レイクとアイフルのカードローンを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
OL

レイクとアイフルのカードローンを比較対決しました。気になる金利、審査の通りやすさ、無利息期間、申し込みのし易さなどを比較しています。ATMの手数料や返済のしやすさなどを見比べて自分にあったほうを選んでください。

レイクとアイフルの比較表

新生銀行レイク アイフル
社名 株式会社新生銀行 アイフル株式会社
設立 昭和27年12月 1978年2月
資本金 5,122億円 1434億15百万円
主要取引金融機関 新生銀行 三菱東京UFJ銀行
最大利用限度額 1万~500万円まで 500万以内
貸付利率(実質年率) 4.5~18.0% 4.5~18.0%
必要書類 運転免許証(ない方は健康保険証等)
収入証明(契約額に応じて、当行が必要とする場合)
本人確認書類(運転免許証、各種保険証等)
※借入総額50万円以上は収入証明書(厳選徴収票)必要
返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間・回数 5年・60回 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
最長14年6か月(1~151回)
遅延損害金(年率) 20.00% 20.00%
担保・連帯保証人 不要 不要
利息 30日間利息0円または5万円まで180日間0円
(初めての利用の場合)
最大30日間金利0円
(初めて利用+無担保キャッシングローン利用)
利息計算方法 借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息 借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息
申し込み ネット契約で来店不要(24時間申込可能) ネット契約で来店不要(24時間申込可能)
お試し審査 その場で診断 「1秒診断」
総量規制 総量規制対象により年収3分の1以上の金額の借入れ不可 総量規制対象により年収3分の1以上の金額の借入れ不可
カード 最短40分でカード発行 誰にも知られず受け取れる
借入・返済方法 借入・返済共に来店不要
スマホやコンビニで可能
来店不要
アイフル店舗他提携CD/ATM、コンビニで返済可
インターネットからの返済手数料 無料 なし
店頭窓口からの返済手数料 取り扱いなし 無料
口座引落による返済手数料 無料 無料
銀行振込による返済手数料 振込手数料利用者負担 振込手数料利用者負担
ATMからの返済手数料 提携ATMは手数料無料 アイフルATM以外は1回108円~216円
貸付対象者 満20歳~70歳(国内居住の方) 満20歳以上定期的な収入と返済能力を有する方
かつ、当社基準を満たす方
有人店舗数 なし 25
自動契約機設置数 758 625
自社ATM数 500
提携CD/ATM一覧 セブン銀行
ローソンATM
イオン銀行
イーネット設置ATM
(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、セーブオン、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマート)
■借入・返済ともに可能
セブン銀行
イオン銀行
三菱東京UFJ銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E.net
親和銀行
■借入のみ可能
福岡銀行
熊本銀行
■返済のみ可能
Famiポート
LAWSON Loppi
返済シミュレーション 公式サイト上で返済シュミレーションができる 公式サイト上で返済シュミレーションができる
スマホアプリ iPhone/Android アプリなし
ケータイサイトあり(http://aiful.jp)
レディースキャッシング レディースレイク 女性専用カードローン「SuLaLi」
おまとめローン 賃金業法に基づく おまとめローン アイフルかりかえMAX・アイフルおまとめMAX
ビジネスローン 法人ローン 事業サポートプランの不動産担保ローン
おすすめポイント ・2つの無利息ローン
・24時間お申し込み可能
・平日14時までのお申し込みと書類確認完了でその日に借入可能
・スピード審査
・カードがなくてもスマホから振込可能
融資までのスピードが早い
月々の返済金額が安い(最低返済金額4000円)
まとめプランが総量規制の対象にならない
即日借入可能
連絡はSMS、カードのデザインがオシャレ
公式サイト レイク公式サイトはこちら アイフル公式サイトはこちら

金利、限度額対決

△DRAW レイク
レイクは新生銀行が出しているカードローンです。金利は年4.5%~18.0%、限度額は500万円です。

消費者金融と変わらない金利水準となっていて、銀行のカードローンの中では金利は高めと言えます。限度額も500万円と銀行にしてはそれほど高い限度額ではありません。以前レイクは消費者金融だったので、その影響があるのかもしれません。

