メガバンクとネット銀行どちらがおすすめかを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID785

お金を預けるならメガバンクとネット銀行のどちらがおすすめかを比較対決しました。

ネット銀行は金利が高いイメージですが、信頼度はメガバンクの方が上ですよね。

それぞれの銀行の金利、ATM手数料、振込手数料、口コミなどをまとめました。振込をすることが多い人は手数料が無料の銀行を選ぶなど、自分の生活パターンにあった銀行を探してみてください。

振込手数料対決

◯WIN ネット銀行
同一の銀行あての振込手数料は金額にも左右される事無く、無料で振り込むことができます。他行への振込手数料は、3万円未満なら216円ほど、3万円以上でも+100円程で、振り込め、メガバンクよりも、お得な振込手数料です。

×LOSE メガバンク
同一店以外に振り込む場合には、振込手数料がかかってしまいます。最近では、消費税が8%になった事から、一律に上乗せした振込手数料となってしまいました。

同一店の場合は、ATMを利用すれば無料ですが、窓口や現金だと216円~432円。ATMを利用して本支店へ振り込むのなら108円ですが、現金や窓口だと324円~540円ほどです。

さらに、他の銀行への振込手数料となると、216円~864円もかかってしまう事もあり、決して安い振込手数料とは言えません。

定期預金の金利対決

◯WIN ネット銀行
ネット銀行によって、定期預金の違いはありますが、定期預金1年の場合の金利は、0.20%から0.03%までぐらいと、幅広く設定されています。金利の低いネット銀行もありますが、金利の高い定期預金を選ぶ事ができるのです。

×LOSE メガバンク
メガバンクは、定期預金による金利の違いはほとんどありません。定期預金1年とした場合の金利は、だいたいが0.010%です。時期によって違いありますが、ネット銀行の金利と比較すると低い金利です。

信頼度対決

◯WIN メガバンク
メガバンクは、預金残高が莫大な銀行の事をいい、都市銀行が合併を行い大きな組織となった銀行の事をいいます。日本の銀行では、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行となっています。その規模や大きさからいっても、メガバンクの信頼度は、申し分ないと言えるでしょう。

×LOSE ネット銀行
ネット銀行は、数多く存在しており、信頼性の高い銀行と、そうでない銀行があるので注意しなければいけません。銀行の評判や、聞き覚えのないネット銀行だと不安になります。信頼性の高いネット銀行を探すのなら、信用格付けを比較する信用格付機関を利用してみてもいいかも知れません。

24時間対決

◯WIN ネット銀行
ほとんどのネット銀行は、24時間365日の間利用する事ができます。また、どの時間でもその時々に振込ができるので便利。メガバンクは、ネット銀行のように、24時間365日の利用はできません。

×LOSE メガバンク
ネット銀行のように、365日24時間利用できるわけではありません。月曜日~金曜日15時以降の受付や、土曜日、日曜日、祝日、振替休日受付は、次の営業日の取り扱いとなってしまいます。

口座開設対決

◯WIN ネット銀行
口座開設は、パソコンやスマホの申し込みができます。必要事項を入力し、本人確認書類を用意します。アプリで本人確認書類を確認するか、配送するだけで銀行口座を開設できますが、ネット銀行によっては、登録したメールアドレスに口座開設申込書が届き、記入するだけで、口座開設できるネット銀行もあります。

×LOSE メガバンク
店頭で口座開設するには、本人確認書類と印鑑を用意し、窓口での手続きを行います。通帳は、その場で受け取れます。サービスカードは、後日自宅へ届けられます。

インターネットで口座を開設する方法もありますが、申込書を印刷してポストに投函しなくてはいけないので手間がかかります。

窓口で相談対決

◯WIN メガバンク
メガバンクであれば、窓口での相談が気軽に行う事ができます。わからない事や、資金の運用、カードローンなど、様々な問題を解決してくれます。メガバンクのスタッフならば、知識も豊富なので、安心です。

