人材派遣社員とアルバイトのどっちがいいのか徹底比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性事務員イメージ

人材派遣会社のスタッフとして職場で働くのとパート、アルバイトとしてお仕事をするのではどちらのほうが良いのか?特に自分が女性の事務員として業務をするのであれば、派遣社員としてお仕事をするのかアルバイトとして働くのかで月の収入や時給も大きく変わるので必見の内容となります。


雇用形態対決

◯WIN :派遣社員
派遣社員は直接雇用ではなく、登録している派遣会社が雇用主になるので、派遣先の会社と直接交渉することはありません。

給料、就業条件、保険加入手続き、年次有給休暇に関することは派遣会社との間で行われます。就労中にトラブルがあった場合には、派遣会社と派遣先のそれぞれに相談受付の担当者がいるので、これはアルバイトにはないメリットかもしれません。

×LOSE:アルバイト
アルバイトの場合は雇用主=勤務先になりますので、応募の時点から直接勤務先とやりとりすることになり、給料や福利厚生の諸手続きも直接交渉します。就労中にトラブルがあった場合、勤務先以外の相談窓口がないので、人によっては不安要素の一つになるかもしれません。

労働時間対決

△DROW:派遣社員、アルバイト
派遣社員もアルバイトもフルタイムで働く場合もあれば、週数日勤務など、働き方を自分で選ぶことができます。残業もないケースがほとんどなので、自分の時間を自由につかうことができます。

仕事内容対決

△DROW:派遣社員
派遣社員の仕事内容は、事前に派遣先と派遣会社の間で取り決められています。そのため 派遣社員の場合、 契約内容にない仕事はできない場合もあります。

△DROW:アルバイト
アルバイトの場合、特に制限なく働けます。勤務先との交渉で仕事内容を取り決めます。

仕事内容に関しては甲乙付け難いですね。ただ、勤務先に行けば仕事内容はグレーなところも多いようです。

給料対決

◯WIN :派遣社員
アルバイトに比べて派遣社員は 、アルバイトと同じ労働時間、仕事量でも派遣社員の方が給料が高いと言われています。これは勤務先側が負担する求人広告の掲載費用などを省け、即戦力で期間も勤務先側の都合で決定できるということと、即戦力としてのスキルを期待されているという理由からです。

×LOSE:アルバイト
派遣社員とは逆に、勤務先が自分で求人広告代を負担し、雇用契約などの手続きも 行わないといけないため、その分給料も下がってしまうようです。

残業手当対決

△DROW:派遣社員、アルバイト
派遣社員であっても、アルバイトであったとしても、法定労働時間を超えて残業をする場合は、残業手当をもらうことができます。

1日8時間または1週間40時間を超えた場合は、通常賃金の25%以上の割増賃金があり、さらに 1カ月60時間を超えた場合は割増率が25%から50%に引き上げられます。また、深夜手当もあり、同じく25%以上の割増賃金となります。

こういった条件がきちんと説明されない場合もあるようですので、仕事を始める前にしっかりと確認しておきたいですね。

失業保険対決

◯WIN :派遣社員
派遣社員の場合、勤務先との契約が終了自他時点で「契約満了」となり、1カ月後には失業保険を受給することができます。

×LOSE:アルバイト
アルバイトは退職理由が「自己都合」なのか、「会社都合」なのかによって受給開始期間が異なってきます。自己都合の場合は、 申請してから3カ月経たないと失業保険を受け取ることができないなど、条件付きとなります。

有給休暇対決

△DROW:派遣社員
派遣社員であっても、有給休暇をとることができます。条件は①同一の派遣会社から6カ月以上継続して勤務していることと、②労働日の8割以上出勤していること、となります。この条件を満たしていれば、6カ月を過ぎた時点から10日間の有給休暇が与えられます。

△DROW:アルバイト
アルバイトも派遣社員と同様の条件で有給休暇をとることができるので、この対決はドローですね。

人材派遣社員とアルバイトを比較対決したみんなの口コミ

派遣社員とアルバイトのどっちがいいかを考える
最近は以前に比べ、働き方が多様になってきました。正社員はもちろんですが、パート、アルバイト、派遣社員などもあります。
私は派遣会社に登録して働いたこともありますし、アルバイトとして働いたこともあります。この2つを比べると、派遣社員の方がよかったなあと思います。
その理由は2つあります。まず1つ目は、やはり派遣社員は時給が高いからです。時間や日にちを派遣先の希望に合わせて働くのでその分たくさんもらえます。
派遣とアルバイトでは同じ仕事をしているのに時給がかなり違いました。どうせ働くなら、給料が高い方がいいですよね。
2つ目は派遣会社を通すので、入社時や、退社時が楽なことです。アルバイトだと、職場で何かあっても全て自分で解決しなければなりませんが
派遣社員は派遣会社に訴えて解決してもらえることがあります。仕事以外に労力をつかわなくていいところが魅力でした。
この私が体験した2つの点から、私は派遣社員をおすすめします。
バイトの方が契約や交通費を気にせず働けます
派遣で2年、バイトで3年働いた事があります。
派遣は契約期間が予め決められており、短期は1日~1週間、長期は大体半年~1年です。
契約期間間近になると更新してもらえるか、それともそこで切られてしまうのかいつもドキドキでした。
それに派遣は大体の所が交通費実費なので、幾ら時給が高くてもお金が勿体ないです。

バイトはというと、こちらも契約更新がある事はありますが、大抵はそのまま継続が多いです。
いきなり契約を切られる心配もありません。
しかも交通費支給が多いので、私は派遣よりバイトの方が働きやすいと感じます。

派遣社員の方が良い
派遣社員の方が断然よいと言えるでしょう。というのも、アルバイトというのは、交通費は出ますが、それ以外に出るのは働いた分だけのお給料です。福利厚生などをつけることはできません。ですが、派遣社員は、場所によっては福利厚生もつけることができますし、女性であれば産休や育休をとることも可能です。
交通費は出ませんが、時給はその分高いですし、選べば交通費が出る所もあります。ですから、総合的に見て、派遣社員の方が良いと言えます。
雇用時の給与額が同額ならアルバイトの方が良い
給与面という観点から比較するならば、もし雇用開始時の給与額が同額とすると、派遣社員よりアルバイトの方が良いかもしれません。というのは、アルバイトなら勤務実績に応じて昇給も期待できますが、派遣社員だと経験を積んでも初期給与額のままで、昇給もせず横ばいのままです。派遣社員は、就労期間が長くなればなるほど、新人派遣と経験を積んだ自分の給与が同額であるということに不満感や不公平感があると思います。派遣社員は労働力として安く買いたたかれている感が否めません。
断然派遣社員がおすすめ
アルバイトの形態は、高くても自給1000円がほとんどであると思うが派遣社員で自給800円という形態はほぼないと思います。派遣社員は、厚生年金や健康保険も受け入れられている会社が多いため安心して雇用してもらえる半面、アルバイトは自分で加入しなければいけないという面倒くささがあります。また派遣にはある程度勤務すれば有給休暇も付与されるメリット、健康診断、人間ドック、時間が高い、契約も長ければ半年更新で安心感もあるため、私は派遣社員をおすすめします。
短期なら派遣がおすすめ
派遣社員とアルバイトどちらも経験があります。働く目的にもよりますが、短期間だけ割り切って働くなら派遣の方が断然おすすめです。まず直接雇用のアルバイトより派遣の方が時給が高いことが多いです。私が勤めていたところは派遣の方がアルバイトより300円ほど高かったことを覚えています。また、派遣の方がやめるのが簡単です。派遣だとそもそも「いついつまで働きたい」と意思表示してから働き始めることもできるので、退職を申し出る気まずさもなく安心です。派遣は短期で働きたいとき利用価値は高いと思います。
短期勤務を求めるならば、派遣が効率良いでしょう
学位時代にアルバイトを何件かしました。働いてお金を稼ぐ、ということの大変さを知りましたし、職場での人間関係の作り方やマナーを、失敗しながら覚えてゆく、という貴重な経験をしました。今、職場で派遣の人たちをまとめる立場です。アルバイトと派遣の差は、直接雇用か間に派遣会社が入るか、という事。仕事の内容を説明し、指示を出し、トラブルを解決するのもまずは派遣会社を通してです。直接雇用の人たちに比べて、派遣さんはいつも一歩引いた対応で、溝を感じます。仕事の改善や効率アップのために本音を教えてほしいのですが、用心されている感じ。長続きしてもらいたいのに、「どうせ派遣ですし」という冷めた対応をされるのです。あらかじめ期限を切って働く、というスタイルを選んだのだとしたら、それで正解なんでしょうね。
アルバイトと派遣会社は、どっちがオススメ?
派遣社員とアルバイトの1番の違いと言えばやっぱり時給ですね。
派遣社員の方が時給は、高いです。デメリット学生ではない18歳以上の社会人しか雇えません。
アルバイトは、高校生から働くことが出来ます。時給は、少し安めになりますがシフトが自由に組める所があるのが良いところでしょう。
どちらが良いと言うと
1.学校との両立したい場合は、アルバイトが良いでしょう
2.学校行ってなくまたは、就職してない18歳以上の人は、場合は、派遣社員が良いでしょう
時給では買えない安心
派遣もアルバイトも両方やったことがあります。
確かに派遣は時給もいいし待遇もいいです。しかし、社員並みに扱われ問題が起きればすぐに契約解除や契約更新終了(ようはクビ)になります。
その点、アルバイトだと直接雇用なので即クビにはなりません。最低でも退職の一カ月前に宣告しないといけないので、そうそう簡単にはなりませんが、派遣は派遣会社と職場の会社の契約なので、落ち度があった場合など即他の派遣社員に変えられてしまいます。

