住信SBIネット銀行のMr.カードローンと楽天銀行スーパーローンを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード(黒)

住信SBIネット銀行のMr.カードローンと楽天銀行スーパーローンを比較対決しました。

急な出費に便利なカードローンですが、どこから借入するかというのは迷いどころです。2つのネット銀行の金利、審査基準、限度額、融資されるまでの時間、口座開設が必要かどうかなどを徹底比較。

誰でも借りることができますが、返済計画をきちんと立てて利用することが肝心です。ぜひ参考にしてください。

住信SBIネット銀行と楽天銀行スーパーローンの比較表

住信SBIネット銀行Mr.カードローン 楽天銀行スーパーローン
社名 住信SBIネット銀行 株式会社 楽天銀行株式会社
設立 39349 36539
資本金 310億24万円 25,954百万円
主要取引金融機関
最大利用限度額 スタンダードコース:10~300万円
プレミアムコース:~1,000万円
800万円(10万円単位で選択)
貸付利率(実質年率) 1.89%~7.99% 1.9%~14.5%
必要書類 口座開設書類として本人確認書類(運転免許証、住民票の写し、各種健康保険証など)
利用限度額300万円以上の場合、収入証明書(源泉徴収票など)
本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかの写し)
収入証明書類
※利用限度額300万円以下をご契約の方に限り、収入証明書のご提出は原則不要です。
※利用限度額300万円以下の場合でも、個人事業主および法人代表者の方は収入証明書が必要となります。
返済方式 残高スライドリボルビング返済 残高スライドリボルビング返済方式
返済期間・回数
遅延損害金(年率) 0.199
担保・連帯保証人 不要(保証会社が保証します。) 当行が認めた場合は不要
利息
利息計算方法 毎日の最終貸越残高について付利単位を1円とし、1年を365日とする日割計算とします。 付利単位1円とし、1年を365日とする日割計算とします。
申し込み ネット契約で来店不要(24時間申込可能) ネット契約で来店不要(24時間申込可能)
お試し審査 公式サイトで「お試し診断」あり
総量規制 なし 総量規制の対象外
カード
借入・返済方法 代表口座からの自動引き落とし
利用可能ATMから返済
ご指定口座からの自動振替
提携CD・ATMによるご返済
インターネットによるご返済
インターネットからの返済手数料 なし 無料(Pay-easy利用)
店頭窓口からの返済手数料 なし なし
口座引落による返済手数料 なし なし
銀行振込による返済手数料 なし 3万円未満:216円または270円、3万円以上:0円
ATMからの返済手数料 不要 なし
貸付対象者 次の条件をすべて満たす個人のお客さま
・ 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
・ 安定継続した収入のあること
・ 外国籍の場合、永住者であること
・ 保証会社の保証を受けられること
・ 当社の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
以下の全ての条件を満たす方
①満年齢20歳以上62歳以下の方 (※1)
②日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
③お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
④楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方 (※2)
※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
※2 当行が認めた場合は不要です
有人店舗数 0 0
自動契約機設置数 0 0
自社ATM数 0 0
提携CD/ATM一覧 イオン銀行
セブン銀行
ゆうちょ銀行
Enet
ローソンATM
VIEW ALTTE
セブン銀行
Enet
ローソンATM
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
イオン銀行
PatSat
ゆうちょ銀行
返済シミュレーション 公式サイト上には無し 公式サイト上で返済シュミレーションができる
スマホアプリ iPhone/Android iPhone/Android
レディースキャッシング なし なし
おまとめローン 可能(資金使途は原則自由) 利用可能
ビジネスローン なし 楽天スーパービジネスローン
おすすめポイント ネット銀行だからできる驚きの金利水準
審査から借入までをスピーディ
WEBで簡単お手続き
業界最低水準の低金利
収入証明書のご提出が原則不要
最大限度額は800万円
コンビニでのATM利用手数料0円
おまとめ・借り換えOK
専業主婦・パート・アルバイトでも
お申込OK
公式サイト 住信SBIネット銀行Mr.カードローンの公式サイトはこちら 楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

貸付条件対決

△DRAW 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
Mr.カードローンは、カードローン申し込み前に住信SBIネット銀行で口座開設の必要があります。オンライン口座開設の申し込みはウェブ上で行うことができます。
住信SBIネット銀行 Mr.カードローンの利用条件は以下の通りです。

1)年齢が満20歳満65歳以下であること
2)日本国内に住んでいること
3)外国籍の場合、永住許可を持っていること
4)安定継続した収入があること
5)保証会社の保証を受けていること
6)住信SBIネット銀行の普通預金講座を保有していること
7)利用額が300万円を超える場合は、収入を証明できる証明書

△DRAW 楽天銀行 スーパーローン
楽天銀行 スーパーローンの申込み窓口は広く、パート・アルバイト・専業主婦も借入れ可能で口座開設の必要なし、という特長があります。申し込みの際には、運転免許証、パスポート、健康保険証、いずれかの本人確認書類の写しが1通必要となります。また、300万円以上の融資を受ける場合は、年収を確認できる書類1通も併せて提出する必要があります。

