二重まぶたにするならアイプチとプチ整形のどっちがいいのか対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
beautiful asian woman taking care of her eye

自分の一重瞼や奥二重にコンプレックスを感じ、ぱっちり二重にあこがれている方も多いのではないでしょうか。

二重にするなら、自分で手軽にできるアイプチと、短時間で手術が可能なプチ整形ではどちらのほうがおすすめなのか調査しました。

それぞれのメリット・デメリットを考えて慎重に選ぶべきですね。二重まぶたになりたい方は参考にしてみてください。

お手軽さ対決

〇WIN:アイプチ
アイプチはドラックストアや今では100円均一でも手に入れることができ、すぐに使うことができます。使い方も難しいことはなく、まぶたの上にアイプチを塗れば簡単に二重を作ることができます。失敗したときは何回でもやり直すことができるのもお手軽です。

×LOSE:プチ整形
プチ整形はメスを使わずに糸で二重にする方法で、時間もかからず入院なし、痛みも少なくて済みます。気に入らない時はやり直すこともできますが、その際は病院に行って糸をとる手術をしてもらわなければいけません。そう考えると、失敗したからもう一度と簡単、お手軽に出来るものではないです。

仕上がり度対決

〇WIN:プチ整形
手術後、1週間くらいは腫れますが、それ以降は徐々に腫れも引き、1ヶ月後には自然な二重になります。自分の希望する二重にするために、手術前のカウンセリング時に医師によく確認・相談をしておきましょう。

×LOSE:アイプチ
慣れるまでは、うまく出来ないこともあり、慣れてからも毎回同じように出来るとは限りません。うまく出来なかった日は、その日1日憂鬱な気分で過ごすということもあるようです。

お値段対決

〇WIN:アイプチ
100円均一で手に入るような安いものから、5,000円以上するものなど種類も様々ありますが、ドラックストアなどには1,500円くらいのものが多いです。入っている量にもよりますが1本で平均2ヶ月くらいもつようなので、1年にすると9,000円。試しやすい値段だと思います。

×LOSE:プチ整形
プチ整形は、保険がきかない自由診療のため、病院によってかなり値段が違います。安いものだと10,000円弱からありますが、人気があるものは平均8万円くらいのものです。数年間の保証制度や学生割引などがある病院もあるので、自分にあった病院を見つけるといいでしょう。

安全性対決

〇WIN:プチ整形
全ては手術する医師の腕にかかっていると言ってもいいと思いますが、上手な医師なら、まぶたもそれほど腫れずに、痛みも少なくやってもらえます。価格が安いと、経験の少ない医師が担当するという病院もあるようなので、病院を選ぶときは、値段だけでなく医師も見極めた方がいいです。

×LOSE:アイプチ
体質に合わないと、付けたところが赤くなったりかゆくなったりと皮膚のトラブルがでます。長い期間アイプチをやり続けると、まぶたの皮膚が伸びてしまい、老け顔になったり、ひどいと皮膚をとる手術をしなければいけなくなることもあります。

どっちが長持ちするか対決

〇WIN:プチ整形
1回プチ整形をすると、平均で3~5年はもちます。薄いまぶたで二重の幅も狭くした人なら10年以上もつという人もいますが、まぶたが厚ぼったい人や幅の広い二重を作った人は5~10%が2年以内にとれてしまうらしいです。強く目をこすると、糸がはずれて二重でなくなってしまうこともあります。出来るだけ長持ちさせたい人は、欲張らずに幅の狭い二重にしてもらった方がいいです。

×LOSE:アイプチ
アイプチは水や汗に弱いので、1日持てばいいです。今はウォータープルーフや接着が強いアイプチもありますが、肌が弱い人は荒れやすく、落とす時も専用のリムーバーが必要になるなど少し面倒です。1回開けてしまうと糊が固まってしまうこともあるので、3ヶ月以内には使い切ったほうがいいです。

時間対決

〇WIN:プチ整形
プチ整形の手術はだいたい10~15分で終わります。手術後3日くらいはメイクをしない方がいいですが、それ以降は普通のメイクで大丈夫です。二重にするのに15分で終わるなんて、すごいですよね。

×LOSE:アイプチ
塗って乾かし二重にするので、片目3分はかかります。両目だと6分。アイプチをやるたびにこれだけの時間がかかります。うまくいかないとやり直したりすれば、もっと時間がかかるでしょう。1回15分でその後は時間がかからないプチ整形と比べてしまうと、かなり時間も使います。

