肌が綺麗になると思います。自分でするとむらができてしまうと思うし、時間もかかってしまうと思います。脱毛サロンは家庭用脱毛器を買うよりも高くなってしまうとは思いますが、無駄な時間は一切ないのでほんの数分で施術が終了します。私も脱毛サロンで脱毛を体験しましたが、肌が綺麗になって満足しています。
家庭用脱毛器の方がお得です
家庭用脱毛器は様々な価格のものが売られていますが、一万円から七万円ぐらいが相場のようです。七万円もするものを購入するのはためらわれるかもしれませんが、エステサロンで脱毛する場合、何度も通い腕や脚など複数箇所脱毛すると、もっと多額になります。ちょっと高いなと思っても、家庭用脱毛器を使用する方が安上がりになると思うので、おすすめです。
自己処理をほとんどしなくてよくなること
家庭用脱毛器は、根気強く続けていけば次第に毛が薄くなったり生えてこなくなったりすることに繋がっていきますが、たいていの人が面倒臭さや付属品にかかるお金などによって途中で挫折してしまいます。それに比べて脱毛エステサロンであれば、決められた金額で決められた回数脱毛に通うだけでほとんど自己処理をしなくていい程にまで毛が生えてこなくなるので、どう考えても脱毛エステサロンの方がおすすめだと言えます。
コストを抑える事ができる点
ムダ毛の脱毛をする際に私がいおすすめするのは家庭用脱毛器を使った脱毛です。その最大の理由は脱毛サロンでムダ毛の脱毛をしても
高額な費用が掛かりますが、家庭用脱毛器を使ってムダ毛の脱毛をすれば少なくともかなり費用を抑える事が可能になります。

