千年ケフィアと植物性乳酸菌ラブレの乳酸菌サプリメント比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
taro598

健康のために乳酸菌サプリメントを飲んでみようと思っても、商品がたくさんあってどれがいいのか分かりませんよね。

今回はやずやの千年ケフィアとカゴメの植物性乳酸菌ラブレを比較対決しました。腸内の善玉菌を増やす乳酸菌。どれでも同じようですが、実は乳酸菌の種類によって働き、効果が全く違うんです。

成分や味に加えて、値段や口コミも徹底比較。自分に合う商品を選んでくださいね。

千年ケフィアと植物性乳酸菌ラブレの比較表

千年ケフィア 植物性乳酸菌ラブレ
販売会社 株式会社やずや カゴメ株式会社
菌・特徴 全ロシア乳製品科学研究所認定「コーカサス正統種菌」のケフィアグレイン
ケフィアの乳酸菌と有胞子性乳酸菌のWパワー
ビフィズス菌を増やすフラクとオリゴ糖
注目のタンパク質ラクトフェリン
すっきりをサポート難消化性デキストリン
京都生まれのラブレ菌KB290株
植物性乳酸菌は腸での生命力が強い
高密度発酵製法によりスッキリしたおいしさを実現
その他の特筆成分
内容量 62球 カプセル:30粒、タブレット:90粒
目安量 1日2球 カプセル:1粒、タブレット:3粒
原材料 ケフィア粉末(乳を含む)
被包材:ゼラチン(豚由来)
乳酸菌末(デンプン、還元麦芽糖水飴、乳酸菌)、HPMC、ステアリン酸カルシウム、(原材料の一部に大豆を含む)
原産国
アレルギー成分 ゼラチン 大豆
化学成分
賞味期限 29日
飲み方
一般価格 1,728円(税込) カプセル:4,628円(税込)
タブレット:3,600円(税込)
定期価格 1,555円(税込) カプセル:4,062円(税込)
タブレット:3,034円(税込)
初回割引
最大割引率
定期コース
プレゼント
1日あたりの単価 58円 カプセル:154円
タブレット:120円
送料 324円(税込)、5,400円以上は送料無料 1点の場合、全国一律 411円(税込)、2点以上無料
配送方法 郵便、宅急便 宅急便(ヤマト運輸)
支払い方法 ・クレジットカード
・振込(コンビニ・郵便局またはゆうちょ銀行)
・自動引き落とし
・代金引換
・銀行振込
クレジットカード
郵便振替・コンビニ払い
代金引換
口座自動引落
返品 未開封のものに限り商品到着後8日以内 未開封、商品到着日から7日以内
実績
公式サイト 千年ケフィアの公式サイトはこちら 植物性乳酸菌ラブレの公式サイトはこちら

価格対決

◯WIN 千年ケフィア
千年ケフィアは、やずやが製造・販売をしていて、1袋31日分62球が一般価格は税込1,728円ですが定期便を頼むと10%OFFの税込1,555円になります。全て送料無料なのと他のサプリは1ヶ月30日分が多い中、31日分はうれしいです。

×LOSE 植物性乳酸菌ラブレ
この商品はカゴメが製造・販売していて、カプセルタイプのサプリメントだと1袋30日分30粒入りが一般価格は税込4,628円と送料411円になります。2袋以上頼むと、送料無料になり、定期便にすると12%OFFの4,062円で送料無料になります。他の乳酸菌のサプリと比べてしまうと高い印象を受けます。

ラインナップ対決

◯WIN 植物性乳酸菌ラブレ
持ち運びも便利で続けやすいサプリだとカプセルタイプと水なしで飲めるタブレットタイプがあります。その他にドリンクタイプがあり、ビタミンが入っているものや、鉄分が入っているもの、味もプルーン味やピンクグレープフルーツ味など4種類あります。飲みやすいものを選べるのはいいですね。

×LOSE 千年ケフィア
何年か前までは、ドリンクタイプのケフィアも売っていたようですが、現在は売っていません。今はカプセルと千年ケフィアをパワーアップさせた「乳酸菌とケフィアの力」の顆粒タイプのものがあります。どちらも飲みやすいようですが、ドリンクタイプがなくなってしまったのは残念です。

菌の種類の多さ対決

◯WIN 千年ケフィア
乳酸菌のみの単独発酵で出来るヨーグルトと違い、千年ケフィアは原料の牛乳を4種類の乳酸菌と3種類の酵母が共生発酵してできます。乳酸菌は体質に合わないと体外に排出されてしまいますが、4種類入っていれば自分の合ったものがあるかもしれません。