身の保証を考えて働くのならば、アルバイトの方が安心して働けます。

派遣社員とアルバイトの違い
派遣社員とアルバイトとの共通点は「時給制」という事です。
派遣社員は基本、派遣会社へ登録しお仕事を紹介していただく形です。
派遣社員は派遣会社の社員となるので、社会保険になり雇用保険にも加入できるので退職後の失業手当等も受給することができます。
また、一般的なアルバイトより時給が少し高いお仕事が多いです。
正社員の多い一般的な「会社」へ派遣されることがほとんどなので、正社員と同じように社会経験を積むことができます。

一方一般的なアルバイトは社会保険に加入できるところは少なく、時給もよほど特殊なアルバイトでない限り派遣社員より安いです。
メリットとしてはシフト制の勤務先が多く、自分のスケジュールを自由に設計できることです。

上記の要項をまとめますと、普段の生活において有利であり信用性が高く得られる派遣社員がアルバイトよりおすすめできると考えます。

アルバイトのほうがオススメ。
派遣社員とアルバイトだとアルバイトをオススメいたします。
派遣社員は給料が高く魅力がたくさんあるように思えますが、正直体力的にも精神的にも厳しい仕事が多いと感じます。
なぜ派遣社員を雇うのかを考えて見てください。
アルバイトで応募しても応募がこない、もしくは長続きせず離職する人が多いから派遣社員を雇おうと思うのです。
雇う側としてはアルバイトを雇うほうが条件にもよりますが人件費は安いはずです。
体力的にも精神的にも厳しすぎて1~2日で辞めてしまわなければならないのなら、アルバイトである程度の期間を働く方が総合的に見ると給料を多く得ることができます。
そのため、アルバイトをオススメいたします。
派遣の方がいいかな。
派遣都とアルバイトを比べると派遣の方が時給がよい仕事が多いと思います。同じような事務職でも直雇用のアルバイトよりも派遣の方が収入だけで見たらお得かと思います。
そして派遣社員のお得なところは、気の合わない人がいた場合、最低期間だけ働いて契約を更新しないこともできるところだと思います。アルバイトで入ってしまうと、また次を探すのは自分で一からだけど、派遣会社に登録しておけば希望条件にあう仕事を紹介してくれるので派遣の方がお得かと思います。
アルバイトはキャリアにもならないし保障もない
アルバイトと派遣の条件を比べた場合、時給が同じだったら、一見交通費がもらえるアルバイトの方が特に感じるかもしれない。
しかし実際派遣は、派遣会社の方で厚生年金、社会保険、雇用保険に加入することができるのでこの差は大きいと思う。

また、派遣登録の際に書類選考やスキルチェックがあり、その第一関門を無事に通過人だけに仕事が紹介されるシステムになっている。
派遣会社に登録する企業にも一定の条件があるので、双方ともにリスクを回避することができる。
応募や面接に至るまでアルバイトは自分一人でやりとりしなければならないが、派遣の場合は間に担当者が入ってくれるので、直接企業とやりとりすることはない。
断りにくい場合も担当者から言ってもらえるし、何か問題があれば、派遣会社に相談することができる。

キャリアの面から見ても、派遣の職歴は書くことができるが、アルバイトは仕事によっては履歴書に書くほどではない仕事内容のこともあり、キャリアに結びつきにくい。

派遣社員がオススメ
私がおすすめするのは派遣社員です。
派遣社員だと色々な職種を経験することができます。
また、短期案件だと期間が決まっているので終了期限まで頑張って少し休んでまた働くということができます。
長期案件になると社会保険や有給休暇がつく場合もあるので、長期間アルバイトをするよりは待遇面で安心することができます。
真面目に働いていたら人や企業によりますが、時給アップを交渉できる場合もあります。
ただし、派遣社員は長期間働いても一ヶ所で働くことができる期間が決まっているため、職を転々とする可能性もあり、年齢に左右される面もあります。
派遣元の営業さんとの相性が悪ければ、何か困ったことがあった時に自力で解決しなければなりません。
アルバイトは気軽に始めることができて、何かあればブラックな企業でない限り辞めやすいのは魅力の一つです。
しかし、社会保険が基本的につかない(条件を満たせばつく場合もあります)し、長期間働いても収入がアップすることは滅多にありません。
社会保障や収入という面をみると、派遣社員の方が私にとってはアルバイトよりいいと思います。
やっぱり時給の差
同じ内容の仕事をするとなると、派遣社員のほうが断然時給が高いです。アルバイトの時給と比べると200円以上は差が開くはずなので、お金の面を取ると派遣社員で働くほうがおススメです。また、アルバイトで働くとなると求人情報から仕事を探さないといけないし、いいなと思ったバイト先が怪しいブラック系ということもありえる危険性もあります。派遣なら、派遣会社が実務経験などを考慮して、いろいろな派遣先を紹介してくれるので自ら就職活動を積極的に行う必要性がないし、良い環境の職場を紹介してくれるので助かります。
派遣社員がおススメです
アルバイトと派遣社員で同じ点は、保険などの条件は同じであるし、それ以外で派遣社員の方が時給が高く、アルバイトより多く給料がもらえる点が一番の利点であること。また派遣は派遣先の会社都合により期間が決められていて派遣期間が短かったり、急に更新されなくなったりしても、そんなに失業保険手続きに手間取らないし、失業一か月後には、失業保険でお金がもらいやすいので派遣社員として仕事をすることをおススメします。
同じ場所で働きたいかどうか
派遣される会社は業績も良く大手の会社が多いので,3年までの短期での仕事を考えているなら派遣をお勧めします。
ただ,交通費を支給されない,研修制度がない派遣元の会社も多くあるので,自分が働きたい業種に特化した派遣会社に登録することをお勧めします。
また,派遣先企業で勤務態度等が評価されれば,契約満了時にその会社で更新または次の会社への紹介もされます。
ただし,日本の情勢に影響されるため,急な契約打ち切り等も考えられるので,注意した方がいいです。
あとは,自分のスキルアップを怠らなければ給料アップを申請することもできます。

最後に,経験が浅く時に職種に希望がなければ派遣社員で多くの職場を経験して,
気に入った職場があり上司からの情報を聞き出せるのであれば,その会社に直接アルバイトに応募し,正社員へのステップアップもできたり,
派遣先会社から雇用の話がありますよ。

派遣社員がオススメだと思います!
以前私が事務のアルバイトをしていた会社に、派遣社員が入ってきた事がありました。
仕事の内容は私達アルバイトと全く同じだったのですが、時給を聞いてみると500円以上多くもらっているようだったので、うらやましいなと思いました。
時給で500円違うと、1日に4,000円、1カ月で約8万円も差がでます。
一人暮らしで生活がぎりぎりだったため、私も派遣社員になってお給料が8万円多くなれば、かなり余裕ができるのになぁと思いました。
ベテランのアルバイトの方々は、入ってきたばかりの派遣社員よりも、ずっと多くの仕事量をこなしていたにも関わらず、時給は安いという事に納得してない方が多いようでした。
派遣がバイトよりオススメな理由。
私はアルバイトよりも派遣社員の方がオススメです。というのも派遣社員の場合、条件を満たせば、健康保険や厚生年金保険にも加入できるなど福利厚生が充実しているし、基本的にアルバイトよりも給料が高く、さらに本人の技能次第でより多く稼ぐことができるからです。また、大手契約会社であれば講習会などキャリアアップの機会が用意されているので、勉強が好きな人やスキルを身につけたい人でなおかつ長期的に働くのであれば派遣社員の方が良いのではないかと思います。
派遣社員とアルバイト
私は社会人の方であれば派遣社員の方をおすすめします。私の経験ですとアルバイトは直接雇用しているため単発のものでなければ長期雇用となるメリットがありますが社会保険に加入するのが難しいように思います。派遣社員ですと社会保険の加入や今の時期は年末調整の処理を登録している派遣会社でスムーズに行ってもらえます。私が前に働いていたアルバイト先では自分から申し出なければ雇用契約書も源泉徴収票も発行されませんでした。学生さんや短時間勤務であればあまり気にならないと思いますが以上のことから私は派遣社員の方がおすすめです。
派遣社員は、次の仕事を紹介してもらえる安心感あり
派遣社員とアルバイトのどちらがオススメかといったら、派遣社員を推します。直接雇用のアルバイトは、仕事先ですべて人事や労務管理をしてもらえるので、自分の雇用先との距離が近いですが、契約が終わったらそれで終了という感じがします。次の仕事も一から探さなくてはなりません。一方、派遣社員は、派遣元の会社とのコミュニケーションをとりながら派遣先で働くため、自分の良い面を知ってもらえ、今の仕事が満期で終わったら、その次の仕事を紹介してもらえるメリットがあります。自分の得意分野を生かした似たような仕事を次に紹介してもらえるのは、仕事が途切れることのない安心感があります。
アルバイトとパート、どちらも良し悪しがありますが
まずはアルバイトと派遣社員のメリットから上げていきます。

アルバイトのメリットは雇用期間に期限がついていないことが多く、定着できれば割と長い間働くことも可能だと言えます。
大抵、勤務する職場は短期間で変わったりはしません。また、シフト制や短時間労働も職場によっては可能です。

派遣社員のメリットですが、アルバイトを雇うときにかかる諸々の経費が引かれないために、アルバイトよりお給料が高いことが多いです。
派遣先は様々ですが、派遣会社の大手ならば職種はある程度選ぶことが出来るでしょう。
また、正社員に近いフルタイムで募集をかけていることが多く、ガッツリ稼ぎたい人にはもってこいです。

