楽天証券とマネックス証券を比較対決!口座開設するならどっちがいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
金融・マーケットイメージ

楽天証券とマネックス証券ではどちらがいいと思いますか?それぞれメリット、デメリットを比較対決しました。どちらもインターネット証券ですが手数料が安いというのがメリットです。

初めて株を始める人に親切な証券はどちらなのでしょうか。安心して始められるカブを選んでいただける参考になる事まちがいなしです。

楽天証券とマネックス証券の比較表

ネット証券会社 楽天証券 マネックス証券
商号 楽天証券株式会社
(Rakuten Securities, Inc.)
マネックス証券株式会社
設立 1999年(平成11年)3月24日 36281
資本金 7,495百万円 12,200百万円
加入取引所 東京証券取引所
大阪取引所
名古屋証券取引所
東京商品取引所
東京証券取引所
名古屋証券取引所
札幌証券取引所
福岡証券取引所
グループ 楽天 マネックスグループ
口座開設 無料 無料
株式手数料
(取引単位)
139円~ 100円~
株式手数料
(1日定額)
429円~ 2,500円
NISA 対応 対応
ジュニアNISA 対応 対応
IPO(新規公開株) 対応 対応
信用取引 対応 対応
FX 対応 対応
投資信託 対応 対応
投資信託積み立て 1000円~ 対応
夜間取引 休止中
銀行連携 楽天銀行普通預金金利が5倍になる 即時入金サービス(手数料無料)
ジャパンネット銀行
三菱東京UFJ銀行ネット口座振替
みずほ銀行スーパーデビット
三井住友銀行インターネット口座振替
ゆうちょダイレクト
楽天銀行かんたん入金
ソニー銀行
モバイル対応 ・iPhone
・Android
・DoCoMo
・au
・SoftBank
・iPhone
・Android
・iPad
新規公開株(IPO) 取引状況に応じてIPOの当選率が向上するしくみ (需要申告株数に拘らず)お客様単位に一抽選権が付与
公式サイト 楽天証券の公式サイトはこちら マネックス証券の公式サイトはこちら

口座開設のしやすさ対決

◯WIN 楽天証券
クイック口座開設と郵便による口座開設の二つの方法があります。『クイック口座開設』では、本人確認書類の画像をホームページからアップロードすることで完了します。

署名・捺印や郵送する手間もなくとても便利です。通常の『郵送での口座開設』の場合は、Webで申し込んだあと、送られてくる申込資料を確認し、本人確認資料と一緒に返送するという方法です。

×LOSE マネックス証券
入力ホームより必要事項を入力して送信すると、入力情報の一部が印字された申込書が送られてきます。申込書に署名をし、本人確認資料を同封して返信すると、口座が開設されます。

入会特典&ポイント対決

△DRAW 楽天証券
楽天証券を利用していると、楽天銀行の金利が5倍になるというサービスがあります。また、マネーブリッジ(楽天銀行と楽天証券の連携サービス)に申し込み、楽天ハッピープログラムにエントリーすると、取引やサービスの利用で『楽天スーパーポイント』がたまります。

このポイントは楽天市場での買い物や、各種楽天サービスで使用できます。現在行っている新規口座開設のキャンペーンでは、最大60,200円相当のプレゼントがありますが、こちらは取引数や取引額などでもらえる額が大幅に変わります。

△DRAW マネックス証券
マネックス証券には、株の取引、投資信託の購入・保有でたまる『マネックスポイント』があります。たまったポイントは売買手数料として使ったり、SuicaやJAL・ANAのマイルなどの各種ポイントや商品と交換することができます。また、期間限定の新規口座開設キャンペーンとして、口座開設と各種取引、NISAの口座開設で最大31,000円のプレゼントがあります。

手数料対決

◯WIN マネックス証券
現物取引も信用取引も10万円までの手数料は100円、20万円までは180円と安いので、少額の取引をする方にはお得です。一日に何度も取引をするデイトレーダーの場合は「一日定額手数料コース」にすればさらにお得です。一日に何度取引をしても2500円しかかかりません。(約定金額300万円ごと)

×LOSE 楽天証券
『現物取引』と『信用取引』で手数料が異なります。『現物取引』は10万円まで139円、20万円までは185円、『信用取引』は30万円までが250円…といった具合で、少額の取引の場合はマネックス証券よりも割高になります。

デイトレーダーに便利な「いちにち定額コース」は、楽天証券の場合、一日の取引金額の合計で計算しますが、300万円までの場合は3000円と、こちらもマネックス証券よりも高い設定になっています。

便利なソフト対決

△DRAW 楽天証券
楽天証券には、「マーケットスピード」というオリジナルのオンライントレーディングソフトがあります。クリックなどの操作なしで株価が自動更新され、市況状況やニュースのリアルタイム発信、20種類以上の発注機能が搭載されています。

多機能なのに操作も簡単なので、初心者から上級者まで使い勝手のよいソフトです。通常は3ヶ月で利用料2500円がかかりますが、簡単な利用条件で無料になります。実際に99%以上の人が無料で利用しています。

△DRAW マネックス証券
マネックス証券には、「マーケットボード」というソフトがあります。株価のリアルタイムの情報が詳しく分かり、最大で100銘柄登録することができます。しかもマネックス証券の口座を持っていれば誰でも無料で使うことができます。

