どっちのネットバンクがいいのか比較!三井住友銀行とみずほ銀行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットバンク

ネットバンクに口座開設するとしたら何を重視するでしょうか。ネットを通じてのお金のやり取りなので、セキュリティは気になりますよね。大手銀行ならそういったこともしっかりしていそうなイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。

今回は大手銀行である三井住友銀行とみずほ銀行を比較してみました。セキュリティ面以外にも手数料や口座開設のしやすさなども調査しています。ネットバンクの利用を考えている人は参考にしてみてください。

三井住友銀行とみずほ銀行の比較表

銀行名 みずほ銀行 三井住友銀行
名称 みずほダイレクト SMBCダイレクト
利用可能時間 24時間365日(毎週日曜日21:00~翌月曜日 7:00はシステムメンテナンス)
手数料(同行間振替) 当行同一支店宛:無料
当行本支店宛:3万円未満 108円、3万円以上 216円
同一支店:無料
本支店:108円
手数料(他行宛振込) 関西アーバン銀行・みなと銀行・SMBC信託銀行:108円
他行あて;3万円未満 216円、3万円以上 432円
提携ATM利用手数料 ・イーネット・ローソン・セブン銀行:引出・預入・振込み 平日8:45~18:00 108円、以外216円
※セブン銀行ATMで振込みは不可
・イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM:
平日8:45~18:00 108円、以外216円
・JR東日本ATM(VIEW ALTTE)・SMBC信託銀行ATM:
平日8:45~18:00 無料、以外108円
・関西アーバン銀行・みなと銀行・大阪府警察信用組合ATM:
平日8:45~18:00 無料、以外108円
・三重銀行・名古屋銀行ATM
平日8:00~18:00 無料、以外108円
・提携金融機関ATM:
平日8:45~18:00 108円、以外216円
1日の振込・振替限度額 200万円 100万円
口座開設方法 申込書作成フォームによる口座開設
■フォームへの入力・印刷
必要事項を入力のうえ、画面にしたがい印刷
■申込書の郵送
署名・捺印した申込書、本人確認書類を郵送
(2週間後)
■ご利用開始のお知らせ(ご利用カード)の送付(簡易書留)
■初回登録、利用開始
SMBCファーストパック
■インターネットで必要事項を入力します。
(約1週間後)
■入力内容が印字された申込書が届きます。
■必要事項をご記入ご署名、ご捺印の上ご投函
本人確認書類を同封します。
(約3週間後)
■SMBC CARD、通帳、SMBCダイレクトの「パスワードカード」、「ご利用の手引き」が届きます。
円普通貯金の金利 0.00001 0.00001
円定期貯金の金利※商品・期間・預入額により異なる 1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年~10年
年0.010%
スーパー定期、スーパー定期300、大口定期:
1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年~10年
年0.010%
新型定期貯金の金利※商品・期間・預入額により異なる
外貨定期貯金の金利※通貨・期間により異なる ※円→外貨 米ドル/1年 0.550%
ユーロ/1年 0.020%
ポンド/1年 0.100%
豪ドル/1年 0.800%
NZドル/1年 1.000%
スイスフラン/1年 0.010%
米ドル/1年 0.400%
ユーロ/1年 0.010%
ポンド/1年 0.100%
豪ドル/1年 0.800%
NZドル/1年 0.950%
スイスフラン/1年 0.010%
ポイント みずほマイレージクラブ
取引状況に応じてATM時間外手数料無料など、「うれしい特典」がある。
SMBCポイントパック
「口座(残高別金利型普通預金)」と「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」をご契約のお客さまにポイントの付与や手数料の割引を提供するサービス
口座照会(PC)
口座照会(スマホ)
振込・振替(PC)
振込・振替(スマホ)
定期貯金(PC)
定期貯金(スマホ)
外貨の売買(PC)
外貨の売買(スマホ)
投資信託(PC)
投資信託(スマホ)
住宅ローン・カードローン(PC)
住宅ローン・カードローン(スマホ)
情報変更(PC)
情報変更(スマホ)
海外送金手数料 5,000円 4,000円
海外受取手数料 2,500円 1,500円
取扱海外通貨 7通貨(米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、豪ドル、NZドル)
公式サイト みずほ銀行の公式サイトはこちら 三井住友銀行の公式サイトはこちら

