ルナメアACとビーグレンの大人ニキビケアを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID1500

大人のニキビケア商品として特に人気のあるルナメアACとビーグレンを比較対決。

成分、価格、返金保障、化粧水や美容液などのセット内容、トライアルセットの有無などを徹底比較。

また、乾燥肌や敏感肌といった繊細な肌でも合うのか、使用感、効果など口コミからしかわからないポイントもしっかり調査済み。

自分に合った商品を見つけるためにぜひ参考にしてくださいね。

ルナメアAC
https://shop-healthcare.fujifilm.jp/

ビーグレン
http://www.bglen.net/

どんなケア?どんな技術?

△DRAW ルナメアAC
ルナメアACのケアは以下のようになっています。

・脂は油にくっつくという性質を利用し、ナノ化した「アクネシューター」が毛穴の油分になじんで集中して浸透、必要な成分をしっかり届けます。

・「ファイバースクラブ」で、毛穴の汚れを優しく除去します。よくある固形スクラブでは肌を傷める可能性があり、また殺菌作用のものでは、アクネ菌だけでなく善玉菌や悪玉菌まで殺菌してしまうことがあります。ファイバースクラブは、糸状の繊維のスクラブで、圧をかけると変形するため肌へのダメージが抑えられるというものです。

・天然由来の「ハーバルモイストエキス」で潤いを保ちます。

写真で有名な富士フィルムだからこその技術をスキンケアに応用したものです。それぞれ独自の研究を経て、開発されたスキンケアであり、ケアの内容については引き分けとします。

△DRAW ビーグレン
ビーグレンは、薬学博士ブライアン・ケラーの技術やノウハウを応用したスキンケア商品です。

どんな優れた成分も届かなければ効かないという思いから、国際特許を取得しているQuSome(キューソーム)で、肌への浸透の深度をコントロールしています。QuSomeとは、超微小カプセルであり、安定した効果や浸透力、効果の持続性があります。

ビーグレンは、そのQuSomeに加え、天然クレイがマイナスに帯電することを利用し、プラスの性質の皮脂汚れや角栓、アクネ菌を吸着するという磁石の原理も利用しています。こちらもルナメアACと同様に独自の研究によるオリジナルのスキンケアであり、どちらも評価できる内容でした。

使用感・におい

◯WIN ルナメアAC
ルナメアACの使用感は「べたつかない」「サラサラ」「保湿力あり」です。大人ニキビが気になる年齢では、通常のニキビケアのように「さっぱり」だけを目的とするわけにはいきません。ルナメアACは、さっぱりしつつも保湿力ありという点で、多くの方に好まれる使用感となっています。

ラインナップの中でも「ファイバーフォーム」についてはかなり評価が高く、その泡の弾力に定評があります。ラインを揃えないという人でも、このファイバーフォームだけは使いたいというコメントが多くみられました。においなども特に気にならず、多くの人に受け入れられる使用感は、ルナメアACの勝ちとさせていただきました。

×LOSE ビーグレン
ビーグレンの使用感は「さっぱり感は無い」「保湿力が高い」「乾燥肌には安心できる」でした。かなりの保湿力があることが分かります。しっとり感が十分にあることで安心感もありますが、その反面、べたつきが苦手な人には使いにくい商品でもあります。

保湿が必要になる大人ニキビ世代も、ビーグレンの使用感についてはお試しなどで一度試されることをおすすめします。また、天然クレイを含むのでにおいについても、苦手な方には辛いかもしれません。効果は高そうですが、使用感は少し癖がありそうだということで、こちらの負けとさせていただきました。

ラインナップ・料金

◯WIN ルナメアAC
ルナメアACのニキビケアラインナップは
1、ファイバーフォーム(洗顔)120g 2,268円
2、スキンコンディショナー(化粧水)120ml 2,376円
3、ジェルクリーム 60g 2,592円

トライアルセット(ファイバーフォーム15g、スキンコンディショナーノーマル30ml、しっとり3ml×2、ジェルクリーム12g、泡立てネット)が1,080円です。

全体的にこちらのほうが安く設定されており、使用しやすい価格になっています。継続して使うものだからこそ、このコスパは嬉しいもので、こちらの勝ちとさせていただきました。

×LOSE ビーグレン
ビーグレンの大人ニキビケア商品のラインナップは、
1、クレイウォッシュ 150g 4,104円
2、クレイローション 150ml 4,320円
3、Cセラム 15ml 5076円
4、QuSomeモイスチャーゲルクリーム 30g 6,480円

トライアルセット(クレイウォッシュ15g、クレイローション20ml、Cセラム5ml、QuSomeモイスチャーゲルクリーム7g、スクワランタオル)が1944円となっています。

ラインでそろえると、ルナメアACの3倍ほどの価格になってしまいます。トライアルも、ルナメアACと比べると気軽に試せる価格とは言えない範囲になっています。価格面では、かなり開きがあり、こちらの負けとさせていただきました。

効果

×LOSE ルナメアAC
この2商品は、どちらも非常に高い効果がある商品です。ただ、その違いとしてルナメアACは白ニキビに強い、ビーグレンは炎症をおこした赤ニキビに強いということです。

