どっちがおすすめ?株式投資と不動産投資の比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資

資産運用にもいろいろな方法がありますが、ここでは投資について取り上げています。難しい印象のある投資ですが、株式投資と不動産投資ではどちらがおすすめなのかを売買のしやすさや維持費などを比較して考えてみました。

大切なお金ですから、よく考えて運用するようにしたいですね。株式投資と不動産投資それぞれの特徴を理解し、ご自身にあった投資を検討してみてください。

株式投資とは?

株式投資とは企業(株式会社)が発行した株を買い、その株の上がり下がりを見て売却し、差額の利益を獲得しようとすることが根幹にあります。株式投資は自身が出資した額以上の負担を背負う必要はないので、有限責任です。この株の売買は証券取引所で行われます。

また株式投資で得られる利益には2通り存在し、それは「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」です。キャピタルゲインは先に述べたように株式の売買によって生まれた差額分のことです。自分が買った時点よりも株価が上昇すれば売却したときに利益が生まれますが、株価が下落した場合は投資した額を回収することができず逆に損失をこうむることもあります。これを「キャピタルロス」(⇔キャピタルゲイン)と呼びます。

不動産投資とは?

不動産とは土地や建物のことを指し、不動産投資は利益を得ることを主な目的として不動産に出資/投資することです。土地であれば、株価のように地価というものが存在し、株式投資と同様に地価上昇時に売却すれば差額の利益が得られます。また建物の場合は家賃収入や物件そのものの価値上昇によって黒字になります。家賃収入等を「キャピタルゲイン」、売却益等を「インカムゲイン」とこちらも呼びます。

売買のしやすさで比較

○WIN:株式投資
証券会社に口座を作っておけば株式の売買はワンクリックで可能です。また相場が決まっているため、どうしてもすぐに売却しなくてはいけない場合においても破格の値段で売らされてしまうといったこともありません。すべての工程を基本的に自分自身で行うため無駄な経費が掛かりません。

×LOSE:不動産投資
不動産の売買にはいくつも工程があり、気に入ったらすぐに購入できるというものではありません。また不動産売買には多額の資金が必要となるため通常は銀行から借り入れなくてはなりません。その際の借り入れ審査を通過しなくてはならないのでなおさら時間がかかります。そういった意味で売買を容易に行うことができません。

価値の上がり下がりで比較

○WIN:不動産投資
不動産は売買が容易ではないので急に価値が下がったりといったことはほとんどありません。よって株式に比べて価値の増減が緩やかです。また価値が0になることはほとんどありません。土地の価格が0円だったり、1年前の半額になったりすることなんてありませんよね。よって不動産の場合、その価値増減の傾きが緩やかでロングスパンで考えることができます。

×LOSE:株式投資
株式投資の場合、先にも述べたように非常に容易に売買が可能なためそれだけ価値の上がり下がりが激しくなります。1日の間に大量の株式が売却されれば一気に株価が下落することもあります。さらに会社が倒産したりすれば株価は0円となりただの紙切れと化します。そういった意味で一般的にハイリスクハイリターンともいわれています。しかしこの性質を利用すれば短期間で出資額の何倍もの利益を獲得することも可能なのです。

維持費で比較

○WIN:株式投資
株式の維持に費用は一切かかりません。購入の際には証券会社に手数料を払わなくてはなりませんし、配当があれば全金が課せられますが、株式を持っているだけでは何の費用も掛からないのです。

×LOSE:不動産投資
不動産の管理にはやはり費用が掛かります。物件であれば内装や外観、その維持にお金がかかります。常に人に貸し出せるとうにしておかなくてはならないので大変です。また不動産には固定資産税がかかります。株式を違って所有しているだけで税金が課せられます。

結局どっちがいいのか?

