公共料金は口座振替とクレジットカード払いどっちがお得か対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
post-14

公共料金を口座振替で支払うのと、クレジットカード払いにするのとではどちらがお得かを比較対決。

公共料金は一度契約してしまうと、支払方法を変えるのは面倒ですよね。でも何年も支払うものですから、その差額は広がっていきます。

口座振替で支払うと割引がある会社が多く、一方クレジットカードの場合はカード会社のポイントがたまります。ポイント還元率、電気やガスの使用量によってどちらがお得かは変わってきますので、ぜひ確認してください。

お得対決

△DRAW クレジットカード払い
公共料金をクレジットカード払いにしても割引などはありません。しかしクレジットカードには支払金額ごとにポイントが付き貯まるとお買い物に使える商品券などと交換することができるため毎月支払いの発生する公共料金をカード払いにしない手はありません。

とはいえカードのポイント還元率と支払額によっては口座振替の方がお得になることもあるでしょう。公共料金の支払いだけのために年会費のかかるクレジットカードを利用していたとしたらなかなかお得にはならないででしょう。ある程度の支払金額があり、年会費が無料であればクレジットカードはお得といえます。

△DRAW 口座振替
公共料金を口座振替にすると割引特典があることを知っていますか。地域によって異なるようですが関東では月あたり54円の割引をしているんです。

54円だけかーと思いましたか?しかしこの割引特典は東京電力、東京ガス、東京水道局それぞれが行っていますので合わせると毎月162円、年間にすると1944円お得になりますのでバカにはできません。手数料などもかからないのでお得な支払い方法といえますね。

申込対決

◯WIN 口座振替
公共料金の口座振替の申し込みは各会社から口座振替の依頼用紙をもらって提出するのが一般的ですが銀行の窓口やATMコーナーにあるリーフレットでもできます。しかし会社からもらう用を使った方が丁寧な見本がついていたり、必要な番号が記載されていたりとよりスムーズに行くことが多いようです。

会社によって記入方法も違いますし銀行では把握しきれていない部分もあるため、会社からの用紙で申し込みすれば訂正箇所があった時なども迅速に対応してもらえます。手続き自体は銀行名や口座番号などを記入し押印し提出するだけで難しいことはありません。届け印を間違うと手続きが遅くなるので注意しましょう。

×LOSE クレジットカード払い
クレジット払いの申込用紙も会社にもらってクレジット番号などの必要事項を記入し提出するだけなのですが、クレジットカードを持ってない場合は身分確認書類を用意したり少し手続きが面倒になります。

クレジットカードを持つには審査がありますのでそこをクリアする必要がありますし、年齢や条件によっては審査に通らずカードが持てないこともあります。

銀行口座を持っていないという人はなかなかいないと思いますがクレジットカードは持っていない人は結構いますよね。そういう人は手続きをして、審査が通って、カードが手元に来てから、今度はカード払いの手続きとなりますので開始するまで時間がかかります。

管理対決

◯WIN 口座振替
口座振替は毎月決められた日に料金が引き落とされるわけですから、記帳された情報をそのまま家計簿として利用することができます。

すべての支払いをひとつの口座に指定しておけば、今月は電気代が先月よりちょっと高かったとか、今月分の引き落としは済んでいるななど通帳を見れば一目瞭然。とても管理がしやすくなります。

各会社から利用明細が送られてくるとは思いますがそれぞれバラバラだとなくしたりすることもありますし、最近はペーパーレスにしていく傾向にありネットで確認するWEB明細に切り替えている人も多いのではないでしょうか。

そうするとわざわざログインして確認したりはしなくなってしまいます。記帳してあれば全体の支出を見ることができ大変便利ですね。

×LOSE クレジットカード払い
クレジットカード払いはその月の支払いをまとめて支払うため、何にいくら使ったかというのは明細を見ないとわかりません。送られてくる明細か、WEB上で確認ができますが給与振り込みなどの情報は当然記載されませんし、あくまでもクレジットカードの明細であって家計簿の代わりにすることはできません。

結局どっちがいいのか?

対決項目 口座振替 クレジットカード払い
お得
申込 ×
管理 ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:0
DRAW:1
WIN:0
LOSE:2
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

いかがでしたか?学校の給食費の支払いなどクレジットカードによる支払いには対応していないところはあっても口座振替ができないというところはあまりないので、公共料金に限らずすべての支払いを口座振替にすれば通帳で一括管理できて良いですよね。

使うほどにポイントが貯まるクレジットカードも魅力なので支払う額や還元率によって検討したいところですね。

少数派ではありますが支払う時期を管理したいという理由からコンビニや銀行に出向いて自分で払っているという人もいるようですね。人によって分かれるところではありますが今回は口座振替の勝ちとさせて頂きます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。