吉野家、すき家、松屋の牛丼屋チェーンのどこが良いか100名に聞きました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
牛丼

吉野家、すき家、松屋と牛丼御三家と呼ばれる大手牛丼チェーン店3店舗のどこがいいのか?ズバリ100人に聞いて比較対決してみました!

どこの牛丼並盛りの味が美味しいと思うのか?スタッフの対応や味に対しての価格はどう思う?

各店の人気メニューである、松屋のプレミアム牛めし、吉野家の牛バラ野菜焼定食、すき家の鍋焼ビビンバ定食に対しての意見など匿名で100名に「どこの牛丼屋が一番良いのか?」の本音アンケートをした結果となります。

・吉野家
http://www.yoshinoya.com/
・すき家
http://www.sukiya.jp/
・松屋
http://www.matsuyafoods.co.jp/

スポンサーリンク

牛丼御三家を100名に聞いてみた結果の比較一覧表

順位 店舗名 投票数 多かった意見いろいろ
1位 吉野家 40票 ・牛丼の味では一番美味しい
・紅ショウガが美味しい
・玉ねぎとの絡みが絶品
・つゆだく牛丼がすごく美味しい
2位 すき家 31票 ・メニューのバリエーションが豊富
・牛丼の味が一番好み
・女性や家族でも親しみやすいメニューが多い
・トッピングが豊富で飽きない
・3種のチーズ牛丼が女性から人気
3位 松屋 29票 ・味噌汁がついているのがうれしい
・定食が色々とあって美味しい
・プレミアム牛めしがすごく美味しい
・タレが3種類あるのが良い
・ハンバーグやグリルチキンなど美味しい
・カレーが美味しい
・キムカル丼がすごく美味しい!
・食券スタイルが女性ひとりでも注文しやすい

アンケートから見た感想まとめ

吉野家40票、すき家31票、松屋29票と、どこかひとつだけが大きく票を取っての圧勝になると思いきや票数だけでみたら接戦と言えますね。

アンケート内容を隅々までじっくりと読みましたが、「牛丼の味」という面では、吉野家に票を入れる方が圧倒的に多かったです。

むしろ吉野家はその一点のみで一位を取ったといっても過言じゃありません。吉野家が一番良いと挙げる方のほぼ全てが「牛丼の味」に関する内容であり、それ以外の内容に触れる方はほとんどいませんでした。

次に2位となったすき家ですが、こちらは家族や女性ひとりでも入りやすい店の雰囲気に対して票を入れる方が多かったです。

あとはトッピングやメニューの種類も豊富でこちらも家族で食べに行きたい方達に対して多くの支持を得ました。

そして最後に3位は松屋となりました。一番バラエティに富んだ感想が集まったのが松屋だったのにも関わらず票数だけで見たら今回は一番ビリでした。

松屋が良かったと理由に挙げる中でもっとも多かった二つの理由は「お味噌汁がついている」のと「食券システム」です。

味噌汁がついているのを喜ぶのはわかりますが、食券はなぜなんだろう?と最初は疑問でしたが、店員さんを大声で呼んで注文するのが苦手などちらかというと人見知りの方達が、食券であればそっと渡すだけで済むことで多数の支持を得ました。

他には、ニンニクの芽牛丼、白髪ネギ牛丼、プレミアム牛めしといった同じ牛丼にも関わらず味の種類が豊富であり、その中でもキムカル丼がとても美味しい!と松屋に票を入れる方が何名もいました。

ただ、2位のすき家と3位の松屋は、たったの2票と僅差なのですが、家の近くにすき家があったという意見も多かったので、もしもこれが松屋のほうが多かったならば、順位が入れ替わっていた可能性もあります。

最近はそこまで食べていないが、お金の無い学生時代に良く食べたその思い出から票を入れる方はどのお店においても多かったのでその可能性は大です。

そう考えると純粋に牛丼の味だけで見たら、吉野家の牛丼が圧倒的な結果となりましたね。

実際の100名のコメントとなります

すき家の牛肉トッピングは最高!
私は牛丼屋さんの中ですき家が大好きです。

すきな理由は味が好きという事も、もちろんなのですが、正直にいうと味だと吉野家が一番好きなので、好きな所は味ではありません。

牛丼のトッピングがすき家は最高なのです。
いつも迷ってしまうほど好きな牛丼が、「キムチ牛丼」と「ネギ玉牛丼」です。どちらもピリ辛で食欲がないときでも食べられるので、夏バテや調子の悪い時に、いつもお世話になっています。

それから「おろしポン酢牛丼」もさっぱりしていて、食べやすいです。

私には子供が二人いますが、キッズメニューもすき家が一番食べさせやすいメニューになっていると思います。

他のお店だと牛丼かカレーになってしまうのですが、すき家は鳥そぼろ丼という割とどんなこも好きな、子供向けのメニューがあるので、疲れてどうしようもない時には、ファミリーでお世話になっています。

女性目線で見るとメニューが豊富なすき家が一番
私は正直牛丼屋さんというところにはしょっちゅうは行きません。行きたいなって思ってもなかなか一人では入りにくい場所でもあります。でも何かの機会で行くという事になったら私は選ぶのはすき家です。

他の牛丼屋さんにも行ったことはありますが、それらが嫌というわけではなく、すき家はメニューのバリエーションが豊かでこういうのってやっぱり女の子好きなのでこの方が良いって感じました。

メニューがおしゃれで私は三種のチーズの牛丼が好きでこれを頼みます。他のお店はそういうのなくて珍しい感じのメニューがあるのも魅かれる点です。

お店の中も少し広めだなって思えるのでやっぱりここが一番好きです。量の調整もしやすいのでいいです。

種類豊富でクオリティの高い松屋
やはり松屋でしょう。すき家はおいしいけど種類が少ない、故にファミリーや安く済ませたい、単に牛丼が食べたいだけなんだ!という人には良いかもしれません。

そして吉野家、こちらに関しても牛丼がメインでそのほかのメニューも大して種類があるわけでもなく特別おいしいこともないと思います。

最後に残ったのが松屋です。ここは牛丼はもちろんのこと、豚丼や焼肉定食をはじめ、牛丼チェーン店とは思えないほどのメニューが充実しています。

もちろん選ぶメニューによって値段はそれなりに上がりますが、あのボリュームとメニューの豊富さでは頭が上がらないと思います。たくさんの定食メニューも豊富に取り揃えていることから、一人で入る人から家族連れまで幅広い年代に愛されるお店だと感じます。

メニューが豊富なのですき家が好きです
メニューが豊富で飽きることがないのですき家が好きです。お店の数もたくさんあるのでどこに行ってもすき家を見つけることが出来るので助かります。

値段は安いですし一人でいっても家族で行っても入りやすい雰囲気もいいです。すき家は牛丼屋のイメージを変えようと頑張っていると思います。

私は一度気に入ると何度も足を運んでしまうタイプなので色々なメニューがあることが嬉しいです。毎回違う物を食べることが出来ますし他のお店に行ったりしなくてもすき家だけで満足です。

新メニューもどんどん出て来ますし楽しませてくれます。決して牛丼だけではないのがすき家のいいところだと思っています。どれも低価格で美味しいですし無駄遣いをしたと思ったことはありません。

すき家の中華丼をドライブスルーでよく買います
私が住んでいる所は、田舎だから、実は松屋はありません。
あるのかもしれないけれど、近くにはなく行ったことがありません。
すき家は近所にあるので、よく夜遅くなった時や、お肉を食べたくなった時によく行きます。

以前吉野家に行った時に美味しかったけど、これならすき家でいいやと思いました。
値段が高い気がするんですけど。
すき家は牛丼が安いですよね。
私は中華丼が好きです。
子どもも中華丼が好きでよく注文します。
ドライブスルーがあるのもめちゃくちゃ助かります。
私はドライブスルーをよく利用します。
家でゆっくり食べるのが好きです。
吉野家だとドライブスルーが私の住んでいる所だと無いので、あまり利用しません。
最近すき家のから揚げが好きです。

定食が美味しくて味噌汁つきの「松屋」が好き
この3択だと「松屋」になりますね。
自分はあんまり牛丼自体に魅力を感じないので、吉野家の美味しさというのが今ひとつ理解できなく、メニューの豊富な他の2店に行くことが多いです。

すき屋もキムチ牛丼など牛丼アレンジ系のメニューは好きですが、それ以外はあんまり食べない印象ですね。

松屋は昔から定食系のメニューが豊富なのが好きです。一時期は朝昼晩と3食食べていたこともあったのですが、それもそれだけのバリエーションがあったからかなと思います。特筆すべきはやはり味噌汁のサービス。

これだけで自分にとっての満足度は他の店を抜いてます。あとはカレーですね。カレーギュウがやっぱり最高です。

他店と比べてもカレーのクオリティは秀でててますね。そして、カレーにも味噌汁がつくところ。最初は違和感があったものの、味噌汁にホッとするんですよね。最高です。

牛丼の味の美味しさは吉野家が一番
吉野家、松屋、すき家。どれが最強なのかは誰しも一度は考えたことがあるでしょう。牛丼のレパートリーの多さで言うと、すき家が一番だと思います。

ニンニクの芽牛丼や白髪ネギ牛丼など、他の牛丼店にはない美味しいメニューを食べたことがあります。松屋のメリットは、なんといっても店内で食べれば味噌汁が付くことです。

これは本当にありがたいですし、得した気分になります。オススメのメニューはキムカル丼です。牛カルビのボリューム感と、キムチの辛さがうまくマッチしています。

しかし、肝心な普通の牛丼が一番美味しいのは、やはり吉野家だと強く思います。玉ねぎにもしっかり味が染み付いており、シンプルなのが1番だということを実感させてくれます。

吉野家の紅ショウガが美味しい!
どこも対して変わらないと言われる牛丼チェーンですが、私は吉野家が一番好きです!でも味がどうのって事でもないし、値段がって事でもないんですよ。紅ショウガが一番美味しいのが吉野家なんです。

お持ち帰りばかりしかほとんど利用しない私がこんな事言っていいのかわかりませんが、お弁当にしてお持ち帰りしちゃうとどこも対して変わらないんです。

でもお店でたまに食べると、紅ショウガは吉野家が本当に美味しい、牛丼に合うんですよね。あの細さも味付けも。

でも沢山食べるのは恥ずかしいので、いつもちょこちょこ食べているのですが、牛丼には絶対いといけない相棒が美味しいとどうしても吉野家に行ってしまいます。

市販の紅ショウガにはない吉野家の味。売ってくれればなぁと思っています。

すき家のチーズ牛丼のメガ盛りが好き
私に家のすぐ近くにすき家がありますので、すき家にはよく行きます。そのせいか、すき家が一番なじんでいるのですき家が一番好きな気がします。

僕はチーズが大好きなので、チーズ牛丼をよく頼みます。しかも私は結構たくさん食べるほうなので、メガ盛をよく頼みます。このメガ盛りは吉野家や松屋にはないメニューのようで、よりすき家が好きかなと思います。

牛丼の上にのっけるトッピングも、すき家が一番多い気がします。

今の暑い季節では、かつおぶしオクラ牛丼や、わさび山かけ牛丼などのネバネバ系か、さっぱりしたおろしポン酢牛丼なんかが良いのではないでしょうか。それか辛いキムチ牛丼とか鰻がのったあい盛丼なんてのはいかがでしょうか。