×LOSE 植物性乳酸菌ラブレ
こちらは名前の通り、植物性の乳酸菌であるKB290株というラブレ菌1種類が入っています。種類は1種類ですが、カプセル1粒の中に生きたラブレ菌が100億個入っているそうです。種類の多さでは負けましたが、100億個入っているのはすごいですよね。

菌の古さ対決

◯WIN 千年ケフィア
ケフィアは黒海とカスピ海との間のコーカサス地方で作られ、その歴史は千年~二千年とも言われています。千年ケフィアはロシアの公的機関が認定したコーカサス正統種菌を使うなど、「ホンモノ」を追求しています。

×LOSE 植物性乳酸菌ラブレ
ラブレ菌は1993年に京都の漬物「すがき漬け」から発見されました。発見されてからまだ十数年と歴史は浅いですが、まだまだ秘められた力がありそうで期待が持てます。

手に入りやすさ対決

◯WIN 植物性乳酸菌ラブレ
サプリメントは通信販売での購入になりますが、ドリンクタイプだとスーパーやドラックストアですぐに手に入ります。サプリを頼み忘れた時や、初めて飲もうと思った時は、値段も3本入りで200円弱なので試しやすいと思います。

×LOSE 千年ケフィア
やずやは店舗や店頭販売をしていないので、通信販売のみになります。頼むのを忘れがちな人は、定期便を利用すると便利です。ドラックストアなどでも販売してくれると、初めての人でも試しやすいと思います。

効果対決

◯WIN 植物性乳酸菌ラブレ
熱や酸に強いといわれる植物性乳酸菌が生きたまま腸に届くので、便秘解消に効果があり、口コミの評価も高めです。その他に、ラブレ菌は免疫力を高める効果があるので、インフルエンザの予防効果も確認されています。

×LOSE 千年ケフィア
体内環境を整えることで、お通じがよくなる効果がみられます。合う合わないがありますが、効果があった人は比較的多いようです。口コミの評価も平均より少し高めです。ダイエット効果を期待して購入する人もいるようですが、ダイエットよりは便秘解消の方が効果はあるようです。

販売実績対決

◯WIN 植物性乳酸菌ラブレ
2006年からの発売以来、ドリンクタイプの累計販売本数は、なんと11億本を突破しています。スーパーなどでも手に入りやすいこと、味の種類も多いこと、効果を感じる人がいるから販売本数も多いのでしょうね。

×LOSE 千年ケフィア
こちらも2006年の発売以来、シリーズ累計750万個を販売しています。ラブレと比べてしまうと劣ってしまいますが、通信販売だけで販売していることを考えると立派な数字です。乳酸菌系のサプリの中でも人気の高い商品です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 千年ケフィア 植物性乳酸菌ラブレ
価格 ×
ラインナップ ×
菌の種類の多さ ×
菌の古さ ×
手に入りやすさ ×
効果 ×
販売実績 ×
合計ポイント WIN:3
LOSE:4
DRAW:0
WIN:4
LOSE:3
DRAW:0
総合結果 ×LOSE ◯WIN

ケフィアはとても古くからあるもので、ケフィアを摂取していたコーカサス地方は100歳以上の高齢者の比率が世界で最も高いそうです。このことから、ケフィアが体に良さそうなことは間違いなさそうです。

便秘解消にあまり効果がなかった人も続けてみたら、違った効果がみられるかもしれません。

ラブレ菌は、京都の漬物から見つかっただけに、日本人と相性の良い乳酸菌といわれています。
便秘解消にも効果があるだけでなく、製造・販売元であるカゴメが小学生を対象に調査をした結果、インフルエンザの予防効果があることも確認されました。

その他にも、カゴメと産婦人科の共同研究で、冷え症や更年期障害の軽減にも効果があることがわかっています。植物乳酸菌ラブレは1粒に100億個のラブレ菌が入っています。これだけ入っていれば、効果がありそうですよね。

サプリの値段は高いと思う人は、試しにドリンクタイプから始めてみてもいいかもしれません。

まだ見つかって間もない菌なので、研究が進めば、他の良い働きも見つかるかもしれないですよね。

以上のことから今回は、インフルエンザの予防、冷え症・更年期の軽減、これからの研究に期待を込めて、「植物性乳酸菌ラブレ」を勝ちとします。

会社概要

商品名 千年ケフィア 植物性乳酸菌ラブレ
販売事業者名 株式会社やずや カゴメ株式会社
所在地 福岡県福岡市南区那の川1-6-14 愛知県名古屋市中区錦3丁目14番15号
ホームページ http://www.yazuya.com/ http://www.kagome.co.jp/labre/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。