三井アウトレットパークと三菱アウトレットモールを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
443-620x413

三井アウトレットパークと三菱アウトレットモールを比較対決しました。

店舗やセール情報、ポイントカードの年会費、ポイント率などをまとめています。同じお店が入っている場合もありますし、ハイブランドは三菱アウトレットモールにしか入っていないといった特徴もあります。

同じものを買うならばポイントがたくさん付与され割引がある方がいいですよね。口コミもありますので、ぜひ参考にしてください。

・三井アウトレットパーク
http://www.31op.com/

・三菱アウトレットモール
http://www.premiumoutlets.co.jp/

店舗数対決

◯WIN 三井アウトレットパーク
三井のアウトレットパークは北の北海道から南は中国地方の倉敷まで構えており、国内には計13店舗あります。関東には5ヶ所、近畿には3ヶ所設けています。新設に力を入れているため店舗数が多く、三菱に比べると立地が良いのが特徴です。

その名のとおり三井不動産が運営しており、国内外のブランドアイテムをお安く取り揃えています。
店舗数に関しては三井の方が多いので、ここは三井の勝利です。

×LOSE 三菱アウトレットモール
三菱のアウトレットといえば、三菱地所・サイモン株式会社が運営するプレミアム・アウトレットです。三井同様、国内外の人気ブランドを毎日お得なプライスで提供しています。

原則、立地は都市圏から車で90分程度のところに構えるといったスタンスのようです。そのため、店舗の大きさや敷地の広さ、店舗の充実を図っています。そしてどの店舗も駐車場の広さがあるので、車で行ってゆっくりお買い物できます。

2000年に静岡の御殿馬に開業し、仙台から佐賀まで、現在国内に9ヶ所に店舗をオープンさせています。関東には栃木・群馬・千葉の3ヶ所、関西には2ヶ所です。店舗によっては近年増設などもしておりますので、施設そのものは年々充実しています。しかし、店舗数に関してはまだ三井には及びませんので、ここはLOSEとなりました。

ショップ数対決

×LOSE 三井アウトレットパーク
一番大きい店舗である木更津店はショップ数が232店舗と非常に大きいのがわかります。ファッションだけでも143店舗ありますので、一日で見て周れないほどではないでしょうか?

次いでジャズドリーム長島もショップ数は215店舗と大きな店舗構えです!小規模な店舗のショップ数は大阪鶴見店の62店舗、横浜ベイサイド店80店舗がやや小型なアウトレットモールになります。

とはいえ、平均してどの店舗も100店舗以上ショップが入っています。しかしながら、ショップ数はやはり頻繁に増設をしている三菱の方が多い結果となってしまいました。

◯WIN 三菱アウトレットモール
三菱は一番大きい店舗が神戸三田で、ショップ数は226店舗と非常に規模の大きいアウトレットです。また、次いで御殿場店の223店舗となっており、平均的にショップ数は150店舗以上となっています。

敷地を大きくとることで、店舗内のショップ数を稼ぐことを可能にしています。唯一、仙台泉店が82店舗と少なめですが、全体的に三井よりもショップ数は多いので、ここは三菱の勝利ですね!

ショップの特徴対決

△DRAW 三井アウトレットパーク
ショップによって入っている店舗は異なりますが、三菱と比べて基本的に若者向けのブランドなどが多く入っており、B級品が多く揃っていることが挙げられます。

ショップやブランドは三井と同じようなものが入っていますが、高級ブランドのB級や手に届きやすい金額のものを取り揃えているので、庶民向けではあるかもしれません。その分、多くの商品が手に入るとも言えます。

△DRAW 三菱アウトレットモール
店舗数が多いこと、広いことなどによって品揃えの多さや見てまわりやすさは三井と比べて上回ります。そして、プレミアムというだけあってB級品よりも高級ブランドの新製品の棚おろしなどが多く、割と金額が張ります。そのため、アウトレットであっても高級よりの商品が多いので本物志向の方向けです。

しかし、両方の店舗に出向くと同じブランドでも置いてある商品は異なることが多く見られます。同じ商品であれば金額はほぼ変わりませんので、商品をじっくり選びたい方はぜひどちらも足を運んでください!