△DRAW アイフル
アイフルは大手消費者金融で、消費者金融について詳しくない人でも名前くらいは知っているのではないでしょうか。

アイフルのキャッシングローンの金利は、年4.5%~18.0%、限度額は500万円とレイクと同じです。消費者金融の標準的な金利と言えます。

審査の速さ対決

◯WIN レイク
レイクはパソコンやスマホで申し込みをすると、その場で審査結果が出ます。これは仮審査となりますが、申し込みの内容に不備がなければ、仮審査の結果が大きく変わることはないと言われています。

この後本人確認が出来れば本審査もOKとなり融資となります。申し込みから融資までは早いと40分くらいで終わり即日融資が可能です。銀行のカードローンは審査が遅めだと言われていますが、レイクの審査は消費者金融と比べても早い方です。

しかし、その場で審査結果が出るのは8:10~21:50(第3日曜日を除く)までなので注意してください。

×LOSE アイフル
アイフルの公式サイトに行くと1秒審査が受けることができます。これも仮審査になりますが、本審査の結果とはだいぶ違うことが多いようです。

1秒審査でもし融資不可になったとしても本審査では可能になり、反対に融資可能でも本審査で融資不可になる場合があります。

本審査は最短30分、借り入れまでは最短60分とスピーディーな審査をしてもらえ即日融資も可能ですが、レイクには一歩及びませんでした。

利用できるローンの種類対決

◯WIN アイフル
アイフルは通常のキャッシングローンの他に、限度額が10万円までの女性専用のローンや何社か借り入れていたものを一つにまとめる、おまとめMAXなど全部で8種類のローンがあります。

それぞれ特色があり、金利が違いますが消費者を考えた利用しやすい商品が多いです。
消費者金融でここまで多彩なローンを扱っているのは珍しく、自分に合ったローンを見つけることができるのではないでしょうか。

×LOSE レイク
レイクは通常のキャッシングローンの他に、レディースローンを扱っています。
レディースローンの専用申し込みフリーダイヤルなら女性スタッフが対応してくれます。金利や限度額は普通のキャッシングローンと同じで、無利息ローンも利用できるので、女性でも安心して借り入れをすることができます。

無利息期間対決

◯WIN レイク
レイクには初めて利用する人に限りますが、契約額が200万円までで、うち借入額が5万円までなら180日間無利息で利用できるものと、借入額全額30日間無利息で利用できる、2種類の無利息ローンを選ぶことができます。

無利息で利用できる期間があるだけでも利用したいと思いますが、2種類のうちから選べるのはとても嬉しいです。どちらがお得に利用できるか、シミュレーションできるので、借り入れる前に確認してみてください。

×LOSE アイフル
アイフルを初めて利用する人で無担保のキャッシングローンを利用する人ならば、契約日から最大30日間の無利息サービスを受けることができます。

30日間の間に返済できる予定があるならば、実質無利息で借りることができます。また、1回で返済できないとしても借入金額が大きければ大きいほど、このサービスはとてもありがたいと思います。

申し込みが簡単対決

◯WIN レイク
レイクは申込み、契約、借り入れまでホームページで手続きを終わらせることができます。来店する必要はないので、自宅はもちろん出先でも手続きすることができます。

必要な書類は、100万円までの借入なら免許証などの本人確認書類のみ、100万円を超える場合は源泉徴収票などの収入証明書類が必要です。

これらの書類はメールなどで提出すればいいので、最後まで簡単に手続きを終わらせることができます。

×LOSE アイフル
アイフルもパソコンやスマホで借り入れすることができます。来店は不要ですが、入会する際に本人確認書類が必要なので、事前にFAXか郵送していなくてはいけません。

必要な書類は、50万円までの借入なら本人確認書類だけで大丈夫ですが、50万円を超える借り入れの場合や、他社との借入額の合計が100万円を超える場合は収入証明書類が必要になります。

