楽天カードとエポスカードを比較!クレジットカード対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード

楽天カードとエポスカードを比較対決しました。入会手続きからカードの使い勝手、年間費のことまでこのサイトを見れば一目瞭然です。

カード払いすると付加するポイントも比較してあります。同じクレジットカードを利用するのであればポイントを有効活用したいですよね。

ポイントも貯まりやすいのはどっちなのか気になるところはないでしょうか。クレジットカードを申し込む時の参考にしてください。

・楽天カード
http://card.rakuten.co.jp/

・エポスカード
https://www.eposcard.co.jp/

年会費とカードの種類対決

△DRAW 楽天カード
楽天クレジットカードは8種類あり、年会費永年無料のものが5種類、年会費のかかるものが3種類あります。

年会費10800円のプレミアムカードは様々な特典が受けられますが、普段使いする分には、無料の通常のカードで十分ではないかと思います。ただ、選択の幅が広がるという点で楽天カードは幅広い層の方が使えるのではないでしょうか。

△DRAW エポスカード
エポスカードは3種類あり、通常のカードは年会費永年無料です。様々な特典があるエポスゴールドカードは年会費が5000円ですが、年間の利用金額が50万円以上だと翌年からは年会費永年無料になりかなりお得です。ゴールド会員のうちインビテーションが届いた人のみが入会できる、年会費が20000円のプラチナカードもあります。

入会特典対決

◯WIN 楽天カード
キャンペーンにエントリーして楽天カードに入会し、カードを1回利用するだけで、通常5000ポイント、10月19日までの期間限定で8000ポイントがもらえます。8000円相当のポイントですので、かなりお得感がありますね。

×LOSE エポスカード
入会と利用で最大8000ポイントがもらえると謳っていますが、8000ポイント全てもらうためには、かなり面倒な手続きがあります。

ネット上での様々な設定、携帯料金の支払い、プリペイドカードの登録・チャージなどをする必要があります。カードに入会したからといって、誰でも手軽にもらえるポイントではなさそうです。

カードとポイントの使い勝手対決

◯WIN 楽天カード
JCB、VISA、MASTER CARDの3種類から選べますので、海外旅行などでも問題なく使えます。利用金額100円につき1ポイントがたまります。楽天市場の買い物ではポイントが2倍になるので、上手に使えば効率よくためることができそうです。

その他、ETCポイントや飲食店・加盟店で2倍~3倍のポイントがつく場所もあります。たまったポイントは1ポイント1円として、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天サービスの幅広いジャンルで利用できます。食品から雑貨、家具まで何でも購入できる楽天市場ですので、かなり使えるポイントだと思います。

×LOSE エポスカード
VISAカードの加盟店、または丸井で利用できます。VISAカードの利用200円につき1ポイント、丸井での利用200円につき2ポイントがたまります。(2016年4月からは丸井での利用も200円1ポイントになります)

公共料金の支払いができるのは便利ですが、たまったポイントの利用も丸井でのお買い物や、商品券・お食事券などとの交換が主になります。ポイント換算率も良くない上に、使い道もかなり限定されていて、あまり使い勝手のいいカードとは言えません。

申し込みから利用可能までの手軽さ・迅速さ対決

◯WIN エポスカード
インターネットまたは丸井の店舗で申し込みができます。店舗で申し込みをした場合は、約30分でカードが発行され、その日から利用することができます。丸井が近くにある方にとっては便利ですね。また、アプリから申し込む場合は、名前住所などの面倒な入力を省くことができます。

×LOSE 楽天カード
インターネットから申し込み後、約1週間で自宅に届きます。

カードのデザイン対決

◯WIN エポスカード
通常のシルバー・レッドなどのカードの他に、発行料500円でデザインカードを選ぶことができます。可愛いものからカッコいいもの、オシャレなものや綺麗なものまで、どれも素敵で迷ってしまいます。74種類もあるので、好みのものがきっと見つかると思います。500円を払う価値はありそうです。

×LOSE 楽天カード
可もなく不可もない、いたってシンプルな無地のカードです。

結局どっちがいいのか?

