利尻ヘアカラートリートメントVSルプルプを比較!白髪染めどっちがいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪染めヘアートリートメント

白髪染めするたびに髪が痛む・・・と悩んでいる人!髪が痛まず頭皮にもやさしい白髪染めを紹介しています。シャンプーの後のトリートメント変わりに毎日使用できます。

同じ白髪染めトリートメントでも、利尻ヘアカラートリートメントとルプルプではどちらが髪や頭皮にいいのでしょうか?そこで比較してみました。

白髪染めといってもヘアカラーとは違い1度の使用だけでは色持ちはしません。毎日この白髪染めトリートメント使用することで白髪が徐々に目立たなくなるという白髪染めです。毎日使用しても頭皮にやさしい成分なので安心して使用できます。

利尻ヘアカラートリートメントとルプルプの比較表

商品名 利尻ヘアカラートリートメント ルプルプ
本体価格 3,000円 / 1本 3,240円 / 1本
支払い方法 ・代金引換
・オンラインカード決済
・代金引換
・クレジットカード
送料 ・初めて購入する場合
→2セット以上で送料無料
1本のみだと540円
・2回目以降
→7000円以上の購入で送料無料、それ以下は540円
・5,000円以上で送料無料
・5,000円未満は500円
無添加
主成分 ①4つのイオンカラー
②ナノ分子カラー
③天然由来の植物色素
①藍
②クチナシ
③紅花
効果 簡単にすぐ染まる ゆっくりと綺麗に染まる
痛み
部位 一部に使用可 全体に使用
カラー ・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
から組み合わせが可能。
・ソフトブラウン
・モカブラウン
・ブラウン
・ダークブラウン
無料プレゼント 2本以上購入で、
頭皮もみブラシ付き
・専用コーム
・シャワーキャップ
・手袋
・イヤーキャップ
・ケープ
お得キャンペーン ・2本以上購入で送料無料
・初回1000円引き
定期便の場合、1本分無料
染髪まで 即時 3日程度
ニオイ ツンとしたニオイがしない。 ハーブの香り
種類 白髪用ヘアマニキュア ヘアカラートリートメント
その他有効成分 ・ダメージ補修成分
・保護成分
・保護成分
・保湿成分
返品
返金 有り 初回のみ
容器タイプ ボトル チューブ
口コミ評価の多さ 多い 少ない
配達完了まで 7日以内 5日前後
ph量 ph7 ph8
染色時間 10分 30分
知名度 高い 中くらい
公式サイト 利尻ヘアカラートリートメントの公式サイトはこちら ルプルプの公式サイトはこちら

お値段対決

◯WIN ルプルプ
ルプルプは、1本200mlで3000円(税抜)。定期便サービスを利用すれば、2本で10%オフ、3本で15%オフなど、買うほどにお得になります。また、初めての方は1本1834円で購入できますので、試しに1度使ってみたい…という方にも購入しやすいお値段です。満足できなかった方のための全額返金保証があるのも安心ですね。

×LOSE 利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントも、1本200mlが3000円(税抜)です。初回は、2本3本とまとめ買いすると割引率が高く、頭皮ブラシのプレゼントなどお得感がありますが、定期便や2回目以降の割引きがないので、リピーターにとってはあまりメリットがないように思います。

カラーの種類対決

◯WIN ルプルプ
ルプルプのカラーは、ブラウン・ダークブラウン・モカブラウン・ソフトブラック・ナチュラルブラックの5種類があります。髪の色は、個人差が大きいのでカラーバリエーションは多いほどいいですね。

×LOSE 利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメントのカラーは、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの3種類。個人個人の髪色の微妙なニュアンスに合わせるには、選べる色が少なすぎるかもしれません。

待ち時間対決

◯WIN 利尻ヘアカラートリートメント
使用方法は、シャンプー後タオルドライした髪に塗布し、10分ほどおいてすすぐだけ。初めて使用する方は少し長めに置きますが、基本10分という短時間で染まるというのはありがたいですね。

