一戸建てとマンションを比較対決!住宅購入するならどっち?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ie02

住宅を購入するなら、一戸建てがいいかマンションがいいかを比較対決しました。

戸建ての場合、土地の資産価値は下がらないこと、管理費・駐車場代がいらないことなどがメリットです。

一方マンションは修繕費がかからないこと、安全面などに優れています。費用だけでなく様々なメリットデメリットがありますので、自分や家族の希望に合わせた家を購入できるよう、ぜひ参考にしてください。

購入にかかる費用

×LOSE 一戸建て
一戸建てを購入するには、建売物件(土地付き)を購入するほか、土地を購入し、それから注文住宅を建てるといった方法もあります。どちらにしても、建物だけの価格ではなく、土地を取得することも必要になりますので、その分の費用が上乗せされます。

また、建物+土地の費用のほか、手続きにかかる諸費用や外構(庭やエントランスなど家の周りの部分)工事の費用、水道工事等の公共設備の費用などもかかることも忘れずに考えましょう。

全体的にこちらのほうが多くの費用がかかることがほとんどです。かなり古い中古物件であれば土地付きでもかなり安く買えるので、そういった物件を購入し建て直すという方法もありますが、その場合には解体費用などがかかるので、その費用も含めて考える必要があります。

◯WIN マンション
マンションを購入する場合、土地などは必要ないのでマンションの購入費用だけを目安に考えることができます。多くの不動産業者では購入にかかる諸費用もあらかじめ提示しており、購入検討時に大体の目安金額がわかります。

水道や電気などもあらかじめ通っているので工事費用は必要ありません。場所や間取りにもよるので一概には言えませんが、同じような条件の物件であれば、マンションのほうが費用は安くなるといえるでしょう。

購入してから住んでいく中でかかるお金は?

◯WIN 一戸建て
一戸建てで購入後にかかる費用は、不動産取得税、固定資産税、修繕費、自治会費などがあります。固定資産税や不動産取得税は、マンションでも同様にかかりますが、どちらも土地の分こちらが高くなると予想されます。

固定資産税については、住宅用の場合、市町村にもよりますが数年間の優遇措置(減額)があります。修繕費は、すぐにではありませんが、10年~15年ほどを目安に外壁や屋根の修繕が予想されます。

大体の費用は100万円~200万円ほどで、必ずしもやらなければならないものではありませんが、長くその住宅を利用することを考えるとやっておいて損はなさそうです。

水回りや電気設備、ちょっとした相談などはそれぞれのメーカーや住宅会社の保証期間であれば無料で直してもらえることもあります。定期的に点検もあるので、その時に困ったことは相談し、見積もりをもらいながら修繕なども検討できます。

×LOSE マンション
マンションで購入後にかかる費用として、不動産取得税、固定資産税、マンション管理組合の管理費、修繕積立金、自己所有範囲の修繕費、駐車料金(場合による)です。

不動産取得税や固定資産税については、土地部分がかからないのでその分安く済み、一戸建て同様に優遇措置も受けられます。管理組合の管理費とは、マンションの共有部分の清掃や管理、管理会社への報酬などに充てられる費用で、マンションによりますが平均すると月額15,000円ほどとなります。

また、修繕積立金とは、将来的にマンション共有部分の修繕にかかる費用をあらかじめ積み立てるもので、こちらも一概にはいえませんが平均で月額7,000円ほどとなっています。

外壁工事などが不要なのでマンションのほうが修繕費がかからないように思えますが、この管理費・修繕積立金の平均を合計すると月額22,000円、これを10年間支払うと総額で264万円にもなります。

自己所有分の水回りや内装なども、マンションの場合10年~20年で交換が必要になってくるので、その費用も別に考えておかなければなりません。

駐車料金も、別途必要になるところがほとんどなので、全体的に購入後にかかる費用はマンションのほうが高くなりそうです。

駐車場

◯WIN 一戸建て
一戸建ての場合、車が入れない場所や、車を止めるスペースが取れないなどということが無い限り、駐車場も自宅に確保できます。

また、駐車場と玄関が目の前もしくは近いことがほとんどで、荷物がいっぱいのときや、小さなお子さんを連れていても、無理なく車と玄関を行き来できますね。

×LOSE マンション
マンションの場合、通常駐車料金は別途支払が必要です。場所にもよりますが、月額5000円~30,000円ほどが相場のようです。

また、マンションの自室から車までは、部屋を出て、エレベーターで降りて、そこから駐車場へ向かい、立体駐車場の場合は再度駐車してある階までエレベーターで移動、とかなり手間がかかります。

小さなお子さんを連れて、たくさんの荷物で・・といったときには駐車場までいくだけでも大変な思いをしなければなりません。

セキュリティ

×LOSE 一戸建て
近頃では一戸建てでも警備会社に警備を頼んでいるお宅や、防犯カメラを付けているお宅も増えていますが、まだほとんどの一戸建て住宅ではカメラや防犯設備が十分でない状態です。

窓やドアも多いので、施錠もれもありがちで、実際にマンションよりも一戸建てのほうが空き巣被害に遭いやすいといわれています。防犯用の砂利や、複数のカギ、防犯カメラやライトなども最近では安価になってきているので、こういったものを取り入れてより安心して暮らせるといいですね。

◯WIN マンション
マンションではエントランス、駐車場、廊下やエレベーターなど、いたるところに防犯カメラが設置されています。

入り口はオートロックになっており、誰でも入ることができるものではなく、相手をインターホンで呼び出し、ドアを開けてもらうという方法です。管理人さんが常駐していることも多く、不審な様子であれば管理人さんが気が付いてくれることもあるでしょう。

外部スペースはどう?

