三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の住宅ローンを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイホーム

三井住友銀行の住宅ローンと三菱東京UFJ銀行の住宅ローンを比較対決しました。

どちらも固定金利での金利が低く、メガバンクならではの安心感や窓口が多く相談しやすいといったメリットがあります。

金利プランはどのようなものがあるか、付加サービスはどちらがお得か、借り換えのしやすさはどうか、ここを見れば一目瞭然。

返済計画をきちんと立てたうえで、自分に一番お得となるようにぜひ参考にしてください。

三井住友銀行の住宅ローンと三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの比較表

住宅ローン名 三井住友銀行の住宅ローン 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン
変動金利 年0.625%~年0.875% 年 0.625 % ~ 年 0.875 %
固定金利 【最後までずーっと引き下げプラン】
固定金利特約型2年:年0.75%~年1.00%
固定金利特約型3年:年1.00%~年1.25%
固定金利特約型5年:年1.10%~年1.35%
固定金利特約型10年:年1.15%~年1.40%
【最初にぐぐっと引き下げプラン】
固定金利特約型5年:年0.75%
固定金利特約型10年:年0.80%
固定1年:年0.95%~年1.20%
固定2年:年1.00%~年1.25%
固定3年:年1.15%~年1.40%
固定5年:年1.25%~年1.50%
固定7年:年1.25%~年1.50%
固定10年:年1.25%~年1.50%
固定15年:年1.95%~年2.20%
固定20年:年2.30%~年2.55%
全期間固定金利 10年超~15年以内:年1.35%
15年超~20年以内:年1.43%
20年超~35年以内:年1.46%
固定21年~25年:年 1.04 %
固定26年~30年:年 1.05 %
固定31年~35年:年 1.09 %
保証料 10,195円~20,620円(融資期間・返済方法により異なる) 別途お支払い。支払方法には一括前払い型と利息組込み型があり。利息組込み型はお借入金利が一括前払い型にくらべて年0.2%高くなります。
(例)借入金額1,000万円、借入期間30年、元利均等返済方式、元金返済据え置きなしの場合:<一括前払い型>191,370円
繰り上げ返済の手数料 インターネットバンキング(SMBCダイレクト)による繰り上げ返済手数料は無料。
窓口は5,400円~16,200円
【一部繰上返済】
インターネット:無料
電話・テレビ窓口:5,400円
窓口:16,200円
【期限前完済手数料】
インターネット・テレビ窓口:10,800円
窓口:21,600円
事務手数料 32,400円 32,400円(消費税込)
団体信用保険料 0円 0円
疾病保証特約 8大疾病保障付住宅ローン:住宅ローン金利+0.3%
8大疾病保障付住宅ローン+日常のケガ・病気保障特約:住宅ローン金利+0.1%
7大疾病保障付住宅ローンビッグ&セブン<プラス>
保険料の支払いは2タイプ
・住宅ローンの金利に0.3%上乗せ
・保証内容によって設定された保険料を毎月支払い
特典 ATMの時間外手数料が無料
SMBCポイントパックのポイントが貯まる
あわせて「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」をご利用いただくと、ATM利用手数料が何回でも無料に。
提携先コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソンATM・E-net ATM)の利用手数料が3回まで無料になる。
自己資金
最大融資額 1億円以下 1億円以下
返済方法 「元利均等返済」「元金均等返済」のいずれかの方法 元利均等返済・元金均等返済の2タイプ
事前審査の回答 約2営業日後 最短翌日
キャンペーン 【期間限定】固定3年特別金利住宅ローン:年0.55%
【期間限定】固定10年特別金利住宅ローン:年0.60%
(平成28年7月1日~平成29年3月31日までに正式に申し込み、平成29年3月31日までにお借入れいただけるお客様)
問い合わせ 0120-56-3143
毎日9:00~21:00(1月1日~3日と5月3日~5日は除きます。)
0120-860-777
9:00~17:00(1月1日~3日と5月3日~5日を除く)
公式HP 三井住友銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら 三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら

住宅ローン概要対決

×LOSE 三井住友銀行の住宅ローン
緑のメガバンク、三井住友銀行。会社への信頼や財閥系ということもあり安心して借入ができるので、非常に人気の住宅ローンです。最近では住宅ローンを契約する方法の一つにインターネットからの申し込みも可能になりました。

審査もネット上で無料審査が可能ですし、申し込みから借り入れまでに1ヶ月程度で完了するという素早い対応にも驚きです。また、店舗によっては土日祝日も受け付けています。セミナー申込やお問い合わせは毎日9時~21時までと長い時間受け付けています。もちろん、こういったサービスは三井住友に限った話ではありませんが、メガバンクという安心感に加えてサービスも提供できるというのは非常に強みですね。

