日本三景の松島、天橋立、宮島(厳島) どこが一番好き?100人に聞き比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
桜と鳥

日本三景の松島、天橋立、宮島(厳島)どこが1番好きなのかを100人に本音アンケートをしました。それぞれに思う好きなところを比較対決しました。

1度は行ってみたい日本三景。是非、1番人気の場所へ足を運んでみてください。心が癒されることまちがいありません。

・松島
http://nihonsankei.jp/

・天橋立
http://nihonsankei.jp/

・宮島(厳島)
http://www.miyajima-wch.jp/jp/

スポンサーリンク

アンケート結果はこちら

宮島(厳島) 62人
松島 22人
天橋立 16人

100人に聞いた日本三景それぞれのおすすめポイント

やっぱり松島
3か所とも行きましたが、そのエリアに入った瞬間に感動するのは、やはり松島です。海が見えた瞬間にわーっと声を上げるのはお決まりです。声を上げざるを得ない美しさがあります。海に浮かぶ数々の島々、またその間隔、すべてが陸からは見えないという神秘性、それらが心を震わせるのです。さらに、震災時もその島々のおかげで津波の被害が少なかったという安全性、それも安心して観光できるポイントです。以上を踏まえ、私は松島が一番好きです。
宮島は幻想的で不思議
宮島は他の場所では絶対に見ることが出来ないような幻想的な風景が他には見られないので一番好きです。
水の上に見える厳島神社大鳥居はとても美しくて見ているとこの世のものとは思えなく不思議に思うほどです。
また、赤い厳島神社大鳥居は満潮の時や干潮の時、朝、昼、夕方、夜など一日の中だけでもさまざまな景色に生まれ変わっていき、風景がどんどんと変わっていくのでその風景に飽きることがなく楽しめることも好きな理由のうちのひとつです。
雰囲気も遊べる感じも天橋立が一番
展望台から股のぞきをすると竜が空に登っているように見えるという天橋立は日本三景の中でも優雅で優美な一面を持ちながらも、遊べるスポットにもなっており一番好きです。景色を楽しむのはもちろんなおですが、景色の楽しみ方に遊覧船に乗りほかにもレンタルサイクリングで松並木の中を走り抜けることができるのです。往復で違ったルートを選択することも可能になっているなど観光客思いです。夏は海水浴もできるなど自然を目で楽しみ、そこで遊べるのはここだけかなぁと思います。
宮島が1番
天橋立と松島は本当に自然の景色だけを楽しむという感じですが、宮島は海にたたずむ大鳥居といった自然と人工のコントラストを楽しむことができます。
自然の力強さはもちろん、それを生かした人間の力というものを感じることができるので、宮島が1番好きです。
さらに、宮島自体が厳島神社・豊国神社・大聖院、さらには水族館など、多くの施設を有しており、観光地としても充実しています。
天橋立と松島はそれ自体を見ることを楽しむ感じで、観光施設は充実していません。
観光という面でも、宮島に軍配が上がると思います。
松島でしょ。
松島大好き人間です。山形県に住んでいますが、小学校時代の修学旅行も松島でした。それほど東北地方では有名なスポットで愛されています。それ以降ももう何十回も松島を訪れています。もうすっかり観光地になってしまって、外国人もかなり訪れているようですが、フェリーからの眺めはいつみても素晴らしいです。2011の震災からもう5年たとうとしていますが、松島の皆さんも本当に頑張っています。まだまだ震災から立ち直っていないとはおもいますが、頑張ってほしいです。
やはり、私は宮島が一番です
というのは、天橋立も松島も、自然の風光明媚な光景のみです。しかし、厳島は、海の中にたっている鳥居という意外性にびっくりさせられます。確かに、天橋立も松島も厳島(宮島)も自然のすばらしさ、美しさを感じさせます。しかし、自然の美しさを感じさせるだけなら、すぐ近くの山や野、川、海も自然の美しさを感じさせることに違いはありません。その自然の美しさを引き立たせるためには、一つ、人工物をいれたら、なおさら引き立ちます。厳島にはそれがあります。しかし、天橋立、松島にはそれがないようです。しかし、それはそれでよいのかもしれません。こういうものは、人の好みですから。
宮島が好き
私は宮島が一番好きです。島に着いた時から気持ちがなぜか落ち着きますし、景色も良いからです。それに島には鹿がいたり、色々なグルメもあって、楽しめるからです。水族館があったり、登山もできたり、ロープウェイにも乗れたり、これだけ色々な事ができる所はなかなかないと思います。まだ他にもできることは色々あります。本当に魅力的な島だと思います。何度行っても楽しめ、気分の入れ替えができ、素晴らしい島だと思います。
なんどもいきたくなる島
宮島は広島から電車で30分程いって船に乗り換え10分で島には着きます
まず出迎えてくれるのは鹿さんです
そこからお土産やさんの通りがずらっと並んでいるのですが
宮島は食べ物がとてもおいしいです
広島名物にはもみじ饅頭がありますが揚げてあるもみじ饅頭がとてもうまい
牡蠣も名物なのであらゆる所に焼き牡蠣や生牡蠣があるので
食べるという事だけでもいく価値ありだと思います
そこを抜けると世界遺産でもある厳島神社があります
海に浮かぶ鳥居や社殿
とても幻想的で一瞬で虜になります
そのほかにも水族館や五重塔などといった見所が
たくさんありますので
何度もいきたい所は宮島です
宮島の荘厳な景色が好きです。
平安時代に作られた名社だけあって荘厳な感じがとても気に入っています。広島観光に出かけて際は毎回と言っていいほど妻と参拝に出かけるのですが、不思議と参拝後は体調が良くなります。パワースポットとしてもしられ家族、カップル、学生旅行と誰でも訪れやすい所も気に入っています。観光名所なので広島目物のもみじ饅頭やお好み焼きの素を近くのお土産さんで購入できる所も利便性が良いと感じています。世界文化遺産としても登録もされているので写真を撮ってお土産とすると喜んでもらえるので、1番良いと場所と思っています。
神々が暮らす島、宮島
私が日本三景の中で一番好きなのは宮島にある厳島神社です。
理由は宮島は「神々が暮らす島」と言われているだけあって、厳島神社だけでなく宮島全体が神々しい空気で包まれているような気がするからです。
宮島はもう何度も訪れていますが、フェリーが宮島に近づいて一歩島に降り立ったその瞬間からその神聖な空気を感じることができます。
間近で見る大鳥居の迫力ももちろんですが、厳島神社内の美しい回廊や凛とした狛犬のたたずまいも息を飲むものがあります。
引き潮と満ち潮の時間によって、全く違った表情を見せてくれるのも大きな魅力です。
松島
これまで3回行った事があります。遊覧船に乗りたくさんの松で出来た小さな島を見ながらそれぞれの松の説明を受けます。カモメが船を囲むように来るので臨場感が、ありました。
宮島の厳島神社
厳島神社の水との融合的な風景はとても魅力的だと思います。船で行きますので、遠い所からの姿や近い所からも見れて色々な姿が見れます。鳥居がメインですが、とても目立っていて立派です。又、満ち潮や引き潮によって1日の中でも全く違う姿に変身します。どちらの姿も綺麗で、飽きず滞在する事ができます。様々なシーンでの写真が撮りたいと思わず思ってしまいます。そこでとった写真はとても絵になるものだと思います。こんな神聖な場所は1番といってよいほど素敵な絶景だと思います。
宮島が一番
