スケジュール管理するならどっち?手書きの手帳VSスマホ・PC【100人にアンケート】

このエントリーをはてなブックマークに追加
スケジュール管理

スケジュール管理をするものといえば手書きの手帳が一般的でしたが、今は誰でも携帯やスマホを持つ時代になり、アプリや専用ソフトで予定を管理する人も増えてきているようです。

それぞれにメリット・デメリットがあるようですが、デジタルとアナログではどちらの方がスケジュール管理をしやすいのでしょうか。

100人にアンケートをとり、様々なスケジュール管理方法や手帳・スマホの使い方が見えてきましたよ。

スポンサーリンク

★アンケート結果

手帳 70人
スマホ・PC 25人
両方 5人

手帳かスマホかPCといったクラウド管理とどっちが良い?100名の意見はこちらとなります

仕事は手書き、プライベートはスマホで使い分け
仕事の予定は手書き手帳・プライベートはスマホのカレンダーと使い分けています。
仕事の進捗管理などはバーティカル式で一日の間の時間割をしたり、月間・週間など様々な予定に臨機応変に対応できるので
手書きの手帳が便利だと感じています。
また、手で書いた方がやはり頭に入ります。
毎年、手帳の色やデザインを変える事で気分転換や「今年一年がんばるぞ」というやる気が出るという点も好きです。

プライベートや家族の予定に関しては、予定の量が少ないのでスマホのカレンダーで管理をしています。
予約しているお店のデータや、お出かけ先の地図なども登録して外出先でも忘れることなく、気軽に使えるので便利です。

スマホ&PCが楽
5年くらい前までは手書きの手帳を使っていましたが、2~3年くらい前からはほぼスマホ&PCでのスケジュール管理に移行しています。手帳を持ち運ぶことがなくなり楽ということと、書き直しを何回かするうちに、手書きだとどうしても汚くなってしまいがちですが、スマホなら時系列もしっかり管理できます。大事なスケジュールならアラームを仕掛けておけば、スケジュールが近づいたらスマホ画面に出てきてくれるので、忘れる心配がないのもいいですね。
やっぱり紙の手帳!
古い人と言われてしまえばそれまでですが、私は断然紙媒体派です。
アプリなどは予定のある日に自動でお知らせしてくれたりと何かと便利だとは思いますが
私は新聞で気になった記事や、雑誌で見た気になるお店の記事、観終わった映画やイベントのチケットの半券など
手帳に貼付けて記録するのが好きなので紙の方が便利です。あとで見返す時にサッと目的のページを開けます。
予定を書き込むのだって手書きの方が正直早いですし、
アプリだと「予定が書き込まれている」アイコンか何かは表示されますが
それをクリックして開示しないと何が書き込まれているかわからない事も多いです。2度手間です。
あとは手帳のデザインを選べたりするのも良いところだと思っています。
手で書くことで記憶が定着する
スケジュール管理はもっぱら手書きの手帳派です。理由はいくつかあります。1つ目はスケジュール管理は一ヶ月が一目で俯瞰できる様式が好みのため、スマホの画面では手帳に比べると画面が小さく、文字が見にくくなるからです。2つ目はPCはデスクトップがメインマシンで、スマホは軽くて小さいタイプが好みのため、手帳の方がサイズ感、持ち運びの点で手帳の方が便利だからです。手帳もサイズはA5のやや大きめ、ページは重くならないようマンスリー+自由メモページのみの大きくても軽量なタイプを選んでいます。3つ目は手で書くことで記憶が定着するからです。書いたこと自体を忘れてしまうことあり、手で書くという動作を加えることで記憶の定着を助けます。またスケジュール帳に書いたスケジュールをこなしたら赤字で斜線を引いて、済んだかどうかが一目でわかるようにしたり、余白にメモを自由に書き加えられるなど使い方を選ばない点も紙に書くよさではないかと思います。
スケジュール管理は手帳で行う
今、スマホのアプリでもスケジュール管理をすることができます。
時間厳守の場合にはアラーム設定をすることによって、時間を守ることが出来るようになっていますが、手帳のほうがなんとなくいいような気がします。

実際に手帳でスケジュール管理をしていますが、その時にあった出来事や感じたことなどを記載することが出来るようになっているので、管理しやすいです。
電子の場合には書ききれなくなってしまうこともあるので、たくさん書きたい時には手帳のほうがよいと思います。

手書き派です。
手書きの手帳を活用しています。手帳に自分の手で直接書くことで、スケジュールが頭の中にインプットされ、忘れにくいような気がします。私は「ほぼ日手帳」という1日1ページのものを使用しており、毎日の出来事を書いたり、映画の半券を貼ったりして思い出を残すようにしています。以前スマートフォンのスケジュール管理アプリを利用しましたが、うまく使いこなせずに1か月も続けることができませんでした。やはり書くことが合っているようです。
断然手書きの手帳です!
パソコンにしてもスマホにしても、仕事をするツールとしては優秀だと思いますが、最近は使い手の人間よりも頭が良すぎるのでスケジュール管理ぐらいアナログに戻るべきだと思います。
手書きの手帳にどんな色のペンで予定を書くか、どのシールを貼るか、使い手の書き方次第で世界に一つしかない愛着のわく手帳になります。
手で書くという作業を少なからず時間をかけて行っているので、画面をタッチ、ボタンをプッシュよりは確実に脳に記憶される点もメリットだと思います。
手書き派
最近では、アプリなどもカレンダーなどが充実しているがやはりスケジュール管理ということになると手帳と思ってしまう。
どちらもやったことはあるが、目で把握してすぐに書き込めるということができるし、自分の字で書くと頭の中に印象に残る気がする。
ぱらぱらとめくるあの紙の感じが先月今月という日々を思い起こさせる。
ただ、時間が事前に決まっているものなどは、ある程度カレンダー機能などのアプリを使ってアラーム機能で時間などを教えてくれるのはとても便利だ。
スケジュール管理はスマフォでしょ!
タイトル書いたように好きなのはスマフォです。使用しているアプリ名はジョルテというものです。先ず、手帳だとそのものを持たなければならないので、持ち物が増えますので、好きではありません。しかし、手帳の良いところは私の個人的な力の問題かと思いますが、書きたいときに直ちに書けるが、先ほどの理由に加えて字がとても汚いので書きたくないのもあります。アプリの良いところはお知らせモードがありますので、殆どうっかりすることがありませんので、デートや仕事の約束に遅れたりしません。それから、手帳は大体が年で更新しなければならないが、アプリはそのまま使えて、過去のデータを参考にするようなときには、手帳では持ち物が年々増えてきます。
手帳一択です。
気づいた時にサッと書き込めるところが気に入ってます。
スマホやPCもありますが、流出や紛失が怖いのでプライベートなことは書かないようにしています。
いつ故障するかも分かりませんし、上手に使いこなせないというのもありますね。

その点手帳はお手軽で、持ち運びにも適しています。
デザインも豊富ですから、次の年に使う物を選ぶのも楽しいですよ。
シールやカラーペンも毎年一緒に購入してます。
手帳がないと文字を書く機会も減ってしまうので、そういった理由でもありますね。

