綿100%ワイシャツとポリエステル混合ワイシャツ買うならどっちがいい?比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
インティスクエアのメリット

綿100%ワイシャツとポリエステル混合ワイシャツを比較対決!綿100%は着心地も良く長持ちですが、一人暮らしなどでアイロンをかける暇がない人はクリーニングに出さなければいけません。

一方ポリエステル混合はノーアイロンでOKのものもありますが、汗の吸いが悪かったり蒸れて暑かったりというデメリットがあります。洗濯は簡単がいい人、気持ちよく着たい人、それぞれ自分に合ったものを探してください。

着心地がいいのはどっち?

◯WIN 綿100%ワイシャツ
100%天然素材で作られているので柔らかくサラッとした肌触りで着心地がいいです。アトピーをはじめとしたアレルギー体質の人や、肌が敏感な人には綿100%のワイシャツが肌に優しくオススメです。また、吸湿性・保温性・通気性に優れているのでシーズン問わず快適に着用することができます。着心地の良さは断トツで綿100%ワイシャツですね!

×LOSE ポリエステル混合ワイシャツ
ポリエステルは化学繊維です。そのため、天然素材の綿100%ワイシャツに比べると、ポリエステル混合のワイシャツは吸湿性が低く、夏場は蒸れてしまい着心地は最悪です。また、静電気が発生しやすいのでストレスになります。良い点は、ストレッチ性があるところです。フィット感がある細身のワイシャツでも、ストレッチ性があれば動きやすく着心地が良いです。

お手入れがしやすいのはどっち?

◯WIN ポリエステル混合ワイシャツ
乾きやすい、シワがつきにくい、型崩れしにくい、縮みにくいなどの長所があります。その為、家庭でも気軽に洗濯でき、アイロンをしなくても少し濡れた状態で陰干しさえしておけばシワのない状態で乾いてくれます。お手入れのしやすさは、ポリエステル混合のワイシャツが優れています。

×LOSE 綿100%ワイシャツ
綿100%ワイシャツの最大の短所はシワがつきやすいことです。洗濯後にアイロンをしないとシワが目立ってしまうのでアイロンがけは必要です。アイロンが苦手な人や面倒な人はクリーニング店にお任せすることをオススメしますが、料金が掛かってしまい結構な負担になります。最近は、綿100%でも形状記憶に対応したワイシャツが販売されています。

お手頃価格なのはどっち?

◯WIN ポリエステル混合ワイシャツ
綿に比べるとポリエステルは価格が安いといわれています。ワイシャツもポリエステル混合のものは相対的に安い価格で販売されています。安さを重視するならポリエステル混合ワイシャツがオススメです。

×LOSE 綿100%ワイシャツ
綿にも色んな種類があり、最上級の綿を使用して作られたワイシャツはシルクのような肌触りで高級感があります。しかし、上質な綿素材ほど価格が高いので、どんな素材を使っているかによって価格が大きく違ってきます。普通の綿素材を使用していたとしても、ポリエステル混合ワイシャツより価格は高い傾向にあります。

長く着用できるのはどっち?

◯WIN 綿100%ワイシャツ
綿100%のワイシャツには毛玉の心配がありません。綿は強度が強いので、洗濯を繰り返しても傷みにくく長持ちしてくれます。また、漂白剤が浸透しやすいので、ひどい汚れが付いても漂白がしやすいです。このように劣化しにくく常に綺麗な状態を保てるので長く着用できるといえます。

×LOSE ポリエステル混合ワイシャツ
本来、ポリエステルは耐久性が高い素材として扱われています。しかし、擦れによって毛玉が発生したり毛羽立ちが目立ってきたりします。これでは耐久性が高くても、すぐにみすぼらしくなって着用できなくなってしまいます。

仕立てが優れているのはどっち?

△DRAW 綿100%ワイシャツ
素材の肌触りや縫製だけでなくウエストラインの美しさでも有名なインポートブランド「BARBA」や、ハイクオリティな裏前立てに胸ポケットがないディティールが有名な国産ブランド「FAIRFAX」などのワイシャツは綿100%です。国内外問わずシャツに定評のあるブランドは綿100%ワイシャツが定番となっているようですね。

△DRAW ポリエステル混合ワイシャツ
一昔前のオーダーメイドシャツは綿100%のものが多かったようですが、最近はポリエステル混合の生地でもワイシャツを作ることができます。オーダーメードといえば少し高そうなイメージですが、ポリエステル混合の素材を使えば費用を抑えながら自分の体型にあったワイシャツを作ることができます。ポリエステル混合ワイシャツが安いからといって、仕立てが悪いということはありません。

結局どっちがいいのか?

対決項目 綿100%ワイシャツ ポリエステル混合ワイシャツ
着心地 ×
お手入れ ×
価格 ×
長く着用 ×
仕立て
合計ポイント WIN:2
LOSE:2
DRAW:1
WIN:2
LOSE:2
DRAW:1
総合結果 △DRAW △DRAW

ビジネスシーンに欠かせないワイシャツですが、最近はクールビズの影響もありスーツのインナーだけに留まらない存在となっています。ワイシャツで一番重視したいのが第一印象、シワや汚れのない清潔感あるワイシャツではないでしょうか。

どちらのワイシャツも、クリーニングに出せばシワのない綺麗な仕上がりになるので清潔感はあるといえます。しかし、クリーニングに出すと料金が掛かってしまいます。クリーニング費用を抑えたいなら、自宅でもお手入れが簡単にできるポリエステル混合ワイシャツがいいでしょう。

しかし、ポリエステル混合ワイシャツは、自宅でガンガン洗濯したり着用したりするうちに毛羽立ちや毛玉が発生する欠点があります。そうなると清潔感が皆無になってしまい、みすぼらしい印象を与えてしまいます。

ポリエステル混合ワイシャツを選ぶ場合は、毛羽立ちや毛玉が出てきたら早目に買い替えて清潔感を保つようにしましょう。

このように買い替え頻度が高くなるポリエステル混合ワイシャツは、価格は安いのですがコストパフォーマンスが良いとはいえません。綿100%ワイシャツなら、毛玉が発生することなく破れるまで着用することができます。

クリーニングに出したとしても、大切に着れば長期間着用することができるのでコストパフォーマンスが良いといえます。また、季節を問わず着用できるのも綿100%ワイシャツです。

清潔感・コストパフォーマンス・着心地など、ワイシャツを着用するのに重視したい点をしっかりカバーしているのは綿100%ワイシャツです。よって、今回の対決は「ドロー」とさせていただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。