私は宮島を日本三景の一番だと思います。天橋立と迷いましたが。宮島は船で渡るので何か特別な気がします。また、厳島神社が潮の満ち引きで異なる景観となるのがすごく感動的です。潮が引いたら時に鳥居まで行けるので、何か特別なものがあります。天橋立も景観は素晴らしいのですが、宮島にはかないませんでした。松島は、正直記憶に残るほどのものではありませんでした。近くでジェットスキーをしている人達もいてうるさく日本三景が台無しでした。
松島でかきを食す
松島がとても好きで毎年行っています。遊覧船に乗りながら見るのですが、その時カモメにエサをあげるのも楽しみの1つです。震災の影響で岩が崩れている所があり、それを見るたび大震災の日の事を思い出します。そして、遊覧船を降り商店街のようなお店が並んでいるのですがそこで牡蠣を食べるのもまた楽しみの1つです。色々な牡蠣料理が食べれます。仙台の名産の牛タンも食べれるお店もあります。食も充分に楽しめるのでオススメです。
宮島が一番じゃけえねえ
日本三景の中でも宮島は私にとっては特別です。
実際に見たことあるのが宮島だけというのも理由の一つです。
とりわけ宮島には世界中から人々が集まる世界遺産でもあります。
古代より全島が信仰の対象とされていたために、
農地として耕すことさえも許されなかったと言います。
また、相対的な部分で見ると宮島にはしゃもじが有名でお土産にもなる
というのがすぐに思いつきますが、天橋立や松島にはパッと浮かぶものが
少なくイマイチ印象に欠けるかな、という面もあります。
とはいえ、天橋立や松島も素晴らしい景色であることに変わりはないと思いますが、
私にとっては宮島が一番じゃけえの?、というわけです。笑
宮島が好きな理由
広島県に住んでいますが、宮島に行く時はちょっとした観光気分で行きます。
ついてすぐ、しかが出迎えてくれます。
子供がとても喜んでくれます。
また、土産物や飲食店も充実していて、うきうきします。
子供は水族館を楽しみにしています。リニューアルされてから、昔よりよくなり、子供は大好きです。
大人は厳島神社。海に面していて、不思議ですが、とても厳かな感じがします。外国人もとても多くてビックリです。世界的に有名な神社、また行きたいです。
松島が一番好き!
松島の雰囲気が大好きです。他の2つよりも修学旅行生が少ないというのもありますが、人が騒がしくなく、落ち着いて観光というかのんびりすることができる点がとても良いです。海岸も神社もどこも静かで、閑静という表現がぴったりです。また、あんな海の近くにありながら、3.11の東北大地震や津波でもほとんど被害を受けることがなかったというのも、「神様に守られている土地で、ご加護がありそう」と個人的には感じています。
偉大な力を感じるのことが出来る宮島
パワースポット好きとしては、宮島は欠かせません。宮島の有名観光地である厳島神社では、長い歴史を経てもなお衰えない偉大なパワーを感じます。
建物と背景とが見事に調和した景観は、何度見ても素晴らしいものです。大鳥居も、潮の満ち引きの時間によって見られる景色が違うことがとても赴く深いです。日本人なら一度は見る価値のある情景だと思います。
まるで平安時代にタイムスリップしてきたような気分に浸れ、心が洗われるようです。また宮島で是非食べてほしいのが穴子丼です。どの店で食べた穴子よりも、宮島で出して頂いたものが一番美味しかったです。
宮島(厳島) が一番好きです!
宮島(厳島)といえば、やはり世界遺産である厳島神社の姿がすぐに頭に思い浮かんできます。もちろん神社というものは、日本独特のものですが、世界的にみても、このような世界遺産はとても珍しいのではないかなと思います。
満ち潮になれば、まるで海の上に浮かんでいるかのように見え、引き潮になれば、鳥居まで歩いて行けるので一度は体験してみたいです。神社は歴史を感じる美しい寝殿造りで、後世にまで、永遠に残しておきたい建造物だと思います。
宮島
宮島といえば赤い鳥居と社殿が海に浮かんだように見える厳島神社を思い浮べる人が多いでしょう。
もちろんこの神社がなくては宮島が日本三景のひとつに選ばれることはないと思います。
けれども宮島の魅力は厳島神社だけではありません。
宮島周辺は牡蠣の産地で、宮島の商店街には美味しい牡蠣料理を存分に堪能できるお店がたくさんあります。
そして秋になると紅葉が美しい紅葉谷公園があり、その近くにあるロープウェイ乗り場から、弥山という山に登ることができるのです。
弥山の山頂からは瀬戸内海の眺めが一望できます。
宮島は海だけではなく山も楽しめる絶好の観光スポットではないでしょうか。
松島でゆとり旅
日頃の忙しい日常から離れたくなったときに、頭に思い浮かべる場所は松島です。風景もさることながら、松島に来ると、時間の流れがゆったりとしていて、日頃、肩に力を入れてす過ごしている体もリラックスして過ごすことができるので、疲れを癒してリセットすることができます。食べ物も美味しくて、特にオススメしたいのが、ふんだんにカキを使用した松島名物「カキ丼」です。風景よし、食べ物よしで、身も心もリラックスできる松島は最高ですよ!
宮島が好きです
宮島が好きです。厳島神社の建物や、瀬戸内海にそびえたつ深紅の鳥居の美しさもさることながら、周りの土産物屋さんの雰囲気もいいですし、ちょっとアグレッシブな鹿たちも愛嬌があって好きです。この地が特別なのはやはり、「船でしか行けない」という、少し離れたところにあり、俗世界とから少し離れている感じがしていいのだと思います。今まで2度訪れていますが、島に旅館があることが分かったので、次に行くときには「泊まり」で行こうかと思っています。美味しい蠣を期待して・・。
春夏秋冬いつ行っても楽しめる宮島
私が日本三景の中で一番好きなのは、春夏秋冬いつ行っても満足できる宮島です。春はお花見、夏は花火大会、秋は紅葉、冬は牡蠣祭りと様々なイベントが行われているので何回行っても飽きません。あなご飯やにぎり天・焼き牡蠣などご当地グルメを楽しめるのも魅力に感じています。また、名物のしゃもじや紅葉饅頭などお土産類が充実しているのも気に入っています。パワーをもらうだけでなく一日を通して満喫できるので宮島が好きです。
京都府の出身だから、天橋立が好き
モノレールで小高い丘に登り、ブルー色に広がる海を眺めれば、そこには少しうねりながらも向こう岸へと続く砂州とその上に茂っている松林の群れが目前に広がる。そして海の一角で船が静かに進んでいき、その波紋が湾内一面に乱れることなく広がっていく……。神々が架けたとさえ思えるこの姿に、自然の不可思議な力を感じます。だから、天の橋立が一番好きなのです。(でも、本当は「京都府出身だから」という理由にすぎないだけなのですが。)
日本三景では、天橋立が一番好きです。
松島は行ったことが無いので、写真やテレビなどでしか見たことが無くて、他の2か所については現地へ行ったことがあります、なので比較するには松島はすこし難しいのですが、東北は震災などがあったこともあって、あの忌まわしい思い出が思い起こされてしまう為、楽しい気分にはなれません。天橋立は山陰(日本海特有)の景観と雰囲気がよく味わえる気がして、この3つの中では一番好きです。宮島については神舎仏閣というイメージが強くて、あまり興味が薄いです。
個人的に一番好きな天橋立
古くは古事記にも登場する天橋立ですが、初めて行った時に細長い砂州が延々と続いている感じが面白くて、何時間も歩きまくって最後まで到達した時の感動は今でも忘れられません。地上からもユニークな地形なのですが、やっぱり天橋立ビューランドから展望台から見ると全景が眺められて、生き物を見ているような不思議な感覚にも襲われます。日本三景は一全て行ったことはありますが、やっぱり壮大な感じがする天橋立が一番魅力的に自分には思えます。
