ヤフオクと楽天オークションのネットオークションを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID1944

自宅に使わないものが大量に眠っているという人におすすめ、大手ネットオークションのヤフオクと楽天オークションを比較対決しました。

出品時や落札時の手数料、それぞれの利用者数、取引方法などをまとめています。

ヤフオクは出品者と落札者で話ができますが、楽天は間に必ず楽天が入り匿名でも取引できるようになっています。

そういったそれぞれの特徴を踏まえ、自分に合ったオークションを選んで出品してみてください。

ヤフオクと楽天オークションの比較表

ヤフオク 楽天オークション
※代替サービス※ 個人・・・フリマアプリ「ラクマ」
法人・・・「楽天市場」
システム利用料
(購入者)
0円 0円
※匿名手数料(住所、氏名を公開せずに取引ができる)103円~205円
システム利用料
(出品者)
【プレミアム会員費】
498円(税込)
【出品システム利用料】
0円(特定カテゴリに入札、出品する場合は、料金が異なる)
【落札システム利用料】
・送料負担が出品者
落札価格の8.64%(税込)
・送料負担が落札者
(624円以下のオークション)54円(税込)
(625円以上のオークション)落札価格の8.64%(税込)
【ワンプライス出品の落札システム利用料】
・プレミアム会員 8.64%(税込)
・プレミアム会員登録なし 10%(税込)
【システム利用料(取引が完了した場合)】
落札価格の5.4%(税込)
【ポイント付与料】
取引が完了した場合、落札価格の1.08%が落札者に付与する楽天スーパーポイント料として発生。
オプション利用料 ・最低落札価格
108.00円(税込)/1個あたり
・注目のオークション
21.60円(税込)以上/1出品・1日あたり
・太字テキスト
10.80円(税込)/1出品あたり
・背景色
32.40円(税込)/1出品あたり
・目立ちアイコン
21.60円(税込)/1出品あたり
贈答品アイコン 21.60円(税込)/1出品あたり
・その他(あなたへのおすすめコレクション、みんなのチャリティー、アフィリエイト)
出品取消システム利用料 1出品あたり540円(税込) 落札前に出品を取り消した場合・・・540円
落札後にキャンセルした場合・・・落札価格の5.4%(540円を下回る場合は一律540円)
出品代行サービス あり
預託管理 「minikura」月額250円~
預けたものを手間なくそのまま出品できる
商品買取サービス あり(出張買取、宅配買取、店頭買取) あり
「楽天買取アプリ」で査定できる。
トラブル対策 「未着・未入金トラブルお見舞い制度」
商品が届かない、入金がないなどのトラブルが起こってしまったときに、最高50万円まで1年に1度、被害総額を100%Tポイントでお見舞いする。
「yahoo!かんたん決済」
クレジットカード、口座情報を相手に連絡する必要がない。
「楽天あんしん決済サービス」
・万が一、商品が届かなかったら、代金は返金される。
・匿名配送なら、相手に氏名・住所を開示せずに取引ができる。
いたずら対策 「いたずら入札トラブル申告制度」
落札後に一切連絡がないなど、いたずら入札と思われるトラブルが起こったときに、トラブルを申告できる制度。
出品システム利用料、落札システム利用料、ロイヤルティおよびオプションシステム利用料の返金または課金の取り消しを行う。
偽造品対策 「偽造品トラブル安心サポート」
届いた商品がニセモノだった場合、所定の条件を満たした取引について、被害相当(落札)額をTポイントでお見舞いする制度。
不正品撲滅を目指し、常時専任スタッフを置きパトロールを実施
権利侵害品対策 「Yahoo!JAPAN知的財産権保護プログラム」
知的財産権を侵害する出品物について、知的財産権の権利者からの通知に基づき、Yahoo! JAPANが該当する出品物を削除するなどの措置を行う。
「楽オク権利者対応プログラム」
楽天オークションのサービス終了に伴い、2016年9月14日(水) をもって、提供終了。
補償サービス 「中古スマホあんしん補償」
中古スマホ・タブレットなどのトラブルに補償金を支払う制度。
プレミアム会員価格:月額300円(税抜)
通常価格:月額500円(税抜)
会員サービス 「プレミアム会員」
月額498円(税込)
<会員限定 お買いものあんしん補償>
出品補償、返品補償、宅配郵送事故補償、破損補償、修理補償、盗難補償、交通トラブルお見舞い、電子デバイス災害補償、ネット売買トラブルお見舞い、個人情報漏洩過失責任補償
「楽天会員」
楽天のサービスで使える共通ID。
楽天スーパーポイントは1ポイント1円として利用可能。
※楽天オークションのサービスが終了しても、楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベル等の楽天グループの他のサービスで利用できる。
クレジットカード連携 「プラチナ補償」
Yahoo!JAPANカードで決済した買い物を補償する制度。(18種類の補償)
月額490円(税抜)
初月無料
出品/入札時の情報公開 落札するまでは、名前や住所を相手に伝える必要はない。落札後、取引相手のみに必要な情報を伝え合う。 匿名配送を選べば、自分の住所や名前などの連絡先を出品者に伝えなくてもいい。
支払方法の安全性 Yahoo!かんたん決済ならクレジットカードや銀行から、出品者に口座番号を知らせてもらわなくても入金できる。 安全に取引を行うため、落札代金は楽天オークションに支払をする。自分の銀行口座を落札者に伝えなくてもいい。
落札代金支払方法 銀行振込、yahoo!かんたん決済(Yahoo!マネー/預金払い、クレジットカード、インターネットバンキング、ジャパンネット銀行支払い、全額Tポイント、コンビニ・ATM等) クレジットカード、コンビニ払い、ペイジー、銀行振込、楽天スーパーポイント、ケータイ払い(ドコモのみ)
公式サイト ヤフオクの公式サイトはこちら 楽天オークションの公式サイトはこちら