家から行きやすいうえに味にも満足しているすき家
私が住んでいる所には近くにある牛丼屋さんといえばすき屋です。車で20分するところの大きな国道沿いに吉野家や松屋があるのですが、なにせ車が閊える日が少ないのでそこまで行くことがないんです。なので、私がもっぱら行くのはすき屋なんです。

交通の便上という理由もありますが、私はすき屋のメニューに満足しているので気に入っています。吉野家はずいぶん昔に行ったことがあるのですが、女性同士で入店したら中は男性ばかりでじーっとみられてしまいました。

以来、なんとなく吉野家は男性が多くてなんだかいづらいから行かないという選択肢もできてしまいました。自宅で牛丼を作ってもお店のような味にはならないので、牛丼の時にはすき屋に行ってます。でも、たまには他のお店にも行ってみたいな~と浮気な私です。

学生時代の松屋の思い出
大学生の時一人暮らしをしていたのですが、その住んでいた所から徒歩2分くらいのところに松屋がありました。

安い事もそうですが、やはり近いと言うところがあって、それはもう通いつめていました。
初めて行った時から安い割には結構美味しいなと思っていたのですが、基本の牛丼も脂っこくなくて美味しく、カレーも私の好きなチキンカレーで、辛いのですがコクがあり好きでした。

定食なども充実しており、カルビ焼肉定食をかなり頻繁に食べていたことを思い出します。
他の定食も、今もあるかは分かりませんが、うまトマハンバーグ定食や、鶏つくね定食が大好きでした。

今は田舎に帰ってきてしまって、食べる機会が無くてさびしいですが、またチャンスがあったら食べに行きたいです。

今でも牛丼屋さんの中で松屋が一番好きです。

牛丼大手3チェーンの中でも吉野家がおすすめ
牛丼大手3チェーンの吉野家、松屋、すき家、どのチェーン店も甲乙つけがたい所ではありますが、私は「吉野家」が一番好きです。

●吉野家のポイント
吉野家の印象は、牛丼が売り!
吉野家の牛丼の味は、深みがあります。つゆの味が牛肉に浸みわたり、深い味わいがあります。
噛めば噛むほどつゆの持つ味わいが出て来るような感じがします。
いつも頼むセットは、牛丼、味噌汁、卵のセットで、途中、牛丼の上で卵を加え、味を変えて食べています。
この味は、何度食べても飽きません。

●松屋のポイント
松屋の印象は、味噌汁サービス!
つまり、牛丼、味噌汁、卵のセットを頼む場合、松屋が最もリーズナブルです。
味は、吉野屋に劣り、すき家とは肩を並べる具合で、お金のないタイミングでは良く利用します。

●すき家のポイント
すき家の印象は、膨大なメニューの数々!
個人的に、すき家では、牛丼を頼みません。
どちらかと言えば、定食メニューを注文してしまいます。
牛皿ポン酢定食は、夏でもサッパリと食べられるので、夏場には重宝している定食メニューです。

以上の3チェーン店の比較から、個人的に最も好きな牛丼チェーン店は、牛丼の味に魅力のある「吉野家」を選びました。

つゆだく牛丼が美味しい吉野家が一番好き
私の1番はやっぱり吉野家ですね。なんと言っても牛丼つゆだくの濃すぎず薄すぎず絶妙なバランスが他の店より突出していると思います。また、定職についている鮭のおいしさもぜひお試し頂きたい!

濃いめの味が好きな方は少し醤油を足してあげると一層おいしさが上がります。お値段自体はまずまずといった所ですが、変わらない昔からの味はふらりと立ち寄ってしまいます。

他社の牛丼にあって吉野家に無い物としては、やはりメニューの数でしょうか。

すき屋に関して言えばそのトッピング数は優秀で、行く度に違った味を楽しめるのは大きな特徴です。

松屋はドレッシング等のわき役がポイントですね。自分で配合を決めればまるで行きつけの店の出来上がりです。

それぞれ良さがありますが、トータルバランスと昔からの変わらないおいしさで吉野家が一番です。

定食を食べることが多いから松屋が1番好き
大手牛丼チェーン店の中で私が1番好きなのは松屋です。吉野家、すき家、それらにもそれぞれ良いところはありますが、バランスが良いのは1番松屋で実際に利用する頻度もダントツで高くなっています。

松屋が地味にアドバンテージをとっているのは、会計が食券制なので手間取らないことです。吉野家とすき家はほとんど対面で会計ですから、そのとき待たされてしまうと少しイライラします。

また、松屋は定食のメニューが豊富でなおかつ新商品も一定のサイクルで入れ替わっています。牛丼単体で食べるよりも定食で食べることの多い私は、飽き辛いメニュー変更を繰り返している松屋を気に入っています。ですので、これからもしばらくは松屋に通いたいと思っています。

牛丼が一番美味しいのが吉野家
個人的に、牛丼が一番美味しいのは吉野家だと思っています。
松屋はメニューがバラエティに富んでいるのが魅力でしょうか。しかし毎日通うような人には良いかもしれませんが、たまに利用するくらいの自分にとってそこまでメリットには感じません。

すき家は、我が家からアクセスが良いところにあるので、三つのチェーンの中でも持ち帰りなどで一番利用することが多いです。その意味で愛着はありますし、価格や牛丼以外のメニューにも満足しています。味もまあまあだと思います。

でも逆に吉野家が近くにあったら、そちらを利用するかなと思います。牛鮭定食とか普通ですけど、飽きがこないですよね。

価格的に吉野家はやや高めなのかもしれませんが、好きという意味ではやはり吉野家でしょうね。

吉野家の牛丼が一番白いご飯に合う
吉野家、松屋、すき家。この店名を聞くとやはり牛丼をイメージしますよね。
自分は吉野家が1番好きでよく利用します!
個人的な印象ですが、松屋とすき家はメインであるはずの牛丼より、サイドメニューとゆうか他の丼に脱線し過ぎな気がします。

味に関しても、吉野家の牛丼が白いご飯に1番合うし値段以上にお腹を満たしてくれる!
余分な手を加えず前々からの吉野家の味で勝負してる感が、長年の吉野家愛好者の自分を他の店への足を遠ざける理由の1つでもある。

お持ち帰りして少し冷めた吉牛も、ご飯に汁が染み込んで、これはこれで違った味わいを楽しめる。

好きな店は個人の意見でわかれるとは思うし、各店舗で美味しい商品はあるけど、自分はやっぱり吉野家が1番好きです!

カレーも好きだからすき家
牛丼屋さんの中で一番好きなのはすき家です。
以前は吉野家と松屋が多く、すき家はあまり見かけなかったのですが、今はだいぶ増えて近所にもできたので利用します。

牛丼はそんなにしょっちゅうは食べないのですが、無性に食べたくなる時があって、そんな時はすき家がパッと浮かびます。

メニュー数が多く、ちょっと変わった牛丼があり、カレーもあるのが嬉しいです。
逆にメニューがありすぎるので子供も私も迷って、決めるのに時間がかかってしまうのが悩みなくらいです。

ちなみに子供はカレーが好きで、私は3種のチーズ牛丼が好きです。

チーズたっぷりでタバスコをかけて食べるというのが斬新で、とてもおいしいです。
どちらかというと吉野家と松屋は男性向け、サラリーマン向けな感じで、子連れだと居心地がややわるかったりしますが、すき家はお店の雰囲気も明るくて、子連れでも入りやすいのがいいです。

牛丼と言ったら吉野家
吉野家、松屋、すき屋、はどれも好きですが、一番好きなのは吉野家です。
私にとって、子供のころから憧れていた牛丼屋さんだったし、懐かしい思い出のお店でもあるからです。

私の家は田舎なので、牛丼屋さんは生活圏にありませんでした。
それに、牛丼屋さんというと、サラリーマンが行く場所というイメージがあったので、学生だった私には敷居の高い場所といった存在でした。

それが、大人になって友人が吉野家でバイトをするようになって、その友人の働いているところをみるという名目で、ほかの女の子たちと連れ立って行ってみることにしました。

行ってみると、私の想像とは違って普通のお店で、きれいだし早くて安くてそのうえおいしくて、申し分のないお店でした。

「これが牛丼屋さんというものか」と感動したのを覚えています。
オーダーをとるのに、店員さんが暗記していたのも驚きでした。
そのあと、メニューの多い「松屋」や「すきや」にも行くことがあり、吉野家と同じくらいおいしいと思いましたが、やっぱり懐かしさから、3つのお店が並んでいたら、吉野家を選んでしまいます。

幼い頃の思い出の味である吉野家
吉野家は私が幼稚園の頃からあったので、よく父に連れられて食べに行きました。店内に入ると牛丼の美味しそうな匂いがして、一気に空腹を感じてしまうんですよね。あの匂いは他の牛丼店では出せなくて、吉野家でないとダメなんです。

“そういえば、小さい頃は並サイズが食べきれなくて父に残りを食べてもらっていたな~”とか“お新香はたまにしか食べさせてもらえない贅沢品だったっけ”なんて昔を思い出しながら牛丼を食べるのも、また一つの楽しみだったりします。

そんな長い歴史があるからこそ、私は吉野家が一番好きですね。一時期牛丼がメニューから消えてしまった時は本当にショックだったけれど、復活して嬉しいです。いつまでも、この思い出の味がなくならないように願っています。

大好物は吉野家の牛丼です
私は吉野家の牛丼が大好きです。高校生の頃に友人と初めて吉野家に食事に行きました。牛丼の並盛を注文すると、あっという間に目の前に牛丼を持って来てくれたので、こんなに早いのかとビックリしました。

生まれて初めて牛丼を食べた感想は、お肉が柔らかくて、いくらでも食べられそうだなと思いました。松屋やすき家の牛丼も食べたことはありますが、私はやっぱり吉野家派です。今でも牛丼が食べたくなると、友人や家族を誘って食べに行きます。

さすがに一人でお店に行くのは少し恥ずかしさがあります。先日、テレビを見ていたら吉野家の牛丼が通販で売られていることを知りました。これなら自宅で好きな時に牛丼が食べられるので、今度注文してみようと思っています。

どれも大好きですが好みなのは松屋
地元には吉野家とすき家があります。進出してきたのは吉野家が早く、その後すき家が出てきた感じです。当初は値段と味の相対関係からすき家が好きでした。その後安売り合戦になって吉野家から遠のいたのも事実です。

仕事で3年ほど都内に住んだ事があり、その際初めて松屋の存在を知りました。単身だったので結構通ったものです。当時の住居周辺は松屋しかなかった、というのもありますが、吉野家やすき家より好んで食べていました。

日本の3トップ的な各チェーンでどれも大好きですが、敢えて選ぶとすれば松屋かもしれません。牛丼に生卵を必ずかけるのですが、その味や風味、肉の硬さが一番自分に合っているからです。願わくは地元に進出してきてほしいものです。

吉野家、松屋、すき家の好きな所について
自営業で遅くまで働き自炊ができない私にとって、吉野家、松屋、すき家は安くて早くて美味しいとても有り難い存在です。牛肉の濃い味を楽しみたいなら吉野家。