次にデメリットです。
アルバイトは給料が低めです。また、給料の割に合わない仕事を任されることもしばしばあります。昇給もあまり期待できません。
残業なしとあっても実際は残業があり、シフトも思い通りに組めず。希望以上の出勤もあり得ます。

派遣社員は契約期限がある場合、いきなり仕事を切られたり(派遣切り)、時として全く別の職場に移動させられる事もあります。
また、基本的にピンハネが横行している業界なのでもらうお給料からかなり差っ引かれていると思っておいたほうがいいです。
アルバイト以上に正社員登用をチラつかせますが、実際に正社員になれたという話はあまり聞きません。

結論ですが、個人的にはアルバイトのほうがいいと思います。
一見すると派遣社員のほうが社員とくつくし、お給料も高く準正社員のように思われるかもしれませんが、しょせん使い捨てです。
しかも、田舎の派遣社員はアルバイトと大して給料が変わりません。
それに、慣れてきた頃に職場が変わる、もしくは毎回職場が変わるというのはそのたびに新しい環境に放り込まれるということになるので、結構厳しいです。

一方のアルバイトも理不尽な点は多々ありますが、職場がころころ変わるということはあまりないので、一度慣れてしまえば仕事内容や環境の変化に悩まされることはないでしょう。
毎日同じ職場に通えるというのは地味ですが大きなメリットです。給料は低めだけど安定していると言えます。やはり細く長く続けるつもりならアルバイトをおすすめします。

転職活動の合間にやったりする場合、派遣のほうが3カ月程度で満期になるものもあるので、フットワークを軽くしておきたいと思う人は考えてもいいかもしれません。
ですがいざ、もう少し続けたいと思った時に切られてしまうと都合が悪い場合もあるでしょうから、やはり上記の理由からアルバイトを推します。

アルバイトの方が気持ちが楽
派遣社員は,社員というだけありしばりが強い分給料が良いということだと思います。社員と一緒に働く中でも評価とかわかりにくく,結構重い仕事を安い給料で任される可能性もあると思います。アルバイトは,短期から半年以下ぐらいまでありますが,あまり会社というしばりの負担は大きくないと思います。やりがいは感じられるかは疑問を持ちますが人に支配される感覚がイヤならアルバイトもありと思います。まず,体験でさまざまな業界の仕事に触れるという感覚ならアルバイトもよいかなあと思います。学生は,本業が勉強だと思いますのでアルバイトがオススメだと思います。
長く続けられるかで違ってくるため一概には言えず
アルバイトと派遣についてお薦め度は?とのことですが経験からいうと、派遣先やバイト先で社員を目指すかどうかでおのずと結果が違ってきます。長く続けられる場合派遣会社によって月給制で賞与が付く会社があったりするが、派遣会社から派遣先の正社員になれるのはまれなことなので正社員になるとしても派遣元の会社になることが多いです。バイトについては半年か一年時給で支払われて仕事ぶりが認められた場合に、正社員に昇格することが多いので派遣先やバイト先で長く続ける気持ちが持てるかによって結果が違ってきます。
長く続けられない時はバイトの際にはいちいち働く条件に見合った会社を探して、さらに履歴書が必要ですが派遣会社の場合は派遣元に伝えることで条件に合った違う会社を紹介してもらえることが多いので、辞めた後に仕事をしないロスを少なくできるメリットはあります。
どっちかと言うと…派遣です。
派遣社員と言いますと、アルバイトに比べて期間ごとの契約になるので、長期で働きたくても更新してもらえないのでは…という不安もあります。
しかし、派遣では登録した会社で自分の働きたいスタイル(勤務時間、曜日や作業内容)を優先して仕事を選ぶことができますし、自分が派遣以外ででも
積み上げてきた仕事の経験とがんばって取った資格をアピールして希望の職種で勤務することも可能です。(私の経験職種ではなかなかアルバイトでは募集がなかったりします)
パートやアルバイトだと電車賃は支給される会社が多いのに比べて派遣では出ないことの方が多く、健康保険も自分で入らなければならなかったりします。
その分時給が高いことも多いです。自分の技術を売りに生活を大事にしながら仕事をするなら派遣だと思います。
派遣社員がお得
派遣会社に登録して、今までの職務経験をパソコンで入力できます。それをもとに、アドバイザーの担当者が、自分の条件にあったお仕事を紹介してくれます。どういうかいしゃなのかも、詳しく教えてもらえます。面接前に必ず聞かれそうな事を教えてもらい、練習してから面接に行きます。面接は、必ず同行してもらえます。面接でうまく話せなくなったり、言葉につまったりすると、フォローもしてもらえます。仕事が決まって、働いて1週間後に、派遣の担当の人が様子を見に就業先に来てもらえます。もし、自分に合わないことなどあれば、相談もできます。給料もアルバイトよりも高いので、おすすめです。就業先に気に入ってもらえれば、派遣から社員になれる場合もあり、メリットは高いのでかなり、おすすめです。
期待が給料通りのアルバイトは期待が2倍の派遣社員よりいい
派遣社員は間に派遣会社が入っています。働く人は時給1000円の仕事のつもりでも、派遣先からは時給2000円レベルの仕事が求められます。派遣社員を使い慣れていない派遣先の会社が、業務外の内容まで依頼するのは時給に対する考えの違いがあるでしょう。その点、こういう誤差がないアルバイトのほうが時給通りの要求で働きやすいと思います。直接雇用のアルバイトは、意思疎通もしやすく仕事や就労環境についても話しやすい点がメリットなのではないでしょうか。
退職後の収入源や、次の仕事を探す手間を考えると…、ねぇ?
私は断然派遣社員をおすすめします。
条件を満たしていれば退職後に失業保険がもらえますが、自己都合の場合はもらえるまでに時間がかかりますし、また、もらえたとしても何割か減らされてます。
失業保険をもらいながら次の仕事を探してもこのご時世、すぐに採用なんてされません。
つまり、失業保険をもらってる間に次の仕事が見つからなければ、途端に無収入となり生活していくのに困ってしまいます。
ですがその点、派遣社員であれば派遣先の仕事を辞めたいと派遣会社の担当者に伝えて了承されれば、自分の代わりに担当者が次の仕事を紹介してくれます。
アルバイトでは、自分で次の仕事を探して履歴書を書いて応募、という一連の作業を、派遣会社に登録してれば担当者が代行してくれるようなものなんです。
仕事を辞めたいと思ってからのスタートが派遣社員のほうが早く、その分次の仕事が見つかりやすいのです。
だから派遣社員のほうがオススメです。
将来を見据えた時 派遣社員かアルバイトか
今の時代は高時給で便利な派遣社員が拡大しています。高校や大学を卒業してもらう給料より派遣社員の給料が相対的に多いというのもひとつの要因でしょう。しかし実際そうでしょうか?派遣社員には昇給もボーナスも当然ありません。必要な会社に必要な人員と時間を送り込むわけです。つまり派遣社員を活用する会社と、送り込む会社の契約です。いくらいい仕事をしても働いている会社側にとって便利なだけです。派遣会社から派遣してもらった人に対しては、契約も保険等、福利厚生もなにもいらないから便利な労働力です。ずっと派遣社員を続けても給料は変わりません。というより年齢が高くなると依頼の仕事も減るでしょう。次にアルバイトですが、比較的安い時給で働かされます。その代わり本人とその会社との契約ですから、同じ職場で同じ仕事が出来ます。将来的にその会社や店になくてはならない存在になった場合、正社員登用の可能性もあります。また正社員でなくても、給与アップや手当てをつけてくれたりと将来の可能性があります。そしてなにより長くやると自分にその業界の仕事が身につきます。このようなことで将来の可能性が大きいアルバイトをお勧めします。
その先のことを考えてみれば
私は派遣社員かアルバイトかといえば、派遣の契約社員で働いた方がいいです。
私は、現在、一年間契約の公務員のアルバイトを契約期間満了で辞め、現在、就職活動中ですが、面接の際に、「君は、今まで楽したいから、アルバイトをしたのか?」とか「どうせアルバイトだからたいした仕事もしてないんやろ。」とか、とにかく、職務経歴書を見せても、履歴書に、アルバイトと書いているだけで、見向きをされないことが多いです。
また、あるときは、「大学卒業後に就業した場合でも、アルバイトは、職務経歴にはならないよ。お引きとりを」と言われたこともあります。
一方、私の知り合いで、派遣会社で、複数勤めた知り合いを知っていますが、彼女は派遣に入ってとてもよかったといっています。たとえ、派遣で期間が満了した場合でも、コーディネータがしっかり次の就職先を紹介してくれるし、CADとかのPCスキルも無料で教えてくれるから、自分のキャリアアップに本当に役立って助かっていると彼女はいっていました。
アルバイトは、「社員」ではないので、時間の融通があることはメリットです。しかし、キャリアアップという面で考えると、そのキャリアアップするための費用は、自分持ちで、大変負担に感じることもあります。また、アルバイトを辞めた際も、就職活動を一人で戦わないといけません。
そのようなことを考えると、やっぱり、私は、もし、アルバイトをする前に戻れたなら、アルバイトという選択肢を選ばず、派遣社員として働いた方がよかったなと今とても反省をしています。
派遣のほうがいいかもしれない。
アルバイトは、自分で働き口を探さなければならないし、いずれは本社になる約束をしても経営者の都合ではそれが流される心配があるし、しかも労働時間も、経営者の都合で長時間働かせてると思う。医療機関を利用しても保険は、今までの通りの国民保険証のままで医療費は高くつく。
どうせなら、本採用前提の派遣のほうがいいと感じます。労働時間はある程度は守られていると思いますし、それから本採用を前提に働いているところもある。しかも医療保険のほうも充実してることもあるから、個人的にはそちらのほうがいいと感じています。
それぞれ一長一短あるものの派遣社員の方が良いと思います
総合的に考えると、派遣社員の方が良いと思います。アルバイトは、シフトに自由がききますし、未経験でも歓迎してくれますが、給料が安過ぎます。ある程度、仕事をこなせるようになったら、任されることも増えますが、給料はほとんど変わりません。だから、モチベーションも上がりづらいでしょう。
派遣社員の場合は、若手社員よりも給料が高く設定されていることがほとんどですし、企業に勤めることによって身に付けられるスキルも多いです。
今後のステップアップも考えると、派遣社員の方が道が開けると思います。
時給が高いので派遣社員がオススメ
派遣社員もアルバイトも経験ありです。どちらも、受け身の態勢で、指示をされる側で、扱いは、「派遣さん」「バイトさん」と名前で呼ばれないことも多く、もう二度とやりたくないですが、どちらがオススメかといえば、派遣社員です。理由は、時給が高い、という点につきます。社員登用は、どちらもありますし。福利厚生面は、どちらも使えないですし。違いと言えば、時給くらいではないでしょうか。仕事、とわりきれば、派遣社員は時給がいいのでオススメです。
派遣社員の方がお勧めです。
私はアルバイトか派遣社員のどちらがお勧めかと聞かれたら、派遣社員をお勧めします。