セール対決

◯WIN 三井アウトレットパーク
セールの回数の多さや期間の長さに関しては右をでるアウトレットはないと言われるほどの三井。確かに毎度行われるバーゲンセールの期間が三菱と比べ7日~10日ほど長いです。

×LOSE 三菱アウトレットモール
三菱もセールの回数は多いのですが、期間が三井に比べれば短いと言えます。そのため、ここではLOSEです。

カード対決

◯WIN 三井アウトレットパーク
三井ショッピングパークカードはクレジット機能付きとポイントカードのクレジット機能なしの2種類があります。

◆クレジット機能あり
クレジット払いでお買い物100円につき2ポイント(現金なら1ポイント)
年会費永久無料(アメリカンエキスプレスなら年会費3,000円)
永久不滅ポイント

◆ポイントカードのみ
支払い方法にかかわらずお買い物100円につき1ポイント
入会費・年会費無料
当日発行OK

年間お買い上げ額が30万円以上の方はスペシャルメンバーとしてポイントが追加されます。追加ポイントは30万~40万円で3,000ポイント、40万~50万円で4,000ポイント、50万円以上で5,000ポイントとなります。これは大変嬉しいですね!

そのほかスペシャルメンバー限定の10%オフなどの優待サービスもあります。
クレジット付きのポイントの高さは嬉しいですが、クレジットなしのカードも当日に作ることが出来るのはGoodです!

×LOSE 三菱アウトレットモール
三菱の場合は三菱地所グループカードになります。このカードは国内のプレミアム・アウトレット以外にも対象施設でも利用できます。特徴はクレジット機能付きしか存在しないこと、そしてゴールドカードがあることです。

◆三菱地所グループカード
提携施設でのお買い物100円につき2ポイント
初年度の年会費無料
次年度以降は本人会員1,250円、家族会員400円
※年間カードショッピング金額が45,000円異常であれば次年度も年会費無料
 
◆三菱地所グループゴールドカード
提携施設でのお買い物100円につき3ポイント
本人会費10,000円、家族会員無料

そのほかETC利用は1.5ポイントやショップや飲食店で最大20%の割引、施設優待などがあります。
とないえ、クレジット機能が付いているものしかポイントを貯める方法がないというのは不便です。ここは気軽にポイントカードを作りやすい三井の勝利です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 三井アウトレットパーク 三菱アウトレットモール
店舗数 ×
ショップ数 ×
ショップの特徴
セール ×
カード ×
合計ポイント WIN:3
LOSE:1
DRAW:1
WIN:1
LOSE:3
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

全体的に比較して、どちらかといえば三井アウトレットパークの勝利だと思います。

三菱アウトレットモールは1店舗ごとにショップ数も多く、広さがあるのでゆったり見てまわることができるので、買い物そのものを楽しむことが出来ます。

アウトレットで買い物をする!となったら多くのショップを回遊して、多くのものを安い値段でたくさん買いたい!と思うものです。

そういったアウトレットならではの楽しみ方をしやすいのは三菱のプレミアム・アウトレットではないかと思います。敷地も広く、ショップが多いので品揃えも抜群、その上商品は棚卸が多いとなるとかなり魅力的だと思います。

三井アウトレットパークは捨てがたい存在です。B級品であれば三井の方が多い可能性は高いですし、お値打ち品も多いです!

また、店舗によって品揃えが異なるので、三菱にはない商品も三井なら見つかった!という事例も多いのです。また、三井アウトレットパークはポイントカードも無料で作ることが出来るのでそれもまた魅力的な一つですよね!おすすめはどちらも回遊して、好きな商品を購入することです!

会社概要

商品名 三井アウトレットパーク 三菱アウトレットモール
販売事業者名 三井不動産株式会社 三菱地所・サイモン株式会社
所在地 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号 東京都千代田区大手町1-9-7 大手町フィナンシャルシティ19階
ホームページ http://www.31op.com/ http://www.premiumoutlets.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。