トッピングを楽しみたい時はすき家。気分を変えてうどんを食べたくなったら松屋という感じで選びます。すき家はメニューも豊富で、その時期限定の味が楽しめます。

私のお気に入りは、牛丼にスープをかけて食べるという、あっさりと寒い日にはあたたまるものでした。

遅くまで開いていてトッピングが豊富な為、一番利用率が多いです。夜に働くパートのお母さんが、とても一生懸命で気持ちの良いサービスをしてくれます。そこも足を運ぶ要因となっています。

どこが一番好きかとなると、すき家といったところでしょうか。

コンビニ感覚で気楽に利用できる吉野家
吉野家が家から徒歩10分位のところにあるので、コンビニ感覚でよく利用しています。冬は家族勢ぞろいで行き、持ち帰りのできない「牛すき定食」を食べます。夏は「うな丼」が最高においしいので持ち帰り用にしてもらい家で食べます。

値段もそこそこ安くごちそうを食べた気分になり満足できます。持ち帰りなら帰宅の遅い家族の分も間に合いますので助かります。

吉野家はメニューの数に限りがありますが、我が家では牛丼豚丼共に大変気に入っています。地域によってでしょうが大きな駐車場があるのも便利です。

スタッフの応対が大変丁寧で、よく教育されているなと思います。持ち帰りの時、わずかな待ち時間にお茶を出してくれる時もあります。あれだけ少ないスタッフの数でよく店がやっていけるなといつも感心しています。カウンターの配置、スタッフの動線にも工夫がされているなと思います。

すき家の牛丼の味付けがちょうど合っていました
私は絶対にすき家です。
昔は吉野家しか知らなかったし有名だと思っていたので吉野家でばかり食べていました。

でもある日何と無くすき家に入ってみて食べた時はとても驚きました。

すき家のお肉はとても柔らかくて、味付けのしょっぱさが私にはちょうど良かったのです。

吉野家の時は私にとってはどちらかと言うと味が濃いめの方だったのでいつも生卵をセットで頼んでいました。

もちろんそれも美味しいのですが、すき家のその生卵を入れなくてもちょうど良く食べられる味の虜になってしまったのです。

それからはもうすき家にしか行っていません。残念ながらすき家の虜になってからは吉野家へ行くこともなく、松屋へは一度も行ったことがありません。調理の時間が惜しい時にはよくテイクアウトしています。

松屋のトマトカレーが大好き!
現在一人暮らし中で、すき家も松屋も吉野家も自転車か徒歩で行ける距離に住んでいるので残業で食事を作るのが面倒なときはどれかに行ってます。3つどれもメニューに特色があってそれぞれ好きですが、私は松屋が一番好きです。

昔は吉野家派だったんですが、学生時代に就職活動で長時間外にいなければならないたきにお昼にとふらっと入ったのが松屋でした。

食券制なので女子としては少し恥ずかしい牛丼の注文も声を出さずに済みますし、メニューをゆっくり選んでも食券を買う列からさえ離れれば誰にも迷惑をかけませんし、何よりお味噌汁がついてくるのが嬉しいです。

牛丼以外にも松屋のトマトカレーがとても好きで風邪をひいたときはトマトの味を求めてわざわざ松屋に行くくらい好きだったりします。

吉野家、松屋、すき家なら吉野家が好き
結構昔になってしまいますが、吉野家と松屋、そしてすき家の牛丼を食べ比べてみようと連続して三軒はしごしたことがありました。

それまで三軒の外食を利用したことが殆ど無く、それでも一部に人に支持されているということが気になっていて、どうせなら代表的な三軒をまとめて行ってみようと思い立ったのがきっかけです。

いずれもテイクアウトして食べてみたんですが、一番評価が高かったのが吉野家です。

たまたま新しく出来た店に行ったということはあるかもしれませんが、シックな雰囲気で店内は落ち着いていたので店内で食べてもいいなと思いましたし、清潔感があることは高評価でした。

なにより牛丼の味と満足度が一番高かったことは最高評価に繋がっています。

他の二店の牛丼が美味しくなかったというわけではないですが、個人的な好みによるところが大きいです。

メニューに工夫がある松屋が一番好きです
松屋好きはもしかしたら少数派かもしれませんが、私は松屋ファンです。家の近くにあるせいもあります。松屋はほかの牛丼チェーンと違い、よく工夫されたメニューがあります。メニューの種類も豊富です。

特に、自分は牛丼も食べますが、日によって豚丼も食べる事があります。豚丼は、何といっても松屋が一番です。味付けも豚肉の質も良いです。生姜もおいしいです。

また、朝ごはんに、牛丼や豚丼の朝セットメニューを頼むのですが、それもご飯が多く、お腹いっぱいになります。

丼もの以外にも朝セットはあるので、さっぱりした物が食べたい時は、普通の和食セットが、一番安いので300円位で食べられます。

ご飯と、お味噌汁と、卵、のり、納豆だった気がします。とても手軽です。

あとは松屋は意外といつもすいていて店内も綺麗なので、一人でも落ち着いて食べられるところが良いです。

牛肉がやわらかい吉野家が好きです。
私は吉野家が一番好きです。やはり牛丼屋さんと言ったら、イメージするのは吉野家なんです。吉野家の牛丼は、牛肉が柔らかくて甘辛い味付けがされていてとても美味しいと思います。

そしてトッピングも卵や納豆やキムチなどがあるので、色んな味が楽しめます。

サイドメニューも充実しているところが嬉しいです。ご飯もちょうどいい固さに炊き上がっているので美味しいです。

サイズも色々あるので、その時の気分で選ぶことが出来ます。また私が住んでいる家の近くに吉野家があるというのも一つの理由です。

値段もリーズナブルなので、お金があまり無い時なんかは吉野家に行くとお腹いっぱい食べることが出来るし店員さんも接客サービスも良いと思います。なので吉野家が一番好きです。

スタンダード牛丼チェーン三社では松屋
牛丼業界も有名な三社、吉野家、松屋、すき家以外にも最近は東京チカラめしやなか卯など案外競争の激しい業界なのではないかなと思います。

しかしやはり業界のトップ3の牛丼チェーンは長い歴史で出来たマニュアルなどで、他のチェーン店よりも安定した安さや手軽さがあるかなと、そんな中でも個人的に一番すきなチェーン店は松屋です。

すき家さんはメニューが豊富ですが、何となく似たり寄ったりなイメージがありますし、吉野家さんは少し高いイメージですね、一方松屋さんはメニューは豊富ですし、『焼き』系のメニュー、焼肉定食があり、何気に飽きずにいける感じです。

あと何気にポイントが弁当を買うときに牛丼の肉の部分と米とを分けてくれる容器も選べる事ですね、お米と肉の部分が別々なのは案外有難かったりします。

総合的にメニューの量、細かいこだわり、気軽さで僕は松屋に一票です。

松屋のプレミアム牛めしは最高!
忙しい平日の夜等に、よく松屋を利用させてもらっています。利用する一番の理由が、自宅から近く、駅の繁華街と反対方面な事もあって、割と空いているので、ささっと持ち帰りやすいからです。

定番の牛めしをよく食べます。ちなみに私の行きつけの松屋はプレミアム牛めしで、牛肉がとにかく柔らかくて美味しいのです。

定番の牛めしが大好きな事も勿論ですが、他にも定食や丼物が充実しているのも大好きな理由なのです。

松屋はカレーとハンバーグが格段に美味しいと思います。カレーは沢山のスパイスがたっぷりと凝縮されていて、夏バテな時でもスルスルと食べられる程です。スパイシーな味でやみつきになりました。ハンバーグも本格的にジューシーでふっくらとしていてとても美味しいです。

どの牛丼店が1番?!
吉野家は店内の雰囲気が独特で歴史があり、牛鮭定食がお気に入りです。鮭がボリュームアップしていっそう食べ応えがあるようになりました。鰻重、牛カルビ定食があり、また牛バラ野菜焼が鍋メニューで、それぞれおいしいです。

でも、一番気に入っているメニューは、すき家のカレーです。これは圧倒的です。カレーの味わいに加え、具が大きく、じゃがいも、にんじん、ビーフがよく煮込まれています。

松屋では、みそ汁があるのが定番だが、ありなしでいえばあるほうが食事になります。だから、松屋に来店することがもっとも多くなっています。

この中で一番どれが好きかというと、予算にゆとりがあればすき家になるかなと思います。しかし、毎日行く気にはならないです。

慣れ親しんだ味の吉野家牛丼
牛丼と言えば吉野家が好きです。家から一番近いのが吉野家であるということから、行きやすいといった理由もありますし、吉野家の牛丼が一番美味しいと感じるからです。

田舎であるためか、吉野家が最初に近所にできました。その後、松屋とすき家も進出してきました。

しかし、その前までに吉野家にずっと通っていたことから、他の店には1回ずつ行ったのみです。確かに、松屋もすき家も美味しかったのですが、やはり吉野家の慣れ親しんだ味にはどこか負けるような気がします。

しかも、家族全員吉野家が好きなことも影響しています。家族で行くとなると、やはり吉野家へ行くのが定番となっているからです。松屋もすき家も魅力的な部分は多いのですが、つい吉野家に足が向いてしまいます。

メニューの豊富さで「すき家」
正直、吉野家、松屋、すき家の3店舗はどれも利用しています。会社の昼休みに利用することが多いですが、どの店も割と低価格で時間をかけずに昼食をとることが出来るのでお世話になっています。値段にしろ味にしろ、そこまで優劣をつけるほどの差は無いかと思います。

ただメニューの豊富さを考えるとすき家が一番好みです。吉野家だとほぼ牛丼一択ですし、他メニューを選ぶことがほとんどありません。松屋は定食をはじめとしてバラエティに富んでいますが、その数からするとすき家にはかなわないでしょう。

最初から牛丼を食べようと決めて入店するのが吉野家なら、とりあえず入店すれば食べたいメニューが見つかるのがすき家かと。

季節や期間限定でも手を変え品を替え、新メニューを出してくるので飽きることがありません。利用回数が多いだけに、飽きないという点は非常に大きいものがあります。

家から一番近いから吉野家
私のよく通うお店は吉野家です。一番の理由は家から一番近い所にあるので急に友人が来る時などに買ってすぐに食べられるからなのですが、友人が来るたびに牛丼をおごっても1000円かからないくらい安くてお買い得なので買い続けているのも一つの理由です。

また、近くにあるので近所の人が働いていたりいつも同じ時間帯に買っている友人がいたりするので子供の話や世間話をしたりしてちょっとした交流の場にもなっています。

牛丼以外にも塩豚丼や親子丼など自分の家族の好きな食べ物がそれぞれそろっているので、お昼に何を食べるのか子供同士で喧嘩せずに吉野家にいけるので母親としては体力を使わずに美味しいものが食べられるのでとても満足しています。

カレーも美味しいすき家
うーん、吉野家、松屋、すき家と、どれも安くて美味しい牛丼屋さん。大量に作っているせいか、どの店も味が浸みていて甲乙つけがたいです。

しかし、どれか一つと言われれば、ウーン、私はすき家ですかね。

店も一番お洒落かな?と。子供用も、おもちゃが可愛かったりするし、キティちゃんとのコラボも多いしね。

なんとなく、牛丼って、おやじっぽいイメージじゃないですか、でも、すき家は女性でも気軽に入りやすい気がします。

あと、あそこのサラダも美味しい、ドレッシングも2種類あって、ここぞとばかりにタップリかけられるしね。

そして何といってもカレーが美味しいです。

牛丼屋なのに、思わずカレーとサラダを食べにすき家へ行っちゃいます。

アメリカの吉野家は少し味が違うけど人気
私は吉野家が大好きです。現在LAに住んでいますが、こちらのコリアタウンやダウニー地域でも吉野家は大人気です。お手頃で食べやすく、海外進出しているのもかっこいい!吉野家のアメリカのメニューは少し違っていて味も少し変わっています。