派遣社員の方が、何かあった時に派遣会社がフォローしてくれることも有りますし、雇用期間の定めがある分アルバイトよりは安定しているのではないかと思います。社会的な視点で観てもアルバイトよりは、派遣社員の方が雇用形態として信頼感があると思います。

また、派遣社員は正社員へのステップアップと言える部分もあるとは思いますので、アルバイトはずっとアルバイトのイメージがありますし派遣社員の方が良いのかなと思います。

派遣社員の方が安心
派遣社員とアルバイトであれば、派遣社員をおすすめします。
どちらも職歴にはならないと言われているが、派遣社員の方が給与や福利厚生の面で圧倒的に恵まれています。
IT関係であれば、派遣社員の方が特別手当や有給など、給与や福利厚生で恵まれている場合すらあるのが現状です。
しかし、アルバイトにこれらの待遇の実現はなかなか難しいというのが実態でしょう。
やはり、アルバイトと派遣社員では派遣社員の方がおすすめできると思います。
派遣社員の方が若干いい理由
派遣社員といっても、正直ピンキリだと思います。技術を持った派遣社員に関しては、アルバイトとは比較になりません。まず、仕事内容が高度な分、単純に比べても時給が全く違いますし、福利厚生に関しても、基本的なものは全部そろっています。契約内容によって自分のやるべき仕事内容は決まっていますし、正社員のように何でもかんでもやらなければならない。というようなことはありませんでした。アルバイトは、誰でもできる仕事が多い分、時給の単価も安いですし、使い捨てのイメージが強く、雇い主側が用済みだと思えば、簡単に仕事がなくなります。
派遣の方がいいと思う
アルバイトと派遣社員ならば派遣社員の方がいいと思います。
アルバイトは直接雇用というイメージ。派遣は派遣会社を通してだから派遣先企業について不安や不満があれば派遣会社の担当営業さんに相談できるし、サポート面も安心。
スキルアップのための講座に参加できるし、勤務の仕方によっては社会保険に加入ができるからです。
アルバイトは気楽な感じ。学生にはお勧めかもしれないけれど同じ非正規でも不安定感があります。
派遣社員ならば派遣期間終了後も派遣会社からお仕事を紹介してもらえるけれど、アルバイトってまた1から自分で探さなくちゃいけないし身分がさらに不安定です。
派遣社員は、プロ意識と即戦力が必要。
派遣社員は、プロ意識と即戦力が武器。と思います。
かと言ってアルバイトがグダグダで良いなんて一言も言っていない。

わたしは、以前 百貨店で派遣社員としてアパレル販売をしておりました。
売り場に立ったその日から、売り上げが要求されます。
働き始めの初日、数時間 事務的な仕事を教わったら
すぐに売り上げが要求されます。

派遣社員とアルバイト、どちらがお勧めか。と言われると
一瞬悩みますが、学生時代はアルバイトとして社会勉強。
その後は、社員、派遣社員として 頑張ってみるのも良いのではないだろうか。

より希望が叶う派遣社員の働きか方が良い!
アルバイトも派遣社員も自分自身が実際に経験した上で思うのは、派遣社員が一番働きやすいと感じます。派遣社員も色々なスタイルの雇用があるので、その中で職種選びやお給料の希望や勤務スタイルも比較的自分の希望が叶いやすかったのが派遣社員だったからです。家族のスケジュールにも合わせて働く事が出来ました。固定の勤務先で仕事をするアルバイトではその勤務先の状況によってはシフトの融通が利きにく、人間関係や、お給料への不満も持ちやすい事が多かったのです。派遣社員なら担当者にこちらの希望を伝えた上で仕事先を紹介されるので、不満や困る事が圧倒的に少なく双方が同じ状況であれば一か所で長く勤務も出来るのでお勧めです。
福利厚生がある方がいい
私は、断然派遣社員がいいと思います。
なぜならば、派遣社員は社会保険に入れるからです。
社会保険はかなり大きいです。今後、入ってて良かったって必ず思える特権です。
アルバイトは、社会保険には入れません。自分で国民保険に入らなければなりませんし、老後もこれでは不安です。
お給料も少ない中、やりくりをしなければならないので大変です。
派遣社員は、時給もいいですし、もしかすると正社員になれる可能性もありますから。
派遣社員のほうがおすすめ。
アルバイトだと時給が安いものが多い、面接がめんどくさい、場所がわからない、
などめんどくさいことが多いので派遣で働くほうが好きです。

担当の方が間にはいってくれますし、面接もなく、就業場所まで案内してくれるので
迷うことなく仕事をはじめられます。時給も高いのでやる気が起こります。
仕事をやめてからも新しい仕事があれば連絡してくれるので次の仕事が探しやすいです。

