リクナビNEXTとマイナビ転職の転職サイト比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバートフォンで就活

リクナビNEXTとマイナビ転職を比較対決しました。大手への転職を考えているなら是非利用しておきたい転職エージェントです。

どちらにもスカウトサービスがありますが、利用方法が少し違うみたいです。サービスを比較してみると利用価値があったりなかったりといった面もあるので詳しくは「独自のサービス対決」をご覧ください。

転職を考えていない人でも自分の市場価値を知るために利用してみるのもいいですね。それぞれの強みの特徴をみて就活サイトとして利用してみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXTとマイナビ転職の比較表

サイト名 リクナビNEXT マイナビ転職
転職支援サービス 専任のキャリアアドバイザーが、転職活動のアドバイスや非公開求人を紹介。完全無料。 3つの無料サポート
・履歴書コーチ
・求人紹介
・面接コーチ
スカウト/オファー
スカウトの特徴 ・企業から直接応募のオファーが届く
・利用企業は年間約17,000社
・匿名だから在職中も安心
・面接保証や非公開求人もあり
オファーの種類 ・プライベートオファー
・興味通知オファー
・オープンオファー
・気になるメール
・求人告知メール
・特別オファー
・非公開特別オファー
職務経歴書・履歴書の書き方マニュアル あり あり
面接ノウハウ あり あり
適性診断 会員限定。無料。 会員限定。無料。
スマホアプリ iPhoneおよびAndroid各端末 iPhoneおよびAndroid各端末
求人特集 あり あり
会員向けサービス ・リクナビNEXT経由の応募を受け付けている企業への応募ができる。
・希望の検索条件を登録できる。
・気になった求人情報を保存できる。また、保存した企業が新たに募集を開始する際に、お知らせメールを受けとることができる。
・レジュメを保存し、応募の際に呼び出して使用することができる。
・スカウトレジュメの登録をして、企業や転職エージェントからのオファーを待つことができる。
・企業や転職エージェントとのメッセージのやりとりを一括管理することができる。
・転職ノウハウや、新着求人の情報等をメールで受けとれる。
・適性診断
・企業からのスカウト
・検討リスト
・新着求人メール
・WEB履歴書添削
・求人マッチング
チェックリスト 「気になるリスト」
気になった求人を一覧にしてチェックできる。後で比較検討することも可能。「気になる」した求人の掲載終了が近づいたときや、「気になる」した企業が、新たに求人情報を掲載したときにメールでお知らせを受け取ることができる。
・表示を並び替えできる
・詳細比較もできる
・保存した求人の再開を見逃さない
・掲載終了予定日がひと目でわかる
メールサービス ・もうすぐ掲載終了お知らせメール
・新掲載お知らせメール
・注目求人セレクト便
・新着求人お知らせメール
・応募期限アラートメール
・かしこい転職プロジェクト
・新着求人メール
・転職「知っトク」メール
・締切間近!求人情報メール
・エリア情報メール・号外メール
・利用状況お知らせメール
・サイト活用サポートメール
・積極求人情報メール
サイト更新日 毎週水・金曜更新 毎週火・金更新
直近新着求人件数 1,774件 1,164件
運営会社 株式会社リクルートキャリア 株式会社 マイナビ
公式サイト リクナビNEXTの公式サイトはこちら マイナビ転職の公式サイトはこちら

求人数対決

◯WIN リクナビNEXT
リクナビNEXTといえばあのリクルートが運営している国内最大級の求人サイトです。登録者数は435万人にのぼり、転職を考えている人の8割がリクナビを利用すると言われている大変有名なサイトとなっています。

会員数が多いため競争は激しくなり1社に多数のエントリーが殺到することもあるようですね。毎週約2000件を超える求人が新着掲載され、サイトに登録されている求人数は5000件。求人の数では数ある転職サイトのなかでもダントツですね。