楽天銀行 スーパーローンの借入れ条件は以下の通りです。
1)満年齢が20歳以上62歳以下であること
2)日本国内に移住していること
3)外国籍の場合は(特別)永住権を持っていること
4)毎月安定した収入があること、または専業主婦であること
5)パート・アルバイト、専業主婦の場合は満年齢60歳以下であること
6)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けられること

Mr.カードローンで融資を受けるには、口座開設という条件が付いてくる一方で、利用極度額が1000万円と、楽天スーパーローンの倍の利用極度額です。また、楽天銀行は借入利用上限が62歳とやや低い年齢設定になっていることもあり、どちらも一長一短だと言えます。よって、この勝負はドローとします。

申し込み方法対決

△DRAW 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
カードローンの口座開設の申し込みから仮審査結果の連絡があるまで、最短数時間で完了します。カードローンの審査結果に応じ、プレミアムコースとスタンダードコースに分けられます。このコースは申込者が選択することはできません。申し込みは24時間いつでもネットで行えるので便利です。お申し込みの流れは次の通りです。

STEP 1
審査の申込み・・・サイトにログインし、借入審査を申し込む

STEP 2
仮審査・・・住信SBIネット銀行による仮審査

STEP 3
仮審査結果の連絡・・・メールまたはメッセージボックスで仮審査結果の連絡を受け取る

STEP 4
必要書類の提出・・・収入確認書類のコピーを提出(300万円以下の借り入れでは不要)

STEP 5
本審査・・・本審査(勤務先に確認の連絡)

STEP 6
手続き完了・・・メールとメッセージボックスにお知らせが届いたら、カードローン口座開設完了

△DRAW 楽天銀行 スーパーローン
前述の通り、楽天銀行に口座を持っていなくても楽天銀行スーパーローンの申し込むことができ、ネットで24時間申込みを受け付けているので大変便利です。

STEP 1
申込フォーム入力・・・24時間いつでも申し込み可能

STEP 2
受付メールが届く・・・カード発行までの案内が届く

STEP 3
ローン審査開始・・・申込完了から最短当日に案内通知が来る

STEP 4
勤務先へ確認電話・・・本人確認のため勤務先へ確認の電話がある(主婦以外)

STEP 5
契約内容の確認・・・本人宛に電話連絡がある

STEP 6
必要書類の提出・・・郵送か証明書類送付アプリで提出、3日以内返送のこと

STEP 7
ローンカード発行・・・手続きが完了したら、ローンカードが送られてくる

STEP 8
口座振替依頼書返送・・・楽天銀行に口座を持っている場合は不要

どちらも手続きをすばやく済ませることができ、しかもWEB完結が可能ということでこの勝負はドローとします。

借入方法対決

◯WIN 楽天銀行 スーパーローン
楽天銀行スーパーローンの借入方法は大きく分けて3つの方法があります。

1)パソコン・携帯電話から(ネットキャッシング)
パソコンまたは携帯電話から手続きをしたら、登録口座に手数料無料で即日振り込まれます。楽天銀行の口座を持っていれば24時間振り込み可能で、他行でも午後2時45分までに申し込めば、当日に振り込まれます。 

2)電話から
24時間専属のオペレーターが電話からのキャッシングを承ってくれます。こちらも手数料は無料です。

3)提携CD・ATMから
楽天銀行カードローン専用の提携CD・ATMは全国に約10万台あり、手数料無料で使えるCD・ATMも多数あります。

×LOSE 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
Mr.カードローンの借入方法も同じく3つの方法があります。

1)WEBサイトから 
WEBサイト上の〝カードローン借入〟画面から手続きすることができます。

2)モバイルサイトから
モバイルサイト上の〝カードローン借入〟画面から手続きすることができます。

3)ATMから
イオン銀行、セブン銀行、イーネット・ローソンATMが利用可能ATMとなっています。

◆利用可能ATM一覧

住信SBIネット銀行Mr.カードローン 楽天銀行 スーパーローン
手数料無料 手数料無料 手数料有料
・イオン銀行
・セブン銀行
・イーネットATM
・ローソンATM
・ローソンATM
・イーネットATM
・セブン銀行
・イオン銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・りそな銀行
・しんきんバンク
※ 借入金額1万円以下:108円、借入金額1万超:206円

上の表からも分かる通り、手数料無料で利用可能なATMは楽天銀行の方が住信SBIネット銀行よりも多く、手数料有料のATMを合わせるとさらに多くのATMで借入れることができます。借入方法がどちらも3種類ということで大差はないですが、借入方法対決は楽天銀行 スーパーローンの勝ちとします。

返済方法対決

◯WIN 楽天銀行 スーパーローン
楽天銀行 スーパーローンの返済はカードローン返済方式は以下の2パターンあり、新規で申し込んだ場合は、残高スライドリボルビング方式に則って返済を行います。

新規でない場合は、元利込定額返済を選択することもでき、この場合は契約のご利用限度額に応じて毎月一定の額を返済していきます。返済は申込み時に登録した預金口座から自動引き落としされます。