罪悪感対決

〇WIN:アイプチ
アイプチを毎日している人は、アイプチを落とした顔を見せられないなどの悩みをもっている人がいます。ただ学校卒業したなど転機の時にアイプチをやめるなど、すぐにもとの顔に戻れるので、それほど後悔や罪悪感はありません。

×LOSE:プチ整形
今は整形にそれほど抵抗がなくなってきていますが、プチ整形をした後に罪悪感を持つ人が少なからずいるようです。特に手術後に出会った人に打ち明けることが出来ずに、人を騙しているような感覚に陥ることがあるようです。きれいになりたくて二重にしたのに、そう思ってしまうのはつらいと思います。

結局どっちがいいのか?

対決項目 アイプチ プチ整形
お手軽さ ×
仕上がり度 ×
お値段 ×
安全性 ×
長持ち ×
時間 ×
罪悪感 ×
合計ポイント WIN:3
LOSE:4
DRAW:0
WIN:4
LOSE:3
DRAW:0
総合結果 ×LOSE ◯WIN

今回の対決は、失敗してもすぐに直せるし、お金も余りかからないので、二重にするなら断然アイプチがいいと思っていました。しかし、アイプチをやりすぎると、まぶたの皮が伸びてしまうことがあります。まぶたがたるむことによって年齢よりも老けて見られたり、皮膚が固くなって二重になりにくくなることがあるようです。

手軽にできるアイプチにそんな弊害があるとは驚きです。毎日、同じような仕上がりにならないことや、下を向いたときに目が閉じないなどの違和感、出かけてもアイプチが取れているのではないかと心配になったりと、手軽さゆえに悩みも多いと感じました。

プチ整形は、安いと両目で1万円以下、時間も15分とハードルがかなり低くなっていると思います。1回手術してしまえば、その後は手入れなどしなくても数年持つのは魅力的です。しかし、手術後は目が腫れること、自然な感じになるには1ヶ月かかることなどもみると、やはり手術なんだと思います

価格、時間、痛みは少ないけれど、腫れが引くのには結構時間がかかるなという印象です。まぶたの裏を糸で止めるので、人によっては目のゴロゴロ感、まぶたに糸の結び目が見えてしまったりするそうです。身体の不調だけでなく、精神的にも罪悪感や後悔する人がいて、綺麗になることは簡単ではないと感じました。