ただ多いだけではなく求人の質も良いと言われており大企業はもちろんベンチャー企業の求人などもたくさんあります。ほかの求人サイトには掲載されない非公開求人がたくさんあるというのもリクルートの大きな強みです。

求人数が多く知名度のあるサイトですので掲載料金が非常に高く、掲載審査も厳しくなっています。そこに掲載できるだけの会社の求人しか掲載されていないと思っても良いでしょう。

また、最近はほとんどの求人サイトで当たり前となっている「スカウトサービス」のパイオニア的存在で、こちらの登録人数は270万人以上と言われています。この「スカウトサービス」はリクナビが一番使いやすいと口コミで評判が高く、スカウトされる数も圧倒的に多いため人気のある機能です。

×LOSE マイナビ転職
リクナビと並んで転職サイトのツートップとなっている「マイナビ転職」。常時約4000件以上の求人の取り扱いがあり、リクナビには一歩及ばないものの、マイナビのみで見ることができる求人が8割を占め、ほかの転職サイトとの差別化を図っています。

大手の求人はリクナビに比べて少し控えめな印象です。その分ベンチャー企業や中小企業の求人は充実しているようです。大手への転職を望む人にとっては物足りない結果となるかもしれませんが雑誌やテレビ等で話題になっている人気の企業も多く大手にこだわらず会社を探している人にとっては魅力的な部分も多いでしょう。

独自のサービス対決

◯WIN リクナビNEXT
どこのサイトでもある機能だけどリクナビのが一番使える!と話題になっているのが先に紹介しました「スカウトサービス」です。このサービスを利用すると自分の年齢、経歴、などをトータル的に評価して興味を持ってくれた企業からメールをもらうことができます。

このスカウトメールの傾向を見ることで、自分自身がどういう方向性で転職活動をしていけばいいか見えてきます。スカウトメールがたくさん来るということは自分の価値を認めてもらえている証拠ですから希望年収をもう少し上に考えてみようかなとか、大手を狙ってみようなどという風に再検討することができます。

もちろんその逆パターンもあり、自分で思っていたよりも声がかからないことで転職そのものを考え直すという選択もできます。

ただしスカウトサービスとひとくちに言っても、レジュメを見て興味を持った企業から興味の有無の確認メールが届きます。その後企業が正式にオファーしたいと思った場合のみ面接などの案内が届きます。

「興味通知オファー」は登録した条件が企業の設定した検索条件と合った場合通知がきます。求人情報や説明会の案内が届く「オープンオファー」、スキルや経歴が企業とマッチングした場合に個別面接の案内が届き書類選考が免除される「プライベートオファー」など様々な種類があります。

スカウトが届いたからといってすべてのスカウトがすぐに面接に行けるわけではありません。しかし、転職が叶う可能性は上がるので登録しておくのがオススメです。転職を考えていない人でも、自分の市場価値を知るために大変役に立ちます。

実際に転職が終わった後も履歴書を更新しながら登録を継続している人も多いようです。登録時に職務経歴書を入力して、スカウトサービスの機能をONにしておくだけです。基本はすべてメールで行われるので電話がかかってくる煩わしさなどは一切ありません。

また、興味がない企業への返信は必要ありませんので気軽に使うことができますね。そのほか、検討中の求人リスト機能や登録した経歴に合わせて必要な応募数の目安を表示する機能など、ほかのサイトで見るひと通りの機能はそろっています。

ほかにはプロのコンサルタントから転職のサポートを受ける事ができる無料のサービスもあり、こちらもかなり人気です。

サイトにある「転職ノウハウ」では転職に必要なノウハウや、実際の転職事例、登録者からの悩み相談などの紹介を行っています。著名人に仕事についてインタビューした記事などもあり、転職を考えている人にとっては非常に読みごたえがあります。