◯WIN 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン
同じく赤のメガバンクの三菱東京UFJ銀行です。メガバンクというだけでなく、三菱UFJの住宅ローンはご利用額が8年連続ナンバーワンという実績の高さも安心感が高まりますね。インターネットから24時間受付可能、来店不要で申込も可能、口座をお持ちの方なら5分で入力可能、審査も最短翌日など、対応が非常にスピーディです。

住宅ローン相談会は土日や平日15時以降の時間帯にも用意してあるなど、住宅ローンには非常に力を入れていることがわかります。これらのことから概要に関しては三菱東京UFJの勝利です。

住宅ローン商品対決

△DRAW 三井住友銀行の住宅ローン
商品は主に4つです。まずは三井住友住宅ローン、ネットdeホーム、住み替えローン、リフォームローンです。三井住友住宅ローンは居住する住宅・宅地の購入資金、新築・増改築、リフォームの資金などに充てる融資です。

そしてこの住宅ローンは諸費用・リフォーム口用にも利用できます。その中でも新規借入と借り替えの2種類があり、元利均等返済または元金均等返済のいずれかの返済方式でいくつかの条件に当てはまる方にもが利用できる住宅ローンです。

ネットdeホームは申し込みから融資までをネットで済ませて来店不要、日本全国取り扱いできるシステムです。支店のない地域でも三井住友での住宅ローンが可能となっています。そのほか住み替えの方向けの住み替えローン、最高1,000万円まで無担保融資のリフォームローンとあります。この中で住宅ローンのみを検討するということであれば、新規借入と借り替えの2種類となりますね。

△DRAW 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン
商品としては住宅ローン、セカンド住宅ローン、住宅諸費用ローン、リフォームローン、リバース・モーゲージ型住宅関連ローンの5つに分かれています。住宅諸費用ローン、リフォームローンは三井住友とほとんど変わりません。住宅諸費用ローンも三井住友にありましたね。

セカンド住宅ローンは通勤要住宅などのセカンドハウス向けの住宅ローンです。セカンドハウスのため、金利は通常の住宅ローンよりも高めに設定されていることが多いです。リバース・モーゲージ型住宅関連ローンというのは東京都周辺一部地域のみの取り扱いで、セカンドライフ向けの自宅を担保にしたローンです。

そして、住宅ローンそのものは新規借入、借り替えの2タイプです。金利を固定型・変動型などいくつかのコースから選ぶことができます。また、三菱東京UFJもネットで借入が可能のサービスがあります。商品そのものは三井住友の住宅ローンとさほど変わりません。

商品の選択肢は三菱東京UFJの方が多く見えますが、「住宅ローン」として見た場合は新規借入、借り替えの2種類にネット申込可能というものでほぼ同じと思っていただいて構いません。そのため、ここではDRAWです。

金利プラン対決

△DRAW 三井住友銀行の住宅ローン
金利プランの選択肢としては「最後までずーっと引き下げプラン」、「最初にぐぐっと引き下げプラン」、「超長期固定金利型」、そして変動と固定「ミックスプラン」があります。

金利変動金利型、固定金利特約型(2年・3年・5年・10年)の「最後までずーっと引き下げプラン」は店頭金利よりも年1.6%~1.85%引き下げられるといったサービス内容です。「最初にぐぐっと引き下げプラン」は固定金利特約型(5年・10年)の店頭金利よりも年2.2%引き下げしてくれます。

そして金利上昇を心配する方には「超長期固定金利型」ですね。どれが良いかは借入の金額や期間にもよりますが、人気商品はやはり「最後までずーっと引き下げプラン」ですね。三井住友は変動金利型、10年の固定金利特約型などがほかの銀行に比べ低金利だと言われています。
しかし、窓口の金利によってどれほどの金利になるかは経済情勢によって分かりかねますので、毎日チェックしなければなりませんね。

△DRAW 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン
三菱東京UFJは4つのコースがあります。全期間で金利引き下げの「ずーっとうれしい金利コース」。こちらは変動金利で店頭表示金利より最大-1.85%となります。ただし、引下額は審査結果によって異なりますのでご注意くださいね。

そして、仮初めの金利を引き下げてくれる「ぐんとうれしい住宅ローン」は当初10年は-2.2%、その後完済までの間は-1.4%となります。固定・変動を組み合わせた「ミックス借入」、超長期固定金利住宅ローンの「ずーっと固定金利コース」とあります。
人気はやはり「ずーっとうれしい金利コース」ですね。

基本的には商品名は異なるものの、内容としてはどちらも似た内容です。金利の引き下がる数字もほぼ同じですね。そのため、結果はDRAW。お互いに意識して商品を作っている様子がうかがえます。HP上にシミュレーションもありますのでぜひやってみましょう!