ネットバンク口座の開設しやすさ対決

○WIN:みずほ銀行
みずほ銀行のネットバンク、みずほダイレクトでは店頭、インターネット、スマホアプリからできます。店頭の場合、通帳の即日受け取りも可能です。

また店頭にいけない方は、インターネットからの申し込み2種類とスマホアプリからの開設をオススメします。特にスマホアプリからの開設は、申し込みが完了してから通帳が届くまでの期間が1週間後となっています。

インターネットからの申し込みは通帳が届くのが2週間後となっていますから、店頭にいけない方で、少しでも早く使い始めたい方はスマホアプリからの申し込みがおススメです。

×LOSE:三井住友銀行
三井住友銀行のネットバンク、SMBCダイレクトの開設方法も店頭、インターネット、スマホアプリからとなっています。

店頭では、通帳とパスワードカードの即時受け取りが可能です。また、店頭にいけない方向けに、インターネットからの申し込みが2種類と口座開設アプリからの申し込みがあります。しかし、通帳などが届くまでの期間が方法によって2週間~最長4週間と掛かるのが気になる点です。

守りは万全?セキュリティ対決

△DROW:三井住友銀行
SMBCダイレクトのセキュリティはATMオートロックサービス、メールでのお知らせ(無料、有料あり)、電子証明付き電子メール、ソフトウェアキーボード、自動終了方式、EV SSL証明書、ワンタイムパスワード、複数の暗証番号、取引限度額の設定可、128bit SSLの暗号通信方式を採用しています。

△DROW:みずほ銀行
みずほダイレクトのセキュリティはメールでのお知らせ、電子署名付き電子メール、ソフトフェアキーボード、自動終了方式、EV SSL証明書、ワンタイムパスワード、複数の暗証番号、第2暗証番号ランダム入力、取引限度額の設定可、128bitSSLの暗号通信方式を採用しています。

ATM手数料対決

△DROW:三井住友銀行
三井住友銀行の本支店、JR東日本、関西アーバン、みなと、大阪府警察信用組合、三重、名古屋の各銀行ATMの場合、時間内使用は無料です。時間外や土日祝は108円~216円かかります。イオン、ローソン、セブン、ゆうちょ、その他提携金融機関については時間内外問わず108円~216円の手数料がかかります。

△DROW:みずほ銀行
みずほ、イオンの各銀行ATM、ステーションATM(Patsat)の場合、時間内使用は無料になります。時間外や土日祝日は108円~216円の手数料がかかってきます。ゆうちょ、JR東日本、スルガ、その他提携金融機関については時間内外問わず108円~216円の手数料がかかります。

ネットバンク振込手数料対決

○WIN:三井住友銀行
SMBCダイレクトの振込手数料は同一店については金額関係なく無料。三井住友銀行の本支店あては3万円未満・以上ともに108円かかります。関西アーバン、みなと、シティバンクの各銀行あてでは金額関係なく108円、他行あては3万円未満で216円、3万円以上で432円がかかってきます。

×LOSE:みずほ銀行
みずほダイレクトの振込手数料はみずほ銀行同一支店あてについて金額関係なく無料。本支店あてが3万円未満108円、3万円以上216円かかります。他行あては3万円未満216円、3万円以上432円がかかってきます。