プチ整形をするには病院選びが大切だと思いますが、腕の良い医師を見つけられ、後悔をしないと自信があるなら、手術後は手間がかからないプチ整形をお勧めします。

アイプチとプチ整形を比較対決したみんなの口コミ

いつでも元に戻せる、融通のききやすさ(アイプチ)
アイプチはつけている間だけ二重まぶたになるので、時と場合に応じて元のまぶたの状態でいることもできることがメリットだと思います。たとえば、昔(アイプチを使っていなかった頃)の知人に会うので顔が変わったと思われたくない・整形に理解がない親戚達との集まりの場では二重になった顔を出しづらい、などといった際には、アイプチさえ使わなければ元のまぶたの状態でいることが出来ます。プチ整形をしてしまえば、本人は普段楽かもしれませんが、こういった際に元に戻す事が出来ないので、理解してもらえなかったり「しないほうが良かった」と思われたり、色々面倒だと思うのです。二重まぶたかそうでないかを選べる気楽な点・融通のききやすい点が、プチ整形に勝るアイプチの魅力だと思います。
プチ整形は後悔するかもしれないから絶対アイプチ!
プチ整形とアイプチなら私は絶対アイプチの方をお勧めします!プチ整形は、医師とはいえ他人によるものです。万が一自分の納得いかない目に仕上がっていたら後悔します。プチ整形といってもお金はプチではありません。万単位です。高額なお金を払って後悔するより、毎回自分が納得のいく二重をアイプチで作る方が良いです。アイプチで毎日過ごしていればだんだん癖がついてきて、自然に二重にもなります。私も実際そうでした。一重に悩んで毎日アイプチをしていたら、理想の二重になりました。安価なアイプチをこつこつ続けて理想の二重を目指しましょう!
一度するとキープしやすく戻りにくいプチ整形がいいと思います。
アイプチは手を出しやすいしお財布にも優しいですが、少し汗をかいたり泣いたりメイクを落とすと元に戻ってしまいます。またずっと使っていると皮膚が伸びるとも聞いたことがあります。それに比べプチ整形はお金こそ少しかかりますが、アイプチが取れるかもばれるかもしれないという心配もなくなり一重や奥二重というコンプレックスもなくなるので自分に自信が持てます。整形もばれるかもしれないと思うかもしれませんが、昔の自分を知らなければ、余程手術跡に違和感がなければ大丈夫です。
プロの手で確実な二重まぶたを手に入れられる!
プロの手で確実な二重まぶたを手に入れられるという点でプチ整形がオススメです。価格競争が進んでいることもあり、最近はかなり手軽にトライできるようになっています。私の友人は韓国へわざわざ行って二重まぶたにする手術を受けましたが、日本の技術もかなり進歩しているので全く問題ないと思われます。いきなりトライするのが心配な場合は二重まぶたになった自分をイメージするためにアイプチを何度か試してみてから、二重まぶたにする手術を受けるというのが安心かもしれませんね。
アイプチよりもプチ整形の方が瞼には良いです。
16歳から24歳までアイプチをしてましたが、25歳の時にプチ整形して二重にしました。
アイプチは手軽ですし、アイプチ液の値段も安くて誰でもすぐに出来て便利です。
しかし瞼はとても皮膚が薄く、かぶれ腫れてしまいやすい部分なので、繰り返しアイプチをしていると瞼の皮が弛んだり、分厚くなってしまいます。
そうするとアイプチをしてもすぐ剥がれてしまったり瞼が痛んで出来なくなってしまうので、絶対にアイプチではなくプチ整形をした方がいいです。
値段もダウンタイムも少しかかりますが、それでも瞼を閉じたり雨や水に濡れた時にアイプチが剥がれる心配がありません。
何よりアイプチよりも瞼には安全です。
プチ整形は整形してしまえば手間がかからないのでおすすめ
二重まぶたにするときは、アイプチは二重まぶたにしたいときに毎回しなければならないので、毎日の生活で二重にする時間がかかるので非常にたいへんです。しかも、アイプチの場合は人前でアイプチはがれてしまうときもありますので、その点も心配して常にアイプチの道具を持ち歩かなければならないのでたいへんです。しかし、プチ整形は整形ですので二重の手術をしてしまえば、何もしなくてもずっと二重なので日常生活が楽に送れるので、二重まぶたにするならアイプチよりもプチ整形の方がおすすめだと思います。
プチ整形の方が断然今後楽!!
私は毎日アイプチをしていました。私が不器用なのもありますが、アイプチの糊が白く残ってしまったり、アイシャドウが塗りにくかったり、日中取れてしまったりと不都合な点が何点もあったので思い切ってプチ整形をしました。

しばらくは腫れてしまったり等があったので時間がないと難しいかもしれませんが、腫れがひけばアイプチのいらない二重が手に入ります。
毎日アイプチをしなくていいのでとても楽ですし化粧もしやすいです。
何にせよアイプチが取れていないか気にする必要がないのが何よりです。

私はぜひプチ整形をお勧めします。

アイプチのように安心できるメイクの方がおすすめです。
おすすめするなら断然アイプチです。アイプチはあくまでも、メイクです。その日たった一度限り、好きなように二重を作るメイクが出来る道具がアイプチです。それに対しプチ整形はメイクではなく、糸でまぶたを縫ったりする医療行為も行うのです。プチ整形は安くて簡単に行える手頃な整形ですが、失敗するなどのリスクもありますし、もちろん危険も伴います。アイプチのように、自分自身で毎朝行えるメイクの方が、安心ですし費用も安いです。
知人に会う時に気まずくない
二重まぶたにするなら、アイプチが良いと私は思います。なぜなら、知人に久しぶりに会った時に、顔の変化(二重)で気まずい思いをしなくて良いからです。同窓会や冠婚葬祭などで古い知人と合わなくてはいけない時には、アイプチにていつもよりナチュラルになるように二重(奥二重気味)を作って出かけると良いと思います。あと、整形してしまうとなおせないので、流行りの顔やメイクに対応できないけれど、アイプチなら自由に変えることができるので良いと思います。
一回施術したら何もしなくてよいプチ整形
アイプチは値段こそ安いものの、毎日しなければ元に戻ってしまい、取れてしまうと街にも出歩けなくなってしまいます。対してプチ整形は値段はかかりますが、1回施術したらそのままの目でいることができ、何もしなくても出かけることが出来ます。煩わしさから解消されますし、また特に目の大きさで悩んでいる人には常に二重をキープすることが悩みの解消にもなりますし、何もしなくてよいのは値段には変えられないポイントになるかと思います。
ノリが剥がれる心配がないので整形がおすすめです
アイプチはお手軽ですし、何もしなければ元通りの目でいられるのでいいのですがノリが剥がれる心配が常にあります。
いつ剥がれてしまうかわからないので鏡でこまめに確認しなければなりません。
また、たとえウォータープルーフのアイプチを使用したとしても泳いでしまうと剥がれることが多いので海やプールで遊ぶのに躊躇してしまいます。

