株式投資とFXではどっちの資産運用がいいのか比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
通貨レートの変動

資産運用の方法として株式投資とFXはどちらの方がおすすめなのか比較してみました。全くの初心者なのか、多少の知識があるかによっても変わってくると思いますが、それぞれのメリットやリスクを理解し参考にしてみてください。

初心者の方は始めやすさやリスクの低さなどを重視して資産運用を始めてみるのが良いかもしれません。利益を追い求めるあまり逆に損してしまわないよう資産を運用しましょう。

株式投資
http://www.jsda.or.jp/manabu/stock/
FX
http://www.tetujin-vinegar.com/

取引時間対決

○WIN:FX
FXは24時間の取引が可能です。その為、いろんな方々の生活スタイルに合いますから、利便性は高いです。

×LOSE:株式投資
株式の売買が出来る時間帯は限られています。平日の9時から11時半と、12時半から15時までとなっており、その時間帯に取引をしなければいけないため、FXほどの時間的融通はききません。

初心者が始めやすい資産運用対決

○WIN:FX
FXは少額から始めることが出来ます。最低数千円からです。少額から始めることでリスクを低く抑えることが出来ますし、通貨=国への投資となりますから、企業への投資となる株式投資と比べると国が破たんする確率も低いでしょう。

そのため、初心者の方でも始めやすい資産運用法になります。24時間取引も可能ですから、自分の生活スタイルに柔軟に対応させることができますね。口座開設も簡単に早くできます。

×LOSE:株式投資
株式投資は必要となる資金が大きいです。銘柄によって単位が決まっているからです。10株単位や1000株単位というものまであります。そのため、少なくても5万~数十万円必要になってきます。FXと比較すると口座開設まで多少時間がかかります。

リスクの低さ対決

△DROW:株式投資
株式投資はやり方によってリスクを高める可能性があります。その代表的なのが信用取引です。自己資金以上の取引が出来るため、損が出た時のリスクも高くなります。しかし、きちんとリスク管理をしていれば、一気に自己資金がなくなるような事態はありません。

△DROW:FX
FXにはレバレッジという取引があります。これは少額の資金で多くの利益を得ることが出来るものですが、その反面リスクも大きくなります。FXを熟知した人ならレバレッジの利用価値は大いにありますが、初心者の方はレバレッジの倍率を低めにしてFXのコツをつかむ方がいいでしょう。

選びやすさ対決

○WIN:FX
FXでは通貨ペアを選びます。利用する会社にもよりますが取り扱っている通貨ペア数は大体20前後~50くらいが多いです。そのため、選択幅が自動的に狭まり、選ぶ側にとって、どの通貨ペアにするか選択しやすくなります。

×LOSE:株式投資
株式投資では銘柄を選びます。この銘柄が4,000社近くもありますから、知識や経験がないと大変です。

それぞれのメリット対決

○WIN:株式投資
株式投資では年に1~2回程度の配当と、株主優待券や商品をもらえます。もちろんその企業の利益によって無配当となることもあります。しかし、株主優待目当てで株式投資をする方もおり、その重要性は日々増しています。

×LOSE:FX
FXではスワップポイントが毎日付与されます。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買い、保有することでその金利差が毎日得られます。このスワップポイント狙いでFXをしている方もいます。そして、利用する会社によってもスワップポイントが違ってきます。

結局どっちがいいのか?

対決項目 株式投資 FX
取引時間 ×
初心者が始めやすい ×
リスクの低さ
選びやすさ ×
メリット ×
合計ポイント WIN:1
LOSE:3
DRAW:1
WIN:3
LOSE:1
DRAW:1

総合結果 ×LOSE ◯WIN

いかがでしょうか?株式投資とFXという2つの資産運用方法を比較してみました。どちらもうまく運用することにより、ただ銀行に預けておくよりは多くのリターンをもらえ資産を有効に運用できる素晴らしい方法ですよね。

しかし、その運用にはどちらも知識や経験が必要ですし、高いリターンには高いリスクがあるのも当然です。そういった中で株式投資は、初期投資額が高めという点や銘柄選びの大変さ、限定的な取引時間といった点で少し融通が利きにくい印象がありますが、長期的な利益を考えるなら株式投資がおススメです。

年に1、2回ほどある配当や株主優待商品に関しては最近メディアなどでも耳にすることが多く、優待目当てで株式投資を始める方や優待内容によって銘柄を選ぶ方も増えてきています。こういった点もとても魅力的ですよね。