宮島(厳島)が一番好きです。
私は日本三景の中で、宮島(厳島)が一番好きです、でも実は行ったこともなくて、テレビの情報番組などでしか見たことないんですけど、3か所の中で行けるととしたら絶対ここを選びます。松島や天橋立は私に言わせればどちらかというと自然が作り出した絶景(海や島)だし、私はどちらかというと人口的な建造物である厳島神社がある宮島の方に興味を魅かれますね、特に瀬戸内海の海の中に建つ厳島神社なんて、とても絵になっていて素敵です。
日本三景では宮島(厳島)が一番
日本三景はどれも素晴らしいですが、一番素晴らしいと思ったのは宮島(厳島)です。自然である海の満ち引きを利用して建てられており、潮が満ちてくると社殿が海に浮かんでいるように見えます。寝殿の創りは平安時代のもので、とても美しい日本を代表する建築物となっています。島には神のつかいとされる鹿がたくさんいるほか、社殿の朱色、弥山の緑、海の青が素晴らしくきれいで、日常を忘れるような、まるで別世界に来たように感じられます。
天橋立が一番好きです。
日本三景の中で、どこが一番好きかと聞かれたら、「天橋立」です。
なぜなら、宮島は、世界文化遺産に認定されていて、美しいですが、建造物が観光の目玉なので、その点、天橋立は、自然にできた景色が美しいので、私は、グランドキャニオンのように、自然にできた不思議な、美しい景観が好きなので、「天橋立」が一番好きです。
また、天橋立の上を散策できるのも魅力ですし、海の幸が好きなので、海の幸を食べられるところも、良いですね。
松島は、行った方に話を聞いたら、「あまりたいしたことなかった」と言っていたので、松島は候補から外しました。
私は松島が一番好きですね。
日本三景って改めて見てみると、松島は太平洋に、天橋立は日本海に、宮島(厳島)は瀬戸内海に、みんな異なった海に面した景観地なんですね。私は海岸線の景色を見ることは好きなので、松島や天橋は好きですね、でもどちらかというと、日本海は暗いイメージが自分の中で強いので、太平洋側にある松島の方がイメージ的に好きですかね、宮島(厳島)は修学旅行で行ったことがあるけど、なぜか印象にも・思い出にもあまり残ってない「神社だけだったような・・・」だよね。松島は東北大震災があり、どうなってしまったのかと気になっていたのですが、あまり被害が無かったようで本当に良かったです。
観光に行くなら宮島がお勧め!
やはり宮島が最もお勧めですね。フェリーでしか行けないというのに特別感も感じます。何より陸地からあの大きな鳥居を見たときの絶景が魅力的です。季節ごとに行っていますが季節で様々な顔を見せてくれるのが素敵ですね。
また、宮島は牡蠣のガンガン焼きや揚げもみじなどご当地グルメが発展しているところも好きです。土日には屋台も出て、観光するのも更に楽しくなりますよね。
可愛い鹿がお出迎えしてくれるのも宮島らしくて好きなポイントです。
天橋立
天橋立が好きです。天橋立は眺める場所によって見え方が違い、名前も違い、訪れる場所それぞれから違った天橋立が見れるのも魅力の一つです。神秘的なその景色を楽しむだけではなく、中を歩いて行くことやレンタルサイクルで自転車で行くこともでき周りの景色も楽しむことができます。徒歩だと1時間位です。中に神社もあり参拝して帰るのもいいです。海水浴場もあり色々な楽しみ方ができるのも魅力です。天橋立の周りにもさまざまな観光スポットやおいしい食べ物もあり楽しめる事間違いないです。
やっぱり、天橋立でしょ。
いちばん馴染みがあるからというのもありますが、天橋立を推します。自然が造り上げた砂州、そこに並んだ松の立派な姿は一見の価値があると思います。やり始めた人は偉いと思います、また覗き、きっと偶然だったのでしょが、これをやってこそ本当に天橋立なんだと実感できると思います。天に橋がかかっているかのような姿をぜひ見ていただきたい風景です。天橋立には、文殊さまもいらっしゃいます。ついでといってはなんですが、知恵を授けてももらえます。こんな良い場所はありません。
潮の満ち引きによる景色の変化
私は宮島が一番好きですが、以前フェリーにて宮島へ上陸し厳島神社へ行き大鳥居を見た際に、とても大きく且つ厳かな雰囲気で感動し圧倒されたのを今でも覚えています。
更に、満潮時と干潮時で周りの景色が全く異なるため、それぞれに違った良さがあり様々な景観を楽しむことが出来ます。干潮時には、鳥居を真下から見ることができその大きさにとても驚かされ、また、昔の人の建築技術の高さは目を見張るものがあります。
まだ一度も見に行かれたことが無い方は、是非一度は訪れて景色を見てほしいスポットだと思います。
厳島神社と自然の美しさ
なんといっても船で向かうということで神聖さがあり、気持ちが盛り上がるのだと思います。宮島に近づくと厳島神社の大鳥居が見えてきて、期待度があがります。潮の満ち引きで違う表情を見せてくれ、大鳥居まで歩いて行けるのも楽しいですし、やはりいいなあと思うのは水位が上がり海に浮かぶかのように見えるときだと思います。もし島内に泊るのであれば一番幻想的な夜のライトアップを見るのがおすすめで、時間を忘れて眺めていたくなります。島内にある食事・観光も含めてこの島はおすすめです。
大きな鳥居と厳島神社の宮島が一番
日本三景はどれも美しい景色で有名ですが、私の中での一番は宮島です。
というのも、海に佇む大鳥居は自分の重さだけで立っているという珍しいものですし、厳島神社も回廊が釘打ちされていなくて、波が来たら浮かぶようになっています。
人の手で作られたものと自然との融合という点では、かなう者はいないと思うからです。船から鳥居越しに厳島神社を眺めるも良し、神社の中から大鳥居を望むのも良し。
朱色がとても際立っていて、何度でも見たくなる景色です。
宮島は思い出の場所
宮島の厳島神社は大好きな親友が結婚式を挙げた場所なので一番大好きです。大学卒業後、名古屋と広島で離れてしまったけれど結婚の知らせを聞いて主人と一緒に駆けつけました。一般的な結婚式とは違い、印象に残るもので、幼稚園の先生であった親友の夢で園児にも花嫁姿を見てもらいたい、ということで園児達も駆けつけ、たくさんの人がお祝いできる場所でした。そんな思い出深い場所ということが一番の理由ですが、食べ物がおいしかった、お土産物屋さん大好きの私がテンション上がりまくるぐらいお土産物屋さんがいっぱいあったこと、この二点も理由を後押ししています。
宮島はさまざまな角度から楽しめます
私は日本三景のなかでは宮島が一番好きです。夏に見に行った際花火大会があり、鳥居越しに打ちあがる光景はとても綺麗で感動しました。また鹿がそこらを歩いていたり、潮干狩りができたり、食べ物がおいしかったりと楽しさのバラエティにも富んでいて、歴史的な背景も踏まえて島を歩いているととても感慨深い気持ちになれます。
夜のライトアップされた厳島神社も美しく、朝から晩まで違う景色が楽しめるのでとても充実した時間を過ごせた思い出があります。
宮島(厳島)の夜景が綺麗!
船に乗ったときからすでにテンションが上がります!宮島名物のお店がたくさんあるので目移りしますが、たくさん回って食べ歩きを楽しみ、そしてお土産に宮島の地ビールや限定のもみじ饅頭味を探して購入して、楽しすぎて全然飽きません。夜になると周辺は思っていたよりも真っ暗になりますが、厳島神社にライトアップはとても綺麗に見ることができます。もうすぐ帰るのかと思いながらライトアップを見ながらほっこりできます。帰りの船でもライトアップを見ることができ、最後の最後まで楽しめます。
天にかかる橋と呼ばれる天橋立が一番好き