利用者数対決

◯WIN ヤフオク
ヤフオクの利用者数は、スマホ利用でもパソコン利用でも、2位を大きく引き離して1位を獲得しています。スマホ利用者17630千人、2位はメルカリ6906千人、3位はモバオクの6050千人と引き離し、パソコンの利用者9843千人、2位は楽天オークションの1976千人となり、他をよせつけません。

×LOSE 楽天オークション
有名な楽天オークションですが、ヤフオクと比べると、かなり利用者は減ってしまいます。パソコンの利用者は、2位とこじつけますが利用者数はヤフオクの4分の1と少なく、スマホの利用者数は、4位となってしまいました。

非売品対決

◯WIN ヤフオク
入手が困難となる非売品の数は充実しており、出品数の検索件数は約190,000件数という多さを誇ります。限定品や完売品、展示品など面白く、いろいろな出品物が、数多くあるオークションといえます。

×LOSE 楽天オークション
販売終了しているモデルや入手困難となっている非売品の出品数は、35,000件になります。ヤフオクと比較すると、少ない出品数ですが数の方は、確実にのびています。

安い価格で落札できる対決

◯WIN 楽天オークション
楽天オークションは、ヤクオフと比べて利用者が少ないために、落札をする時のライバルが減り、落札価格が安く抑えられます。すべての落札価格が、安くなるという訳ではありませんが、高騰しにくい面をもっています。

×LOSE ヤフオク
オークションに参加する利用者が、楽天オークションよりも何倍も多いために、同じ出品を狙うライバルが多く存在します。そのため、落札価格は予想以上に、跳ね上がる事も考慮にいれなければなりません。気がついたら高い価格で落札していたという事もありえます。

落札者にかかる利用料金対決

◯WIN ヤフオク
落札者が支払う利用料は無料、プレミアム会員でもなくても利用することができます。落札者側には、ヤフオクの方が、有利な条件です。

×LOSE  楽天オークション
落札者は、楽天あんしん決済手数料を、払わなければなりません。その料金は商品代金+送料によって変わってきます。取引料金が3,000円以内ならば105円~200円、30,000円までなら、300円~500円程です。ヤフオクでは、そのような料金はかかりません。

商品の豊富さ対決

◯WIN ヤフオク
利用者数も多い分、商品の多さは楽天オークションよりも多く、商品の回転も早くなっています。レアな商品を安い価格で落札できる、欲しかった商品があったなど、諦めていた品物が、見つかるかもしれません。

×LOSE 楽天オークション
利用者が、ヤフオクよりもかなり少ないために、商品の回転率は遅くなり、思った商品が見つからない、なかなか新しい出品が出てこないなどのデメリットがあります。

トラブルの少なさ対決

◯WIN 楽天オークション
出品してから、落札するまで楽天オークションが仲介というシステムになっているので、安心して取引を行えます。匿名配送を選べば自分の情報を伝えなくてもよく、商品を確認してから出品者に支払われるシステムなので、トラブルは少なくてすみます。