何社も登録しておけば、いろんな仕事が選べます。

便利な点が多いので、断然派遣推しです。

派遣社員の方がおすすめです
アルバイトと派遣社員であるならば派遣社員の方がおすすめです。派遣社員は社員と同じようなことをするのに社員とは待遇が違うと言われますが、アルバイトも社員と同じようなことをするし、仕事は仕事でやっていればある程度の責任はつくもの。上司の方が最終的な責任を取るわけなので派遣社員の方が条件がはっきりしていて同じことをするなら
ある程度明らかな条件提示で働く方がやっていてやりがいがあると思います。アルバイトも働いているのに人数調整てきな扱いが多い気がします
アルバイトの方がおすすめ
アルバイトが良いと思います。派遣社員だと一旦派遣会社に登録しなければならないので、手続きが大変のような気がします。その点、アルバイトなら自分の好きなアルバイト先に直接応募できるのですぐに働き始められるような感じがします。仕事の内容もアルバイトのほうが簡単にできるようなイメージがあります。派遣社員だと何か特技が必要で、また仕事も複雑な内容のものが多いように思えます。結論としては、仕事の見つけやすさや働きやすさからアルバイトのほうがおすすめです。
待遇の違いについて
まず手取り賃金についてですが、派遣社員の方が多いと思います。ただし、保険などの福利厚生は期待できません。仮にあったとしても怪我などの労働災害は派遣先の判断になることが多いため認定していただくのは厳しいです。さらに派遣社員は派遣会社と契約を交わすことになりますが、契約期間や賃金が提示されていても派遣先企業の都合で変更される可能性があるとされるので非常にリスクが伴います。一方アルバイトは手取り賃金は少ないものの保険や最近は健康診断も無料で受診できることがありますので、お金の面では派遣社員が安定の面ではアルバイトがおすすめだと思います。
派遣社員がいいと思います
派遣社員とアルバイト。共に経験があります。派遣社員は面倒くさい手続きも多いですし、直接雇用ではないので気を遣う面もあります。しかし、やはりお仕事という面では派遣社員の方が時給が高いです。また、任される仕事も派遣社員の方が概ね高度なことをしているのでアルバイトよりはスキルや経歴になります。
楽なのはアルバイトだと思います。アルバイトだと責任や残業があまり発生しません。稼げなくてもいいから柔軟に気楽にやりたい時のみ、アルバイトの方がいいです。
派遣社員に就きたくてもなかなか就けません。
実体験
現在、派遣社員で働いています。その前は飲食店でアルバイトしながら生計を立てておりました。その経験から、派遣社員の方がオススメだと思っております。どちらも時給制で不安定なところもありますが、派遣社員の方がアルバイトに比べて時給が高いです。また、職種によっては派遣社員は正社員と比べて時間の融通の利くお仕事を紹介してくださってる会社もあるので、時間もお金もメリットがあるのが派遣社員だと思います。アルバイトのメリットとしては、そこまで責任を課せられないというところだと思います。しかし、派遣社員も正社員に比べて責任を持つお仕事をすることはさほど多くないと思うので、その面からも派遣社員の方がアルバイトに比べて有利ではないかと思います。最近では派遣社員からその会社に直接雇用されるケースも増えているので、これから正社員として働こうと考えている方にも、アルバイトより派遣社員の方がオススメではないかと思います。今所属している派遣会社もhしっかり有給が合ったり、福利厚生がしっかりしているのと、就業している会社もとても働きやすいので派遣社員で満足しております。しかし、ご結婚されていて旦那さんの扶養に入っている方にはアルバイトの方がメリットがあるのではないかと思います。短時間から働くことが出来、お仕事を探しやすいという利点があります。派遣社員、アルバイトどちらの雇用形態にしてもその人その人に合った条件で働ける会社を見つけることが大切だと思います。
派遣社員
断然派遣社員です。派遣社員の方が時給が高いことです。派遣社員は契約期間があったりと少し不安な要素もあるかもしれませんが、そのぶん時給が高く場合によっては社計保険に加入してもらえることがあります。社会保険に加入すると幾分かはお給料から引かれるために手取りは少なくなってしまいますが、その分健康保険料や国民年金をはらわなくてすみます。アルバイトでは有給休暇はもらえませんが派遣社員は半年以上働くと何日かは有給休暇を取ることができます。
アルバイトのほうがオススメです
派遣社員は社員と名が付いていても、正社員なみの長期雇用の保障も無く、ボーナスなども支給対象にならないことが多いです。その割に一応社員と名が付いていますので、責任や拘束事項が多いと思います。アルバイトはもちろん稼ぎはそれほど期待できませんが、何と言っても、それほどの責任も負わず、合わなければ他の職に気軽に移れるところが自由で良いと思います。正社員でも終身雇用が厳しい昨今ですから、アルバイトとして自分の気に入った仕事・合った仕事を見つけていくスタイルのほうが幸せなような気がします。
事務系なら派遣
事務系の仕事なら、圧倒的に派遣の方が時給がよいので、派遣をお勧めします。
派遣ではワード、エクセルが出来れば時給1500円くらいの場合が多いですが、アルバイト求人を
見ると1000円以下のところもあります。
ただ派遣はアルバイトと違って、家から近くて通いやすい場所での求人は見つけにくかったりもします。
事務系の仕事を探している方で、もし派遣で通いやすい場所に募集があれば、一番お勧めできます。
また派遣は大手企業で働く機会が得られやすいので、それも良い経験ができると思います。
同じ仕事内容なら派遣がおすすめ
派遣とアルバイト両方経験したことがありますが、どちらかといえば派遣のほうが働きやすかったです。ただし、同じ仕事内容ならという条件がつきますが。アルバイトは仕事や人間関係で困っていても相談にのってくれる人がいないということが多いですが、派遣なら気軽に派遣会社の担当者に相談できます。あと派遣なら第3者が間に入っているので雇い主もあまりむちゃな要求はできないでしょう。あと時給も同じ仕事内容ならアルバイトよりいいケースも多いように思われます。
仕事が探しやすい
まず、自分の職歴や資格、希望の職種などを登録時に派遣会社に伝えるので、自分の希望に沿う仕事を紹介してもらえます。
また紹介を受ける際、会社の規模や、職場の人数(男女比率なども)、求められるスキルなども事前に確認ができます。
そこは、事前に担当の営業さんが会社に訪問されているからこそ分かるもので、アルバイトの求人情報では解りえない情報ではないかと
思います。ただし、やはりアルバイトと違うのは、社員さんと同じ仕事を任されることも多く、相応のスキルは必要になると思います。
断然派遣社員がオススメです!
まず派遣社員はアルバイトより時給がほぼ高いです。(特殊な仕事内容のものは除きます。)
そして何より良い点は自分と就業先の間に派遣会社が介入してくれることです。
面接も1人で行かなくて良いので緊張も和らぎますし、履歴書も要りません。聞きにくいことも派遣会社が聞いてくれます。
入社後、就業先とトラブルがあっても派遣会社が就業先と話し合って解決してくれます。
もちろんトラブルがないに越したことはありませんが、セクハラやパワハラなどにも厳しく対応してくれますので安心して働けます。
ただ契約期間があるのでそれを満了しないと辞めることは出来ませんが、契約更新の否も派遣会社が就業先に伝えてくれるので嫌な思いや気まずい思いをしなくて済みます。
気持ち的にすごく楽です。
以上の点からアルバイトより派遣会社をおすすめします。
派遣社員に一票
しっかりと働きたいなら派遣社員がよいと思います。求人への応募から派遣会社のスタッフがサポートがあり、希望を聞いて企業とマッチングをしてくれます。アルバイト情報誌やハローワークには載らない求人情報があるのもいいです。派遣会社で各種研修を受けることができスキルアップもできます。働いている期間もスタッフが定期的に勤務先訪問してくれるので心強いです。担当してくれるスタッフの力量にもよりますが、良いスタッフに当たれば手厚いサポートが受けられます。
自由ならアルバイト お金が必要なら派遣
なにか日頃から将来に向けて別のことをしているなら、アルバイトの方が時間の融通がきくのでアルバイトをお勧めします。ただし収入面はかなり低いので実家暮らしの方が良いと思います。
今特に将来のことに関して決められていない場合は派遣でいいと思います。メリットとしては面接の日程などに関しても派遣会社の営業の方が行っていただけますし、本人は履歴書をもって行くだけでいいので仕事探しが非常に簡単です。さらに給料もアルバイトに比べると高いです。ただし、週5日拘束が大体基本でアルバイトに比べると融通面があまりきかないと思います。
年齢が若い アルバイト
ある程度の年齢 派遣
という感じだと思います。
アルバイトの方が環境が変わらず落ち着ける。
その人の性格にもよると思いますが、私は数ヶ月ごとの更新ではなく長期間働けるアルバイトの方が気がラクで自分向きだと思います。何に対しても慣れるまで時間がかかるのでコツコツ頑張って努力し従業員の方や仕事にも早く慣れて落ち着きたいです。新しい事にチャレンジするのも苦手ですし何事にも慣れ親しめるほうがホッとできて一番です。活動的で色々な所で自分を磨きたい人は派遣社員向きですが、私のように神経を使いやすいタイプの人は安定して楽しく働けるアルバイトをおすすめします。
責任の大きさ
私は絶対アルバイトの方がオススメだと思います。派遣社員はアルバイトと変わらないような賃金(時給)しかもらえないのに、『社員』とついてるだけで、社員並みに失敗した時などに責任を取らされます。
アルバイトなら、その上司にあたる社員の方が責任を取ってくれます。正社員のようにボーナスや福利厚生も充実しているなら、どんな失敗にも自分が責任を取るべきだとは思いますが、アルバイトという立場なら甘えられるからです。
トラブルになった時のことを考える
長期的に仕事をするのであれば、派遣社員のほうがいいのかなと思います。
アルバイトの場合には収入に制限が出てしまいますし、派遣社員であれば社会保険に加入をすることも出来ます。

それとトラブルが生じた際に相談をすることが出来るのが派遣社員だと思います。
派遣会社に相談をすることによってトラブルも解決させることができますが、中には相談をしても何もしてくれない派遣会社もあるので、クチコミなどをチェックしたほうがよいと思います。

今だけの収入を考えるなら派遣社員がおすすめ
今だけの収入を考えるのであれば、一般的に派遣社員の方が給料が高いのでおすすめです。
アルバイトは長年勤めれば正社員に登用されるというメリットもありますが、現時点での時給に差があります。派遣社員も仕事ができる人であれば契約社員や正社員への登用の可能性もありますので、社員登用へのメリットがあるかどうかでは、派遣社員・アルバイトに差があるとは思えません。
派遣社員は交通費がないのが一般的ですが、首都圏に住んでいる方や職場に近い方であれば、収入に大きく響くことはありませんのでアルバイトよりも収入が多くなるはずです。
また、派遣会社を通しての契約となりますので、契約上や業務上で何か問題があれば改善してもらえる可能性もあります。
もちろん派遣社員のまま年を重ねていくと仕事の紹介料も減少したりと問題はあります。ですので一生の仕事としてでなく、今だけの収入を考えるのであれば派遣社員の方がおすすめだと思います。
いずれ正社員になりたいならアルバイトは不利
私は、派遣社員がおすすめだと思います。アルバイトですと、働く気が無いフリーターのような印象になりますが、派遣社員だと、不景気で良い仕事を見つけられなかっただけなんだなと感じます。また、派遣社員のほうが、将来に役に立つ知識が身につくと思います。スキルだけでは無く、会社での振り舞い方等、アルバイトだったら、あまり気にしなくても良い職場での人間関係を知ることができます。また、履歴書等に記入する際でも、アルバイトは記入できないので、遊んでいただけのように見られてしまい、不利だと思います。
総合的に考えるとアルバイトです。
派遣社員は直接雇用では無いので給料をピンハネされてしまいます。それに直接雇用でないため厳しく言われる事は比較的少ないですが、よそ者扱いされて冷たくされる場合があります。そういう時にストレスを感じてしまう事が多い気がします。アルバイトの場合は直接雇用のケースが多いので冷たくされる事は派遣社員と比べて少ないとは思いますが、給料は派遣社員に比べて低いような気がします。総合的に考えるとアルバイトの方がいいような気がします。
派遣社員です
アルバイトも派遣社員もどちらの雇用形態も経験しました。
派遣社員の方を私はお勧めします。
派遣元の会社によるかもしれませんが、仕事は希望を出しておけばコーディネーターや営業から紹介が来ます。
気に入らなければ断ってもOK。面接にも営業がついてきてくれ、全力でフォローしてくれます。
面接は緊張するものですし、味方がいてくれるような気がして安心します。
面接で気に入らなければ断ってもOK。
派遣先で何かあれば営業に報告し、直接派遣先に言いにくいことも営業から言ってもらえます。
途中で契約終了や契約期間満了になると、また次の仕事を探して紹介してくれます。
アルバイトですと、すべて自分でやらなければならないですし、何かトラブルがあった時の対応も大変かと思います。
安定の正社員がおススメ
正社員か派遣社員かといえばやはり正社員が1番と思います。まず世間の目が違いますし、何より信頼度が全く違います。派遣社員をいうとどちらかというとアルバイトのような感覚。それほど責任はないし、契約に守られているしボーナスはないけれど時間給が高いため正社員の給与を飛び越える事も多いのが派遣社員。良く見えてしまうので正社員からの嫉妬やねたみの対象になる場合があるが派遣はあくまでも契約のお仕事なので契約が終了してしまえば次に仕事を探せないといけないのが欠点。自由を求めるのであれば派遣だけれど生活を安定させて生きていくためには正社員でないと難しいです。生活を安定させていくためには正社員がおススメです。
その人の都合に寄る?
アルバイトに派遣にもいいとこはそれぞれあります。
まず派遣社員。
派遣社員の魅力はなんといっても休みの融通がききやすいとこです。
1ヵ月丸々休みみたいときは派遣でしたら休めます。
そして社会保険等が整っているとこです(会社によります)
ですが派遣は仕事がない時はまったくありません。
ですから不定期収入になりやすいのです。