日本の薄味で甘さのきいた玉ねぎと牛丼が恋しいです。アメリカでは肉の量が日本に比べるとすごく多く入っていますよ。

食べごたえがあるのはアメリカの吉野家。しかしあの和風しょうゆ風味の味がたまりませんし、生卵かけが懐かしいです。私は日本に帰ったらまず、成田空港で吉野家を食べることが1番の楽しみです。

松屋などは沖縄出身の私にはわからない味ですが是非沖縄に進出してほしいです。

女性でも入りやすいのはすき家
すき家が好きです。
なぜかというと家族全員で楽しめる雰囲気を持っているからです。私は女性なのでなかなか牛丼屋さんには一人では入りにくいですし、実際入ることがほとんどありません。

でも、時々夜中に無性に食べたくなり、夜中ですから誰かを誘うわけにいかず1人で行くことになりますが、すき家はそういう時でも行きやすいです。

実際、牛丼を待っている間女性一人で待っている方にも会ったことがあるくらいです。また、夜中に仕事が終わった時にちょうどいい通勤で通る道にあるので、ついつい寄ってしまうこともあります。

サイズも女性に食べやすいサイズがそろっているので、注文しやすく助かります。
店員の方も女性の方も多く、親近感がわきやすいので行きやすいです。

牛丼なら吉野家が本家
やっぱり吉野家が牛丼屋さんの中では一番好きです。吉野家はあまり奇をてらったこともせずに、安易に値下げにも走らずひたすら美味しい牛丼を追求しているイメージで、そういうところも応援したくなります。

しかし、松屋もなかなか良いので好きです。牛丼だけでなら吉野家に行きますが
松屋は朝食で食べに行ったり豚丼を食べたりもして、カレーも食べたことがあります。

来店頻度は、確実に松屋が一位になります。純粋に牛丼なら吉野家が一番、でも、牛丼屋チェーンのくくりでは松屋が良いです。

その点、どうもすき家は苦手です。牛丼にいろんなバリエーションもあり、安いしで受けるのでしょうが、どうも店構えも好みでなく、一度食べに行ってからは、特にまた行きたいとは思っていません。牛丼ならそのままシンプルに食べたいからです。

牛肉と玉ねぎの食感が好きな吉野家の牛丼
私は、吉野家が一番好きである。
理由は、吉野家の牛丼が私の好みに最も合っているからである。具体的には以下の3点である。

まず第一に、牛肉の食感である。吉野家の牛肉が適度に脂身があって最も柔らかい。牛肉とご飯を一緒に口に含んだときの食感は吉野家がベストバランスだと思っている。すき家と松屋の牛肉は少しかためである。

次に、玉ねぎの食感である。吉野家の玉ねぎが最も薄くスライスされており、また十分な時間で煮込まれており、柔らかい牛肉との相性が良い。松屋の玉ねぎは逆に厚めにスライスされている傾向があり、かたい食感になっている。すき家は中間といったところだろうか。

店舗間での出来具合にばらつきが最も小さいことである。私の経験では吉野家がどこの店舗で食べても、牛肉や玉ねぎの柔らかさが安定している。安心してまた行こうという気にさせてくれる。

だんぜん!すき家が大好き!
すき屋が一番好きです。一番のポイントは何と言ってもメニューの種類。トッピングの数が多くて、何にしようか迷います。しかも価格も安いですね。

労働環境が問題になったときにすき家のイメージも悪くなって、疎遠になり吉野家・松屋に行きましたが、松屋はたれの味が甘すぎて(個人の好みの問題ですが)、吉野家は店内が汚い(行った店舗がたまたまなのかもしれませんが)ので、すき家に返り咲きました。

労働問題でよくいくすき家の何軒かは閉店してしまいましたが、たれの味つけ、牛肉の硬さ・玉ねぎのやわらかさが他店よりも優れていると思います。

牛丼ではないのですが、カレーの味もすき家が一番おいしいです。店内もきれいなところが多くていいです。他の二店にもいえることですが、野菜系のサイドメニューがもっと増えてくれるということなしです。

松屋の3種類のタレが好きです
大手牛丼チェーン店では松屋が一番好きです。
タレが3種類あるのがいいです。
ポン酢、バーベキュー、カルビですが私は全部かけます。
ちなみにしょうゆは使いません。
使うとかなり濃い味になります。
配分はポン酢2、バーベキュー1、カルビ1です。
これが私の黄金比です。
タレでけっこうご飯がひたひたにつかりますので、
つゆだくは注文しません。
この3種類のタレはほんとに食欲が増します。
それから私はお味噌汁が好きですので、
無料でついているのはポイントが高いですね。
最初に一飲みして最後に口直しに飲むのがいつものパターンです。
最後に会計が食券というところがいいです。
松屋の食券機は一部の電子マネーが使用できます。
私はJRのイコカを使用しています。
小銭がかさばらなくていいですしすばやく購入できます。

松屋はメニューが多くて一番飽きないです
松屋はメインである牛丼もおいしいですし、何よりその他のメニューもレベルが高いので食の選択肢が広がるところが良いですね。

吉野家とすき家は丼ものがメインで他はあってもカレーくらいですが、松屋はハンバーグやうどん、グリルチキンなんかも選べるし飽きが来ません。

以前働いていた場所は駅前に飲食店が5つほどしかない上、他の店のランチは1000円以上していたので松屋はとても重宝していました。

そんな私のお勧めメニューはキムカル丼+納豆+青ネギ。午後の仕事を考えると歯磨きやタブレットなどの口臭対策は必須ですが、精がつくので「あと半日乗り切ろう!」って日はこれで決まりでした。あと冷やし坦々うどんも好きでした。今は近くに松屋が無いので通えず寂しいです。

吉野家の牛丼は一番値段が高いけどやっぱり美味しい
単純に牛丼という事だけで限定なら、個人的には吉野家が一番美味しいと思っています。

そもそもこの中では、吉野家の牛丼が一番値段が高く、松屋はプレミアム牛めしで吉野家と値段が同じという感じです。

そんな風に値段が一番高いにも関わらず商売が出来ているのは、それだけ牛丼自体の味が美味しいからだと思います。高い上に美味しくないのなら、誰も買いになんて来ません。

それにすき家に関しては、ここの牛丼はトッピングありきになっており、正直言って牛丼自体はあまり美味しくないです。

豆板醤やにんにくを効かしたトッピングなど、牛丼本来の味が分からなくなるくらい強力なトッピングもあるので、牛丼自体の味にはこだわっていないのか、味に自信があまりないのかもしれませんね。まあそういうトッピングも、それはそれで美味しいのですが。

「牛丼」だけじゃない松屋
牛丼屋御三家それぞれ良いところがあるので、気分や一緒に行く人などで選んでますが、一人で行くなら、私は断然「松屋」派です!

牛丼もさることながら、松屋と言えば「カレー」でしょ!
スパイシーでコクがあり、すきっ腹をガツンと満足させてくれるあの味は、
なかなか他では出せない味です。

チキンカレーが一番好きですが、現在店舗では扱っておらず、
また復活してほしいものです。

松屋はカレー以外にも「うまトマハンバーグ」などの定食物、「キムカル丼」などの丼物と味が濃くパンチのあるメニューが多く、暑い夏でも、松屋に行けば食欲をそそるメニューがあるので夏は特に松屋を選んでしまいます。

最近はカウンター席だけでなく、テーブル席もあるところが多く、人と一緒でも入りやすくなりました。ますます松屋のファンです。

吉野家一本で20年以上となります
牛丼を食べる場合は必ず吉野家でと決めています。別に他の牛丼チェーン店の味がどうのこうのではなく個人的なこだわりです。

もう20年以上吉野家の牛丼にお世話になっていますが、ファーストフードと呼ぶにはもったいないクオリティがあるように思います。実際スタッフさんの接客や調理に、盛り付けに関する大会も開かれているようで、日々のスタッフさんの努力が味につながっているのではないでしょうか。

何年か前に、肉の仕入れの問題で牛丼を提供できない状況に陥った時には他の牛丼チェーン店が仕入先の変更で引き続き牛丼を提供し続けるなか、吉野家は全くぶれませんでした。

長年の味が変わってしまう事にもなりかねない仕入先の変更は断固として受け付けませんでした。そのこだわりぶりにも感心したのです。これからも牛丼は吉野家一本でいきます。

大好き吉野屋の牛丼
すき家は、色々なメニューがあるので、子供たちが大好きで良く行きます。でも私たち親は定番の牛丼を食べています。牛丼の肉はすき家が一番硬いように感じるんです。そのため、子供たちと一緒じゃない時はすき家にはいきません。

松屋は家から一番近いので、お昼ご飯に困った時や時間がない時の夕飯などに利用しています。持ち帰りもご飯と牛皿を別に入れてくれるので良心的です。

でも味に深みを感じない気がします。美味しいけれど、吉野屋の味と比べると負けてしまう気がするんです。また、食券購入制度もわかりづらくて年配の方には不評のようです。

私が一番好きなのは吉野屋です。やはりお肉の柔らかさ、薄さ、玉ねぎの量、玉ねぎの味の沁み込み具合、タレの甘さと辛さのバランスどれをとっても一番だと思います。味にも深みを感じるので、牛丼を食べるなら絶対に吉野屋に行きたいです。

クラシックな吉野家の牛丼が一番
牛丼としての味だけを比べるのであれば、断然、吉野家だと思います。

特に学生時代、徹夜マージャンの際に飽きずに食べていた牛丼の味は今でも変わらず、そして味覚にしっかり残っています。牛バラ肉とタマネギ、煮汁(これぞ正に吉野家の牛丼という味)、そしてご飯の絶妙のバランスは他の牛丼チェーンでは決して真似のできないものだと思っています。

個人的には他の牛丼チェーン店では「クラシック牛丼」というカテゴリーでは勝ち目がないので、松屋でいえば、「プレミアム牛丼」と銘うった牛丼や、すき家でいえば○○牛丼としてあまたの種類の牛丼を販売しているんだと思っています。

確かにそうした牛丼もさっぱり系であったり、がっつり系であったり、その時々の気分で食べてみたいものもありますが、やはり、ノーマルなクラシックな牛丼では吉野家が一番です。

1つだけ欲を言えば他の牛丼チェーンは味噌汁がついているので、吉野家でも別売りではなく、味噌汁くらいはつけてほしい、この点だけが希望です。

色々と食べたけど牛丼だけで見るなら吉野家
松屋も吉野家もすき家も好きですが、やっぱり吉野家の牛丼が一番美味しいと思いますね。松屋は大学生の頃、大学の近くにあり、よく食べてはいましたが、特によく食べていたのがビビン丼とカルビ定食。

おろし牛丼も美味しかったですが、松屋のビビン丼に生卵を追加して生野菜と食べるのが大学時代の楽しみでした。

すき家については丼の種類がかなり豊富で、個人的には明太高菜マヨと中華丼が一番好きでしたね。

牛丼からかなりジャンルの異なる丼が多く、健康志向(冷奴やヘルシー丼)があるのですき家も好きでしたが、牛丼の味となると吉野家がずば抜けて美味しいです。歯ごたえのある肉に、濃厚な味付け。

そして、牛丼にごぼうサラダを加えて、つゆだくで食べるのが最高の幸せですね。牛丼以外のメニューに特化して言えば、すき家や松屋が好きですが、牛丼となると吉野家の右に出るものはないと思ってます。

牛丼食わず嫌いだった私が大好きになったのは吉野家
一番好きなのは吉野家です。なんといっても牛丼が美味しいです。実は昔、私は牛丼が嫌いでした。というか、食わず嫌いだったんです。

子どもの頃に、吉野家へ家族と行くことがなかったので、牛丼というものを食べる機会がなく、なんとなく食わず嫌いになってしまっていました。

それが、高校を卒業して、一人暮らしをするようになり、食生活も変わっていきました。牛丼を食べられるようになったのもそのうちの1つで、しかも吉野家に行ったことがきっかけだったんです。

友人と遅くまで遊んでいたある日、「お腹空いたね」という話になり、深夜帯に開いていた吉野家へ入ることになりました。牛丼を食べたことがなかった私は、正直かなり抵抗がありましたが、かなりの空腹だったこともあり、入店しました。

初めて食べたのは、オーソドックスな牛丼並盛。初めての味に衝撃を受けました。美味しい!!