手数料無料サービス対決

○WIN:三井住友銀行
三井住友銀行ATMに限り、毎月25日、26日はATM時間外手数料無料サービスを行っています。

また、SMBCポイントパックの利用で、6つある適用条件のなかの1つをクリアすると、各種手数料が無料になります。適用条件は給与・年金振込、三井住友・さくら・セディナの各クレジットカード利用代金引き落とし、残高30万円、住宅ローン、web通帳、カードローンの契約があります。

給与・年金振込、Web通帳やカードローン(お借入れ0でもOK)の契約は簡単で一番手っ取り早く手数料無料の恩恵を受けられますから利用しない手はありませんね。

×LOSE:みずほ銀行
みずほマイレージクラブを利用して、取引条件を1つクリアすると、各種手数料が無料になります。月末残高10万円、みずほマイレージクラブカードの利用、資産運用商品の残高有、住宅ローン・カードローンの残高がある、NISA口座有の条件があります。月末残高10万円を残しておくのが一番簡単ですね。三井住友銀行と比べると少し、条件クリアの難易度が高めです。

結局どっちがいいのか?

対決項目 三井住友銀行 みずほ銀行
ネットバンク口座の開設しやすさ ×
セキュリティ
ATM手数料
振込手数料 ×
手数料無料サービス ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:1
DRAW:2
WIN:1
LOSE:2
DRAW:2

総合結果 ◯WIN ×LOSE

三井住友銀行とみずほ銀行は知名度の高い大手銀行ですよね。セキュリティは2つとも万全で、大手銀行ということもあり安心感は絶大なものがあります。しかし、若干の差はありますが両社とも利用手数料高めなのが少し残念なところでしょうか。

また、みずほ銀行の場合には、高めの利用手数料を安くする、みずほマイレージグラブの取引条件の難易度が、少し高めなのも気になりますね。その点、三井住友銀行のSMBCポイントパックは簡単な条件が数種類あり、簡単に手数料無料の恩恵を受けることが出来ます。