京都にある天橋立。ロープウェイを下りながら見る天橋立の絶景にまず感激。そして股覗きをして見る橋は、空と海に橋が浮かんでるように見えてまた違った絶景を味わえます。大人だけでなく子供が遊べるような公園も併設されていて、子供は公園で遊び大人は絶景を見ながらコーヒーで一息つけます。車から降りてすぐ絶景が見れるのがいいです。
塩竈みなと祭り
昨年の7月海の日に観光に松島に行った時、事前に知識もなく何となく松島駅で降りました。少し歩くと沢山の旗をなびかせたきらびやかな船が見えてきました。
塩竈みなと祭りは龍の船に神輿を乗せているまつりで関西人の私には本当に珍しく美しい船に見えました。地元の子供たちもはっぴを着て楽しそうに船に乗っていました。
松島は東北大震災のつめ跡もありましたが、綺麗な海と沢山の島々が織りなす風景を遊覧船から眺めているだけで幸せの気持ちになりました。
やはり三景の中では一番迫力もあり私は松島が好きです。
日本の三景である天橋立が好きな理由
わたしが、日本の三景で一番好きなのは京都にある天橋立です。好きな理由は、1回見に行ったときはあまりもキレイな景色だったので写真を撮りました。天気のいいときだったので安心しました。実際股くぐりしてさかさにみると、竜が飛んでいるように見えてすごくビックリしました。場所を変えて見ても、ロープウェーに乗りながらも、船に乗りながらも色々高さでも違う景色が見えてすごくキレイした。また、京都に行く機会があれば、天橋立に行きたいです。
どちらの景色がお好み?天橋立
私は日本三景の松島、天橋立、宮島(厳島) の中で天橋立が一番好きです。
松島や宮島(厳島)も好きなのですが、どこが一番かと聞かれたら迷わず天橋立を挙げます。理由は股から景色をのぞくと砂州を天にかかる橋のように見ることができ、通常の姿勢で観られる風景と、股からのぞいた景色の両方が楽しめるためです。日本三景の中でもこの変わった楽しみ方が出来るのは天橋立だけです。また、松の生えている砂州の外側は波の穏やかな海に面しており、波打ち際に座ってのんびりと潮風を感じたり、寄せては返す波の音が楽しめるからです。
宮島が一番好きです!
私が宮島を一番好きな理由は、美しい瀬戸内海の海に立っている鳥居の凛々しい姿に惹かれるからです。そして歴史的な建物が好きなのもあり、厳島神社のあの美しい朱色と立派な構造にとても興味を抱いてしまいます。また厳島神社は外観だけではなく、その中を歩いて深呼吸をするだけでその神社が歩んできた歴史に触れて感じれるような気もします。まさに「神の島」と呼ばれるに相応しい畏れ多さと壮大さを感じさせてくれる宮島が一番です。
世界遺産の宮島厳島神社
私は中国地域に住んでいるので宮島の厳島神社が好きです。海に浮かぶ鳥居の美しさは、松島や天橋立には勝る美しさだと思います。初めて行ったのは小学校の修学旅行でした。その時は雨だったのですが雨も似合う神社でした。大人になり何度も行きましたがフェリーを降りて厳島神社に向かうまでにお土産さんが沢山あり、そのお土産さんに寄りながらと桜の時期には桜のトンネルを通りながらと本当に風情があり大好きです。厳島神社の参道を歩き潮が引いていれば鳥居の近くまで行けて目の前で鳥居が見られる事は魅力的です。いつでも多くの観光客で賑わう宮島厳島神社は本当に世界遺産にふさわしい風格ある神社です。
宮島(厳島)
日本三景の中なら一番宮島が好きです。松島、天橋立は行った事がないのですが、テレビなどを通して見た事はあります。ただ私は自然のみよりも、歴史的建造物と自然の融合した景観が好きなので、松島、天橋立にいつか絶対訪れたいというほど惹かれませんでした。宮島はずっと行ってみたいと思っており、実際訪れてみて、厳島神社の神秘的な美しさに圧倒されました。海の青と自然の緑、そして建物の朱の色と色のコントラストもとても綺麗で、とても日本らしい美しさだと思いました。
やっぱり松島でしょう
私は松島が一番好きです。松島湾にある260以上の島々が長い歴史をかけて自然形成されたことに、自然のすばらしさを感じます。その島々の間をめぐる遊覧船から見る松島湾と島々はとても素敵です。また、遊覧船を追いかけてくるたくさんのカモメたちを見ることもできます。松島も東日本大震災の被害を受けましたが、たくさんの島々が防波堤の代わりになり、ほかの沿岸部よりも被害がすくなかったので、今でも松島の趣のある街並みが見れます。もちろん有名な五大堂も見れるし、赤くて長い桟橋を渡って島を探検できたりするので子供にも喜ばれます。
松島の魅力。
私は松島が大好きでお休みの日にはよく松島へ出かけます。
美味しくて新鮮な海の幸を食べられる事はさることながら、どこから見ても綺麗な海を一望できる所が大好きです。そして、海を眺めながら食べ歩きをするのも一つの楽しみでもあります。個性的な雑貨屋さんがあったり、昔懐かしいレトロ館があったりもするので一日中楽しむ事が出来ます。松島は有名ですが、何回足を運んでも新たな発見ができる観光地だと感じます。地元とゆう事もあり、もっと沢山の方に足を運んでいただいてまた違った松島を知ってもらいたいと思います。
自然の芸術天橋立
京都にある「天橋立」を始めて画像で見たときに、人工物ではないか?と思うほど綺麗に陸を繋いでいた。調べると地震による土砂の噴出でできた自然のものだと知り、絶対に行ってみたい!と思うようになった。
実際に行ってみると、まるで別の世界に来たかのように普段見ることのできない光景が広がっていた。両側が海で心地よい海風が通り、水もとても美しい。現実を忘れるには最高の観光スポットであり、近くの山頂から眺めても自然の芸術を堪能できる。
宮島です
私が行ったのは、まだ台風で鳥居が壊れてしまう前の宮島でした。今もほとんど変わらないくらい復元されていると聞いています。やはりあの潮の加減で海の中にある鳥居はテレビでも見たことがありましたが、実際に見ると本当にいいな~風情があるな~と思いました。また厳島神社の朱い回廊も生で見ると素晴らしさがわかります。名物のもみじ饅頭も色々な味が楽しめますし、鹿も人に慣れ過ぎていてちょっと怖い時もありましたが、まじかで見られて思い出に残りました。私は見ていませんが、ライトアップもきれいとのことなので、次回に行く機会があればその時間帯に行きたいです。
宮島(厳島)が一番!
断然宮島が好きです。何回も旅行に行っています。正直、観光だけなら一日、急げば半日あれば充分な広さです。わざわざ宮島で宿泊しなくても構わないくらいです。でも宮島は時間によって顔が全然違います。厳島神社に満潮時、干潮時に行きましょう。干潮時には鳥居のそばまで歩いて行けるし、満潮時には海の中に立つなんとも神々しい姿が見えます。また、夜にはライトアップもされ、昼間とはまた違う顔があります。厳島神社だけでなく、宮島はゆっくりするのに最高の場所。車がほとんどないので忙しい社会から離れてゆっくりできます。旅館で夕飯を食べたあとに浴衣で外を散歩するのもいいです。歴史的価値だけでなく、宮島の雰囲気も価値ある場所だと思います。
天橋立で自然美を満喫
天橋立では美しい景色を眺めるだけでなく、有名な「股覗き」を実際にやってみたり、ロープウェイや散歩を楽しんだり、夏は海水浴も出来るので自然を満喫したいアクティブな人には面白い所だと思います。他では見られない珍しいビューポイントとして、日本三景の中で最も興味深く好奇心を引かれてしまいます。ロマンチックなイベントもあるのでカップルで訪れるのにもピッタリだし、古来からのパワースポットとして心身ともにリフレッシュ出来そうです。
松島が良かったです!
