外壁塗装は塗装業者に依頼するのとDIYのどっちがいいか対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅のイメージ

家の外壁は何もしないと雨風にさらされて状態が悪くなっていってしまいます。そこで必要となるのが外壁塗装です。

外壁塗装業者に頼むのが一般的だとは思いますが、施工方法がわかれば素人のDIYでも可能なのでしょうか?

今回は塗装業者に依頼した場合と、DIYでの外壁塗装の費用や時間などを比較し、どちらがおすすめなのか調査してみました。持ち家にお住まいの方はいずれ必要になる外壁塗装なので、ぜひ読んでみてください。

価格対決

〇WIN:DIY
自分で外壁塗装をするときに、かかる価格の内訳は、塗料代・はけやローラーなどの道具代・洗浄するための高圧洗浄機に足場代です。足場は素人が組むのは危険のため業者に頼んだとします。これらを全て入れて30万~50万円くらいです。

×LOSE:塗装業者
塗装業者に頼んだ場合は、塗料代はDIYと同じくらいの値段として、内訳のほとんどは作業代となります。家の築年数や傷みによって値段も変わりますが、30坪くらいの平均的な家の塗装で80万~100万円くらいです。

塗装にかかる時間対決

〇WIN:塗装業者
塗装業者に頼んだ場合、だいたい2人~3人くらいの作業員が作業をしてくれて平均10日~14日くらいかかります。あまりに作業期間が短い時は、手抜き工事かもしれないので注意が必要です。

×LOSE:DIY
平日は他の仕事をしていると考えると、作業できるのは土曜日・日曜日になってしまいます。作業も一人で行うと考えると、最低でも3か月はかかるでしょう。雨が降ったり、急な仕事、体調不良などがあった場合はもっと時間が必要になります。

仕上がりの良さ対決

〇WIN:塗装業者
専門の業者が作業をすることによって、塗りムラが少なく、目地などの細かい部分もきれいに作業してくれます。

×LOSE:DIY
素人なだけに塗りムラができたり、塗ってみたら色のイメージが違ったなど思い通りにいかないことが、結構あるようです。色は思っていたよりも明るくなることをイメージして選んだ方がいいです。

耐久性の良さ対決

〇WIN:塗装業者
仕上がりの良さとも重なりますが、塗りムラや塗りの甘さで生じる住宅のダメージは業者に頼めば、最小限に抑えられるでしょう。住宅にダメージが少なければ、それだけ耐久性も上がります。

×LOSE:DIY
慣れない作業の上に、知識も技術もあまりないため、下地の塗りが甘かったり塗りムラが出来てしまうと住宅にダメージを与えてしまいます。作業が終わった直後はきれいに仕上がっていても、何年か経つと、塗料がはがれてきたり、目地がボロボロになってくるということもあるようです。

どちらが安全か対決

〇WIN:塗装業者
塗装業者に頼んでしまえば、自分が怪我するなんてことはありません。業者にしても、慣れているので怪我するようなことはそう簡単には起こらないでしょう。

×LOSE:DIY
足場は業者に組んでもらうにしても、慣れない高所での作業になります。安全ベルトは必ず着用しなければいけません。危険が伴う作業だということを常に頭におき、入念な準備をし、作業するときは慎重に行わなければいけません。

どちらが早く出来る?工事期間対決

〇WIN:塗装業者
住宅の規模にもよりますが、30坪の住宅で何人かの職人が作業を行って10日前後です。

×LOSE:DIY
作業が出来る人数や日程によって期間が変わってきます。毎週末の休みに集中して作業をするなら、2~3ヶ月が工事期間の目安です。

面倒臭さ対決

〇WIN:塗装業者
悪徳業者も多いことから、業者はすぐに決めないで、少し面倒ですが何社にも見積もりを出してもらった方がいいです。契約するときも自宅ではなく業者のところまで行った方が料金の上乗せを防ぐことができます。とはいっても、頼んでしまえば、あとは何もしなくていいので、それほど面倒なことはないでしょう。

×LOSE:DIY
自分で外壁塗装をやると決めたら、まずは作業の手順を調べなければいけません。塗料や必要な道具も自分で調達しなければいけませんし、なにより自分で塗らなければいけないのはかなりの手間だと思います。

満足度対決

〇WIN:DIY
自分で外壁を塗り終えることができたら、かなりの達成感が得られると思います。それに加え、色もイメージ通り、仕上がりもよければ、今までに味わったことのないような満足感が得られると思います。

×LOSE:塗装業者
いい業者を見つけ出し、いい仕事をしてもらえれば、それなりの満足度が得られると思いますが、自分でやり終えた満足度以上のものが得られるとは思えません。

結局どっちがいいのか?