ですから、これからムダ毛の脱毛をやるなら多少面倒でも家庭用レーザー脱毛器を使うのが良いです。

脱毛サロンはアフターケアもしっかりある!
家庭用の脱毛器も確かに高性能になってはいますが、脱毛後の肌のケアまでは面倒を見てはくれません。ですが、脱毛エステサロンであれば脱毛後の肌がどうなっているかなどのアフターケアまでしっかりと行ってくれるのが魅力だと思っています。脱毛の場合、どうしても肌に負担を与えてしまうので乾燥し傷がついてしまいがちです。ですが、脱毛サロンであれば個人別にそこまで考慮して施術を行ってくれるのです。
時間を気にせず処理できる家庭用脱毛器がおすすめ
エステで優雅にムダ毛を処理してもらいたいのはやまやまですが実際は家事に仕事に大変で寝る時間を削って頑張る自分としては時間をかけエステに通うの難しいのが現状です。
なので時間を気にせず処理できる家庭用脱毛器がおススメです、手の空いた時間に家庭でお手軽に処理できる事は購入を考える際の大きなポイントですね。忙しい主婦には大きな味方です。
効果を実感できるところ
家庭用脱毛器は、サングラスをかけていても肌に当てる光が目に入りそうで嫌でしたし、そもそも、脱毛周期をきちんと守れまいことが多かったので、効果を実感しにくいように思いました。それに比べて、効果を実感するという点では、脱毛エステサロンは予約をきっちりとって施術を受けるので、回数を重ねるごとに、少しずつではありますが、毛の減少を実感することができたので、おすすめします。
サロンに行くだけで手間なく効果あり
脱毛エステサロンで脱毛をすれば、サロンへ行くだけで、効果を出すことができます。なんと言っても、横になっていればいいのです。背中など手の届かいない部分も、毛を剃るところからお手伝いしてもらえます。脱毛処理には、最後に冷却が必要ですが、冷却は準備や手間もかかるし、家庭で行うには意外と面倒なことだと思います。そいて、脱毛を行う回数や施術の時間も少なくて効果が出せます。最近はサロンの料金が下がっているので、手間なく行える脱毛エステサロンの方がおすすめだと思います。
知識が広がる為、脱毛エステサロンがオススメ
脱毛エステサロンをオススメします。単純に脱毛するという意味では、コスト的な意味や、恥ずかしい思いをしなくてすむという観点から家庭用脱毛器も良いのですが、脱毛エステサロンに行く事で、その道のプロに会う事ができます。
それにより、会話をする事で脱毛に関する専門知識を身につける事ができるだけでなく、他の方との比較なども聞く事ができます。
自分の知識量を広げる事ができるので、脱毛エステサロンをオススメします。
自己処理が難しいパーツも綺麗にしてもらえる
自分ではしにくい体のパーツって結構あると思うので、断然脱毛エステサロンの利用をおススメしたいです。
自分の目につくから自己処理するというのは、自己満足以外の何物でもないと思うんです。
やっぱり自分では見えないけど他人の目に入りやすい場所を綺麗にしておくことがエチケットとしてのムダ毛処理だと思うので、パーツを選ばずきちんと綺麗に脱毛してくれる脱毛サロンを推したいです。
後の見た目に差があります
断然脱毛エステサロンです。コストは高くつきますが、自分で処理すると、後から黒ずみが出たりトリハダみたいなボコボコが残ったりします。見た目を気にして脱毛してるはずが、他の気になるものができてしまったら、意味がありません。料金は高くても仕上がりを考えたら脱毛エステサロンで処理した方が間違いありません。
自分の好きな時間に自由に出来る
忙しいとせっかく予約しても行けなくなってしまうので自宅で使える脱毛器を購入しました。
最初は上手く使いこなせず苦戦しましたが慣れてくるとそんなに困る事はありません。
むしろ数ヶ月に一回しか予約が取れなかったのに対し自宅用脱毛器だと10日に一度は出来るのでサロンにかようよりも早い段階で脱毛の効果「感じられると思います。
肌がきれいになる
脱毛をするなら脱毛サロンに行くことをお勧めします。自己処理をしていると毛が濃くなりやる回数も増え、肌荒れもしやすくなるという悪循環ですが、脱毛サロンなら徐々に毛が薄くなり、生えてくるスピードも遅くなります。そのため、自己処理の回数も減り肌荒れの心配がなくなりサロンに行く度に肌がきれいになります。
脱毛エステサロンのすべておまかせしてしまえる楽さ
やはり、寝転んでいる間に脱毛が済んでしまう、というのはとても楽ちんです。
お任せする部位の中には、簡単に自己処理できる部分もあるのは確かです。
ですが、身体の裏側、特に背中は、どんなに身体が柔らかい人でも、自己処理ではなかなか難しいように感じます。
自分でどれほど頑張って処理しても、ムラがあったりしては、結果的に処理していないのと同じだと思います。
しかも、案外とよく見られる場所ですし、見られる部分は見えている他人に処理してもらうのが一番きれいに仕上がるのではないかと思います。
どうせ処理するなら楽にきれいになりたいですしね。
全身のムダ毛がなくなります。
脱毛エステサロンに通う前は、自分でカミソリを使うことでムダ毛を剃ったり、毛抜きで抜いたりしていました。しかし、カミソリも毛抜きも自分の手の届く範囲しか処理できませんでした。VIOも自分の目で確認することが難しく鏡を使って、無理な体勢をしながら処理していました。脱毛エステサロンに通いだしてから、今まで処理することができなかった背中やうなじが綺麗になりました。
家庭用脱毛器は毛穴の色素沈着が残ることも・・・脱毛エステサロンがおすすめ!
家庭用脱毛器は肌や毛穴に負担がかかることが多く、場合によっては毛穴のあとが茶色く残ってしまうことがあります。また家庭での脱毛は、脱毛前後の肌ケアが不十分になりやすく、肌トラブルが起こる原因となります。脱毛エステサロンでは肌や毛穴にできるだけ負担をかけないよう開発された機器をしようしているため、家庭用機器よりも優れています。脱毛するならエステサロンがおすすめです。
自分の都合のいいペースで無理なく出来る!
家庭用脱毛器の方を断然お勧めします。エステサロンだとどうしても予約が取りづらかったり、エステに合わせて自分の予定が入れづらかったりします。
家庭用脱毛器は出力こそエステには叶いませんが、無理なく自分の都合で脱毛のペースを調整できるのが一番いいです。
気分的にとても楽なので、面倒にならず少しずつ進められますよ!
家庭用脱毛器でいつでも出来る
サロンはなかなか予約がとれません。もし予約を入れた日に用事が出来てしまったり、体調が悪かったりするとさらに伸びてしまいます。家庭脱毛器ですと、自分の好きな時に出来ます。毛の生えてくる周期も毛の濃さもあるので、自分の生え方の様子を見ながら自分のペースで出来ます。家庭用もそんなに難しくなく簡単に出来ます。痛みが強いようであれば強さを弱めれば大丈夫です。自分のペースでサボらずに続ければ、サロンよりずっと早く脱毛完了すると思います。
家庭用脱毛器は自分の都合の良い時に自分がやりたい方法で処理する事が出来ます
娘の脱毛サロン入会申し込みに、付き添いで行った事があります。脱毛可能な時期が、「生理期間以外」「前回脱毛処理をしてから、2ヶ月経過後」などいくつかの制限があるみたいでした。『2ヶ月経過後』というのは、育毛には周期があるため、1度に全部の毛を取り除くのは無理という事だそうです。全部の毛の処理を終えるには2~3年必要との話で、その話を聞いた瞬間申し込みをする気力が失せてしまいました。
脱毛エステでプロにお任せ!自己処理は危ない
夏になれば、いやでも目に付くむだ毛。
エステへ行けば楽だけどお金がかかるから、
少しでも安く自宅で・・と考えがちです。
が、ここはあえてプロへ任せることをお勧めします。