対決項目 株式投資 不動産投資
売買のしやすさ ×
価値の上がり下がり ×
維持費 ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:1
DRAW:0
WIN:1
LOSE:2
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

以上2パターンの投資を比較してきました。やはりリスク面を考えることが投資では重要になってくると思います。株式は価値の上昇・下落のスピードが速いのであれよあれよと価値が0になってしまうことも考えられます。反対に不動産は価値が0になることはあります。価値の増減のスピードも緩やかなのでリスク的には抑えられているといえます。

ただ不動産は株式に比べて初期投資がとても大きいです。また売買の手間も圧倒的に違いますね。そして最後に述べたように維持費も掛かります。不動産を購入・所有するのには非常に手間がかかることがわかりましたね。総合して考えると、株式投資の勝利となりました。

しかし、リスクをできるだけ抑えたいので多少手間がかかってもリスク対効果を考えるのであれば不動産投資にしたほうがよさそうです。

株式投資と不動産投資を比較対決したみんなの口コミ

リスク分散ができる点で株式投資の方がオススメです。
不動産投資は、初期投資が大きいため、複数の不動産を所有することは難しく成功すれば安定的に収入が見込めますが、立地条件等で稼働率が低くなるとマイナスになる可能性があります。株式投資なら自分の予算に応じて複数の投資先に投資できるため、万が一1つの投資先がダメになっても他の株価が安定していれば損失は少なくて済みリスク分散することができます。
株式投資の方が新規参入しやすく、選択肢が多い
株式投資はお金と口座さえあれば、自分1人で投資を始めることができます。
また、月1万円の積立投信や株主優待目当てで株を買うなどといった、投資の選択肢も非常に広いです。
一方、不動産投資は不動産取得にかかる費用はもちろん、管理会社や不動産会社に払う費用も発生します。
さらに少子高齢化の日本では都市部以外の不動産に投資しても意味が無く、どうしても都市部の不動産への投資に限定されてしまいます。
そして、都市部の不動産にはすでに多くの人々が関わっているので、新規参入が難しいでしょう。
新規参入のしやすさと選択肢の面で、株式投資の方がおすすめできます。
株式投資はネット環境があれば気軽に投資出来ます
ネットの証券会社に口座を開けば家に居ながら投資をすることが出来るので株式投資がおすすめです。
手数料が安いですし、会社員でも主婦の方でも気軽に株式投資をすることが出来ます。

安く買うことが出来る株もありますし、配当金に株主優待など、株を保有しているとメリットが多いのもいいです。
どこかに出向いたりすることもなく、ネット上で全てを完結することが出来るので簡単です。

他人とのリスクをさけるなら株式投資のほうがお勧めだと思います
不動産の場合は、物件の減価償却を視野に入れて、他人に貸さないといけなかったり、売りに出さないといけません。この場合、家賃不払いや、借り手、買い手が無いこともあります。借り手や買い手があっても、折衝したり、建物の管理をしたりのリスクを考えると、長い目でみるなら、大手会社の株式を保有している方が、優待や配当もありますし良いかと思います。
土地付き一戸建ての不動産であれば、資産価値が0円になることがないから。
私は、土地付き限定で不動産投資をお勧めします。
その理由は、大きな地盤変化がない限り土地そのものがなくなることはないため、資産価値が0円になってしまうこともないと考えるからです。

土地神話崩壊と言われている昨今、不動産へ投資しても買った当初の値段より下がることはあるかもしれませんが、それは株式投資にも存在するリスクです。
そして株式投資では、所持する株券がまったくの無価値になってしまうことも起こりえます。またマンション一戸への投資は空間への所有権であり、建物が崩壊した場合には無価値になる可能性があります。このため、私は土地付き限定ですが、不動産投資をお勧めします。

私は現在、土地付き一戸建てを1つ所有しており15年ほど賃貸に出しています。
借主は4人ほど変わりましたし、途中、借主がつかない期間もありましたが、特に大きなトラブルもなく月々お家賃をいただいています。
中古となった建物には、ほとんど価値がないと考えていますが、毎年の固定資産税を見る限り、土地の価格は購入時からそれほど変化しておらず、いざ大金が必要となった時には当てになる資産として心強いと考えています。