私は松島は仙台駅からもアクセスがよく、交通の便がよかったです。宮島も天橋立も素敵なのですが、主要駅からの交通の便でいうと松島が良かった記憶があります。もしかしたら今は交通事情は変わっているかもしれません。松島を巡る船の便が多かったので待ち時間も少なく観光がしやすかったし、食べ物やさんも多かったのでお店に入りやすかったです。街の人達もフレンドリーな方が多く、道に迷っていた時に声をかけてもらった記憶があります。
春の宮島もまた良いです。
京都府に住んでいるので天の橋立と言いたいところですが、私は断然宮島です。平安時代に宮島に厳島神社を建てた平清盛はすごいと思います。計算して造られた厳島神社はどの位置からみても素晴らしいし、後ろにある山までも宮島と一体になって厳かです。どの季節に行っても趣があり、それぞれの良さがあります。私は春の桜の時期に訪れましたが、少し小高いところから見渡すと厳島神社の朱色と桜の桃色がなんとも言えず綺麗でした。紅葉の季節にも是非行ってみたいです。
神の島、厳島
宮島が大好きです。合計3度ほど訪問してもまだ飽き足らず、また行きたくなります。フェリーでわずか10分だけれど、島という独立した場所であることが気分を高めます。そこは海にかこまれ、弥山という標高500メートル以上の山があり、そして神社仏閣の歴史がある。普段の忙しない生活から切り離され、潮風の浄化作用によってなのか一瞬にして清らかな自分にもどれる、そんなところが魅力です。一番すきな場所は厳島神社。朱色が特徴の厳島神社の建物と鳥居の干潮と満潮の時に見せる表情の変化。のんびりと厳島神社の中で干潮から満潮を過ごしてみると、海の見える神社が海の中に浮かぶ神社にかわることの浮遊感が味わえます。わたしをなによりも惹きつけるのは弥山という巨石のある神聖なる山。神聖な島であるにもかかわらず、中国地方の明るくおおらかな空気が島全体をおおっていて、ほんとうに素敵な島だと思います。
一番好きな日本三景は宮島
一番に推した理由としては、三つの中でもアクセスが良く、日本三景で唯一の世界遺産という点です。
アクセスでいうと、天橋立は京都駅からJRで二時間、松島は仙台駅からJR+徒歩で40分なのを考えると、宮島はJRとフェリーで約25分というのはものすごくアクセスがいい。
松島や天橋立は国指定文化財となっているが、現在は世界遺産ではない(いずれ世界遺産になるかもしれないが)。その部分は非常に大きいと思います。
少ない移動時間で島に上陸出来、かつ世界遺産を見れるという一度の観光で複数の楽しみが出来るのは宮島のみです。
宮島が一番好き
日本三景、全部行ったことがありますが、宮島が一番好きです。高校の修学旅行で広島に行き、楽しかった・美しい思い出として300%ほど美化されています。もう一度行きたいと思うのも宮島です。行ったときは干潮だったので、満潮の厳島神社も見てみたいです。
天橋立は、有名な股からのぞく見方をどこでやるのかわからず、砂州を散策してしまいました。確か、高台に登るはずです。だからと言ってそれをするためにまた行こうとは思わないです。京都府なのにアクセスは決して良くなく、途中で寄った出石の方が印象に残っています。松島に行った時は、あいにくの天気でせっかくの絶景に霞がかっていました。
記憶の中でも白く、モヤっとしています。
その後、震災があってテレビでその一帯を見た時はショックでした。
時は流れて復興していると思いますが、なんと言うか、見に行く自信がありません。
以上、他の2つがややマイナスな印象という理由から宮島が一番好きです。
一日中楽しめる宮島
日本三景の中で一番は、宮島です。宮島の景色は、四季はもちろんですが、一日で大きく変化します。潮の満ち干きで景色が一変するため、一日中楽しむことができるのが魅力です。
宮島の景色は、海の上から楽しむこともできます。島に渡る船の上から見える厳島神社は、海の中に鳥居が見えるという不思議な景色です。船上での時間は、気分を高めるスパイスの要素もあり、楽しい時間です。
他の二ヶ所にはない楽しみ方ができる日本三景が、安芸の宮島です。
非日常感たっぷりの宮島へようこそ!
宮島は、広島市近くの廿日市市にあります。世界遺産で大変有名な観光地です。
おすすめポイントとしては、アクセス手段です。
島なので、廿日市市の最寄駅から船でいかなければいけません。
しかし、その船が非日常感を演出してくれるのです。
観光客以外に地元住民も利用するので、かなり大型の船になります。
船から見える宮島の風景は絶景です。行く前と帰る時に、その絶景を見られます。
そして、宮島に着いたら名物厳島神社を拝みに行きましょう。
この厳島神社、海の中に立地しているため、海の満潮・干潮により見られる景色が違います。干潮時の朝には、海が引いて干潟のようになっています。鳥居の近くまで行って、触り放題です。
満潮時には、遠くから鳥居を眺めましょう。
忘れられない体験ができるはずです。
島々を一望出来る贅沢さ
観光地として考えれば、それぞれに特徴があり、色々なスポットもあって甲乙付けがたいと言うのが本音ですが、景色で言えば断然松島です。
勿論好みは人それぞれなので、一概に言えませんが、個人的にはお勧めしたいです。
松島には260程の島々を一望出来る名所があり、移りゆく時間の中で表情を変える島々を楽しむ事が出来ます。
季節の移り変わりで温和な景観を楽しむことも、凛とした美しさを感じる事も出来るから一番好きな場所です。
宮島が最高
宮島はフェリーで本州から渡った後に感じる不思議な感覚があり好きです。島に着くなりたくさんの鹿のお出迎えに驚きます。宮島は食べ物もおいしく焼き立ての名物のカキをその場で食べられるのも最高です。宮島でしか食べられない揚げたもみじまんじゅうも新食感で美味しく大好きです。宮島には世界遺産の厳島神社があるのも魅力的です。大きな赤い鳥居を歴史ある水上の神社から始めてみた時は心をグッと持って行かれるほど感動しました。
思い出の地、松島
日本三景はいずれも美しい場所ですが、私はその中でも松島が一番好きです。宿泊先のホテルの部屋は東向きで、青い海に浮かぶ大小の島々の緑、空には太陽、というこれぞ松島、という景色を部屋から見ることができたことは大変、幸運でした。瑞巌寺を訪れたり、遊覧船で海から観光、と、見どころも多いです。また、松島といえば、海の幸。海のない県で生まれ育った私は、物心ついてからずっと魚嫌いだったのですが、この松島旅行で魚介類のおいしさに目覚めました。いつか機会があれば、再訪して新鮮な海の幸を思う存分堪能したいです。
カップルは、ぜひとも神無月に!
宮島の厳島神社が一番好きです。理由としては、宮島自体が楽しめるからです。まず、宮島に行くまでにフェリーに乗ります。宮島に到着すると、そこにはたくさんの鹿がいます。そこから歩いていくと、宮島の観光地らしさが出てくるお店が立ち並びます。焼き牡蠣のお店もあれば、もみじ饅頭のお店もたくさん見られます。特に、揚げもみじはここでしか食べられません。1個150円で楽しめるので、行かれる方はぜひ食べてみてください。水が引いていれば、鳥居のふもとまで歩いていくことが出来ます。鳥居の二本の柱にはよく見るとフジツボがついているのですが、ここに来た方々はそこの隙間に硬貨をひっかけていました。一番間近で、あのような大きな鳥居を見ることができるのは、おそらくここだけではないかと思います。船着き場までは車で行けますし、何よりも、何度行っても飽きない魅力があります。
観光範囲が広く見どころが多い天橋立
天橋立は全長3.6kmあり、南側と北側から見る風景、歩いて見る風景、上から見る風景と様々な角度から楽しめます。
有名な眺望の1つ「斜め一文字」は笠松公園から見ることが出来ます。股のぞきをすると、天に橋がかかっているような絶景が楽しめます。
文珠山の山頂にある天橋立ビューランドからの眺めは「飛龍観」と呼ばれ、天に舞う龍のように見えることからこの名前がついています。