次にアルバイト。
アルバイトの魅力はやはり継続的に仕事があることです。
さらに自給UPが望めることです。
ですが休みが取れなかったりすることがありますし社会保険等がありません。

以上の結果を含めて継続的に働ける人はアルバイト。
休みの融通を優先したい人は派遣社員がおすすめです。

派遣とアルバイト
派遣社員とアルバイト、私はアルバイトの方をおすすめします。どちらもそれぞれのメリット、デメリットがありますが、派遣社員と違いアルバイトの方が仲間ができやすいように感じます。特に学生の場合なら、派遣よりも断然アルバイトの方をしたほうが友達もできますし、人脈を作る人は良いです。派遣社員も決してダメというわけではなく、人脈、知り合いを作るというのに適しませんし、仕事の場所もころころ変わるので、新しい場所にすぐに慣れないなどの人にはあまりお勧めできません。やる時期が長いほど仕事がすぐにこなせるようになるのもアルバイトなので、私はアルバイトの方をおすすめします
派遣vsバイトは扶養次第で。
派遣社員で働いた際、扶養内のつもりが期間延長により、扶養内を越えてしまい、あとで税金を取られて、かなり損した気持ちになった。延長するか解らないのに、この仕打ちは酷い。でも、長期で働いていけば、収入面のプラスは多い。また、派遣会社の健康診断も安く受けられて、なかなか行くことができないので、有り難かった。
アルバイトは扶養内に納めることができるが、やはり収入面で物足りない。
長期でガッチリ働くなら派遣、扶養内に納めるならアルバイト、と思う。
派遣の方が楽です
以前、コールセンターで数箇所勤務した経験があります。アルバイト、派遣社員のどちらも経験がありますが、私は派遣社員の方が働きやすかったです。
アルバイトの場合は、なにかあった際に相談できるのは直属の上司ですが、派遣社員の場合、まず派遣会社の担当者に相談をすることも出来ます。
私の登録していた派遣会社では、定期的に仕事の状況等を聞いてきてくれていたので、とても安心して働けました。
直接は上司に言いにくいことも、派遣会社の人にはいいやすいという事もあると思います。
私は派遣の方がいいと思います。
アルバイトで採用されると、入社時の契約以外の仕事まで時給はそのまま変わらずに、当たり前のように任されます。しかも時給を知られているので、社員で働いている人から毎月の給料の金額も勝手に計算されて、そんなんでいいの?なんて余計なお世話までやかれるはめになったこともあります。
派遣だったら、契約内容がはっきりしているし、契約以外のことをやらされた時は、派遣会社の担当者に相談できるのでフォローしてもらえるので心強いです。
派遣社員をお勧めしたいです。
私自身、両方経験していますが派遣社員の方が制度としてはしっかりしていたのでお勧めできると思います。保険や有給休暇・福利厚生などは保証されていますし、派遣先の会社とは自分で直接交渉しないので言いたいこともある程度は言えます。会社にもよりますが、契約書を作成するので相手側の理由で解雇も出来ませんから最低でも期間内は仕事は保証をされます。そういう点から考えると仕事は社員と同じでも契約内容をしっかり守る義務が派遣先に課せられるので、雇用では曖昧な部分が出ずに安心できると思います。
派遣社員!
断然派遣社員だと思います。派遣社員は出向先で引き抜きされる可能性かあると思います。実際自分の周りであります。バイトは所詮バイト。そこから社員になる可能性はあるかもしれないけど可能性は薄い。使っている側もバイトだという認識で扱っていると思います。あとは本人がどれだけ責任を持って仕事ができるかだと思います。どうせバイトだからと思ってやっていたら一生バイトだと思う。バイトは責任がないから人として成長しないと思う。
待遇の差
私自身、派遣労働を数多く経験した体験からアルバイトの方が絶対に良いと思う。それは派遣というのは派遣会社から出向という形になり、派遣先の社員からすればやはりよそ者というイメージで見られ待遇も違う。アルバイトはその会社が直接雇いその人員に対する責任も伴うので社員からの見られ方や待遇がよくなる。例えばひどく汚れる作業の後、
アルバイトはシャワーを使用できるが派遣労働者は使用できないとか、時給がアルバイトの方が同じ作業をしているにもかかわらず高かったり、作業着のクリーニングが派遣の場合自前でやらなければならなかったりなどで待遇がよかったことなどなかった。やはりアルバイトの方が何かとおススメということになるのである。
アルバイトの方がオススメ!
派遣社員とアルバイトを比較するとアルバイトの方がオススメです。
まず、働く場所ですが、アルバイトは基本的に働く場所が変わらず固定化されていますが、派遣社員は派遣先の契約期間が終了すれば、別の会社に行く必要があり、また一から仕事を覚える必要があるので大変です。
また、アルバイトは正社員と仕事が明確に異なり、責任性の高い仕事を任されることが少ないですが、派遣社員は正社員とほぼ同等の仕事が任されるにも関わらず、正社員に比べて賃金が少なく不公平感があります。
派遣社員とアルバイトどちらがオススメ?? それは…。
非正規雇用が40%を超え、ますます労働環境としては低賃金で働かざるを得ない人々が増えてきている事かもしれません。

でも、本当に嫌な事なのでしょうか。私は一人一人の持っている価値観や、置かれている状況によっては、派遣であっても、アルバイトであってもどちらにもメリットがあるかと思います。

派遣の場合ですが、扱いはアルバイトさんよりは責任ある立場を任せてもらえたり、時給換算でもアルバイトよりも多くの給与を得ることができますよね。これは、正社員になれなかったり、子育て中の女性が仕事をしながら生活するのにとってもよい条件なのだと思います。
派遣先の企業さんにもよりますが、半年とか2年とかある程度、働いて認めてもらえれば正社員への道が開かれていることが多く、数年先の未来を予測し、立てやすくなるからです。
また、派遣社員を欲しがっている企業というのは、人が集まりにくい職業だったり、外資系の有名でなく小さな企業だったり、即戦力を求める社員教育があまり整備されていない企業が多いからです。派遣社員時代に、一緒にいる社員さんに会社の様々な事を聞き出し、その会社にとどまるかどうかを自ら選ぶことができる、とっても良い立ち位置なのではと思います。

さて、ではアルバイトで働くのはオススメではないのかというと、そうではありません。
アルバイトで働くのがオススメな場合なのですが、例えば将来的にやりたいことや目標が明確になっている人が、一時的にある一定期間の間、収入を生活をつなぐために、シフトを自由に調整できるアルバイトというのは、とってもオススメです。
今の世の中、夢や目標を持っている人は少ないかもしれませんが、そのような人にオススメだと思います。学生期間だけのアルバイトというのも、実に理にかなっていると言えるのではないでしょうか。

私の意見としては、一人ひとりの状況によって、派遣もアルバイトもどちらもオススメだと思います。ただ、派遣社員やアルバイトのメリット、デメリットをよく見極めた上で、選択されるのが良いかと思います。

事務なら派遣、作業ならアルバイト
事務として働くなら派遣社員の方が比較的しっかりした企業で働けると思います。正社員では入れないような大企業のオフィスで働けるチャンスもあるかもしれません。間に派遣会社が入ってくれるので安心感もあります。アルバイトの事務を雇うところは大体中小企業が多いので、トイレ掃除の雑用があり、会社独特のルールに振り回されやすいと思います。短期や労働作業系の仕事は多少トラブルがあっても辞めやすいのでマージンが少ないアルバイトの方が求人が多いと思います。
派遣社員とアルバイトのメリットとデメリット
【メリット】
派遣社員は、登録すれば派遣会社が条件にあった仕事を探してくれる。高時給が多い。直接雇用ではないので、何かあったら派遣会社が処理してくれる。もし仕事が合わなかったら契約期間で打ち切る事ができるので気が楽。
アルバイトは、自分の都合に合わせて勤務しやすい。直接雇用なので、何かあったらすぐ対処してもらえる。契約期間の定めがない限り長く続けられる。
【デメリット】
派遣社員は、仕事がなければ契約期間で打ち切られる。やり取りに時間がかかる。
アルバイトは、時給が安い。

派遣社員もアルバイトもどっちもどっちだと思いますが、どちらかと言うと私のオススメは、アルバイトだと思います。直接雇用で安定してる気がします。
もし、そこで仕事が合えば社員も目指せますし、話もスムーズにできると思います。