以上の事柄を踏まえ、私は土地付き限定での不動産投資をお勧めします。

比較的少額から分散投資可能な株式投資のほうがおすすめです
不動産投資よりも株式投資のほうがおすすめです。理由はいくつかありますすが、最も重要なポイントは比較的少額から分散投資が可能という点です。不動産投資で投資規模の小さいのは、ワンルームマンションや古い一軒家でしょうが、それでも1物件に数千万円かかります。数千万園を1つの不動産物件に投資するのは非常に危険です。問題のある人間が隣に引っ越してきたり、地震で物件に傷が入り価値が落ちてしまうこともあり得ます。

一方、株式投資では、数千万あれば複数の銘柄に分散投資できます。しかも株式を上昇している企業はさまざまな事業を分散して手掛けています。たとえば、不動産企業であれば三菱地所は、東京丸の内のビル群をはじめとして日本中に不動産物件を保有し、管理運営し収益を上げています。三菱地所株に投資をすることで、複数の一流不動産物件に投資するのと同じ効果が得られるのです。

ワンルームに1部屋投資するくらいなら、不動産株を買った方がよいです。

換金のしやすさ
株式投資と不動産投資、それぞれ長所と短所がありますが、私は換金のしやすさから株式投資をおすすめします。株式投資は原則として買いたい時に買え、売りたい時に売ることができます(銘柄の中には売買が成立しにくいものもありますが)。一方で不動産投資は、今日売りたくなったからといって、すぐに売れるとは限りません。すぐに必要となる資金を投資に使うこと自体、勧められることではありませんが、間違った取引をしたときにすぐにやり直すことができる、という意味でも株式投資がオススメです。
投資対象が安く広くできます。
私は圧倒的に、株式投資がいいと思います。不動産ですと、よほどの巨額な資金がないと、一人で何箇所も物件選べないし、嫌になってもすぐ売れないと思うんです。株式だったら、国内企業だけじゃなく、海外企業や、各種のインデックスにも投資できるし、不動産一軒分の資金で、もっと広く、多くの銘柄に投資できるので、危険性が低くなると思います。また、「やっぱりこれやめよう」と思えば、すぐ売ってしまい、他に乗り換えられるのも魅力です。
自分である程度リスク管理出来る。
不動産投資は株式投資よりも自分である程度リスク管理出来る点がオススメだと思います。
株式投資のほうが、より世界の経済による影響などを受けやすくそれを全て予測するのは不可能です。
しかし不動産投資では不動産の情報を詳しく事前に調べることで、不動産の情報を得て不動産の価値が下がらない物件などを選りすぐることができるのでオススメです。
株式投資はすぐにやめられるところ
株式投資はすぐにやめられるところが、おすすめのポイントです。不動産投資は、不動産を売却するのに、時間がかかりますが、株式投資は、テレビや新聞で、これから景気が悪くなりそう、といったニュースを見たときに、すぐに株式を売却して、景気が良くなるまで待てばいいのです。パソコンを使って、クリックひとつで、売却できるのも魅力です。
すぐに売却できる株式投資