海沿いの浜辺には8000本の松が植わっており、その道をレンタルサイクルで走ることができ、夏には海水浴や花火も楽しめます。
周辺にはお寺も多く、季節に左右されることなく観光が可能です。
また、車、自転車、観光船、ケーブルカー等、どの乗り物に乗っても広い範囲で景色が楽しめる場所の1つです。

宮島の景色は日本一
日本三景の一つの宮島の干潮時の夕日はまさに日本一でしょうね。毎年必ず足を運んでいるのですが、海の中にある鳥居の後ろに広がる景色は、なんとも言えない不思議な力を頂く事ができます。神社への参拝も沢山の鹿を見ながらお参りできるのも楽しみの一つですね。また、子連れの家族層の方々は、船にも乗れて楽しいのではないかとお勧めのスポットです。運もありますが、夕方の夕日は特に絶景となります。海だけに寒さもありますので、春から夏にかけて、また秋前半が私にとってお勧め時期で雪の宮島もあまり見れないので良いですね。
松島は感じるポイントが多いところが魅力
私が日本三景で一番好きな場所はやはり松島です。
大昔に丘陵地が沈み谷間部分が水没して作られたという小島は、海を眺める視界一杯に広がって、雄大さと地球の活動がまとめて感じられます。理系だった私にとっては一番心が惹かれれる土地です。
また海岸線近くに線路と道路があるので電車や自動車、さらに自転車で走っても常に海が見えるのが素晴らしいと思います。そして遊覧船ではウミネコが追いかけてくるのを見る楽しみも。
どこかひとつのポイントだけが有名になっているのではなく、その周囲地域・環境も含めて「日本三景 松島」となっているところが良いですね。
心落ち着く宮島の厳島神社
宮島は何度も訪れたことがある大好きな場所です。海のなかに建つ鮮やかな朱色の大鳥居を見るたびに、厳かな気持ちになって心が落ち着きます。厳島神社の回廊を歩いていると、大昔にタイムスリップしたような何とも言えない不思議な感覚を味わえます。島内を散歩しながら堪能できる瀬戸内海の風景も素晴らしいです。海外からの観光客も多く、活気のある雰囲気も好きです。島のいたるところにいる鹿についてはいろいろ問題もあるようですが、間近で滅多に見れない動物だし可愛いので、いつも楽しみにしています。
厳島
厳島と言えばやはり厳島神社の鳥居ではないでしょうか。
潮の満ち引きで違った姿を見ることができるので何度見ても印象に残るものだと思います
また太陽が沈むころから夜の23時頃まで、ライトアップされ、とても神秘的でデートスポットにもってこいな場所になるのでほんとにオススメです!
海側からはまだ見たことがないので機会を作って是非見に行きたいと思います
天橋立、松島も共に絶景ですが、やはり厳島神社の鳥居の方がユニークなので自分は厳島が好きだなと思いました
宮島へ旅立つフェリーが最高でした
私は、プロポーズ記念の旅行で、宮島へ行きました。最寄りの駅からフェリーに乗るところが、特に好きでした。船に乗ることは普段ほとんど無いので、どこか遠いところへ旅立つ気分になりました。船酔いしやすいのですが、10分程度なので、安心して楽しめました。宮島は、都会っぽい建物が無いため、宮島全体が一昔前をイメージしたテーマパークのように感じました。
松島です!!
綺麗な海に美味しい刺身に最高でした!
遊覧船で綺麗な景色を眺めるとストレスが消えていきます。
遊覧船からかもめにえびせんのエサやりをすることができ、少し怖かったけれど楽しかったです。
(今はこのエサやりは禁止になっているようですが…エサやりがなくても楽しいと思います!)
福浦橋という眺めの赤い橋もあるのですが、水面が近くてちょっぴり怖かったのですが渡っている時に感じる自然の風がおいしく気持ちよかったです。
何度も写真を撮りたくなるスポットでした。
宮島が一番!
宮島には何度も行ったことがありますが、やっぱり何回行っても飽きないのが、宮島だと思います。やはり世界遺産である厳島神社は何度言っても、素晴らしいと思います。厳島神社の荘厳さと、目の前にある瀬戸内海の景色は何度見ても素晴らしいと思います。また、宮島は食べ物も美味しいです。瀬戸内海で取れた牡蠣をつかった料理や穴子、もみじ饅頭など美味しい食べ物が沢山あり、飽きることがありません。また、自然も豊かで、島全体の自然を歩いて楽しむ事ができます。宮島の弥山から見る、日の出や夕焼け、夜景も最高です。
厳島神社の景観は素晴らしいです
日本三景のうち私の好きな場所は宮島です。広島県広島市にありフェリーでなければ行くことのできない場所です。小さな島ですが、厳島神社が島の中心にあり他では見られない景観です。厳島神社は島内の山を登った場所にあるためそこからの景色もまた格別です。島内には鹿が放し飼いにされていますので動物とのふれあいもできます。鹿はとても人懐っこいので小さな子どもを連れていった場合も安心できます。広島市内から通いやすいという点も便利です。
松島最高
私が好きなのは、宮城の宝、日本の宝の松島てます。東日本大震災で壊滅的な被害にあいながらも復興に向けて、頑張っています。綺麗な海と芸術的に並んだ島の数々、美味しい海の幸。東北の人はあったかいから、松島に行ったらとってもリフレッシュされます。日常の嫌なこと、悩みごとがどこかにいっちゃいますよ。
紅葉の時期には松島の円通院のライトアップがおすすめです。厳かな雰囲気の中でライトアップされた紅葉がまぶしくて、心が洗われます。
復興の証、松島
宮城県にある松島は、古くから日本の絶景として伝えられてきた場所だ。近隣の東北地方では、小学生の修学旅行で必ず訪れる場所になっている。松島は心落ち着く景色で人々を癒してくれる。松島の海では、船に乗ってカモメにエサをあげることができ、小さな子供から大人まで楽しむことが出来る場所であろう。小学生のときに訪れたが、今もカモメにエサをやった思い出や、海の風景は今でも忘れられない思い出だ。震災で被害にあった街だか、今はその面影もなく、復興の証として街が発展している。
宮島(厳島)のいいところ
まず、その場所にたどり着くためにフェリーに乗船するというのが、わくわくします。実際の乗船時間は短いですが、旅という感じが強くしていいです。また、実際島に上陸すると、厳島神社に向かうまでにたくさんのおみやげやさんがあり、参拝後の楽しみをほうふつとさせてくれてわくわくします。干潮時には神社の鳥居を近くまで歩いてみることができ、また、潮位があがったときには小舟でそこを通ることができるので、楽しみが倍増します。参拝後は、鹿をながめたりおいしい食べ物を購入することができ、帰るまであきずに過ごせます。
宮島(厳島)がいちばん。
日本三景とは言うものの、正直ほかのふたつとは比べものにならないほどに、宮島はすぐれていると思います。3つのなかで、唯一の世界文化遺産。松島も天橋立も、自然の織りなす美しさがありますが、逆に言えば「それだけ」という感じがします。宮島は、古くから神の島としてあがめられ、水の上に浮かぶ厳島神社をはじめ、多くの寺社仏閣が島のなかにひしめいています。また、宮島は世界的にも有名な観光スポットのため、外国人観光客が多く、おしゃれな雰囲気をかもしだしています。
日本三景、どこもかしこも行きたいけれど一番好きなのは海に浮かぶあの神社!
青い海に浮かんでいるようにも見える赤い鳥居。そして海の上に佇む社。
日本三景の中でも一番気に入っているのは、厳島神社のある宮島です。
いったいどのよな方法で鳥居を埋めたのか、今でもブレルことのないその佇まいには顔も知らない製作者の方々に惚れ惚れしてしまいます。
社のほうも先のニュースで波の侵入が危ぶまれていましたが、清浄で凛とした雰囲気はそのような事実を感じさせないどころか、