簡単でお安く利用したいとなるとSMBCダイレクトがおススメですね。その為、比較した結果としては、三井住友銀行のSMBCダイレクトが利用しやすい!と感じました。

三井住友銀行とみずほ銀行を比較対決したみんなの口コミ

手数料がかかりにくい!
手数料がかかりにくい口座を作りたいなら、三井住友銀行がオススメです。三井住友銀行のATMであれば、平日の8:45から18:00までなら預け入れ、引き出し共に手数料無料で利用できます。土日祝日でも終日108円で預け入れ、引き出し共にOKです。みずほ銀行の場合は時間帯によって手数料のかかり方が違ってくるので、ちょっとややこしいんですよね。三井住友銀行の方は手数料のかかり方がとてもわかりやすいので混乱を防げます。
店舗数の多さ
住友銀行・神戸銀行・三井銀行など関西発祥もしくは関西に深く根を下ろした銀行が母体になっているため、関西エリアに店舗数が非常に多く、関西在住の私には非常に便利です。
提携している関西アーバン銀行のATMでも出金ができるのはありがたいサービスです。
第一銀行・勧業銀行・富士銀行など関東を地盤とする銀行から今のみずほ銀行になっていることを思えば、首都圏にお住いの方はみずほ銀行のほうがなじみ深いかもしれません。
地方にもあるし、みずほ銀行の対応が良い
わたしは地方都市に住んでいます。三井住友銀行はネットバンキングで利用するだけで、店舗が地元にないので、利用したことはありません。反対にみずほ銀行は、店舗があるので、いつも利用させてもらいます。ネットバンキングは便利だけど、利用に不安が大きいと思っているので、やはり店舗を持つみずほ銀行がおすすめ。また海外旅行に臭いの外貨両替や、投資信託の話などもすぐに対応してくれるので、話がスムーズに進むという点で地方都市に住む人にはお勧めです。
丁寧な対応がポイントです。
みずほ銀行は、スタッフや窓口のお姉さん達の対応が良いのでおすすめです。銀行内で良く分からないことがあり、オドオドしていてもすぐに気づいてくれていつも声をかけてくれます。窓口では、必要な事だけを的確に処理してくれますし、正確さに関しても問題ないと思います。銀行もお客さん相手の商売ですから、笑顔であったり親切であったりと、スタッフがどれだけ良い対応をしてくれるかが、おすすめの銀行となるポイントだと思います。
ATMの利便さで言うと三井住友銀行です
主人が三井住友銀行を利用し、私はみずほ銀行をメインバンクとしています。両者を比べてみて、ATMの利便さで言うと圧倒的に三井の方が勝利していると感じています。
三井ですと、JR駅にあるviewのATMで時間内であれば無料で引き落としが可能です。駅に行けばお金が下せるので、うろうろとATMを探し回る必要がありません。
またみずほは時間外利用の場合、入金でさえ手数料が発生してしまうという、非常に珍しく不便なATMシステムです。それを考慮してもやはり、三井に軍配です!
ATM時間外手数料無料のハードルが低い三井住友銀行
私のオススメは三井住友銀行です。特に若い層には向いていると思います。なぜなら、みずほ銀行は普通預金の顧客を残高や取引内容によってステージ分けしますが、三井住友銀行はそのようなはっきり区別したステージはなく、「ポイントパック」というタイプの普通預金にして給料受け取りや無通帳取引など6つの条件のどれか一つを満たせばATMの時間外手数料無料サービスが受けられるからです。
ポイントパックは申し込みも利用も無料、給料は振込額がいくらでも構わないので、給料の受取口座にできたらとてもお得だと思います。
コンビニのATMも月4回まで無料で使えるし、ネットバンキングの振込も同行間無料になりとても便利です。
三井住友銀行のほうが銀行として格が高いです。
三井住友銀行とみずほ銀行なら、三井住友銀行のほうを私はオススメします。
その理由は、三井住友銀行のほうが銀行として格が高いからです。
天下の三井と住友が合併して作られた三井住友銀行と同格の銀行といえば、
三菱東京UFJ銀行くらいだと思います。
相手が三井住友銀行だと、正直みずほ銀行では役不足と言えるでしょう。
手数料その他はどちらを選んでもさほど変わらないことを考えると、
やはり格の高い三井住友銀行のほうがよいでしょう。
インターネットバンキングが使いやすい
三井住友銀行より、みずほ銀行の方が、インターネットバンキングが使いやすいので、おすすめです。みずほ銀行のインターネットバンキングは、みずほダイレクトといい、操作が簡単です。ご利用カードというものをもらえるので、そのパスワードなどを使って簡単に残高確認や、振込などができます。一方、三井住友銀行のインターネットバンキングは、操作が分かりにくいので、使う気がしなくなってしまいます。働いている人は特に、インターネットバンキングを使うと思うので、みずほ銀行をおすすめします。
客の困った状況、気持ちをくみとってサポートしてくれたあたたかさ
それぞれの銀行に、良い点はたくさんあると思いますし、そんな中で私が体験したことはほんのわずかですが、印象に残っているのでお伝えしたいと思います。
ある証明書を急ぎ発行してもらう必要がでました。
両行で依頼した時期は異なりますが、窓口担当はそれぞれ、きちんと説明してくれ、1週間ほどかかるとのこと、対応も納得いくものでした。
こちらの事情が差し迫っていて、休日も入るため、無理を承知で繰り返し早急にとお願いして帰りました。
みずほさんは、説明されたとおりぎりぎりに送られてきました。なんとか納期に間に合いました。普通郵便でした。
三井住友さんは、通告された期日より一日早く投函されており、しかも速達対応でした。
手数料にはその分があるわけでなく、客を大事に扱ってくれている気持ちが汲んで取れました。嬉しかったです。
三井住友銀行は給与受け取り口座の指定にされているところが多い。
私は、仕事柄、休みが多いため、派遣バイトや、単発のバイトなど、様々な仕事をしてきました。
もちろん、それぞれに給与の受け取り口座が必要になります。
そこで、感じたのが、私が知っている限りでは、明らかに三井住友銀行指定が多いのです。
指定と言っても、三井住友銀行でないとだめというところもあれば、三井住友銀行口座以外は給与振り込みに手数料がかかるといったこともありました。
そのため、今では三井住友銀行が完全に私のメインバンクです。
手数料が有利な点
三井住友銀行とみずほ銀行のどちらがおすすめかというと、私は三井住友銀行が良いと思います。
確かに三井住友銀行もみずほ銀行も大手の銀行でどちらも安心できますが、どちらの方がおすすめかと聞かれれば
三井住友銀行の方が若干手数料の点で有利なので私は三井住友銀行をおすすめします。