×LOSE ルプルプ
こちらは乾いた髪の方がよく染まる商品です。シャンプー前の髪にたっぷりとつけ、20~30分おいてからすすぎ、シャンプーとトリートメントをします。30分間というのは、待ち時間としてはなかなか長いので、もう少し短時間で染まればいいな…と思います。

成分対決

△DRAW 利尻ヘアカラートリートメント
北海道利尻島産の天然利尻昆布から抽出される利尻昆布エキスや、シコン、クチナシ、ウコンなど、なんと28種類もの植物由来の天然色素から作られています。そして無添加の商品ですので、髪や頭皮に負担をかけません。

△DRAW ルプルプ
優れた保湿力と驚異の自己回復力を持つ「フコイダン」という成分を含む「ガゴメ昆布」を使用しています。北海道の函館近海に生息する貴重な品種の昆布です。

高分子フコイダンが頭皮の乾燥を防ぎ、低分子化フコイダンが毛穴の奥まで浸透することで、頭皮本来の状態を目覚めさせます。また、染料には植物由来の天然色素のベニバナ、クチナシ、藍を使用していまので、髪や頭皮に優しく、肌の弱い方でもお使いいただけます。

染め上がり対決

△DRAW ルプルプ
ガゴメ昆布のネバネバ成分フコイダン効果で、しっとりツヤツヤに染め上がります。白髪をきれいに染めるのはもちろんのこと、染める度に髪が美しくなるなんて嬉しいですね。

△DRAW 利尻ヘアカラートリートメント
ダメージ補修成分や保護成分が配合されているので、白髪染めをしながら髪のダメージまで修復します。しっとりサラサラな仕上がりになります。

結局どっちがいいのか?

対決項目 利尻ヘアカラートリートメント ルプルプ
値段 ×
カラーの種類 ×
待ち時間 ×
成分
染め上がり
合計ポイント WIN:0
LOSE:3
DRAW:2
WIN:3
LOSE:0
DRAW:2
総合結果 ×LOSE ◯WIN

まず、二つを比較する前に、最近の白髪染めの優秀さに驚きました。一昔前の白髪染めと言えば、ツンとした臭いがして頭皮に刺激があり、染めた後は髪がパサつく…といったイメージでした。すばらしく改良されていて、どちらも甲乙つけがたいですが、いくつかの面から検証してみます。

まず、使い続けていく上で重要なお値段ですが、商品自体の料金・容量は2つとも同じです。しかし、「ルプルプ」の方は、定期便で購入すれば、最大20%の割引があります。一方、「利尻ヘアカラートリートメント」は初回のまとめ買いでは、とてもお得感がありますが、2回目以降の割引はありません。気に入れば長いお付き合いになる商品ですので、「ルプルプ」の方がお得ですね。

カラーバリエーションの豊富さでも「ルプルプ」に軍配が上がります。髪の色は同じ黒や茶色でも、個人個人で微妙なニュアンスの違いがあり、ブラックと、ライトブラウン・ダークブラウンの3色しかない「利尻ヘアカラートリートメント」では、髪色がとても限定されてしまいます。

染める時間が「ルプルプ」の半分という点では、「利尻ヘアカラートリートメント」は好印象です。ただ、お風呂で半身浴などをしながらでしたら、「ルプルプ」の30分というのも、さほど気にならない時間なのかな、と思います。

どちらの商品にも入っている、昆布に含まれる「フコイダン」ですが、この成分のおかげで、今までの白髪染めでありがちだった染色後のパサつきがなくなったように思います。そして、どちらも染料には植物由来の天然の色素が使われていますので、頭皮や髪に負担をかけず、しっとり艶やかな仕上がりになります。

以上のことから、染め上がりの美しさや使いやすさにはさほど差がないので、リピーターに優しい値段設定で、カラーの種類が多い「ルプルプ」に軍配があがりました。

会社概要

商品名 利尻ヘアカラートリートメント ルプルプ
販売事業者名 株式会社ピュール 株式会社Jコンテンツ
所在地 福岡県糸島市井田402-1 東京都品川区南大井6丁目25番3号
ホームページ http://www.sastty.com/lp/hct_a_d2/ http://www.626214.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。