一方のFXは投資額が比較的低めで始められる点が強みでしょうか。口座開設も比較的早くできますから、今から資産運用を始めるかたにはおススメの方法です。

通貨ペアも利用する会社により、ある程度限定されていますから、選びやすいですし、スワップポイント狙いで取引するのも良いですね。また、24時間取引可というのも生活スタイルに柔軟に対応できますから、お仕事をされている方にも柔軟に対応できます。

それぞれ、メリットデメリットがありリスクもありますが、今回は資産運用をするならFXが利用しやすいという結果になりました。それぞれに合った資産運用方法がありますから、その選択はじっくり行いたいですね。

株式投資とFXを比較対決したみんなの口コミ

資金の少ない人はFX
株式投資とFXではレバレッジの大きさが違います。株式投資では信用取引を利用してもレバレッジは3倍程度でありますが、FXでは国内の業者を利用しても25倍、海外のFX業者を利用すれば何百倍ものレバレッジをかけることができます。大きな資金があればレバレッジなどは必要ありませんが、小さな資金でストレバレッジと大きな利益を目指すべきです。
FXはトレードをすることが出来る時間帯が長いのでオススメです
FXは売買をすることが出来る時間が長いので、株式投資よりオススメをすることが出来ます。
夜間のトレードをすることが出来るので、会社員の方でも帰宅後にFXをじっくりとすることが出来るので資産運用がしやすいです。

祝日でもトレードをすることが出来るFXの業者もありますし、時間帯が長いことで自分の思うようにトレードをしていけるのが魅力的です。
市場が開いている時間が長いことで好きな価格で約定させられるチャンスも増えるので、FXは自由度が高くてオススメです。

FXは24時間動いているから取引しやすい
FXは土日以外は24時間いつでもトレードできるため、昼間は会社で仕事をしてトレードできない人でも自宅に居ながらパソコンを使って気軽にできることは大きなメリットです。
またアメリカやヨーロッパの大きなイベントや経済指標が発表されるのは日本時間の夜間や深夜なので、その時間に合わせてトレードできることも魅力の一つです。
PERやPBRといった指標があるので株式投資は難しくない
株式投資とFXでは投資の難易度が違います。株式投資は小型株式に投資すれば、その株式がPERやPBRといった指標から割安か割高かを簡単に判断できます。一方FXでは通貨が割安なのかそれとも割高なのかを簡単に調べる指標がないので、どのタイミングで投資したらいいのかは投資素人には分からないので、私は株式投資がおすすめだと思います。
分析ツールが充実しているFXがおすすめ
株式に比べてFXの方が分析ツールが充実していて投資しやすいと思う。株式投資も会社四季報やらチャートやらツールはありますが、いろんな銘柄についてそれぞれを分析したり、比較するには手間がかかります。FXの場合、通貨を2つぐらいに絞って分析ツールを使えば、割と納得のいく投資ができると思います。大抵どこのFX会社を選んでも便利なツールがそろっています。
株式投資の現物取引
初心者においては株式投資の現物取引がおススメです。
理由としましては初心者では損切のタイミングがつかみにくいからです。
いわゆる塩漬けにはなりますが、株主優待、配当のある銘柄を選べば多少心に余裕ができると思います。
大きく儲けることはできませんが、信用取引を行うのは株式取引に慣れてからでも遅くは無いと思います。
FX
1.小額から参加できる。
2.外貨預金などに比べ手数料が安い。
3.24時間取引可能である。
4.株式のように銘柄が多くないため、勉強・研究に比較的時間がかからない。
5.「レバレッジ」の利用により、元手よりも多くの額が扱える。
6.円高だろうと円安だろうと、運用の仕方によってどの局面でも利益を得ることができる。
7.世界最大の金融市場のため、不正が発生しにくい。
8.世界中に参加者がいるので、取引が成立しやすい 。
株式には優待と配当があります。
まずFXは利益が出たら、それで終わりです。他に何もありません。株式の場合、優待や配当があり、また株価が上がればキャピタルゲインが上がります。そうそこ潰れない会社の株を買っておけば、優待と配当を受け続けられることになります。元を取るまでに銘柄によっては時間がかかりますが、一度、株式を買って年に1,2回配当として現金を受け続けるのはお得なのではないでしょうか。
株式取引は安定性があるのでオススメできます。
株式取引とFX取引のどちらかを人にすすめるなら、私は株取引をオススメします。
その理由は安定性です。安定している企業の株価はそう簡単に大きく下落しないので、
信用取引をしない限り大損しにくいですが、FXは少しレバレッジを高めにかけているだけで、
大損してしまう可能性があります。むろんその分儲けられる可能性がありますが、
それでも私は安定性のある株取引をオススメします。
FXは紙くずにはなりません。
株式投資では最悪の場合、株はタダの紙くずになります。