支払日を1日、12日、20日から選択することができますが、銀行口座によっては指定できない場合もあるので、予め確認しておきましょう。楽天銀行口座を登録口座として申し込んだ場合は毎月27日を支払日として指定することもできます。また、以下の通り随時返済にも対応しており、3種類の方法があります。

1)提携ATMからの返済
カードを利用して提携ATMでの入金が手数料無料でできます。基本的に返済は千円単位ですが、提携ATMによっては一円単位で返済することもできます。

2)インターネットからの返済
スーパーローンのインターネット会員サービス〝メンバーズデスク〟から1円単位で返済可能です。 

3)振込での返済
専用のカードローン返済口座への振り込みで返済することもできます。ただし、この場合の振込手数料は自己負担になります。

残高スライドリボルビング返済 元利込定額返済
利用残高 毎月のローン返済額 利用残高 毎月のローン返済額
10万円以内 3,000円 50万円以内 10000円以上
10万円超30万円以内 5,000円 50万円超~100万円以内 20000円以上
30万円超50万円以内 10,000円 100万円超~150万円以内 25000円以上
50万円超100万円以内 15,000円 150万円超~250万円以内 35000円以上
100万円超150万円以内 20,000円 250万円超~300万円以内 40000円以上
150万円超200万円以内 30,000円 300万円超~500万円以内 50000円以上
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円

×LOSE 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
Mr.カードローンの返済方法は残高スライドリボルビング方式に則っています。月々の約定返済とは別に随時返済も行うことができます。

1)約定返済
毎月の約定返済は、円普通預金からの引き落としでの返済となります。

2)随時返済
・WEBサイトから⇒WEBサイト上の〝随時返済(追加返済:入力)〟画面から手続きすることができます。

・モバイルサイトから⇒モバイルサイト上の〝随時返済(追加返済:入力)〟画面から手続きすることができます。

・ATMから(キャッシュカードを持っていることが条件です)⇒イオン銀行、セブン銀行、イーネット・ローソンATMが利用可能ATMとなっています。

前月末時点の貸越残高 返済額
2,000円以下の場合 前月末時点の貸越残高
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 11,000円
80万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超300万円以下 25,000円
300万円超400万円以下 30,000円
400万円超500万円以下 40,000円
500万円超600万円以下 50,000円
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超 80,000円

どちらのカードローンも約定返済、任意返済に対応しているのは共通していますが、楽天銀行スーパーローンの場合は、支払日の指定ができたり、返済方式を2パターンから選べたりと、よりフレキシブルに返済方法を自分の都合に合わせて選択できます。よって、返済方法対決も楽天銀行 スーパーローンの勝利です。

金利対決

×LOSE 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
Mr.カードローンの金利はプレミアムコースとスタンダードコースによって違います。限度額によって適用金利が決定されます。限度額が大きくなれば、その分適用金利も下がるように金利設定されています。なお、SBI証券口座保有登録済または住宅ローン残高がある場合は、基準金利より−0.5%になります。

利用限度額 プレミアムコース基準金利 スタンダードコース基準金利
10万円以上~100万円以下 7.99% 14.79%
100万円超~200万円以下 6.39%~6.99% 11.99%
200万円超~300万円以下 5.29%~5.99% 8.99%
300万円超~500万円以下 4.99%
500万円超~700万円以下 3.99%
700万円超~900万円以下 2.99%
900万円超~1,000万円以下 2.49%

◯WIN 楽天銀行 スーパーローン
楽天銀行 スーパーローンの借入利率は利用額に応じて4.9%〜14.5%の間で変動します。

契約極度額 借入利率
10万円以上100万円未満 14.5%
100万円以上~200万円未満 9.6%〜14.5%
200万円以上~300万円未満 6.9%〜14.5%
300万円以上~350万円未満 4.9%〜12.5%
350万円以上~500万円未満 4.9%〜8.9%
500万円 4.9%〜7.8%

金利に関してはMr.カードローンの方が低設定となっており、楽天銀行 スーパーローンとかなり差が付いているのが分かります。楽天銀行の場合は変動金利となっているため、事前に把握しづらいというデメリットがあります。よって、金利対決はMr.カードローンに軍配です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 Mr.カードローン スーパーローン
貸付条件
申し込み方法
借入方法 ×
返済方法 ×
金利 ×
合計ポイント WIN:1
LOSE:2
DRAW:2
WIN:2
LOSE:1
DRAW:2
総合結果 ×LOSE ◯WIN

どちらもネットでの申し込みに慣れている人向けのカードローンだと言えるため、インターネットでの手続きに慣れている人にはオススメですが、そうでない人にとっては手続きが難しく思えるかもしれません。

借入・返済方法が便利な楽天銀行スーパーローンではありますが、Mr.カードローンのように1000万円の融資を受けることができなかったり金利設定が高かったりと、デメリットもありそうです。よって、今回のカードローン対決は総合的に見て楽天銀行スーパーローンの勝利とします。

会社概要

商品名 住信SBIネット銀行のMr.カードローン 楽天銀行スーパーローン
販売事業者名 住信SBIネット銀行 株式会社 楽天銀行株式会社
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階 東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス
ホームページ https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate http://www.rakuten-bank.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。