その点、プチ整形をしてしまえばそう簡単にとれてしまうことがないので化粧もどんどんできますし海でもプールでも気にせず泳げます。
ノリが剥がれてないかを気にする必要がないのでストレス少なく暮らしていけるのです。

アイプチの方が自然な二重に
私もアイプチ愛用者ですが、整形よりも自然な二重になれたと思います。
整形だと、かなり深くて不自然な目の二重の線ができてしまうと思います。
芸能人の二重も不自然だと、美容整形外科の方がよく言っています。
アイプチなら、目を伏せるの時は気にかけますが、アイプチを朝だけ付けて安定して来れば外すことができます。
アイプチを外すことで目を伏せてもアイプチをしているとバレることもないですし、二重の線も自然になります。
アイプチで自分に優しくですね
アイプチとプチ整形の違いは、皮膚を傷めるか痛めないかがおおまかな区別だと思います。アイプチは化粧用品つまり道具を使って、その日その日限定で二重にするやり方なので皮膚をいじめません。一方、アイプチは一応はメスを入れたりするので皮膚を入れます。しかし所詮はプチなので数年または数十年で戻ってしまうとか、下手したら変なふうになってしまうこともありえます。大胆な本格的な手術ではないのでです。つまり中途半端、その場しのぎ的ですね。それでいて皮膚を傷めます。それなら、アイプチで皮膚をいじめない方がいいと思います。また若いうちは、外見にこだわるものです。歳をとっていけば二重なんかにこだわらなくなると思います。それなので自分をいじめないアイプチがいいと思います。
すぐに決着する点
二重まぶたにしようと思った時にアイプチとプチ整形のどちらが良いのかと聞かれたら私はプチ整形をおすすめしたいです。
それはどうしてかというと、アイプチなら安心してできるのですが毎回自分でやらないといけない上に二重になる保証もないですが
プチ整形をすれば確実に二重にする事ができるからです。