投資は、社会や国際情勢等の変化に敏感に反応するものです。もちろん、株式投資においても天災など瞬時に状況が変わる場合は大きな損失を被る場合がありますが、状況が変わり始めた事を感じる、あるいは知った時は、不動産投資に比べて株式投資のほうが早く手放す事が出来るので、その分、利益の減少、あるいは損失の拡大を防げる意味で株式投資のほうがお勧め出来ます。
株式投資は小額資金ではじめられる
株式投資と不動産投資のどちらかを勧めるなら株式投資です。まず、不動産投資はある程度まとまった資金が必要ですが、株式投資なら30万円もあれば余裕で取引できますし、資金が限られている方にも投資しやすいです。一方、不動産投資は格安で購入できるワンルームでも300万~500万円、他にも不動産取得に関する手数料が掛ります。
株式投資が不動産投資に比べておすすめな理由
株式投資と不動産投資のどっちがおすすめかと聞かれたのならば私は株式投資がおすすめだと答えます。その理由は株式投資では出来高のある流動性に問題のない銘柄に投資していれさえいれば、いざ株式を売却したいと思ったときにいつでも売却でき現金に交換できるので、この点が不動産投資よりも優れている点なので私は株式投資をすすめるのです。
株式投資は手軽に出来るからよいです。
株式投資と不動産投資なら、私は株式投資をオススメします。
なぜなら株式投資は不動産投資と違い、極めて手軽に投資が出来るからです。
不動産投資は色々と面倒なイメージがありますが、
株式投資は証券会社に口座を開いてそこに入金すれば、後はゲーム感覚でひょいひょいと株を買うことが出来ます。
この手軽さが、株式投資のよいところなのです。
株式投資は放置できるし、銘柄を広く押さえればお得です。
株式も不動産も値が下がってしまった際はいつでも売ることができます。しかし、株式に優待や配当が付いているのなら、ずっと持っていて優待と配当を受け続けることができます。不動産は自分で活用もしくは買い手が着くまで固定資産税の垂れ流しになります。また、株式は幅広く銘柄を押さえる、可能性のありそうな企業を発掘するなど攻め方にバリエーションがあるのも魅力です。
株式投資の機動性がおすすめです。
投資をする方のライフスタイルや投資スタイルで一長一短はありますが、一戸建てやマンションなどの不動産投資にくらべて株式投資をおすすめするポイントとしては、流動性と表現しても良いのですが、投資資金を回収できるタイミングが多くある点だと捉えています。実際マーケット環境が悪くなった時に、不動産投資よりも短時間で資金回収できる機会に恵まれました。
株式投資は少ない金額で始められる
株式投資と不動産投資を比較した場合どちらをおすすめするかは株式投資をおすすめします。株式投資は比較的初心者でも簡単に取り組むことができる投資となっておりますし始めることができる金額も少ない金額から始めることが可能です。その点不動産投資は金額は最低でも何百万単位からですし、売却したい時にもすぐに売却できない場合があります。
リスクがかなり低い点
株式投資と不動産投資のどちらがおすすめかというと、それはやはり不動産投資がおすすめです。
なぜなら、株式投資はかなり失敗のリスクが高いですが、不動産投資なら失敗のリスクがかなり低いからです。