手帳派です
毎日PCと向き合っている生活をしていますが、私は、スケジュール管理は手書きの手帳で行っています。
手書きだと面倒くさいと思われがちですが、もともと字を書くことが好きなので、全然苦になりません。
子供も幼稚園なので、行事等、気をつけなければならないことも増えてきました。
一度手帳に書くと、何となく自分の頭にも残るので、管理をしていない頃より、スケジュールを意識できるようになりました。
そして、スマホを持っていない私にとって、何かを確認したい時にすぐできる手帳の方が、断然楽です。
スマホを持てば、また違う考えになるかもしれませんが、しばらくその予定はないので、手書きが続くと思います。
家族で共用する場合
学校行事など家のカレンダーに手書きしてありますが、これは家にいる時しか確認できません。家族全員がスマホにしたので、Googleカレンダーに学校行事等の家族全員が知りたい情報を入力します。これを家族それぞれが自分のスマホでいつでもチェックすることができます。
私が入力しているので、スマホでもGoogleカレンダーを利用しても良いのですが、デザインから「Lifebear」アプリを使っています。こちらのアプリだと、Googleカレンダーに入力したことを反映できますので、二度手間になることはありません。
手書きの手帳が好きです
手書きの手帳でスケジュールを管理しています。
文字を書くという行為が好きなので自分にとても合っていると思います。

スマホなどの電子機器は肝心なところでの電池切れの心配があるので、手間がかかっても手書きの安心をとっています。
毎年さまざまなデザインの手帳が発売されているので、その中から好みのデザインを見つけるのも楽しいです。

また、手帳を見返して当時の自分の頑張りを見ることで、モチベーションが上がります。
手書きには、ただのスケジュール管理という枠をこえた良さがあると思います。

私がスマホやPCでスケジュール管理をするのが好きな理由
私がスマホやPCでスケジュール管理をするのが好きな理由は、手が汚れないのと、スケジュールを見やすいことです。
手書きの場合、手帳に書くときにペンで書く事が多く、インクでとが汚れてしまうことがよくあり困っていました。
ですが、スマホやPCでスケジュール管理をすることで、手も汚れずに済みますし、スマホやPCは機械で字を書いているのでスケジュールが見やすくて、分かりやすいのでスマホやPCでスケジュール管理をする方が私は好きです。
手書きの手帳の方が性に合っています
1週間、1ヶ月などのスパンでまとめて予定を把握できるのは断然手書きの手帳の便利な点ですよね。
スマホなどではアラームなどの設定もでき、人により便利ではあるでしょうが、私は時間や予定を通知してもらうよりも、どの日が空いているか、そこで何をするかなどを把握する方が重要なので手書き手帳以外は使えません。予定と一緒にメモも入れられますから、手帳1つあれば日常的な管理が全て済むので困りません。仕事でも相手の目の前でスマホに入力はできないですが、手帳ならば失礼にも当りません。売られている手書き手帳には手帳以外にも冠婚葬祭のマナーが載っていたりするものもあるのも便利な点ではないでしょうか。
スケジュール管理とメモ・備忘録として手書き手帳が便利!
私はスケジュール管理として手書き手帳を長く愛用しています。手書き手帳であれば,スケジュールなどの他にちょっとしたメモであったり,思ったことなどを簡単に書き留めておくことができ,あとで見返したときに備忘録や日記として使うことができるからです。また自分好みに色を付けたり付箋を貼ったりすることで使いやすさが格段に上がるのも良いところであると思います。その他,スケジュール管理をスマホなどでしているとそれを良く思わない方もいらっしゃるので,手書き手帳の方が安全であるともいえます。
オリジナルの可愛い手帳で管理すると楽しくなる!
手軽さは断然アプリなのですが、私は多少手間がかかっても手帳に手書きしてスケジュール管理をする方が好きです。手で書き込むから予定を忘れにくいし、使い終わった手帳を形で残せるからです。私は記録したものを残しておいて、たまに後から見直すことが好きなので、電子データで残すより目に見える形がある方が好きです。またデコレーションして可愛く自分好みの手帳に出来るのも魅力です。最近は可愛いシールやスタンプがたくさんあるので、選ぶだけでも楽しいです。
手書き手帳派!
スマホだときれいに整い、見やすいと思いますが、
手書きは自分らしさがでてとてもいいと思います。
さっとなにかを書き留めるのにも便利ですよね!
私はスマホ派かな
かつては手書きのシステム手帳を使っていたこともありました。
しかし、やはり予定の変更が面倒、結構かさばるなどの理由で今はデジタルのみです。
iPhoneのFantasticalというアプリでiCloudとGoogleカレンダー、Facebookのイベントを束ねています。
iOSのファミリー共有が使えるので子どもの幼稚園の行事や自治会の用事などが妻と共有できて便利です。
一時期は会社で使っているOutlookの予定表もFantasticalに表示させていましたが、
さすがにうるさいのでそちらはOutlookのアプリにまかせ、Fantasticalはプライベートのみという使い分けをしています。
また、TODO管理はRemember The MilkというWebサービスを利用しており、これもなかなか便利です。
スマホやPCで管理する方が好きです
断然スマホやPCで管理する方が好きです。スマホが出るまでは手帳を持ち歩いていましたが、手帳を出して用事を書き込むのが結構面倒でしたし、荷物が少ない方が好きな私は携帯電話と財布だけ持って外出する癖がありました。手帳そのものを忘れてしまうことも非常に多かったので、スケジュール管理に手帳をうまく活用できませんでした。スマホは電話やメールの機能もついているので、持ち運び忘れる可能性が手帳よりも低くていいです。
手帳に手書きをする方が良いです
今の若い方たちは、スマホでスケジュール管理をするのが当たり前になっているようですが、アナログ世代の私はスケジュールを手帳や紙のカレンダーに書いています。
理由は、タイピングのスピードが遅いので、手で文字を書いた方が早いということと、ただ単にスマホやPCでスケジュール管理する事に慣れていないからです。
手帳を使うとその分荷物が増えるので、スマホでスケジュール管理をした方がカバンが軽くなって良いとは思うのですが、40代にもなるとなかなか習慣を変えるのも難しく、来年もまた手帳を買うつもりです。
転ばぬ先のツエ、つえ、杖!
加齢や、仕事を辞めて取り立てて用事の無い日々を過ごしている事や、飲んでいる薬のせいもあるが、
とても忘れっぽくなって困っている。
それでも、法事や子供の学校行事等、不定期な予定があり、これらを忘れないために、自宅ではカレンダーに赤ペンで書き込んでいる。
だが、カレンダーを見なければ、忘れてしまう。実際に、すっぽかしてしまった事がある。
それ以来、私はスマホ(アンドロイド・GALAXY NoteⅡ)のスケジュールに入力する事と自宅のカレンダーに手書きする事、そして両方を毎朝必ず見るようにしている。
スマホにはタイマー機能があるので、必ず 出掛ける1時間前にセットしている。忘れていても大丈夫な様に。
信用は、失う時は一瞬だが、回復するのには時間がかかる。私には2重3重のファイルセーフとして両方必要である。
アプリが便利でした。
私はLifebearというスマホアプリでスケジュール管理をしています。スケジュールといっても私の予定は少ないのですが、私は主婦で主人、3人の子供の予定がたくさんあります。前はそれらをカレンダーや手帳に書いていたのですが、とても見にくく、量も膨大でした。アプリのスケジュール帳では家族それぞれの予定を色別で入力できたり、同時にタスクも入力できたりと、とても便利に使いこなせています。またどこにいてもすぐに予定を確認出来るも重宝する理由です。自分一人の予定なら手帳タイプで足りるのですが、家族全員のスケジュールを把握する母親としては今のところスマホアプリが便利です。
手書きの手帳が好きです
物心ついた時から手帳で管理していましたし、慣れています。スマホやPCだと、メモや記入するのに起動させなければならないし確認しづらい気がします。スマホだとあまりいじり過ぎてると電源を消費してしまいます。ものすごくみっちりと予定があるわけではないので、小型のタイプの手帳を持ってポイントで記入しています。これでも全然支障はないですし、どちらかというとアナログの方が好きなのでしばらくはこの方法でやっていくと思います。
スケジュール管理をするならPCよりも手書き派です。
私はスケジュール管理をする時は、手帳を使い、手書きで行います。
文具関係の仕事をしていたこともあり、手帳は身近なところにありました。
また最近ではとても沢山の種類があり、可愛いデザインのものも多いので選べる楽しさがあります。
パソコンに入力するよりも、手書きだと日程や内容も記憶しやすいように感じます。
デジタル機器でスケジュールを管理するとなると、万が一データが消えてしまった時に怖い思いをしますし、カスタマイズもしづらいように思います。
ですから、私は手書きの手帳でスケジュール管理をするほうが好きです。
私は手帳派です。
私自身は長年手帳を付ける習慣がついていることもあり、断然手帳派です。
スマホのアプリだと、文字を入れることや操作方法に集中してしまうため、思いついたことをすぐに書き込めずストレスを感じてしまいます。
また、使い慣れた頃にアップデートが入って突然フォーマットが変わったりするので、いつも「使いにくい」状態に感じてしまいます。
アナログな人と思われるかもしれませんが、私はやはり思ったときに、操作方法などを気にせずすぐに書き込むことができる手帳が一番便利だと思います。
手書きが好きです。
外出先で急きょ決まった予定はスマホに入れ、後ほど手書きの手帳に移し書きすることにしています。
うっかり移し書きをしないままになっている場合もあるのですが、手書きで手帳に書かなかった予定は、なぜか頭から抜け落ちて
忘れてしまっていることが多いです。直前になって思い出して大慌て、というようなことが多々。
私にとっては自分の字で書くことが、予定をインプットするために重要なようです。なのでやはり手書き手帳が欠かせません。
スケジュール管理はアプリで行います。
私はアプリでスケジュールの管理をしています。
以前は手帳も使っていました。
でも、結局はスマホ・PCアプリでの管理も行うことになり、両方に書いていると手間が掛かる上に記入モレが発生しやすくなり、失敗したこともあります。
そのため、今はアプリだけで管理しています。
スマホを忘れたり充電が切れたりしても、タブレットやPCでも確認できて便利です。