生活が懸かっていて、少しでも稼ぎを大きくしたいなら派遣で、小遣い稼ぎならアルバイトがおすすめ
イメージ的に、派遣は正社員を辞めた人や正社員になれない人が主で、生活がかかっているのが大半で、アルバイトやパートは小遣い稼ぎの学生や主婦などが多い印象があり、単純に比較はなんか難しい様な気がします。生活が懸かっていて、少しでも稼ぎを大きくしたいなら派遣で、小遣い稼ぎならアルバイトがおすすめではと考えます。
派遣の方が大変でしょ。
派遣社員とアルバイトはどっちがおすすめかと尋ねられたら、責任面の観点からいうと、派遣の方が大変だと思います。なぜならアルバイトと異なり、派遣の場合は派遣会社が関わっているからです。派遣会社の評価・評判を落とさないように行動することも要求されると思われます。
意外と重要な交通費の差
派遣社員は一見、時給が高くて得な感じがしますが、派遣元から交通費が出ないことが多いです。
そのため、派遣先が近場の人と距離がある人では同じ仕事内容でも、交通費の分、給料に差が出ます。
さらに、給料の中に交通費が含まれているので、確定申告の際に交通費を別にできません。
その分、本来であれば払わなくていい交通費の所得税まで支払うことになり、結果として損になります。
ごく一部の派遣元は、交通費を別に請求できるようですが、まだまだ少ないのが現状です。
これらのことから、交通費が給料と別で全額支給されるアルバイトを選ぶ方をおすすめします。
派遣社員がお勧め
派遣社員、アルバイトそれぞれに良さはあると思いますが、個人的には派遣社員の方がお勧めかと思います。
一番の理由はやはり時給の良さです。職務内容がほぼ同じであっても派遣社員の方がアルバイトに比べ時給が1.5倍ほど、
もしくはそれ以上になる事が多いかと思います。
一度派遣社員として働いた経験がありますが、時給が割と良かった事もあり、前職の正社員の時と比べ月の手取りがさほど変わらなかった
月が多くありました。
また、フルタイム勤務が前提の仕事が多いので、派遣元で社会保険に加入できる事もメリットだと感じました。

フルタイムで長時間の勤務になるので、週1日、2日から勤務することに比べると仕事への慣れがやはり早かったように思います。
以上の点から、個人的には派遣社員での勤務をお勧め致します。

派遣社員はバイトに毛が生えたようなもの。
私は実際アルバイトしかしたことがありませんが、派遣よりアルバイトのほうがオススメだと思います。派遣はいくらでも代わりがいるというような印象を受けますし、採用する側も働く側もいつでも代わりはいると考えている印象なので、あまりオススメはできないと思います。強いていうなら深い人間関係を築きたくない、というように考えてる人は乗り換え可能な派遣は向いてるかもしれません。またアルバイトは続けようと思えばしばらく続けられますし、派遣より大事にしてもらえるという利点がある気がします。
アルバイトのほうが自己責任で行動がとりやすい
アルバイトから社員登用のケースも有ると思いますが、アルバイトの場合は自分で応募しているので、自分の意思ですべて決定することが出来ます。派遣社員の場合、就業先の会社が社員登用の意思があっても、派遣会社としては就業先の社員になってしまうとその後紹介料などがなくなってしまうので契約社員としての継続を勧められ、本人の意思が通りづらくなる可能性が出てきます。休みをとる場合も就業先と派遣会社の両方に連絡を入れなくてはいけなくなるため、どちらか片方に連絡を入れ忘れたりするといろいろと面倒にもなりかねません。次の仕事を探す場合も派遣社員の場合は紹介されるのを待たなくてはいけないので、自分で働きたい会社を探せて、自己責任で行動できる人ならばアルバイトのほうがよいと思います。
主婦はアルバイトがお得。
私自身、正社員・派遣社員(契約)・アルバイトすべて経験した上で言えるのは主婦はアルバイトがお得。正社員は、時間の拘束・残業・休日出勤・責任の重さの重圧がある。
派遣社員は責任も軽く残業も軽い、やりがいを感じながら気楽にできるのは派遣社員のメリットだが欠点がある。それは、やはり保険などの差し引きを考えると平日週5日で1日7時間働いても手元に残るお金は大きい額になるには難しい。ある程度働いている割には合わないと感じた。もちろん、独身で扶養に入っていない場合は割に合わない部分があっても保険などの保証があるのはメリットだが、主婦には稼ぎ損だ。なので、扶養の範囲内で働ける主婦ならば範囲内ぎりぎりでアルバイトするのが働きすぎず割にあった一番賢い働き方だと言える。
派遣社員をおすすめします
経験やスキルがあるならば、派遣社員をおすすめします。利点はまず時給が高い。アルバイトより200円以上高いように思います。次に自力で仕事先を探さなくても派遣会社が探してくれること。派遣会社によっては登録する時にパソコンのスキルチェックなどを行ったりしますから、そのスキルにちなんで派遣先を紹介してくれます。スキルによっては更に高時給ということもあります。他は不満などあったら、派遣会社の担当者に言えること。解決するとは限りませんが、不満を聞いてくれるだけでもなんとなくスッキリします。
絶対に派遣社員の方がいいです!
アルバイトと派遣社員だったら、派遣社員の方がオススメだと思います。私はいつも派遣で働いてきました。ボーナスや退職金、女性の場合には産休や育休がない。というような不安定な立場のは一緒です。派遣社員だと、ほとんどの派遣会社で有給がつきますし、社会保険も加入できます。大手の派遣会社だと健康診断や、スキルアップ研修も受けられます。また、契約満了で辞める権利がありますので、どうしても職場が嫌な場合は、契約満了時に次の更新をしないという選択ができます。若いうち3年くらい同じ所でアルバイトをする。という考えより、1年更新の派遣でジャンルの違う3社で働いたほうが社会勉強になると思います。
時給ならやっぱり派遣がお得!
時給で比較すると断然派遣がいいと思います!私はどちらも経験しましたが、時給1000円以下の派遣はほとんどありませんが、アルバイトなら1000円以下はざらにあります。職種などによっても違うかもしれませんが、もしどちらも同じ仕事内容でということになると派遣に利があるとおもいます。だいたい1500円×7時間で1日1万円ぐらいになるので、アルバイトの1.5倍ぐらいにはなると思います。アルバイトで1万円稼ごうと思うと相当大変ですもんね。
派遣社員とアルバイト、どちらが良い?
今日は「派遣社員とアルバイト、どちらが良いか」についてです。
私はこれについては「時と場合と人による」と思います。
突き詰めると「社員、会社員になりたい人には派遣社員がよい」と思います。
そして逆に「会社員になりたくない人にはアルバイトがよい」と思います。
世間には会社員になりたがる人と、そうでない人がいます。
前者は安定や社会的な身分の補償を求める人です。
逆に後者は、自由な生き方を求める人です。
その両方が自分自身の好みに合わせて、好きな生き方を自由に選択できる現在の日本社会は
本当に恵まれていると思います。
派遣社員の方がおすすめ
アルバイトと派遣社員では、働く人物の背景によってどちらが都合がいいか違ってきます。
ただ、派遣社員の方が色々と融通が利きやすいのでは無いかと感じています。
派遣社員が派遣会社から派遣されているという形態であるため、
労働先企業において無理難題をふっかけられるといった事態はあまり無い様に思います。
アルバイトでは無茶なシフトを組まされたり、安い賃金で働かされたりと業務に制限がかかり辛い点がマイナス要素です。
派遣社員では企業によっては契約時に仕事の配分をきっちり決められており、業務内容に不満がある場合、
派遣会社が間にたって仲裁してくれる点も良いと思います。
目的によってお仕事は選ぶこと
派遣かアルバイト、どちらが得でしょうか。これは、その方が働く目的によって変わると思います。単純に稼ぎたいだけなら、派遣がおすすめです。時給は高いことが多いですし、副業も可能です。ずっとその会社で働きたいなら、アルバイトが良いです。時給は安いですが、直接雇用なので派遣法の3年の期限もなく、ずっとその会社で働けます。派遣社員は、最近法改正で3年超える場合、人を変えなくてはならなくなりました。また、アルバイトであれば、優秀で認められた場合、契約社員や社員になる方もいます。