対決項目 塗装業者 DIY
価格 ×
塗装にかかる時間 ×
仕上がりの良さ ×
耐久性の良さ ×
安全 ×
工事期間 ×
面倒臭さ ×
満足度 ×
合計ポイント WIN:6
LOSE:2
DRAW:0
WIN:2
LOSE:6
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

これは、断然塗装業者に頼んだ方がいいと思います。コストだけを考えてDIYをやろうと考えている人がいたら、もう一度よく考えることをお勧めします。そのコスト面でも、よく探せば60万円くらいからやってもらえる業者もいるようです。

高所の作業があるため、素人が安易にやろうとするのはかなり危険です。もし、落ちたりして怪我をしてしまえば、病院代などもかかり、結局コストも高くついてしまいますよね。なにより命にもかかわります。

そして作業している期間中、準備した塗料や道具の保管場所も確保しなければならないし、足場をずっと組んでいることは、近所迷惑にもなりかねません。塗料は次の塗り替えまで持たせることはできないので、余ってしまった時の廃棄方法、廃棄場所など作業が終わった後も煩わしいことが発生します。

しかし、業者に頼むにしても1日に15件も被害相談があるほど塗装業者には悪徳業者が多いようなので、依頼するときはしっかり調べて信頼できる業者を見つけることも必要です。DIYがとても好きで、面倒くさがりではなく、技術にも自信がある人でない限り、外壁塗装は塗装業者に頼んだ方がいいと思います。