使っているアプリは、Googleカレンダーとevernoteです。

手帳の機能は管理ツール以上
スケジュール管理には手帳です。バインダー式のものを使っているので、目的に合わせてリフィルを選べて、組み合わせも自由自在です。それに、思いついた時にすぐメモができるので、何かと便利です。スケジュールを書き込む場合、手書きの方が記憶に残りやすく、後で確認するときも見落としミスをしにくいようです。さらに手帳の良いところは、日記のような役割も果たしてくれることです。スケジュールに思い出や感想を書き込むことは、スマホやパソコンでも可能ですが、何気ない時間にページをめくり、仕事やプライベートでのあれこれを思い返すには手帳の方が向いていると思います。
手帳で管理する方がビジネスでも使えるのでは
手書きの手帳でスケジュール管理する方が好きです。シールを貼ったり、ペンでかわいくデコレーションすることもできるので。スマホで管理すると、スマホを開くとメールやLINEなどの通知が来ていることが多く、スケジュールを確認・記載しようと思っても他のことに気を取られてしまう場合が多いのではないかと思います。また、ビジネスシーンで「スケジュールを確認する」と言って手帳を取り出すのは普通ですが、いくらスマホが普及しているとはいえ、スマホで確認するのはマナーとしてどうなのかと思います。
スマホで管理するほうがラク
紙媒体のスケジュール長も持っているけど、持ち運びするのに微妙にかさばるし、ペンが必要だし、何より存在を忘れてしまう。
それに比べてスマホはいつでも持っているものだし、スケジュール登録するのにも簡単にすぐできるし、アラームとかかけておけば事前に知らせてくれるし便利。
電子機器は電池が切れたり壊れたりしたら使えない、という欠点はあるけれど、逆にそこさえ気を付けていればスマホのほうがよっぽど手軽だし使い勝手がいいと思う。
好きなのはスケジュール帳、便利なのはスマホ管理。
基本的に、手書きでスケジュール帳に書くのが好きですが、手っ取り早いのはスマホのスケジュールに入れる方ですね。
手書きのいいところは、一度書くという作業をするので忘れにくいことでしょうか。
それでも、カバンからスケジュール帳を出してペンを出して書くという作業より、スマホのスケジュール機能に覚えさせて大事な要件はアラームかけておく方が簡単で確実なのは確かです。なので、最近ではスマホ管理が多くなっています。
特別アプリなどの利用はしていません、もともと入っているカレンダー機能にスケジュールを追加して使用しています。
私は手書き派
スケジュール管理のアプリやソフトも様々でているのですが、私はスケジュール管理を手帳に手書きでしています。なぜかというと手書きの方がデータが消える心配も無いし、自分で書き加えたい事や自分なりのイラストも書き入れたりできるからです。スマホもいつも持ち歩くものなのでスケジュール管理には便利かもしれませんが、やっぱり自分で書いたものの方が記憶に残ると思うし、スケジュール帳にはちょっとした日記もつけることができるので気に入っています。
夫婦でスケジュール共有
私は、スマホ、PCでスケジュールを管理するほうが便利で良いと感じています。うちは、夫婦で、Googeカレンダーでスケジュールを共有しています。夫の急な飲み会の予定なども、直接やり取りしなくてもカレンダーに記載されるので、面倒がありません。自分の予定を書き込むとともに、家族に予定を伝えられることがとても便利だと思います。今後、こどもたちが成長してスマホやPCを使うようになれば、家族全員でGoogleカレンダーを使いたいと考えています。人数が多いほど、スマホ、PCでのスケジュール管理が便利だと思います。
スケジュール管理は手帳派です。
スマホやPCで便利なスケジュール管理ソフトはたくさんありますが、私はやっぱり手帳派です。
手帳の場合、スケジュール管理だけではなく、様々なメモを残すことができます。
ふとした思いつきだったり、簡単な日記や映画の感想、家計の管理等。
手書きで文字を書き起こすことで、脳内の整理もしやすいため、こちらのほうが自分にあっているなと感じています。
また、新しくスケジュールを書き込む際に、過去のことを振り返ることもできます。
自分周辺の情報を整理し、記録をつけておくという点に関しては手帳のほうが優れていると思います。
データ化することで、紙のメモにはのぞめない利便性を獲得できます
スマホ・PCでのスケジュール管理が好きです。いつも持ち歩いているスマホを使うため、確認も入力もそのつど、忘れずにできます。また、スマホ内とPCとでカレンダーを同期できることが便利です。リマインダーとして自身にメールを送ったりもします。ただし、一番の利便性は、スケジュールの内容について、データ化してあれば検索や抽出が可能になる点です。数年前に行ったミーティングの日付、その時に用意した資料など、通常では確認できない(当然、記憶もしていない)内容を、すぐに拾い出せます。のちのちのデータ資産となるよう、入力時には細かく入力しておくようにしています。
手帳
最初はスマホが楽だと思って使っていました。しかし手帳って持っている方がちょっとカッコイイかなと思って購入したところ意外に手帳の方が使い易かった。自分の使い易いように出来るになにより自分で書いているので何となく思い入れもある。スマホは楽でいいのですが何となく愛情が湧かない感じです。手帳は何度となく振り返ってみるとあれこれと思い出や思い入れがあって予定だけでなくその時の心境を思い出したりもできるので手帳がよい。
スケジュール管理について(私の意見)
私の周りでは、スマホやタブレットなどでスケジュールを管理している人が多いですが、私はいつも、手書きの手帳でスケジュールを管理しています。私としては、手書き手帳でスケジュールを管理するのが一番良いと思っています。その理由は、データではないので消えることがない。また、書くことは脳の活性化にも繋がると思いますし、何より、書くことに楽しみを持っています。ペンの色の使い分けやシールや写真貼ったりなど自らデザインすることが、私にとっての楽しみになっています。私にとって、手書き手帖でスケジュールを管理するというのは、ただ管理をするのではなく、自らデザインすることよって、気分転換ができるので、私はこちらの方が良いと思ういます。
もう手放せない「Googleカレンダー」
断然アプリでのスケジュール管理派です。
私はGoogleカレンダーを利用しています。
iphoneユーザーですが日頃PCに向きあう時間が多いので
iphoneでスケージュールを入力するときもあればPCから行う事もあります。
どちらにしても同期されているので、
めちゃくちゃ便利です。
あとは通知が来るのがすごく便利です。
通知の時間も設定できるので、
自分で忘れないようにするにはこれぐらいかな、っていうのが設定できて助かります。
また日付と関係なくタスクも登録できます。
もう手放せません!
手書きの手帳派
手書きの手帳か、スマートフォン・PCのカレンダーでスケジュール管理をする場合、
私は前者の方が好きです。