では、どういう点が不動産投資はリスクが低いのかというと、不動産投資なら株式みたいに資産価値がなくなってしまう事がない点です。

株式投資がおすすめです。株式投資のほうが投資対象の特色がつかみやすいです。
株式投資をおすすめします。不動産投資も魅力的ですがその物件ごとの特色が今一つはっきりしません。また、日本国内に限れば今後人口の減少が予測されるので不動産も今ほど必要とはしなくなるのでは思います。ということは不動産に投資をしても大きな効果は期待できないのではと予測されるからです。一方、株式投資の場合、人口が減少しても個別の会社の業績がよければ株価の上昇が期待できます。またいろんな会社があるので選択肢に幅があります。
株式投資のほうが1日何度でも売り買いすることができる。
株式投資は不動産投資と違い、
常に価格が変化していることが明確に見ることができます。
基本的には信用取引でのみですが、
1日で何度も同じ銘柄を売り買いする
「差金決済」することができます。

腕利きのデイトレーダーなら
1日で何百万円もの利益を生み出すことができます。

不動産投資では、1日に同じ土地を何度も売り買いすることは不可能でしょう。

初期投資の考え方
私は株式投資をおすすめします。
実は不動産のほうが値は動きずらく、ある程度の価値は決まっており、値下がりするのは金融暴落等の
なにか事件クラスのものが起こったときに限られる。以前にマンションの価格が暴落したように。
あとは駅が出来る等で、価値があがるものもある。
そのため投資商品としては扱いやすいではあるが、なにぶん費用がとてつもなく高い。
今回は幅広く投資できるものとして株式をおすすめしたい。
金額だけで言えば、1万円以下で取引できるものもあるし、一般的なサラリーマンでも取引できる銘柄はけっこう有名企業でもあったりするからだ。
株式投資のオススメについて
株式投資オススメについてですが。メリットは少額から
出来る事と、多額の資金がいらない事。逆に不動産投資は初期費用が掛かる事と失敗した時に失うものが大きいですね。逆に少額なら失敗した時のリスクも少なく。 非常にオススメの投資だと思いますね。投資検討なら株式投資をオススメしたいと思いますね。自分は去年から始めました
株式投資と不動産投資どちらがおすすめか
現在では株式投資の方がおすすめでしょうね。流動財に関してかなり幅広商品が出ていますので、それらを手持ちで動かした方が時間やコストもかからないからです。株式などの金融商品は日本だけにとどまらず世界各地の商品にも対応しています。なので選択肢の幅としては株式投資の方がありますね。不動産投資に関してはオリンピック効果は期待できるのではないでしょうか。
不動産投資は毎日ずっと見張る必要はないのです。
確かに株式投資は金額的には参入しやすいのかもしれません。ですが、株価は毎日毎時間状況が変わります。もしあなたがそれらに付き合っていられるならば良いかもしれません。しかし現実にはそうはいきません。不動産投資は投資物件と時期さえ間違えなければ基本的には手放しでOKです。空いた時間で別の投資をする事さえできます。
不動産投資は素人にもできる
不動産投資が絶対おすすめです。というのも、不動産投資の場合、その土地の今後の状況はある程度見通すことができるからです。これからスーパーや駅がどんどん増えるなどということがわかれば土地の値段は上がりますから、そういう所を狙ってお金に糸目をつけずに購入して投資すれば、素人であっても簡単にできる投資だからです。
不動産投資はリスクが少ない
不動産投資のために不動産を購入して、例えばその建物の価値が下がってしまったとしたら、それを投資として使うのではなく、貸し出しすることで収入源として使うことができますし、自分の今までの家を売り払って自分がそこに住む事もできるので、リスクがFXよりも少ないうえに、そんなに勉強せずにできる投資だと言えるのでおすすめです。
短期から中期間で利益を上げられる可能性があるうえ少額から投資可能である点から株式投資をおすすめします
少額からの投資が可能であるため株式投資をおすすめします。株式投資は短期的に見れば不動産投資に比べれば利回り(配当)よりも価格差(売却益)が重視されるため多少投資目的の考え方が違うとは思います。これを前提として述べれば、投資して短期から中期間で利益を得るには株式投資の方が有利であるといえると思います。かつてのバブルの経験を前提として考えるならば好景気による短期的な不動産価値上昇が起こるような時には株価も概ね連動して上昇すると思慮されるため、短期的な不動産価値上昇があったとしても必ずしも株式投資よりも不動産投資有利とはならないと考えます。さらに不動産投資は株式投資のような少額投資(数千円・数万円・数十万円程度)ができない点も難点だと思います。こうした点を考慮してもやはり不動産投資の方に利があると思います。
リスクマネージメントが容易な株式投資がおすすめ!
株式投資最大の利点がその幅広い価格による容易なリスクマネージメント。不動産投資はどうしても初期の費用がかかる上に、固定資産なのでなかなかすぐに手をひくことはできません。
その点株式投資では複数の株に自身の資本を分散して投資ができるため、リスクも分散させることができるのです。低リスクで始めやすいというのは初心者にとってもありがたいことですね。
得られる情報の量
株式投資をおすすめします。不動産投資も株式投資も、投資である限りリスクはありますし、投資手法によってリスクの大小も変わるため、どちらがより安全と断言できることはないと思います。それでも投資においては、いかにリスクを抑えるかがとても重要になってきます。不動産は、ネット上で得られる情報が限られ、不動産屋さんに足を運び、実際の物件を見なければ分からないこともあると思います。その点、株式投資であれば会社の公式情報はもちろん、現代ではあらゆる情報がネットから入手出来るため、それらの情報を収集、分析することにより安全な会社を見つけ、投資するということが可能です。
絶対株式投資をお勧めします。少額の資金で出来るからです。
株式投資がおすすめです。少額の資金で簡単に始められるからです。万が一失敗しても放置していても経済的な被害はそんなに受けません。ネット証券などは手数料も掛からないところが多いです。少額の取引でちまちま利息程度を稼いでもいいし、経済の勉強にもなり投資家気分を味わえます。額によっては優待なども楽しめるので、少額で色々楽しめるのは株式投資です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。