しかも、この値段!!これが私の牛丼初体験でした。それから、牛丼大好きになりました。色んなお店で牛丼を食べましたが、私には吉野家の牛丼が一番合います!

消去法で吉野家が無難
若干ネガティブな印象から、吉野家が一番好きな牛丼チェーン店となります。

すき家については、既に多くの方々がご存知の通り労働条件に多くの問題を抱えている為、トッピングの多さは他の牛丼チェーン店よりも頭ひとつ抜き出ていますが悪い印象を抱いています。

松屋については、食券システムを採用している関係上、お客様からオーダーを取らずに数十分も無視し続ける問題があります。私自身もオーダーを取らず無視され続けた為、苦言を呈したことがあり、すき家以上に行きたくない店舗と言う印象を抱いています。

吉野家については、価格が割高な印象となってしまい、労働者賃金が改善されない現状行き難い店舗となっていますが、冒険心あふれる新商品を発表し(良くも悪くも)賛否両論ある商品を提供している為、現時点では吉野家が興味深く、もっとも好きな牛丼チェーン店となります。

吉野家以外には興味が無い
私は子供の時から行くなら吉野家でした。だから比べるも何も、吉野屋以外は見えないのです。一か月に二回は食べに行っています。大好きな牛丼を食べているのです。よく行く時は毎週のように行っています。美味しいので、いつでも食べたくなるからです。

松屋もすき家も行った事がないのです。お店の前は通っても、入った事がありません。食べた事がありません。だからよくわからないのです。

でも誰に聞いても言っているのです。「吉野家が一番美味しい」と言っているのを聞いているのです。そう聞いているからこそ、松屋にもすき家にも行く気が起こりません。吉野家の味に慣れているせいかもしれません。

牛丼と言ったら吉野家、そうやって私は育ってきたのです。

すき家の紅ショウガと牛丼のマッチがイケてる
私はずっと前から絶対すき家派なのである。牛丼が好きで正直吉野家も松屋もすき家も正直言ってどこも美味しいのだけれど、それでもすき家が好きである理由は紅しょうががすき家のが最高に私好みであるからだ。

私にとって牛丼を食べるにあたって欠かせないのがこの紅しょうがなのである。すき家の場合は酸味といい、濃さといい牛丼にぴったりな美味しい紅しょうがなのだ。

牛丼はメニューの中でもお得で食べ応えがあるので私はチーズやキムチなどなどの余計なトッピングは好きじゃないのだけれど無料で美味しい紅しょうがに限っては例外なのである。

最高に美味しくシンプルに牛丼が食べられるのがまさにすき家なのである。すき家の牛丼はこの紅しょうがあってのものだといっても過言ではない。

いつも慣れ親しんだすき屋
すき屋、松屋、吉野家の牛丼で一番好きなのは、すき屋です。なんと、私の道をはさんで向かいにはすき屋があり、本当に重宝しています。雨の日などで、買い物が面倒なとき、帰りが遅くなって、夕飯が作れないとき、とりあえず牛丼です。

しかも値段も350円と安く、1分も待たずに出てきます。

それにいろいろトッピングがあり、トッピングを変えると気分も変わります。

並盛りつゆだくテイクアウトで注文して、家にある卵をかけて食べることが多いのです。

トッピングを注文するときはキムチ牛丼が好きです。すき屋の牛丼に合うようにキムチを開発しているのだと思います。旨みがあっておいしいキムチです。

いつも食べている味なので、たまに吉野家や松屋の牛丼を食べると、少し違和感を覚えるようになってしまいました。

私にはいつも食べているすき屋の牛丼が一番好きです。

すき家は味がイマイチで吉野家は値段が高いから松屋がベスト
吉野家、松屋、すき家は日本の三大牛丼屋であり、
どこか好きなのかがよく話題になります。
私はこの中では松屋が好きです。
その理由として、すき屋は味がいまいちで、
吉野家は高すぎるからです。
松屋はプレミアム牛丼なる高い牛丼がありますが、
全国一律で展開してるわけではなく、
普通の安い牛丼が買える所も多いので
結果としてすき屋とさほど値段が変わらないのです。
値段が変わらない上に、味噌汁付き、
数種類の味付けソース使い放題となれば
すき屋より松屋の評価が高くなるのも当然と言えましょう。
吉野家は高すぎるうえに味が松屋とさほど変わりません。
それなら松屋のほうがコストパフォーマンスが上になるのは当然です。
結論としてはこの3つの中で松屋が断トツで1番であり、
後の2つはいまいちと言う事になります。
やはり肉の量が決め手です
以前は吉野家が好きで何度となく食べていました。ところが吉野家の牛丼の特盛りで玉ネギが多くなっていて肉が少ない事を何度となく体験しているうちに吉野家離れになりました。おまけに妻がアメリカ牛を使う吉野家は辞めようといったのも吉野家離れの一つの理由です。

それで近所に松家がありますのでそちらの方へシフトしたんです。お肉の量が少し多くおつゆも少なからず多いのでポテトサラダと卵を頼んで食べると美味しいのです。

特盛りでなく並み盛りで充分夕食の食事になるのでそれも理由です。それで特盛りのみで食べるのではなく並み盛りとサイドメニューの小皿数品を組み合わせて食べるようになりました。

今は松家で家族とも満足しています。すき家は近くにないので未経験でもう少し店舗を増やしてくれたら嬉しいです。人の噂ではこちらはすき屋が一番美味しいらしのですが。

吉野家の豚丼が好き
牛丼チェーン店の中で好きなのは吉野家です。すき屋や松屋も美味しいとは思うんですが、自分にとって昔から馴染みがあるのが吉野家なので、ひいきしてしまいます。吉野家の味は格段に美味しい!って感じでも無いんですが、だからこそ無性に食べたくなる時が多々あるんですよね。

特に好きなのが豚丼です。過去に牛丼の販売が休止されていた時に新発売されたと思いますが、牛丼よりも肉厚で味がしっかりしていて大好きです。今は牛丼が復活しているので、どちらも交互に買って食べていますが、一時期自分の中で大ブームで週に何度も吉野家に通いました。

牛丼と一緒に必ず注文するのがスープです。こってりした丼ぶりには味噌ベースのスープがぴったりです。店内飲食の時は勿論、持ち帰りの時も注文しないとご飯が進みません。メインメニューもサイドメニューも総合的に見て、吉野家が一番好きです。

牛丼大盛りを食べるなら吉野家
牛丼を食べるならば私の場合は吉野家かすき屋になる訳ですが、家から近い事と長い付き合いもありどちらが好きかと言う話となると吉野家が一押しとなっております。

メニューやトッピングの種類等、少し変わり種な牛丼ならば、すき屋の方が面白いのかもしれませんが、ストレートに牛丼大盛を食べるのであれば私はダントツ吉野家です。

友人や家族で牛丼になると吉野家よりもすき屋の好みが多く、頻度ではすき屋へ食べに行く事が多いので、私が吉野家に食べに行く機会は一人で食べに行き、向かい途中で気が向いたらお持ち帰りもあったりします。

一番好きなのはカウンター好きで静かに牛丼大盛で露多めに卵と味噌汁を付けて食べる事で調度昨日の夕飯がそれでした。

味噌汁がついてくるから松屋が好き
牛丼屋チェーン店では松屋が1番好きです。

松屋の牛丼は他のお店よりも味が濃すぎないというのも良いのですが、牛丼1個でも必ず味噌汁がついてくるのが、とてもお得感があっていいですし、ご飯ものを食べている時には絶対に汁ものがあった方が食べやすく、体に入ってきやすいので、このサービスがいいなと思いました。

そして、どのお店よりも、朝も昼もセットメニューが豊富だということも、そのお店に行く楽しみにもなりますし、味のバリエーションが豊富にあって、お店の味に飽きにくくていいなと思います。

お手頃価格で、特に女性にとってはボリュームのあるメニューが豊富ですし、どれもこれもおいしい物ばかりで、やっぱり松屋が1番好きだなと感じます。

わたしはすき家が一番です
わたしはすき家の味付けが好きです。
以前勤めていた会社の近くに吉野家があったのでたまに食べていたのですが、牛丼の甘さがわたしが苦手だなと思っていました。

なので、牛丼全般苦手だと思っていました。
しかし、昨年引越をして近くにすき家があるのでたまに行くようになりました。すき家の牛丼の味が甘すぎずわたしの舌にぴったりでした。

しかもサラダとセットのものや、カレー、そしてミニサイズといった女性にやさしいメニューが多い気がします。

わたしはウナギが好きなので、鰻と牛丼がセットになったやつのミニサイズと、サラダがセットなったメニューがお気に入りです。そして、お味噌汁もついているのでわたしはちょうどいいです。

松屋は一度だけ行きましたが、味は普通だと思いました。

松屋のキムカル丼が好き!
三店舗の中でしたら松屋が一番好きです!
全ての店舗にいったことがありますが、牛肉がもともとあまり好きではなかった為牛丼屋に行くことがほとんどありませんでした。

そんな時松屋の豚丼にはまり、一時期は仕事帰りに松屋に通っていました。

一緒についてくるお味噌汁も私好みで大好きです。味噌汁もですが、豚汁もかなりおいしいのでオススメです。冬はもっぱら豚汁に変更しています。

結婚し、引越してからは自宅近くはすき家と吉野家しかなく、松屋が遠い為とても残念です。

最近ではすき家でも豚丼ができた為行こうか悩んでいるところです。
松屋の一番好きなメニューはキムカル丼です。名前の通り、豚丼の上にキムチが乗っていて、ピリ辛でおいしいです。

すき家は居心地が良い
私がこの中ではすき家が一番好きです。
吉野家や松屋はカウンター席しかない所も多いけれど、すき家はほとんどの店舗でテーブル席が用意してあります。