住宅ローンの特徴対決

まず、基本的な条件はほぼ同じです。借入時満20歳以上70歳まで、完済時は80歳まで。本人居住用住宅・宅地に使用すること。100万円以上1億円以内(10万円刻み)などが挙げられます。事務手数料32,400円。ここでは商品の大きな特徴を比べていきます。

△DRAW 三井住友銀行の住宅ローン
三井住友の住宅ローンの特徴は変動金利型、10年の固定金利特約型などが低金利だと言われています。商品としてインターネット利用の「ネットdeホーム」なども作っているため、ネット銀行を意識している部分もあるかと思います。

そのため、低金利に努めているのではないでしょうか。ただ、店頭金利なので三菱東京UFJよりも安い金利で借りられるという保証があるとは言えません。不安な点は保証料の明確な記載がなく、方式も外枠方式、内枠方式とあります。そのため、明確な金額がわからないのはやや不安ですね。しかし、大きく数字が変わるといったこともないので、それほど構えすぎる必要はありません。

△DRAW 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン
三菱東京UFJの保証金は年0.2%相当となっています。また、店頭金利は日によって変わってしまうので一概には言えませんが、大抵の場合メガバンクは同じ数字であることが多いです。
メガバンクは横並びで商品を作っているので、大きな特徴はそれほどありません。ただ、住宅ローンに力は入れているのでスピードに関しては早いといった声は聞きます。特徴に関しては大きな違いは見られません。しかし、銀行によって審査が異なる可能性はありますので、直接連絡して聞いてみるのが良いでしょう。ここもDRAWとなってしまいました。

サービス・保証対決

どちらのバンクも住宅ローンに入るとATMなどによる時間外手数料が無料になる特典をつけています。そのため、それ以外の差別化した部分を比較します。

◯WIN 三井住友銀行の住宅ローン
給与振込先を三井住友銀行に設定している場合、住宅ローンの引き落とし口座を給与振込口座に設定すると金利が優遇してもらえることがあります。また、共働き夫婦におすすめされる「クロスサポート」を利用すると、残された家族の住宅ローンを肩代わりしてくれるという保証もあります。

夫だけでなく、妻も保証してくれるという今時の家族のかたちを守る住宅ローンですね。共働きには嬉しい保証ですよね!そのほかガン、急性心筋梗塞などの8大疾病と診断され所定の状態になった場合に残高0えんとなる8大疾病保証付き住宅ローン、自然災害時返済一部免除特約付き住宅ローンもあります。

×LOSE 三菱東京UFJ銀行の住宅ローン
売れ筋に7大疾病保証付き住宅ローンビッグ&セブンがあります。これはガン、脳卒中などで所定の状態になった場合、残高0円になるだけではありません。両親の要介護状態になった場合には一時金100万円が支払われる保証もついています。

さらには7大疾病によって就業できなくなってしまった場合は毎月のローン返済額を保険金として最長1年間支払ってもらえるという何重にもうれしい保証が付きます。親の介護が必要になった場合の介護費用サポートとして利用もできますし、女性特有の疾病や妊娠に伴う身体障害も保証できるなど、非常に手厚い保証で保険がわりになると話題です。以前に比べて保証内容をレベルアップしてきました。普通の団体信用生命保険だけでは物足りなくなるほどの保証を備えていますね。

どちらのサービス・保証もご自身に合ったものを選ぶとよいでしょう。しかし、どちらかといえば保証内容に関しては三井住友の方が時代に合った保証を用意していると思います。そのため、こちらでは三井住友銀行の勝利です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
住宅ローン概要 ×
住宅ローン商品
金利プラン
住宅ローンの特徴
サービス・保証 ×
合計ポイント WIN:1
LOSE:1
DRAW:3
WIN:1
LOSE:1
DRAW:3
総合結果 △DRAW △DRAW

基本的にはメガバンク同士だと内容は似たりよったりであまり変わらないと思います。総合的にみてもドローとなりました。大きく異なるのは住宅ローンに付帯するサービス程度でしょうか。

しかし、唯一異なるこの銀行のサービス・保証においては三井住友の住宅ローンの方がおすすめです。そのため、あえて順位をつけるのであれば三井住友銀行の住宅ローンが勝利です。

保証に自然災害やクロスサポートなど、家を購入するにあたって現代人が抱える不安を払拭する保証や、家族構成に合わせた保証を作っているのは高く評価できると思います。ネットdeホームなども店舗のない地方の方でも利用できる配慮をしていたりと、これからのサービスにも期待ができますよね。

しかし、三菱東京UFJの住宅ローンセミナーはあらゆる日程・時間帯で行うことなど、住宅ローンに力を入れておりますので、こちらもこれからのサービスに期待しましょう!

会社概要

商品名 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
販売事業者名 株式会社三井住友銀行 株式会社三菱東京UFJ銀行
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
ホームページ http://www.smbc.co.jp/ http://www.bk.mufg.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。