ワンストップビジネスセンターとクロスコープのバーチャルオフィス対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID1517

最近は起業する際に、バーチャルオフィスを利用するという手段も選択できるようになりました。

特に大きい会社を必要とせず自分一人で仕事をする場合などは、格安で東京新宿などの一等地に会社を作ることができるのです。

そのバーチャルオフィスのワンストップビジネスセンターとクロスコープを比較対決。住所はどこか、電話、会議室は付いているか、料金、プランなど気になる点を徹底調査。会社設立のときにはぜひ参考にしてください。

ワンストップビジネスセンターとクロスコープの比較表

会社名 ワンストップビジネスセンター クロスコープ
初期費用 9,800円 21,000円
月額料金(最安プラン) 4,500円 10,500円
登記+住所貸し+郵便転送
(月額利用料)
4,800円 10,500円~
転送電話、共有FAX付
(月額利用料)
8,900円 14,280円
※FAXなし
電話代行付
(月額利用料)
14,800円 なし
貸し会議室利用料金 平日9:00~18:00 1,000円/1時間
土日祝、平日18:00以降 1,500円/1時間
前売りチケット
・半年有効:12時間 10,000円
・1年間有効:30時間 25,000円
24時間365日、無料で利用できます。
※その他、青山にある貸し会議室大(42~54名)、貸し会議室小(12~18名)を特別価格にてご利用いただけます。
会議室のキャンセル料金 前日0:00迄 利用時間前まで
郵便転送 毎週木曜日に無料転送(ただし1通あたり100g以内の郵便物に限る)。それ以外の100gを超える郵便物は別途、お客様負担にて発送いたします。 週一無料(A4、2cm以内、月100通まで)
郵便転送連絡 一通毎 普通郵便は連絡なし
保管料 無料 保管不可
保証制度 30日間全額返金保証 なし
営業時間 営業:月〜金 9:00〜18:00
休日:土、日、祝祭日
営業:月〜金 9:00〜18:00
休日:土、日、祝祭日
店舗一覧 ■東京都内
青山本店、田町店、表参道店、六本木店、虎ノ門店、麻布十番店、品川店、渋谷店、恵比寿店、新宿店、麹町店、銀座店、日本橋店、秋葉原店、池袋店、上野店
■大阪府
大阪心斎橋店、大阪南堀江店
■その他の地域
横浜店、札幌店、福岡天神店、福岡博多店、 名古屋店
<国内>
新宿区4丁目、新宿区2丁目、六本木、青山、仙台
<海外>
シンガポール、ジャカルタ、デリー、マニラ、ホーチミン、バンコク
公式サイト ワンストップビジネスセンター公式サイトはこちら クロスコープ公式サイトはこちら

店舗数対決

◯WIN ワンストップビジネスセンター
東京都内に16店舗、大阪市内に2店舗、福岡に2店舗、横浜・名古屋・札幌に各1店舗の合計23店舗展開しています。全国主要都市に展開しているので、地方在住者でも利用しやすいのがいいですね。

×LOSE クロスコープ
新宿・六本木・青山などの国内に4オフィスと、海外(シンガポール・マニラ・ジャカルタ・デリー・ホーチミン・バンコク)の6オフィス、合わせて10オフィスを展開しています。国内では東京にしかオフィスを構えていないので、限られたターゲット向けのレンタルオフィスです。

サービス内容対決

◯WIN クロスコープ
会議室利用、登記、インターンネット利用、受付対応、グループウエア、デスク・チェア・電話機などの必要什器、専用電話番号、専用FAX番号、社内用PHS、秘書代行サービス、オフィス入口に社名表記、個別グローバルIPアドレス、セキュリティロッカー、大人数用貸し会議室、支援サポート(登記代行・翻訳・決算支援・広報支援など)など、シンプルながらも専門性の高いサービスを提供しています。

また、上記のサービス以外にも相談に応じて対応して貰える場合があるので、手厚いサポートを希望するならクロスコープの方が活用できるのではないでしょうか。但し、バーチャルオフィスプランでは利用できないサービスもあるので各オフィスに確認が必要です。

×LOSE ワンストップビジネス
法人住所登記、郵便転送、来客対応、会議室利用、記帳代行サービス、書類保管サービス、電話転送サービス、電話秘書サービス、FAX転送サービス、FAX DMの送信代行サービス、ホームページ制作サービス、名刺・ロゴ制作サービス、創業融資・助成金の資金調達支援、法人登記代行といったサービスがあります。

ホームページ制作や名刺・ロゴ制作など、ビジネスツールの制作サービスが充実している印象です。バーチャルオフィスとしてベーシックなサービスが揃っているので不便さは感じませんが、もう少し趣向を凝らしたサービスがあっても良いかもしれませんね。

プラン料金対決

◯WIN ワンストップビジネスセンター
全プラン初期費用は9,800円、住所貸しと郵便転送を基本とした「エコノミープラン」は月額4,800円、住所貸し・郵便転送・電話転送・FAX転送などのサービスがついた「ビジネスプラン」は8,900円、各種サービスに電話秘書代行がセットになった「プレミアムプラン」は14,800円、すべてコミコミの特別プラン「エグゼクティブプラン」は49,800円、電話番号のみ利用の「ライトプラン」は2,980円となっています。ワンストップビジネスセンターの料金は、どの店舗でも一律価格なのでとても単純明快で分かりやすいです。従量課金も一切ありません。

