外為オンラインと外為どっとコムのFX口座比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
Foreign exchange market chart

外為オンラインと外為どっとコム、FX口座を開設するならどちらがよいかを比較対決!

FXを始めてみようと思っても、どこのFX会社を選べばいいのか迷いますよね。

初心者におすすめの会社やスプレッドの差、取引システムなどがここを見れば一目瞭然。

利用者の評判もまとめていますので、メリットデメリットを見極め、自分の取引方法に合った会社を選びましょう。

外為オンラインと外為どっとコムの比較表

外為オンライン 外為どっとコム
運営会社 株式会社 外為オンライン 株式会社外為どっとコム
設立 2003年4月28日 2002年(平成14年)4月1日
資本金 3億円 778,500,000円
取引手数料 無料
※iサイクル注文及びサイクル注文は、新規及び決済取引のそれぞれに取引手数料が発生。1,000通貨当たり20円
無料
口座維持手数料 無料 無料
ロスカット手数料 無料 無料
出勤手数料 無料 無料
口座開設手数料 無料 無料
クイック入金手数料 無料 無料
クイック出金
米ドルを証拠金にできる × ×
通貨の現受け × ×
スプレッド 米ドル1.0銭
ユーロ2.0銭
米ドル0.3銭
ユーロ0.6銭
スワップ金利 米ドル10円 米ドル11円
通貨ペア総数 24ペア 20ペア
最大レバレッジ 25倍 25倍
初回入金額 5,000円以上 規定なし
取引単位 1,000通貨 1,000通貨
マージンコール 証拠金維持率200%未満
ロスカット ・L25 コース ロスカット値 = 取引証拠金× 20%
・L25Rコース ロスカット値 = 取引証拠金×100%
証拠金維持率100%未満
デモ口座 アリ アリ
為替ニュースの配信 FX WAVE、Market Win24、ロイター FX WAVE、GI24、ロイター
管理元 株式会社ISホールディングス
提携金融機関 楽天銀行
ジャパンネット銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
住信SBIネット銀行
三菱東京UFJ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
近畿大阪銀行
じぶん銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
スルガ銀行
セブン銀行
みずほ銀行(みずほダイレクト)
三井住友銀行(SMBCダイレクト)
三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト)
ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)
楽天銀行
資産管理(信託保全) 株式会社三井住友銀行
みずほ信託銀行株式会社
三井住友銀行
みずほ信託銀行
あおぞら信託銀行
キャンペーン ★新規取引口座開設キャンペーン5,000円キャッシュバック
“新規口座開設+10万円以上ご入金+新規注文で100万通貨以上取引でキャッシュバック(2016.9.30まで)”
★外貨ネクストネオ口座開設キャンペーン
“新規口座開設+10万円以上入金+新規取引の注文量に応じて最大30,000円キャッシュバック(2016.9.30まで)”
★ポンド/円取引応援キャンペーン
“1,000Lotの取引毎に上限なしキャッシュバック(2016.9.30まで)”
★高金利通貨スペシャルキャンペーン
“トルコリラ/円・南アフリカランド/円の新規取引でキャッシュバック(2016.9.30まで)”
CMに出ている芸能人 大島優子 深田恭子
取引ツール利用料 無料 無料
iPhone対応スマホアプリ 外為オンラインfor iPhone 外貨NEXTneo
Android対応スマホアプリ 外為オンラインfor Android 外貨NEXTneo
PC専用 外為オンライン 外貨NEXTneo
モバイル対応 外為オンライン 外貨NEXTneo
ポイントサービス なし なし
カスタマーサービス メール・電話で問い合わせ
受付時間:平日9:00~17:00
・電話での問い合わせ
土日を除く24時間体制
・メール問合せ
365日対応、営業時間内に回答
おすすめポイント オールインワンの分かり易い取引システム
各種無料セミナーが充実
1000通貨単位の少額取引が可能
キャンペーンの充実
スプレッドが狭い
1クリック注文ができる
公式HP 外為オンラインの公式サイトはこちら 外為どっとコムの公式サイトはこちら

規模

×LOSE 外為オンライン
外為オンラインはCMなどで知名度も上がってきており、取引数も増えていますが、外為どっとコムの知名度には追いついていません。

◯WIN 外為どっとコム
FXといえばまず外為どっとコムの名前が挙がるほどの知名度があり、口座数・預かり資産数ともにナンバーワンとなっています。規模の面ではこちらが大きいということがわかります。

口座開設

×LOSE 外為オンライン
外為オンラインの口座開設は、HPからオンラインで可能です。フォームに必要項目を入力し、本人確認書を送付(アップロード、FAX、メール、郵送)後、3~5営業日のうちにログインIDなどを書留送付されるので、入金し取引開始となります。口座開設までに最短で3日間ということで、こちらのほうが時間がかかることになります。