携帯電話やスマートフォンの普及により、データでスケジュール管理をするのが便利な世の中になりました。
グーグルカレンダーの場合、他の人とスケジュールを共有することもできますし、
字が汚い私にとっては見やすく使えるので、非常に便利です。

それでも手書きの手帳を好むのは、
全体を一見できるところと、書くことで記憶に定着させることができるからです。

スマホやPCのカレンダーの場合、日ごと、週ごと、月ごとにスケジュールを表示することは
可能ですが、両方の機能を同時に使うことはできませんし、
画面を切り替える操作も必要になります。
しかし、手帳の場合、日ごと・週ごとの詳細な予定は同じページで
確認できますし、付箋やしおりを挟むことで、ページ間の移動も容易になります。

また、データと違うのは、自分の手で予定を書き込むところですが、
面倒とも思われるこの作業も、私にとっては記憶に残り易くなる大切な手間です。
更に、重要なところは色やペンの太さを変えたり、印をつけるなど、
自分の思いのままにアレンジできる点も魅力的です。

以上の理由から、私は手書きの手帳を好んで使っています。

あじのある手書き
基本的に紙に落とされた文字が好きなんです。中学の頃から社会人なったばかりの頃まではシステム手帳でスケジュール管理をしていましたが、最終的に手書きの手帳に落ち着きました。その日の気分でイラストを落書きしたりと自分が好きなように書き込んでいます。連絡先などを書いておいた紙を挟んでおけば、すぐに渡せるのもいいところです。デジタルに憧れ使用していたのでデジタルの良さも分かっていますが、昭和生まれの人間なのでか手書きが落ち着きます。
断然、手書きが良い
タイトルの通りですが、私は断然「手書き」が好きです。
とゆうのもスマホアプリのスケジュールはだんだん飽きてくる、とゆうか面倒になってしまうんです。
私がズボラな性格なのかもしれないですが…アプリを起動するのも面倒くさいです。スマホアプリは日々新しいのが出てくるし、今使っているスケジュールのアプリがいつ使えなくなるか、わかりませんもんね。

一方、手書きの手帳なんかはずっと残しておけます。
それに「書く」とゆう作業も大好きで、色んな種類の可愛いペンも持っています。女子は文房具大好きですから。

男女で意見が分かれるのかもしれないですね。

手書き手帳とスマホでスケジュール管理、私は手書きの手帳を選びます。
手書きかスマホやパソコンなどの電子機器でのスケジュール管理どちらを選ぶと聞かれた場合、私は手書きの手帳を選びます。
ずっと手書きの手帳を使っているのもありますが、すぐ見れてすぐ書き直せるのはやはり手書きの手帳かなと思います。
また付箋紙などを必要な時に貼ってはがせるなど自分の融通も手書きの方がきくのも理由の一つです。
毎年色々な手帳がでて好きなデザインのものを選ぶのも楽しみのひとつになっているので私は手書き手帳が好きです。
手書きの手帳が好き
これまで一度もスマホなどでスケジュール管理をしたことがありません。大した用事はないのですが、ネット上という事でまずセキュリティー上の不安はあります。それからもし消えてしまったらという不安もかなりあって使っていません。手帳を使っているのは、ずっとこれに慣れてしまっているからというのもあります。そして、変更があってもすぐに持っていたら書き換えられる便利さもいいです。スマホだと持っていて不安があり、手帳は持っていると安心感があります。
私はこのままアナログ人間
私は手書きの手帳を使っています。アナログ人間なので基本的に手書きが安心します。手帳に3行くらいの日記を書けるので手帳は便利です。自分の字でテンションの高さなどがうかがえてなかなか面白いです。アプリもインストールしてみたのですが、全然使う機会がありませんでした。手帳を持ち歩いてないときは、iphonenのメモなどで簡単に打って帰って手帳に書き込むようにしています。どこまでもアナログですが私は手帳派なのはこの先も変わらないと思います。
手書きの手帳と電子機器でのスケジュール管理
便利なのは電子機器での管理ですが、手帳記入派です。自分で書くからなんとなく覚えているし、すきなようにデコレーションできるので、仕事やプライベートで書き方を変えたりするのも楽しみのひとつになっています。
やはりPCでの管理が便利です
以前は手帳に書いていましたが、
今はPCでスケジュール管理をしています。
利用しているのはGOOGLEカレンダーです。
理由は紙に書くということが面倒くさくなってしまったためです。
手帳での管理は、スケジュールを記入する欄が限られているため、書く内容をある程度制限しなくてはいけないこと、
また変更があったときに、書き直すと汚くなってしまうことなどがあり、
その点、PCでの管理は変更が自由であり、またスケジュールの細かい内容まで入れておくことができるので非常に便利です。
手書きの手帳は必需品
私は、スケジュールをスマホと手帳で管理しています。スマホで、すべてを済ませたいとも思いましたが、やっぱり、手帳にはかないません。子供が4人いるので、家族の予定がたくさんあります。手帳なら、年間予定表に、子どもの行事を書き込んでおき、一覧表になっていることで、予定がダブらないように、管理できます。スマホでなく、手帳なら、話し合い途中で、メモもできます。スマホをいじるのはちょっと「何してるの?話し合い中に・・」と言う感じで、できません。でも、時間のある時に、スマホにお知らせアラームなど設定しておけるのは、とっても便利です。
手書きはステキ
私は手帳派です。やっぱり、自分が気に入った手帳を使うとテンションが上がります。使い込んだ革の手帳カバーは味があっていいです。また、気分に合わせてシールやマステでデコレーションできるので、そういった楽しみもあります。

仕事中にスケジュールを確認するのも、スマホと手帳じゃ相手に与える印象が違うと思います。過去にあったことなど、すぐに確認できるのも、手帳のいいところだと思いますよ。手帳だとそれ自体が思い出になります。