その他取扱商品&サポート対決

◯WIN マネックス証券
一株から購入できる「ワン株」、現在国内外の手数料が無料のキャンペーンを実施しているNISA(少額投資非課税制度)、注文の有効期限が30日と長い損切りラインを設定できる「逆指値注文」など初心者も扱いやすい商品が沢山あります。

また、投資教育サービスもとても充実しています。パソコン・スマートフォン・携帯電話などライフスタイルに合わせて選べる分析ツールや、セミナーの開催などあらゆる方面からサポートしてくれるのが心強いですね。

×LOSE 楽天証券
楽天証券では、毎月決まった額を自動積立できる「投信積立」をはじめ、投資信託に力を入れています。何から始めたらいいか分からない人のために、人気ランキングや年代別のおススメライフプランから選べるものなど、サイト内の情報も充実しています。

ただ、NISA(少額投資非課税制度)は手数料無料、と謳っていますが、無料になるのは国内株式の売買と外国株式の買付なので、海外株式の売付には手数料がかかります。

結局どっちがいいのか?

対決項目 楽天証券 マネックス証券
口座開設 ×
入会特典&ポイント
手数料 ×
便利なソフト
その他取扱商品&サポート ×
合計ポイント WIN:1
LOSE:2
DRAW:2
WIN:2
LOSE:1
DRAW:2
総合結果 ×LOSE ◯WIN

どちらのインターネット証券も、様々な工夫やサービスを展開しており、圧倒的にどちらが良いというのは決め難いものでした。ですから今回は、『初心者が株を始める』という観点から比較してみました。

まず「楽天証券」の強みは、楽天銀行や楽天市場など、楽天グループとの連携にあるのではないでしょうか。楽天証券を利用することで楽天銀行の金利が5倍になるマネーブリッジや取引で楽天ポイントがたまるサービスなどは、目に見えて分かりやすくお得感があります。

また、初心者が知りたいことを知るための情報ツールも充実しています。一方「マネックス証券」は、株の取引や投資信託の購入・保有でマネックスポイントがたまります。各種ポイントや商品との交換はもちろん、売買手数料にあてることができるのはとても良いサービスだと思います。

現物取引、信用取引の手数料が一本化していて分かりやすく、少額取引の際の手数料が安いことも大きなポイントです。

さらに、通常株は一単元(100株、1000株単位)でしか購入できませんが、マネックス証券には一株から購入できる「ワン株」という商品があります。これによってまだ株に不慣れな初心者でも少額の資金で株を始めることができます。

他にも全国各地でのセミナーや投資の本のプレゼントなど、初めて株を始める人にとって、分かりやすく親切な体制が十分に整っています。よって、マネックス証券に軍配があがりました。

楽天証券とマネックス証券を比較対決したみんなの口コミ

マネックス証券のIPOは抽選が平等なので楽天証券よりもおすすめです。
証券会社の楽天証券とマネックス証券とを比べると、その中で圧倒的にマネックス証券の方がおすすめな点があります。それは、マネネックス証券はIPOの抽選が平等なので、IPOの抽選のためにたくさんのお金を用意して申し込めるだけIPOに申し込む必要はなく、最低単元株だけ申し込めばいいのです。しかも、楽天証券に比べてマネックス証券は、IPOの取り扱いも多いのでIPOに当選したいと考えるならば楽天証券よりもマネックス証券の方がおすすめポイントは高いと思います。
手数料でお得になる点
証券会社の楽天証券とマネックス証券のどちらがおすすめかというと、私はマネックス証券をおすすめしたいです。
それはどうしてかというと、少額投資をする場合も1日に何度も取引をするデイトレーダーの場合も手数料をかなり抑える事が
可能になるのがマネックス証券だからです。

ですから、証券会社を選ぶ時に一番重要になる手数料の安さという点でマネックス証券が有利だと思うのでこちらがおすすめです。
少なくとも私はそう思いました。

トレーディングツールの使いやすさでマネックス証券
楽天証券とマネックス証券のどちらも口座を持っているのですが、トレーディングツールの使いやすさでマネックス証券をおすすめします。
速さと見易さ使いやすさがバランスよく揃っていて、他の証券会社のトレーディングツールと比べても抜き出ていると思います。
画面のカスタマイズもシンプルに出来るので、デイトレードが取引の中心になるという方にはピッタリでしょう。
デイトレードは一瞬の判断が必要になってくるのでツールが使いやすいマネックス証券を推します。
マネックス証券はIPO株に強いのでお勧めです。
楽天証券とマネックス証券のどちらかを選ぶなら、私はマネックス証券を選びます。
なぜならマネックス証券は、IPO(新規公開株)に強いからです。
マネックス証券はIPO株の割り当てが普通の証券会社より多いので、
IPO株に当たりやすいです、
IPO株は株の値段が上がりやすい株なので、手に入れたあとすぐに売れば
かなりの確率で儲けることが出来ます。
そのIPO株に強いというのは、証券会社を選ぶユーザーにとって最大のメリットといえます。
なので私はマネックス証券を選ぶのです。

会社概要

商品名 楽天証券 マネックス証券
販売事業者名 楽天証券株式会社 マネックス証券株式会社
所在地 東京都世田谷区玉川 1-14-1 東京都千代田区麹町二丁目4番地1
ホームページ https://www.rakuten-sec.co.jp/ https://www.monex.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。