株式投資と先物取引はどっちがいいのか徹底比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
un07

資産運用の方法のひとつとして投資を考えている人もいらっしゃるでしょう。初心者だとどんな投資を始めるべきか悩みますね。ここでは、株式投資と先物取引を比較してみました。

どちらも確実に利益を出せると言うものではありませんので、仕組みのわかりやすさやリスクなどを考えて始めるべきですね。投資で資産運用をしてみたいとお考えの方に役立つ情報となっています。

株式投資
http://www.jsda.or.jp/manabu/stock/
先物取引
http://www.jpx.co.jp/derivatives/futures/outline/

分かりやすさ対決

○WIN:株式投資
専門用語も多くありますが、ニュースなどで聞きなれている言葉なので分かりやすいです。『投資したい会社の株式を買い、自分が売りたいときに売る』というシンプルなシステムなので比較的初心者にも分かりやすく、始めやすいと思います。

×LOSE:先物取引
聞きなれない専門用語が多く、全くの初心者が始めるのには、少しハードルが高いように思います。覚えなければいけないルールも株式よりも多くあります。

投資としての面白み&メリット対決

○WIN:株式投資
購入した株価の値上がりで得る「収益」の他にも、企業から株主への「配当金」、企業の自社製品やサービス券などの「株主優待」など、株式投資には、純粋な利益の他にもオプション的な楽しみやメリットがいくつかあります。銘柄(会社)を選ぶ際も、業績が上がりそうなどという理由はもちろんのこと、その会社の製品が好きだからとか、会社自体が好きなので株主になって応援したいとか、優待サービスを受けたい、など様々な理由で選ぶことができます。

×LOSE:先物取引
先物取引の商品は、基本的に第一次産品つまり原料となるものが多いです。例えば金・銀・ガソリン・砂糖・とうもろこしなどです。そして投資者が得るのは、売却利益(キャピタルゲイン)のみですので、面白み…といった観点からいえば、株式投資に比べるとあまりないように思います。

元手金対決

○WIN:先物取引
先物取引は、手元に多額の現金がなくても『委託証拠金』という現物の代金の十分の一から二十分の一の担保金のようなものを払うことで始めることができます。つまり、少額の資金で大きな額の取引ができるというわけです。ただ、預けている元本の半分以上が計算上の損失として出た場合は、取引をやめるか、新たに資金を投入しなければならない場合もあります。(追証拠金)

×LOSE:株式投資
株式の場合は、始める際に現物の総代金、つまり取引する株を購入するだけのお金を持っている必要があります。株は大抵、一口が100株、1000株の単位なので、時には数十万円、数百万円の持ち合わせがなければいけません。

リスク対決

○WIN:株式投資
会社が倒産すれば株は全くの無価値になります。ですから、株の値上がりや値下がりの心配はもちろんのこと、経営基盤がしっかりしているか、など倒産しない銘柄(会社)を選ぶこともリスクを避ける点ではとても重要です。

×LOSE:先物取引
株のように銘柄(会社)の選択ではなく商品の選択なので、倒産リスクはありません。ただ、相場が予想と反対の動きをすると、投資資金がゼロになるだけではなく、新たに資金を投入しなければならない場合もあります(追証拠金)。さらに、ガソリンや灯油などのように価格変動が大きいものは、短期間で大きな利益を出すことができるメリットがある反面、大きな損失を出す可能性も大きいということになります。投資の初心者にとっては株式よりもリスキーに感じるかもしれません。

判断力・即決力の必要性対決

○WIN:株式投資
もし投資した銘柄が思うような値段にならない場合でも、その会社が倒産しない限り何年でも待ち、様子を見続けることができます。期限がある先物取引と違い、中長期的な考えで投資・運用することができるので、じっくりと考える猶予もあり初心者にもやりやすいのではないでしょうか。

×LOSE:先物取引
先物取引の場合は、商品によって半年から最長一年と取引期間が決まっています。思うような値段にならない場合でも、追証拠金しないままでいれば、損失が出たままで取引は自動的に終了してしまいます。これ以上損失を出さないために決済するか、追証拠金するかを短期間のうちに判断しなければなりません。期限が決まっている中での判断というのは、素人にはなかなか難しいのではないでしょうか。

結局どっちがいいのか?