手書きの良さ!
子どもの頃から、もうず~っと手帳派です。
毎年可愛い手帳が発売されていてそれを吟味したうえで、お気に入りの一冊を一年ヨロシク!って気持ちで購入し、使っています。
何より中身を自分で手作りでカスタマイズできるし、付属のメモ帳やシールも楽しみの一つです。
毎年毎年それを楽しみにしていて、もったいなくて使えなくて…ってしてるので余ってるのでたくさんたまってるんですが。
アプリで管理しているアドレス帳も見た事がありますが所詮機械の字。
自分の愛着ある字の方が見ていて心地よいですよね~!
手書きの意義
私はスケジュール帳で予定を管理することが好きです。
外にいて手帳を持っていないときは、スマホやタブレットなんかも使いますが、それらに予定を書き殴ってから、家に帰って手帳に丁寧に書き込んでいきます。
手帳の方が良い理由は、普段文字を書く機会が少ないので、漢字を忘れないための訓練でもあります。
また、一度書いたことは頭に叩き込まれるので、大事な予定ほどなるべく手帳に記入することを心がけています。
手帳にシールを貼ったりするのも好きです。
デキルビジネスマンを演出したいので手帳です
スマホやタブレットで颯爽とスケジュール管理するのには憧れます。しかし、それらのスケージュール管理ソフトは使いこなせる自信がありません。やはり、使い慣れた手帳が一番です。電池切れなどの心配もありませんし、スケジュールの確認も、記入も、戸惑うことなくできますので手帳が良いです。使いこなした革製のスケジュール帳にびっしり書き込みがあったり、付箋が貼られていたりすると、いかにもデキルビジネスマンのような雰囲気があります。形から入りたいです。
手軽に記入できる手帳が好きです
スケジュール管理をITを用いて行っている方も増えているようです。スマートフォンとパソコンを同期させて同じスケジュール管理機能を使えることもできます。便利だと思い私もしばらく使ってみたことがあるのですが今は手帳でのスケジュール管理に戻ってしまいました。スマートフォンとパソコンですと文字の打ち込みに時間もかかるので私にはちょっと億劫なのです。手帳の場合は気になったことなどを簡単にサラサラと記入できて手軽です。気軽に思い付いたことを記入できる手帳は改めて使い勝手が良いと私は感じています。
スケジュール管理
私は携帯電話をスマートフォンに変えたのは、3年ほど前です。その頃から、スマートフォンに内蔵されているスケジュールを使用しています。でも、そのずっとずっと前から手書きの手帳は毎年買って使っています。だいたいのスケジュールは、スマートフォンに書き込み、手帳に書き写すという作業をしています。さらに、冷蔵庫に貼ってあるカレンダーにも予定を書き込んでいます。それでもしばしば予定を忘れる始末ですが。。。スマートフォンは、大抵持ち歩いているので、いつでも予定が書き込めて便利です。でも、やっぱり手書きの手帳が私は好きです。なぜなら、毎年買い替えることで、今年はどんなデザインにしようかなあと選ぶ楽しみもあるし、好きな手帳に書き込むことで気分も上がるからです。また手書きですと、余白に詳しいことを自由に書き込めるので、自分らしい手帳になっていくのも好きな理由です。
スケジュール管理は持ち運びに便利な手帳が一番
私は一時、パソコンでスケジュールを管理していたことがあります。しかし、パソコンだと持ち運ぶことが出来ず、また、いちいち入力するのが面倒になってきました。一方、手帳だと持ち運びにはとても便利ですし、いくつかのページをパラパラと見ることも容易に行えます。それに加えて、私の場合、以前用いていたパソコンが故障したことがあり、修理に出して10日ほど使えないことがありました。あの時のことがあり、スケジュールに関しては、パソコンではなく手書きの手帳で管理しています。
手書きが好き、だけど・・・
私は手書きでスケジュール帳を付けるのが好きです。ペンで字を書くのが好きですし、マーカーやマスキングテープなどで飾ったりするのも大好きです。
ですが、ここ数年は手帳を買っていません。というのも、スマホを持つようになって、家族とのスケジュールの共有ができるようになったので、もっぱらスマホのアプリでスケジュール管理するようになったからです。また、子供が多いので普段の荷物もどうしても多くなってしまい、少しでも荷物を減らすために、スマホに統一してしまったという理由もあります。
手書きの手帳はいいですね
やはり手書きの手帳がいいですね。大事なことは手書きの手帳に残してあります。究極的に手書きのほうが保管がよければ一生残りますので。電子手帳は使っていて故障があるとメモリが飛んでしまうことがある。そうなるとどこかに自分の大事なメモリを残しておかないと再びなにかに頼って復元することになりますから。だから大事なことは手書きの手帳に書き残してあります。その上でいつでもアクセスすのに必要な記憶は電子媒体に保存してあります。
圧倒的に手書きの手帳です
考えが古いかもしれませんが、手書きの手帳の方が好きです。電子的にすると管理は楽だと思い、何度か挑戦しましたが、いつも挫折しています。まず入力が面倒です。日付、時間を入力してから内容を入力する手間が面倒に思います。それに人と話している間に決まった予定を入れるのが大変です。それにどこが空いてる?という話になった時に定を一覧で見るのが、スマホだと小さすぎるし、PCだとわざわざそのために起動するのも面倒です。手書きの手帳だとすぐに書けるし、確認も手帳があればすぐにできるので、手帳の方が好きです。
手帳を選ぶ理由
私個人としては手帳の方が好きです。何故ならいつでもどこでもスケジュール確認が出来るからです。スマホなどの機器に頼るのも確かに良いのですが、いざという時に電池切れを起こしていた場合スケジュール確認が出来なくなってしまうのも手書き手帳を好む理由の一つです。持ち運びに関しても小さな手帳を選べば重さを軽減する事は出来ます。またこれは個人的な理由ですが、スケジュール確認している時に間違ってスマホを落とした場合落とし方によってはスマホが壊れてしまい損害が出る可能性もあるのもスマホといった機器を選ばない理由です。
スマホの方が好き
スマホで、メモ帳アプリなどを使ってスケジュールを管理しているのですが、手帳よりも便利だと思っています。まず、第一に忘れる可能性が極端に低いからです。手帳などは、ついカバンにいれっぱなしにしてしまうのですが、スマホなら肌身離さずと言って良いほどですからね。ホームに予定を表示させておけば嫌でも目につきますし。また、スマホだったら適当に書いて人には読めないという心配も無くなりますし、スクリーンショットを使えば共有も楽に出来るからです。
手書きの手帳の方が好き
スマホを使いだして、アプリなども少しずつ使いこなせるようになった頃、手帳もスマホで管理出来たらいいなと思ってダウンロードして使ってみたことがあります。
アプリの手帳も、いろんな種類があってデザインも自分で選べるものもあり、使い始めは可愛くて便利だと思って使っていました。
でも、アプリだと昔の月を見返すときに、月全体に書いているものや、ページ全体を見たいときに見づらかったりして、不便だと思ってしまい、また手書きの手帳に戻りました。
私が使ってみたスマホの手帳はすべて無料のアプリだったので、有料だとまた違ったりしたのかな、と思いますが、せっかくお金を出すなら手に取って選べる手帳を、と思って手書きの手帳を使っています。
手書き派
以前からずっと手書きの手帳でスケジュール管理をしていて、PCなどでは全く行っていません。やはり手で文字を書くとそれだけで覚えられるからです。だから忘れないためにというより、手帳に記入すること自体が目的という感じです。あとは毎年10月くらいからハンズやロフトのようなお店で来年のスケジュール帳が売られ始めますが、そういうところで好みの物を見つけるのも楽しいからです。1年間毎日使うものだから、いろいろ見比べてこれだというものに出会えるとすごくうれしく、また来年も頑張ろうという気持になります。
手帳の方が好きだけど、結局スマホ
スケジュール管理は、スマホにプリインストールされていたカレンダーでしています。
手書きの手帳で管理していた時期もありましたし、個人的には手帳の方が好きですが、スケジュールを書き込もうとした時に携帯していなかったりすることが多く、結局、常に携帯しているスマホで管理するようになりました。
今のところスマホで充分ですが、もっと頻繁にスケジュールを入力する機会が増えたり、メモを取る必要が出てくるのであれば、また手帳で管理するようになると思います。
絶対にGoogleカレンダーかマイクロソフトオフィスカレンダーです!
Googleカレンダーは個人で使用しています。とにかく利点が多いです。PCとスマホとアンドロイドをリンクさせているので、どの媒介にスケジュールを入力してもすべてに同じようにアポが入りますので、管理がしやすいです。外出先でもどこでもスマホがあれば、その場ですぐにアポを入力できますので、絶対に忘れることもなく、しかも時間の前になると教えてくれます。これはマイクロソフトオフィスカレンダーも同じですが、オフィスは仕事でしか使用していませんが、関係している方と共有できますので、お互いのスケジュールが確認できますし、インビテーションをしあうことで、わざわざ自分のスケジュールに入力する手間も省けますので大変便利です。テクノロジー普及のおかげでこれだけ便利になったと実感できる媒介だと思います。
やはり手帳
私は普段パソコンを使う仕事をしていて、自宅でもパソコンを使用するどちらかというとヘビーユーザーです。
もちろん、Webアプリ、Googleカレンダーなどにも大きい予定や友人の誕生日などを登録していて便利に使ってはいます。
しかし、個人的な細かい予定はやはり手帳ですね。
一番はバックに入れて携帯できる点、二番はぱっと広げればすぐにわかる点です。
スマホやタブレットも携帯はできますが、このぱっとというのは無理ですから。
そして、書き込む事によって忘れにくくなるというのもあります。
ゆえに私は手帳派です。
スケジュール管理アプリが便利です
手書きの手帳よりも、スケジュール管理アプリの方が便利です。具体的には、主に二つの点でアプリに優位性があると感じています。
一つ目は、繰り返しのタスクの処理です。手書きの手帳だと、当然、次回のタスクを手書きで記入しなければなりません。しかしアプリなら、繰り返しの周期にかかわらず、次回の実行予定が自動で入ってくれます。その分手間と時間が省けます。
二つ目は、検索です。これも当然ですが、手書きの手帳では、一度記入したタスクは記入したページにしか表示されません。アプリだと、検索機能でタスクを絞り込んで表示できるほか、タグやラベルを使ってタスクの表示を動的に変化させることが可能です。このため、記入したはずのタスクが見つからないといった状況を避けることができます。
私が使用しているアプリは、Todoistといいます。多数のプラットフォームに対応しているので、スマホやパソコンを含め、さまざまな機器から利用することが可能です。
手書きの手帳が好きです。
元々子供の頃から字を書くのが好きだったのもあり、手書きの手帳でスケジュール管理しています。A6サイズの手帳にボールペンで予定を書き込んでいきます。
ボールペンで予定を書き込むと中々忘れることはありません。手書き手帳の良いところは、簡単に数週間前や数ヶ月前の出来事を思い出すことができることです。
仕事とプライベートを分かりやすく区別するため、蛍光ペンを使っています。日々のことも書きこんでいくので、日記のかわりにもなってます。
私は手書きの手帳派
私は手書きの手帳派です。毎年買い替える使い捨ての薄っぺらい手帳ではなくて、ある程度お値段のしたものを何年も使っています。レフィルだけ買ったり、最近は無料でダウンロードできるかわいいデザインの物もあるので、プリントアウトして使っています。スマホだと画面が小さくて嫌です。スマホは固まってしまう時もありますし。手帳のほうが、ぱらぱらっとすぐ見られてよくないですか?目も疲れませんし。他人からのぞかれやすいところはありますが。
スケジュールは手書き派です。
手書きでスケジュール帳に記入しています。手を動かして書かないと頭に入りませんし、携帯で話しながらスケジュールの確認もする事が多いので、スケジュール帳が別であった方が便利です。
特に重要な物はマスキングテープや、付箋などを使って強調したり、絶対に目につくところ、例えばスケジュール帳の表紙に貼っておいたりしています。
忙しくてアレコレやらなくてはいけない事は多いですが、手書きの方が忘れる事が少ないと思っています。
予定管理は手書き派
去年1年間は、手書きのスケジュール手帳で予定を管理してみました。
今年は、iPhoneのtime treeスケジュール管理アプリを使用しています。