どちらかは、目的によって選びましょう。

派遣のほうがパワハラが起きにくい
派遣社員として、一般事務や工場で働いた経験があります。アルバイトは全国チェーンのファミレスなどで働きました。派遣社員の方が時給は良かったのでお勧めです。アルバイトは直接雇用なので、何か問題があったら直接上司や会社に言わなければなりません。派遣社員であれば、派遣会社を通して、問題、不満などを言うことができます。第3者の目があると、それほどひどいパワハラも起こりにくいです。派遣会社で働いてきたときの方がパワハラもあまりなく、快適に過ごすことができました。直接雇用のアルバイトだと、サービス残業をさせられることもありました。派遣だと残業代はきちんとつけてくれました。派遣のほうが、色々な不正がなく、安心して働けました。
アルバイトよりも派遣社員の方がお勧めです。
学生時代にアルバイト、派遣社員どちらも経験しました。
総合的に考えて派遣社員の方がお勧めです。
まず第一の理由として「給与」がアルバイトよりもいいことがあげられます。
アルバイトにしろ、派遣社員にしろ、働く理由はお金を稼ぐと言うことが一番の理由ですから、給与がいい方を選ぶのは自明の理でしょう。
第二の理由として、派遣社員の方が勤務形態が多岐にわたると言うことです。
アルバイトの場合でも、夏期休暇中のみという募集があることにはありますが、基本的に長期勤務を前提としていることが多いです。
派遣社員の場合は、短期~長期それぞれ種類が多かったので、自分の好きな勤務形態や勤務時間を選ぶことが多かったです。
第三の理由として、派遣社員の方がより正社員に近い勤務をすることになるので、社会人になる前の予行演習として、アルバイトよりも勧めることが出来ます。
「どちらかというとアルバイト」
派遣社員もアルバイトも両方の経験がありますが、どちらかと言うとアルバイトの方がオススメかなと思います。派遣社員は給料や保証などが正社員よる劣るにも関わらず、仕事の量や責任は正社員と変わらないものを求められますし、突然仕事を止めさせられることもあります。その点アルバイトは、仕事の責任はありますが、正社員ほど強く求められることはありませんし、時間の融通もまだつきやすいですし、仕事を止める時もアルバイトだから、また、別の自分に向いている仕事を探せば良いか、という切り替えもスムーズに行くので、アルバイトの方が自分的にはオススメです。
フルタイムで働きたいなら派遣がオススメ
派遣とアルバイトを比べると、一般的には派遣の方が断然時給が良い場合が多いです。毎日、例えば週に5日ぐらい、9時から5時ぐらいまでの普通の会社員と同じような働き方を希望している場合でしたら絶対派遣が良いと思います。逆に、育児中の主婦が短時間だけ働きたいような場合は、アルバイトの方が短時間の勤務のものの募集は多いです。派遣はフルタイムの募集が多いので、フリーターの方には絶対アルバイトより稼げます。間に派遣の業者が入ってくれるのでトラブルの場合、自分で処理する必要がないのも派遣の良いところです。紹介予定派遣といって、正社員になれる可能性もあるので、正社員を目指している人には大変おすすめです。
仕事以外の状況にもよるでしょうが・・・
例えば主婦や学生のように、フルタイム勤務ができない場合と一日の大半を仕事に費やす場合など、求める条件が違うなら、アルバイトと派遣を単純に比較できない点もあります。
フルタイム勤務に限って比較をするなら、個人的には派遣社員をおすすめします。

派遣の一番の魅力は、何と言っても時給の高さです。中には専門的なスキルが必要な派遣の仕事もありますが、アルバイトと同じ業務内容でも、派遣の方がお給料が高いケースがほとんどでしょう。直接雇用のアルバイトと比べて、雇用が不安定である、解雇されやすそう、あとは交通費がでないことが多い、などがマイナスなイメージとしてあります。雇用が不安定であるのはアルバイトも同様ですし、また何か月か後に家庭の事などで仕事を辞めたい場合など、期間が定められている方がよい場合もあります。
交通費に関しても時給の差で交通費が捻出できるのであれば、特にデメリットという訳ではないでしょう。フルタイム勤務のアルバイトで社会保険や厚生年金、税金等控除されてしまうと、手取りが驚くほど減ってしまいますし、フルタイムでどちらかを選ぶとすれば、やはり派遣の方がよいかと思います。

スキルがあれば、断然派遣社員がオススメ
何か自分に売りとなるスキルがあれば、
アルバイトより、断然派遣社員の方がオススメです。

その理由は、大手企業は、まずアルバイトを雇わないからです。
一時的な仕事や補助的な仕事でも、派遣会社を通すか、契約社員という形で雇用するところが殆どです。
そのため、同じ仕事内容でも、小さな会社でアルバイトをするより、断然時給が高いです。
継続して働く場合は、福利厚生や社会保険、厚生年金に加入することもできます。
だから、派遣社員の方がアルバイトよりオススメなのです。

派遣社員が気軽に仕事が出来ます
アルバイトと派遣社員だと、相当長期で働くのでなければ、派遣社員の方がやりやすいと思います。アルバイトぐらいの仕事内容なら、責任重大な仕事よりも指示を受けて毎日同じことを繰り返す作業的な仕事になると思います。仕事は大概すぐに慣れるので、最重要はやはり人間関係です。派遣社員だと、職場の人間関係で何かがあったら相談が出来るというのがメリットになります。派遣先としても派遣会社はお付き合いする相手なのであまり無茶な扱いは出来ないはずです。人間関係に不安があるなら特に、派遣社員がよいと思います。
派遣社員とアルバイト、どちらで働く方がいいか?
結論からいいますと、現在、派遣社員歴1年半の私としては、派遣社員で働く方がお勧めです。
派遣会社にもよりますが、私が登録している5社のうち3社は時給がとてもよく、全て1100円以上です。
派遣社員としてフルタイムで働いた場合は、福利厚生が付きますし、短期で働く事のできる仕事もあります。
また、スキルアップトレーニングなどを自宅や派遣会社のオフィスでできる派遣会社も多く、とても助かります。
我が家は主人の勤務時間の変動が多く、自分でシフトなども調整する事のできる派遣社員としての仕事で私自身はとても満足しているので、アルバイトで働く気は全くありません。
アルバイトです
少し前に、某超有名技術系企業の孫会社にて派遣を半年ほど勤めましたが、率直な意見として、正社員の最下級者に『さらに下がいるのだから』と思わせるために雇っているとしか思えない扱いを受けたため、二度と派遣はやらないと心に誓いました。指示は派遣先から受けますが、責任の所在が必ずしも派遣先にあるとは限らず、丸投げしておきながら失敗した時の責任は全て派遣社員という許しがたい仕打ちを受けました。また、派遣先の社員が派遣社員との間に線を引いている等、疑問点など聞きづらい環境にあった場合、業務がいつまでたっても進捗しない事態に陥ることも想定されます。派遣元に苦情の相談をしても、派遣先がそんなことはないと突っぱねてしまえば、それ以上言及はなく、かえってより業務の妨げになる環境に陥りかねません。そんな苦労や心労に対しすずめの涙ほどの多めの給与しか与えられないのであれば、直雇用で責任の所在がはっきりとしていて、『派遣元に虚偽の悪い報告をされるかもしれない』などと考えずに済む、ものおじせずに発言できるアルバイトを断然薦めさせていただきます。
派遣社員の方がオススメ
派遣社員は社会保険加入が必須なので厚生年金に加入できます。雇用保険にも同時に加入することになるので半年以上働く前提ならば退職後にハローワークで申請すれば失業手当ももらえます。加えて賃貸暮らしの場合、さらに派遣社員が有利となることがあります。派遣先によっては家賃全額補助や光熱費補助の特典もあるので固定費がかなり削減され貯蓄もしやすくなります。そして何より全国的に見れば派遣社員のほうが時給が高いので保障面、経済面においては派遣社員が断然オススメです。
断然アルバイトの方がいい
派遣社員よりも、アルバイトでいた方がいいと思っています。肩書という面で言えば派遣社員なのでしょうが、実際はアルバイトの方がすぐにやめたり入ったりできますし、時給が若干低いものの、働くという面での充実ぶりや自分に向いている仕事を探しやすいという面ではこちらの方がいいと思っています。特に若いうちは社会経験が少ないので、自分に合う仕事を貪欲に探すべきだと思うので掛け持ちもしやすいですしアルバイトの方がいいと思っています。
アルバイトに一票
こればかりは個人の働き方や意識の問題が大きいと思うのですが、子供持ちで主婦になった今ならアルバイトのほうがいいです。派遣は時給だけ見るといいですがだいたい交通費も込みの金額な上、派遣会社と実際働いている会社と別々の仕組みや関係があってややこしいです。特に同じ店なりに派遣社員とアルバイトが混ざると「微妙によそ者」を肌で感じざるを得ません。その点アルバイトは働いている会社そのものが雇用者なのでモノもいいやすく会社への愛着や意識も高まります。正社員さんがいて、そのフォローという形でも責任が少し軽くなり、今ならアルバイトをお勧めします。
派遣会社がお勧めです
アルバイトも派遣会社もどちらも一長一短がありますが、派遣会社の方がいいと思います。一定のお給料が入りますし、休日の希望も通ります。ビジネスライクですが、割り切って仕事ができます。一方、アルバイトでは、勤め先によってはブラック会社ということも多々あります。お給料も派遣よりは少ないです。休日も、希望が通りづらいこともあります。そして、残業が多くてもなかなか断りづらいです。福利厚生もきちんとしていない場合もあります。そして、アルバイトだと年齢制限が低い場合が多いと思います。ただ、アルバイトの方が、仕事仲間と仲良くなることもあります。良くも悪くも派遣会社の方がビジネスライクですが、今の時代だと、アルバイトでブラック会社にあたってしまうと心身が持ちませんので、派遣会社がお勧めです。

結局どっちがいいのか?

対決項目 人材派遣社員 アルバイト
雇用形態 ×
労働時間
仕事内容
給料 ×
残業手当
失業保険 ×
有給休暇
合計ポイント WIN:3
LOSE:0
DRAW:4
WIN:0
LOSE:3
DRAW:4
総合結果 ◯WIN ×LOSE

今回の対決は派遣社員の勝ちです。給料が高いことはもとより、万一勤務先でトラブルがあっても派遣会社というクッションがあるので安心です。

また、仕事を始める前に派遣会社を通して勤務先の情報をもらえるので、あらかじめ労働条件を確認し、必要があれば事前交渉できるのも大きなメリットです。一方アルバイトは、すべて自分で勤務先と交渉していくので、相性が合えばいいですが、そうでない時は直接やりとりしていかないといけません。

派遣社員のデメリット例を挙げるとすれば、常に契約を更新されないリスクが伴うので、自分が継続して働きたくても続けられない場合もあるということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。