×LOSE クロスコープ
クロスコープのバーチャルオフィスプランは、入会金30,000円、月額15,000円とワンストップビジネスセンターに比べて非常に割高です。

バーチャルオフィス以外にも個室や専有席プランといった専用デスクで仕事をすることが可能なプランもありますが、これらのプランは各オフィスによって料金が異なるので、各オフィスの料金を比較する手間が掛かります。また、オプションなども料金が細かく設定されているので、もう少し分かりやすいプランや料金設定があると有難いですね。

レンタル会議室対決

◯WIN ワンストップビジネスセンター
店舗によって24時間365日利用可能なレンタル会議室があります。料金は平日9:00~18:00なら1時間1,000円、18時以降や土日祝日は1時間1,500円となっています。会議室は6名用(最大8名までの利用可能)となっているので、小規模なセミナーや打ち合わせなどに向いています。

無線LANやパソコン、プロジェクター、ドリンク類なども無料で利用することが出来るので便利で使い勝手の良いレンタル会議室ではないでしょうか。また、会議室の雰囲気が、インテリアショップのようなナチュラルモダンなインテリアなので、とてもオシャレでポイントが高いです。

×LOSE クロスコープ
会議室の規模がオフィスによって異なるので会議室ごとに料金が異なりますが、24時間365日ウェブ上から予約を行い利用することが出来ます。六本木の4名~8名が利用出来る会議室は1時間2,000円、青山の4名~10名が利用出来る会議室は1時間1,500円となっています。

新宿では42名~54名が収容出来る大会議室のレンタルも行っているので、イベントや研修などに使用することも可能です。大会議室に関しては、備品などは別途料金がかかります。会議室のインテリアはオフィスらしい洗練されたイメージで統一されていますが、ワンストップビジネスセンターのレンタル会議室に比べるとお値段が少し高いところがネックです。

特徴対決

△DRAW ワンストップビジネスセンター
簡単な手続きとスピーディーな審査で最短即日から利用することが出来るワンストップビジネスセンターのバーチャルオフィス。料金が単純明快でとにかく安いのが特徴です。

また、サービスに満足出来ないお客さんの為に「30日間完全返金保証」を行っているので、安心して気軽に利用できます。あの堀江貴文氏がブログやメルマガで紹介したこともあり、起業されている方からの人気が高いバーチャルオフィスです。

△DRAW クロスコープ
日系レンタルオフィスとしてはアジア最大級のクロスコープ。バーチャルオフィスよりもレンタルオフィスがメインサービスとして取り扱われています。

バーチャルオフィスから開始して、事業規模が大きくなればレンタルオフィスに移行する、という事業ステージに合った使い方が出来る特徴があります。オフィスは都心の一等地ばかりなので、登記の際はこれらのアドレスが使えますし、アクセスが良いので来客時にも便利です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 ワンストップビジネスセンター クロスコープ
店舗数 ×
サービス内容 ×
プラン料金 ×
レンタル会議室 ×
特徴
合計ポイント WIN:3
LOSE:1
DRAW:1
WIN:1
LOSE:3
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

ITの発達により、近年オフィススペースを必要としないノマドワーカーが増加しています。そんなノマドワーカーや、初期費用を出来るだけ抑えたい起業家などから大変人気が高いのがバーチャルオフィス。今回は、ワンストップビジネスセンターとクロスコープのバーチャルオフィスを比較しました。

ワンストップビジネスセンターがバーチャルオフィスサービスをメインにしているのに対して、クロスコープのメインサービスはレンタルオフィスです。こういったことからも分かるように、バーチャルオフィスのプラン内容は、ワンストップビジネスセンターの方が幅広く、充実した内容となっています。

また、料金設定も、バーチャルオフィス・レンタル会議室ともにワンストップビジネスセンターの方が低価格となっており、料金が明瞭で分かりやすい点もポイントが高いのではないでしょうか。

ワンストップビジネスは、全国の主要都市に店舗展開しているので、自分が住んでいる都市のアドレスで登記をすることが可能ですし、会議室をレンタルする際も近くの店舗でレンタルすることが出来るのでアクセスも良く利便性が高いです。

クロスコープも都心の一等地に位置しているので、都心の一等地のアドレスを望む人にはおすすめのバーチャルオフィスですが、入会金も月額料金も高い上に各オフィスによって料金が違ったり有料オプションが多く月額料に更に上乗せになってしまったりと、煩雑で割高感が否めないプランになっています。

以上のことから、バーチャルオフィスとして利用するなら「ワンストップビジネスセンター」の方がいいと判断します。この勝負はワンストップビジネスセンターに軍配をあげたいと思います!

会社概要

商品名 ワンストップビジネスセンター クロスコープ
販売事業者名 株式会社MOOR ソーシャルワイヤー株式会社
所在地 東京都港区南青山2-2-15 東京都新宿区新宿2-3-10 新宿御苑ビル5F
ホームページ http://www.1sbc.com/ https://crosscoop.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。