手帳で自分で書く予定のほうが、しっかり頭の中にも入ってくるし
覚えていられるのですが、アプリで予定管理していても
その画面を消してしまうとわざわざアプリを立ち上げるまで
予定がわからなくなり自分には合っていないことがわかりました。

手書きの手帳は、思ったことなどもたくさん書けるし、その時の事も
すぐに思い出すこともできるので、手書きの手帳のほうが好きです。

スマホでスケジュール管理
ハチ2Liteという無料のカレンダーアプリを使っています。1ヶ月のカレンダー表示で、何日にどんな予定があるか一目でわかるところが気に入っています。自分の予定だけでなく、夫の仕事の予定も入力しています。便利だと感じるのは、友だちと会って次の約束をするとき、必ず持ち歩くスマホで予定をチェックできるところです。仕事の忙しい方だと、ちょっと物足りないかも知れませんが、私のように、とりあえず1ヶ月の予定がざっとわかればいいという方にはお手軽なアプリだと思います。
ジョルテというアプリで管理しています。
私はスマホでスケジュール管理をする派です。以前は手帳を使っていましたが、数年前からスマホに変えました。元々字がきれいな方ではなかったので、あまり手帳に書き込むのが好きじゃなかったからです。現在は、ジョルテというAndroidのアプリを使用しています。このアプリは自分の使い勝手の良いようにカスタマイズ出来るので、かなり重宝しています。絵文字を使ったり、フォントを変えたりなど色々な機能が付いているのも嬉しいです。
googleカレンダーなどのクラウド上で管理できるものが便利
googleカレンダーなどのクラウド上でスケジュール管理できるもののほうが好きです。
手帳だと常にそれを携帯するのも面倒ですし、紛失した時はとても困ります。
クラウド上で管理しておけば何かしらデバイスがあれば確認できるので便利です。
スマホが紛失したり、故障したりしてもPCでもタブレットでもチェックすることができます。
身の回りにデバイスが一つもないということはまずないので、常にチェックできる状態にあると思います。
手書きの手帳派です
私は手書きの手帳派です。

理由は、スマホアプリでの管理だと、いずれ消えてしまうような気がするからです。
予期せぬアクシデントで、データが消えたり、機種変更をしたりしてあとで見ることができなくなる可能性があるので、手書きの手帳で残しておきます。

スマホの方がいつも携帯していて便利かもしれませんが、手帳の方が見やすいと思います。
手帳はあまり携帯しないのですが、必要なときは持ち歩いたり、家で確認をして後から連絡をすればいいだけのことなので、これからも手帳を使うと思います。