海からの危険は引き受けるから恵みはしっかりと受け取りなさいと仰っているようにも思うのです。
宮島が一番すきです
日本三景の中では、宮島が一番好きです。理由は、松島は印象が特になく、松島について語れと言われた場合、何も思い浮かびません。天橋立はあの独特のポーズで見る位置に移動するまでが手間で、実際に景色を見ても、それだけで終わってしまします。宮島の場合、潮の満ち引きによる景色の変化と、カメラ撮影の被写体としてとても美しいからです。又、観光地としてその他の見所や宿も充実しているので、旅行して観光するには宮島が一番楽しいと感じたからです。
私の出身地。
私は広島県出身です。日本三景で一番好きなのは、やはり「宮島」です。春に行けば沢山の桜を見る事が出来ますし、秋に行けば、素敵な紅葉を見る事が出来ます。運が良ければ、海に浮かぶ鳥居まで歩いて行く事が出来ます。宮島をあるけば、かわいい鹿と触れ合えますし、広島銘菓の大人気、もみじ饅頭を堪能出来ますし、もみじ饅頭を作る体験も出来ます。目の保養には、見どころたくさんの宮島がおすすめです。リフレッシュもでき、落ち着ける場所だと思います。
宮島が一番好きです。
日本三景、どれも美しく、一番は選び難い?と思ったが、すぐ心に浮かんだのはズバリ宮島。日本三景のイメージはもちろん景色が素晴らしいことが一番だと思うけれども、遠くから見ても近くから見ても美しく、日本美が厳かに現れているのは宮島ではないかなと思う。天橋立は、海岸線を歩くのも楽しく美しく、山頂からの眺めも素晴らしい。しかし、宮島は遠くから見ても最高、しかも近くから見ても最高。おまけに美しく歴史ある建築物の中へ入って歩ける。そして何より潮が満ちた時と引いた時の美しさ両方が楽しめるのは他にはない魅力。建築物もそうだが、赤い大きな鳥居にも実際触れることができ、大きさを実感出来るのも魅力。というわけで、いろいろな楽しみ方が出来る宮島が私は一番大好き。
堂々と立ちすくむ鳥居がある風景:宮島
日本三景の中で、私は宮島が一番好きです。西日本在住という事もあるかもしれませんが、海に堂々と佇むあの鳥居は勇気さえももらえますし、目の前に行く度に根拠はありませんが、何かパワーをもらっているような感じさえします。もちろん他の日本三景もすばらしいとは思いますが、ただ美しいだけではなく勇気やパワーをも与えてくれる景色というのは、宮島以外ないのではないかと思います。また、そんな歴史ある風景が未だに残っているという事は、本当にすごいと思います。
さて、日本三景どこ行こう?
言わずと知れた日本三景。松島、天橋立、厳島神社がある宮島。
いずれも風光明媚、他では見られない絶景で一度は行ってみたい場所です。でもどこがいいの?と聞かれたら私は迷わず松島を、それも特に冬の松島を推します。
他の季節ももちろん綺麗ですし、なぜわざわざ冬の東北?って思うかもしれませんが、この時期の松島には他の二つとは違って雪景色があります。雪が降り積もってまるで水墨画のよう島々。凜と冷たい空気の中、聞こえてくる音さえ感度を増します。観光客も減るこのシーズン、まさにそれを贅沢に独り占め。
そんな仙人のような旅はちょっと…とお思いのあなた。
大丈夫。この時期、身も締まって濃厚な最高の牡蠣があなたをお待ちしております。
どうでしょうか?冬の松島。くれぐれも完全防寒だけはお忘れしませんように!
私の選んだ日本三景天橋立が一番好き
私は、日本三景である松島、天橋立、宮島(厳島) の中でどれが一番好きか?それは、天橋立です。それは、何故か?もちろん、日本三景であるので、景観が素晴らしいのはもちろんですが、松島、天橋立、宮島の中では、山から、上から、眺望できるのが最大の魅力です。美しい海と山、そして、南北に隔てる砂州が、神秘的であると、最も魅力的で、それが、一番好きな理由です。また、京都という場所柄であるために、古くからの、神社仏閣などが、たくさんあるのも、惹かれる一つです。
もちろんここでしょ!
私は日本三景で一番好きなところは、天橋立です。
小さい頃に家族で行ったことがあるのですが、その頃のことはあまり記憶にありませんでした。けれど、なにか胸に残る思いがありました。
半年前に天橋立付近に引っ越しました。
旦那と娘と3人で天橋立に行くことになりました。
ウキウキする気持ちが抑えきれませんでした。
私だけがリフトで上にあがったのですが、ずっと後ろを向きながら少しずつあらわになる天橋立を見て感動しました。まさしく、自然が作り出した芸術そのものと言えるでしょう!
小学生の頃の思い出「家族で行った厳島神社」
私の両親は旅行好きなので、幼い頃は夏休みを利用して様々な場所に連れて行ってもらっていました。
その中でも印象的だったのが厳島神社です。当時は青森県に住んでいたので、西日本というだけでとても遠い場所だと思っており、とてもわくわくしました。そして実際に厳島神社で海の中に堂々と立つ大きな鳥居を見たときの感動は忘れられません。私たち以外にも観光客が多く、皆が写真を撮っていたのが印象的でした。
東北の日本海と全く異なる穏やかな海、太陽の光を浴びて立つ大きくて真っ赤な鳥居は今でも鮮明に思い出せます。
成人した今になった今「もう一度行ってみたい」と思っている場所です。
歴史好きなら宮島
日本三景はどちらに出掛けたとしても申し分のないことと思いますが、歴史好きの私であれば、その中でもやはり宮島を選んでしまいます。宮島は巌島とも呼ばれてその昔は毛利元就と陶晴賢の戦場となったことでも有名です。そして平清盛が完成させた巌島神社にもたいへん興味があります。歴史好きでなくても海に浮かぶ鳥居は是非とも見てみたいものだと思いますので誰しも興味を持たれることでしょう。巌島神社は日本人のみならず、海外からも人気と聞きます。また宮島に渡るまでのちょっとしたクルージングが楽しめるのも宮島を選ぶ一つの理由と思います。
宮島にもう一度行ってみたいです!
高校の修学旅行で宮島を訪れ1泊しました。船が宮島へ到着した時から、厳かな雰囲気を感じました。鹿が放し飼いされているのも、とてものどかな感じがして癒されました。宮島といえば何と言っても厳島神社が有名ですが、境内を散策していると歴史を感じるとともに建築技術の素晴らしさに感心せずにいられませんでした。先日テレビで知ったのですが宮島の弥山展望台からの眺望は素晴らしいそうですね。修学旅行では行けなかったところなので、機会があったらぜひ登ってみたいと思います。
宮島が好き。思い出の場所だから。
松島も綺麗でしたし、天橋立も素敵でしたが
私は姉と二人で行った宮島を忘れられません。 二人とも学生でお金はありませんでしたが、広島を旅して、宮島のそびえ立つ真っ赤な鳥居のゆひょうひょうとした姿、焼いて食べた牡蠣の味、出来立てのもみじ饅頭、沢山の鹿さんたち…とにかくあの、美しくきれいな景色を今でもせ鮮明に覚えています。お金が無いほうがより工夫し、何を見るのも買うのも思い入れがあり濃い旅になるのを私はこの時に知りました。
尾道からの瀬戸内海
宮島が一番
日本三景の松島、天橋立、宮島(厳島) どこが一番好きか?と聞かれれば私は宮島を一番に挙げたいと思います。理由は宮島は観光地化しており、宿泊施設も多数整っています。料理もおいしいです、特に取れたての瀬戸内海、広島産のカキは非常においしく、宮島旅行の思い出に花を添えています。宮島にある旅館も非常にきれいな旅館で、日本のおもてなし文化を肌で感じることができました。海外の方にお勧めしても恥ずかしくありません。
宮島(厳島)が一番好きです
