国内旅行で利用する旅行サイトと旅行代理店を比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
biho09

国内旅行へ行くのなら、旅行サイトと旅行代理店のどちらで予約するのがおすすめかを比較対決。

旅行サイトは自宅で好きなように検索しながら、一番お得なプラン、ツアーを予約することができます。料金も少し安いものが多いです。

一方旅行代理店では、旅行の計画についても専門家に相談することが可能。予約ミスということもほとんどありませんが行く手間がかかります。口コミもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

忙しい方に利用しやすいのはどっち?

◯WIN 旅行サイト
現在、便利な「旅行サイト」が多数掲載されています。旅行を計画したくても忙しくてなかなか旅行代理店に行く事が出来ない、育児中でゆっくり話を聞けない等の多忙な方でも、インターネットの環境さえあればいつでもどこでも「旅行サイト」を利用する事が出来ます。

またこの「旅行サイト」にはいくつかの形態があり、実際に大手の旅行代理店のオンライン専用サイトもあれば、中にはサイト上のみの独立した形態の会社など様々です。選択肢も豊富にあるので、見やすいサイトで自分に合った旅行の申し込みが手軽に行えるとして好評を得ています。

×LOSE 旅行代理店
現在日本には、大手から格安の小規模なものまで多くの旅行代理店があります。店頭にはそのシーズンに合った豊富なパッケージツアーから、交通手段と宿泊のみのオリジナルのフリープランまで、様々な旅行のパンフレットが並んでいます。

また代理店の窓口では、お客様にあったプランや希望に合ったスタイルの相談が出来非常に便利ですが、時間に制約のある方やなかなか来店出来ない方にとっては多少不便さを感じるでしょう。

失敗が少ないのはどっち?

◯WIN 旅行代理店
ある程度の実績と信頼のある旅行代理店では、宿泊施設や基本的なサービス等に当たりはずれがないという安心感があります。

個人では予約の難しい人気の宿泊施設から有名な観光名所まで満足のいく内容がぎっしりの充実プランや、団体での予約による大幅な割引がされている交通機関と宿泊のセットプラン等、慣れない方にも非常に満足出来る内容で人気があります。

更に急なトラブル等に見舞われた時にも個人に代わって対応して貰えるなど、失敗が少なく快適な旅行を楽しむ事が出来ます。

×LOSE 旅行サイト
旅行サイトを利用した旅行では、自分に合った自由なプランが組めるなどメリットも沢山ありますが、その反面トラブルに見舞われる事も多くあると言います。

どのようなトラブルがあるのかというと、例えばサイトの表示を見てキャンセルが無料で出来ると思い取り消したが、実際にはキャンセル料の支払いがあり朝食付きのプランを申し込んだのに手違いで朝食なしのプランであったなど、サイト側と利用者側に様々な行き違いが生じているのです。

観光庁ではこのようなトラブル防止の為、平成27年(2015年)6月に「オンライン旅行取引の表示等に関するガイドライン(OTAガイドライン)」を定め、ウェブサイトにおける表示の適正化を図るとともに情報を分かりやすく表示する事を求めています。このように手軽で便利な「旅行サイト」には気を付けなければいけない点もあると言えるでしょう。

より格安に旅行を楽しめるのはどっち?

◯WIN  旅行サイト
旅行サイトには、ネット限定の格安プランから必要な物だけを無駄なく取り入れたフリープラン、ポイントが溜まるサービスなど、旅慣れた人にとっては気楽に格安な旅行が楽しめると人気です。

インターネットの普及とともにスマホやタブレット等を利用する人の割合も増え、いつでもどこでも利用出来る手軽さが人気の秘訣と言えるでしょう。また旅行に伴う様々な情報収集も手軽に出来る為、自分に合った自由な内容で申し込める等、利用者の数は増加傾向です。

×LOSE 旅行代理店
旅行代理店では、目玉となるようなお得なプランも沢山ありますが、旅慣れた利用者によると全体的に割高感があるようです。

海外旅行ならばきちんとしたパッケージプランを選びたいと言う意見も多いですが、国内旅行の為なるべく自由に格安にと考える割合が高いようです。(ただし、交通手段と宿泊のセットプランはとても使い勝手がよく好評のようです。)

幅広い世代に需要があるのはどっち?