今の時代ですから。
私は、iPhoneのスマホでスケジュール管理しています。
以前は、シャープのザウルスを利用していましたが、もう、後継機は発売されていません。
スマホでのスケジュール管理ですが、特にアプリは利用していません。
今の所は、iPhone標準のカレンダーアプリを利用しています。
ヤフーの乗換案内の予定も、カレンダーに取り込めますので、重宝しています。
上記の通りですが、フリーのアプリでスケジュール管理でき、機能面で充実したアプリ(例えば、他のアプリとの連携機能等)がありましたら、そちらに替えるかも知れません。
手書きの手帳の良さもあります
これだけパソコンやスマホが普及した昨今、大きな声では言いづらいのですが、私はスケジュール管理をするには断然手書きの手帳が好きです。まずパソコンは立ち上げる手間がおっくうに感じてしまい、予定を入力する作業自体をついつい後回しにしてしまいがちです。その点、手帳は常にカバンにしのばせておいて、さっと取り出せて記入できますし、後で見直す時に自分の筆跡であると分かりやすく感じます。スマホはすぐに使用できますが、画面の光が目にこたえるので、必要最低限しか使用したくないという気持ちが大きいです。
私はデジタル派です
近年、スマートフォンの普及により、手帳を使わなくなってきた。最近私が使っているのはGoogleカレンダーである。
それは何故か?改めて考えてみると2点思い付いた。
1点目に、手帳を持っているとかさばる事である。手帳とスマートフォンだけでもかなりの厚さになり、忘れるとスケジュール管理ができない。その点スマートフォンを忘れなければGoogleカレンダーでスケジュール管理は簡単にできる。
2点目に、多様な情報を簡単にシェアできることである。こうやってスマートフォンでやりとりしているときでもすぐにアプリで予定を確認できること、また他の家族の予定も同時に把握できることである。
その2点が、近年私が手帳を持たない理由です。
頭に入りやすいのは?
手書きにしてもデータにしてもどちらも利点と欠点があると思います。データで管理すれば入力も楽ですし予定日が来たらアラームで教えてくれたり毎日確認しなくても間違いを避けることが出来ると思います。一方、手書きの場合は書き込むのも面倒ですし毎日確認しないと予定日をすっぽかす恐れがあると思います。そう考えるとデータで管理したほうが良いと思います。唯、多くの人はどうか解りませんがデータ入力は頭に入らない気がします。手書きは書く作業によって体から頭へと記憶される気がし、後になってからも覚えているのですがデータ入力などではすぐ忘れてしまう気がします。ですから私の場合はボケ防止のために手書きに軍配を上げたいです。
手書きです。
いつも手書きのスケジュール帳に予定だけでなく、その日あったことをちょっとだけメモしています。日記というほどちゃんとしたものではありませんし、毎日ではなく書きたいときだけ書いています。でもあとでその手書きの文字を見ると、書いた時の気持ちなどを思い出せます。PCなどではこのようなことはない気がします。そのようなアプリを使ったことがないのでわかりませんが。やはりその時の文字の感じ、殴り書きだったり丁寧に書いていたりするところに自分の感情がけっこう込められているのがおもしろく、今でも手書き派です。
手書きのスケジュール帳を使っています。
わたしは、毎年スケジュール帳を買います。ポケットに収まってしまうくらいの小さなものですが、日々持ち歩いて、スケジュールをチェックしたりメモをしたりしています。
スマートフォンにメモを残すこともありますが、基本的にスケジュール帳に書き込んでいます。スマホで電話をしている時は手書きするほうが確実にメモを残せるし、スマホだと何かの衝撃でデータが消える可能性もあるからです。サブ的にスマホでスケジュールを記録することもありますが、感覚的に手書きをするほうがスケジュールを覚えているので、手書きのスケジュール帳を使っています。
スケジュール管理は、手書き9割、スマホ1割かな?
独身時代は、肌身離さず持ち歩いていた手帳だけで管理していましたが、結婚して、今年小学生になった娘と旦那さんの予定も把握してないといけないので、基本的に手帳とカレンダーで管理しています。
カレンダーは家族全員が知っていた方がいいイベントや用事を記載しています。そのほかに、忘れては困る学校に関する用事や手帳に書く必要がないけど書いておくと便利な旦那さんの飲み会や会社の出張や会議の予定(食事の準備に便利)などを書いています。
スマホでのスケジュールは、ディズニー携帯を使用しているので、それに付属しているカレンダーに忘れてはいけない予定にアラームをかけて記入したり、手帳を持っていない時に外出先で決まった予定を記入し、後で手帳に移したりしています。また、持病の薬(ルナベル)のサイクル管理を製薬会社が提供している薬専用のアプリを使用して管理しています。
手帳が主ですが、スマホの便利な機能で補足しているという感じです。
手帳派です。
私は手帳にスケジュールを手書きする方が好きです。スマホも便利ですがカレンダーでスケジュール管理をしていても、まずスケジュールを管理するアプリ(カレンダーなど)を開くまでの手間を感じてしまうので。手帳も開くのは同じなんですが、スマホはまずスリープ状態のスマホを起こすところから始まり、アプリを開いて…と言う作業が手間に思います。手帳なら人前でもぱっと開けますし、字の状態でその時書いた自分の感情も読みとれたりします。学校行事などでメモをとる場合もスマホを取り出すより、手帳に書き込む方が印象は良いと感じています。なので私は手帳派です。
職場ではルールに従う。が、手帳派です。
私の会社はスケジュール管理はPCで管理しています。ですから会社にいる時はなんの問題もありません。
ですが、事務職の私は会社の携帯がありません。そして営業などの外に出る職種の人は会社から携帯が支給されています。携帯はスマートフォンではありませんし、インターネットにはつながらないようにしています。ですから会社の携帯があっても会社にもどらないとスケジュールなどはわからないのです。
そうすると会社のルールに一応従ってパソコンにスケジュールを入力しますが、全社員が手帳に手書きしています。携帯やタブレットでは充電がきれたりすると何も出来なくなってしまいますし、手帳などのアナログですと自分も実際に記入するので記憶にものこりやすいです。
手帳に書くことで頭の整理ができます
私は手書きの手帳が好きです。まず毎年年末頃になると「来年はどんな手帳にしようか」と色々選ぶ楽しみがあり、同時に次の一年をどう過ごしたいか考える良い機会にもなるからです。普段仕事などでPCやスマホも使いますが、予定はスマホなどに打ち込むよりも手書きで書いた方が頭の中の整理もでき、書き込んだことも忘れない気がします。最近は大きめでフリースペースがたくさんある手帳を使っており、スケジュール以外にもTVで見たレシピをちょっと書き込むなど、便利帳のように使っています。
書くことって大事かも。
iPadを購入してから、iPadのカレンダーでスケジュールも管理しようと考えて、実行していたのですが、スケジュールを忘れてしまいがちになってしまったので、以前使用していた手書きの手帳でのスケジュール管理に戻しました。
手書きのスケジュール管理に戻してから気がついたことなのですが、手帳に手書きで文字を書くことによって、無意識にスケジュールを頭の中で記憶していたようです。
ただ、過密な日程は手帳に書き込むのはぐちゃぐちゃになってしまうので、手帳に「iPadカレンダー見る」と書き込んで、手書きの手帳とiPadのカレンダーを両方使用するようになりました。
メインは手書きの手帳なのですが、iPadのカレンダーも使用して、二重チェックもできているので、効率は上がったと思います。
手書きの手帳が好き。
私はやはり手書きの手帳がいいですね。スマホのアプリなどでスケジュール管理するのも手軽で便利だと思いますが、自分の手で書いたら覚えるし忘れる確率が低いので手帳を使っています。そして、手書きの手帳だと自分の好きなデザインの手帳をお店で選ぶのも楽しくて好きです。スマホが普及して自分で字を書く機会がなくなってきているので、手帳に書くことでその機会もできて一石二鳥だなと思います。小さなメモもクリップで挟むこともできる点もいいですね。
手書きの手帳の良さ
携帯でスケジュール管理するのも便利で良いと思います。例えば音でスケジュールを教えてくれるし、機能はかなり良いと思います。でも私は敢えて手書きの手帳を使っています。ペンの色で予定を分けたり、シールを使って手帳をわかりやすく見やすくしています。自己満足ではありますが、数年たって過去の手帳を見ると日記のような中身を見て懐かしく思い出したりもできるので、手書きの手帳が良いです。中身も可愛く自分好みに飾っています。手書きの手帳に手帳の手帳の良さがあります。
手書き派です!