事前に本人確認書類を送っていなければいけないこと、レイクより少ない額で収入証明書類を用意しなくてはいけないのは、面倒だと感じる人もいるのではないでしょうか。

貸付条件対決

◯WIN レイク
レイクの貸付条件は、満20歳~70歳の方で安定した収入がある人です。安定した収入ということで、パートやアルバイトで毎月収入があれば、主婦や学生でも利用することができます。

また、専業主婦でも夫に安定した収入があれば利用することができます。専業主婦が急にお金が必要になったとしても借り入れができるカードローンは少ないので、とても便利なのではないでしょうか。

×LOSE アイフル
アイフルの貸付条件は、満20歳~70歳の方で安定した収入がある人です。ここまではレイクと同じ条件なので、パートやアルバイトで収入がある人ならば主婦や学生でも利用することができます。

しかし、アイフルは消費者金融なので年収の1/3以上は借り入れることが出来ない「総量規制」が適応されてしまいます。このため年収がない専業主婦は利用することが出来ません。

手数料対決

◯WIN レイク
レイクは借入でも返済する時でもコンビニなどの提携ATMをいつでも無料で利用することができます。提携しているATMはセブン銀行、ローソン、イオン銀行、E-netで、コンビニのATMならほとんど使うことができます。いつでも無料で利用できるのは、とてもうれしいサービスです。

×LOSE アイフル
アイフルは借り入れの時や返済する時も提携ATMを利用することができます。
手数料は1万円以下なら、入金・出金ともに108円、1万円を超える時は216円かかります。提携ATMはセブン銀行、イオン銀行、東京三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソン、E-net、親和銀行と数が多く便利ですが、手数料がかかってしまうのはもったいなく感じてしまいます。

返済のしやすさ対決

◯WIN レイク
レイクの返済方法は、自動引き落とし、銀行振込、提携先ATM、レイクATM、Web返済の5種類から選ぶことができ、銀行振込以外は手数料無料で手続きすることができます。中でも、Web返済はインターネットバンキングを利用している人なら、パソコンやスマホ、アプリで好きな場所から24時間いつでも返済できるのでとても便利です。

×LOSE アイフル
アイフルの返済方法は、自動引き落とし、銀行振込、提携先ATM、アイフル店舗・ATM、コンビニのLoppi(ローソン)、Famiポート(ファミリーマート)などで返済することができます。5種類から返済方法を選ぶことができますが、口座振替とアイフルのATMからの返済以外は手数料がかかります。

コンビニのATMなどを利用できるのは便利ですが、家から出なくても返済することができるレイクと比べてしまうと、一歩及ばない印象です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 レイク アイフル
金利、限度額
審査の速さ ×
利用できるローンの種類 ×
無利息期間 ×
申し込みが簡単 ×
貸付条件 ×
手数料 ×
返済のしやすさ ×
合計ポイント WIN:6
LOSE:1
DRAW:1
WIN:1
LOSE:6
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

レイクは銀行系のカードローン、アイフルは消費者金融のカードローンです。消費者金融の方が審査の速さや、審査の通りやすさなど銀行系のカードローンよりも融通が利く商品が多いです。

レイクは以前に消費者金融だったためか金利は銀行の割にはそれほど低くありませんが、その他の面で消費者金融のような柔軟性のある商品になっています。

銀行系と消費者金融のカードローンの大きな違いは、年収の1/3までしか借り入れることができない「総量規制」が消費者金融には適応されることです。

このため、他社で借り入れしている人や年収が低い人は消費者金融では大きな額を借り入れることは難しくなっています。

レイクは消費者金融のいいところを残しつつ、銀行系のカードローンなので総量規制のなく専業主婦でも利用することができます。

提携ATMでも手数料がかからず、申し込みから借り入れ、返済まで全てパソコンで済ませられることは、とても便利です。

無利息金利も2種類から選ぶことができ、あらゆる面でアイフルよりも勝っていたと思います。以上のことから、この勝負は「レイク」の勝ちとします。

会社概要

商品名 レイク アイフル
販売事業者名 株式会社新生銀行 アイフル株式会社
所在地 東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
ホームページ http://lake.jp/ http://www.aiful.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。