対決項目 株式投資 先物取引
分かりやすさ ×
面白み&メリット ×
元手金 ×
リスク ×
判断力・即決力の必要性 ×
合計ポイント WIN:4
LOSE:1
DRAW:0
WIN:1
LOSE:4
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

預貯金と違い、大きな利益が出る可能性が大いにある反面、元本が保証されないので損失が出るリスクもある、という点では、『株式投資』も『先物取引』も同じです。ですから、やみくもにやるのではなく、しっかりと損益が出る仕組みや、社会情勢・経済の動きなどを勉強することが重要です。

ただ、『株式投資』の方は比較的専門用語や仕組みが分かりやすく、初心者の方でも始めやすいように感じます。また、株価の値上がりで得る「収益」以外にも「配当金」や「株主優待」がある企業があるので、いくつもの株が持つメリットを感じられるのではないでしょうか。

一方『先物取引』で得るものは「収益」のみです。また、取引期間が決められており決断しなければならない時間が短いこと、価格変動が株式よりも大きいこと、専門用語やシステムが難解であることなどを考えると、一般の方が始めるには少しハードルが高いように思います。

そんな訳で、株式投資に軍配があがりました。

株式投資と先物取引を比較対決したみんなの口コミ

レバレッジがかけられるので、先物取引は株式投資よりも資金効率がよいのでおすすめです。
先物取引は少ない証拠金で取引ができ、先物ミニではなくラージで一枚取引をすれば先物価格が10円動くだけで一万円の現金が動くので、投資に自信がある人にとっては株式投資よりも非常に資金効率のよい投資先だと思います。このように少ない資金で大きな利益を得たいと思ったのならば先物取引は株式投資よりも効率がいいと思います。
株式の方がお得です。
まず勝率ですが、先物は1割しか勝ち組はいません。株式は勝率はそこまで低くはないと考えられます。株式は買って、そのまま放置して優待と配当を受け続けることが可能ですが先物にはそのような特典はありません。また選べる銘柄が株式はかなり多く、先物にはそこまで多くの選択肢がないのも株式の方が優勢かと考えます。潰れない会社の株式を底値で拾えば、断然、株式の方が得となります。
株は先物より安全です。
株式投資と先物取引どちらがいいかと言われたら、私は株取引をオススメします。
なぜなら先物取引は株取引と違い、読みをはずした場合の被害が甚大だからです。
株は信用取引をしなければ読みをはずしてもそこまでの被害がありませんが、
先物はそうはいきません。大量の追証を請求されかねません。
それを考えたら株取引の方が安全だと言えるでしょう。
株式取引のほうが個人投資家の場合なら同じハイリスクハイリターンでもオススメです。
株式取引のほうが個人投資家の場合なら同じハイリスクハイリターンでもオススメです。
先物取引とは、現在の価格で将来に商品を売買するという取引のことです。先物取引には、あらかじめ売買の価格を設定できるので、価格変動する商品の「価格変動リスク」を回避できるという利点があります。最大のデメリットとしては、商品価格の全額を取引の時点で支払う現物取引に対して、先物取引は将来の売買を担保する証拠金が必要とされます。私の誤解かもしれませんが、担保になる証拠金が損失が大きかった時に多額になるリスクがあるので資金力がないとお勧めできません。
リスクの少なさ
株式投資は先物取引と比べ、リスクが少ないと思います。
先物取引は予測が難しい分リターンは多いですが、やはり慣れていない素人での判断では利益を出すのは難しい部分があります。
運用に慣れていない方には、先物取引には手を出さず、株式投資で確実に資産を増やすことをおすすめします。
投資はリターンの大きさよりも、確実に資産を増やすことが重要です。
取引の安全性の点
投資をしようと思った時に株式投資と先物取引のどちらがおすすめかというと、それは絶対に株式投資です。
それはどうしてかというと、どちらもリスクがありますがそれでも株式投資の方が先物取引よりもずっと安全に取引ができるからです。