最近では、実際とは違う魅力的な文句で有能な転職者を自分の会社に引き入れようとするブラック企業が増えていますがリクナビではそうした問題にも対応しています。

「リクナビNEXTホットライン」といって、求人に記載されていた内容と違うと感じた人のための専用のフォームになっておりすぐに相談することができて安心です。

×LOSE マイナビ転職
こちらも企業からのスカウトメールサービスや適職診断サービスなどなど、ひと通りの機能は用意されています。

マイナビの求人の全体の8割はマイナビだけに掲載している求人ですから、マイナビのスカウトはマイナビに登録している中の限られた人にだけ送っている可能性が高く特に価値があると思って良いでしょう。 

マイナビに登録すると「転職MYコーチ」が利用できるようになります。これは履歴書の書き方にはじまり、面接など転職活動をするうえで出てくる様々な相談を転職アドバイザーにすることができるので心強いものとなるでしょう。

定期的に開催されている「転職スタートアップセミナー」にも注目。Web履歴書の添削、面接対策、求人情報を見るコツなど、転職者が知りたいいろいろな情報を得ることができます。会員登録するだけで利用できるので活用しないのはもったいないですね。

また、マイナビグループの「マイナビエージェント」は、プロのコンサルトタントによるサポートがあり、相談にのってくれるだけでなく直接求人を紹介してもらったり、面接を調整してくれたりと無料で手厚いサービスを受けることができます。

ほかにはIT企業に特化した「マイナビエージェント×IT」や女性の目線の転職を支援する「+Agent」などの専門的なサービスも提供しています。

知名度対決

◯WIN リクナビNEXT
リクナビNEXTはリクルートが運営する社会人の転職や中途採用を応援するサイトで435万人もの会員数を誇る、日本最大級の転職サイトとなっています。

リクルートが運営するだけあって知名度は非常に高く、安心感もあるため転職を考える人なら必ず一度は訪れるサイトです。転職成功実績も業界No.1となっており、これまで約30万人を転職成功に導いています。

リクナビは「最大規模」に加えてこの高い知名度で企業にとっても大変安心感のある会社のため、掲載されている企業も名の知れた大手の企業や世界を拠点としている外資などが集まっています。

長年培ったノウハウがあるわけですから、それを最大限活かした転職サポートに期待がもてます。

×LOSE マイナビ転職
リクナビNEXTと並ぶ国内の大手転職サイトであるマイナビ転職。知名度では、やはりリクナビNEXTに一歩差をつけられているという印象です。

しかしマイナビ転職だけでしかエントリーできない求人を増やし差別化するなど確実に知名度を上げてきているサイトでもあります。

さらに元AKBでタレントの前田敦子さんをイメージキャラクターとして起用することでユーザー層を広げており、最近では人気女優の石原さとみさんがCMに登場。この先リクナビNEXTに追いつく可能性も十分考えられます。今後が非常に楽しみですね。

ランキング対決

 
◯WIN リクナビNEXT
リクナビNEXTはオリコン日本顧客満足度ランキング1位を獲得しています。このランキングは、実際に転職活動で転職サイトを利用した人に、登録のしやすさや情報の多さ、サイトの使いやすさに信頼度など3000人以上の人にアンケートをとった大規模な調査ですので信頼性のある調査結果といえるでしょう。

さすが業界トップ!といったところですね。またあるサイトのランキングで行われていた転職サイトの評判ランキングでは183票を獲得して1位。転職成功率は48.1%でこちらも1位。転職後の年収アップが123万円で1位と圧倒的な強さを見せていました。

×LOSE マイナビ転職
マイナビ転職はマイボイスコムで行った転職で使いたいサイトナンバー1に選ばれました。他にもGomezで行われた転職情報サイトランキング総合評価2007年度、2009年度、2015年度のナンバー1に輝いています。

リクナビNEXTがすべて1位を獲得したあるサイトのランキングでは評判ランキングが2位(161票)、転職成功率ランキングでは43.5%で2位。年収アップランキングでは64万円アップで7位でした。

結局どっちがいいのか?