◯WIN 旅行代理店
昔から馴染みのある旅行代理店は、様々な点において安心感があると言えるでしょう。また旅慣れない方や高齢の方にとっては、予約から相談・旅先の情報等窓口できちんと対面しながら決める事が出来る為、とても分かりやすく利用しやすいと言うメリットがあります。多少の割高感があっても、不安なく信頼出来るプランを望む方にはトラブルの少ないこちらがお薦めと言えるでしょう。

×LOSE 旅行サイト
インターネットより手軽に利用する事が出来る旅行サイトは、比較的若い世代の方に人気があります。また経験が多い旅慣れた方にも安く気楽に利用出来るからと好評です。

しかし簡単に利用出来るがゆえにトラブルも多く、その分利用する側にもしっかりと内容をよく理解しておく必要があります。

またインターネットの環境がない方や、サイトでの操作等に慣れない方には、やはり不安も多く利用しづらいと言えるでしょう。このようにすべての年齢の方に求められているサービスには至っていないと言えるでしょう。

より安全に利用出来るのはどっち?

◯WIN 旅行代理店
旅行代理店は基本的にいくつかの営業店舗を持っています。特に大手になると国内はもとより海外にも非常に多くの支店等を稼働させています。

その為旅行先でのトラブルや困った時にも近くの営業店舗にてすぐに対応出来るなど、緊急の場合でも安心と言えるでしょう。またパッケージツアーの場合には法律上3つの責任(「旅程管理責任」「旅程保証責任」「特別保障責任」)を旅行業者が負っている為、個人で手配したり直接予約したりする場合よりも安心・安全と言えるでしょう。

×LOSE 旅行サイト
現在インターネット上に掲載されている「旅行サイト」の数は非常に多いです。利用者ランキングの上位に位置する大手のサイトや、口コミで人気の有名サイト等を利用した場合安全と言えますが、中には悪質なトラブルが多いサイトもあるようです。

代理店とサイトとを併用して行っている企業のように、営業店舗がある等実態があるとわかりやすいですが、インターネット上のみの場合は実態がつかめない為、利用者も気を付けて利用しなければいけないでしょう。

結局どっちがいいのか?

対決項目 旅行サイト 旅行代理店
忙しい方に利用しやすい ×
失敗が少ない ×
格安に旅行を楽しめる ×
幅広い世代に需要 ×
より安全に利用 ×
合計ポイント WIN:3
LOSE:2
DRAW:0
WIN:2
LOSE:3
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

これまでいくつかの条件で比較してきましたが、「旅行代理店」は歴史も長く経験も豊富です。国内の営業施設も多くあらゆる面で充実したサービスが受けられると言えます。

また最近では各社でオリジナルのサービスや、格安でも満足のいく内容のプランなど非常に工夫が施されている為、実際に利用してみるといいでしょう。

多忙で時間に余裕のない人は直接営業店舗へ足を運ぶのは困難かもしれません。しかしこのような場合でも、代理店が運営する旅行サイトから同等の申し込み予約も出来る為、非常に使い勝手もよいと言えるでしょう。

一方の「旅行サイト」は、インターネットを使いこなす人にとっては、本当に手軽に利用出来るとあって、軒並み順調に利用者数を伸ばしています。

旅行代理店の需要を下げる大きな原因とも言えるように、サイトの国内訪問者数をランキングで示したリサーチ結果(※2015年6月のユニークユーザーの集計に伴うヴァリューズ調べより)を確認すると、代理店最王手の「JTB」をおさえ、上位3社は「旅行サイト」で営業しているオンライン旅行会社が独占しています。

特に1位の楽天トラベルは4位の「JTB」に650万差をつける圧勝で、いかに多くの需要を担っているかが一目瞭然の結果となっています。

このように時代の流れとともに、国内旅行に求めるものとして、「いかに格安で自由な旅行を楽しむか」と言う現代人らしい考えが見えてくると言えるでしょう。

しかしながら安全を重視したい、自分で手配はよくわからないから従来通りお任せしたい等、代理店での旅行を希望する方も多いです。つまりは自分に合ったものであることが最も望ましいのです。せっかくの楽しい国内旅行ですから、楽しく納得のいく旅を楽しみたいものです。よって今回の対決結果を総合的にみたら「旅行サイト」勝利となりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。