×LOSE ネット銀行
ネット銀行では、窓口がないので直に相談する事はできません。ただし、ネットを通じて質問や電話で相談する事もできます。ただし、営業時間ないの利用となり、休業日は相談できないので、注意しましょう。

出金のしやすさ対決

◯WIN メガバンク
銀行での利用は、営業時間が決まっており、それ以外の日時では時間外手数料を支払うことになる。また、給料日後や昼時には、長蛇の列が多く利用するのに時間がかかります。しかし、ほとんどのコンビニで利用する事ができるので、双方を使えば使い勝手は良いといえます。

×LOSE ネット銀行
コンビニでの利用は、ほとんどの場合365日24時間使用でき、何回でも無料で利用でき、決まった回数までは無料で利用できます。ただし、ネット銀行の場合は、銀行によって無料で使える回数が違ってきますので、ネット銀行を吟味する必要がでてきます。セキュリティーを重視する反面、パスワードや暗証番号の設定が面倒となる場合もあります。

評判&口コミ対決

◯WIN ネット銀行
どのネット銀行を選択するかで違ってきますが、自分の希望に沿ったネット銀行を選ぶことで、良い評判となっています。

評価の高い口コミには、手数料が安くセブンイレブンやローソンなどのコンビニが24時間利用できる、定期預金の利率が高い、キャンペーン期間は上乗せしてくれる、ネットのコンテンツが充実しているなど、多方面にわたり良い評価となっています。

悪い評価としては、スマホに変えた時に設定に苦労する、カスタマセンターに電話がつながりにくなどの口コミもでています。

×LOSE メガバンク

メガバンクと言えば、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行ですが、どのメガバンクも総合的な評価はあまり変わりません。

評価の悪かったのは、振込手数料が高額過ぎる、時間外手数料を取られる、振込が営業日となってしまう、など対応の遅さや手数料の高さです。

また、金利の面でも、ネット銀行よりも低い金利など、あまり良い口コミではありません。
ただし、良い評価として聞かれるのが、窓口があるので安心、預金通帳として手元に残るなど、ネット銀行にはない安心感が得られるようです。

結局どっちがいいのか?

対決項目 ネット銀行 メガバンク
振込手数料 ×
定期預金の金利 ×
信頼度 ×
24時間受付 ×
口座開設 ×
窓口で相談 ×
出金のしやすさ ×
評判&口コミ ×
合計ポイント WIN:5
LOSE:3
DRAW:0
WIN:3
LOSE:5
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

以上、メガバンクとネット銀行を様々な角度から比較してみました。ネット銀行は、歴史が浅いですが、店舗を持たないため、その分サービスが良いといわれています。一方、メガバンクは、誰もが知っている信頼と安心の巨大な資産を誇る銀行。

そのような、2つの銀行を比べてみたところ、ネット銀行の方が良いと言う結果になりました。

ネット銀行が、メガバンクよりも優れている点として上げられるのが、手数料の安さと、預金金利の高さです。これらがお得な事により、ネット銀行を利用すれば、無駄な経費が削減できるので、メガバンクよりもお得となります。

特に、振込手数料においては、かなり安いので、何度も振込をする人にはさらにお得となるでしょう。

次に、銀行がネットという事で不安を感じる方もいるかと思いますが、コンビニでの利用が24時間365日仕えます。

メガバンクだと、振り込まれるのは次の日の営業日までと、持ちこされる事が多いのですが、ネット銀行ならば、リアルタイムでの振込が完了します。忙しい方、効率よく振込を終えたい方に向いているでしょう。

また、ネットでの情報やコンテンツが充実しており、HPを開けば全ての処理が可能となっていますので、わざわざ足を運ぶ手間や待ち時間もなく時間を割く必要もありません。このような実質的な事を考えると、ネット銀行の方が良いと言う結果になりました。

ただし、窓口での相談や、ネームバリューとして大きな信頼感がある点では追いつかないと思います。良い点は、多々あるネット銀行ですが、サービスの違いがかなり大きいので、自分にあったネット銀行を探し出すのに時間がかかるかも知れませんね。

以上が、メガバンクとネット銀行を比較した結果になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。