それぐらい、三井住友銀行の手数料無料サービスは充実しているので私は三井住友銀行をおすすめしたいと思います。
それぐらい三井住友銀行の方が有利だと思います。

手数料がお得
みずほ銀行は手数料がお得な点が魅力だと思います。マイレージクラブに入会していれば、一定条件をクリアすることで時間外手数料やコンビニATMでの手数料、振込み手数料について優遇措置があり、手数料を節約することができます。また、地方では都市圏に比べ支店数が少なく、なかなか足を運ぶことが難しいのですが、イオン銀行のATMでは、みずほ銀行ATMと同じ手数料で利用できるので、買い物ついでに利用でき、大変便利だと思います。
ATMの数の多さで、みずほ銀行がお勧めです。
私は派遣会社の正社員として働いています。最近、みずほ銀行に口座を開設しました。理由は使用できるATMの多さです。派遣の仕事に就いているため、現場が日によって違うので、使用できるATMが多くないと不便だからです。コンビニでも引き落としはできますが、手数料を考えると銀行が運営するATMでないと勿体無い気もしますし、引き落としがかさめば手数料だけでも、バカにならない金額になってしまいます。できることなら手数料はゼロにしたいですから、みずほ銀行を選びました。
ATMの数
CMなどでもアピールポイントとして取りあげられていますが、やはりATMの数が多いみずほ銀行がおすすめです。必ずといっていいほど、他社にATMがある場所にはみずほのATMがあります。どこでもすぐに必要な時にお金を出し入れできるのは、ATMが多い特権でもあると思います。結構、ATMが少ないと不便です。駅周辺、コンビニ内でもみずほのATMが多く設置されているところが多く、電車を待ちながら、駅構内のコンビニで、ついでにお金をおろせるので便利です。
みずほ銀行がおすすめ
三井住友銀行も悪くは無いですが、初めて口座を作るならみずほ銀行がおすすめだと思います。最大大手ですし、ATMは結構街中に有るので探す手間も有りません。奇をてらうような通帳とカードもなく、色も落ち着いているため、社会人なら恥ずかしくなく人前で出させます。窓口も多く有り、何かあった時に駆け込みする事が容易に出来ます。問題が有れば、置いてある用紙に記載しておけば、意外に早く解決してもらえます。窓口業務している方も親切ですし、意外ですが待ち時間も短いです。
コンビニATMでの引き落とし
私は三井住友銀行をおすすめいたします。
コンビニATMでの取引の際、24時間いつでも
使うことが可能です。またセブンイレブンで
取引すると月々数回手数料が無料で引き落とせる
ようになっていますので、あまり銀行に行けない
私は給料日に記帳して、後はセブンイレブンで
引き出します。仕事の関係上、セブンイレブンのATMを
使うことが多いのでその際に自分の分も
おろせますし、急に引き出したい時も手数料を
気にせずコンビニで済ませることができるのは
大きな利点といえます。

会社概要

商品名 三井住友銀行 みずほ銀行
販売事業者名 株式会社三井住友銀行 株式会社みずほ銀行
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号 東京都千代田区大手町1–5–5
ホームページ http://www.smbc.co.jp/ http://www.mizuhobank.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。