ですから、私は二重にするならプチ整形をおすすめしたいと思います。それぐらい、簡単に二重になるのがプチ整形というわけです。

時間短縮
プチ整形毎朝の手間がかかりません。
アイプチは、毎日自分で行うため、上手くできた日とそうでない日が、生じてしまい、忙しい朝は化粧時間にアイプチ時間が加算されてしまいます。朝起きた時の顔が、アイプチの場合は一重であるため、彼と初めて一泊旅行などに行った場合、少なからずとも、寝起きの顔に衝撃を与えてしまいます。それに対し、プチ整形は崩れしらずのため、安心して旅行を楽しめます。普段見れないスッピンをかわいいという男性は少なくないので、プチ整形の二重スッピンを披露してみるのも良いと思います。
一生に換算した際の、アイプチ作成時間は、かなりのものかと思いますよ。
体型の変化に合わせて選べる
どちらも知り合いがやっています。一見するとわざわざ手術をするのだから、いくら「プチ」とは言っても整形の方が完璧なのかなと思いがちなのですが、その知人は体形の変化(彼女はかなり太りました)で整形して作った二重が薄くなり結局以前していたアイプチに戻ってしまっていました。アイプチは糊でくっ付ける単純な方法ではあるのですが、現状の体型には合わせてくれます。かかる金額も安い整形で失敗する位ならアイプチを買って使い続けるだけの方が安く済みます。私のお勧めはアイプチです。
アイプチは整形ではないためおすすめです
アイプチはプチ整形と違ってお化粧と同じ感覚で二重にすることが可能なためアイプチのほうがおすすめです。
プチ整形となってしまうと「プチ」とついていますが整形であることは変わりません。
埋没法や切開法など顔にメスを入れるのは誰でも抵抗があるのではないでしょうか。
もし整形をした後に「思っていたのとは違った」ということになっては困ります。
アイプチならお化粧のように元に戻したいときはとってしまえばいいだけなので、こちらの方が断然良いと思います。
アイプチ
実際にアイプチを利用しています。歳をとるにつれて、痩せていきまぶたまで痩せていきました。そのためまぶたが引っ込んだようになり自然に二重になりました。しかし寝不足の時など目が疲れているときは三重になってしまうときがあります。そんなときには、アイプチで二重にするようにしています。なので、整形して決まりを作らない方が、応用が効くと思いました。今後も変化するかもしれないまぶたなので、アイプチで様子を見ていきたいです。
年齢と共に皮膚は弛みます。アイプチくらいで二重ししている方が無難です。
一般に目の大きく二重の女性は憧れの的ですが 年齢を重ねると 大きな目の分だけ目の周りの皮膚に負担がかかって シワも多くなり二重どころか三重・四重になってしまうことがあります。その点 一重の女性は目の周りにふっくらと脂肪がついているので 年の割りにシワも少ないです。また 年とともに目の周りの脂肪が薄くなるので 一重だった目が二重になることがよくあるのです。若い頃は確かに目の大きな女性はアイメイクも映えて可愛く見えるので羨ましいかもしれませんが 整形して二重にしてしまうのは 将来を考えるととてももったいないことだと思います。その点 アイプチでしたら一時的に二重にするだけですし 時間がたてば元にもどるのですから安心だと思います。
元に戻せるアイプチがおすすめ
アイプチはプチ整形と違って、元の目にいつでも戻すことができます。プチ整形をしてしまうと、例え思っていた目と違っても元に戻すのが大変になってしまいます。
その点アイプチなら、奥二重やくっきり二重をその日の気持ちによって変えることができます。
化粧の仕方によっては一重の方が綺麗に見えることもあります。そんな時プチ整形をしてしまうと二重にしかできませんが、アイプチならそのまま一重で化粧をすることができます。
たるまないのが良いと思います。
お手軽に自分で出来る点、費用などの点を考えるとアイプチも良いと思いますが、毎日のことですしその分まぶたへの負担が大きいです。まぶたへの負担が大きいということはたるみにつながるので、年齢が若い時であれば良いですが、年を取るとその影響が大きく出てきます。
それに対し、プチ整形であればプチというだけあり大掛かりなものではありませんし、1度してしまえば半永久的。
総合的にまぶたへの負担が少ないという点でプチ整形がおすすめです。
アイプチは安価に二重まぶたを作れるのがおすすめです。
アイプチはプチ整形に比べ、安価に二重まぶたを作れるのでおすすめです。
安いものだと500円くらいで販売されています。
最近はウォータープルーフ仕様のものが増え、汗や水に強くなり、かつ長時間キープできるようになったので
夏でも安心して使用することができます。
使い始めの頃は、まぶたに向かって二重まぶた形成用のスティックを刺すことに抵抗があるのは事実ですが、
慣れれば怖くないし、二重まぶたをうまく作れるようになります。
また、就寝前にやると癖付けにもなるので、個人差はありますが3ヶ月ほどで二重まぶたにすることも可能なので
プチ整形よりもお得だと思います。
どうしても変えたいなら埋没法の二重手術を試してみては
アイプチをしてもすぐに戻ってしまう二重で、とてもコンプレックスがあるならば埋没法の二重をしてもよいと思う。切開で二重にしてしまうのはとてもリスクがあるが、埋没法であれば糸で止めるだけなので、二重の整形手術という難しいくくりに入らないと思う。
でも、人の顔は歳をとればいい変わるし一時のファッションとして二重にしたい程度であれば、お金のかかる整形手術よりもアイプチでテープやノリを使って顔をコロコロ変えるだけでいいと思う。
プチ整形
二重の方がアイメイクがしやすかったり可愛く見えるので二重に憧れる人が多いと思います。私もその1人です。アイプチは幅を自由に変えれるためいいと思いますがいろんなアイプチが出ているなかで私はシールタイプと液タイプを合わせて使っていました。かなり強力のため落とすのに瞼を傷付けさらにはれぼったくなりメイクを落とすと瞼は腫れたまま結局は永続的を求めていたためプチ整形を選びました。瞼はさらにすこし腫れていましたが目をしっかり冷してくださいと言う指示に従って一週間くらいで落ち着きました。仕事の間は眼鏡をつけるなどして特に整形した?と言われることもありませんでした。今では朝はアイプチしてた時間がなくなり支度がとっても楽で温泉なども気にしなくていいです。
そのうち癖がついて二重になるのでアイプチがおすすめ
日本では、まだまだ整形へのマイナスなイメージを持つ人が多いと感じます。
二重になりたい人自身も、整形への背徳感があって躊躇していることが多いです。
アイプチならば、メイクの一部として受け入れられている印象です。アイプチを続けるとまぶたに二重の癖がつき、いつかアイプチをせずとも二重になります。まぶたは皮膚が薄いので、二重になる確率は高いです。
アイプチで出来た二重ならば、整形ではないので自然と手に入った顔として、自信を持って生きていけると思います。
二重まぶたはアイプチで!顔はけっこう変わります
二重まぶたにしたいなら、整形よりもだんぜんアイプチをおすすめします。なぜなら、年齢とともに人の顔はかなり変わるからです。私もそうですが、一重まぶたの人でも、年齢を重ねていくとまぶたの周りの脂肪が落ちて、二重まぶたになりやすくなります。生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど一重まぶたに近い顔をしていますよね?でも、生後数ヶ月~数年で、二重まぶたの子が増えていきます。
年齢とともに、顔は大なり小なり変わっていきます。アイプチも続けていれば二重のくせがついてきますので、最終的にはアイプチ不要となります。整形は、後で戻そうとしても元通りにはなりません。20年後も、その整形が似合っている保証はありません。可逆的な方法で、少しずつ二重まぶたに近づけるアイプチをおすすめします。
アイプチです
私自身一重まぶたです。