ですから、多くの人は投資をする時に先物取引よりも株式投資を選択するというわけです。

株式投資のおすすめポイントは、手元にお金がないと出来ない事です。
先物取引は、手元にお金がなくてもはじめられますが、いわゆる借金をしてはじめるということになりますので、予想が外れ、購入した金額より株価が下がった場合、借金+マイナス分が残ってしまいます。
株式投資は、株価が下がれば購入金額よりマイナスになってしまいますが、お金を借りてからやらない限り、借金はのこりません。
なので、安全面を重視するなら、株式投資をおすすめします。
株式投資には株主優待や配当があるのがおすすめするポイントです
株式を所有することで株主優待制度でポイントが付与されたり優待券を貰える場合があります。
また、配当金を受け取ることも出来るので企業の業績が良ければ、株価の値上がりによる利益以外にも現金を受け取れる場合があります。
先物取引にはそのような利点はなく、単に将来の価格を想定した差金決済でしかないので、
企業がリスクをヘッジする等の目的には利用できますが、個人が利用するメリットは薄いと思います。
よりみじかな情報で投資できるので先物取引の方が良いと思います。
株式というのはグローバル企業であれば世界の流れから世界経済、またここの会社の戦略から細かい状況まで沢山の情報が必要であり、そうした情報はみじかな情報として発信されていないものが多いです。
一方先物の対象となっているものはみじかな商品である事から、日頃流れているニュースや日常生活の中から情報を自然に集める事が出来るため、より実感のある投資が出来ると思います。
株式取引の方が痛みが少ないと思われます。
先物取引は少額の投資で高額の取引を行う事が出来ますが、損をすると投資額の数十倍の損害を生ずる事があるので、場合により多額の負債を負う可能性があります。その点株式取引は損をしても値下がりした分だけと、先物取引よりはリスクが少ないと言えば少ないです。但し株式取引でも信用取引は、初期投資額の十数倍の取引が可能で、株価が上がった時の利益は大きいですが、先物取引と同じような性格なので、逆に値下がりしたのリスクを考えるとお勧めしたくはありません。
ゼロにはならない。
先物取引と株、両方共に経験した者としての意見です。先物取引はハイリスクハイリターンです。儲かればいう事なしですが、相場を読む事は難しいのと、下手すればゼロ(マイナス)になってしまいます。株は「信用取引」に手をださない、または持ち株会社が倒産でもしない限り株の価値はゼロにはなりません。また優待や配当もある株を自分はお勧めいたします。
株式投資には、株主優待がある。
株式投資も先物取引も、思ったように利益が得られることもあれば、大幅な損失を生むこともあります。しかし、株式投資には、株価の上昇や下落以外にも、株主優待で毎年ほしい商品やサービスがもらえたり、業績が変わらない場合、中間、期末配当がもらえることもあります。また、早い段階でニュースにあがり、新聞やテレビ等で先読みできる場合もあります。
株式投資は資金がゼロになるだけで済む。
株式投資も商品先物取引も、元本割れをするデメリットがあります。100万円投資をしたものが、80万円になることも少なくありません。そのリスクを理解した上で、リスクマネジメントの観点から、私は株式投資をオススメします。株式投資は資金がゼロになるだけで済みます。一方で、商品先物取引は資金がゼロになるだけでなく、追加の資金を投入しなければいけない状況になることがあります。よく資金が底をついた、という話は聞きますが、それはまだマシの状態で、資金がなくなり借金をしなければならなくなった、という状態になる恐れがあるのが商品先物取引です。もちろん自分の全資産を把握して、そのうちの一部分を商品先物取引に投じる、といった適切な資産運用の判断ができれば、ハイリターンも見込める商品先物取引も楽しめると思います。しかし慣れないうちは株式投資をオススメします。もし株式投資で資金が半分になるのも耐えられない、生活できなくなる、というのであれば商品先物取引は避けた方が無難でしょう。
取引は株式投資がオススメです。
株式投資と先物取引なら株式投資をオススメします。
投資は怖いやリスクがあるといった方もいると思います。
ですが、投資といってもピンからキリです。
低予算から投資はできますし株式投資は利益が上がる際はかなり高い利益を得られます。
それに株を持てば、その株の関連で優待をする受ける事もありますのでお得面でかなりリードしているからです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。