何か悪材料が出てすぐに売却したいと思っても、ストップ安が連日続いて
売れないまま株価がどんどん下がっていく可能性もあります。

その点FXはロスカットの注意や、レバレッジを効かせ過ぎないことは大切
ですが、株のように紙くずになる危険がないため、株よりは安心だと思い
ます。

株式投資は配当があるのでおすすめです
株式投資の場合、大手銀行株のように配当利回りがいいと、仮に損を出したとしても半年に1回のペースで配当が受け取れるのでお勧めです。現在の水準ですと、20年ほど塩漬けにすると、配当だけで買った株券の購入額を上回ります(主要メガバンクのケース)。現在の銀行は不良債権も少ないですから、長期安定的に高い配当を維持できる可能性が高く、民間のファンドなどでよくある高配当投資などの資金流入も考えられるのでお勧めです。ただし、最近のマイナス金利の動向には注意する必要があります。
金銭的損失リスクの少なさ
私は株式投資をおススメ致します。単純に金銭的損失リスクがFXと比較して少ないからです。株式投資は有限責任なので、自身が投資した以上の責任を負う事なく、投資額以上の損失を出す事は原則ありません。対してFX取引は、当たった時は大きな利益を手に出来ますが、自身の投資額以上の損失を被る可能性が多分に残る為、俗に言う「ハイリスク
・ハイリターン」な投資方法だと思います。余程知識があるか、経済的な余裕があるわけでない限りは、株式投資の方が無難であると考えます。
FXの選択肢の少なさが魅力だと思います。
FXでは使用する為替は限られております。
しかし、株式は数多くある株式からこれから伸びるであろう株式を予想し、購入する必要があります。

FXを始めるにあたり、大体の方がドル/円やユーロ/円からはじめ、かつレバレッジを低くして
ローリスクローリターンで始めるかと思います。この点もFXの魅力でもあります。

株式では、暴落しない株(=大手の株)を買おうとすると1株数十万円が必要になる場合もありますが、
FXは1万円からも始めることができますので、自分の力で資産運用を行うには、オススメかと思います。

少額から儲ける事ができる点
株式投資とFXをやるならどちらがおすすめかというと、私がおすすめするのは確実にFXをおすすめします。
それはどうしてかというと、FXなら手持ちの額が少なくても大きく儲かるチャンスがあるからです。

ですが、株式投資だと少ない金額で投資しても儲けはそこまで大きくならないので少額投資で儲かるチャンスがある点でFXがおすすめです。

初期費用が少なくて済む
FXの方が株式投資よりも初期費用が少なくて済みます。株式投資は少なくとも10万円、買いたい銘柄が人気であればもっと必要かもしれません。一方FXは、1万円程度あれば始められます。これから何か始めようかな?と思っている人にとっては、初期費用が少ないほうがハードルは低く感じられると思います。そういう方には、少額で始められるFXの方がおすすめです。
目に見えるか見えないか
株式投資とFXならどちらをオススメするかですが、私は株式投資をオススメします。
簡単な話両方ほとんど同じ事ですが、株式投資は株券があるFXはネットの中での取引だと思ってください。
私は目に見えるか株券の方が安心も出来るし、目で見て確認が出来る為株式投資をオススメします。
FXも空いた時間を有効活用する事が出来る為評価は高いです。
FX取引です。世界中で取引されているので不正が無いと思うからです
株式投資は以前行っていましたが、へたくそなのでしょうか儲かりませんでした。ではFXで設けているかというと損ばかりしています。この私がFXをお進めするのはおこがましいのですが、FXは負けても、素直に負けが受け入れられるような気がしています。理由は株式と違い世界中で同じ通貨を取引しているので、個人のお金持ちの投資で大きく値段が変動しないことです。変動要素は世界情勢にあり、又、チャート分析がある程度役に立つからです。
リスクが少ない
株式投資はfxに比べ、利益率は低いけれどリスクが少ないため安全だと思います。
私の友人にもfxをして、一時は100万円近くの利益を出したけれど、急激な変動で一気に赤字になった人がいます。
ギャンブルと同じで楽しむ分にはfxはいいと思いますが、確実に資産を増やしたいのであれば、株式投資のほうがいいのではないかと思います。
株式投資
私はFXより株式投資をおすすめしています。
FXはレバレッジが大きく、儲けたいという欲望がむき出しになり大損になりやすいし、常に情報を掴んでいないと一気に負けてしまうからです。しかし、大きく負けるということは大きく勝つこともできるハイリスクハイリターンな金融商品です。リスク管理ができない人(私)は勝つことよりも大損する可能性の方が高いと思うので、そういう方はオススメできません。
株式投資は銘柄を厳選して選ぶことによりリスクはある程度回避できます。その上、成長する株、テーマ株は大きく株価が上がることがあり、大きな利益を上げることができます。ただ株式投資で売りから入る場合、買った株価より大きく値上がった場合、無制限に大損する可能性もあるのでそこはFXと同じで注意するところです。