対決項目 リクナビNEXT マイナビ転職
求人数 ×
独自のサービス ×
知名度 ×
ランキング ×
合計ポイント WIN:4
LOSE:0
DRAW:0
WIN:0
LOSE:4
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

さて今回は転職情報サイトの中でもツートップといわれているリクナビNEXTとマイナビ転職の対決となりました。リクルートグループのリクナビはやはり大手だけあって抜群の知名度と安心感。

加えて求人数とあって利用者数はトップ。マイナビも独自の求人を用意するなど追い上げしてきておりランキングで顧客満足度1位を獲得することもちらほら。今後が楽しみなサイトではあります。しかしすべての面でリクナビには一歩およばず今回はリクナビNEXTの圧勝となりました!

リクナビNEXTとマイナビ転職を比較対決したみんなの口コミ

サイトの見やすさや検索のしやすさがポイントです。
リクナビNEXTの方が、ホームページが見やすく転職先を探すのにとても使いやすいサイトだと思うので、おすすめです。マイナビ転職のサイトは、単調で面白みが欠けている印象を受けます。その点、リクナビNEXTは職種検索、勤務地の検索、キーワード検索などとても使いやすかったです。最近は求人広告などを利用するより、転職先探しは皆さんインターネットサイトから行うことがほとんどです。サイトの見やすさに加え検索のしやすさがおすすめポイントです。
知名度が高いところ
知名度が高いリクナビNEXTの方が良いと思います。
リクナビNEXTはマイナビ転職に比べて知名度が高い分、企業の求人も集まり易い傾向にあり、特に、大手の企業にその傾向が強くその点が非常に強みになっていると感じました。リクナビNEXTとマイナビ転職はサイトの掲載方法や機能面において殆ど差が無いと感じているため、転職業界で長年かけて培ってきた知名度の高さがそのまま求人掲載数と直結してくるため、やはりマイナビ転職の方がその点では不利だと思いました。
転職業界では一番有名なので私はリクナビNEXTをオススメします。
リクナビNEXTとマイナビ転職なら、私はリクナビNEXTのほうをオススメします。
なぜならリクナビNEXTは、転職業界では一番有名なサイトだからです。
マイナビも有名ですが、どうもマイナビはリクナビに比べると2番手のイメージがあります。
これは新卒サイトも転職サイトも同じです。私の個人的印象ですが、
リクナビは1番手、マイナビは2番手と言う感じがしてしまうのです。
なので転職サイト2つの中から1つを選ぶなら、私はリクナビNEXTを選びます。
リクナビNEXT
リクナビNEXTはリクルートにより運営されており、マイナビ転職に比べて圧倒的に求人数が多く、多数の転職者が使用しています。また、履歴書を作成・後悔するだけで、企業や他の転職エージェントからのスカウトを待つこともできます。たくさんの情報を集めるにはもってこいのサイトです。それだけではなく、異業種の求人も扱っており、業種・職種未経験であっても応募・面接までたどり着くことができます。転職目標月を設定でき、転職達成には何件の企業に応募をすれば良いのかを目で確認できるようになっているため、転職の成功を導いてくれます。
選考基準の高さ
リクルートグループが運営していることもあり、登録している会社に上場企業等の知名度が高く、規模の大きなところから小さなところまで幅広く扱っている。面接においても各社人事担当の方が鋭い質問をしてくる方が多いので、全体を通してマイナビよりも内定をもらうまでの基準が厳しく設定されていると思います。それぐらいしっかりと選考してくれているところから、選ぶ側、選ばれる側双方に対しても良い出会いになると思います。

会社概要

商品名 リクナビNEXT マイナビ転職
販売事業者名 株式会社リクルートホールディングス 株式会社 マイナビ
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
ホームページ http://next.rikunabi.com/ http://tenshoku.mynavi.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。