リスニングパワーとスピードラーニングの英会話教材を比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
英会話教室に通う女の子

英語を勉強してみたいけれど、英会話教室に行く時間はないという人へおすすめの英語教材。

会社によって、学習内容や金額は違います。今回はリスニングパワーとスピードラーニングを比較対決でご紹介。

英会話能力といってもスピーキングかリスニングか、自分がどこに力を入れたいかによっても選ぶ教材は異なってきます。

これから教材を選ぶ人はぜひ参考にして、自分に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

リスニングパワーとスピードラーニングの比較表

教材名 リスニングパワー スピードラーニング
対応デバイス CD CD
アプリ 商品購入後に受講巻をダウンロードして利用できる
アプリ対応デバイス iPhone、iPad、iPod touch、Android携帯(Google Play非対応機種を除く)
内容 アメリカ人言語学者のスコットペリーが英語の周波数に着目し、他の言語学者、医学博士、語学講師、サウンドエンジニアなどの科学者たちのグループの協力を得て開発したネイティブ耳育成プログラム 旅行やオフィス、ショッピングでの会話、恋人同士や高校生の会話など、すぐに使える身近な英語表現を取り上げている。国際結婚した夫婦が言葉の違いを乗り越え心が通じ合うまでのストーリーも収録。
スピーチ解析機能
価格 定価:19,800円
先行特別価格:14,800円(5,000円OFF) 送料・消費税込
初回9,400円(送料無料・税別)
2ケ月目以降4,300円(送料込み・税別)
※全48巻(途中の受講停止は自由)
返品 返品・返金は受け付けていない。 申し込み後、無料の視聴用CDを聞いて気に入らない場合は商品到着後10日以内に返送(返送料無料)すれば、申し込みは取り消され、費用は一切かからない。
お届け日 3営業日以内に発送 申し込み受付後、3~5 日以内(沖縄・離島除く)
配送業者 ヤマト運輸
支払方法 代金引換、後払い(コンビニ・銀行・郵便局) ・クレジットカード払い
・口座振替
※初回分代金は同封の払込取扱票で振込
保証 1年間
傷や日光での焼きこみ等、故意による破損以外を保証。
サポート 先着30名様限定で、リスニングパワー開発者のスコットペリー先生のメールサポートを受けることができる。 ・サポートセンターにて、英語習得に関する疑問、教材の進め方や聞き方の相談に対応
・外国人スタッフまたはバイリンガルスタッフとの会話レッスンや発音レッスン (受講中教材1巻につき2回まで無料の『フリートーク』)
・『スピードラーニング』OZサポートカルテ
・英語がもっと楽しくなる 情報紙『もっとEnglish』
・隔月発行の会報誌『ESPRIT CLUB』
イベント ・コーヒー片手に英語だけで過ごせる英会話イベント「イングリッシュ・カフェ」
・外国文化を体験できるイベント「クリスマスパーティー」や「ハロウィンパーティー」「BBQパーティー」
キャンペーン
社名 株式会社チカラインターナショナル 株式会社エスプリライン
公式サイト リスニングパワーの公式サイトはこちら スピードラーニングの公式サイトはこちら

教材のしくみ

◯WIN リスニングパワー
リスニングパワーは、発音矯正の権威であるスコットペリー氏が、「英語耳」と「ネイティブに通じる発音」を日本人が身に着けられる教材として作りました。

日本人がなぜ英語の発音が苦手で、聞き取る力も弱いのかを考え、日本語の周波数が最高で1500ヘルツ程度なのに対し、英語は最低で2000ヘルツであることに着目しました。サウンドエンジニアや科学者など専門のメンバーの協力で、日本人が英語を聞き取ることのできる特定の周波数を見つけ、それを生かした教材になっています。

つまり、日本人が聞き取れる音(周波数)で、日本語にない音を聞き取る特訓のできる教材ということです。科学的に考えられた効果があり、またこの教材以外ではなかなか同じことを練習することは難しいことから、こちらの勝ちとさせていただきます。

×LOSE スピードラーニング
スピードラーニングは、クラシックをBGMに、ネイティブのスピードの英語と、その訳としての日本語を交互に聞き続けることで、耳を慣らす教材です。英語→日本語のあとには、必ず「ポン」という音をいれており、これにより無意識に日本語に訳して英語を理解しようとする日本人の脳をリセットさせてくれます。

また、英語のみのCDもついており、自分のレベルに合わせて使い分けることができます。教材の内容は会話がメインで、その内容もバラエティに富んでいます。しかしながら、こちらは「英語に慣れる」ことで、「ある日」英語が自然と使える日がくるというものです。ネイティブの英語をひたすら長期間聞くという点では別の教材でも代替可能な部分も多いことから、今回はこちらの負けとさせていただきました。

