レッドバロンとバイクワンのバイク買取専門店を比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
goto169

バイクの買取専門店レッドバロンとバイクワンを比較対決。

オンライン査定ができるかどうか、出張査定はあるか、どんなバイクでも引き取ってくれるか、店舗はどこにあるか、評判、担当者の対応、サービスなどあらゆる角度から徹底比較しています。

特に気になるのは査定額ですよね。こちらも完全調査済み。大切なバイクを手放すときにはぜひ参考にしてくださいね。

レッドバロンとバイクワンの比較表

会社名 バイクワン レッドバロン
費用 無料 無料
出張査定 無料 無料
手数料 無料 無料
支払い その場で現金支払い
廃車・名義変更 無料代行あり 対応可。廃車手数料を頂く場合あり
カスタム車 改造、カスタムバイク単体でも買取可能 個人嗜好が強い特殊なカスタム車両は対象外
申し込みからの対応 即日
買取台数
店舗数 1 311店舗
査定 24時間365日
キャンペーン ・乗り換え支援キャンペーン
最大30,000円支援
・LINEクーポンで最大3万円プレゼント
口コミ評価
査定額との差
イメージキャラクター なし なし
公式ホームページ バイクワンの公式サイトはこちら レッドバロンの公式サイトはこちら

業者としての位置づけ

△DRAW レッドバロン
レッドバロンは、バイクの販売業者です。レッドバロンで買い取ったバイクは、レッドバロンで整備され、レッドバロンで販売されます。バイクワンとは全く組織の種類として別物であり、どちらが良いとは一概に言えないことから引き分けとさせていただきました。

△DRAW バイクワン
バイクワンは、バイクの買取専門業者です。買い取ったバイクは、オークションや提携販売店への売却、海外輸出など様々なルートで市場に出回ることとなります。先にも書きましたが、どちら良いと一概に言えない部分であり、この項目では引き分けとさせていただきます。

査定の方法

×LOSE レッドバロン
レッドバロンは、現車を見ない査定はおこなっておりません。したがって、買取査定は持ち込みもしくは出張のみになります。忙しい人にはそれだけでかなりのハードルとなり得ることから、こちらの負けとさせていただきました。

◯WIN バイクワン
バイクワンは、持ち込みや出張のほか、HP上でのネット査定や電話での査定も行っています。電話の受付は24時間可能で、忙しい方にも気軽に査定を試してもらえるようになっています。ネット査定は個人情報の入力は不要なので、簡単に査定金額だけを知りたい人にも良いシステムです。バイクを売りたいという人に対しての間口の広さからこちらを勝ちといたしました。

買取できるバイクの種類

×LOSE レッドバロン
レッドバロンは、自分たちが買い取ったバイクを、自分たちのお店で整備し売るシステムです。そのため、買い取るバイクは、基本的には改造などがされていないこと、事故車でないことなど一定のハードルがあります。

独自の修理保証により、70年代~90年代のバイクもより高く買い取れるようになっています。しかしながら、バイクワンの買取できるバイクの種類の多さには敵わず、今回はレッドバロンの負けとなりました。

◯WIN バイクワン
バイクワンは、買取専門業者として、買い取ったバイクをオークションや提携先、さらには海外へと流通させています。そのため、レッドバロンでは受け入れが難しかった改造されたバイクも、必要としているところへ売却することができ、また、事故車なども買取可能です。

他店で断られたバイクも買取対象ですとしており、基本的に買取できないバイクはないことになります。こちらも受け入れの間口の広さが強みとなっており、勝ちとさせていただきます。

買取金額

◯WIN レッドバロン
レッドバロンの買取システムは、自社で買い取りから整備、販売までを行うことでオークションなどにかかる費用を削減し、その分高い買取ができるようになっています。また、ダイレクト買取という買取方法も行っており、これを使えば他の買い取り業者より3万円の上乗せが可能です。

そのほか、2008年8月からは、販売車に修理保証を付けられるようになったことで、古い車についてもさらに高い買取金額が提示できるようになっています。現車を見て査定を決めるため、そのバイクの良い部分もしっかり評価してもらえます。必ず高くなるというわけではありませんが、高く買い取るための仕組みがしっかり出来上がっていることからこちらを評価したいと思います。

×LOSE バイクワン
バイクワンは、オークションなどを通じて流通させる買い取り業者で、その流通ルートの広さが強みです。しかし、バイクがほかのオーナーさんの手に渡るまでに、オークションや中古車販売店などを経由し、その都度手数料がかかることになります。