私は宮島に修学旅行で実際に行ったことがあり、思い出があるので宮島が一番好きです。厳島神社は荘厳な雰囲気で朱色が鮮やかでとてもきれいでした。海から突き出したように見える大鳥居は迫力がありました。潮が引いたときに鳥居の根元を見ることもでき、よくこんなものを昔の人は造れたなぁと感心しました。また、私は特に動物が好きなので、宮島にいる鹿を近くで見ることを行く前から楽しみにしていました。実際至近距離で初めて見た鹿は思ったより大きく、かわいかったです。
ため息がでる景観といえば天橋立
両親と3人で天橋立に2泊3日の親孝行旅行へ。のんびりしたいという両親のリクエストに応え、特に観光コースも決めずに散策中、気が向いた方向へいこうと完全ノープランの旅。途中の団子屋さんでお茶とおはぎをいただいたり、地元の人ご用達のお肉屋さんでコロッケを買って食べ歩いたりと観光地以外にもぶらぶらと散策していました。途中、ネコに餌をあげていたお婆さんが静かでいい街だけど、飛龍観から天橋立は絶対に見て帰って。と言ったので展望台に行く気もなかった私たち親子も、よし!行ってみるか!となり夕方に展望台へ。本当に息をのむとはこのことかと、のんだ息はゆっくりため息に変わりました。この夕日と景観をみれば誰もがそうなってしまうと思います。言葉じゃ説明するのに足らない景観。本当に美しいと思えるものに出会えました。また両親が元気なうちにあの景色を一緒に見に行こうと思います。
そこに宮島があったから
日本三景として知られる松島、天橋立、宮島。その中でも私が宮島を「一番」としているのは、宮島ではない部分のお話をしなければなりません。宮島の所在地は広島県。広島県と言えば3人組テクノポップユニット、Perfumeの出身地としても有名です。そのPerfume好きが高じてか、広島開催のライブにも埼玉県民ながら何度か足を運ばせて頂きました。
広島に行った際には必ず宮島へ立ち寄ります。【厳島神社】が非常に有名な宮島ですが、厳島神社へ向かう道中には、そびえる【五重塔】が見え、その横には静寂した時間を楽しめる、その広さから別名「千畳閣」とも言われている、豊臣秀吉建立の【豊国神社】、子供連れでも楽しめる【宮島水族館みやじマリン】など、観光スポットは多岐に亘ります。Perfumeという付加価値はあるものの、日本三景だけでなく、それ以外にも魅力のある宮島が私は一番好きです!
宮島観光
仕事で広島を訪れた際、足を伸ばして宮島へ1人で行きました。目的はもちろん厳島神社を拝観する為です。船を降りると、鹿がお出迎え。この島は鹿がたくさんいて驚きましたがとてもかわいかったです。出来立てのもみじまんじゅうを食べながら散策。海に浮かぶ朱色の厳島神社はとても美しかったです。今度は是非ライトアップされた時間に見てみたいです。
松島が好き
東日本大震災が起こる前年に旅行で仙台に行きました。松島には初めて行きましたが、青く広がる海原に大小様々な形の島が存在し、その島々に青々と茂った木々が存在する風景に目を奪われました。遊覧船に乗って海の上を進んでみると、陸から見る景色とはまた違っていてすごく素敵でした。松尾芭蕉が詠んだ通り、松島や、としか言えない景色に納得してしまいました。人間には作り出すことのできない自然な風景に心奪われた気がしました。
松島が一番好きです。
松島は東北地方を襲った大震災後に復活を遂げました。震災前と同じように活気が溢れています。松島は風景はもちろんですが、なんと言っても温泉地でもあり、松島湾近くの温泉旅館に泊まって海産物を堪能しながら夕方~夜の松島の風景を楽しむことができます。夜の松島は静かでとても落ち着く場所だと思います。観光だけだと滞在期間が少ないですが、宿泊すれば二日間に渡って輪対馬全体を堪能できる事がポイントだと思います。こんな松島が私は一番好きです。
旦那と行った宮島旅行
私は、宮島に2回行った事があります。1回目は高校生の修学旅行で行きました。2回目は旦那さんと行きました。修学旅行の時の宮島の思い出は、広島から船で宮島に行くのにもビックリしましたし、鹿が野放しにされているのにもビックリしました。
2回目に行った時は、風景を楽しみました。鹿と写真を取ったりお店屋さんをゆっくり買い物したり。
2回目に行った時は、夏前ぐらいでちょうど潮干狩りのシーズンで、地元の人達が潮干狩りをしていたのでが、入っていい場所とダメな場所があるみたいで知らない観光客はマイクで入らないようにと注意されていました。
どの時季に行っても素晴らしい場所だと思います。
宮島(厳島)が一番のお気に入りです!
何と言っても、海に浮かぶ鳥居が素敵で、唯一無二の魅力があると思います。フランス人の友人から、「日本のモンサンミッシェル」と聞いたこともあり、日本人として誇らしい気持ちになりました。
アクセスも、宮島へ船で向かうところが、非日常感や荘厳な雰囲気を高めていると思います。紅葉の時期は、特に景色が良く、1日ずっと過ごしていられる場所です。さらに、有名なお土産のもみじまんじゅうが素朴でおいしく、最近ではいろんなフレーバーが増えて、新しい味を試すのも、楽しみの1つです。
松島が好きな理由
日本三景の中で一番好きなのは東北の名所松島です。歴史オタクなので、松島の瑞巌寺で歴史を堪能したり、遊覧船に乗ってカモメにエビせんをあげたり優雅な眺めを楽しみながら温泉も満喫できます。
有名な「かき小屋」で大好きなかきをお腹いっぱい食べて、「松島こうれん」というふわふわなおせんべいも上品な美味しさで食も満喫できるのが嬉しいです。オトナ旅でも子供連れのファミリー旅でも楽しめる松島はいつ行っても変わらない雰囲気が好きです。
一番親しみやすい日本三景、松島。
日本三景の一つである松島。私自身、宮城県出身ということもあり一番親しみやすい日本三景である。松島は、円通院や瑞巌寺などをはじめ歴史に関わりある建物があったり、次にカキが有名なため、カキ小屋でカキを食べることが出来たり、また博物館や美術館などで松島に触れることもできる。その中で私のお気に入りは、遊覧船に乗って松島を探訪することである。湾内を松島クルーズで楽しむことができ、これもまた観光客から大変人気がある。このように松島は、大変魅力的な場所である。ぜひ一度行ってみてほしい。
神の島 宮島
日本三景の中でオススメなのは宮島です。宮島は昔から神の島と言われているぐらい神秘的な島です。何より宮島の良いところは、ひとつの観光地で山と海どちらも味わえることです。山は弥山という登山もできるし、ロープウェイでも登れる山があります。近年山の頂上は整備がされ、木の匂いに癒される山小屋ができています。
畳が一面ひいてあり、外国人観光客の方は寝転んで昼寝をされたり地元の人は読書をされたりしています。特に良い季節では、風が気持ちよくいつまででも風景を眺めることができます。またそこからの風景は瀬戸の島々と海を臨むことができます。観光客にとって贅沢な島です。

まとめ

日本三景の松島、天橋立、宮島(厳島) どこが一番好き?100人に聞いた本音アンケートの結果、宮島(厳島)が1番でした。半数以上の方が支持をし、だんとつの人気スポットといえるのではないでしょうか。

宮島の人気はやはり、海に浮かんでいるような社と鳥居が幻想的な風景という意見が多かったです。赤い鳥居が目を引く絶景ですね。

松島といえば「かき」。かき好きの人は是非、松島ののどかな風景をたのしみつつ食してみてはいかがでしょうか。

天橋立は、景色を眺めるだけでなく海水浴や夏には「宮津燈籠流し花火大会」などが開催されます。炎の架け橋のイベントも実地されており松明の火をともし良縁、夫婦円満の願いを天に届けてくれます。関連イベントも盛りだくさんなので、カップルにおすすめのスポットです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。