×LOSE ヤフオク
出品者と落札者の間で自由に取引する事ができますが、お互いの住所や氏名、銀行口座などを伝えなければいけないので、個人情報の流出などが心配されます。
また、個人対個人ということで、商品に関してのトラブルも発生する場合もでてきます。

出品者が支払う料金対決

◯WIN 楽天オークション
登録料、月額利用料、出品料は、全て0円となっていますので、出品してもヤフオクのような費用はかからなくてすみます。ただし、落札した時には、システム利用料として、落札価格5.4%の費用がかかります。

×LOSE ヤフオク
出品する時には、プレミアム会員とならなければならず月額498円(税込)かかってしまいます。クレジットなどでの毎月引き落としとなるため、出品がない時でも費用が負担となることも、覚えておきましょう。落札された時には、落札価格の8.64(税込)の落札システム利用料がかかります。

取引の簡単さ対決

◯WIN 楽天オークション
出品したものが、落札されるとその後の取引は、楽天が仲介者となり、おこなってくれるので、簡単に取引ができます。ただし、商品を出品する際には、発送方法と支払方法を決め伝えておく必要があり、入金までには時間がかかります。

×LOSE ヤフオク
出品者と落札者の間で、取引を進めなければいけません。双方で、発送方法、支払方法、支払日時、発送する日など、全てを設定しなければいけないので、自由ですが簡単とはいえないシステムです。

口コミ&評価対決

◯WIN ヤフオク
口コミと評価が高いヤクオク。出品数の品揃えの良さと入札率の高さに、高評価を獲得しています。費用の面のみ、毎月の支払義務が生じるため低く評価され、総合的にやや低くなりました。

口コミには、リサイクルショップよりも高く売れる、集客率が良い、検索機能や閲覧がわかりやすいとの良い口コミ。悪い口コミには、いたずらや評価荒らしが心配、月額利用料が高いなどですが、全体的には、良い評価が断然多い。

×LOSE 楽天オークション
出品の多さや、入札率の高さは、ヤフオクよりも低い結果となりました。ただし、費用がヤフオクよりも安く抑える事ができ、サービスは良いと評価されています。

口コミには、売れるまで完全無料なのが魅力、安全に取引できるなどの良い口コミが聞かれ、悪い口コミには、入札率がかなり悪い、入金がいつになるかわからない、発送方法が限定されるなどのシステムとして使いにくい、などのコメントも聞かれます。

結局どっちがいいのか?

対決項目 ヤフオク 楽天オークション
利用者数 ×
非売品 ×
安い価格で落札できる ×
落札者にかかる利用料金 ×
商品の豊富さ ×
トラブルの少なさ ×
出品者が支払う料金 ×
取引の簡単さ ×
口コミ&評価 ×
合計ポイント WIN:5
LOSE:4
DRAW:0
WIN:4
LOSE:5
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

以上、ヤフオクと楽天オークションを、様々な角度から調査し比較してみました。最大級ともいえるヤフオクの方が、断然で良いという結果になると思いましたが、楽天オークションも、費用や安全性などの良い点があり、ヤフオクが断トツとまではいきませんでした。結果として、ヤフオクの方が良いという事になります。

ヤフオクの良い点として上げられるのが、やはり利用者の多さと、出品数の多さです。この二つの要素は、商品を選択する上でも、高値で落札させるうえでも、また落札率の良さでも、楽天オークションを上回ります。せっかく出品したのに、なかなか落札されない、安い価格で落札されてしまったなどと、なってしまいます。

取引の簡単さや、トラブルの少なさは、楽天オークションの方が勝っているのですが、口コミや評判では、その部分で評価を落としてしまっている事に驚かされます。

確かに、仲介をし安全性を高めてくれる楽天オークションなのですが、そのために入金が遅れたり、オークションの醍醐味である他者との値段の交渉などの面白さが無くなってしまうようです。オークションというよりは、楽天オークションと取引をしているという、面白みのない結果となってしまったようですね。

毎月498円を支払わなければならないヤフオクですが、それ以上の魅力あるオークションである事は、利用者の多さと評判の良さから充分に伺えました。
以上の事を総合的に判断した結果、ヤフオクの方が良いという結果になります。

会社概要

商品名 ヤフオク 楽天オークション
販売事業者名 ヤフー株式会社 楽天オークション株式会社
所在地 東京都港区赤坂9丁目7番1号 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
ホームページ http://auctions.yahoo.co.jp/ http://auction.rakuten.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。