学習の進め方

◯WIN リスニングパワー
リスニングパワーの教材は、一回限り送られてくる、CD2枚とテキスト一冊のみです。これを決まった日数、合計30日間聞き流します。最初の2週間は一本目のCDを聞き流します。その内容は英語特有の音に慣れること、日本語になってしまったカタカナ英語との発音の区別、LとRなどの似た音の区別、といった「英語の基本なのに今更学べない」内容になっています。

そして2週がすぎれば2本目のCDに入りますが、こちらは1本目のCDの応用と思ってもらえばよいものです。応用といっても、難しいものではなく、一本目で区別で来たものをさらに頭と耳に叩き込むための聞き流しです。こちらは毎日20分、それを30日間でかなりの効果があるとされており、短い時間で効果がでることからこちらの勝ちといたしました。

×LOSE スピードラーニング
スピードラーニングは、一日5分~の聞き流しでOKという教材です。教材の内容は実際にありそうな会話が多いので面白く、また、日本語訳もすぐに聞けることから、文章を一つのまとまりとして理解する力がつきます。

一日5分ならリスニングパワーよりも簡単と思うところですが、それを最低でも100日、最長で48か月の継続が必要とされています。毎月一巻ずつ新しい教材が届くので飽きることなく聞き流しに取り組めそうですが、どうしても長期戦になりがちです。気軽といえど、挫折することも少なくなさそうです。

お試しはできる?

◯WIN リスニングパワー
リスニングパワーは継続して行う教材ではなく、一回限りの教材になるため、実際にCDなどを送付する方法ではなく、HP上でサンプル音声を公開することで「お試し」としています。教材となるCD1,2それぞれについてサンプルが公開されています。少し物足りない気もしますが、内容を知るには十分な情報です。知りたいときにすぐに聞けることと手軽さを考えてこちらを勝ちといたしました。

×LOSE スピードラーニング
スピードラーニングでは、無料の視聴用CDを用意しています。ただし、ここに少し気を付けるべき部分があり、視聴用CDを申し込むと送られてくるのは「初回セット」です。「お試し」ではなく、「初回」というところに注意してください。

視聴用CDと一緒に、実物の1,2巻がセットになってきます。視聴用CDを聴いて、合わないと思えば10日以内に限り返品を受け付けています。しかしながら、同封されいてる1,2巻を誤って開けてしまうと返品ができなくなるなど、分かりにくいところもあります。「お試し」としてではなく、「10日以内なら返品できる初回セット」という認識が必要で、分かりにくさからこちらの負けとしました。

サービス

×LOSE リスニングパワー
リスニングパワーは継続受講のタイプではなく、教材を購入するだけのものなので、その後の継続したサービスなどは特にありません。教材のCDには、紛失保証が無制限でついており、CDの破損や紛失の際には新しいものをもらうことができるので安心です。しかしながらスピードラーニングの充実したサービスには敵わず、こちらの負けとさせていただきました。

◯WIN スピードラーニング
スピードラーニングの受講後には、無料のアプリで音声やテキストのダウンロードが可能です。それにより、CDを持ち歩かなくても、どこでも聞き流しをすることができます。教材には全巻一年間の品質保証がついており、安心感もあります。

またそのほか、教材1巻につき二回までマンツーマンでの電話英会話を利用できたり、英語を話せるイベントの開催、サポートセンターの設置など、スピードラーニングを続けるためのサポートやサービスがかなり充実しています。数多くある英語教材の中でもこれだけのサービスはトップクラスであり、今回はスピードラーニングに軍配が上がりました。

費用

◯WIN リスニングパワー
公式HPによるとリスニングパワーの教材は、CD2枚+テキストのセットが定価19,800円のところ、キャンペーン価格として、14,800円(税別・送料無料)となっています。さらにボキャパワーという語彙に特化した教材もついてきます。

こちらもCD2枚+テキスト1冊で、実際には2,980円の教材が無料でセットになっています。継続受講するものではないので、かかる費用としては、教材費の14,800円(税別)のみで、非常にわかりやすく、英語教材としては手の出しやすい価格設定になっています。分かりやすさ、それ以上の費用はかからないという安心感からこちらを勝ちとさせていただきました。

×LOSE スピードラーニング
スピードラーニングは、視聴用CDを含めた初回セットが9,400円となっています。中身は、視聴用CD、体験談DVD、教材1・2巻(英語のみのCDと、英語+日本語のCDのセット)、台本テキスト、受講案内、情報雑誌です。