私は手書きのスケジュール帳を愛用しています。もともとずぼらな性格なので、スマホですと時折充電を忘れてしまい、ふと気が付けば電池が切れていたということもあります。一旦電池切れなんてことになると、スケジュール帳としても全く役に立たなくなってしまうので、そう心配とは無縁な手書きのものを愛用し続けています。また、手書きのスケジュール帳は、かわいいデザインのものもたくさん売られていますから、好みのものを見つけて持ち歩くのは楽しいです。一年たって、使い終わってからも、その年の記録として取っておくこともできます。
断然手帳派です。
スケジュール管理は、ずっと紙ベースの手帳に手書き派です。学生時代に、見開き一面で1ヶ月が管理できるマス目になったタイプの手帳を使いだしてからの、長年の習慣です。
社会人になってからは、もっぱらシステム手帳を愛用しています。月間タイプ、週間タイプ両方のレフィルを併用して、常に過去2年分くらいをバインダーしています。古い分は順次取り外して別途保管、過去の日記代わりにもなります。年々記憶力が衰えていき、過去の記録を紐解く機会も増えました。そういう時は、やっぱり紙ベースが安心です。
手書き派です
私のスケジュール管理はすべて手書きの手帳で行っています。理由は、パソコンやスマホでのスケジュール管理ができるほど、使いこなせていないからです。
やはり手書きでのが確実ですし、その日起こったことの感想や一言を隙間に書き込めるもの好きな理由です。
それに学生ではないため、手帳ぐらいしかほぼ文字も書かなくなってしまいました。ですので、「自分の文字で書く」ということも大切にしていきたいと思っていますので、これからも手書きの手帳にスケジュール管理はしていくと思います。
スケジュール管理はスマホ
昔はスマホのような便利な道具はひとつもなく、電子手帳というものもありましたがぶっちゃけスマホの機能の半分以下しかない自由度で限られた用途にしか使えませんでした。その上スマホと同程度の価格なので私はどうしても魅力に感じることができず、結局手書きの紙の手帳を使っていましたが、紙の手帳はどんどん増えていき、とにかくかさばります。そしてどこからどこまでがいつまで書いたものかを管理するのも大変。しかしスマホでの管理はこういったかさばりの心配もなく紙のようにどんどん増えていきません。その代わり、故障などした場合はデータが飛んでしまうというリスクがありますが、こまめにバックアップを取るなどして対策をしておけば直前の状態にまでは元に戻せるので、これを忘れなければこのリスクは減らせるでしょう。
昔からの習慣でスケジュール帳を利用しています。
スケジュール管理は雑貨屋さんなどで買ったスケジュール帳で管理をしています。確かにスマホのアプリで管理をすれば荷物にならずに楽かもしれませんが、慣れてないせいか見ずらいんですね。万が一充電切れになった場合に当日なので約束に時間までは忘れないと思いますが細かなことを忘れる恐れがあります。
スケジュール帳を使う利点としては気に入ったデザインの物を買って雑貨感覚で所有することです。書き方も自分のオリジナルで好きなようでできるのも良いですね。
毎年デザインを変えることで気分転換にもなるので今後もスケジュール帳で管理するつもりです。
手書きの手帳が使いやすいです。
常にPCのそばにいてすぐ入力できるなら、PC等でのスケジュール管理が便利だと思います。一度試してみましたが、出先でスケジュールを入力するときに、スマホでは煩わしくて、スムーズに出来ませんでした。入力することに気を取られ、会議の内容が頭に入ってこないことがありました。それからは、結局手書きの手帳を愛用しています。自分で書くことで記憶にも残りますし、何かの間違いで消去されることもないので安心です。ちょっとしたことを書き留めておく時も手書きの方が便利だと思います。
手書きの手帳派です
予定の書き込みは手帳を使う派です。
アプリやパソコンのソフトを使うと、電源がない場所や電池切れの際に焦ることになるからです。
またウィルスソフトをインストールしていたとしても、流出の危険が伴います。
手書きで予定を書いたほうが記憶が定着しますし、日記感覚で毎年残すことができるので良いと思います。
普段から手帳に字を書いていないと、パソコンやスマホばかりで、すぐに漢字を思い出せなくなるのではないかと思っています。。
手書き手帳
私は手書き手帳派です。昔はスマートフォンに入っているカレンダーを使用していたんですけど通知をしていたんですけどなかなかなんのことだったって?って面倒でした。しかも一気に入力しなければいけなかったのと大学の授業中とか携帯をいじれなかったので私はその場で記入できる手帳を選びました。手帳だとメモ帳も付いているのでスケジュールを記入する以外にも忘れる前に書いておけるのも便利だと思います。また、プロフィールも記入できるので電話番号とか記入するのにすぐ取り出せるのも利点です。
他書きの手帳によるスケジュール管理の法がいい
他書きの手帳だとスケジュールのメモ乱があるので、該当する日ばかりでなくその前後や2,3週間ぐらいのスケジュールがわかるので、緊急にひってきた予定の行動にまた言おうできるし、すぐ見られる。電子情報だとその機器を開かなければならないし、前後の予定などもすぐにはわからないのではないかと思う。
手書きの手帳だと1ヶ月の予定はすぐみてわかるのがいいと思う。スマホやPCだと画面の関係で1ヶ月の予定はすぐには見られないようななので、あまりべんりではないように思う。
やはり紙のスケジュール帳の方がよい
もちろんネット上のスケジュールにも、予定は書きこんであります。でも、一番大事なことは、紙のメモに書きたいものです。
万が一、コンピューターが壊れて、スケジュール確認ができなくなったら??ということも、あり得ますので。
コンピューター上のスケジュールは、曜日がすぐにわかってとても便利でもあります。この頃、携帯の画面でも管理しています。
一応、両方使っていて両方とも良いところもあるのですが、紙のスケジュールに細かい部分の書き込みはしてあります。
紙の手帳、やはり大切です。来年も、新しいスケジュール帳を買います。
通知設定の心強さ。
個人的にはスマートフォンでスケジュールを管理するのが良いと思っています。
iPhoneの場合は最初から入っているカレンダーで設定が簡単にできますし、
Googleカレンダーなどと同期をしてスケジュールの管理ができる便利さもそうなのですが、
第一として予定がある日に通知設定をすれば、その日に、その時間に音やメッセージで知らせてくれるからです。
手帳でスケジュールを管理している場合だと必ず目を通さなければならないので、忘れてしまう場合がありますが、
音やメッセージで知らせてくれると忘れる事はそうありませんし、
予定の1日前、1週間前などと通知設定もできるので、忘れてしまう事を防げるだけでなく、
準備もばっちりこなせるので、スマートフォンでのスケジュール管理を推したいです。
手書きが基本
私はスケジュール管理は基本的に手書きでしています。
何故かというとそちらのほうが記憶に残る事が多いからです。
あまりPCなどのアプリを活用できていないという事もありますが、手帳などのほうが見る機会が多く実際に書く事で頭に入るので手書きを採用しています。
ただ、スケジュールの量とも関係していると思うので膨大なスケジュール量になると病院の先生などが診察の予約を30分単位くらいでPC管理するのが正解なのだろうと思います。
数日おきにスケジュールがあるだけなので今は手書きで十分です。
すばやくスケジュールの管理をするには。
日々のスケジュール管理は大事だと思います。 今は年間スケジュールノートで管理しています。 PCのアプリやソフトも出ていると聞いているので、どっちが便利かなと思いましたが、やはり私は年間スケジュールノート派です。 どうしてかというと、PCで管理した場合、さあ今週の予定はと思っても、まずPCデスクの前に座り、PCをオンにして少なくとも2回はクリックしないといけない。(うちの場合だけかと思いますが、PCが一寸重たい) それに比べるとスケジュールノートは、ハンドバッグに手を突っ込んでノートを取り出し、しおりをぱっと開くだけでいいからです。

まとめ

意外にも大差で手書きの手帳派が多いということがわかりました。いつでもさっと取り出しメモ帳代わりに使えることや、日記としても使える、手書きの方が記憶に残りやすいことなどがメリットのようです。スマホだと仕事先で相手の目の前で使うのが失礼、万が一データが消えてしまったときに恐い、という意見もありました。

スマホ・PC派の意見としては、手帳よりも持ち運びが楽、アラーム機能があるので予定を忘れる心配がない、というメリットを上げる人が多かったです。中には手帳とスマホを両方使っている人もいて、仕事用とプライベート用、家族の予定と自分の予定などで使い分けてみるのも良いかもしれませんね。

アンケート結果を参考に自分に合ったスケジュール管理の方法を見つけてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。