外壁塗装の専門業者3社へ一括見積りが可能|外壁塗装110番
http://www.gaiheki110.com/

●を比較対決したみんなの口コミ

安全第一!
おすすめは業者に依頼することが一番と思います。外壁を塗装する際、足場の設置が必要になることが多いです。1階の外壁のみの場合は脚立を使って一人支えでもう一人が作業することもできますが、2階以上になると危険性も高まり脚立も大型が必要になります。足場を建てることもできますが、安全面を考えると素人ができる仕事ではないと思います。脚立でチョコチョコ移動しながらですと時間がかかり過ぎてしまい、ムラが出てるくることは覚悟の上で行わなくてはなりません。
配合を変えてペンキを塗ってくれました。
私がお願いした塗装業者さんの仕事を拝見していて気がついたことなのですが、塗る時の天候や気温に合わせてペンキの配合を変えて色むらがないように外壁を塗装してくれました。配合を変えてということは、やはり知識がないとできないことだし、素人がやるには無理なことなので、プロである塗装業者にお願いするのが、長い目で考えてよいかとおもいます。
【足場が不必要な外壁なら是非DIYで塗装です】
2階建ての小さな家や倉庫などは脚立や塗料などがあれば簡単にできます。天気の良い日、ホースで外壁に散水して洗って乾かしましょう。
窓枠などに養生シートを貼り、さび止め剤や下地塗装と本塗装すれば簡単にできます。もちろんプロの仕上がりには勝てませんが、そこそこ綺麗に仕上がります。
ホームセンターで塗料選びや塗り方のアドバイスもしてくます。あくまでも足場にいらない場合です。
自然(風)対策と養生がポイントです
金銭面を無視すれば塗装業者へ頼む方がおすすめです。外壁の場合は風が吹いたりするとゴミが飛んできたりペンキの渇きが早かったり養生が舞ったり等難しい面があります。また室内と違って地面に塗料が落ちたりすると大変なので養生に手間をとられます。慣れてないと外仕事は体力を使うので疲れやすく、しかし外ですと休憩する場所が無かったりと内装とは随分勝手が違いしっかりとした作業が難しいのです。
お金を払うだけの価値がある、塗装業者にお願いするほうが仕上がりが綺麗です。
自分で塗装をするほうが安く済むし、作業自体を楽しめる方にはいいのですが、
結局プロの技にはかないません。
プロの業者さんは仕上がりの美しさのためにもだいたい3回塗装を行うそうです。
なかなか自分ではそこまでの時間も労力もかけられません。
自分で塗装をしてしばらくは綺麗に見えても
すぐに剥げたりして美しさが失われてしまったらせっかくの作業も無駄になります。
プロに任せて綺麗な外壁や屋根をニヤニヤしながら見るほうがオススメです!
ムラなく上手に塗ってくれる業者がおすすめ
やはり業者さんは年に何度も塗っていて経験が違うので塗ったときにムラが少なくとても上手に塗ってくれる所がいいと思います。
道具なども専門の良い物を使っていると思いますし、経験からくる知識なども豊富で塗る場所がどんな状況でも上手に対応してくれるのがよいです。
よくDIYで塗ったと思われる外壁の一部だけ色が微妙に違うことも業者さんだとないと思うので安心です。
自分好みに行える
外壁の色は家全体のイメージを大きく左右します。色彩は、見本をカタログなどで見るのと実物とでは大きく異なりますので、塗装してみてから思っていたのとは違った、ということにもなりかねません。そんな場合、もし塗装業者に頼んでいたなら何度も塗り直しをお願いするのは気がひけると共にかなりの費用になりかねませんが、自分で行うなら納得出来るまで塗り直すことが出来るので、こっちをオススメします。
長持ちすることと仕上がりのきれいさ
外壁塗装をするなら、業者への依頼で塗り替えをすることをお勧めします。ご自分でDIYで塗り替えをするのは手をかける楽しみや、コストの面で自分の良いように采配できるのがいいと思いますが、長い目で見ると、専門の業者に依頼しての塗り替えが良いと思います。洗浄をきちんとしてから塗ってもらうとやはり「もち」が違います。施工期間に無理がないようなら天候をみながら、よいコンディションの時に工事してくれるので、仕上がりも違います。支払いは高く感じるかもしれませんが、やはり業者に頼んで外壁塗装する方が納得のいく出来になるのではないかと思います。
塗装業者をお勧めします。もちろんリサーチは必要です。
