レンタルDVDと動画配信サービスを比較対決どっちが便利?

このエントリーをはてなブックマークに追加
goto089

レンタルDVDと動画配信サービスを比較対決しました。

ネットで映画を見ることは外国では主流となってきています。しかし、ブルーレイよりは画質が落ちますし、通信速度、パケット代金も気になりますね。

また動画配信の場合、新作は少なく、見ることができたとしても追加料金になることが多いです。

それぞれの見放題、借り放題プランの料金や、新作料金などをまとめていますのでメリットデメリットを確認してみてください。

どこで見られる?

×LOSE レンタルDVD
レンタルDVDの場合、見るとすればDVDを再生できる環境(DVDプレイヤーやDVDを見られるパソコンなど)が必要です。基本的には室内になるでしょう。

大きな画面でゆっくりと映画鑑賞をしたい方にはとても理想的な環境ですね。スピーカーなどを設置して、さらに臨場感あふれる環境にすることもでき非常に魅力的ですが、どうしても見る場所は限られてしまうのでこちらの負けとさせていただきました。

◯WIN 動画配信サービス
こちらは特に再生用に特別な機材は必要なく、インターネットに接続できる環境であればどこでも見られます。

パソコンやタブレット、スマホやゲーム機でも視聴できるので、外出中に少し暇な時間ができたときなどにも利用することができます。見る環境についての柔軟さはこちらのほうが上ということでこちらの勝ちにさせていただきました。

利用にかかる手間

×LOSE レンタルDVD
店舗でのレンタルDVDの場合、まず店舗へ借りに行く時間が必要です。その後、返却日には再度店舗やその他返却可能なコンビニなどへ出向かなければなりません。

宅配レンタルの場合、借りる際にはネット上で全て完了しますが、返却はポストなどなのでそこまで行く必要があります。

宅配レンタルでは本数などの制限などがあったり、返却してから出ないと次を借りることができなかったりといった縛りもあります。

◯WIN 動画配信サービス
こちらは「物体」として受け取るわけではないので、レンタルと違い貸し出しや返却といった手間が全くかかりません。

インターネットにつながる環境であればボタン一つで見ることができ、見放題のプランが多いので、見たいものを次々見ることもできます。全く外出することなく見たい作品が見られるという点でかなり便利だといえます。

作品の種類

◯WIN レンタルDVD
店舗・宅配を合わせて考えると、こちらのほうが在庫は豊富な印象です。映画などはもちろんですが、お笑いライブやマイナーな作品などもこちらのほうが取り扱いが多いことがほとんどです。

ただし、種類は豊富ですが、人気のある作品などになると貸し出し中となってなかなか借りられないことも多々発生しますので、そのあたりは十分理解が必要です。

×LOSE 動画配信サービス
動画配信サービスもかなり種類や本数を増やしてきてはいますが、まだ特定のジャンルに強い印象で映画などの少しマイナーな作品では取り扱いがないこともあるようです。

こちらは映画なども十分にありますが、海外ドラマの取り扱いがレンタルよりも強いことが多く、日本のドラマでも見逃し用の配信をしていたりもします。しかしながら全体の取り扱いはこちらのほうが弱いという印象です。

見やすさ

◯WIN レンタルDVD
こちらはインターネットなどを使うこともないので、再生環境さえあれば、非常にキレイな画質で見ることができます。

ブルーレイなどの取り扱いもあるので、同じ値段でさらにきれいな画質での視聴も可能です。特に画質の変化などもなく、どんな時でも安定した画像を見ることができます。

×LOSE 動画配信サービス
動画配信サービスは、インターネットにさえつながっていればどこでも見られるという利点がありますが、逆にいうと、インターネット環境が無ければ見ることができないということにもなります。

また接続の状況によっては画質が悪くなったり、途中で止まってしまうこともあり得ます。また、データ量の制限などがある場合、すぐに制限ラインに到達してしまうことも考えられますし、加入している料金プランによっては莫大な料金が発生することも考えられるので注意が必要です。

料金

×LOSE レンタルDVD
店頭でのレンタルDVDの相場は、旧作なら一本100円程度、新作は一本400円程度になっています。5本借りれば1,000円、などの割引もありますが、借りた分だけ料金が増えることが原則です。

宅配レンタルについては本数や会社によってそれぞれ異なりますが、一回あたりの本数指定の借り放題で1000円~3000円程度のプランが中心となっています。宅配レンタルではお試し期間もあるのでうまく利用してみてください。

◯WIN 動画配信サービス
動画配信サービスは、多くのものが月額制の見放題としてサービスを提供しています。大体の相場が月500円~1000円ほどになり、こちらのほうが安くなるようです。

ただし、新作などは場合によって見放題ではなくレンタルでの視聴となることもあり、そうなると月額以外の料金が発生することになりますので注意が必要です。ほとんどの会社でお試し無料期間を設けているので、試しにやってみると良いと思います。

結局どっちがいいのか?

対決項目 レンタルDVD 動画配信サービス
見れるところ ×
利用にかかる手間 ×
作品の種類 ×
見やすさ ×
料金 ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:3
DRAW:0
WIN:3
LOSE:2
DRAW:0
総合結果 ×LOSE ◯WIN

DVDレンタルと動画配信サービス、結局のところどちらが良いのかというテーマで進めてまいりました。比較の結果、動画配信サービスの勝利となりました。

スマホやタブレットの普及で、動画配信がかなり勢いを増しており、様々な会社がこのサービスに参入しています。現在は作品数などまだまだレンタルDVDのほうが上ですが、これからどんどん改善されていくものと思われます。

家に居ながら、見たいものをすぐに見られるという動画配信サービス、料金もかなり安価になってきており、見放題なので試しに冒頭だけ見てみるということもできるサービスです。

レンタルDVDは、せっかく借りたので返却日間際に慌てて見るということもありましたが、動画配信サービスでは見放題という安心感もあり、見たいものだけ、好きなだけ見られるというメリットがあります。

かつては店内を見て回りながら、その表紙やあらすじを眺めて気になる作品を探すという楽しみ方もあり、そういった点でレンタルDVDの魅力もまだまだ捨てがたいものではありますが、総合的に見て、今回は動画配信サービスに軍配があがりました。

どちらもそれぞれ良い点がありますが、今回の対決の結果、良いと思われる利用法は、「動画配信サービスをメインで利用し、そこにない作品については単品でのレンタルを利用する」という方法です。

動画配信サービスの価格や便利さのメリットをとりながら、レンタルDVDの旧作の価格やレンタル期間のメリットも利用することでもっとも有利な使い方ができそうですね。

★おすすめPICK UP!

どちらの動画配信サービスがいい?
Hulu(フールー)と Amazonプライムビデオの比較対決

DVD宅配レンタルで一番良いのはどこ?
おすすめのDVD宅配レンタルをまとめて比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。