◯WIN 外為ドットコム
こちらもHPからオンラインで申し込みができます。外為オンラインと同様に、必要項目の入力、本人確認書の送付(アップロード、FAX、メール、郵送)を行い、審査後にメールが届きます。それと同時に書留にて口座番号等を記載した書類が届きますので、その書面の到着で口座開設が完了となります。こちらは最短で2日間で口座開設が可能となっていることから、こちらの勝ちとさせていただきました。

取引通貨単位

◯WIN 外為オンライン
単位の小ささは外為オンラインの強みでもあります。米ドル/円、ユーロ/米ドルでは1銭単位での取引が可能で、デイトレードにも向いています。細かな単位設定が可能なことから、こちらの勝ちとさせていただきました。

×LOSE 外為どっとコム
外為どっとコムの通貨単位は1通貨であり、一通貨はそれぞれ、一円、一ドル、一ユーロなど通貨の単位に相応します。通貨単位でいうと外為オンラインのほうが細かく設定できることから、こちらのほうが少し弱いということで負けとさせていただきました。

通貨

×LOSE 外為オンライン
外為オンラインで扱う通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、豪ドル、ニュージーランドドル、スイスフラン、南アフリカランドの8通貨です。それらを組み合わせ、24ペアの中から選ぶことができます。十分な選択肢ではありますが、外為どっとコムではさらに多くの通貨を扱っており。、外為オンラインの負けということにさせていただきました。

◯WIN 外為どっとコム
外為どっとコムで扱う通貨は、外為オンラインと同様の8通貨に加え、香港ドル、スウェーデンクローナ、トルコリラ、人民元、ノルウェークローネ、メキシコペソを加えた14種類となっています。その分ペアも豊富で、選択肢はさらに広くなります。よってこちらの勝ちになります。

取引手数料

×LOSE 外為オンライン
外為オンラインでの取引には取引ごとに手数料やオプション料がかかります。

◯WIN 外為どっとコム
外為どっとコムでの取引は、NEXT総合口座(外貨ネクスト)の場合、取引手数料がかかります。短期運用向けのFXトレード口座であれば、手数料はかかりません。手数料をかけずに運用する選択肢があることから、こちらの勝ちとさせていただきました。

デモFXの取り扱い

×LOSE 外為オンライン
外為オンラインでは、デモFXで実際の運用と同じように取引をすることができます。画面に慣れ、取引になれ、FXを理解するために初めての方はぜひ試してみるべきサービスです。全て無料で使え、料金や投資の資金も必要ないので安心して使えます。

◯WIN 外為どっとコム
外為どっとコムのデモ口座も、外為オンラインと同様に無料で実際の取引を試せるものです。どちらも練習に使え、安心できるサービスです。その中で、外為オンラインとの大きな違いは、外為どっとコムではバーチャルFXのコンテストを行っていることです。仮想通貨500万円を3か月以内にどこまで増やせるかを競うコンテストで、入賞者には豪華景品が当たるという特典もあります。練習としてのデモFXを、さらに楽しんで使えるように工夫されていることからこちらの勝ちとさせていただきました。

その他強み

△DRAW 外為オンライン
外為オンラインの特徴は、画面のシンプルさ、使いやすさです。さらには様々なチャートを同時に表示するハイブリッドチャートや、ローソク足をクリックするだけでその時に起こったニュースをすぐに確認できるニュースチャートなども提供されており、非常に見やすく使いやすいサイトになっています。

△DRAW 外為どっとコム
外為どっとコムで定評があるのは、その情報の質と量です。セミナーやイベントも多く開催されており、実際には口座を使わない人もその情報を得るためだけに口座を開設することも多いようです。

システムの安定度

×LOSE 外為オンライン
こちらは外為どっとコムと比べ、少しシステムが不安定な印象を受けます。通常の取引には問題ありませんが、金融危機など相場の大きな変動のタイミングではシステムが不安定になることも考えられます。

◯WIN 外為どっとコム
こちらのシステムは外為オンラインと比べ安定しており、金融危機などのタイミングにも対応可能と考えられます。システムのことなので、何が起こるかわかりませんが、現状を客観的に見て、システムでは外為どっとコムの勝ちになります。

まとめ

今回はFX口座の比較でしたが、結論として外為どっとコムの勝ちとさせていただきたいと思います。

理由としては
・規模が大きい分、システムなどが信頼できる
・情報量が多い
・中長期の口座と短期の口座とを選ぶことができ、それぞれのメリットを考えて使い分けることができる
・バーチャルのコンテストが面白そう
などがあげられます。

それぞれに良い点も悪い点もあり、また運用によって向き不向きがあります。FXは怖い、というイメージを持っておられる方も多いとは思いますが、しっかりとルールを決めて、無理な投資をしなければ「怖いだけではない」とも感じられるはずです。

デモをうまく活用して、自分の運用スタイルを考えたうえで、自分にあったものを選んでいただければと思います。口座作成にはどちらも数日間かかることから、急に円高にふれたときなどすぐに取引に入れるよう、まずは口座を作っておかれるのもよさそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。