外壁塗装は自分でも出来ますが、塗装技術はかなり必要と感じます。天候や塗装回数、高所なら足場や道具とかなりマニアックな作業になります。本当に見た目や塗装耐用年数を気にしないのであれば良いのですが後々の事を考えると高くつく気がします。業者により見積もりもかなり差があるようです。知人や過去に頼んだ事のある人に、相場を確認した方がいいでしょう。いくら塗装(ペンキ)が良くても技術が伴わない所も、残念ながらあるようです。
なんといってもプロの安心感があります
DIY塗装では、自分の好きな時期、好きな塗り方、好きな塗料でぬることができます。しかしこれは、裏を返せばすべて自分が決めていかなければならない事を意味します。専門知識も必要になりますし、塗装の技術、スケジューリング管理など、時間があり塗装の上手な人であればよいかもしれませんが一般の人ではなかなか難しいと思います。足場や工具の調達、養生もきちっとしなければいけないし、何より塗装技術の面では信頼、安心感があります。
手入れならDIYです
簡単な手入れはDIYが基本だと思います。海外のDIY事情を解説するテレビ番組が放送されていました。そこではせっせと手入れをするおばあさんの姿が、築年数は相当だが綺麗に維持されているのが記憶にあります。
日本の家はノーメンテナンスというのがなんだか常識になっていますが、手入れをすることが長持ちをさせる基本だと思います。
めんどくさがらずに、日常の手入れをしたいですね。
自分の理想に近い作業が出来る
業者にお願いするのも良い点ありますが、より自分の作業しやすい過程やペースで出来ると思うのでDIYを選びました。
お金をかけない為に材料を節約したり、またいろいろな材料を使ってみたり、時には時間にとらわれず友達と一緒に作業したりと楽しめると思います。
気を使うことなく理想の家に仕上げられること、またすぐに行うことや回数多く出来ないと思うので自分はDIYで徹底的にこだわりたいです。
ポイントは業者に頼みます。
ポイントは自分でやるより。業者に頼む方が良いと思いますね。理由は業者はプロだし。自分は素人だし。専門家がやれば良いものにもなるし。絶対そっちの方が良いと思いますね。今まで経験はないけど。もし機会あれば業者に頼んで。やってもらいたいです。良いもの作ってもらえるともらえるし。非常にプラスになると思います。
外壁は防雨・防風も必要なので業者がおすすめです。
家の壁を自分で塗ることはもちろん不可能ではないですが、内壁はまだ自分の好きなように塗装すればいいし多少のムラがあっても大丈夫ですが
外となると防雨対策や防風対策、日光による劣化なども考えてプロの業者に頼んだ方が間違いなく安心出来るので外壁に関してだけ言えば
業者の方にお願いすることを私はおすすめします。
塗装に関してはDIYよりも塗装業者に依頼した方が良いです。何といっても安全面に対する配慮が違います。
外壁塗装は、平屋建てとはいえ3m近い高さがあります。当然足場に乗っての作業になります。足場そのものの設置の仕方から専門業者は違います。少しくらい大丈夫だろう、と思っていても刷毛やローラーを持った状態での作業は思った以上に不安定な姿勢になります。なのでちょっとしたことでバランスを崩して落下、という事態になってしまいます。片手だけでもふさがった状態で落下すると思わぬ怪我をすることになってしまいます。そういった安全面では、専門業者の方が何倍も安全であると言えます。
それと外壁塗装に用いる塗料の中には溶剤系のものがあります。普段使いなれていない溶剤系の塗料は、健康を害してしまうことも考えられます。溶剤系の塗料は乾燥にも時間が掛かるので、周辺住民の方などにも影響を与えてしまうことがあります。自分自身の問題や、周辺からのクレームだけで済めばまだいい方ですが、本当に他人の体調が変調をきたしてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。溶剤の取り扱いや配慮の事を考えても、専門業者にお任せした方が賢明です。
品質を重視して業者に頼むのがおすすめ
外壁は風雨にさらされる場所なので、きちんとした処理や塗料を使わないとすぐにダメになってしまいます。また人目にさらされる場所なので、ムラが出てしまったりするとみっともない事に。インターネットなどでいろいろ調べることは出来るとは言っても、やはり耐久性にしても見た目にしてもDIYの品質はプロには劣ると思いますので、業者に頼むことをお勧めします。
確実に壁を保護できる点がおすすめ
家の外壁塗装をしなければならない時はDIYで自分で外壁塗装をやるよりも確実に塗装業者にやってもらうのが良いです。
その理由は簡単でいくらDIYで自分でやってもプロの仕事には敵わないからです。