対決項目 楽天カード エポスカード
年会費
入会特典 ×
カードとポイントの使い勝手 ×
申し込みから利用可能までの手軽さ・迅速さ ×
カードのデザイン ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:2
DRAW:1
WIN:2
LOSE:2
DRAW:1
総合結果 △DRAW △DRAW

比較の結果、ドローとなりました。沢山のデザインの中から好みのカードを選べたり、アプリを利用して簡単に入会手続きができるなど、エポスカードは時代の流れをくみ、独自のサービスを工夫している点でとても好感が持てます。

ただ、やはりカードを利用する際に重視したい、使い勝手やポイントのたまりやすさは断然、楽天カードです。100円1ポイントという換算率に加え、『ない商品はない!』というほどの品揃えの楽天市場ですので、たまったポイントをそこで利用できるのはとても便利です。

一方、エポスカードはポイント換算率も200円1ポイントと悪く丸井に特化しているために使い道がかなり限定されてしまいます。よほど丸井をよく利用するとか、購入したいものが丸井にしかないなどという方以外はほとんどメリットが感じられないカードだと思います。

楽天カードとエポスカードを比較対決したみんなの口コミ

ポイントの溜まりやすさ使いやすさ
エポスカードが200円で1ポイントに対し、楽天カードは100円につき1ポイントが溜まります。
しかも楽天市場で買い物をするとポイントは2倍。それ以外にもポント10倍などのイベントが開催されたりと、賢くポイントが貯められます。
ネットでの買い物以外にもETCポイントや飲食店、その他加盟店が沢山あります。その中には2~3倍のポイントがつく場所もあり、溜まったポイントはいつでも1ポイント1円として利用できるのが嬉しいところです。
楽天カードの方がポイントがたまるのでお得
楽天カードでは、まず、入会する時に、入会特典としてポイントがつきます。
また、楽天ショッピングなどで買い物をすると、その都度ポイントが貯まります。
楽天オークションなどでもカードで決済するとその分ポイントがたまります。
少しずつですが、楽天カードを使っているとポイントが徐々にたまります。
そしてそのポイントを使って、楽天ショッピングで買い物ができますので、「ポイント」という点では楽天カードがおすすめといえます。
ポイントがザクザク溜まる楽天カードがおすすめ!
楽天カードをおすすめするポイントは何といってもポイント、これに尽きます。楽天カード利用によって楽天市場内での買い物で得られるポイントは通常の4倍になり、街中での買い物や公共料金の支払いでも100円で1ポイントを得られ、加盟店での買い物ではさらに最大3倍の楽天ポイントに。溜まったポイントは楽天ポイントとしても、楽天edyやマイルに変換させても利用が可能で便利ですし、入会するだけで5000ポイント以上貰えることもお得なポイントです。
ポイント還元
おすすめするのは、断然楽天カードです。その理由は、なんといっても楽天スーパーポイントです。インターネットで買い物をしたことがある人であれば、楽天サイトをチェックしたことがあるでしょう。楽天に登録している店舗数は膨大で、ジャンルも非常に豊富です。色々な人のブログを読んでいても、度々楽天ショップの商品が紹介されています。時間がなくて買い物に行けない人や、地方に住んでいる人にとって、楽天はとても便利です。その便利な楽天で買い物をするごとに、ボーナスポイントも含めてポイントが溜まります。楽天を利用する人にとって、最適なカードは、ずばり楽天カードで間違いないでしょう。

会社概要

商品名 楽天カード エポスカード
販売事業者名 楽天カード株式会社 株式会社エポスカード
所在地 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス 東京都中野区中野4丁目3番2号
ホームページ http://www.rakuten-card.co.jp/ https://www.eposcard.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。