バイクワンの買取価格には流通にかかる費用も含まれていることから、買取価格にもその影響が出てきます。その他、LINEにて友達追加をすると排気量によって割引(最高3万円)というキャンペーンも行われています。しかし、物理的にも通るルートが多いことから、そのことが買い取り価格に与えている影響も大きいと思われるのでこちらの負けとさせていただきました。

キャンペーンや特別価格での買取

◯WIN レッドバロン
レッドバロンでは、ダイレクト買取という買取方法があり、一定の条件を満たした買取専門業者での最低よりも3万円上乗せした金額で買い取りをします、というものです。この買取方法には、対象外となるものがあり、以下の通りです。

・他店の査定で値段が付かなかったもの
・インターネットや電話など、現車を見ていない査定
・125cc以下のオートバイ
・担当者の名刺や査定表など査定の証拠がないもの
・保安基準適合外、特殊なカスタムがされているもの

対象外とならないものについては、例えばAという買い取り業者で27万円の査定が付いた場合、無条件で30万円の査定となります。この条件に当てはまれば、もれなく3万円上乗せしてもらえるという点で、こちらの勝ちとさせていただきました。

×LOSE バイクワン
バイクワンではLINEで友達登録をしてクーポンをGETすると、買取時に排気量に応じて最大3万円がプラスされるというキャンペーンを行っています。50cc~125ccのバイクで1万円、126cc~400ccのバイクで2万円、401cc~のバイクで3万円の上乗せとなっています。

3万円以下のバイクには適用できませんが、複数台の買取にも使用可能です。また商談開始前にクーポンがあることを伝えることが必須になります。もし商談開始後にクーポンを使いたいといっても使えないので注意が必要です。こちらも非常に良いキャンペーンではありますが、金額的に排気量の少ないバイクだと1万円になることや、他店の査定以上の上乗せの確約というものではないのでこちらの負けとさせていただきました。

結局どっちがいいのか?

対決項目 レッドバロン バイクワン
業者としての位置づけ
査定の方法 ×
買取できるバイクの種類 ×
買取金額 ×
特別価格での買取 ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:2
DRAW:1
WIN:2
LOSE:2
DRAW:1
総合結果 △DRAW △DRAW

バイクの買取、レッドバロンとバイクワンどっちがいい?という対決でしたが、今回は、ドローとなりました。

査定をしてみるべき業者という観点では、バイクワンに軍配が上がりました。レッドバロンのように直接見て査定をしてくれる業者なら、それ以上の安心感はありませんが、直接見てもらうしか選択肢がないことで、買取査定に対して面倒という印象も生まれます。

バイクワンは直接交渉することなくインターネット上での査定も可能ですし、電話でもう少し具体的に話をすることもできます。

その気軽さや間口の広さは、売る側にとってとても魅力的です。キャンペーンなどは少しバイクワンが弱いようにも思えますが、買取できる車種も多岐にわたっているので、車種によってはレッドバロンよりもかなり査定がよくなる場合もあるようです。

また、レッドバロンでは、修理保証を確立するため、多くの車種のパーツを確保したり、パーツの修理や再生技術の向上に力をいれ、パーツ不足で売れなくなる在庫を減らすことで、古い車種も高く買い取れるように工夫がされています。また、買取に来られた方の帰りの足の確保もサービスで行っています。

これほど買取に対しての工夫があるレッドバロンなので、優秀ではありますが、ダイレクト買取が必ずしも最高金額とはならないことをご理解いただく必要があります。

ダイレクト買取は、あくまで一つの買い取り業者よりも3万円高く買い取りますというものであり、もしかするとほかの業者だともっと高く買い取ってもらえたり、レッドバロンでも普通に査定してもらったほうが高い値段がついていたという可能性もあります。

買い取り業者の選び方は非常に難しいものですが、自分が売りたい車種がどのくらい需要があるか、大体の相場はどのくらいなのかをしっかり把握して買取業者を決めることが大切です。そのためにも、一社だけでなく、いくつもの業者で査定をしてもらうことが大切になってきます。

会社概要

商品名 レッドバロン バイクワン
販売事業者名 株式会社レッドバロン 株式会社バイクワン
所在地 愛知県岡崎市藤川町字境松西1番地 東京都墨田区吾妻橋2-2-1
ホームページ http://www.redbaron.co.jp/ https://www.bikeone.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。