ですから、壁を確実に雨風から保護したいと思うなら塗装業者に任せるのが一番良いです。それで少なくとも次の塗装の時期が長くなります。

低価格の実現
自分の納得がいく外壁塗装はDIYです。ただし、実現するのにはいくつかの条件があります。まず塗装に関して「ある程度の知識」を持っていること。そしてDIYをする時間を確保でき自分で行なうという覚悟を持っていること。また塗装材が吹き付けなどの場合は近所様への影響もあるので養生など必要となりますので刷毛塗りで塗るという事。最後ですが、「出来栄え」に拘らないこと。以上の条件がクリアできればDIYが可能であり、業者にお願いするよりは安く出来ると考えます。
DIYオススメします
外壁塗装を実家の両親が頼みました。いい感じには仕上がりましたが、料金も高く、シートに覆われている時間が長い事。これが不満の理由。自分で塗るのなら、仕方がないかなと思えますが、人様にしてもらうと気を使うし、そこはもっときれいにぬってよと思うことが多々ありました。自分ですれば、許せることも他人だとゆるせないので、DIYをオススメしますの
時間短縮できる!
1番は自分でやるよりも時間がかからない所ではないでしょうか。
手間も自分でやるよりもかからないのでそこに時間を使わない分他に回せます。
自分でやると、塗装業者に頼むより何倍もの時間を費やしてしまうと思うし見た目も断然自分でやるよりも綺麗に仕上がると思います。
時間を効率的に使えた方が私はいいと思うので塗装業者がおすすめです。
見た目重視で塗装業者がオススメ。
外壁塗装には塗装業者を呼ぶ事をオススメします。ふと家を見たときに、外壁が汚い家というのはとてもだらしない印象を受けます。
私の近所でもDIYで自分で塗っている方はいますが、やはり塗装業者と比べるとムラや汚さに差が出てしまいます。
家とはお金をかけるべきものという考えから、私は外壁塗装には塗装業者を呼ぶ事をオススメします。
安全面を考えれば断然業者へ依頼をしたほうがお勧め
外壁塗装はちょっと日曜大工とは違い、高所での作業が必要で脚立だけで作業するのはとても危険です。しっかり足場を組んで作業する業者に頼んだほうが安全です。
外壁塗装は1日やそこらで終わる作業ではなく、自分でやると2,3ヶ月はかかります。
その間に怪我をしてしまうリスクを考えると、いくらDIYのほうが安上がりでも割にあいません。業者に依頼しましょう。
外壁の塗り替えは業者に!
住宅の外壁もDIYで出来るから自分でするといった方もいると思います。
ですが、外壁は外から見た住宅の顔でもあります。
自身でした場合、かなりの技量があるならまだしも塗装業を経験した事ないならムラが出来たり、だまりになってしまう為作業は業者に依頼した方が良いです。
塗料の配合も微々たる調整がいる為素人にはかなり難しいからです。
高所作業での安全確保が最優先
外壁塗装はやはり塗装業者にお任せするのがいいと思います。理由として、外壁の塗装には危険な高所作業が伴います。DIYで行う場合は、脚立や梯子を使用することになりますが、脚立や梯子は登り降り、あるいは一時的な作業に使用するものです。それらの上で長時間の作業をするものではありません。また、脚立や梯子では届かない部分があり、無理をして転倒・転落する恐れがあります。DIYで作業足場も組めば可能にはなりますが、足場組には免許が必要になるのではないかと思います。
プロならではの経験とアフターメンテナンス
外壁塗装するなら塗装業者に依頼するのが一番だと思います。その理由はやはり、なにかあったときのアフターメンテナンスにつきると思います。多少費用がかかっても、しっかりとその家、土地にあった素材の塗料を使って、外壁は作業してもらう方がよいと思います。また、目の届かない部分などもプロならではの視点と腕でカバーしてくれます。外壁塗装は見た目も重要ですが、その質がもっとも大切だと考えています。
仕上がりがキレイ
外壁塗装は簡単そうに見えて意外と難しいです。塗料がムラになったり、乾いたあと表面が均一にならずボコボコになってしまったり…。塗りたくない部分へのマスキングも、うっかり忘れてはみ出してしまったり…。失敗してしまった場合、やり直すのも一苦労です。ですが、塗装業者に頼むと仕上がりが違います。やっぱりキレイですね。経験豊富ならDIYでもよいと思いますが、そうでないなら塗装業者に頼むのがおすすめです。
プロに頼んだほうが仕上がりが綺麗
以前一度だけ友人の家の外壁塗装をお手伝いしたことがありますが、なかなか体力も使うし、思うように上手く塗れませんでした。
結局友人も諦めて業者にお願いしたら、やはりプロですね。ものの見事に私たちの失敗作を綺麗に修復して仕上げてくれました。
ホームセンターでペンキを購入すれば安く済みますが、多少お金がかかってもプロに依頼したほうが確実です。
プロの技術
DIYでやるとなると、一から、道具や材料を自分で集めなければなりません。
自分でやるとなると、慣れていないので時間もかかります。
その時間で代わりに何ができるかということを考えたとき、たとえDIYのほうが費用がかからずに済むとしても、合理的な選択ではないと思います。
プロに頼むのはお金はかかりますが、時間は省くことができるためおすすめです。
屋根の外壁塗装は塗装業者
ホームセンターなどで、業者が使う外壁塗装の塗料と同じような性能も売っています。
しかし、屋根は直射日光や雨などによって最も痛みがはげしい場所です。
そのため、耐久年数が長い塗料を使うこと以上に塗りむらがない、きちんと三度塗りをしているなどの技術が重要となってきます。
なので、屋根だけはきちんとした業者さんに頼む事がポイントです。
プロの腕による塗装業者
一見塗料をただ塗るだけに見えるが、実は工程が多くさらにその際必要になる道工具・資材確保の手間もある。素人がいい加減に塗ってしまうと、腐食の原因にもなりそれが住宅となると安全面に問題が生じる。塗装業者に施工を頼めば、一定の膜厚を保ち綺麗に塗ってくれる他、確かな品質管理も保証される。永久的に剥がれない塗料など現在存在はしないが、よっぽど腕がいい人以外DIYで自分で塗るよりも、プロに頼んだほうが耐久性・仕上げも違ってくるので塗装業者に頼むのをおすすめしたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。