テーブル席の椅子には背もたれもありますし、他のお店より落ち着いて食べられるので好きです。

こういうお店は回転率を上げたいから、一人のお客さんに長居されると困るのでしょうけど、例えば空いている時間帯に入ったお客さんからしたらカウンター席しかないお店は長居しづらくて落ち着かないですよね。

あの椅子に長時間座っているのは思いのほか大変ですし。

でもすき家は(座り心地がいいとは言えませんが)テーブル席でまったりできます。人との待ち合わせなんかにも使えるのはすき家だけかなあと思います。

初めて食べて感動した松屋の牛丼
私は松屋が一番美味しいと思っています。それまでは吉野家が好きでした。というか、あまり知らなかったのです。吉野家は名前が有名なので通っていました。

牛丼=吉野家と思っていました。松屋は大学に入り、一人暮らしを始めた街にあり、そこで初めて知りました。近隣でしかも一人暮らしだったのでじゃあ行ってみようと思って入り、食べたらすごくすごく美味しくて。

それからはずっと松屋に通っています。最近はメニューから消えてしまったので本当に残念なのですが私がいつも頼んでいたのは豚丼です。

これがジューシーでとても美味しいんです。牛だと引き締まっている感じなのですが豚は柔らかく脂ものっているのが良いんです。他のメニューも好きなのですがやはり一番は豚丼ですね。そろそろ復活してくれないかなと密かに期待しています。

牛丼と言えば吉野家
牛丼と言えば、吉野家松屋すき家が大手チェーン店だと思います。そして、みなさんもそれぞれ好きなチェーン店や、馴染みのあるお店はあることでしょう。私自身はというと、牛丼と言えばやっぱり吉野家というイメージが強く、吉野家が一番好きなチェーン店です。

理由は、吉野家は牛丼そのもののイメージがするし、一番老舗のチェーン店だからです。他にも、私の出身地の地元には牛丼屋と言えば吉野家しかなかったので、子ども時代より多くの馴染みのあるお店です。

この理由から、大人になった今でも牛丼がたべたくなったら、吉野家に足を運ぶことがほとんどです。しかし、松屋やすき家も気になる存在なので、たまには行ってみたいとは思っています。

すき家のねぎ玉牛丼が一番好き
牛丼チェーン大手3社の中で、私はすき家が一番好きです。
地方の人間なので、松屋では数えるほどしか食べたことがありませんので、多少偏っているのはご了承ください。

首都圏の友人から松屋が一番おいしいと聞いていましたが、食べた感想はいうほどでもないなという印象でした。

吉野屋も利用しますが、個人的にタレが甘いと感じるので、なんだかんだで牛丼は「すき家」に食べにいきます。

一番好きなメニューは、ねぎ玉牛丼です。
青ねぎの触感・風味と辛目のタレがマッチして、食欲がわくので、ほとんど大盛を頼んでいます。

割と食が細い方ですが、ぺろっと食べてしまいます。
たまに、焼きそばがのった、焼きそば牛丼とか変わったメニューもでますが、基本的に安定しているので、これからも牛丼はすき家ですね。

吉野家の牛丼が大好きで堪りません
脂っこい食べ物が苦手なので普段からあまり外食しないのですが、そんな私でも好きなのが吉野家です。

吉野家の牛丼を初めて食べたのは、私が高校生の頃です。
昔からお肉より野菜派だったのですが、友達に連れられて行った吉野家で食べた牛丼が物凄く美味しかったのです。

牛丼はその前にも他のお店だったり家で食べた事もあります。
しかし、吉野家の牛丼はそのどれもと違った美味しさだったのです。
吉野家の牛丼だったら、朝ご飯にしても食べられます。

その他にも吉野家のメニューは、様々な美味しい物が揃っています。
きっと吉野家の味付けが、私の舌にバッチリ合っていたのでしょう。
安いし早く食べられる、しかも美味しいという事で、一番大好きなのは吉野家ですね。

子供におもちゃをくれるすき家
我が家は子供を連れてご飯を食べに行くことがありますが、そんな時に度々すき家を利用しています。

すき家は混んでいないので入りやすく、子供用におもちゃをくれるのが大きなポイントです。

テーブル席が沢山あるので座ってゆっくり食べたいので、すき家は我が家にピッタリだと思っています。

行くのはランチの時間帯ですが、わりとすぐに座れるし、接客もいいと思っています。
何度も入ったことがあるので安心して行けます。

価格が安いのにバランスよく食べることが出来るのもいいところだと思っています。

正直オシャレではないので、女友達だけで入ることはありませんが、子連れには向いているお店だと思っています。

これからもますます美味しいメニューを期待しています。

食券を渡せる松屋が良い理由
いろいろなチェーン店がありますが、私が個人的に好きなのは松屋です。

なぜなら、注文の際に店員さんに直接注文をしなくていいこと、好きなメニューがあるからです。

今は、女性が入りやすいお店の外装や内装の店舗が増えていますが、私が初めてお店に入ろうとしたころはまだ女性がひとりで入りにくく、少し冷ややかな視線を感じたことを思い出します。

その視線にいたたまれなく結局テイクアウトにしてしまったのですが…店員さんに直接注文せずに食券を渡して注文するシステムはとてもうれしいなと思いました。

ビビン丼やキムチの乗ったカルビ丼などガッツリしたメニューが好きなのですが、直接注文をしようとすると女性が一人でこんなにがっつり食べていいのかなと思い、ボソボソと話してしまったり、食べたいメニューよりも恥ずかしさが上回ってしまって、メニューを変更してしまったりしてしまうので、このシステムがある松屋が一番好きです。

松屋のオリジナルカレーがダントツ
自分は松屋が一番好きです。個人的に牛肉より豚肉の方が好きなので、豚バラ焼肉定食やスタミナ豚バラ生姜焼き定食、さらに豚汁がなんといっても断トツに美味しいし、松屋のオリジナルカレーも好きです。

牛丼だけで言えば吉野家の方が美味しいかもしれませんが、牛丼はあまり食べないので松屋の方が好きなメニューが多くて好きです。すき家は全般的に松屋や吉野家と比べて味が落ちると思いますし、奇抜なメニューばかりで特に食べたいと思わせるような美味しそうなメニューがないので、好きではありません。

あと松屋が好きな理由の一つに自販機による食券制だというのも大きな理由の1つです。人見知りなので店員に話しかけるのが億劫なのですが、食券なら食べたら勝手に帰ればいいだけなので、凄く気楽に入れて気軽に帰れるのが最大の理由かもしれません。

味がしっかりと牛肉に染み込むすき家
すき家が好きです。すき家は味が濃厚でもないのですが、味がしっかりとしています。その味はほのかに甘く、でも甘すぎないのが良いなと思います。タマネギが入っているのですが、そのタマネギが主張せずに美味しく、しかも牛肉とあい混ざってはその旨味を引き立たせています。

他の店の牛肉が味は少し薄いのですがこのすき家はそんなに味覚が薄すぎないのです。牛肉にしっかりと味が染み込んでいて、それが噛めば噛むほどに口の中に広がるのも美味しいところです。

ご飯が柔らかすぎず、ご飯も硬すぎないのも本当に良いなと思います。粒がしっかりとしていて、噛み応えもありますが、でも粘りも多少ありながらさらっと食べることができる牛丼が美味しいです。

吉野家
結論から申し上げると私はもっぱらの吉野家好き。個人的に思っている3店舗の良いところを挙げてみましょう。

松屋はデフォルトで味噌汁が付いてくる。すき家はメニューのバラエティが豊富。そして吉野家は紅生姜の質が良い。

これがとても重要なのです。マニアックなお話になります。これは吉野家にかなり見られる傾向なのですが、頼んだ牛丼に紅生姜をドボン!これはもう紅生姜丼なのではないか?という程。

吉野家の紅生姜は、よく水を切っていて艶があり上記の二店舗とは一線をひいています。ところが、お店にもよるのでしょうか、ここ最近は吉野家の紅生姜も何故か汁に浸かっていて水浸し。色も濃くなっていてあの時のような品質はどこへいったのか。それが理由で吉野家は引退し、今では家から近いという理由で松屋にいっています。

学生時代から愛着がある吉野家が一番
私はご飯ものが大好きで、その一つに牛丼があります。全国展開している牛丼のチェーン店はいくつかありますが、その中でも私の一番のお気に入りは、吉野家です。

その一番大きな理由は、学生時代からよく利用していて愛着がある、ということです。

私の学生時代というと、もう今から20年ほど前になります。当時の私の生活圏内に吉野家は数店舗あり、私は一週間に数回、通っていました。夜遅くに行っても開いている店はまだ当時、それほどなく、吉野家は私にとってなくてはならない存在でした。

今でも時折、牛丼を食べに行っています。私のお気に入りは牛丼の特盛りに生卵をかけ、醤油をたらして食べることです。紅ショウガが取り放題なのもお気に入りの理由です。

松屋やすき家にいったこともありますが、一番牛丼に特化していて牛丼屋さんらしいのは吉野家だと思います。もちろん、吉野家の牛丼の味も最高です。

一時はつぶれたものの、日本じゅうの熱烈なファンのおかげで復活した吉野家、これからも通い続けます。

吉野家が一番
昔からある、吉野家ですが一番好きです。味も一番好みです。

すき屋や松屋は、味が少し甘いような感じがして、一度食べたきり行くことはありません。

吉野家は、早くて安くてそこそこおいしいのです。
この冬にはまりまくっていたのは、吉野家のすきやき御膳でした。1人用の鍋にすきやきとごはん、卵がついてリーズナブルな価格で提供してくれていたので、10回くらい食べましたね。

寒い冬には、体も温まりますし、特に1人暮らしの方なんかは、一人ですき焼きをするにもできないので、助かるのではないでしょうか。

我が家の子供も吉野家が一番好きで、時々牛丼の大盛が食べたいと言います。

吉野家は、日本を代表するソウルフードとなっているような気がします。

「松屋が一番」と私が思う5つの理由
以前はいろいろな牛丼チェーン店を利用していました。価格だけに注目して「1円でも安い店」をチョイスした時期もありました。しかし、今では完全な松屋党。牛丼チェーン店を利用する場合は、ほぼ100%松屋をチョイスします。

その理由は、まず、牛丼の味が一番私の舌に合うこと。これは、言うまでもありません。それから、食券制で利用しやすいこと。味噌汁が必ず付くこと。牛丼以外のメニューも充実していて、おいしいこと。店の外装やロゴがセンスあること。以上が5つの理由です。

特に強調したいのが、牛丼以外でメニューのグレードの高さ。セットメニューもいいですが、私は個人的に、松屋のカレーライスと朝食の大ファンです。

カレーライスは味の好みが分かれるかもしれません。しかし、朝食メニューの内容と味のグレード、料金のリーズナブルさは、客観的に見て群を抜いているといっていいのではないでしょうか。

休日にはよく、時間ぎりぎりに行って、朝食メニューを「ブランチ」として食べています。それで夜まで持つのです。それだけのボリュームがあるということです。

吉野家の期間限定のすき焼き定食が大好きです
吉野家が一番好きです。吉野家の牛肉はこだわりのアメリカ産を使っていて柔らかく牛丼にピタッと合い、甘みの強いしっかりした濃い目の味が牛肉ととてもマッチしていて一番美味しく感じます。

薄目の味を楽しみたい時は、すき家の牛丼、あっさりした牛肉が食べたくなったら、松屋の牛丼とそれぞれ味に特徴があり、その日の気分によってお店を選べるのも牛丼を食べる楽しみがあります。