アイプチをして、奥二重になりました。プチ整形の経験はないのですが、年齢を重ねていった時のことを考えると、アイプチのほうが無難かなと思っています。

私は40代前半ですが、30代後半くらいから、まぶたの肉に変化を感じています。たれてもくるし、張りがなくなって、凹んだようなまぶたになってきました。

こんなにまぶたが変化してくるのなら、プチ整形でまぶたを変化させてきてたら、どんなふうに変化していたのかとちょっと不安です。

アイプチの変化ですが、アイプチでクセが一度ついてからは
今は何もしなくても、勝手に奥二重をキープしています。

片目の奥二重が、また一重に戻ってきてますが、またくせでづけしたら、自然な奥二重に戻ってくれそうです。アイプチがおすすめかなと私は思ってます。

自然な二重
半年ほどアイプチをしたら、自然と痕がつくようになり、自然な感じの二重になりました。アイプチをつけている時は気をつけてやらないと不自然な感じの二重になり、つけていて違和感を感じますが、慣れてくれば、時間をかけずにできるので、整形に不安があったり、仕上がりが不安な人は、アイプチで時間をかけながら、自然な仕上がりの二重を目指していく方がいいと思います。やはり、自分で好きなような形の自然な二重にできる点でおすすめです。
アイプチなら二重幅が変えられる。
二重の幅にも流行りがあるので、私はアイプチをお勧めします。
その日の気分でも変えられるし、プチ整形ですっごく幅を広くしてしまって、歳を重ねる事に形もやっぱり変わってくるし、自分の好みも変わってくるし、時代の流行りもあるし、いつでも手軽に二重幅を変えられる方が断然いいと思います。

化粧の雰囲気も今日はクールな気分!と思ったら狭くして、今日はまん丸の目にしたいな!と思ったら広くしてってやってる方が楽しいと思います。

プチ整形(埋没法)やり直しができる。
プチ整形(埋没法)がおススメです。
自分で好みの二重のラインを選ぶことができ、気に入らなければ糸を簡単に取って簡単に元に戻すこともできます。
アイプチのように、まぶたがただれてしまったりラインを作るのに毎日時間がかかったりなどといった苦労をしないで済みます。
アイプチの場合まぶたがたるんでしまう為、そのようになってからではプチ整形も難しくなります。
先の事を考えたらアイプチはデメリットが多い為、最初からプチ整形を選択される方が良いと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。