◯WIN 一戸建て
一戸建ては、多くの場合、大なり小なり庭があるでしょう。庭とまでいかずとも、アプローチ部分に小さな花壇を設けたり、ウッドデッキコーナーがあるといったおうちも多くなっています。

庭で遊んだり、ガーデニングを楽しんだり、外でバーベキューをすることもできます。ただし、庭があると雑草などに思いのほか苦労することも多いようですので、その点は理解しておきましょう。

外部収納は、建てる時点でそのスペースを確保するか、物置を後付けで設置するかになります。自転車やタイヤ、バーベキュー用品、アウトドア用品など、室内には保管しにくいものも外部収納が充実していれば気にせず保管することができますね。

×LOSE マンション
マンションでは、外で使用するものなどの保管は、多くの場合駐車場などにまとめてそのスペースが少し取られている(コインロッカーのようなイメージ)か、部屋の前に収納があるかといったところです。

どちらにしても、スペースはマンションの住人たちで均等に分けられており、その容量には限りがあります。別の保管場所を借りている方や、実家などに預けている方も多くおられるとのことで、外部収納という点では、不便さを感じざるを得ません。

庭はほとんどの場合、ありません。バルコニーやベランダがあり、その中でガーデニングなどを楽しむことができます。最近のマンションはそういったスペースも充実しているところが多く、広さも満足できるところが増えています。

バルコニーやベランダでプール遊びやキャンプごっこなどをするご家庭も増えています。思いっきり走り回ることはできませんが、雑草などの心配がないのも魅力の一つです。

騒音などは?

◯WIN 一戸建て
一戸建ての場合、夜間など隣の家に少し気を遣う必要はありますが、足音や生活音まで気にする必要はありません。それぞれ別の建物なので、音や振動が伝わることはほとんどなく、小さなお子さんがいる場合は一戸建てを好まれる方が多いですし、実際にお互いに気兼ねなく暮らすことができますね。

×LOSE マンション
マンションの場合、どうしても上下左右に別の方が住んでいるので、足音や声などに気を遣うことになります。小さなお子さんがいる場合、注意しても収まらないことも当然ありますし、赤ちゃんの泣き声などでお互いにストレスを感じることもありそうです。

夜間は窓を開けない、防音のじゅうたんを敷く、できるだけ日中に洗濯機や掃除機をするといった工夫をする方がほとんどです。しかしながら、生活スタイルの違いから、交代勤務で夜間が仕事、朝早く出勤、夜遅く帰宅、などそれぞれの住人が必要とする騒音対策やタイミングは異なるので、トラブルは起こりやすくなっています。

電気代や、室内の気温は?

×LOSE 一戸建て
一戸建ての場合、冬場の廊下などは非常に寒くなります。一軒家まるまる温めようと思うと蓄熱暖房機を取り入れるなどの工夫が必要です。

窓や扉が多いので、日が入りやすく風も入りますが、壁やドアが多くなる分、思いのほか風通しが悪かったりもします。それぞれの部屋でそれぞれにエアコンをつかうことが多いので、夏冬ともに電気代はマンションの倍ほどかかることもあるようです。

◯WIN マンション
マンションは、左右を部屋に囲まれているため、冬場でもそこまで冷え込むことは少ないです。エアコンで家じゅうをそれなりに温めることもできそうです。また、部屋数が少ないのでバルコニーから各部屋や玄関へ風が抜けることもあり、夏場は窓を開けるだけでかなり涼しく感じられます。

結局どっちがいいのか?

対決項目 一戸建て マンション
購入にかかる費用 ×
購入してから住んでいく中でかかるお金 ×
駐車場 ×
セキュリティ ×
外部スペース ×
騒音 ×
電気代や、室内の気温 ×
合計ポイント WIN:4
LOSE:3
DRAW:0
WIN:3
LOSE:4
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

永遠のテーマとも言える、マンションVS一一戸建てでしたが、今回の対決でもそれぞれに大きな魅力、少し気になる点がありました。

環境でいうと、マンションは街の中にあることが多く、スーパーや病院、市役所などへのアクセスが便利なことが多くなります。それに対し、一戸建てはマンションほどの利便性はないものの、車を持っていればそういった点はあまり気にならないように思われます。

近所づきあいも昔ほどはありませんが、マンションであれば毎日エレベーターで顔を合わせる方や、同じくらいのお子さんを持つママ同士はあいさつなどから自然と仲良くなれそうです。自治会にはそれほど顔を出す必要はなさそうですが、マンションの中の管理組合などへの出席はある程度必要になると思われます。

一軒家の場合、自治会の行事への出席や役員となることがあったりと、自然と同じ町内同士で顔見知りになる機会も増えそうです。役員など少し面倒に思われる方もおられると思いますが、近所づきあいの中では避けては通れないことです。

費用面では、一軒家はお金がかかる、といったイメージですが、思いのほかマンションでもそれ以上に費用が掛かることがわかりました。ただ費用については、住まれる方が何を重視し、どこにお金をかけるかでかなり違ってくるので、一概にはいえません。

ほとんどの方が住宅ローンを組んで、一戸建てやマンションを購入すると思いますが、その場合には住宅ローン減税や、市町村によってはそれ以外にも補助金が出ることがありますので、そういった制度を無駄なく利用しましょう。

意見が分かれそうな今回のテーマでしたが、今回は一戸建ての勝ちとしたいと思います。何かあれば引っ越しもしやすいというマンションのメリットもありますが、一戸建てであれば、土地も財産として残ります。

家が古くなり、自分たちが年老いた時や、家族構成が変わってきたときにも、家を建て替えるなどの工夫でさらに住みやすくできるという大きなメリットがあります。

住まれる方の考え方や生活スタイルで、どちらが良いかは異なりますが、総合的に考えて自分にあった不動産の取得を検討してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。