ポツポツできている程度のニキビならルナメアACで十分治るという意見がかなり多いものの、ひどくなったニキビにはルナメアACでは太刀打ちできないことも多いようです。効果がそれぞれ違いますが、ルナメアACのほうが効果が緩やかな印象をうけましたので、こちらの負けとさせていただきます。

◯WIN ビーグレン
上記にも記載の通り、ビーグレンは赤ニキビに強い商品です。顔中にひどいニキビができているという場合も、ビーグレンの使用でかなり改善が期待できます。「炎症を起こしているニキビ」が一番皆さんの悩みの種になると思われ、それに対して改善効果があるということで、ビーグレンの勝ちとさせていただきます。

送料・返品

×LOSE ルナメアAC
ルナメアACは5000円以上で送料無料、それ以外は360円の送料が必要です。定期コースをご利用の場合は、毎回の発送が送料無料となります。また返品は、商品到着後八日以内にお電話にてご連絡いただければ対応しております。しっかりとした対応をしているものの、ビーグレンのサービスには敵わず、こちらの負けといたしました。

◯WIN ビーグレン
ビーグレンは、全国どこへでも1個から送料無料です。またお急ぎ便のご利用も無料でできます。返品については、365日の返品・返金保証があり、肌に合わない・効果に満足いかないという場合、一商品につき一回限り、所定の手続きをしていただくことで返品・返金が可能です。送料、返品対応とも、安心感があり、こちらの勝ちといたしました。

定期コース

×LOSE ルナメアAC
ルナメアACの定期コースは、1か月、1か月半、2か月、2か月半、3か月のコースがあります。その購入合計に応じて、定期コースの商品が10%~15%OFFになるほか、定期コース以外の商品も10%の割引となります。

割引も多く、魅力的ですが、こちらは3回の定期配送が終わるまでは中止ができません。定期コースのサービスの魅力は大きいものの、中止ができないという点でこちらの負けとさせていただきました。中止をされない場合は非常に魅力のあるサービスになっています。

◯WIN ビーグレン
ビーグレンの定期コースは、30日・60日から選んでいただけます。一回の配送の内容が、商品1個で5%OFF,2個で10%OFF、3個で20%OFF,4個で25%OFFとなっています。

ラインでそろえる方にはこの定期コースが非常に割引率が高くオススメできます。こちらは定期コースを中止する際の期間の拘束がなく、いつでも休止でき、気軽に定期コースを始められることから、こちらの勝ちといたしました。

ポイント等のサービス

×LOSE ルナメアAC
ルナメアACのサービスは、グレードサービスです。半年間の利用額に応じてグレードが設定され、そのグレードに対して割引率が決まるというものです。定期コースを申し込んでいれば自動的に最低でも10%OFFが設定されます。

定期コースでない人も、半年間の利用金額に応じて3%~7%の割引が受けられます。ただ、こちらは半年間の継続利用を前提としたサービスであり、続けられない人にはあまりメリットがありません。

またグレードを維持するために、継続してある程度の金額の商品を購入する必要があります。システムのわかりやすさや、その手軽さではビーグレンにかなわず、こちらの負けになりました。

◯WIN ビーグレン
ビーグレンではbポイントというポイントサービスがあります。ご利用金額の3%がポイントとして還元され、1ポイント=1円で次回のお買い物にご利用いただけます。購入した分がすぐにポイントとして反映され、次回のお買い物ですぐに使えるということで「目に見える」わかりやすさがあります。非常に使いやすいサービスであり、無理やり継続する必要もないことからこちらを勝ちとします。

結局どっちがいいのか?

対決項目 ルナメアAC ビーグレン
ケア
使用感・におい ×
料金 ×
効果 ×
送料・返品 ×
定期コース ×
サービス ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:4
DRAW:1
WIN:4
LOSE:2
DRAW:1
総合結果 ×LOSE ◯WIN

ルナメアACとビーグレン、比較してみるとどちらもかなり評価の高い商品でした。今回はスキンケアにおいて大切な効果や長く利用しやすい定期コースの面をみてもビーグレンの勝ちとしたいと思います。

ビーグレンはかなり高価な部類のスキンケアとなりますが、購入時に単品をバラバラに選択しても、システムで自動的に最も安くなるセットを選定してくれるというサービスを行っています。またビーグレンはカスタマーサポートも充実しており、電話や専用フォームでスキンケアや商品について相談することもできます。

ルナメアACは、あまりお金をかけられない主婦層に優しい価格設定になっており、またその使用感もかなり満足できるものです。定期コースの中止可能までの期間が少しネックとなりますが、それを踏まえてもこの金額と商品内容のメリットは十分にあると思われます。

継続して使うことで効果が出るスキンケアで、価格はかなり大切なポイントです。効果の出方も、ルナメアACで効かないものにビーグレンが効くことも多いようなので、まずはルナメアACを試し、そこで治らなければビーグレンのトライアルセットを試してみるという方法がよさそうです。

会社概要

商品名 ルナメアAC ビーグレン
販売事業者名 富士フイルム株式会社 ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社
所在地 東京都港区赤坂9-7-3 東京都港区東新橋2-18-2グラディート汐留2F
ホームページ http://shop-healthcare.fujifilm.jp/lunamer/ http://www.bglen.net/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。