リスクをコントロールできる株式投資がオススメです。

FXのほうが取引時間が長い!
最重要なのは取引時間の長さだと思います。株式投資では平日の午前9時から休憩をはさんで午後3時までしか取引できませんが、FXは平日ほぼ24時間取引ができます。
取引時間の長さ=チャンスの多さだと私は考えます。取引時間が短い株式投資だと焦って変なポジションを取りがちですが、FXなら落ち着いてポジションが取れるのでは、と思います。
株式投資の方がFXに比べ戦略が立てやすいから
株・FX両方経験ありますが、個人的には株式投資をおすすめします。FXはファンダメンタルで相場がどっちに動くか予想するのが株より難しいと感じます。重要指標の発表時でも思わぬ方向に転がる場合が多々あるからです。一方株式投資の場合、企業分析をすることによって企業価値がどのぐらいになるかおよそ見当がつきます。市場がその企業の価値を安く見積もっていても、企業自体に成長するポテンシャルがあればその企業の株を持つことに意味はあると考えます。FXの通貨の成長性や価値というものは、株と比べると不確かなであいまいな感じがします。よって私は株式投資の方をおすすめします。
資金があまりなくても勝負出来るのでFX
FXは資金があまりなくても、1000円通貨でトレード出来て、株と違ってレバレッジをかける事が出来るので少額の投資で大きな利益を狙えます。海外業者だと最大で400倍と言うレバレッジをかける事も可能です。資金があまりない、お小遣いの範囲で何か投資をしたい、慣れるまでは少額でトレードしたいと考えている方にはFXをオススメします。
国としての方向性が大きく影響するのでFXの方が読みやすい。
株式も国としての方針に影響を受け変動しますが、企業というのはその方針に対してそれに対する策を講じますが、それが上手くいくかもわかりませんしその結果によって良い方向にも悪い方向にも変動してしまいます。
一方為替の方は、国の方針に影響を受けますがそれに対抗しようとするのは周りの諸外国だけであり、その対象となるのは株式の場合に比べて数は少ない為読みやすい傾向にあります。
株式投資なら配当金や優待など+アルファが期待できるのでおすすめ!!
私は、断然株式投資をおすすめします。
それは、ずばり配当金が期待できるからです。
たとえ購入時の価格よりも大幅に下がり、元本割れしていたとしても、会社が存続さえしていれば、FXのように損切りされることはありません。
株を持っているというだけで、株数に応じた配当金を受け取ることができます。
また、お金だけでなくその会社のサービスをお得に利用できる優待もあります。
取引できる時間帯
投資に興味を持って、最初は株式投資から入りました。ネットで証券口座を開設して、1年間は株式投資を行ってみましたが、日中は会社員として働いているため相場の急な動きに対応できなかったことが続いたので現在はFXの方を中心に行っています。24時間相場が動いているため、空いている時間に取引ができるスタイルを一番重視するわたしにとってはFXの方が合っていました。
小額資金で始められるFXがお勧め
株式投資と比べてレバレッジを掛けることが可能なFXの方が、小額の投資資金で開始することが出来るのでお勧めです。
レバレッジには数年前に金融庁の規制が入ったのですが、それでも個人なら25倍、法人なら50倍までの取引が可能です。
海外口座であればこの規制はありませんので、数百倍の取引が可能な業者もあるぐらいです。
株の信用取引は3倍強までなので比べ物になりません。
とりあえず投資を始めてみたいという方は小額で開始できるFXを選ぶのが良いでしょう。
株のほうが変動が小さく安定
じぶんは両方とも過去に経験をさせていただきました。FXはドルの通貨が120円台のときに購入をさせていただきました。ですが、現在では111円台と暴落をして、損害をこうむっております。ですが、株の場合は、熊本地震、もしくは東日本大震災でも自分が保有をしている株は暴落をしませんでした。FXは変動がはげしく、投資というよりはギャンブルに近いです。ですが、株の場合は資金などが多額にかかるかとは思いますが、購入をすると安定をして、収入を得ることができます。ですので、自分は株をおすすめします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。