プロユースの脱毛機器と、自宅で使える脱毛器は違います!
実際、自宅用の脱毛器で抜いたこともありますが、
永久脱毛には程遠く、
しばらくすれば、元通り、毛がしっかりと生えてきてしまいました。
そしてまた抜く、の繰り返し。
しかもですね、
特に「わき」の毛を抜いていると、汗腺が開いてしまう、と
いう方もいます。

自分の体はひとつだけ。
自己処理をして、あとで汗腺が開いても、
もう元には戻りません。

たかがむだ毛処理と思わず、
きちんとプロに任せるのが良いです。

家庭用脱毛器はいつでも好きな時に脱毛できるのでおすすめ
私は最初はサロンに通っていました。でも、サロンだと通うには時間的に制約があり、次の予約までに時間が空いてしまうことがありました。家庭用なら好きな時間に好きなところを自分でできるというメリットがあると思い、効果には半信半疑な部分もありましたが思い切って家庭用脱毛器を購入してみました。私が購入した脱毛器の本体は他の商品と比べてお高いです。でも、その価値は十分あると思います。しっかり効果も出ています。例えば、ヒザ下の脱毛をするにしても気になる場所だけ当てればよいので、肌への負担も少ないような気がします。なによりいいのは、自宅にいて、気になる時にすぐに出来るという点です。サロンだと、次の予約が2か月後や3月後になってしまうのでその間の時期が辛いですが、自宅でなら気になった場所に当てれば10日後くらいにはきれいになっています。自分の好きなタイミングで出来るのはストレスがなくてとてもいいです。
脱毛サロンのが痛くても我慢できる
自分で脱毛処理を行うとめちゃくちゃ痛すぎて涙がでてきて、続けることができず、途中で諦めてしまいました。ですが、お店でしてもらうと確かに痛いですが、痛くてもなんとか叫んだりすると恥ずかしいので我慢できました。あと、やはり家で行うより、お店で行った方が仕上がりがいいです。効果が高いようで家で何度も行うより、お店の方が回数も少なく済み、肌へのダメージも少ない気がしました。
脱毛エステサロンでは全身脱毛が可能な点が一番おすすめ
脱毛サロンでは、全身どの箇所でも脱毛ができる点が最もお勧めです。腕や足などは自分でも処理できる箇所ですが背中などは一人で処理することが難しいです。身近な人に手伝ってもらっても気を使うので大変です。脱毛エステサロンだと、自分自身で見えない部分まできちんと処理してもらえる点が一番良いと思います。デリケートゾーンなども脱毛エステサロンでプロにお願いした方が安心できると思います。
脱毛エステサロンでの脱毛でより安全により高い効果を得る事
脱毛エステサロンでの脱毛と家庭用脱毛器での脱毛との決定的な違いは、正しい方法でしっかりと管理された状況で施術ができるかどうかだと思います。家庭用脱毛器を使用すれば、自宅でいつでも手軽に脱毛を行う事ができるとは思いますが、完全に自己管理下で使用するものなので、正しい使用方法を守らずに脱毛する事も可能です。それに比べて脱毛エステサロンでの脱毛は、施術方法から施術の周期まで、全てサロンで決められた方法でしか施術ができませんし、万が一肌トラブル等があった場合でも、提携医療機関での診察を受けられたりと迅速な対応を受けられるようになっているので、安全かつ最も高い効果が得られると思います。

結局どっちがいいのか?

対決項目 脱毛エステサロン 家庭用脱毛器
値段 ×
脱毛効果 ×
肌のトラブル ×
脱毛部分 ×
お肌に優しい ×
お手軽さ ×
美顔効果 ×
痛み ×
脱毛回数 ×
合計ポイント WIN:6
LOSE:3
DRAW:0
WIN:3
LOSE:6
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

以上、脱毛エステサロン家庭用脱毛器を様々な面を見て比較してみました。結果、脱毛エステサロンの方が良いと言えます。

価格だけをみると、家庭用脱毛器の方が安く、コストパフォーマンスも優れているように感じますが、その他の面においては、脱毛エステサロンが優れていると言えます。

家庭用脱毛器よりも、脱毛エステサロンで使用している脱毛器の方が、出力も大きく効果もあり、届かない部分も処理できます。肌トラブルの心配も脱毛エステサロンの方が、グッと低くなりますね。

また、光脱毛の特徴とも言える美肌効果に期待できるのが、脱毛エステサロンといえるでしょう。光脱毛により新陳代謝が活発になる素肌に、自宅にはないジェルや保湿ローションを取りそろえていますので、その効果はアップされるのです。

予約をして、通わなければ行けない煩わしさは、脱毛エステサロンには、ありますが、脱毛する回数も、家庭用脱毛器と比べれば少なくてすみます。

ただし、お値段を抑えたい方や、他人に脱毛してもらうのがいやな方、近くに脱毛エステサロンが、なくて通うのが大変な方は、家庭用脱毛器がいいといえます。

痛みも少なく、脱毛エステサロンよりも安い値段で、気軽にできるのが家庭用脱毛器の強みとなっているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。