牛丼の他にもそれぞれお店によって楽しいメニューがありますが、共通メニューのカレー、焼き鳥丼は、やはり吉野家が味に深みがあって、素材の味を引き出し、一番美味しいと思います。

それに私が吉野家で一番好きなメニューは期間限定のすき焼き定食です。最初食べた時は感動して、本当に美味しいなと涙が出そうでした。それからこの味にすっかりハマり、何度もすき焼き定食の味を楽しみました。

牛丼は以前とは比べてコストは高くなりましたが、それでも手頃に楽しめる味に変わりはなく、すっかり私の生活の定番メニューになっています。

味噌汁がつくのが嬉しい松屋
正直、あまりグルメではないので、牛丼屋さんの味の差は特にわかりません。
でも、松屋はお味噌汁がサービスでつくので利用する事が多いです。
味も、好きです。メニューが色々とあるのも良いと思います。

近所の松屋の話ですが、店員さんも元気で愛想も良いので、ついつい利用してしまいます。ファミリー席もあるので、昔の牛丼屋さんとは随分とイメージが変わりましたよね。
残念ながら、我が家の子供達はファストフードの方がいい!と言うので、自分だけ別で松屋に行ったりしています。

暑くなってくるとカレーも良く食べます。大盛りにしても60円UPで済むのも、大食いにとっては嬉しいところです。辛さもちょうど良いし、味もGOOD。

出張の時には松屋の朝定食を食べることもあります。
こうして改めて考えると、自分にとって松屋はかなり身近な牛丼屋さんだと思います。

松屋のキムカル丼は飽きない
牛丼なら松屋が一番好きです。なぜなら、メニュー構成は松屋が一番魅力的だと思うからです。

私にとって松屋を代表するメニューは、なんといってもキムカル丼。490円で得られる満足感としては最上のものでしょう。

しょっちゅう食べていますが全然飽きる気配がありません。さらにはカレー。松屋のカレーは程よくスパイシー。ココイチより美味しいとすら思っています。それに、鉄皿メニューのハンバーグセット。熱々の鉄板に焼かれる肉の音が食欲をそそります。

このように多様なメニュー構成と味のクオリティに惹かれて、私は松屋に通っているのです。吉野家はメニューの豊富さという点で、松屋に及びません。すき家はメニューこそ豊富ですが、クオリティという点で松屋に及びません。私にとってはもう十数年ものあいだ、松屋の一人勝ち状態なわけです。

トッピングが豊富なすき家
吉野家、松屋も行ったことがありそれぞれ良いところもありますが、私はすき家が一番好きです。

すき家を初めて食べたのは20年以上も前の学生の頃です。今もその頃と変わらず牛丼の味がおいしくて好みです。

すき家のメニューはトッピングが豊富でそこがいいんです。ネギ玉も好きですし、チーズも濃厚でおいしいですし、他にもキムチやおろしポン酢など色々選べてその日の気分で食べることができるのが嬉しいです。

サイドメニューも気分で組み合わせられるのもいいです。今日はサラダもつけようとか味噌汁でなくてトン汁にしようかとか。

このトン汁も具だくさんで好みの味で大好きなんです。
牛丼のサイズも女性にぴったりのミニがあるのがすごく嬉しいです。並だとご飯が多めなのでミニがちょうどいいんです。

時々無性にすき家に行きたくなってついつい寄ってしまいます。

食券スタイルが良い松屋
吉野家、松屋、すき家、全国展開している牛丼チェーン3社の味はほとんど同じだと感じています。価格もほぼ、同じであるためシステム的に松屋が好きです。
松屋は食券スタイルなのでそこがよいと思います。

吉野家だと混雑している時に、お会計して貰うのに時間が掛かり、すぐに退店できないことがあったりします。松屋であれば、食べ終わってすぐに出られるので便利に感じています。
また松屋はお味噌汁がサービスでついてくるので、そこも良いと思います。

すき家についてはやはり、バイトに過重労働を強いていたというような報道があり、働いている人がしんどい思いをしているところではおいしく食事は出来ないなと感じています。
そこで3社の中では、利用しやすい松屋を使うようにしています。

すき家が好きなのはユーザー評価があるため
吉野家、松屋、すき家の中で判断すると味や人気が関係すると思います。私はすき家が最も好きなのでそれに相応しい内容もあります。

第一にすき家だと色々な人が利用している感覚があります。実際に自分もこの店を使って様々なユーザーが注文しているのを見ました。味も良いですが店に活気があるのでここが気に入っています。

もちろんすき家は実力があってその人気を維持していると思います。以前よりも味が上手くなっているので私はその努力を評価しています。だから結果的に私はすき家が最も好きな部類に入るのです。

すき家は一般人が気軽に使える場所でそこが嬉しい部分です。格調高い店だと使いにくいのですき家のようなスタイルが好きです。店の評価と味を評価して私はこういった感想を持っています。

和食の朝ごはんがおすすめのすき家
我が家はすき家が好きでよく利用しています。
牛丼は定番のおいしさな上に、リーズナブルで、注文から配膳までのスピーディーさはお昼休みを利用して通っている私にはありがたいです。朝食メニューも充実しているのでよく立ち寄ります。ふと和食の朝ごはんが食べたくなるとすき家に行きます。地域によると思いますが、和食の朝ごはんを提供しているお店が少ないので、すき家の朝ごはんは私のまわりで人気があります。

どうしても車移動でないと暮らせない土地柄、ドライブスルーで買えてしまう手軽さは高ポイントです。休日でだらだらしたままに格好で買いにいったりもするので、ドライブスルーできるとありがたいんです。子供のいる家には特に便利です。チャイルドシートに子供を乘せたまま買えるとなると通ってしまうものです。

食材明記で安心なすき家が好き
私は、牛丼チェーンでは、今では「すき家」が一番好きです。
何故かというと、「すき家」では、店に、食材がどこで作られたものかが看板で明記されているからです。

数年前までは、他の大手の牛丼を愛用していました。
しかし、最近になって、外国の毒野菜とよく言われる辺りのものを使っているとか、色々な話が飛び交います。

そういう話を聞くと、産地をはっきりとさせてくれるお店の方が安心です。
吉野家は、最近になって、価格も値上げになってしまい、牛丼本来の
「安い、うまい、早い」
というありがたみが無くなってしまったのです。

吉野家でそれだけの値段を出すならば、他の色々なお店で食べられるし。
というのが本音です。
比較的、価格が安めなのが、すき家です。
そして、産地も明確。
「これ、どこ産の野菜?肉かなぁ?」
と、びくびくするよりも、安心、納得が一番なのです。

松屋が一番好きな私の意見
世の中には牛丼屋さんがたくさんありますが、今現在私が一番足を運んでいるのは松屋です。

学生の頃などは「安い」という理由で頻繁に吉野家にも行っていましたが、
確か値段が上がってしまったことで吉野家に執着が無くなり色々な牛丼屋さんを試すようになりました。

すき家はメニューが豊富ですし、味も美味しいですので好きですが、
どことなく家族向けな感じもあって一人のときはあまり入らないです。
私がお仕事の昼休みにお昼を食べに行く際、一番近いのは吉野家なのですが、
少し歩いてでも松屋を選択してしまっていますので、私の好みでは松屋が一番好きかな?と感じます。

あと、松屋は何だか雰囲気も入りやすいイメージがあって、何だか食事中も落ち着きます。
吉野家、松屋、すき家、の中だと、松屋が一番好きな私の意見でした。以上です。

すき屋の3種のチーズ牛丼が好き
私は以前の勤務先の近くにすき屋があり、よく食べに行っていたこともありすき屋が好きです。すき屋は女性でも入りやすい雰囲気があり、テーブル席も多いので食べやすいです。どんぶりもちょっとした絵がプリントされていて、かわいらしいです。

メニューも豊富だし、味もいいです。サラダやお味噌汁のセットを自分で色々選べるところが楽しいです。サラダのドレッシングも選べるので、野菜もしっかり摂れてありがたいです。

カロリーは高そうですが、3種のチーズ牛丼が個人的に大好きです。あのメニューを知ってからすき屋のファンになりました。牛丼屋というとカウンター席をイメージしますが、すき屋のようにテーブルでゆっくり食べられるのは嬉しいです。

牛丼屋らしい吉野家がいい
私は牛丼屋はどこも値段の割りにはおいしいのでどの店もよく行きます。松屋はカレーやハンバーグなどもあるのでそういったメニューを食べたいときには松屋かなという感じで、すき屋はどちらかというと特徴がない感じなのでなんとなく行くという感じです。

吉野家はやはり牛丼のイメージが強いので牛丼が食べたいと思ったときは吉野家を選んでいると思います。どの店も牛丼がありますがやはり吉野家が一番牛丼にこだわっているように思うところも吉野家がいいと思う理由です。

またどの店も新商品や期間限定商品の開発が活発ですが吉野家はやはり牛丼を絡めた開発商品にこだわっていて多いように思います。そういった商品開発の特徴も吉野家を選んでいる理由だと思います。

吉野家の牛丼は食べやすくおいしい
吉野家が一番好きです。
すき家のメニューの豊富さも捨てがたいと思いましたが、やはり王道は吉野家だと思います。

吉野家の安心感、オーソドックスな感じが私には合っています。メニューはシンプルでわかりやすく、自分の好きなものを選んで注文しやすいです。

決め手になったのはやはり味。どの牛丼屋も同じ味だと思いきや、やはり若干違っていて、私個人からしてみたら吉野家の牛丼が一番間違いがなく、つゆも肉もおいしいと思えました。

具体的に言うと、汁と肉の味のバランスがいいのです。低価格だから牛肉には期待できないとしても、つゆだけは他の二店舗を圧倒していて、濃さやあっさり感が申し分ないと思いました。女性好みの味に仕上がっていて、何度でも食べたいと思わせます。

都心だと徒歩圏内に多い松屋
吉野家、松屋、すき家のどこが一番好き? とのことですが、私は松屋に一票です。

理由のひとつは身近であること。私は東京在住で何度か都内で転居していますが、常に松屋は徒歩圏内にあったような気がします。牛丼チェーンという業態は、わざわざ食べに行くものではなく、近所にあってこそ。身近に利用できるという点では松屋でした。

一方、すき家と吉野家の店舗は滅多にありませんでした。たまたまかもしれませんが、実際に店舗数を調べてみると、都区内は松屋が圧倒的に多いようですね。

ふたつめの理由は朝食メニューの満足度。仕事の関係で早朝に利用することも多いのですが、「ソーセージエッグ定食」を頼んでおけば、味、ボリューム、コストのいずれも大満足です。

みっつめの理由は、完全に私見ですが、他の2店に較べ、松屋は「ごはん(ライス)」がおいしいような気がします。私の口に合うということです。

以上の理由から、私は松屋です。

すき家のねぎ玉牛丼が大好き!
どこも甲乙つけがたいですが、中でも特にすき家が大好きです。
吉野家の味は私にはあまりピンときませんでした。美味しさが私には伝わりませんでした。

松屋は特別で、私には牛丼屋にしては高級感のある店だと言うイメージがあって一回も松屋で食事したことはありません。昔はその差ははっきりとあった気がしましたが、最近では、ホームページを見ていても差が感じられなくなっているので一度松屋にはいこうと思います。