また2か月目以降は、一巻あたり4,300円の教材が48巻まであります。初回セットのみ考えれば、リスニングパワーよりも安くなりますが、スピードラーニングは継続することが大切と謳っており、最低でも100日の継続が必要とされています。

解約や一時中断はいつでも可能ということですが、ある程度の期間継続して毎月4,300円を支払うことを考えると、こちらのほうが費用がかかることになります。費用面では、こちらのほうが負担が大きくなる可能性が高く、スピードラーニングを負けとしました。

内容と効果

◯WIN リスニングパワー
リスニングパワーは、リスニング力を上げるために周波数の研究などを基に開発された教材です。自分でできる練習や勉強では得ることのできない音声CDとなっており、この教材でしかできない訓練といえるでしょう。

実際に利用された方感想として、30日間の利用で「TOEICのリスニングがUPした」「それまで全く分からなかった英語が、音として耳で聞き取れるようになった」というものが多くあります。リスニングパワーは、英語の発音の特訓の教材としてはかなり優秀だということが分かります。

ただし、英語の文法などにはあまり触れていないので、全く英語を知らない人がこれだけで英語を話せるようになるという教材ではありません。初心者や英語が苦手ない人は、リスニングパワー+自分での勉強(語彙や文法など)を組み合わせることでさらに効果が出るでしょう。ある程度英語はわかるが、発音が苦手、聞き取りが苦手という方ならリスニングパワーだけでもかなりの効果が得られることが多い教材です。

×LOSE スピードラーニング
スピードラーニングは、ネイティブのスピードの英語をひたすら聞き続けることで、耳が慣れ、続けることで英語が自然と出る「ある日」が訪れるという教材です。「ある日」がくるタイミングは人によって異なり、最低でも100日間は続けましょうとされています。

内容はクラシックをBGMにリラックスして会話中心の英語を聞くもので、話題とされるものはアメリカの文化だったり、日常会話だったりと飽きが来ないように工夫されています。こちらも文法などに触れることはなく、英語の基本的な勉強としての要素は薄く、慣れを目的としています。

リスニングパワーはリスニング力の向上のための特訓としての開発されたCDであり、TOEICなどの試験でもある程度の効果が得られましたが、こちらは「ある日」がくるまでは、TOEICなどでもなかなか効果は出ないという印象です。

英語を本気で勉強したいという人にはあまり向いておらず、趣味として英会話をできるようになりたい、教材に向き合う時間が全くないという人には向いている教材です。効果が表れるまでの期間や、勉強としての効果は薄いことから、こちらを負けとさせていただきました。

結局どっちがいいのか?

対決項目 リスニングパワー スピードラーニング
教材 ×
学習の進め方 ×
お試し ×
サービス ×
費用 ×
内容と効果 ×
合計ポイント WIN:5
LOSE:1
DRAW:0
WIN:1
LOSE:5
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

リスニングパワーと、スピードラーニングを比べてみた結果、今回はリスニングパワーに軍配があがりました。

理由としては、以下のような内容があげられます。

・30日という短期間で効果が得られる
・研究などを経て開発されたオリジナルのリスニング特訓
・継続教材ではないので気軽に始められて時間に追われない
・価格が安い
・口コミなどをみても、リスニング力UPはかなりの確率で成功

どちらの教材も、文法などにはあまり触れず、耳で覚えるということをメインにしている教材でした。

英語の周波数が日本語の周波数と大きく違うということで、まずはそこを見直すための仕組みづくりがされているものがリスニングパワーです。英語特有の発音を、日本人が聞き取れる周波数で繰り返し聞くという「特訓」は、なかなか自分ではできないものであり、15,000円ほどの金額を払ってでもやってみる価値はあるでしょう。

またリスニングパワーは、その音声が特徴で、ヘッドホンで聞くと、右と左からそれぞれ異なる音が聞こえるものです。できればヘッドホンを使って聞くことが効果的なようですが、運転中などはスピーカーで聞き流すだけでも大丈夫とのことです。

二つの教材を比べましたが、どちらも継続が大切なこと、また文法や語彙などご自身での努力をプラスすることでさらに効果がUPすることがわかりました。発音を良くしたい、聞き取りの練習をしたい、会話ができるようになりたい、など、それぞれの目的に合わせて教材を選ぶことが大切です。

会社概要

商品名 リスニングパワー スピードラーニング
販売事業者名 株式会社チカラインターナショナル 株式会社エスプリライン
所在地 東京都渋谷区東2-27-14-206 埼玉県川越市脇田本町16-23 川越駅前ビル
ホームページ http://listeningpower-official.com/ http://www.espritline.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。