すき家にはよく行きますが、頼むのはいつも「ねぎ玉牛丼」です。これはもう絶品です。
「ねぎ玉牛丼」を食べるようになってから、ただの「牛丼」は頼めなくなってしまいました。

私は好きな物を見つけると同じ店で同じ物を注文する癖がありますが、これからは、3軒の差もなくなってきましたし、一度3軒をきちっと訪問し再度どこが一番美味しいか比べてみたいと思います。

特別一番というお店はありません
牛丼というともともとは吉野家が定番でした。時間がない昼食時にさっと食べ、週末、家族の夕食に持ち帰りで買って帰ることもあります。正直、吉野家、すきや、松屋の3店舗で牛丼を買うだけであれば、どこで買いたいという希望はないといった方がいいでしょう。

実際、お出かけの際に牛丼を食べたい時でもどこのお店の牛丼という欲求があるわけではありません。

ただし、しいていうなら家族で牛丼を全員が食べたい場合ではないときは吉野家は使いません。すきや、松屋の方が牛丼以外のメニューが充実しているからです。

牛丼以外のメニューを含めて家族でばらばらのものを定食屋として外食を利用するならこのパターンで3店舗からお店を選ぶことにしています。

味が好き!吉野家が一番のお気に入りですね
吉野家や松屋、すき家のなかでは吉野家が一番好きですね。どこのお店も好きですが、吉野家に行くことが多いです。1人の時にフラっと店に入り、サっと食べることができるところが好きですね。ファミリーレストランなどは一人の時に入りにくいですが、吉野家は、一人で気軽に行くことができるところが魅力的だと思っています。

吉野家が気に入っている理由としたは、メニューがとても単純で、選ばなくてもいつもお気に入りの物を食べることができますし、何故か飽きずに時々食べたくなるんです。こってりしていないところも良いと思います。味が好みなんです。

座ったらすぐに料理が出てきますし、時間のない時などに利用することが多いです。あとはどこで食べようかなと迷った時は、とりあえず吉野家にしておけば間違いはないと思い、そこに決めてしまいます。

吉野家の味が好きです
私がこの中からどれかを選択するとすると、やっぱり吉野家の味がいいと思っています。
それは、吉野家の牛丼の味に慣れているということがあるからです。

そのため、ほかのものを食べた時に、美味しいとおもうことは出来るのですが、やっぱり最初に食べた味を覚えているので、その味覚がインプットされていると思っています。
そのように思っているのは、懐かしいとおもうこともあります。

その吉野家の牛丼を食べていた時には、苦労をしたこと等、蘇ってくるからです。

そのため、それらのことを思い出すことができる、その牛丼を選びたいという気持ちを持っています。

人は、その食べ物について美味しいと思って選ぶ時と、懐かしいもう一度食べて見たいと思って選ぶことがあるので、その両者を思ったとき、吉野家になります。

すき家LOVEな訳
断然すき家が好き。
何より牛丼屋に行く目的の優先順位は、早い・安い。美味しい。
の順番な私。
味においては吉野家の甘めな牛丼はそそられる。早さはどこも同じくらいだと思う。
なのでやはり、吉野家より安いすき家を選んでしまう。味はバランスがよく、
誰の口にも合うと思うます。
しかも何より、牛丼のメニューが豊富なのが魅力的だ。
気分によって、ネギがたくさんのっているものにしたり、卵がのってたり。
トッピングというかたちであるより、メニューになっている方が、選びやすくていいです。
味噌汁も2種類あり、具たくさんがいいときは豚汁にしている。
期間によって特別メニューがあり、うなぎを食べたことがあるんですが、
スーパーでも高いうなぎを、なるべく低価格で提供していると思うし、
うなぎ自体も柔らかくて美味しいです。
なので私は、断然すき家推しです。

すき家が一番
牛丼大手チェーンの中で最も好きなのはすき家です。以前や吉野家でしたが、ある時久しぶりに牛丼を食べた時に肉が柔らかくないのと肉汁が薄かったのです。その時に吉野家はだめだと思いすき家に行くようになりました。すき家のメリットはとにかく肉も汁もおいしいこと、そして特にお気に入りなのが紅しょうがです。

これの味が一番おいしいのがすき家なのです。そして価格も変動することがあるとはいえ、どちらかといえばすき家が一番安いのではないかと思います。

松屋は定食が好きですが、牛丼に関してはいまひとつという印象を持っています。すき家はいろいろなトラブルもあるとはいえ、この3社の中では一番好きで、食べやすく、おいしいので満足度が高いのです。

吉野家の牛丼が一番生卵と合います
牛丼チェーン店のなかではやっぱり吉野家が一番好きです。価格はどこも同じだが味は吉野家が一番おいしく、店によっての味のばらつきもなくどこの吉野家で食べても同じ牛丼の味で安定しています。

個人的には牛丼と合わせて必ず生卵を注文しますが、吉野家の牛丼が一番生卵と合います。

牛丼以外のメニューについてもメニュー数は決して多くないがどのメニューも安定したおいしさです。また季節ごとに限定ででるメニューもよく、特にうな丼は安くて味も抜群においしいと思います。

最近では郊外の店は店舗も広くて清潔になっているところも多く、男性しか入りづらいカウンターだけの店舗と違い家族連れでもいくことができるようになったことで仕事の日の昼だけでなく休日にも利用することが増えました。

味なら吉野家、サービスなら松屋
牛丼の味だけでいったらダントツ吉野家がおいしいと思います。たれの味付けが万人に愛される味だと思いますし、トータルのバランスが、さすが一流牛丼店といったイメージです。

私がよく利用お店は、とてもサービスがよく、先日カロリー控えめのテイクアウトメニューはどれか聞いたら、一緒に真剣に考えてくれた上に、紅ショウガをてんこ盛りでサービスしてくれました。

ですが、やはり松屋のお味噌汁がサービスでついてくるといったサービスは見逃せません。食券制なので面倒くさいですが、すべてのメニューに味噌汁がついてくるので、ついつい松屋に行ってしまいます。サービスはそのお店の店員さんの質に左右されるので、気分により使い分けていますが、味が好きなのは吉野家です。

子供メニューも豊富なすき家♪
もう声を大にして言いたいです。
「すき家」が大好きです!

家から近いということもありますが、すき家の牛丼♪のフレーズも耳に残って、家族全員大好きです。

牛丼家さんですが、何しろメニューが豊富。
家族で食べたいものが分かれても、取り合えずすき家に行けば、誰からも文句はでません。
これってすごいことですよね?

子供メニューひじきがあるのもツボです。
私自身はひじきが嫌いで、家で作ったこともないのですが、なんと子供はすき家で初めてひじき食べて、大好きになってしまいました。

栄養たっぷりだしいいですよね。
それからは家でも作ってと、子供達にねだられて、すき家の味に近いものをと頑張っています。

おかげでひじき嫌いの私も食べられるようになりました。

すき家様々です♪

松屋がよいのでは
牛丼チェーンは安いですし、それなりにおいしいので、たまに行くのですが、すき家は美味しくないと思います。一度食べて、ちょっと薬剤臭かったので、もう行かなくなりました。

あとは、吉野家でもいいのですが、食べ過ぎたこともあるのかもしれませんが、飽きてしまいました。牛丼に自信があるようですが、そこまでおいしいのかは分かりません。

男性向けというイメージを脱しようとされているようですが、男性向けにひたすら商売していたころのほうが好きでした。

そこで、松屋ということになるのですが、牛丼だけではなく、ちょっとしたセットになっているので、それなりに満足できるというところはあると思います。味については、そこそこだと思います。

松屋がとても好きです!
前から松屋の雰囲気がとても好きでよく入ります。
吉野家も好きですが、以前、肉骨粉の事で狂牛病が流行って牛丼で大騒ぎになったときに、アメリカ牛を一時中断して、オージービーフとか安全な牛を使ってくれたのが、松屋でした。

吉野家は、しばらくは豚丼で頑張って、その後、アメリカ牛が安全と、確認した上で、牛丼を再開したんだけど、私としては、オージービーフでやってほしかったから、吉野家を利用していないんです。

申し訳ないけど、アメリカ牛ではまた何か起こる可能性があるんじゃないか、と疑っているわけです。

すき家はアルバイトを雇うのに、あまりにも使い方が激しくて、残酷なので、私的にいいイメージがなく、前はよく行っていたのに、最近は行かなくなりました。
見ていて、確かに使い方が荒いように思います。

総合的にみると松屋!
単純に味だけで選ぶのであれば、やっぱり断然吉野家です!が、女性一人でも店に入りやすいという点では、松屋をよく利用していたので松屋が一番好きということになるかなぁ。

もちろん松屋のメニュー自体も好きですし、持ち帰り用トレーが2種類あるという心配りがとてもうれしいです。

松屋では、とくにカレーとカルビ焼肉定食がおいしかったです!期間限定メニューもいつもおいしそうでそそられるのは松屋だなぁ。

すき屋は、お店にもよると思うのですが以前深夜近くに立ち寄った店で、容器の洗浄が追い付いておらず、床に容器が置いてあったり、また別の店では洗浄が十分でないせいか、器のふちにカピカピのご飯のカスがついていたりしたことがあったのでそれ以来利用は控えてます。メニューが多いだけって感じであまり魅力がないです。

特に好きなのは松屋な理由
牛丼チェーン店は数多くありますが、その中でも特に好きなのが松屋です。まず、お味噌汁が必ず付属をするということがポイントです。吉野家は汁物は別に購入をしなければなりません。ですから、金銭的にお得であると思うのですよね。

また、味はとてもよいですしメニューも充実しています。松屋のメニューであるビビン丼はとても美味しいです。何度食べても飽きないような味付けです。食べたいと思ったらすぐに松屋に入ってしまいます。

朝メニューも充実しています。朝のセットでは安い値段で多くの品目を食べることができます。自分で小鉢を選ぶことも可能です。牛皿やとろろなど、複数の中からえらぶことができるのですよね。メニューの豊富さとサービスの良さが松屋の特徴だと思います。

食券とお味噌汁がある松屋がいいです
牛丼屋さんはどこもそれぞれの個性があっておいしいですが、私は松屋が一番好きです。

食券制だからメニューを決めれば後は店員さんと話をしなくて済むので気が楽だし、丼物にはお味噌汁がついてくるのも嬉しいです。

そして私が一番好きなメニューがハンバーグ!白いご飯が好きなのでどちらかというと丼よりも定食を頼む私は、期間限定で店頭に大きく出ていたトマトハンバーグに心を惹かれて食べてみるとそのおいしさにびっくりしてしまいました。

お値段は牛丼よりは高いもののファミレスで同じ味のものを食べたいと思ったらもっと高くつきますよね。

すき家はトッピング牛丼の多様さとカレーが好きで、吉野家はこれぞ牛丼!というところが好きです。でも私は牛丼屋さんなのにハンバーグを食べるために、つい松屋へ足を運んでしまいます。

会社概要

商品名 吉野家 すき家 松屋
販売事業者名 株式会社吉野家 株式会社 すき家本部 株式会社 松屋フーズ
所在地 東京都中央区日本橋箱崎町36番2号 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル(8階総合受付) 東京都武蔵野市中町1-14-5
ホームページ http://www.yoshinoya.com/ http://www.sukiya.jp/ http://www.matsuyafoods.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。